□ 新作紹介 □





雨  音


 princess charming (*)


満ちた月が浮かんでいる
手が届かないところで
それでもこちらに手を伸ばすように
煌々と光を放っている

無駄のない白い翼は
美しい曲線を描いて
滑走路へ進んでいく
ゆっくりと

 出国ゲートをひとりでくぐっていく
 その背中に迷いはないのに
 何度も振り返って
 何度も何度も大きく手を振ってくれた
 いつもなら絶対しないはずなのに

 きっとじっと見つめている私のために

あの月に向かって
加速して飛び立つ
シャープに まっすぐと

 
my princess charming
 
I'm always on your side

ずっと見送った
尾翼のライトが夜空に吸い込まれるように
消えていくまで


  
(*) princess charming = 愛すべきお姫様























青 島 江 里



 真 際


このよのなかにある
くだらないこと

つまらないこと
むだなこと
どうでもよいこと

なにがなんだか
わからなくなった日には
どこまでもうもれて眠りたい

ゆっくりと動いてゆく
時のさなか

うたた寝から目覚めた
けだるい午後の光にくるまれて
微かに潤んだひふの呼吸音

あちら側へと増した日に
こちら側へと増した日に
揺れては感じてゆく私という真際

伝えてくれる

どちらの際に増してゆくのも
あなたしだいと

このよのなかには
どうでもよいことなんて
ほんとうはなんにもないの

どちら側かへと増していく日に
どちら側でもない真際
そんな真ん中にそっと立って

どちら側に増しすぎても
生きてはいけないこと

何でもないものの
ふりをしながら
教えてくれている時の天秤

澄みわたる光の奥底は
幾度も沈んでは浮かび上がり

日々のひそやかな呼吸音を
水の輪のように織りなしながら

紙一重の広大な日常の中に
語りかけてくる
凛として生きてゆける明暗の真際




























井 嶋 り ゅ う



 永遠の子供


この子供は願いから産まれた

父親は母親を殴った
幼い娘は歯を食いしばって
父親の片足へ後ろからしがみついた
小さな頭部も柔らかな腕も
父親の大きな掌に振り払われ
ひっくり返った卓袱台の背に投げ飛ばされた

酒が足りない
早く持ってこい
誰のおかげで
お前たちは飯が食えると思っているのだ
父親の怒号は拳や足の裏と共に
母親の顔へ体へ心へ
容赦なく振り落とされた

出産日の計算があの日合わなかったのだ
母親が父親に出会う少し前の事情だ
そうだとしても
お前が身ごもったのなら俺の子だ
そのお腹の中の子の父親に俺はなる
俺が立派に育てるのだと
だがその時父親は知らなかった
それがなけなしの強さであったことを
それが次第に変質していくことを
娘が成長するにつれて
凶暴性という弱さが剥き出しになることを

電球を取り替えたばかりなのに
母親の視界が急に暗くなった
父親の拳が眼球を打ったのだ
救急車で運ばれた母親は
眼球に注射を施され失明を免れた
この時初めて父親は泣いた
床に頭をこすりつけて声をあげて泣いた
真夜中の薄暗い病室で
何度も何度も何度も何度も謝り泣いた

子供を作りましょう
私たちの子供を作りましょう
もう一人あと一人子供を作りましょう
きっと私たちを救ってくれるから
もう一度私たちがやり直すために
あなたと私の子供を作りましょう
病み上がりのような装いの寝室で
振り向いた父親を見て
この時初めて母親は思い出した
早く家族を作りたいとはにかんだ遠い日の
まだ夫としてだけ存在した頃の笑顔を

翌年幼い娘には妹が出来た
不慣れな手つきで
産まれたばかりの赤児の頭をなでると
短い両手足を振り回し
歯の生えていない口を開けて
赤児が笑った
幼い娘も笑った
父親も笑った
母親も笑った
交互に視線を合わせて
黒い染みのついた畳の上で
みな笑った
みんな笑った
いつまでも笑った

赤児の笑顔は一枚の写真におさめられた
この世のすべての凶事から
どうか恵まれますように
どうかどうか恵まれますように
この子だけはどうか
どうかどうかどうか恵まれますようにと
それにちなんだ名前を付けられた

この子供は
この写真の中の子供は願いから産まれた
ある夫婦の願いから産まれた
再生という名の願いから産まれた
私という子供は願いから産まれたのだ



















  穴


鼓動と共に疼く
頭部に痛みがある
下腹部が重い
薬はまだ効かない

私は寝室の天井を見ている
柔らかな羽毛の上に横たわり
理由の分からない汗をかきながら
その照明を見つめている

記憶の黄色い蛾が
視界の中に舞っていた
大きな翅に刻まれている
目玉のような模様が幾つも見えた

昭和六十年の夏
入浴後の私と父は
真昼の熱を孕んだ地の上を
手を繋いで散歩していた

盆が過ぎれば
また東京へ働きに出てしまう父との
それは幸福であり
団欒の独り占めであった

近所の外灯の
輪郭のぼやけた円形の中に
大きな黄色い蛾が群がっていて
鱗粉を撒き散らしていた

翅には丸い穴が空いていて
その向こうに眼球のようなものが見えた
橙色のぼんやりとした明かりの中の
かぶれそうな粒子を眺め
私は父の大きな背中に体を隠した

見られていたのだ

その朝に
初潮がおとずれた私の
恥じらいや戸惑いや嫌悪感を

父の横に
昨夜と変わらず並ぶ私の
苛立ちや倦怠や罪悪感を

瞼のないその眼球に
見られていたのだ
見破られていたのだ
見透かされていたのだ

照明を消すように瞳を閉じる
点滅する残像が伸び縮みしている
薬はまだ効かない
交錯した明暗に埋もれていく

此処に集うはずのない
居るはずのない
あの黄色い蛾が
ひらひらと天井を離れ
揺ら揺らと近づいてきて
ぐらぐらと回る私の中で
巨大な眼となる

否偶然ではなかったのだ
待っていたのだ
待ち構えていたのだ
あの夏の夜にあの外灯の周りで
踊るように喜ぶように見下すように
少女から女に変わった私を
覗いていたのだ

目を見開き
顔に降りかかる粉を乱暴に払う
寝台から転げ落ち
荒い呼吸を両手で押さえる
胃からせりあがってきたものが
指の隙間から垂れて
古い床を汚した




















 手当て


去年の盆に
海に落ちた女の体には
沢山の貝殻が刺さっていた

好きだった男の足の裏に
踏まれたのだと女が言うので
私はそういうことにしている

煙草を吸わせてほしいとか
林檎が食べたいとか
前髪を切ってほしいとか

せがんだり怒ったり泣いたり
毎日違う要求を私に繰り返すので
何ヶ月も呆れながらも
寝食を共にしてきたが

最後の欠片を
丁寧に抜いて止血をして
左の乳房のまわりが
私の手当てで満たされると
恥ずかしそうに女は身をよじり
しおらしく礼を言った

単館映画館で観た
納得のいかないラストシーンの話や
私の故郷にある
古い神社の怪談話や
雑誌の星占いの
毎月当たらない恋愛運についてなど
私は救急箱を片付けながら
昨日選ばなかった話を始める

何度でも同じ事を聞きたがる女なので
これは私にとって馴染みの手順だったが
今日に限って女は途中で話を遮り
何度聞いても明かさなかった自身の名前を
面倒そうに私に告げたあと
そのまま寝入ってしまった

半端で複雑な感情を寝室に残し
前にねだられた献立の材料を買いに
私は部屋を出る

夕方の路上には線香の匂いが漂い
蝉の羽はまだ騒がしく震え
首から落ちたノウゼンカズラの花は
木陰で静かに回転し
私は私の体と接触する部分から湿っていく
何処かの利口そうな犬に吠えられる

女の顔や声や歳や
好きな季節やカーテンの色や
出会ったきっかけなど
私は何も思い出せなくなり
ひとつも思い出せなくなり
外出した理由も分からなくなり
握りしめた財布を持ち替えたり

ただあの部屋に女は居ない
たぶん居ないきっと居ない恐らく居ない
何となくそのような気がして
漠然とそのように思って
私は急いで引き返し
先ほど閉じた扉を開いた

体温も気配も余韻もなく
口紅も櫛も指輪もなく

先ほどまで
共に暮らしていた女の
私と同じ名前を持つ女の
体に刺さっていた貝殻が
私が長い時間をかけて取り除いた
様々な形の貝殻だけが
寝室の真ん中に積まれていて
大きな山の頂から
乾いたものがひとつ
私の足元へ転がり落ちた




























Kazu.



 等身大の金魚


夜明け前
等身大の金魚の夢を見る

どうせ夢を見るのなら人魚の
それも肉感的なマーメイドならまだしも
どう見てもそいつは瞬き一つしない等身大の金魚なのだ

これは何かのお告げに違いないと
心中秘かに(夢の中で)思い巡らすのだが
金魚は僕の傍らで無言で突っ立っていた

どうせ夢のことだから
金魚が等身大で立っていても別に不思議でもないけれど
だったら何か一言ぐらい口を利いてもいいはずだ

子供の頃僕の家の庭には
直径1メートルぐらいのコンクリートの水槽があって
数年越しに金魚はのんびり泳いでいたし
大人になってからだって
子供が祭りの夜店で釣ってきた金魚を
ろ過装置付きガラス水槽で
みんな身体に白いブツブツができて
あっと言う間に死んでしまったまでは飼ってやっていた

だから今更金魚たちに恨みを買うような
非道な扱いをした覚えなんてないのに
そいつは黒い魚眼で無言で突っ立っていた
しかもカンガルーの尻尾じゃあるまいし
ひらひらした尾ひれでずんぐりした胴体を支えて
ここは水の中じゃない重力の掛かる地上だというのに
僕と同じ方向を見つめながら立っていた

あいつは来世の僕か
それとも前世の僕?

どっちにしてもまぁ仲良くやろうぜ
ポンと背中に手を回したら
ヌラリと言う感触に目が覚めた

あいつ
そう言えば目が潤んでいたけれど
地上の空気で目が乾いたせいだったからか

それとも…


























齋藤 純二



 私たちの更生


卑屈な重力を持つ教室
窓から飽きるほどの時間を眺め
椅子にカラダを落としていた

彼はあれから
どんな人生を送ったのだろう
中学生の頃から
随分と月日が経ってしまった


ソリコミから汗が滲みると
ハンカチを当てながら痛いという

革鞄の薄さを自慢

ボンタンのタックを深く深く
ツッパリを着飾る
(ボンタン : 変形学生ズボン)

そして
黒マスクの下はあざだらけ

アナーキーと黒の文化がそこにはあり
彼の生きて行ける場所は
もうそこにしかなかったのだろう

ほとんど学校には来ない彼
たまに来れば教室で話す相手は私だけ
先生に背を向け
アウトローな話に私が頷くような会話
彼は大人にも平気で文句を吐き
兄貴みたいな気もしたが
自分のことを見て欲しいという
弟のような存在でもあった

珍しく彼が体育の授業に姿を現わす
サッカーの試合だった
私にわざと体当たりした生徒がいて
彼は「お前、シメるぞ」と
いった時にはもう殴っていた
先生は見ぬふりしている
彼はボールを
あさっての方へ蹴飛ばし姿を消す

私を思ってのことだった

暴力はいけないけれど
私はその時に嬉しさを感じた
守られているということではない
彼との友情がそこにあって
心を揺さぶられたからだ

それから間もなく彼は暴力事件を起こし
サイレンの音と共に姿を消した


大人になって強く思う
優しさと育むための整った環境が
とても大切であると

また
彼のような少年少女への
更生だけが必要なのではなく
重要なのは正常だと思っている大人が
冷たい心の持ち主で
更生しなければならないのは
大人の方かもしれないということだ

自分以外の者を思いやるのは
やはり面倒で厄介なのかもしれない

いつも自分が一番大事だから


しかし
私たちはその言葉に違和感を持ち
時代は流れて少年少女たちの
苦悩のメッセージがカタチを変えても
そこに気づき手を差し伸べ
救われる将来や命の為に健全な大人が
健全な社会を築かなければならない

自分の為だけに生きようとする社会なら
それを私たちは社会といわない






















シルクブルー



 大地を歩く


私は大地を歩く
大勢の人と一緒に
急がず 立ち止まらず ゆっくりと
歩き続ける
誰も目を留めない

大地から遥か上空の
空中都市へ向かう選ばれた
ほんの一握りの人々
彼らへは
たくさんの温かい手が
さしのべられ
たくさんの羨望の
眼差しが注がれる

荒れた波の中を
懸命に泳ぐ人々
暗い水底から泳ぎ着き             
明るい水面へ顔を出している人々
たくさんの船が
彼らを陸へ運ぼうとする
激励の声が大きく響く

大地を歩く
私と大勢の人は
水の冷たさも
闇の深さも知っている
空へ憧れ飛び立とうとして
飛べなかった挫折感も
知っている
人々の
愛情 激励 羨望も
知っている

誰も目を向けないけれど
急がず 立ち止まらず ゆっくりと
私と大勢の人は
これからも 歩き続ける























く  れ



 トカゲ


トカゲは
しっぽを踏まれるとすぐに身の危険を感じて
しっぽを切り捨てて身を守る
しっぽは時間が立つとまた元の姿に戻るのだが
この厳しい自然界の中では
生まれるとすぐに生き抜く術を身に着ける
トカゲは生きることに正直だ
だからしっぽを切り捨てて自分の身を守り抜く

神様が与えてくれた
このトカゲの優れた生きる術を悪用する人がいる
トカゲのしっぽ切りと言われている
トカゲは
周りの自然に上手に順応する知恵を持っている
容姿だけを見ると嫌われるが
毒のないトカゲは手に取ると可愛い表情を見せる
ペットにしている人もいるという

トカゲのしっぽ切りをして
自分の身を守ってきた者もいる、何回もだ
忖度などと言う難しい言葉を辞書から取り出して
自分自身に毒があることを知ろうともしない
そのしっぽは部下であったり取引先であったり
自分の悪事をしっぽに押し付けて
都合が悪くなると切り捨てる
しっぽになった者のことなど考えない

トカゲは
日陰を隠れるようにして移動するのだが
周りの視線が気になって仕方がない
一度しっぽを切り捨てると戻るのに時間がかかる
同じ身を守るにしても比較されることは不本意だ
全く異なる次元に
もう一つは存在している
トカゲは今日を生きる為に必死なのだ




















 ミサイルが


ミサイルが
ミサイルが飛んでくる
と 言う声が
憲法九条の扉を叩く

NHKのニュースは
特集番組のように
ミサイル発射情報を伝え続けている

日本海域に落ちたミサイルは
驚かすだけ驚かして
その姿を幾つかの破片に代えて
海の中へと沈んだ

ミサイルが
の 声の後ろに
隠されているもの
隠そうとしているものはないか

私たちは冷静さを失って
憲法九条の扉を開けてはならない
その機会を狙っているのだ
狙撃手のように

それは誰なのか
考えれば分かる簡単な問いだ
だからミサイルに素早く反応する
国民に危険を知らせる為に

大義名分は立つから
国民が知らない内に軍事力は
年々強まってきている

日本国を守る為の
最小の軍事力だと言うのだが
最新兵器の全容が
少しずつ見えてきた

通勤電車を停めてまで
危機感をあおるより
日本で稼働している原発を停める事
これ一つで心が落ち着く

今の時代は
たくさんの武器を持ったからといって
勝利者にはなれない

武器を持つほど
それも高度な武器を持つほど
その国の緊張感が高まり
標的となり得る可能性がある

ミサイルが飛んできたら
避難しろと言う
避難する場所が分からない

ミサイルで
ミサイルを撃ち落とすらしいが
高高度で撃ち落とすことは
簡単なものではない

だが日本には
器用な手を加えれば
空母にもなる大型船がある
アメリカと情報共有が可能な
イージス艦も相当数ある

戦車やミサイルや
戦闘機や
たくさんの装甲車もある

だからミサイルは
反撃する武器となって
相手国へと飛んでいくことができる
国民が知らない間に

世界の終焉とは
それぞれの国の指導者の考えに
委ねられている

国を任せる責任者を選ぶことは
ミサイルの防御よりも
大事な事なのだ
日本は大丈夫なのだろうか

今もニュースで
ミサイルが
ミサイルが
と 憲法九条の扉を叩いている




















 井 戸


井戸の中に
私がいる
私の顔がある
つるべを落とすと
顔が歪んで
見るに堪えない
井戸の深さは十メートル
顔だけだって
落ちれば死ぬ
毎朝の水汲みが
日課だった頃
私が突然いなくなったり
私の顔が無くなったりした
水汲みの時に
落としていたのだ
それは誰も知らない
今の私と私の顔は
つるべで
汲みあげられたもの
水道管が
村にも伸びてきて
水道水を
使うようになった
その時 大きな蓋で
井戸を閉じた
それからだ
昔の私や私の顔が
夢の中に
出てくるようになったのは



























藍音 ななを



 料理・再(again)


あなたと一緒に
あたらしい
料理を作っていこう

まだ材料は
少しずつ揃えているところ

飛行機のチケット JRの切符
なかなか思い通りに動いてくれない
トランクケースのキャスター
聞いたこともない街に向かう
初めて乗るバス

青い空に浮かぶ雲を追いかけ
知らない風景を眺めながら
コースの構想を組み立てていく

前菜には
この涼やかな初夏の風を使おう
初めて嗅ぐにおいがする
みじかい夏のはしりの風

 上手に作れるかな
 うん きっと大丈夫

窓から入る風の匂いに
そう思いながら頬張る
緑の葡萄の味のグミキャンディ

今までとは違う
新しい料理を作ろう
あなたのお口に合えばいいけど

作るコース料理には
私の知っているレシピだけで
作るわけには行かない料理もあって
そのレシピはあなたにしかわからない

まだ
知らないスパイスがある
まだ
知らない素材がある
必要な調理器具が
何か足りないかもしれない

けれど
少しずつ料理を進めながら
足したり 省いたり
様子を見ながら作っていこう

基本のレシピ通りに作っても
口に合わないものだってある
そのときは加減をしながら
自分たちらしさを足してゆけばいい

加減を間違えたのなら
修正していけばいい
少しずつ変えていけばいいのだ
急ぐ必要は何もない
じっくり何度も味見をして
確かめながら整えていけばいい

出来上がった料理は
人から見たら
すこし奇妙な味付けかもしれない
なんだか奇抜な盛り付けかもしれない
でも あえてそれはそのままで

なぜなら
物知り顔のお客に提供する料理ではなく
作って 食べてゆくのは
ほかの誰でもない私たちなのだから

どの本にも
載らないコース料理を
作り上げていこう

あせらず 急がず
私たちらしく

準備が整ったら
まずは
最初の一皿から



























瀬  未



 空の花


ほどよい折り癖と
適度な書き込み
文字の硬さもだんだんとれて

スケジュール帳が
ようやく
手になじんできた

半年オーバー
もう八月

朝から
予定通り決行、と
雷に似た轟音が
快晴の空に響き渡る

毎夏の催しなのに
今でも
泡立つ心は
はじける炭酸

藤の手提げをひっぱりだして
飲み物とレジャーシート
それに汗拭きタオルも

まろやかなグリーンが艶めく
枝豆を散りばめた
ちいさなお握りで
おなかを少し満たして

さあ、
本番はこれから

体の奥底まで
響く音の近くへと

夕暮れを待たずに
川べりへと流れる人波

気の置けない仲間と
合流して
しゃべりながらも
自然と足が運ばれてゆく

ああ、
またこの季節がやってきた

あちこちで鳴る着信メロディー
水風船をはずませて
駆け回るビーチサンダル
やきそばのソースの香ばしさ

とうもろこしや
林檎あめ
削った氷のかけらのきらめき
どれも鮮やか
色とりどり

どーん

ひときわ
強く響く音がして
一面咲いた空の花

瞬きしたら
見逃してしまう
どんどん湧き上がる
光のシャワー

ふだん俯きがちな私たちは皆
一様に顔をあげる
歓声と拍手
ゆるやかな夜風 

ミントガムを噛みながら
ぬるくなった水を
ひとくち

胸がすっとして
心のしわが伸びてゆく