今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







夏  生  


 口 笛


夜に口笛を吹くと
蛇がやってくる
らしい

試しに吹いてみた
頼りない
空気のひっくり返った
音が
部屋の真ん中から
たちのぼった

蛇はどの辺から
来るだろう
窓の隙間じゃ狭すぎる
ドアはしっかり締まってる

もう一度
口笛を吹いた
今度は太い音
犬が飛んできそうな
ピリッとひっぱる音だ

犬は来ないし
蛇も来ない

口笛で歌ってみた
懐かしい愛の歌を

蛇がやってきた

まん丸の目の
生白い
小さな蛇だった
毒はなさそうな
毒に弱そうな顔

ゆらゆら
ゆれながら
こちらへゆっくりと

口笛をやめると
ゆらゆら
ゆれながら
ふわりと消えた

口をすぼめて
やめた
朝が来るから





                       〔島 秀生:選〕











ひ な の


 私の洗われ方


空の境目に滲む
曖昧さを見つけて
少し嬉しくなる

曖昧な季節が好き
紺とも青とも言いがたい中に
赤ともだいだいとも
黄色とも言いがたい色が
混ざっていく
その曖昧さが好き

なんとなく心地よいけだるさに
身を浸していると
絡まった思考の糸が
解けていくような気がした

ゆるくたゆんで
柔軟になって
かるく結わえて
整理整頓していく

均衡世界の難題も
打ち付けられた価値観も
そっと絡み合って
みぞおちのあたりに
収まっていく

やがて
曖昧さが夜を連れて来て
丸めた背中をさすり
みぞおちのあたりを
優しく撫でてくれるから

私はただ涙をこぼすのだ





                       〔島 秀生:選〕





 Now thinking……


私はしばしば
私とはどういう人間なのかを
知りたがって
自分の中に埋没する

もっともらしい仮説を探し
それを立証するために
エビデンスをかき集めて

私はこういう人間なのだ
だから
このままでいいのだ
と存在を許容しようとする

そもそも
生まれてきてしまったものに
いいも悪いもないはずなのだが

そんなことを考えながら
証拠集めに
インターネットの記事に
目を走らせて
ふと
ある記述に目を止める

 自己拒絶と絶望が
 冷笑的な虚無主義と結びついて
 容赦ないまでの否定的で
 恐ろしい世界観を生み出す
 ことがある

注意深くそのページを読み
その特徴の
ひとつ ひとつを
自分に照らし合わせていく

打ちのめされた
いや 感動に震えた
ああ これは私だ

やがて じんわりと
胸中に湧き上がるのは
得体の知れない安堵

声をあげずに
ぼんやりと微笑んだ
いちばん身近なくせに
何も知らなかった

でも やっとわかった
知ることへの希求
内面を抉る痛み
その重い荷を下ろして
自らの中に透明な柱を建てる

これまでに
経験したことのないような
清々しさに包まれて
ただぼんやりと笑った





                       〔雨  音:選〕





 身を知る雨


紫陽花の花は
その葉先から
しずくをしたたらせて

丸く豊かな花と
不釣り合いに華奢な茎が
いっそ妖艶に滲んでいる

暗く厚い雲は
この雨が当分続くだろうことを
私に知らせてくれた

こうして
狭い部屋の中で
夢ともうつつとも分からぬ時を
雨音で埋めていると
寂しさばかりが募るようだ

頭では分かっている
この雨ではあなた来られないと
牛車はぬかるみに車輪をとられ
あなたは袖の先まで濡れ
体の芯まで冷え切ってしまう

けれど それでも
募る寂しさは溢れそうで
不安が行き場を求めてさ迷うから
突き動かされるように筆を動かす

かずかずに思ひ思はず問ひがたみ
身を知る雨は降りぞまされる……※

あなたに宛てたうたなのに
あなたに届けるあてはなく

雨はいっそういきおいを増して


 ※在原業平 作 女歌




                       〔Kazu.:選〕





 劫火と涙


殿方はどうしてこうなのでしょう

過ぎ去りし日々 幾度となく
口にされたであろう言葉を
この私も ついつい
口にしてしまいます

静かな憤りと打算的な臆病が
私の中でかしましく
ひしめき合っているのを
あなたはご存知ないのでしょう

それゆえに
あのように振る舞われるのでしょう
私の気も知らないで

病でもないのに
どことなく体が重く感じます
あなたのせいです

侍女に硯箱を用意させ
並べられた色紙の中で
迷わず二つの色を選びました
縹で涙を 蘇芳で情念を

さて あなたは
青ざめてくれるでしょうか

初句は激しい思いを
結句は静かな決意と余韻を
香を添えて送りましょう

恋ひ恋ひて逢へる時だにうるはしき
言尽つくしてよ長くと思はば……※

これをあの人に

私が幸福であったのは
私の傍らにはうたがあった
ということでしょう

いっそ狂うほど
私を愛してください
なんて
面と向かって言えるはず
ありませんから


 ※大伴坂上郎女 作





                       〔三浦志郎:選〕





 夜更けに


いつか終わる夜に
安堵を抱く人は
どれだけいるのでしょう

すべてを包む夜に
安堵する私は
永久に明けないことを
望んでしまうのです

私を癒すのは夜
薄明かりに抱かれるとき
四角い窓の外に
佇む月を感じるとき

今夜も泣いていいですか
あなたの腕の中で

湿度の高い空気が
私の目に膜を張るから
そっとまぶたを下ろせば
涙になってしまう

我慢しなくていいですか
下を向いて膝を抱えて

優しいあなたの息づかい
脈打ち続ける清(さや)けさ
淡く濃く 織り成す光が
そっと涙を浮き彫りにする

私の道はどうかあなたが
照らしてくださいますよう
一筋の道しるべを

不安でしかたないのです
いつまでも どこまでも
続いて見える
私の生の途方のなさが

それゆえに私は
夜に泣き
それゆえか私は
言葉を綴るのです





                       〔青島江里:選〕











澤 一織


 明日、天気になーれ


よく晴れた日の放課後
ブランコを漕ぎながら
明日、天気になあれ
と マジックテープの運動靴を
力一杯 飛ばしていた僕の
すぐそばで
そっと話しかけてくれる
君がいた。

 「天気になあれ」
 というコトバって素敵だと思わない?
 晴れでも 雲でも 雨でもいい
 あなたは明日、どんな天気になって欲しい?
 まぁ、辞書によると
 晴天という意味も含まれるみたいだけどね。

そう
語りかけてくれる君は
鍵っ子だった僕に
そんな話をしてくれた
いつも
妹が少し離れた砂場に遊びにゆく
そのタイミングを見計らって。

 運動会の日だけは
 雨が降って
 中止になってくれたらいいのに。
 ぼくの家だけ 親は観に来ない
 妹と二人
 先生達とお弁当を食べるんだ。

そんな友達にも言えないことも
なぜだろう 君にはすんなりと話せた。

予定通りに緋色の太陽は
運動会の日を引き連れてきた
僕のため息は影にもなれずに
焼きつけるような陽射しの主は
のびのびと天辺へ伸びてゆく。

予定通りにお昼休憩を迎え
みんなはカラフルなレジャーシートに向かう。
僕は小さな妹を探して
無言で袖を引っ張った。
今年は
先生と一緒に食べることもなく
妹と二人
無言で地べたに座り
無言でコンビニ弁当のフタを開けて
無言でアルミの水筒に入った麦茶で喉を潤す。

苦手な
椎茸を残しても
誰にも
とがめられることもなく
二人分の
残飯をビニール袋に放り込む。
この思いが
誰にもバレないように
きつくきつく
固結びで縛った
ーそのときだった。

強い風が校庭に吹きつけ
宙に舞った砂埃に
誰もが反射的に目をつぶった。
そのとき君は
いつも通りの声で
僕に向かって
語りかけてくれたんだ。

 今日は晴れだったね。
 最後のリレーまで このまま晴れだと思う。
 良かったね、あなたは走るの得意だから。
 またね。

やがて
校庭のスプリンクラーから
勢いよく水玉が弾け
砂埃は定位置に戻ってゆく。
同時に
校舎のスピーカーから
午後のプログラムの始まりを告げる
声変わりをおぼえた上級生の声が
遥か上空まで響き渡る。

僕は
俯いたままの妹に
またね と告げ
すでにどこかに出掛けてしまった君に
ありがとう と
胸の中で呟きながら
定位置へと駆けてゆく。

あれから何年経っただろう?
僕は
少しずつ 大人になって
少しずつ 君との会話も減っていった。
ひしめきあう日々の中に
君を感じる時があるけど
言葉は交わさず、僕は日常に戻る。

オフィスの窓から
緋色に染まった街が観える。
座ったまま 少し背伸びをして
デスクの下 重い革靴を
そっと 飛ばしてみる。

 天気になあれ

明日、妻と一緒に
息子の運動会を観に行く。
また、君とも会えるだろう。
久しぶりに語りかけてみよう

 晴れたね

と。




                       〔三浦志郎:選〕





  あなたがいなくなったこの街で


何時になっても眠らないこの街で
僕はまだ暮らしている
黒いパーカーのフードを
頭から深く被った
少年時代の影を引き摺って
あなたがいた
あの頃と変わらず
今夜も暗闇を駆けてゆく

ガラス越しの恋人達が
飲み残した炭酸水の泡に観える
かつてのあなたと僕が
ジャンクフードをつまみながら
交わした無数の言葉、呼吸、相槌、あなたの仕草
他人様から観たら
何処にでもいる二人かもしれない
それでも僕にとっては なにものにも代え難い
あなたと僕だった

いつもの またね、が
永遠の さよなら。になった

あの早朝から。

現実を飲み込めないまま大人になって
あなたがいなくなったこの街で
未だに僕は暮らしている

夜が深まるほど
賑やかで華やかになるこの街に
寂しさを覚えた日も少なくない
あなたは知ってた?
悔しいと身体が自然に震えるってことを
今では無干渉な雑居ビルの室外機の音が愛おしい

思い出せば
離れ際がいつも下手くそだった
あなたは 「いつでも会える」って
会話の中の可愛い嘘は飲み込めたのに
未だにこの言葉だけは胸が痞える
別れ方が分からないまま大人になったよ

世界中から掻き集めれば
ありふれた話かもしれない
それでも僕にとって
あなたはあなたしかいない

パーカーからスーツになっても
スニーカーから革靴に変わっても
幾多 太陽が傾き 月が翳っても
あなたとの日々は
忘れない

本音を叫んでしまえば
やっぱり 会いたいよ
けど 追いかけない
あなたのあとは

その代わり
「いつでも会える」って
あなたが言ってた言葉が嘘にならないように
あなたと歩んだ記憶を手繰り寄せながら
僕は僕の足取りで
暗闇を掻き分け 光を探してゆく
あなたがいなくなったこの街で




                       〔島 秀生:選〕





  奈 菜


 九つ上に腹違いのお姉ちゃんがいて
 お母さんと三人暮らし
 転校してきた理由はーー

東京の小さな島から
情緒を嘲笑うこの街に
引っ越してきた奈菜が
ある日の放課後
背伸びのない艶やかな長い髪の毛先に
細い指を通しながら
ひとごとのように
僕に打ち明けてくれたんだ

虚ろな
夕焼けに染まる教室の
組み木の床に映しだされた二つの影は
なぁ 奈菜
どれだけ頼りなく揺れていただろうか

一緒に帰ろう
そう告げると
奈菜は大きな黒眼をより膨らませて
微かに頬が緋くなった
きっと
僕も同じように染まっていただろう
けれど 僕は夕焼けのせいにして
奈菜のゆびさきを探る

微かに震えるお互いの体温が
重なるとすぐに湿った掌
うまく繋げなかったかもしれないけど
離れないように
離さないように
しっかりと影まで結んで
見慣れた通学路に足跡を残してゆく

その道中
奈菜は嬉しそうに
この前まで暮らしていた島の話を
語ってくれたこと
僕は昨日のことのように思い出せる

 島には
 信号が一つしかないこと
 二十五日様という風習があり
 子どもの頃はいつも怖くて眠れなかったこと
 それでも空を見上げれば
 年中
 天の川が島を包みこむように流れていて
 掬うようにして手にとれば
 色とりどりの星たちが瞬いていたこと
 鴎の声で目覚めた
 静かな朝には
 白浜で寝そべりながら水色の海を眺めることが
 なによりも好きだったこと

島を語っているときの奈菜は眩しく
とても きれい だと思った

相槌を打ちながら
奈菜と一緒に歩いている途中
反対側の歩道から
友人たちに見られて ひやかされた
明日には
教室中のうわさになるのだろう
奈々は
少し俯いてしまったけれど
僕の左手に伝う掌のあたたかさは
そのまま僕を離さなかったから
僕はまっすぐ前を向いて歩いたんだ
奈菜の見つめている遠くの漣を
鼓膜に焼きつけながら

 転校してきた理由は 父親にーー
 おい(わたし)はもう気にしてないけどね

奈菜を家まで送ったあと
通り過ぎる街中は
華やかにその姿を僕に見せた
いくら背伸びをしても
今の僕等には届かないことが
  奈菜の言葉を借りるなら
この世界には
  しゃば (たくさん)
あるのだろう

ただいま
も言えずに
そのまま部屋に入り
寝転んだベッドから
狭い天井をぼんやりと眺めていると
こみあげてくる
喜怒哀楽の真ん中辺り

なぁ 奈菜
悔しいよ
島の話をするときに見せる
奈菜の笑顔を
一瞬でも曇らせ
奪った
ひとが
憎い

枕に顔をうずめて
声を殺しながら
一人
怒りと
濡らした

きっと
あの日の奈菜は
血が滲み出るぐらい
奥歯を食いしばって
意識が遠退いてゆくのを
一人
待ちながら
祈りと
濡らしたのだろう

それでもあなたの尊厳は
誰にも奪えるはずのない輝きだった
だから離れ際にこう言ってくれたのだ

 いつか おいの島に遊びに来てよ、と。




                       〔三浦志郎:選〕











沢口 リリキ


 星への郷愁


ぼくらは 時折
星を眺める

古代の人々や航海士は
夜空からの導きが必要だった

科学が跳躍した現代

白銀の瞬きを
頼りにしなくても

年月も方位も知ることが出来る

それでも
時代に変わることなく

ぼくらは 時折
星を眺めている

偲ぶように
懐かしむように

ずいぶんと
帰っていないふるさとを

見ているかのように




                       〔雨  音:選〕





  On The Beach


『眺めた夕暮れの海は二人同じだったとしても水平線の彼方に見ていたのは違うそれぞれの遠景だった』

男は
「夏の終わりの海」と呼び
女は
「秋の初めの海」と呼んだ

『どちらの言葉も同じであり得なかったのかな』

夜が来て
別れ際に

男は
「また」と言い
女は
「さようなら」と言った

交わした言葉はそれ以上なく
砂浜に落ちた温度のない言葉の残骸を
二人は見つめた

重ね合うことの出来ない
相違した言葉
確認さえ不要になった相手の
存在の軽さ

それぞれを後にして
立ち止まることなく一歩離れ
振り返ることなく一歩また離れていった

二人の背中から
共にした数年の歳月が 音もなく
砂上に零れてゆく

掬えないほど質量を持たない
思い出の粒子は
海風に吹かれ 無情に消える

夜の浜辺で
お互いの存在を消してゆく

足跡もなく
跡形もなく

出逢いの浜辺で
お互いの存在を消してゆく

まるで
出逢いさえも
なかったかのように

『私は私の上に落ちた二人の愛の微細な破片を星形の砂に変えて自分の少し奥深いところに埋めた。
 もしこの浜辺で星の砂を見つけたらそれはかつて一度は結晶化したひとつまみの愛の面影である』




                       〔三浦志郎:選〕





  遠 雷


黒と紫色の雲が
低く立ち込め
雷が
高層ビルの谷間から轟いた

濡れたアスファルトをすべる車
街路樹の茂みに隠れている鳥
街の隙間から見えた 空の
断層の暗いひび割れ

恋人のアパートを訪ね
一緒に過ごした

窓硝子に映っていたのは
昨日か一昨日か何年前かと
全く変わらぬ

堕落した午後

剥がれ落ちた現実の一塊に
感覚など流れていなかったが

擦れた肌の匂いで
かろうじて 自分は
まだ生きていることを感じた

彼女は眠り
僕は軒に落ちる雨音を聞きながら
行きつけの古びた喫茶店の
珈琲の香りを思い起こした

ラジオからは
梅雨入り宣言のニュースが流れている

彼女を起こさず部屋を出ると
濡れ祖ぼった夕方の住宅街は
ひっそりと夜を待っていた

大学にも行かずアルバイトもせず 未だに
親からの仕送りで生活する無価値な青年

喫茶店に向かったが定休日で
今日が月曜であることを知った

朽ち 色褪せた日々の
日常という画布に
描くことのない
自画像

梅雨はいつ明けるだろう なんて
少しも気にならない
砂漠の心

帰り道

西の方角から
遠雷が聞こえた

宣告にも似た低い
唸り声のような雷鳴だった

崩壊への
最後の一撃なのか
奮闘への
最初の号砲なのか

その時の僕などには 到底
窺い知ることは出来なかった

雨はやみ 何日か振りに
空腹を感じた




                       〔三浦志郎:選〕











あ さ ぎ


  君


空を飛んだ君を見て
僕の気持ちは決まったよ
旅に出るよ

荷物はいらない
君の言葉があれば十分

「教室の窓から見えるグランドは広大な自由だ」
「鉛筆からシャープペンシルに切り替えた過去はたしかにある。その境目が興味深い」
「黒板が緑色なのにはきっと意味があって知らず知らずのうちにその恩恵にあずかっている」
「意味がないものは辞書には載らない」
「”てにをは”に惑わされたくない」

君と見つけた花はどんな花だったか
香りは頭の中で再構築できているのに姿が定まらない
口が開かない
もう見つけることはできない
そういうものだ
だから
これから出会える花を君に伝えるよ

方位磁針も置いていくよ





                       〔井嶋りゅう:選〕











ココア


 立ち上がる


誰も知らない
痛みと辛さを
抱えている

ときより
倒れてしまい
涙が溢れだす
けれど
落ち着いて
この空を
眺めると
愛しさが
湧いてくる

悩んでいること
たちが
くだらなくて
小さく
思える

僕にも
ちゃんと
光が降り注いでいる
この力を
生きる支えに
すればいい
果てしない
未来が
ある限り
何度も
立ち上がって
消えない
足跡を
残せたら
嬉しい
それだけを
追いかけていこう




                       〔井嶋りゅう:選〕





 捨ててしまいたい



分かって欲しい
気持ちは
今、ここから
捨ててしまいたい

本当はうまく
いかない
言い訳に
しているだけ

ありのままに
飾らずに
好きなことを
楽しみたい

誰の顔色も
伺わず
この瞬間を
走り抜けたい

痛みも
悲しみも
このやれることへの
力に変えて
いくことが
できる

一度だけの
人生だから
悔いなく
おもいっきり
与えられた
時間を
使いたい




                       〔井嶋りゅう:選〕





 想 い



想いは
伝えることは
永遠にない

あなたのことを
愛しているから
困った顔より
幸せそうな顔でいて
欲しいから

僕は叶わないものは
夢の世界で
満たすことが
できる

心にしまうことが
この何気ない
幸せが
穏やかに
続くことがあると
知った

いつかは
触れる手も
消えてしまう
遠くに
行ってしまう
仕方ないと
受け入れても
涙が零れてしまう
ことがあるかも
しれない


生まれ変わったら
あなたと会って
この想いを
届けたい

今はあなたがくれた
思い出を
抱き締めて
前向きに
生きることしか
僕には
できないけど

どこにいようが
ここから
あなたが嬉しそうに
歩いていく
道を
心から祈る




                       〔島 秀生:選〕





  涙



この涙は
どこに行くのか
分からないけど
ちゃんと
心に戻って
ほのかに
僕を優しく
変えてくれる
そうであると
信じたい

今、こうして
笑えるのは
潤いを
届けたり
貰ったりして
繰り返しながら
思いやりを
実らせたから

そしたら
穏やかに
みんなで
寄り添いながら
生きていける

誰かに
分かって欲しい
わけではないけれど
この気持ちを
伝えていきたい

悲しみに
暮れることも
あるけれど
頭を抱える
こともあるけど

目を閉じると
浮かんでくる
大切な人の
微笑みが
遠くから
見守ってくれる
温もりが
しっかり
感じている

会いたくて
会えないけど
いつの日か
顔を合わせたら
嬉しい
だから明日を
迎える




                       〔島 秀生:選〕











galapa


夜が明けるまで走ればいい


燃えるバッファローの群れが走る
バッファローの群れがわたしの上を走る
劇場のカーテンを突き破り
学校の廊下を
街の交差点を走ってゆく
わたしはわたしで
走ればいい
海まで走れば
もう逃げ場所はない
振り返れば
リアルはそこから始まる

カウボーイにだってなれる
カウボーイにだってなれる

凍えるバッファローの群れが走る
千の殴打の脚音
バッファローの群れが走る
わたしは並走する
あるいは踏みつぶされる
痛みを感じるのは生きている証し
わたしはわたしで
走ればいい
わたしはわたしで
全速力で走ればいい
夜が明けるまで走れば
リアルはそこから始まる

カウボーイにだってなれる
カウボーイにだってなれる

ああ
のどかな時代は過ぎ去った
物語の原型は崩れ
誰もがミスキャストを演じている
エンディングなどないぞ
我々は逃げ場のない場所から
さらに逃げてゆくのだ
だが走りつづければ
リアルはそこから始まる

カウボーイにだってなれる
カウボーイにだってなれる




                       〔青島江里:選〕





 恋がおわってしまったら


灯りが 消えた時
何が見えたというのだろう

僕の悪い血
僕の紫色の横顔
最後の音!をあげそう
かけがえのないものが去ってゆく
今この時にも離れてゆく
引き抜かれた引き出し
空白のままの箪笥の二三段
ポケットのなかさえスッカラカン
ホコリさえなし
あなたが去ったいま
足りないジクソーパズル
釘付けされた靴音
どこえもゆけぬ
満ちてくる夜の波
この部屋で
満ちてくるあなたへの思いを
噛み締めているのだ
釘付けされた舌で
あなたへの思いを
噛み締めているのだ
ボロと屑鉄
色褪せて
息も絶え絶えに
部屋に敷き詰められた舌
敷き詰められた足跡
だけの部屋
一人で部屋にいて
わすれさられている
さよならもいえない




                       〔青島江里:選〕











こたきひろし


 だから何


イオンモールの書店内で短歌雑誌を立ち読む
なんて
カッコつけても
なかみはただのオッサン

休日の午後に家族四人車で出掛けてきたのは
郊外にできて間もない巨大ショッピングセンター
娘二人まだ幼い頃は
休みは遊園地や水族館そして動物園だったのに
今行きたいところといったら
巨大ショッピングモール
海や山はいつでもいけるし
つまらないと口にする

娘二人成長して
お年頃
親は二人は劣化して
新婚当初の姿は
見る影もない

嫁さんと娘二人は
モール内でショップを見て回り
オッサンは本屋で待たされる

でも誰かに
シアワセですかと聞かれたら
迷うことなく
シアワセですよ
と答えてしまいそう

やがて本屋に
嫁さんと娘二人やって来た
腹が減ったからフードコーナーへと歩き出す
勿論本は一冊も買わない

途中エスカレーターを昇りながら
見上げると
上の娘のスカートが短すぎて
父親は思わず声をだした
お姉ちゃんの名前を呼んで
「パンツ見えそうだぞ」
言ったらコワイ顔で振り向き言い返された
だから何、おやじには見られたくないよ。いやらしい」
父親は言葉を失った
じゃあ誰に見せてんだ、という
難問に見舞われなから




                       〔井嶋りゅう:選〕





 希 望



絶望は愚かゆえの結論です

人生相談が答えていた

暑い中でカップヌードルすすりながら
ラジオを聴いていた彼は
他に食べるものがなかった

本当に
食べたいものは美味しいもの
でも
高級なレストランの豪華な料理は
彼の稼ぎでは到底届かない


ラジオを聴いていた
彼には相談する人生なんてない
壊れて泣くくらいなら
幸福なんて足手まといだから
いらない
と、結論をつけていた
カップヌードルすすりながら
それしか食べられない人生なら
それはそれでいい
仕方ないからと

それにしても
蝿が周りを飛んで五月蝿い
蝿が周りを飛んで五月蝿い

カップヌードルすすりながら
それでもラジオの人生相談聴いていた


相談者を
回答者が勇気づけ
人生の何たるかを
熱く語ってた

カップヌードルのスープまで
飲みほして
彼は立ち上がる
相変わらず五月蝿く飛び回る蝿を
何とかしてやろうと

その何とかはとても残酷で
容赦ない結果を蝿にもたらすが
彼の心に微塵の痛みも沸く事はない
筈だ

食事のさまたげになったのだから
悪でなくてなんだ
許す訳にいかない

もしも高級なレストランで
豊かに食べられて
そこに蝿が現れたなら
処置を店に任せて傍観したかも知れないけれど

ラジオは切った
他人の人生相談
邪魔くさくなって




                       〔三浦志郎:選〕





 眠れない夜は



眠れない夜は
羊のかわりに数えるんだ
好きになっちまった女の子の名前と
好きになっちまった女の子の顔を

最初から最後まで
ちゃんと一人づつ数えるんだ
それを何回も繰り返して
そして
いつのまにか
眠ってしまうのは
悲しすぎるかな

好きになっちまった女の子は
沢山いたけど
好きになってくれる
女の子は一人もいなかった

この世の中
公平に出来てないから
イケメンの方に女の子はよってたかり
イケメンじゃない方は
たいがい避けていかれてしまうんだ

勿論、男は外見じゃないけど
見た目の悪い男はコンプレックスに支配されやすくて
性格さえキモくなっちまう傾向強いから
女の子に好かれないわけさ

これは現実
仕方ない
やりようがないと
諦めちまった俺は
ますますネガティブになって
ガールフレンド一人だって
見つけられなった

でも無理ないよ
俺には
男友達一人出来なかったんだから

そんな人生何が楽しいんだって
言われるね

恋人はおろか
女友達一人いなかった俺だけど
男性機能は一人前だったから
当然体に摩擦起きるよね

モテナイ男は
たいがいそうすると思うけど
俺の初体験も風俗だった

俺だって
女の子とお互い好きになって
自然にそんな関係になれたら
ベストだったけど

みんながみんな
そうなれないのが現実
でしょ

心だけじゃ
人はどうにもならない時あるからさぁ
アルファベットだって
アイより先にエッチが有るんだぜ
わかってるでしょ

眠れない夜は
羊のかわりに数えるんだ
好きになっちまった女の子の名前と
好きになっちまった女の子の顔を

惚れ癖のある俺は
ひとめぼれが沢山あったけど
みんな一方通行だったから
相思相愛の恋愛経験なし

だから
隣で寝息立ててる嫁さんとは
恋愛のない結婚をした
結婚の為の結婚
お互いが生きてく為の損得勘定で
子供作ったし
家も買ったよ
それだって
悩み苦しみながら
時間をかけて
ドリョクして
見せ掛けじゃない
家族になったよ
しかし
そんな人生
この世の中に
星の数ほどあるんじゃねぇ

だからせめてと
眠れない夜は羊のかわりに数えるんだ
好きになっちまった女の子の名前と
好きになっちまった女の子の顔を




                       〔島 秀生:選〕











耀 子


 ゴルフの朝練


桜や新緑の季節なると
朝のゴルフ練習場は気持ちが良い
小鳥は鳴き
隣の中学校の校舎からは
トランペットの音が聴こえる
やっぱり朝練なんだな
向こうも頑張っているな

今日こそはとの思い強めて
打席に入り まず素振り
力を入れるな 軽く行け
なかなか良いじゃない
自分を褒めてあげる
自分に暗示を与える
「あなたは上手なのです」

人は褒めて育てよという
されば己も褒めてやれと
かくなる 自己暗示を
たかがゴルフ されどゴルフ
数十球気持を込めて打つ球に
悲喜交々の行方あり
まるで私の人生のようだ

まわりの打席も 見渡してみる
朝とはいえ10人程もプレーヤー
それぞれに 打ち込んでいる
ただ黙々と 黙々と
一打打っては
その打球を見つめている
悲もあれば喜もある その行方を




                       〔井嶋りゅう:選〕





 生きるって


ある日突然
しわしわの手が握手を求めてきた
私はその手と握手をした
それは苦しみであった

そしてまたある日
氷のように冷たい手が握手を求めてきた
私はその手とも握手をした
それは淋しさであった

冷たい雨の降る日
びしょびしょに濡れた手が握手を求めてきた
私はその手とさえ握手をした
それは悲しみであった

私の体いっぱいに 涙が溢れた

太陽の光が溢れるある日
柔らかい大きな手が握手を求めてきた
私はその優しく暖かい手を
すがるような思いで強く握り締めた

それは喜びであり希望であった

生きるって 苦しい 淋しい 悲しい  でも
生きるって 楽しい 喜びがあり 希望がある

春になれば桜が咲くように
若葉が風に戦ぐように
雨の中に紫陽花が輝くように
太陽に向かって向日葵が咲くように
秋の野に秋桜が揺れるように
木々の葉が赤や黄色に色づくように
福寿草や雪割草も土の中から顔を出すように

すべてのことが いきなり輝く訳ではない
すべてのことは 季節を待っているんだ

生きるって そういうことなんだね
そういうことなんだと思う




                       〔島 秀生:選〕











キャベツ


 たんぽぽ


きれいだったので
原っぱから
ぷちん
机上のプリンの空き瓶に
水と10円玉入れて
ちゃぽん
数時間ぼくをなごませ
いまはこのように
だらりん
死にかけです
一度根っこと離れたら
死にかけるのも
無理ないさ
心と身体を
ぷちん

ぼくがやりました




                       〔く  れ:選〕











テントウ虫


 出会い


まど様の詩集を読んで
じーんじーん

私の心が
地面へ吸い付いた


人生がいろづいたのだ
それは
希望にあふれているのだ

ひとつの出会いが
私にとって
それか
詩人にとって
いや
あなたにとって
それか
詩に興味のない人にとっても


人生はいろづくのだ

もの
ひと
ことがら

この世界では
出会いが

かけがえのない
出会いが

当たり前の
出会いが

どうでもいい
出会いが

人生をいろどるのだ

七色に光り輝く
ダイヤモンドを
見つけたかのように
出会いは燃え上がるのだ

あっ
あそこにアジサイの花が咲いている
もう 梅雨の季節か
いいにおいだな
うふふふふ




                       〔島 秀生:選〕











ゴンドラ


 空き家


むかしわたしの心には
ひとりのひとが住んでいた
若き日のゆめと空想にはぐくまれ
いつかわたしが書くはずの
小説の主人公になる
ひとだった

けれどもわたしが
おとなになり
中年になり
初老になったある朝とつぜん
そのひとの姿が
見当たらないのに気がついた

あわてたわたしは
心のすみずみまで
まっさおになってさがしまわったけれど
どの部屋にもひとかげがない
ついさっきまで
たしかにひとがいた気配がするのに

部屋から外にとび出して
見回してみると
板壁のペンキははがれ
窓の格子はさびつき
表札もはずされて
まるで空き家のよう

ながいことほったらかしにして
手入れもしなかったわたしの心には
いざ小説を書こうにも
詩を綴ろうにも
ひとつの言葉も
主人公の姿も見つけられないのだ

打ちひしがれたわたしが
庭に生い茂った雑草や
塀に這いのぼるつる草を
ぼんやりとながめていた
ふと
そのとき

少年時代を最後に
絶えて久しく来ることがなかった
あげは蝶が一羽
繁茂する草木の間を
ひらひらと
舞っているではないか

思わずわたしは
蝶に向かって祈った
この空き家が取り壊されて
殺風景な更地に変わってしまう前に
せめて一編の物語を
紡ぎ出すことができますように、と




                       〔三浦志郎:選〕





 風 景



ゆく雲にまぎれゆく
浅間の噴煙も
裾野をめぐりゆく
往時の街道も

斜面に広がる
果樹園も
野外音楽堂から聞こえる
二重唱も

瞳より深い青空も
古より吹き寄せる風の冷たさも
何もかも
あのときのまま

ここでは
時間が気まぐれに
歩みを止めている
だからこそ

はっきりとわかるのだ
この丘の上に立った若き日
わたしの内部にかすかな音がして
わずかなひびが入ったことを

目立たないながらも
おおい隠すことができない
日々深くなる
亀裂ができたことを

砂を噛むような
老いの日常のただ一人の同居人...
無慈悲な道連れに
魅入られたことを




                       〔三浦志郎:選〕











葉月 祐


 雨越しの月


見えるはずもない

雨風に木々がざわめき
雷が喚き散らすこの夜には

  赤い月は 顔を出しはしないだろう

鼓膜を震わす雷鳴が
闇を裂いていく そして
シャツは肌に張り付いていくばかりだった

しかしわたしは
空を見上げ
濡れた髪をかき分けながら

  雲の向こうを眺め続けていた

そこには今も
今夜限りの月が
すとん と
正座しているはずなのだ

たとえ
目の前に差し出された空が
梅雨の気配に満ちていようと
女神は確かに そこにいる


  雨雲の真下 目を閉じる
  雨粒が頬を 撫でながら      駆けていく
  六月の雨の温もり その向こうから
  赤い月に住む女神が
  まぶたの奥へ舞い降りる事を信じて


わたしは
色の無い雨に打たれながら
夜空を見つめていた

同じ天気に見舞われながら
同じ思いで空を見上げている
同じ空の下に立つ 見知らぬ誰かのように

乾く事の無いシャツ
雨越しに眺めた幻想の月
まぶたの奥の夜
掴めない光が
雨となり 降りそそいだ


  雨音の中 眠りの間際
  願うように意識を縫い合わせる


せめて夢の中では
曇りなき満月の姿を
この目に
強く 深く 焼き付けられるように




                       〔雨  音:選〕





 Black & White(グラスの中のドラマ)


グラスの中に
ミルクを落とす
アイスコーヒーの中に
描かれた 白いうず

何もしていなくても
二人は小さな世界の中で
くるり まわり まざり
恋人のように 繋がり合うように

小さな世界の中で 溶け合っていく


  「もう離れられないわ
   わたしとあなたは
   このままずっと
   ふたりでひとつよ」

  『君と僕は
   ふたりでひとつだ
   黒でもなく 白でもない
   新しい色に生まれ変わるんだ』


ゆるり ゆらり
溶けていく二人に
口を付ける事もせず
わたしは見とれていた

初夏のこの時期の楽しみのひとつは
アイスコーヒーが織り成す
黒と白のドラマだ

二人は 静かに溶け合っていく
互いの色を失う事を おそれる事なく

このドラマを
早送りするように
中身をかき混ぜてしまうのは
もったいない
結露を纏ったグラスの中身を
二人の行く末を
最後まで 眺めていたいから


冷たい器の中で
熱く溶け合った二人を見届けた後

わたしはゆっくりと その一杯を味わった




                       〔雨  音:選〕





 ノンフィクション・2―親愛なるすべての日々へ捧げる―


叫びたい程の感動を
身も奮える程の感謝を
かたちにする事の難しさを抱えたわたしの前に
今再び 夏が訪れようとしている

振り返れば
すべてが昨日の事のように思えた


初夏と梅雨空の重たさと匂いを恋しく感じるようになった事。
七夕の星空の瞬きに、目を閉じ友の幸せを願った夜。
生まれてきた事を心から幸せに思えたあの日の喜び。
雨上がりのリハビリステーションから見た真昼の月の白さ。
101日目、夏休みも終わり人生が再開した眩しい秋の朝。
足元に転がる落ち葉に感じた季節の終わりを憶えている。
窓を開けずに感じられる、雪の沈黙に震えた午前5時。
年が明けても詩を書いていた自分に実は驚いていたり。
柄にも無くバレンタインに触れてみたりもした。
重なる別れの中で、思いを抑え切れず詩に委ねて泣いた。
立ち止まらない時が静かに色付き微笑みかけてくる帰り道。
桜も散り若葉が薫り、膨らみ続ける夏の気配を感じながら、

わたしは今、ここにいる。
おそらくあの頃とは、ほんの少しだけ違う自分として。


  あなたの一年の始まりはどの季節からですか?
  わたしは初夏からです、ちょうど今頃です。
  始まりの扉を開け、今日も歩き続けます。
  何が待つかも分からない、明日へと。

あの頃と変わらないのは
あれからずっと
詩に救われている事
大切な友が
ただそこにいる事
いつも思いを
うまくかたちに出来ない事

それでも いいや だからこそ

伝えたい気持ちが溢れ出す夜
感動が鎮まらない夜
視界が滲むばかりの夜
熱い心が激しく波打つ夜
その果てに迎える一日の始まり


たとえどんな日が訪れても 詩を書こう


些細な事も 抱えきれない事も
ひとつずつ 一歩ずつ
けして立ち止まる事なく
わたしはまた 新しい扉に手を伸ばす

これからも 詩と共に歩くよ


  伝えたい
  生きていたい
  それが幸せだと思えるから
  今日もまた 明日もずっと 詩を書くよ


どんな日も
どんな思いも
どんな出来事も
受け止めて
乗り越えて その先へ

これからも
新しい日々に 出逢い続けていきたい




                       〔三浦志郎:選〕





 名前と父


何を願い名付けたのだろう
何を思い選んだのだろう
わたしはまだ
自分の名前に込められた
その真の意味を知らないでいる

小さな頃から
母は 何度も聞いてきた言葉で
名前の由来を教えてくれたけれど
名付け親は 父だと知っていた

父は名前について 今日まで何も語らない

思えばわたし達は
父にも娘にもなりきれず
口を開けば傷付き合う
その繰り返しだった

わたしは
いつのまにか
かなしすぎて 諦めていた
握り締めたこぶしを解いて
かなしみの連鎖を断ち切りたくて

背を向けるように
父の愛を求める事を 諦めた

今思えば
おそらくは 父も
同じだったのかもしれない


・・・それでもわたしは
どうしても知りたい事があった
何故 このよく耳にする名前に
あまり使われない字を用いたのか

  父さん、
  あなたが何を思い、
  わたしにこの名前を名付けたのかを。

いつか 生きている内に
痛みが今より癒えた頃に
あなたのこぶしも
やわらかく開かれた頃に

  父さん、
  あなたは教えてくれるだろうか?
  そしてこの手を握り締めてくれるだろうか?


たとえ
どんなに不器用な答えでも
わたしは
あなたの口から
この名前に込められた思いを 聞きたい




                       〔青島江里:選〕