■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の半分以下しか掲載していませんから、もっと読みた
いと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてありますから、
ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

甘 里  君 香 
 詩集『 ロンリーアマテラス 』 から6篇

         





奥底から星こぼれる


ひとしきり乳房にむしゃぶりついたあなたは
腕に抱かれ満たされて眠っている
なにも動かない とうとうなにも見えない白い空間は
ミルク色に満たされた至福のセカイだ と壁が歌う
なにも動かない ついに秒針まで止まった透明な空間は
ひかり散りばめられた蜜のセカイだ と天井が歌う

「よる三時間眠れたらいいよね」
「子どものためなら死ねるよね」立派なサンビカ
「ハハオヤが育てなくてどうする」
「何もかも捨てられるはずだろう」荘厳なサンビカ

あなたが安らかに眠る温もりは本当の温もりではないの
精神の死と引き換えた恥しらずな嘘っこ
子どもを抱いているのに苦しいのは罪ですか
子どもをあやしながら不幸なのは罪ですか
いずれ大きくなったあなたは
心に落とされた石に気づき嘘を知る
おかあさんは私を産みたくなかったの
おかあさんは私が嫌いなの
信者になり損ねたオンナに下る最大の罰

腕で眠る まだなにも知らない あなたを残し このまま
消えてしまいたい 健やかな その 表情 だけ を
記憶して 空の 故郷 に 帰ろう おかあさん

〝おかあさん〟

あなたの深遠な目は
私の目の奥の奥底に真理を探ろうとする
目の奥の奥底から彼方に空の故郷を見つけたあなたは
奥の奥底から私に目をもどし
無邪気な笑みをたたえた

〝この世に運んでくれてありがとう
            それだけでかんぺき〟

湿った指先が頬を触る
目の奥の奥底から星がこぼれる









ロンリーアマテラス


おかあさんがわるい
おかあさんがわるいから
おとうさんが行っちゃった
そう叫んで襖をぴしゃりと閉めた

子どもの目の前で
荷物を車に詰めこんでいく
パソコン
家具
スノーボード

バスタオル
洋服
子どもが気に入っている
マグカップ
この人はすでに知らない人

車がとおざかり
和室に駆けこんだあなたの慟哭は
悲しいことなんて慣れてる私が
あなたのぶんも背負えばいい
そんな絵空事を吹きとばし
私の体をばらばらにし
心を粉々にするが
ばらばらにはならない
粉々にはならない
どうすればいい?
人生に問いかける

母親から大切にされなかった母親は
子どもともうまくいかないって
虐待は連鎖するんです
世の中は軽くいってくれるが
きらわれるのはかまわないけど
母親をきらう寂しさは
たましいを損なう寂しさだと
知っているから
私はあなたに好きになってもらう
どうしてほしい?
三歳の私に問いかける

正直に丁寧に話そう
これまで何があり
三人の暮らしを守るために
どうがんばって
なぜ無理だったのか
そしてあなたは
何一つわるくない
わるくないのに
おかあさんにつき合わせて
ごめんねといい
すべて話した

西日が廊下を照らすころ
しずかに襖が開いた
新しい目をした
あなたが立っている
肩を寄せ
オレンジの夕日を
眺める
グラデーションの空を
渡り
コトバが
届く
ワタシノブンシタチイキテ









家庭裁判所の住人


まあお辛いわねえ
血色のいい顔を歪めて
同情する調停員は
今日はハレの日
カラフルなブラウスに
カシミアのジャケット
衿に見たことがない
大きさの南洋パール

毛玉がついた
透けるセーターに
ナイロンのパーカー
膝が出たジーンズの私は
派手なブローチに
調停員の思いを垣間見て
ノートに目を落とす

眠れていますか?
仕事をなくした私を
労わる調停員は
今日はハレの日
糊がきいたグレイのシャツに
ヘリンボーンのスーツ
ブランドのネクタイに
ダイヤのピン

自分で切った
ぎざぎざのセミロングに
サラダオイルを揉みこみ
ゴムで括っている私は
ダイヤのピンに
調停員の暮らしを垣間見て
窓の外に目を移す

ソンナニタイヘンナラ
オコサンヲオトウサンニ
ワタスコトモカンガエテハドウデスカ

ハレの日に
三面鏡の前で
入念にメイクし
宝石箱から
ブローチを選び
クリーニングし立ての
ワイシャツと
スーツに袖を通して
白髪に櫛を入れ
フコーな人に
会いに行く
救いの手が必要なのは
鈍感なアナタ
鈍感を決めこむ
セカイ









その握りしめた手に


鳥たちの会話が聞こえこの世にもどる
清らかな寝顔のあなたはまだ
あの世に住んでいる
つめたい鼻先に鼻をつけ
白い額に手をおくと
瞼が徐々に開き不思議そうに私を見る
微笑みが帰ったらこの世の住人
毛布を巻きつけ汽車になって
楽園までごはんを食べに行こう
精神的肉体的経済的DVオトコがいなくなり
リビングルームは蘇生した

山盛りのごはんと玉子焼き
おみそ汁おいしーだから飲み込まないの
と頬をふくらませたまま
保育園のブレザーを着ようとする
二八万円の軽自動車が二人の全財産
出発しんこーと元気にこぶしを上げる
あなたと10分の旅をして
それぞれの世界に向かう

膝が擦り切れてるよ
もっとましな格好して来てよ
よけいなお世話だ
手取り一二万三五○二円
DVオトコと別れ
DV社会が身に沁みる
子どもを抱くオットのいない女が
そんなに憎いか消したいほど

おやつ選んでいいよ
やったあ一つだけだね
スーパーの棚で三〇分も迷うあなたは
その記憶を胸に育つ
一年じゅう同じジーンズをはいていた母と
魚のあらがのるテーブルと
おかあさんが倒れたら電話してと
何度も教わった壁の119
の文字とともに

握りしめたその手に
そっと秘密の種を忍ばせる
大きくなったあなたは
掌をひらき
ふうっと
息をかけ
その風に乗り
この世に
瑞々しい
花びらを
撒く人に
なってほしい

握りしめたその手に










ニンゲン嫌いの子育て


あなたには私しかいない
オトウサンがいない
オバアチャンがいない
シンセキのオバチャンも
キンジョのオジチャンも
ダレもいない
オバアチャンに抱かれるコを見ると駆けていって手を伸ばしあっあっとせがむ
私はこころの中で手を合わせ顔を覆い地面にくずおれてあなたに謝る

ニンゲンが嫌い 本当はニンゲンが怖い
だけどオカアサンになった
ニンゲンが怖いオカアサンはあなたが怖い
小さなニンゲンがいつもいつもこんなにそばに

猫に顔を近づけ声をあげて笑う
幼児番組に手をたたき体を揺らす
口いっぱいにトマトを頬ばる
大好きな大好きなおかあしゃん といってくれる

私はあなたを抱きしめて知らなかった温もりをもらう
あなたを抱きながらあなたに抱かれる私をあなたは食い入るように見つめる
秘密を知りたいと 何でも知りたいと
怖い気持ちに負けないように満面の笑みを返す
見抜いてしまった?
あどけなさの裏に小箱をつくり秘密を詰めこんであなたは私になった

おかあさん

新緑の大木にすっかりおとなになったあなたが立っている
見たことがない色の翼を手品みたいに体からとりだし
ば さ り   風を切った
あなたに去られ空を見上げる私に木洩れ日がおめでとうという










おきっちゃま ついてくる


歩いている
黒くてすべすべした道
影がついてくる
お星さまがついてくる
お月さまがついてくる
右ては広い公園
左ては大きなオウチ

歩いている
黒くてすべすべした道
満月のよる
おきっちゃまついてくる
ついてくるって走ったら
おかあさんが笑ってた

耳をすますと
大きなオウチから
いろんな音がする
人の声
お皿の音
お風呂の音
窓の灯りが消えると
道はなんの音もしない
ときどき車がとおる
どうしたの
ちいさな子がこんな時間に
早くオウチに帰りなさい

歩いている
黒くてすべすべした道
オウチには帰れない
オウチにはまだ帰れない
オウチには帰りたくない

おきっちゃま
おきっちゃまのおうちで
おもちを食べたいなあ

お月さまは
耳もとに降りてきて
ひかりの声でないしょ話した
見えるからね
道はつながっているよ
七色の世界に

歩いている
お月さま
ついてくる









 甘里 君香 さんの詩集 『ロンリーアマテラス』 (思潮社)
  2017年4月刊より抜粋   ISBN978-4-7837-3569-4 C0092
  定価 (本体2,200円+税)


 作品『奥底から星こぼれる』。「産みたくなかったの」には訳がある。自身が幸せな家庭で育たなかったからだ。貧困。父はガス自殺し、母の想い出からは楽しかったものが出てこない。作品『ロンリーアマテラス』には、「母親から大切にされなかった母親は/子どもとうまくいかないって/虐待は連鎖するんです/世の中は軽くいってくれる」の一節があり、母親から虐待を受けていたことがわかる。だからこの人は子を儲けることに不安があったのだ。さらには「サンビカ」という皮肉で記されているのが生まれた子の父親の言で、勝手な理屈を振り回しては、自分は全く子育てを手伝おうとしない人物であることがわかる。そんな追い込まれた環境の中での子育てで、作者はすっかりまいってしまっている。子を置いて、先立つことを考えている。そんな時だ。母の目の奥を覗き込む、無邪気な赤ん坊の瞳から、何か声が聴こえてきたのは。
   「この世に運んでくれてありがとう。それだけでかんぺき。」
 この言葉に、作者ははっと救われる。作者の目の奥からは、星がこぼれてくる。

 作品『ロンリーアマテラス』。天照大神の天岩戸の物語に喩えているのがわかる。父親が家を出て行った。夫婦の離散に怒り、悲しんだ娘が、和室の襖をぴしゃりと閉め、閉じこもって泣いているのである。家の中は、太陽の光を失くしている。
 作者の心にはいつも自分が育った家庭のことが重なっている。だから三歳の時の自分に問いかけてみる。あの時の私は、どうして欲しかったのかと。自分が嫌われるのはかまわないけれど、子にとって「母親をきらう寂しさは/たましいを損なう寂しさだ」と、自分の体験が知っているから、このままにしてはいけない。
 正直に丁寧に話そう。全部、話そう。そして、「あなたは何一つわるくないのに、おかあさんにつき合わせて、ごめんねと言おう」と決めた。
 夕方、西日が差す頃に、しずかに襖は開いた。新しい目をした、娘が立っていた。

 作品『その握りしめた手に』。初連、「楽園までごはんを食べに行こう」の「楽園」とは、リビングルームのことである。妻への暴力、精神的肉体的経済的DVオトコがいなくなり、自分の家が、リビングルームが楽しい「楽園」へと蘇生したのである。これは逆に、家庭内がいかに悲惨だったか、限界を超えてがまんしたものであったかが、裏返しにわかる表現である。どこかに食べに出かけるわけではない。自宅のリビングルームが「楽園」に見えると言っているのだ。そして「二八万円の軽自動車が二人の全財産」と言っているから、この「楽園」がある家もまた賃貸であるのだろう。
 おやつを一つ選んでよいと言われて、スーパーの棚で30分迷っている子。2016年の「国民生活基礎調査」(内容は2015年時点)によると、「子ども(17歳以下)の貧困率」は13.9%で、約7人に1人。ただ、ひとり親世帯に限ってみると、50.8%と、2人に1人の割合だ。暮らし向きは、母子世帯の82.7%が「苦しい」と答え、37.6%の世帯は「貯蓄がない」と回答している。母子世帯の生活は厳しい。
 それでもDVを脱したこの親子にとっては、今は「楽園」と呼べるのだろう。どうかこの子が、貧困に負けずに、「この世に瑞々しい花びらを撒く人に」育ってくれますように。

 作品『おきっちゃま ついてくる』。読み進むと、「おきっちゃま」はお月様のことだとわかる。この言葉から、まだ正しく言えない幼児年齢であることがわかる。第3連、大きなオウチからいろんな音が聞こえるが、やがて灯りは消えて、静まりかえる。長時間にわたって外の、同じ場所にとどまっている時間経過がわかる。だから、お巡りさんだろうか、早くオウチに帰りなさいと叱られる。しぶしぶ移動しているが、オウチには帰りたくない。帰れない。家庭内暴力があるからである。この子は夜空を見上げ、「月」のオウチへ行ってしまいたいと願う。するとその月が突然、耳元に降りてきてくれて、言う。それでも人生をあきらめないで。あなたの道は、七色の世界につながっているのが見えるよと、その子の未来を予言してくれる。
 この子はどこか作者の幼児期に似ている。幼児の時の自分に、大丈夫だよ、それでも幸せな未来はあるよと、声をかけてあげたいのだろう。また一方で、貧困や虐待に泣く今の子供たちに、それでも生きていてと勇気づける、メルヘンでもある。それは「母親から大切にされなかった母親は/子どもとうまくいかないって/虐待は連鎖するんです」という、世間の冷たい言葉を乗り越えた作者だからこそ、伝えられる力があるのです。

 甘里さんは、日本エッセイスト・クラブ会員。けれど詩集は、これが第一詩集。今年度注目される一冊になると思う。


                                        (島)