□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 248号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価1,470円(本体1,400円) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価1,470円(本体1,400円) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十二年

 戦後七十二年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s








 編集雑記

◆九州北部豪雨災害

 福岡、大分両県の死者は7/8現在、18人になった。有明海で見つかった5遺体が確認されればさらに増え、23人となる。また、依然連絡が取れない人が、まだ26人いるという。
 亡くなれた方に、ご冥福をお祈り申し上げます。また、まだ連絡が取れずにいる人たちが、どうかご無事でおられますように、早く見つかりますように、お祈り申し上げます。

 朝倉市で24時間雨量544.5ミリを記録した「線状降水帯」。これは今、日本のどこに発生しても不思議でないものです。そしてこれだけの雨量が降れば、日本のどこだって危険な状態になる。他人事に思えない今回の災害です。

 一点だけ気になってることを、言ってもいいですか? 今回とても流木が多いですけど、土砂崩れで流出した木にしては、枝が打たれ、皮もきれいに剥けている(つまり材木になっているように見える)木が多くカメラに映ります。材木も流れてきてないでしょうか? 土砂崩れで川に流れた木って、途中であんなにきれいに剥けてしまうものなんでしょうか?




◆いじめ対策を考える

 「同級生にからかわれ、先生に言っても直らない。学校に行きたくない」。2014年9月。仙台市内の中学1年の息子(当時12)が単身赴任中の父親(49)に泣きながら電話をかけてきた。「俺が学校に行って話すから」。父親は語りかけた。でも、最後の会話になってしまった。翌日、息子は自殺を図り、意識が戻らないまま1週間後に亡くなった。
• 遺書にあった「部活」の二文字 息子の死、真相知りたい
 入学して間もない5月ごろから、息子は同級生らの悪口やからかいを苦に、登校や部活を嫌がるようになった。7月には「学校に行きたくない」と自室のドアを家具でふさぎ、学校を1週間ほど休んだ。母親(44)は学校に相談。生徒指導のための臨時学年集会が開かれた。登校を再開した息子は、同級生から「チクった」と言われた。合唱の練習では、歌に息子の名前と同じ歌詞が出てくるたびに笑われた。
 夏休み明けに母親が再び学校に相談すると、息子は怒った。「言わないでって言ったでしょ。言ったって何も変わらない」。その約2週間後に亡くなった。
 仙台市は有識者による専門委員会に調査を諮問。15年と16年の2度の答申では、いじめがあったことや自殺との関連を認めた。だが父親は、答申の中身を読んで驚いた。当時の認識を問われた担任は「いじめとは捉えていなかった。今でもそう思っている」と答えていた。「こんなに理解のない境遇にいたとは」。後悔がこみ上げ、夫婦で泣いた。
 「学校や部活が嫌なら行かなくていい。親御さんも子どもが嫌がったら行かせないで。10代はまだ人生のスタート地点。命だけは大切にして欲しい」。父親は再発防止を強く願う。

 同じ仙台市内で16年2月、中学2年の男子生徒(当時14)が自宅で自ら命を絶った。半年以上前から部活の後輩らにいじめられ、学校のアンケートに「キモイと言われる」などと訴え、友人関係を「最悪」と答えていた。担任が尋ねると生徒は「大丈夫」と答え、対応はとられなかった。
 母親(50)には時折、悩みを話していたが、「先生には言わないで」と言った。母親は担任に伝えつつも、「見守ってもらいたい」と要望したという。
 15年12月15日の夜。生徒は母親に切々と悩みを打ち明けた。「死ね」「整形しろ」などと言われてつらい、学校に行きたくない……。母親はじっと聞き、「あと少しで冬休みだから」と声をかけた。年が明け、生徒は普段通り登校を続けた。でも、親しい友人にはSNSでメッセージを送っていた。「この世を去る事にしたよ」
 今年3月末、専門委はいじめが理由の一つだったとする答申を出した。石井慎也副委員長(弁護士)は会見で、いじめられている生徒がエスカレートすることを恐れ、いじめる側への指導を嫌がることは今後もあり得ると指摘。「子どもが『大丈夫』と言っても、周りの生徒にそれとなく話を聴くなどの対応をとる必要がある」と語った。
 両親は「息子に乗り越えて成長してもらいたいという期待もあったが、息子は守られず、いじめの詳細は分からない。いじめた生徒を指導してもらえばよかった」と悔やむ。

■いじめの早期発見模索
 文部科学省によると2015年度、いじめによる重大な事態は314件、9人が自殺で亡くなった。報復を恐れて黙っていたり、「いじめた本人には言わないで」と懇願したりする子どもたちがいる。大人に何ができるのだろうか。
 大津市が昨年行った、小中学生約5千人への調査では、いじめを受けた子どもの3割近くが「誰にも相談しなかった」と答えた。相談した子どもの73%は、相談後にいじめがなくなったり少なくなったりしたと回答。ただ、5%はいじめが悪化したと答えた。
 国立教育政策研究所の滝充・客員研究員は、いじめを悪化させない学校での工夫を提案する。たとえば、いじめの訴えの後、いじめた側をすぐに指導せず、教師が情報を共有しながら見守る期間を設ける方法だ。からかいなどの現場を教師が見て、そこで止めに入れば「チクった」とはならない。「助けを求めてきた子を、教師たちは守り通してほしい」と滝さんは言う。
 東北地方のある公立中では、教師がいじめた生徒になぜしたのか、いじめられた生徒にやられてどう思ったのかを聞き、互いの気持ちを理解するまで3人で話す。「教師が信頼されていないと指導は伝わらない」(生徒指導担当)と、生徒との信頼関係をみて指導する教師を決める。
 子どもがSOSを出しやすくするための模索も各地で続いている=表。NPO「ストップいじめ!ナビ」(事務局・東京都)の小島秀一弁護士は「いじめをゼロにするのは難しいが、大切なのは早期発見と早期対応。相談しやすい環境、雰囲気づくりが欠かせない」と話す。
 北海道旭川工業高では「絆ネット」というメールの相談窓口を設け、担任ではなく生徒指導の教師に直接相談が届くようにしている。静岡県の掛川市立西中学校では、PTA役員OBの有志が携帯電話で相談に乗る。「あだ名がつらい」という相談に教師と協力して対応し、深刻になる前に解決したこともあった。
 京都府は、府内の小中高生向けのアンケートの「聞き方」を工夫している。いじめの有無を直接聞くのではなく、「いやな思いをしたことはないですか?」と尋ねる。「ある」と答えたケースはすべて「いじめ」とみなし、教師が面談などで子どもの悩みを聞く。
 教師らがいじめを「からかい」などと軽く判断し、対応が不十分になることを防ぐねらいがある。府教育委員会は「アンケートはいじめ把握だけでなく、小さいうちに見つけて対応するという教師の意識を徹底させるのにも役立っている」と分析する。
 子どもの心の問題に詳しい、つつじが岡メンタルクリニック(仙台市)の望月美知子院長は「成績や内申書などで自分を評価する立場の教師に悩みや弱みを相談するのはハードルが高い。評価する立場にない大人に相談できる場を増やすべきだ」と指摘する。


相談窓口
24時間こどもSOSダイヤル
0120-0-78310なやみ言おう

こどものSOS相談窓口
(文部科学省サイト)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htm

いのち支える窓口一覧
(自殺総合対策推進センターサイト)
http://jssc.ncnp.go.jp/soudan.php


      (4/23 朝日新聞デジタル より)




◆もし街で子供が泣いていたら、あなたならどうしますか?
 (とりわけ、オジサンはこういう時、悩みませんか?)

 ○見知らぬ子にどう接すれば…
   男性(東京都 56)
 近所の商店街で、2歳か3歳くらいの男の子が「ママいなくなっちゃった」と大泣きしていました。周りの大人たちは、立ち止まりません。どうしたものかと思いながら歩いていくと、その子と目が合ってしまいました。しゃがみ込んで「ママいないの」と聞くと、「うん」という返事。
 ママが見つからなければ、交番に連れていこうか迷っていると、ママがやってきたので、ホッとしてその場を離れました。
 一昔前なら、親御さんが見つからない場合、子どもに手を差し伸べ交番に連れていけたかもしれません。しかし、千葉県の女児殺害事件で保護者会会長が容疑者として逮捕されるなど、子どもも保護者も疑心暗鬼になっていると思います。
 こんなご時世では、見知らぬ子どもに声をかけることさえ、世間の人から不審に思われるかもしれません。後から思えば、通りすがりの人に「一緒に交番に行ってくれませんか」と頼む手もあったかもしれませんが。皆さんならば、どうされますか。
 (5月22日付掲載の投稿〈要旨〉)

     ◇

 ○得体知れぬ男性、手は出せぬ
   男性(愛知県 55)
 もし自分が、見知らぬ子が困っている場面に遭遇しても、おそらく声を掛けることはできないだろう。中高年男性は特に、変質者や誘拐犯と疑われやすいからだ。よほど切羽詰まった様子ならば、近くの店などを探して事情を話し、手助けをお願いすると思う。
 同様のことは、若い女性についても言える。例えば、うずくまっている女性がいて、近付いて声を掛けたり、体を支えたりしたとしよう。その際、勘違いした女性に「痴漢」と叫ばれでもしたら、どうすることもできない。
 男性にとっては、誘拐や痴漢の濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を着せられることが大きな恐怖となっている現実がある。手助けされる側の子供や若い女性にとっても、得体(えたい)の知れない男性より、地元の店の人や女性の方が、安心して任せることができて良いのではないだろうか。

 ○その場を離れずに110番を
   男性(東京都 81)
 私も似た経験をしたことがあります。迷子の坊やに「おうちどこ?」と尋ねても「あっち」だけ。交番に連れていこうかと思いましたが、幼児を連れてその場を離れると、子を捜す保護者は逆に困るかもしれません。
 「ママが来たら教えてね」と伝え、しばらく待つことにしました。数分後、母親の姿が見えると坊やは駆け出し飛びつきました。母親は過失を自覚しているでしょうから、子どもに「よかったね、ママと一緒にいてね」とだけ言いました。
 確かに交番は迷子を安全に保護してくれると思います。しかし、全ての交番に警察官が常駐しているとは限りません。保護者をずっと待つわけにもいきません。周囲に託せる人もいなければ、迷子を見つけた場所から110番するのがよいと思います。警察官が駆けつけ、保護者を捜してくれるはずです。

 ○泣く子、誰かの助け求めてる
   女性(香川県 55)
 確かに、見知らぬ子に声をかけるのは勇気がいります。でも泣いている子どもがいたら私は声をかけます。なぜなら、その子はすごく不安で悲しくて、誰かの助けを必要としていると思うからです。
 お店の中だと店員さんを呼んできます。今回のように商店街だと「この子のお母さんはいませんか~」と叫ぶでしょうね。うちはお店をやっていることもあり、小学校低学年の子が「おうちのかぎがあいてない」と泣いて店に駆け込んでくることもあります。道で泣いてる子には、夫が「うちの店からおうちに電話をかけたらいいよ」と声をかけることも。
 ただ最近、お店の中でも親と手をつながずに走り回っている子どもが多いように思います。「乳児期には肌を離すな、幼児期には手を離すな」といいます。外に出かける時は、親が手をつなぐといいと思います。

 ○誤解恐れず声かけていきたい
   男性(佐賀県 82)
 学校でも家庭でも「知っている大人にも気をつけなさい」と教えなければならなくなってきた。子どもたちにうかつに声をかけにくくなってきた。
 だが、これが大人と子どもの正常な関係といえるのか。子どもは家庭や学校ばかりでなく、地域社会の大人によっても育てられていく。むしろ、地域の大人たちの教育力が子どもを育てる大きな要素となっている。事件は事件として、大人は子どもに対して愛情を持って接していくべきではないだろうか。
 本来、子どもに対し、信頼することの大切さを教えなければならないのに、信頼するなと教えることは、非教育的で、子どもを不幸にすることである。
 私は誤解を恐れず、家の前を通る子どもに声をかけている。「おじさん、こんにちは」と明るい元気な声であいさつされると、一日中すばらしい気分になる。


 ○今まで通り見守ろう
 地域の防犯対策に詳しい瀬渡章子・奈良女子大教授 子どもに声をかけて不審に思われるリスクがあるのは理解できますが、子どもを放置して危険にさらすリスクとどちらが重大でしょうか。子どもと違い、大人はリスクを減らす工夫ができるはずです。自分だけで解決しようとせず、周りの人に協力を求めましょう。周りに誰もいなければ110番という判断もあります。
 割れた窓や落書きを放置すると、住民の治安への意識が低いと見なされ、犯罪を誘発するという考え方があります。子どもをめぐる環境も似ています。
 地域で子どもが殺害される衝撃的な事件がありました。でも、困っている子に声をかける人が減り、見守り活動が縮小したら、子どもの危険は増してしまいます。多くの大人が手を差し伸べ、今まで通り子どもに目を配りましょう。それが安全につながるのです。

      (6/23 朝日新聞デジタル より)




◆改憲への急な動きに警戒

 安倍晋三首相が9条に自衛隊を明記するなど憲法改正に向けた提案をしたことを受け、自民党は6日、党としての改正原案を年内にまとめる方針を決めた。来年末の衆院任期満了をにらみ、衆参各院で「改憲勢力」が3分の2を占めているうちに発議をめざす日程を念頭に置いた判断だ。
 党憲法改正推進本部が党本部でこの日、体制拡充後初となる幹部会を開いた。保岡興治本部長はあいさつで「遅くとも年内をめどに、(衆参の)憲法審査会に提案できる具体的な党の案をまとめたい」との方針を表明。異論は出なかったという。取りまとめを急ぐのは、衆院選と国民投票との同日実施も視野に、現有勢力での発議を目指すからだ。党幹部は「9月に党内でまとめ、11月には公明党との調整を始めたい」と明かす。

      (6/7 朝日新聞デジタル より)

 上記を、引き続き掲載します。都民選で大敗しても、この改憲のスケジュールは、依然変わっていない。自民党に3分の2の議席を与えたことが国政の私物化、行政の私物化、そして改憲の動きになっていることを、どうか忘れないで下さい。


○稲田発言(6/27 自民党都議候補の集会で)
 「自衛隊、防衛省とも連携のある候補だ。ぜひ2期目の当選、本当に大変ですから、お願いしたい。防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」


◎ 元外務省国際情報局長 元防衛大学校教授 孫崎 亨さん

 稲田朋美防衛相の発言は、これまでの稲田氏の問題発言と比べてもより深刻です。憲法、公職選挙法、自衛隊法の明確な違反だからです。
 自衛隊は根本的には実力部隊です。実力部隊が政治的な目的で動けば、一般市民の力ではちょっとやそっとでは阻止できません。民主主義が完全に破壊される危険をはらんでいます。
 軍隊のような組織は、政治には中立であるべきだというのが世界的な基本認識です。日本は軍がクーデターを起こした戦前の歴史もあるわけで、軍関係者の政治的関与に関する言動にはどの国よりも厳しい態度で臨むべきです。
 稲田氏の発言と、稲田氏を罷免しない安倍政権の姿勢は、放置できません。撤回しても発言したという事実はなくならないからです。
 安倍政権のこれまでの言動で共通していることは、憲法や法律を順守する気がないということです。
 法には、国家の運営を円滑に行うために国民が守ることを定めている部分と、政権の権力の乱用を抑える部分があります。しかし安倍政権は、政権を抑える部分は無視し、自分たちの都合の良いように法を運用し、新たな法律(共謀罪等)をつくっています。
 安倍政権は憲法や法律を順守する姿勢を持つべきです。今回のような発言があれば、閣僚を続けさせないという姿勢を示し、安倍政権は責任を取るべきです。
 政権が暴走しないように抑える重要な役割のある憲法の精神を完全に踏みにじり、国民を縛る道具としてしか憲法や法律を見ていない。こんな安倍政権が憲法を変えるなんてとんでもない話です。

      (7/9 赤旗 日曜版より)



                                   (島)