□ 新作紹介 □





雨  音


 evermore


月が欠けていく
夜と朝の境目に見えている空に
少しづつ溶け出していくように

すっぽりと消えてしまうまで
なんだか少し落ち着かずに
胸にしまってあった願い事を
ひとつづつ取り出して

この新月の夜に
星を数えるように
飾ってみようか

 今度は思いが空に滲み出すように
 月が満ちていく

 水彩絵の具で描く曲線に似て
 耳を澄ましても
 物音ひとつ立てないまま

 満ち足りた月を背に
 滑走路に降り立つ白い羽は あの娘の夢をそっと撫でて
 スタートラインに送り出す

 いつだって
 何度だって
 欠けたり 満ちたりしながら























青 島 江 里



 ベランダの夜空に


取り込み忘れていた花柄のタオル
さやさやと揺れていました
ベランダをよぎる薄闇の風に

ここに立って見えるのは一日の先端
今日の終わりと明日の始まり
次々と灯されてゆく小さな街の光

急に灯された光のように
薄闇の空を微かに染めてゆくものは

肩に積もった真昼の小言を
静かにはらいのけてくれます

生き辛い世の中
名ばかりの透明に行き場を失い
迷いたくても迷えない行き止まりに
深いため息をつくこともあります

横縞ばかりの視野にサヨナラ
見上げるものがその先にある限り
これからは空に光を求めます

少しさびれたベランダにも夜の空
そっとゆびさきを伸ばして
この爪に月の光を灯しましょう

何にもないその先端に色を
薄闇で心もとないその先端に光を

そして今日の月よ
明日の太陽よ占って
いちばんあかるい答えで私をだまして

ここから見える
浮かび上がる光のこだまに
小さな小さな乾杯をしました

透明なグラスに注いだ酎ハイも
浮かび上がっては
水しぶきをあげて光っていました

ここから見えるまだ終わらない光
またひとつひとつ急に灯されてゆきます

それは予告なんてない
日々の連続を物語るかのようです

うつくしいだけのものなんていりません
私の先端にまで昇り詰めてくれる光が
明日へ弾けてくれればそれでいいのです




























井 嶋 り ゅ う



 母の隣に座る


折り畳んだ布団にもたれて
母は外を見ている
開け放した窓の網戸に
蝉がとまっている
仏壇に供えられた
玉蜀黍の湯気と線香の煙が
時折入り込む風に吹かれて
揺れて折れて交わって
天井で消える

虫籠いっぱいに捕まえた蜻蛉が
翌朝死んでいたあの夏
短い命のことを
なぜ誰も教えてくれなかったのだと
縮んだ肢を眺めながら
泣いたことを
ふと思い出したりしている

東京行きの切符は
大きな鞄のポケットに仕舞った
土産は弘前駅の構内で
これから買う
私を駅まで運ぶタクシーは
呼ばれた先の道を急いだりしない
私はまだ蝉の鳴き声を聞いている

「食べるが?」

軋む膝を撫ぜながら
母が立ち上がる
玉蜀黍を皿ごと
仏壇から下ろす

「一本まんま食べれ」

私は扇風機をずらして
母の隣に座る
湯がいたばかりの
熱い玉蜀黍を手にとる

綺麗に整列した黄色い実を
左から右へ
左から右へ
食べる
食べる

下の歯を使って
芯から食べる
父親譲りの歯並びで
芯まで食べる
食べる
食べる

また暫く帰省しないだろうことを
この土地で生きていくつもりはないことを
東京を引き上げてここで暮らすと
去年の八月に嘘をついた
私の心情を

知っている
母は知っている
何かに気をとられているような
ふりをしながら
母は知っている
知っている

「それ全部東京さ持って行ぐが?」

私は頭を横に振りながら
左から右へ
左から右へ
あと少し
もう少し
食べる食べる食べる

切符は鞄のポケット
タクシーはまだ来ない
蝉が鳴いている
扇風機は強にして
食べる食べる食べる

「要らないが?」

(また一緒に暮らせるなあ)
(何年ぶりだべ)
(お母さんの手料理、毎日食べさせてやれるなあ)

私は頭を縦に振りながら
左から右へ
左から右へ
食べる食べる食べる

切符は鞄のポケット
タクシーはまだ来ない
蝉が鳴いている
扇風機は強にした
食べる食べる食べる

(この花火大会も来年からずっと一緒に見られる)
(ああいいなあ、ああいいなあ、嬉しいなあ)
(いつ引きあげてくる?)

左から右へ
左から右へ
食べる食べる食べる食べる
切符は鞄のポケット
タクシーはまだ来ない
蝉が鳴いている
扇風機はもう強にした

まだかまだかまだかまだなのか
だから田舎のタクシーは嫌なんだ
のんびりしないでくれ

もっともっともっともっとだ
蝉よ慌ただしくもっと鳴いてくれ
どんな隙も間もないほどに

左から右へ
左から右へ
食べ続けていなければ
左から右へ
左から右へ
繰り返していなければ

「気ぃ付けで帰れよ」

私は
私は母の隣に
隣に座って居られない



























Kazu.



 たそがれて…


沈む夕陽を見ていたら
「たそがれて…」という言葉が口を吐
(つ)

小川の水が川下へ流れるように
空に徒雲(あだぐも)が漂うように
あまりに自然に
しかも不意に出た言葉に
自分自身がたじろぐ

「たそがれ」ではない
「たそがれて…」なのだ
その「て…」に心が疼く

たそがれの由来は「たそかれ=誰そ彼(誰ですか、あなたは?)」だという
夕暮れて人の顔の識別がつかない時刻だったから

寄りてこそ それかとも見め たそかれに ほのぼの見つる 花の夕顔 (源氏物語『夕顔』)

わたしは光源氏とは似ても似つかぬ容姿だから
六条息御所(ろくじょうのみやすんどころ)の恨みを買うこともなく
まして夕顔の君に巡り合うチャンスも無かったが
黄昏に浮かぶ夕顔には心惑わせる妖しい白さがある

だがわたしには夕顔の花を愛でる気持ちはもうない
美しいと思う
ただそれだけだ

たそがれて…
朝顔の花が萎んでいる
それも自然の成り行きなのだと思った




















 埴輪の眼


稚拙な素焼きで
左手は肘から上に
右手は肘から下に
曲げられている
「天上天下唯我独尊」の釈迦誕生図ならば
その指す手の左右は反対なのに

その余りの稚拙さに
自嘲気味に挙げた左手は
困って頭を掻いているようであり
土偶の如き原始的な力強さもなく
埴輪の顔は呆けた顔で立っている

死者への殉死の役を仰せつかったか

歩くための足は持たず
甲斐甲斐しく世話する二本の手と
死者だけを見つめ死者だけを弔うために

穴だ
二つの眼は
穴だけだ

立体感も遠近感もなく
無造作に開けられた二つの深淵に
悠久の時間を留めている

こんなにサッパリとした表現が許されて
これ以上単純な表情は許されない
埴輪の眼

埴輪には涙のための眼は必要なかったのだ


























齋藤 純二



 零れ落ちる声


昨日と違う朝を迎えては曇天の無口
誰もが自分に篭る今日という日
気付かぬ振りをしながら向かう先のそれぞれ

聳え立つビルの谷間に続くアスファルト
足音の消し方ばかり考え首を傾げ
躓いては胸を締めつけるほど焦って

雲が感情を押し殺そうとして
足並み揃える安心の虚しい行進
それが日常であるかのように歩いている

慣れてしまう弱さへの疑問
負の共感に寄り添おうとして
灰色の惻隠を探す悲しみに戸惑い出す

足を止め此処に佇み背を押される

黒ずんだ繋がりを断ち切ったはずの
表情の欠片が不意に落ちる
許容を超えた重みから零れてきた

雲と繋がる瞬間を待っていたのか
雨粒がひとつ、ふたつ、みっつ
頬を濡れてゆく苦笑いに答があった

やっと聴こえてきた雲からの声






















シルクブルー



 (はかり)


人の体は正確な秤を使う

自分の持ち物を量り
誰かの持ち物を量り
比べては一喜一憂
自分の方を
重くあるいは軽くなるように
単純に未来の方向を決める

狂った秤は要らない
未来の方向が決められないから

人の心は狂った秤を使う

自分の幸福を量り
誰かの幸福を量り
どちらがどちらより
重くても軽くても
「ああ そうだろうな」
ぽつりと一言
ため息一つ

正確な秤は要らない
そんな秤を使ったら
言葉を失い
ため息も出ない
未来の夢を描けなくなる

体も心も満たされなければ
人は不安定
不安定さを受け入れられるほど
強い人は少なく
自分と誰かを
知らずにいられる人は少ない

正確な秤と狂った秤
どちらも必要
使い分けを間違えないように
気をつけて























く  れ



  鬼


人の心の中には
鬼が住みつく場所があるという
いつから住み着くのかは
誰も知らない

一つのきっかけで
鬼が住みつき
その鬼が人の心を支配する
それでも鬼が住みついているとは
気が付かない

鬼は巧妙だから
鬼が住み着いたと気が付くまで
前にでることはない
赤い鬼と
青い鬼がいるとも言われている

鬼の心に
一つ二つと
足し算していくと本当の鬼になるのか
人の心の
助け手となる青い鬼になるのか

鬼は悪魔ではない
悪い鬼も良い鬼もいる
人の心が
どのように動くのかによって
赤い鬼と
青い鬼とに分かれていく

鬼は人の表情を
上手に真似る
だから何気なく話をしている相手が
人なのか
鬼なのか

一つのきっかけで
赤い鬼が青い鬼になったり
青い鬼が
赤い鬼になったりするときがある
だから心の手当ては
遅れてはならないのだ

ときとして鬼は
戒める為に
人の心を食べるときがある
それでも残るものがあれば
赤い鬼が
住み着くのだろう

もしかすると私の中に
住み着く鬼は
赤い鬼なのかもしれない
しかし 人の心は
自制することで
青い鬼に変わることもできる

人が歩いている
何気なく顔の表情を見る
赤い鬼が笑っているのが分かる
そんな時 その人に
赤い鬼が住みついていますよ
とは 言えない

だから この世の中で
不幸な事が沢山起きている
ときどき 心の中で
自問自答することが
必要なのだ
人として




















 折り込みチラシ


今朝の朝刊の
折り込みチラシに
蝉の鳴き声が
栞のようにはさみ込まれていた

七月の予告なのだが
七月に蝉は鳴くのだろうか

蝉が鳴いて夏がくる
そこには麦わら帽子の少年が
虫取り網を手に持って
古里の山々を走りまわっている

折り込みチラシの
隅々まで目を通して
古里の山々を探してはみるが
原発災害後には
麦わら帽子の少年の姿は
どこかに消えてしまった

暑い夏がくると
少年時代に帰れる筈だった

古里の山々は
除染が行われていないので
放射線量が高いという不安がある

この場所では
夏になって蝉は鳴いても
虫取り網が独りでそっと近づいて
蝉を捕獲することは
まだまだ先だ

原発災害後から七年目
目に見えないが一気に風化が進んでいる
七年前の記憶 そして
少年時代の記憶
そこに入りこんだ大きな亀裂

それでも少年時代に帰れる日には
背丈も心の中も
その大きさに
合わせたいと思っている

そこに 今朝の朝刊の
折り込みチラシ
蝉の鳴き声が
栞のようにはさみ込まれていた

一気に遡上していく
少年時代へと
折り込みチラシ一枚の興奮なのだが
今日は一日
少年時代に戻ったようだ




















 本屋さんの本棚


本屋さんの本棚は

春には春の匂いがする
夏には夏の匂いがする
秋には秋の匂いがする
冬には冬の匂いがする

本屋さんの本棚は

春になると
花々の絵模様の本が
高く積み上げられていて
そこに蝶々が
止まっていたりする

本屋さんの本棚は

夏になると
本棚が夏草で覆われて
草原の風が吹いてくる
ときどき噴水が
言葉を空に押し上げている

本屋さんの本棚は

秋になると
芸術という言葉の上に
枯れ葉が落ちたり
夜に読む本だけが
売り切れとなったりする

本屋さんの本棚は

冬になると
売れ残っている本が
凍えていたりする
可哀想になって
ときどき購入したりする

そんな本屋さんの本棚から
詩集コーナーが消えてしまった
他の本との間に
栞のように
詩集が二~三冊隠れていたりする

ときどき
本屋さんの本棚を見ながら
ない事は分かっているのだが
詩集のコーナーを
探したりしている



























藍音 ななを



 花 火


 近くで花火大会があるんだ
 見に行こうか

思いがけない誘いに
暑さと
人ごみが苦手な私は
言葉を濁す

 たまにはいいでしょう
 外の空気に触れに行こう
 縁日も出てるよ
 なにか買ってあげるから

まるですねた子供を
お菓子で釣って宥めるように
あなたは私から
上手に「うん」と頷く
素直さを引き出す

 おしゃれなんかしないからね

 いつもの姿でいいじゃない

 夜店には惹かれるなぁ

 やっぱり食い物に釣られたか

軽口にちょっとふくれながら
出かける準備をして
気負わない歩きやすい姿で
ぶらりと出かける仄暮れの街

あなたのホームタウン
初めての知らない街
人ごみの中ではぐれないように
静かに
あなたが私の手を取る

少し鼓動を速めながらも
ゆっくりと歩く私たちの横を
足早に追い越し通り過ぎる
真っ白いTシャツに引かれてゆく
歩き慣れない下駄の音と
浴衣の水色の帯

あの年頃の私たちは
お互いの存在がこの世界にあることさえ
まだ知らなかった

接点ももしかしたら
一生なかったかもしれない人と
絶妙なタイミングで
ほんの小さなきっかけでつながった

もう少し早ければ
気づいていなかったかもしれない

もう少し遅くても
気づかなかったかもしれない

それぞれが
自分のペースで生きてきたからこそ
ひとつのきっかけで熱が加わり
彩りを伴って動き出す

まるで花火のように


少し歩いて
石畳の縁石に腰を下ろすと
どん と胸を震わせる音とともに
花火が打ちあがり始めた

まだ淡い瑠璃紺の空
それでも光の花は明るく美しい

けれど
もう少し時間が経てば
光の花は美しさを増すだろう
深い檳榔子黒の空で
光の花はさらに輝きを増すだろう

生きていくこともそれに似ていて
明るく 幸せなことばかりではない

だからこそ
心の深い夜色の空に
たまに打ちあがる光の花は美しく
明るく
まぁるく空を彩る

心の空にも打ちあがる
花火を見上げながら
急がず自分たちらしく
この手を取って歩いてゆけますように

静かに祈る気持ちで
満天に広がる
きらめく無数の願い星の下
大きな音に揺り包まれて
繋いだ手を
つよく握り返した



























瀬  未



 影踏み


どこにいるのか
緑濃い中
激しく鳴く蝉たち
その声のシャワーをくぐり

道幅の狭い私道
まぶしさに
うつむいて
影を選んで歩く

同じように
向こうから来る人も
影を選んで

すれ違う時は
お互い会釈して
影を譲ったり
分けたり

午前十一時
大通りでは
風が遮るものなく
のびやかに吹き渡る

影はすっかり途切れしまい
この身は
まんべんなく
光に晒される

額や首すじ
七分袖からでた腕
ミュールのつま先

じわじわと
ひりついて
無数に刺してくる
容赦ない
太陽の針

うっかりすると
眩んでしまいそうだ

私は
いつのまに
こんなに弱くなったんだろう

光はいつも
目指すほうに輝いていて
影はいつも
やさしく寄り添ってくれていた

夢は夢のまま
まだ眠っている
けれど

光だけでは
苦しい
影だけでは
さみしい

太陽に
焦がれ過ぎて
翼を焼かれないように

今は
ゆったり広げた
麻混のレース傘
ひとり分の影を作ろう

涼しげに
光を透かした淡い影を
ともない

私は
この夏を渡る