今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







山下 一歩  


 True love


この恋は
飛行機雲のように
真っ直ぐな恋だから
襟を正して
真剣に行なおう

この恋は
筋金入りの本物だから
軽はずみな想いは
決して寄せ付けない

煮ようが
焼こうが
刻もうが
そうやすやすと
安直な輩には
調理なんて出来やしない

嘘だと想ったら
触ってごらん

覚悟を決めて

中途半端じゃ
きっと
火傷するのがおちだから





                       〔井嶋りゅう:選〕











夏  生


 香 り


本を買いました
開いてみると
香りがありました

懐かしいような
厳しいような
香り

印刷された文字
ひらがなはゆるやかで
漢字はしなやかでした

あっ、と思いました
忘れていたのです
本を
長い間

情報ではなく
人の言葉が香る
本の存在を





                       〔島 秀生:選〕





  Face of Peace


どこもかしこも
まっ白

なんのトゲもない
まなざし
ふくよかな唇

見る人には
その顔が
愛しい誰かに
懐かしい誰かに
似ていると
感じるのではないか

やわらかな
はとの胸いっぱいに
描かれた顔
シンプルなタイトル
平和の顔


ヤリキレナイ
が口癖になった
私の
手のひらに
舞い降りた




                       〔く  れ:選〕











ひ な の


 記念日


ただ 涙が視界を塞ぐから
都度 振り払うだけなのに
泣いてないよ 泣いてない
これはそういうのじゃない

それなのに
どうして泣いてるの?
なんて あなたが聞くから

月がきれいすぎて
なんて 雲に隠れて見えもしない
月のせいにしてしまった

夜は私の涙を誘って
やがて頬を撫でる
夜明けの光が
涙の跡を見つける

私のルーティン
あなたのやめられない
タバコとおなじ

もし好きな頃に戻れるなら
いつに戻りたい?

湿度を増していく空間に
いたたまれなかったのか
あなたが問いかける

 私は私のはじまりに戻りたい
 ――はじまり?
 そう 私が私になる前に
 ――どうして?
 取り消したいの 私が産まれたこと
 ――そっか

 一緒になろう
 一緒に暮らして二人ともだめになったら
 一緒に死のう

思い描いていた理想の告白とは
かけ離れた告白
全然風流じゃなくて
趣の欠片もありはしない

あの日から半年
私はまだ生きている
彼もまた同じで

笑ってしまうような話だけれど
私の存在をまるごと肯定された
ような気がして

私がそれでどれだけ救われたか
あなたは分からないんだろうな
それならそれで構わないけど

ふいに
あなたの香りを思い出した
柔軟剤とタバコが
ちぐはぐに混じりあった香り

タバコは嫌い
でも あなたを思い出して
愛おしくなる
不覚にも





                       〔井嶋りゅう:選〕





 私の嫌いなところ


 古典が好き

何の教科が好き?
と聞かれたから
少しはにかんで答えた

 えー、そんなの
 いちばん役に立たないじゃん

言われてみれば
確かにそうで
これを極めれば
ご飯が食べれるわけでもない

いくら勉強したって
身になるものはなくて
ただ時間を無為にするだけ

 それはそうなんですけど
 人が生きてくためには
 ロマンが必要なんですよ

へらへらと笑って
考えなしに出任せを
浮かべてみて
上手くはぐらかした
気になったの

ああでも
やっぱり悲しいな

今はまだかすり傷
じんじんと疼いて
いつか これも
膿んでしまうね

そうした傷が
増えていって
たまらず
私は嘘をつくの

 好きな教科?
 うーん……英語かな

嘘をつきすぎて
どんな嘘をついてきたか
もう覚えてないの

傷付くことを
恐れてばかりの
こんな自分が大嫌い

好きなものさえ
好きと言えない
私なんて





                       〔島 秀生:選〕





 小指の恋ごころ


結んで 解けて

途方も無い人生の中で
同じ人と関わり続けるのは
案外 難しい

どんなにきつく結んでも
解けるときには解けるし
どんなにゆるく結んでも
意外と長い間傍にいたりする

結んで 解いて

思い通りになることは
思いのほか少なくて
解こうとした繋がりは
こんがらがってまた結ばれて

そう思ったら
もう繋がっていなかったり
やっぱりまた繋がったり

結んで 解けないで

見えたらいいね
この繋がりの期限とか
いつかの未来に
また結ばれるとか
ラベリングしてあればいいのに

そうしたら
まだやりようもあるのに
なぁ

気休めと知りながら
絡める小指の
なんと 頼りないことよ





                       〔島 秀生:選〕





 羽根もつ人


8年の月日は残酷だ
いつの間にか
随分と大人びた彼女の
相変わらず幼さの残る顔を
ちらり ちらりと盗み見る

彼女はその素直さを
失わないまま
随分と大人になっていた

素直って
人の言うことに
反論しないことでも
無邪気な子どものように
振る舞うことでもない

自分の気持ちに
蓋をしないことなのだと
彼女を見て思う

彼女はとても幸せそうで
満たされていて
だけど それは
誰かに与えられたもの
ではなくて

彼女自身が築いたもの
一挙手一投足 ひとつひとつを
選び続けて彼女になったのだ

彼女の素直は
わがままとは違って
バランスのとれた
人なのだと思う

彼女はとても大人だ
冷めきった私よりも
ずっと

曇天の空から
わずかに太陽が覗く
それはたしかに
波と戯れる彼女を照らして

その背中に
小さな羽根を描き出した




                       〔雨  音:選〕





 多 湿


左頬に右手を添えて
親指で唇をなぞる

じめじめとした
季節と裏腹な
かさかさとした唇

湿度計は70%を
指しているのにね
ああ それは
きっと壊れているんだ

触れられるものだけが
ほとんど現実で
この目に映るものは
ほとんど虚ろだ

見えているところは
氷山の一角で
見えないところは
ブラックホール

本心を隠しきれない仕草に
虚を衝かれたような空白
何かを隠すようにちぐはぐな
慌ただしい雰囲気

ああ この人は
きっと嘘をついている
本心はなんだろう?

知りたがりの死にたがり
こんな毎日に嫌気がさして
首に手を絡めたりして
死ぬ気なんてないくせにね

ねっとりとまとわりつく空気
湿度はさらに上がっていく
いっそのこと 水になって

私を溺れさせて





                       〔三浦志郎:選〕





 (うろ)



どうやらこのこころは
(うろ)のようなので
さみしいと思うだけ

あるべきはずのものが
そこにはなくて
その深さは暗く
底なし沼を思い起こさせる

どうやらこのさみしさは
埋まらないようなので
かなしいと思うだけ

幾分か痩せた胸を
力任せに掻きむしって
ぐちゃぐちゃに
してしまいたいけれど

どうらやらそれには
痛みが伴うようで
何もせず佇むだけ

埋めようのない虚の中へ
膝を抱えて沈んでいこう
息を止めて 涙も止めて

そのまま ずっと
止めていられたら

いっそ
楽になれたのに
いっそ
それでよかったのに

涙が堰を切り
私を嗚咽させるから
息を止めていられなくなって





                       〔く  れ:選〕











澤 一織


 アンビバレンス


瞼の奥
意識が遠ざかり
明日へと導く眠りが訪れるまで
数秒でいい 一瞬でもいいよ
あなたが僕を思い浮かべることがあるのなら
それはどんなに幸せなのだろう

きっと
この想いを
声にしたら
あなたを困らせてしまう
そんな類いのもので

もしも
大人になりきれない僕の想いに
気づいていたとしても
いつものように他愛のない話を交わしながら
それとなくやり過ごすのだろうあなたは
大人なのだろう

今日も二人で歩いた駅までの帰り道
夕陽を浴びたビルの隙間風にも夏の訪れを感じた
あなたは
少し汗を乾かそうか と
僕一人では扉を開くことのないカフェに
二つの影を閉じ込めてくれる

あなたのおすすめだというグラスの中身は
舌触りのいい甘みが煙草の煙と溶けて
ほどよく喉を潤してくれるけれど
心までは満たしてくれやしない
ましてや店を出る頃には 苦みすら覚えるんだ

そんな風に
時折 あなたは
僕の知らない世界を見せてくれる
そのたびに
いつも離れ際が近くなるにつれ
口数の少なくなる僕がいて
それでもすました顔して
また明日ね なんて
微笑みかけてくれるあなたはきっと
確信犯かもね

確かに叶うことのない現実の中に
幸せを見つけてしまう自分もいるよ
けれど伸びてゆく影は
最後まで一つに重なることはない
浮ついた心だけが昨日から今日
明日もただ 跨ってゆくだけ
だからお願いだよ
そんな風に微笑みながら
手を振らないでよ

なんて
草臥れた駅のホーム
あなたと離れたすぐそばから
あなたを想ってしまう

ねぇ
数秒でいい 一瞬でもいい
あなたは
僕を思い浮かべることはあるの?

─あってほしい
どんなに刹那的でも

そんな何処までも
独りよがりな願いを添えて
今夜も僕はあなたを想い夢をみる




                       〔井嶋りゅう:選〕





  生命賛歌


1

幼少の頃
無限や宇宙ということばが怖かった
僕が何処からきて
今 何処にいるか
分からなくなるから
なにより
母を何処か遠くの世界に
連れて行ってしまいそうだから

2

さよならの匂いで目覚めた朝
湿った布団から飛び起きた僕は
キッチンに立つ父のもとに駈寄る

大丈夫だよ

言葉より先に
濡れたままの両手で
優しく抱きあげてくれた父は
「今日もママのいる病院にいこう」
そういって僕をおろし
髪の毛をおもいっきり
くしゃくしゃにする

続けて妹が泣きながら
よちよちとこっちに歩いてくる
父は妹に駆寄り
僕と同じように妹をあやす

怖い夢をみたんだね

きっと母なら
そういって僕の目と同じ高さまで
膝を曲げて聴いてくれたのだろう

泣き止まぬ妹のこえを塞ぐように
視線を庭先に移すと
名も知らぬ草木が濡れていた

3

なんだかこわい病院の匂いも
母の顔をみると
すぐに消えてしまうから不思議
さっきまで仲良くしていた僕と妹も
競うように母に話しかける

ここは遊園地ではないよ

困った表情をして
隣で眠っているひとに頭を下げる父をみて
僕は黙りこむ

母の片腕にしがみつきながら夢中で
喋り続ける妹に
母は相槌をうちながら
少し待っていてね と
時折 僕の方を向いて目配りをする

やっぱり僕は病院の匂いが苦手だ

4

何年経っても 痛みを覚えることばがある

いつの日だっただろう
病室のテレビでアニメを観ていたとき
突然 母が僕の手を掴んで
寂しいでしょう と
話しかけてきた

全然 寂しくないけど

不意に応えてしまった声に
堰を切ったように母は泣きだした

きっと母は幼子が放った
つよがり と
我が子に
突き放されたような寂しさ を覚え
涙を流したのだろう

ごめんなさい
思い出すと いつも胸が苦しくなる

5


無限や宇宙ということばが好きだ
母に似て体の弱かった妹の
赤子を抱きあげる父と母をみて
そう思う
不妊治療はつらかっただろう
妹と義理の弟をみて
心からそう思う

ひとが何処で産まれて
今 何処にいるか 分からなくなっても
ひとの営みは無限や宇宙を形成している
そのかけがえのない
ひとりなのだから

病室の匂いには慣れることはないだろう
けれど病院には今 この瞬間も
ひとの営みと
寄り添う人びとがいる

ありがとう

そしてその先に
何年経っても 何度言っても
褪せないことばを
今なら 放てる気がするんだ

生命賛歌




                       〔三浦志郎:選〕





  初めて雪に触れた日


1

雪が
降ってきたよ
と母が
僕に呼びかける

おもちゃの新幹線を
銀河の上流まで
一心に 走らせていた僕は
母の呼ぶ声に気がつくと
車輪を見慣れた
カーペットに急停車させて
結露を拭った窓から
庭を覗いている母の隣に
足音を立ててかけよる

初めてみる
生まれたての雪は
まるで 絵本でみる
妖精たちがまとった
光の鱗粉のよう
  ひ ら り
     ひ ら り
宙を舞い
やがて地面に
その奇跡を隠した

わぁ と
ことばになる前の
白い息をもらしながら
なぜ
雪は消えてしまったのだろうと
不思議に思ったけれど
なぜだろう
目の前で
次々とひろがる奇跡の連続は
少しもこわくなかった

外に出てみようかと
母が窓を開けると
すーっと 冬の吐息が部屋に流れてきた
僕はその冷たさを両手で追い払いながら
庭先までおりてみると
  ひ ら り
     ひ ら り
と雪が掌に落ちて滲んでゆく

あたたかい

そんなことを思いながら
ふと 母の顔を見あげると
目元を拭っている母に気がついた

どうして泣いているの?
僕は驚いて母にたずねると
僕が産まれた日を思い出したのだと
母はいつもの優しい声で抱きしめてくれた

 あなたが産まれた日
 今日みたいに雪が降っていたの
 本当に嬉しかった
 あなたが産まれてきてくれて
 ねぇ 私はこんな幸せなことあるのって
 嬉しくて 嬉しくて
 本当にありがとう って
 病院の窓から降りてゆく雪を
 いつまでもみていたの

そう
悴んだ僕の手を
両手でさすりながら

2

雪がつめたいものだと知ったのは
独りで 雪に触れるようになってからだ

寂しいときに触れる雪は 切ない
悲しいときに触れる雪は 痛い
楽しいときに触れる雪は 柔らかい

でも
隣る人と触れる雪は
いつも
あたたかい

そこが
東京であろうと
異国であろうと
あるいは
夜が染みついた街の路上であろうと

普段
ほとんど
答えを教えてくれなかった母が
初めて雪に触れたあの日
僕に教えてくれたことは
雪の表情であり
隣る人のぬくもりであった

そして今
あの日を思い出しては 想いを知らされる

雪の降る日
降らない日
限らず 年中無休
私という存在を今日まで
あたたかく包み込んでくれた
愛と呼ばれているものを

紡ごう
紡いでいこう

隣る人とともに
今日 そしてこれからも




                       〔島 秀生:選〕





  あの夏に戻りたい


ねぇ
お願い
来世もいらないから
あなたと別れる前の
あの夏に戻りたい


思い出しても
うんざりするぐらいの
うだるような暑ささえ
苦笑いを隠せないような
不器用な二人が
不恰好に描いていた
未来の延長線上に
今も二人
一緒に並んでいたら
どんな影を地面に焼きつけていたのだろう

厚い雷雲から
強く降り始めた夕立に
急かされるよう
潜り込んだモーテルの一室で
ささいな話から
二人
交わした約束を引き千切るような
言い合いが
気づけば
押しつけ合いになって
嵐が降り止んだ頃には
すれ違いの果てに残った沈黙だけが
派手な蛍光灯の下
居心地悪そうに佇んでいた

もしも あの時
つよがりや拗ねた気持ちも
一切 捨ててさ
やがて青く広がる鮮やかな夏空のように
ごめんね
とひとこと 伝えていたら
あなたは
どんな表情をみせてくれたのだろうか

次の日
また次の日
と続いた我慢比べのような日々に疲れて
別れることもなかったのかな
違った未来があったのかな

なんていつも
僕が本当に歩みたかった未来は
その後ろ姿すら見失ったあとに
気がつくんだ

そんな
僕の身勝手さを
責めてよ
あなたの気が済むまで
責めたてて
お願いだから
白状させてよ

あなたと別れる前の
あの夏に戻りたい


分かってるよ
この想いが届かないことぐらい
だったら どうしろというのさ
後悔 帯びた熱が
ほんと
鬱陶しい




                       〔雨  音:選〕





  最後の登校日


皆と同じ
日に焼けた教室の机に
頬杖をつきながら
狭い窓から
のんびりと流れる雲の行方を追っていた
もう誰にも咎められることなく
とくに感傷的になるわけでもなく
ただ流れ 流されているように感じた毎日とも
今日で見納めなのだと
視界から外れるまで雲を眺めていた

夕方には鞄の奥にしまった退学届けを
担任同席のもと校長に手渡すのだろう
その時に先生に聞いてみたいことがある

「なぜ 学校に通わないといけないんですか?」


子どもにそう問われたとき
大人は
子どもが納得する答えを持ち合わせているのだろうか

あの日の放課後 校長室で
担任は諭すようにこういった
「難しく考えずに賢く過ごせばいい」
続けて校長は面倒くさそうに
「義務教育ではないから辞めればいい 社会はそんなに甘くない」
と喋りながら まだ封の切っていない退学届けを
片手で奪うようにして手にすると
散乱している校長の机のうえに
無雑作に置いた

ーその瞬間
僕の中の何かが音もなく崩れていくのを感じた
と同時に
最後の登校日になっても学べなかったことを
これから世界中の人々から学ぼうと胸に刻んだんだ


僕は
隣にいる子どもの「なぜ」という澄んだまなざしに
どれだけ 応えることができているのだろうか
どれだけ 沈黙を共にすることができているのだろうか




                       〔Kazu.:選〕





  弓ヶ浜にて、さよなら


星が浮かんでいる間だけ
左指に指輪を通して
囁きあえる臆病さを分けあって
いられた二人も
これ以上
体温を抱きしめあえば
もう 朝が迎えにきても
離れられなくなってしまうことに
気づいてしまったから

僕達しか知らないこの火傷を
誰かに知られる前に
 さよならしよう
車のライトは消したまま
隙だらけの大型スーパーの駐車場で
君とそんな話を交わした

助手席から外ばかり眺めている君は
今夜が最後のおでかけになるね
といつものように
 コーヒー牛乳にストローを刺すと
  行き先を呟いて
   そのまま黙り込んでしまった

僕は恋人岬を素通りして
君が告げた
弓ヶ浜海岸まで
今日まで温め続けてきた体温を連れてゆく

誰もいない渚に辿り着くと
三日月が二人の影を明瞭に映す
 いつもこうして
  並んで歩けたらいいのに
そんな叶わない願いを
何度 夢に見ただろう

少し離れた場所から
僕等をぼんやりと眺めている猫に
君は
細長い人差し指を口元に持って
 ひみつだよ
と柔らかく微笑む
猫は不思議そうな目をして
その場を去ってしまったけれど
君は
その指先を震わせながら
しゃがみこんで
啜り泣いてしまった

そんな君の肩に触れようとすると
大丈夫 と僕を制するように
君は波打際まで走って
股下の長い足で波を
何度も
踊るように弾いてみせる

宙を彩る飛沫
ひと粒
ひと粒が
月明りに照らされて
 きらきら
  瞬くから
今日までの君との日々のように観えて
胸が苦しくなる

朝陽が昇る頃
この世界は
そんな感傷はおろか
写真
 一枚
残すことすら許されない僕達が
最初から存在していなかったかのように
相変わらずの自転で回るのだろう

二人が少し乱した
 歯車を正しく巻き直すのだろう
  この体温と引き換えに

星が浮かんでいる間に
 弓ケ浜にて、さよなら
  僕達が三日月映る海に沈めるだろう
   この左手の指輪と引き換えに




                       〔く  れ:選〕











沢口 リリキ


 夏の白昼夢


夢は流れていった

青い空を横切る薄い
白雲のように

渚に打ち寄せる沖からの
波のように

とりとめなく
姿も形もなく

目が醒めて
何も覚えていない……

跡形もないが
夢のかけらが 切なく
胸に刺さっている

遠い少年の日の
残像のよう

ふたたび目を瞑れば

扇風機の音や
硝子風鈴の音色や
蝉の鳴き声が

爽やかな雨のように
頭の中に降ってくる

塩茹でのとうもろこし
みぞれ 麦茶
冷えたきゅうりやとまと

僕を満たした
真夏の午睡あとの
あのひととき

おもむろに起きて
商店に向かった

小さな贅沢を味わうため
少年に戻って

外へ出ると
重なり合う
電線の向こうに見えた

夏の空は

いまも変わらず
あの頃のままだった

これは夢の続き?
それとも現実?

夢は流れていった

まだ青い麦畑の上を疾る
風のように




                       〔雨  音:選〕





  夏の真昼


乱反射する
長い砂利道を歩いた

さとうきび畑に
囲まれた先に開ける
浜辺を目指して

道は分厚い熱の壁を連ね
小石は白く焼け焦げて
真上から照りつける太陽の下で
息をとめている

さとうきびは何も語らない

まっすぐな姿勢を保ち
影も落ちない この炎天下で
無心であろうと
深く瞼を閉ざしているだけだ

彼らは雨を知るが
海を知らない
彼らは
動かざる生命だから

静物すべてが
太陽におしつぶされている
水を渇望している

風も身動き出来ない
灼熱の中を
一歩 また一歩
力強く歩いた

陽炎が燃え立つ
景色が揺らめく
眩暈を覚える
蒸気のような息を浅く吐く

滴り落ちる玉粒の汗は
涸いた地面に
吸われる間もなく蒸発する

松の木の天辺が見えて
涼やかな波音が聞こえたら
深く息を吸えることだろう

さとうきび畑が
夕立ちを待つように
柔らかな青い海原も
わたしを待っている

海と融け合う
それだけの為に歩いた
酷く暑い
夏の真昼




                       〔三浦志郎:選〕











黒板消し


 よるのねがいごと


もし
かみさまがいたとしたら
なにをねがうだろう
そんなくだらないことを
まどろみながら かんがえて

時計の針を戻してもらってみようか
眩しい光の中
歯磨きをしながら
鏡についた水滴を拭いて
あなたとの別れ際を思い出す

この世界に
自分だけしかいないような
感覚を持ってしまうとき

立っている足元が揺らいで
地面が崩れ落ちていくような
錯覚に陥るとき

ぼーっと見ていたテレビを
ぱちっと消すように
生きていることを
すぱんと終わらせたい
そう思うとき

そばにいる誰かよりも
まぶたの裏にあなたを
想い浮かべる

不躾な蛍光灯を消して
ベッドに身体を滑り込ませる
冷たいところを探すように
シーツの中を泳ぐ

かみさまにねがうよりも
ただ あなたのことをおもう
こころがすりきれそうになっても
ただ
あいたいっておもう
はなしたいっておもう
ただ それだけ

やわらかいねむけとであい
まどろみからゆめのなかへ
───おやすみなさい




                       〔島 秀生:選〕











あ さ ぎ


 荒 波


目から出てくるものは感情
重力のおかけで落ちてくれる
だから言葉はいらない

私の中に世界の破片が日々増えていく
身体でない何かが傷つく
痛いよ
ずるいよ

人の海の中に混ざった私
夜の静寂で自分を取り戻す
再構築

光るものなんてなければいいのに
入口なんてなければいいのに
人が均衡を保っていられるその秘術を知りたい





                       〔井嶋りゅう:選〕





  押さない駆けないしゃべらない


警告のシグナルが高速で点滅
しているのはわかっているのです
どうして”警告”なのか
思い当たるふしはあります
それでも

真っ白な雲が広がる海辺
オレンジ色の夕日

闇夜に散乱するネオン
耳に飛びこむ先端の音楽
どれもが欲しくなる僕なのです




                       〔島 秀生:選〕











ココア


  色


目を
閉じたら
浮かんでくる
あの頃の
夏の
日差しを
浴びて
なんでも
夢が叶うような
気がしていた

今は
体が
枯れ果てて
弱弱しく
映るけど
どんなに
苦しくて
辛くて
現実が
険しく
なればなるほど
小さな
幸せを
掴まえて
積み重ねれば
この道も
穏やかに
色が
一つ一つ
付いていく


昨日より
今日より
心が
豊かになっている
みんなが
笑って
迎えてくれるから
前を向いて
歩くことが
できる

当たり前だけど
生きられることに
ありがとうと
伝えたい
いつもなんでも
できる
力を
与えてくれるから




                       〔井嶋りゅう:選〕





 声を



僕の声を
聴いてくれて
ありがとう
ちゃんと
優しい
眼差しで
見つめてくれる

あの頃は
幼そうに
慌てていたけど
いつの間にか
しっかりした
顔を
している

なんだか
嬉しくて
今まで
分かりやすく
想いを
伝え続けてきて
本当に
よかった

こういうふうに
なろうと
変わろうと
している
姿を
隣から
感じている

あなたらしく
今日を
過ごせたら
たくましくなって
更に
輝くことが
できる

僕は
そう信じながら
近くから
遠くから
幸せを
願っている




                       〔井嶋りゅう:選〕











理  柚


高度30000ft


雲の上
逃げ場のない空間で
右手で「しないで後悔すること」
左手で「して後悔したこと」を
指折り数えるのはいつもの癖だ

両手ともに数える指が足りなくなったその時
ふいに君の あきれるほどのくせ字の文面を思い出して
手は結んだままになる

自分の字も褒められたもんじゃないけれど
どこでどうなればあんな字が書けるのか
へんにまるくて 不自然な右肩上がり
でも どうやっても「君」でしかない文字が
このありふれた名前を綴る
それだけで なぜだか泣きたくもなる

なんだかなあって背もたれに体を委ねて
「しないで後悔すること」のひとつ
「して後悔すること」のひとつが
君へとつながってゆくような気がして
どちらにしても
もう 逃げることはできない気がして
シートベルトを締め直した

徐々に高度は下がって行く
雲の切れ間から海が見える
胸の中で 君の文字を何度もなぞって目を閉じる
本当に大事なことはそんなに多くはないんだから
何かを指折り数えるのはもう終わりだ

地上まで あと 少し




                       〔三浦志郎:選〕











こたきひろし


 ふたりぼっち


体は一個だけど自分が二人いた

記憶を辿ると
学校を卒業して家を出て働き出した
アパート借りて一人暮らし出した
記憶を辿っても
男友だち一人も現れなかった
でも友だちいないのには
慣れていたから平気だった
子供の頃からずっとずっと
一人ぼっちだったから

記憶を何度辿っても
異性の友だちは現れなかった
女の子は皆
俺だけは避けて通っていったから

その事で何度も何度も何度も何度も
傷ついたけど
女の子は誰一人気付いてくれなかった
冷血だった、そうとしか思えなかった
絶えず汚いモノをみる目で見ていた
ずっと見られていた

アパートは六畳間
名ばかりのキッチンがあって
水洗じゃないトイレがあって、悪臭があった
行き場のない感情と吹き零れる欲望があった
性の衝動があって、ドスのように先端が尖っていた

記憶を何度辿っても
俺の周りは汚いものばかりだった
俺の中心は孤独と寂しさで震えていた

ずっとずっとずっと
俺はアパートで一人ぼっちだったから
ある夜に気付いてしまった
寒い冬だった
それは
クリスマスの前夜で
俺が一年中でいちばん忌み嫌う夜だった
こんな夜には一刻もはやくに眠っちまうんだ
缶ビールをイッキ飲みして
聖なる夜にエロい気分になって
男なんて可哀想なもんだよ

いつのまにか眠ってた
その時
眠った筈の俺の体からもう一人の自分が起き出して
立ち上がった
外は風が吹いていてドアの外に誰かいる気配がした
ドアノブが回された
開けようとしている
鍵はかけてあった筈
立ち上がったもう一人の俺がドアに向かって歩き出した
あろうことか解錠してしまった
ドアが開いてしまった
すると
「メリークリスマス」
サンタの服を着た可愛い女の子が立っていた

記憶のどこを辿っても
そんなのあるわけなかった




                       〔青島江里:選〕





 未成年



夜の街は電飾の明かりに妖しく浮かび上がっていた
それぞれの店の看板はきらびやかで
日常の現実とはかけ離れた輝きをしていた

成年と未成年の境界線など
あるようで何もなかった
僕にも
ずっとこころに思う人はいたが
その人は憧れの対象でしかなく
片恋に苦しみ悩まされる僕は
純情でしかなかった

反面
成年目前の僕の性は激しさを増すばかりで
体は凶器かも知れなかった
凶器になり得た
かも知れない

駅の売店に
パンや牛乳みたいに
正義と理想が並んでいたとしても
未成年なのに僕はけして手を出さなかったさ
既に拝金主義に浸かってしまっていたから

何でも金で買える
女こころだって
買えるかも知れないけれど
安くはないと悟っていた

こころが買えなくても
妖しい看板の店のなかでは
女性が性を剥がして
売ってくれる

綺麗に恋愛して
お互いがその体を共有できたら
申し分ないけれど
それができない者への
暗黙の必要悪として
店は存在した

未熟な僕は未成年だったが
一気に飛び上がりたくて
自分の凶器を抑えるなくてはと
境界線を
踏んで越えた日




                       〔く  れ:選〕











耀 子


 極細の芯のシャーペン


二十年も共に通った
カルチャースクール
講座の終わったあとの鰻やさん
二人で向きあって座っていた席に
今は一人
おいしそうな鰻重をまえに
思い出が卓の上から溢れそうだ

友よ!
今日はさびしい 特にさびしい
昔には戻れないという
現実が私の胸を突く
二人が出逢った漢詩の講座
講座終了 他の講座へ共に流れて
そして今、独りで再受講した漢詩
その間二十年の時間が過ぎていた

若い情熱的な女性講師ではなく
物馴れた長老の男性講師だった寂しさ
それに あなたという友がいない
寂しさと寂しさを掛け合わせた
二乗の寂しさ
同じ状況を求めた愚かな私
長い歳月が 流れているというのに

それでも今日は 私の大好きな
屈原や柳宗元に再会したわ
そして李白や杜甫にも出会えたわ
懐かしさがひろがった
詩の心は 何年経っても変わらない
友よ! 大好きだったわね
杜甫の絶句が

〈江(こう)は碧(みどり)にして・・・〉と諳んじて
極細の芯のシャーペンを
走らせていたネクタイ姿が 目に浮かんでくる
空の彼方で今も『絶句』を
諳んじているのだろうか
風に乗って〈いつの日か是れ帰る年ぞ〉
と私の耳に聞こえたような気がする




                       〔井嶋りゅう:選〕











葉月 祐


 七月のカーディガン


新緑の色をした
カーディガンのポケットは
あの日詰め込んだ夢で
パンパンに膨れていた

大事なメモ 携帯などは
ポケットに入れたまま洗濯すると
ただの紙くずになったり
壊れてダメになってしまうけれど

夢はとても頑丈で
ちょっとやそっとでは
失ったり 欠けたり
色褪せることも無く
何も変わらずに そこにある

  それは大きな救いだった
  夢は 簡単には無くならない
  思いもまた 消えないと知った

  たとえカーディガンが色褪せようとも
  本当に大切なものは 変わらない

自分に負けそうな時
躓き 挫けそうになる時
ひとりでは耐えきれない
そんな時は

見えないものがたくさん詰まった
カーディガンのポケットに
両手をそっと 入れてみる


七月に羽織るには少し厚手の
色褪せ始めた 夏色のカーディガン


愛しい記憶
手放せない想い
かたちの無いものを
ひとつひとつ取り出しながら

ゆっくりと歩いていこう

あたたかい手のひらの中には
いつかあなたがくれた
ひとひらの勇気 夜を照らす光
大切なものは
いつでもポケットの中にあると
忘れずにいたい


若葉が薫る 夏の始まりの風に
季節外れのカーディガンを揺らせば
この心は 歓喜と希望のリズムを刻む

暑い日が続く七月に
カーディガンを羽織るわたしは
やっぱり ちょっとだけ汗ばんでいる




                       〔三浦志郎:選〕





 電子短冊


メールの本文に
多くの余白を残したまま
星の無い夜空を
ひとり 眺めていた

たった一行の
あなたへの告白は
ほんの一吹きの風に
呆気なく流されてしまうような

価値の無い
もろい願いなのかもしれない


想いを伝える度胸も無いまま
時の砂が さらさらと
静かに流れ落ちていくのを
ぼんやりと見つめているだけで

わたしはまた
代わり映えの無い朝を迎えるのだろうか


  言い慣れない言葉を
  書いては消して
  消しては書いて
  また消した
  もしもこのまま諦めたら
  何も無かったみたいに
  今までのように 笑えるかも

  本当に それで 良いのかな
  後悔しないなんて 思えない


もう一度 メールを打ち直す
たった一行


  まぶたの奥に広がる
  昔見た 目も眩むほどの
  天の河の煌めきを思い出しながら

  飾る余裕すら無いままに
  剥き出しの言葉へ こころを込めて
  余白だらけの短冊を あなたに送った


泣くか 笑うか
どちらに転ぶとしても
やっと書けた一行
夜に光る短冊を
今頃あなたは読んでいる


  たとえ願いが叶わなくても
  真剣な想いだけは
  どうか あなたにとどきますように


生ぬるい風が
期待も不安も一緒に煽るから
ひとり 空を見上げて

わたしは星の見えない夜空に 祈るばかりだ




                       〔島 秀生:選〕





 FLY!!


飛べたら良いのにな
疲れ果てて
ふと そんな事を考えた

現実逃避も出来なかった
誰の声も届かなかった
歩く力さえ無くした


  あの頃


私以外の誰にも羽があって
みんなは自由に飛び立てても
私にはそんな羽は無くて
地面の上を進む事でさえ
うまくいかなかった

もしかしたら 今でも

噛みしめた むなしさを
飲み込めないで
おぼれそう
吐きだせない 言葉は
いったいどこへ
行くの

羽も無い 力も足りない
だけど飛べたらと
何度願っただろう
何度祈るんだろう
いつになれば
諦めがつくだろう

見えない哀しみの終わり
涙も拭えなかった
あの頃
胸にあいた無数の穴を
ふさげずにいた
あの頃

解決法は ぼろぼろと
手のひらから落ちていく
もはや 拾い上げる気力も無い


  この頃、


どこかへ飛んでいきたい
未来でも過去でも良いからと

今を自分で選べるはずの私は
性懲りも無く
そんな事を考えている

ただただ 鳥たちが羨ましい
私には飛ぶ為の羽も無い と
彼らを羨みながらくわえる指も
足りなくなってきたところで

本当にこれでいいのか と
肩口から手を伸ばし 背中を撫でた


もしもまだ飛びたいと願うのなら
嘆いてばかりいないで

その為の羽くらい 自分で生やして飛んでゆけ




                       〔雨  音:選〕





 MOONDUST


むかし君がくれた花は まさに幸せそのものだった

ふたりで見た景色は
鮮やかさを失わず
今でも
胸の奥で
生きている

私たちの永遠は
とても短く 幼いものだったけれど
君が照れながら花束をくれたあの日は
何物にも代えがたい
思い出の1ページになった

ふたりで
満ちては欠けてを繰り返した あの頃

埃をはらえば
すぐに輝き出す
君と過ごした
かけがえのない
宝物のような月日の中で

晴れも 雨も
曇りも 雪も
大嫌いな雷でさえ
愛おしく思えた日々が
遠い過去になった今も


心の中には
一輪の花が 枯れる事なく咲いている


まだ白い手帳の上を
歩いていく毎日の中で
誰かへ想いを寄せる時が来たら
つたない言葉のかわりに
花を贈るだろう

その時は

柄でもないけれど
かつて君が
私にそうしたように
花束の真ん中に
こっそり忍ばせたい一輪がある


青い薔薇の後に生まれ
幻想的で
美しい名前に
『永遠の幸福』という
願いを込められた

夜の闇に灯るように咲く
紫がかった 青い花を




※ムーンダスト……世界初の青色系のカーネーション。
            青い薔薇の開発過程で生まれた花。
            「すべてを優しく包み込む月の光」をイメージしたブランド名から、
            この名前がついたとされている。
            主に母の日などに感謝を込めて贈られる花として有名。




                       〔三浦志郎:選〕





 SMILE


今日もどこかで
誰かが頑張っている
誰にも言えない痛みを
グッと 飲み込んで

こうもつらいと
忘れてしまいそうになる
"How to smile"

今日もどこかで
誰かが
膝から崩れ落ちないように
必死に耐えて 笑っている

もしも笑顔の内側が見えても
側にいるあなたには
どうか笑って 見守っていてほしい

たとえば誰かに
わかって欲しいことを
うまく伝えられなかった時に
つらいのは わたしよりも
相手の方かもしれない

大丈夫 だとか
元気を出して という
本当ならあたたかい言葉が
届かない時だって あるから

言いたいこと
うまく言えないだけで
言葉も 誰も
何も 悪くないのに
時々 ほんの少し

…とても、さみしい気持ちになるね。


  誰にでも かならず
  泣きたい時はあるけれど
  それでも諦められないのは
  心の底から笑うこと でした


いつも願っている
どこかで悲しむ
誰かの明日が
どうか どうか
今日よりも
明るいものとなるように

(ついでにわたしの明日も頼むよ、神様!)

今もどこかで
誰かが
立ち上がろうとしている
転んだ痛みに
傷ついた悲しみに
自分自身に 負けないように

  "Stand Up,and Smile,smile,smile!"

きっと大丈夫
何度笑い方を忘れても
言葉が
大切な気持ちを
思い出させてくれるから


  さあ まずは 空を見上げて




                       〔三浦志郎:選〕





 いとしき日々


壊れていた
わたしのレールは
ある日 つぎ足されて

佇んでいた
どこかに向かう事は無いと
思っていた毎日も 終わって

途切れたレールは
ある日 つぎ足されて
出不精なこの心は 長い旅に出た

夏の星座を指さしてはしゃいだ
秋の大地に敷かれた絨毯を踏みしめた
冬の空気がいたずらに肌を刺していった
春の微風と戯れている内に 季節は巡って

いつの間にか
真っ暗なトンネルを
越えて ここまで来ていた


空っぽだった
この手に 確かに残る
ぬくもりが わたしをひと押しする

壊れていた
わたしのレールは
今もまだ つぎ足されているらしい

  ありがとう
  違うレールを歩くあなたへ
  暑い日に悩まされても
  ぬくもりだけは
  今でも手放さず
  手のひらに握りしめているよ

きっともう
立ち止まれない
わたしの心は 今でも旅の途中

晴れの日も
雨の日も 風の日も
新しい季節へ 逢いに行こう


始まりの季節の中
時々こんな風に
手紙のようなものを書きながら

まだまだ
終わりそうにない
いとしい日常のレールを

歩き続けていくよ ゆっくりと




                       〔青島江里:選〕