■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の半分以下しか掲載していませんから、もっと読みた
いと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてありますから、
ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

若 松  英 輔 
 詩集『 見えない涙 』 から8篇

         





風の電話


海の見える高台に
白い電話ボックスがあって
そこに
配線の切れた
黒電話がひとつ
岩手県上閉伊郡大槌町にある
風の電話

受話器をとり
耳にあてても
何も聞こえない
でも
訪れる人は皆
亡き者たちにむかって
話しかけようとする

人が
何かを語るのは
伝えたいことがあるからではなく
伝えきれないことがあるからだ
言葉とは
言葉たり得ないものの
(あら)われなのである

だからこそ
語り得ないことで
満たされたときに
人は
言葉との関係を
もっとも
深める

嘆き
(うめ)
涙して
言葉を失ったところで
ようやく
死者たちの
語らざる声に気が付く

 どんなに
 悲しんでもいいけど
 あまり
 嘆かないで
 わたしの声が
 聞こえなくなるから

 悲しんでもいいけど
 顔をあげて
 あなたにはわたしが
 見えないけど
 わたしには
 あなたの姿が見えるから

 悲しんでもいいけど
 ぜったいに
 ひとりだとは
 思わないで
 いつもわたしは
 あなたのそばにいるから

生者たちよ
語ろうとする前に
亡き者たちの声を聴け
祈りのとき
彼方から訪れる
無音の響きを聴くように









記念日


今日は記念日
あなたとわたしが出会った日
いっしょにお祝いをしたいけれど
あなたがいるところへは
行けないから
いくつかの言葉を贈ります

ぜったいに独りにしない
そう約束したのに
突然
逝ってしまったあなたへ
かなしみという
藍色の切手を貼って

この
見えない手紙が届いたら
受け取ったよと
ひとこと
夢でもいいから
声を聞かせてくれるのでしょうか

今日は記念日
わたしがあなたに おもいを告げた日
いっしょに何かをしたいけど
あなたがいるところへは行けないから
いつの間にか 心のなかで育っていた
嘆きの真珠を贈ります

苦しいときはいつもそばにいる
そう約束したのに
突然
逝ってしまったあなたへ
窓から差し込む
光にのせて

この
見えない荷物が届いたら
受け取ったよと
すこしだけ
幻でもいいから
姿を見せてくれるのでしょうか









楽 園


彼らがもう
人前で
声を出して泣かないのは
どんなに大きくわめいても
亡き者たちに届かないのが分かっているから

でも彼らが
ひとりでいるときに
うめくのをやめないのは
どんな小さな魂のふるえも
死者たちが見過ごさないのを知っているから

かなしみは
生者と死者が
出会う場所
悲愛という名の
楽園









薬 草


誰が命名したのか
言葉は
その名のとおり
植物のはたらきに
よく似ている
予期せぬ場所から
舞い降りて
人生の季節が変わったと
しずかに告げる

薬草が必要なときは
どんなに苦くても
ぐっとこらえて
とり入れなくてはならない
言葉も同じだ
苦い言葉も
あるときは
じっとこらえて
受け容れなくてはならない

薬草は
じっくり煎じてから飲む
効能が潜んでいるのは色素
薬効が からだに浸透するにも
少し時間を要する
言葉も同じだ
隠れている意味の色を
時間をかけて ゆっくり
味わい 感じなくてはならない

野に草を探す者の衣服は
いつも
土で汚れている
本当に
いのちをよみがえらせる草を
探す者は
身なりなど まったく
気にしない
言葉を探す者も同じ

ときには ひとつかみの
草を探すためだけに 山深く
分け入らなくてはならないように
たった一つの言葉を探すために
人生の長い旅に出なくてはならないこともある

すぐれた農夫は
樹木に実った果実を
ぜんぶ収穫したりしない
二割ほど 枝に残して大地に返す
そうしないと
土が痩せていってしまう
言葉も同じ
大切な気持ちも すべてを書かずに
そっと心に還す
すると ある日
予期せぬ姿となって
戻ってくる









旧い友


あたらしい友達で
日常をいっぱいにしてはならない
苦しいときも
じっと
かたわらにいてくれた
旧友の席がなくなってしまう

あたらしい言葉で
こころを一杯にしてはならない
困難のときも
ずっと
寄り添ってきた
(ふる)い言葉の居場所がなくなってしまう

言葉は
思いを伝える道具ではなく
共に生きる
命あるもの

だから人間は
試練にあるとき
もっとも大切な何かを求めるように
たった一つの言葉を探す

たしかな光明をもとめ
わが身を賭して
伴侶となるべき一語を
希求する









邂 逅


人は
さっき
会ったばかりの人とでも
喜びあえる
だが
悲しみは違う
大切な人とは深く
悲しみを分かち合うとよい

別れとは
真に出会った者にだけ
起こりえる
稀なる出来事
相手を喪うとき
たえがたい痛みを
背負わねばならないことを
今を いつくしみながら
幾度でも
語り合うのがよい

身が砕けそうになるほど
悲しまなくてはならない人に
めぐりあう
これ以上のよろこびを おまえは
いったい
どこに探そうというのか










言葉の舟


おもいを
言葉の舟にのせ
こころを流れる
涙の河に浮かべよ
あとは 七色の
光の風に託すがよい
いつか 必ず
念じた相手に
届くだろう

おもい それは
けっして壊れることなく
朽ちることなきもの

誰もそれに
ふれることはできず
奪われることなきもの

世に二つとなく
お前のこころからしか
生まれ出ないもの

おもいを
言葉の舟にのせ
こころを流れる
かなしみの調べに浮かべよ
あとは 深緋
(ふかひ)色をした
祈りの風に託すがよい
いつか
彼方の世界にたどりついて
還らぬ者たちにも届くだろう










青い花


心に
悲しみの花を咲かせよ

身を打ち砕くような
嘆きはいつしか
種子になり
たましいに根を張るだろう

胸を流れる
見えない涙は
渇くことのない水となり

ほの暗い場所で
静かに育つ若い芽は
光の淵源を指し示す

あふれでる芳香は
天界への供物となり
亡き者たちの
こころをつつむ

心に
悲しみの花を咲かせよ

その 青き花は
いつの日か
耐え難い苦しみを生きる
お前自身をも救うだろう









 若松 英輔 さんの詩集 『 見えない涙 』 (亜紀書房)
  2017年5月刊より抜粋   ISBN978-4-7505-1498-7 C0095
  定価 (本体1,800円+税)


 作品『風の電話』。大槌町、浪板海岸が見える丘の上に、どこにも電話線が繋がっていない、私設の白い電話ボックスがある。「風の電話」と呼ばれている。電話ボックス内には黒いダイヤル式の電話とノートが1冊置かれ、「風の電話は心で話します 静かに目を閉じ 耳を澄ましてください 風の音が又は浪の音が 或いは小鳥のさえずりが聞こえたなら あなたの想いを伝えて下さい」と、電話機の横にそう記されている。東日本大震災以降、亡くなった家族や知人と話すために、ここを訪れた人は数知れない。
 「人が/何かを語るのは/伝えたいことがあるからではなく/伝えきれないことがあるからだ」「言葉とは/言葉たり得ないものの/顕われなのである」の詩行が意図するところは深い。人が生きてきた道のりは、それぞれに違うし、亡くなった人との関わり方も、それぞれに違う。だから、悲しみも、本当は一人ずつ違うはずである。それを類型化された同じ一つの言葉によって、充足できるはずがない。だから、本当に伝えたいことは、いつも言葉からこぼれ落ちてしまう。しゃべってもしゃべっても、伝えきれていないと思うから、またしゃべるのだ。
 作者は言う、「嘆き/呻き/涙して/言葉を失ったところで/ようやく/死者たちの/語らざる声に気が付く」と。すると、聴こえてくる声がある、「あなたにはわたしが/見えないけど/わたしには/あなたの姿が見えるから」と。自分を見ていてくれる者がいる。自分は一人ではないのだとわかる。「話す」とは、「聴く」ことだったのかもしれない。「風の電話は心で話します」とは、そういうことだったのかもしれない。

 作品『記念日』。「真珠」と聞いて、デパートや宝石店で売られているものしか浮かばない人へ。第4連の「嘆きの真珠」は、むしろアコヤガイをイメージして下さい。真珠母貝であるアコヤガイの中で、天然真珠は育つのです。それは奥深く秘められた環境の中で、長く大切に育ててきたことを意味します。それは養分である「きみを失った嘆き」によって、思いのほか大きく育っていたのでしょう。
 会えないのなら。せめてプレゼントを送ります。あなたは受け取ってくれるでしょうか。

 作品『楽園』。人前では泣かなくなった人も、一人でいる時はまだ、心は定かではないでしょう。でも作者は言います。「かなしみ」こそが、生者と死者が出会う場所だと。かなしみに暮れるとき、死者は、もっとも生者のそばに近寄れるのかもしれませんね。そして、もしも本当に出会えるのなら、そこは生と死を超越した、「楽園」と呼ぶべき場所に変わるのかもしれません。
 だとすれば、かなしむことは、自己否定やマイナスのことばかりが起きるものではなく、一つの供養の形であるのかもしれません。

 作品『邂逅』。作者は、その悲しみの深さを逆説的に捉え、落ち込む自分を説得しようと試みる。
 思えば、さっき会ったばかりの人とでも、喜びは分かちあえるけれど、別れの時「身が砕けそうになるほど悲しまなくてはならない」人がいるというのは、稀有な出来事だ。これほどまでの悲しみを味わうことになる相手に「めぐりあえた」ことは、もしかしたら自分にとってこの上ない「よろこび」ではなかったろうかと作者は考え直す。
 今、目の前のことを離れ、人生の長さで俯瞰し、この悲しみもまた、きみとの稀有な出会いの喜びの線上にあるものではないのか、と考えることで、今ある悲しみの深さの由縁を理解しようとする。全ては、幸運なめぐりあいから始まっている。これほどまでに悲しめる相手が自分にいたという喜びを噛みしめることで、作者は悲痛な悲しみを乗り越えてみせようとしている。
 言っていることはわかるのだ。言っていることはわかるが、それを体の奥底まで沁み渡らせるのは容易ではないことを、きっと作者もわかっている。だから、この詩がむしろ、悲しすぎる姿に見えてしまうのは、私だけなのだろうか。

 作品『青い花』。花を、育てたことがありますか? 種や球根がまだ植わっていると信じて、なにもない土の上に水をやり続けるのです。やっと発芽したと思ったら、それがきっと大きな花を咲かせるものと思って、また水をやり続けるのです。根気がいります。でも、それが「育てる」ということなのです。大切な人が亡くなった悲しみも、そのように、育ててあげることはできませんか? 忘れるのではなく、育てるのです。いつか花が咲くと思って、育てるのです。忘れる必要なんかない、大切なものが忘れられるはずなんかない。だったら、育ててあげてもいいんじゃないでしょうか。花を育てるように、こつこつ長く、つきあってあげたらいいんじゃないでしょうか。「姿・形」は、もうありませんが、その大切な人の魂は、「姿・形」じゃなかったはずです。だったら、大部分はまだ、残っているんじゃないでしょうか。その大切なものをこつこつ、花を育てるように、毎日水をあげたっていいじゃありませんか。いつかはきっと花が咲いて、花が見上げる先の天空と、話ができるようになるかもしれませんよ。こつこつ、こつこつ、共に生きていきましょう。忘れる必要なんて、ないんです。そう言っているような、気がします。『青い花』は、本詩集の最後を飾っている作品。

 詩集『見えない涙』には、全26篇が収録されている。若松英輔さんはこれが第一詩集だが、元々批評家・随筆家で、著書も多数。だから、これらの詩にも情感のぎりぎりにまで届く、深い思考が裏打ちされて在るのだろう。


                                        (島)