□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 249号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価1,470円(本体1,400円) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価1,470円(本体1,400円) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十二年

 戦後七十二年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s








 編集雑記

◆国連 核兵器禁止条約の採択

 核兵器禁止条約(核兵器の保持、開発、使用を全面的に違法とするもの)は世界の122ヵ国、国連加盟国の6割以上の国が賛成して採択されました。核兵器禁止を規範にしようという国際社会の意思が示されたととらえています。
 被爆国・日本の政府が参加しなかったことには深い落胆を覚えます。政府は、核兵器保有国と非核兵器保有国との橋渡しを自任してきました。今こそ、その役割を果たし、条約を意義あるものにしてほしい。条約を批准し、核兵器禁止が世界のルールになるように力を尽くすべきです。
     ── 長崎市長 田上 富久さんの記事より抜粋




◆地下鉄サリン事件時に「全患者受け入れ」 日野原さん悼む 
     ── 聖路加国際病院 石松伸一副院長

 あの日、当時院長だった日野原重明さんの指示で、聖路加国際病院の全ての外来と、ほとんどの手術が中止となった。地下鉄サリン事件の被害に遭った患者を診た石松伸一副院長(57)=当時・救急部副医長=は振り返る。「日野原先生の決断があってこそ、多くの命が救われた」。

 ○「日野原先生の決断、命救った」
 1995年3月20日。午前8時40分以降、続々と患者が運ばれてきた。「息が苦しい、目が痛い」と訴える人もいれば、心肺停止の人もいた。緊急招集された石松さんらは、なぜ患者が苦しんでいるのか原因がわからず、症状別に患者を振り分けた。最初は農薬中毒かと考え、その治療薬を使ったが効果がみられなかった。
 「全ての患者を受け入れる」との方針で、日野原さんは「外来診療中止」と「麻酔のかかった手術患者を除く予定手術一切の中止」の指示を出した。当時83歳の日野原さんは、患者の車いすを押す手伝いもしていた。
 「全職員が『やるしかない』と腹をくくった。中途半端な指示だったら迷いも出て、受け入れを制限していたかもしれない」と石松さん。原因物質がサリンとわかり、解毒剤を使うと、他の薬で止まらなかった患者のけいれんがおさまったという。約2時間で640人が運び込まれ、1人が亡くなった。
 患者の多くは、北欧の病院を参考に災害に備えて設計され、92年にできた新病棟に運ばれた。新病棟は日野原さんの発案で、待合室や廊下でも酸素吸入や吸引ができる設計に。病院中に約2千本の配管が備えられていた。石松さんは「職員たちは、これだけの病院なのだから何かあったら自分たちがやらなくてはという意識を持っていた」と語る。事件の日、マットレスを敷いた廊下やチャペルも応急処置の場となった。

 予防医学の提唱、ホスピスケアの普及、看護教育の充実……。医療界に変革をもたらす日野原さんは石松さんにとって、「雲の上の存在」だった。だがここ10年は、病院外での日野原さんの活動に同行し、身近に感じることもできた。
 2006年、当時小学4年生だった長女から「『十歳のきみへ』を書いた日野原先生の話を聞きたい」とせがまれた。「娘の小学校で授業をしていただけませんか」。恐る恐る頼むと、「行きましょう、いいですよ」。即答してくれた。
 昨年まで計10回、日野原さんは長女が通っていた青山学院初等部(東京都渋谷区)を訪れ、「いのちの授業」をしてくれた。毎回、石松さんは付き添い、話を聴いた。
 「仕返しはしてはならない。仕返しから戦争は始まる」「時間は人のために使いなさい」。日野原さんの語りに、「命や平和への強い思いを感じた」。そして聖路加国際病院で、自身ができることをまっとうしようと改めて実感した。
 最後に会ったのは今年4月。自宅療養していた日野原さんを見舞うと、「うれしいね」と自作の歌も披露してくれた。「あと2、3年は大丈夫」と思っていたが、それから約3カ月後の訃報(ふほう)だった。
 病院の救命救急センター長でもある石松さん。救急の現場で、管理職として、悩む時、「日野原先生ならどう考えるだろうかと想像する」と語る。「弱い立場の人や困っている患者のために動く。その思いを継ぎ、先生が目指した患者中心の医療をこれからも実践していく」

          (7/27 朝日新聞デジタル より)

 地下鉄サリン事件の時、私も東京勤務をしていた。当時の勤務先の仲間も一人、通勤途中で被害にあった。彼女は遅刻して一度会社へ来たものの、おかしいと言って、1時間足らずですぐ退社。その後、数週間、会社には出て来れなかった。
 その時はまだ、「サリン」というものの名前も、その毒性の恐ろしさも、誰も何も知らない時代だったが、時間が経ち、事態が判明するにつれ、それは衝撃的なものとなった。
 あの時も、日野原さんは被害者治療の最前線にいたのだなあと、今にして知る。

 日野原さんの最後もりっぱだった。嚥下ができなくなって自宅療養されている時、周りには助けてくれようとする医師がいっぱいいただろうに、胃瘻を拒否し、延命治療も断った。最後までご自分の意志を貫かれた方だった。
 日野原さんの数々の偉業に敬意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

                      (島)




◆昨年のノーベル平和賞受賞者を知っていますか?

 紛争にテロ。憎しみの連鎖を断ち切れずにいるこの地上で、一粒の希望の種のような記事を6月末の新聞でみた。
 南米コロンビアで、半世紀にわたる闘争を続けてきた反政府ゲリラ組織が、政府との和平合意にもとづいて武装解除を終えた。自動小銃など多くの武器が国連派遣団に引き渡され、約7千人のメンバーは戦闘服を脱いだ。
 その一人の言葉がよかった。
 「敵を殺す生活から、子を育て、種をまく人生が始まる」。12歳で戦争孤児となり、戦闘員になった30代の男性だ。
 国民どうしが殺し合った歴史と憎しみの克服は容易ではあるまい。しかし、そこには未来から差し込む光がある。和平を導いた同国のサントス大統領には昨年のノーベル平和賞が贈られている。

      (7/30 朝日新聞デジタル より)




◆改憲への急な動きに警戒

 安倍晋三首相が9条に自衛隊を明記するなど憲法改正に向けた提案をしたことを受け、自民党は6日、党としての改正原案を年内にまとめる方針を決めた。来年末の衆院任期満了をにらみ、衆参各院で「改憲勢力」が3分の2を占めているうちに発議をめざす日程を念頭に置いた判断だ。
 党憲法改正推進本部が党本部でこの日、体制拡充後初となる幹部会を開いた。保岡興治本部長はあいさつで「遅くとも年内をめどに、(衆参の)憲法審査会に提案できる具体的な党の案をまとめたい」との方針を表明。異論は出なかったという。取りまとめを急ぐのは、衆院選と国民投票との同日実施も視野に、現有勢力での発議を目指すからだ。党幹部は「9月に党内でまとめ、11月には公明党との調整を始めたい」と明かす。

      (6/7 朝日新聞デジタル より)

 上記を、引き続き掲載します。都民選で大敗しても、この改憲のスケジュールは、依然変わっていない。自民党に3分の2の議席を与えたことが国政の私物化、行政の私物化、そして改憲の動きになっていることを、どうか忘れないで下さい。


■「安倍9条改憲」は自衛隊に対する憲法上のコントロールをゼロにする提案だ
       ――石川健治東京大教授

 ◎権力は三つの層によって重層的に統制されている
――「3項を修正条項として加憲する」形かどうかはわかりませんが、「憲法9条1項、2項は残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という提案を改めてどうとらえますか。「自衛隊の存在を憲法上に位置づけること自体はごく当たり前の行為だ」などといった反応も出ていますが。

石川 現状維持の改憲提案であるように見えますが、現状維持にはなりません。提案内容のように9条が改正された場合、実は自衛隊に対する憲法上のコントロールがゼロになってしまう。安倍首相は極めて危険な提案をしているのだということに、多くの人にぜひ気がついていただきたいと思います。
 戦後日本の軍事力統制は、70年を超える、見事な成功の歴史でした。成功したからには、それを成り立たせる有効なメカニズムがあったに違いありません。この点を解明しようとする努力が、あまりにもおろそかにされてきた、という印象をもちます。私が21年前に学会で発表した、したがって大学の講義などではそれ以前から主張していた見解は、以下のようなものです。
 統治機構について憲法学の観点から考える場合に、大きく分けて三つの層から成り立っている。表層部分には「法的な権限があるか」という議論がありますが、その表層を一皮めくると、「その権限を行使する正統性がそこにあるか」という2層目に突き当たり、そしてその下にはさらに、「権限を裏付ける財政上の統制はあるか」という3層目にたどり着く。
 権力は、実際に、これら3層構造によって統制されているのです。
 権力統制の典型としての権力分立は、権限の分立であるだけでなく、正統性の分立です。しかし、特定の機関に権限や正統性が集中するのを排除しようとする企図は、財政面での分立がなくては画餅(がべい)に帰してしまいます。内閣が予算を編成し、国会がそれを議決するという役割分担が、それを下支えしています。権力というものは、つまるところ財源によって統制されるのであり、財政面での立憲主義は、その国における立憲主義の試金石です。
 これは、特段変わったことを言っているわけではなく、極めてオーソドックスな議論を整理しているだけのことです。そして、現状において軍事力のコントロールを成り立たせている機構もまた、そのように重層的にできているはずなのです。9条をそうした権力統制の文脈からみると何がいえるか。

 ◎表層部分は突破されたが、2層と3層は有効に機能してきた
石川 まず、9条の2項(戦力の不保持)は、戦前なら帝国議会が実権を握っていた軍の編成権を、国会から奪いました。けれども、それにもかかわらず、国会が自衛隊法を制定してしまったため、表層部分では9条2項はすでに突破されているという現実があります。そのことの違憲性を、自衛力論によって阻却(そきゃく)するのが政府解釈ですが、いずれにしても突破はされている。それでも、その下の2層と3層はその後も有効に機能してきたということを、ここで指摘しておかなくてはなりません。
 いま述べたように、どんな統治機構の憲法論においても、議論は表層の「権限の有無」だけで決まっているわけではなく、常に「その権限を動かす正統性はどこにあるか」という論点、さらに「権限の行使に財政上の裏付けはあるか」という問題が必ずそこに伴っている。権限とは、行使することもできるけど、行使しないこともできる、そういうものですので、結局、権限を与えられただけでは、権限は絶対に動かない。
 権限は、その主体に正統性を付与することではじめて行使されるし、その主体から正統性が剥奪されれば、権限は行使されないわけです。こうした正統性の付与・剥奪に関する理由付けは、憲法解釈論における不可欠の構成要素をなしています。
 これが2層目の問題です。9条論についていえば、9条2項の存在自体が、その有力な正統性論である倫理的平和主義論とあいまって、「われわれはこのような形で軍隊を持っていいのだろうか」という不断の問いかけをする根拠となりました。
 そして、そのようにして、実定法としての自衛隊法から正統性を剥奪する議論が、再軍備の現状に対抗する役割をになった存在(コントラ・ロール)として存続することによって、自衛隊の軍事的権限の行使から常に正統性が剥奪されるとともに、自衛隊そのものが、慎みのある、よくコントロールされた組織として今日に至っている、という側面があるはずなのです。
財源によって、権力は立憲主義的に統制されてきた
 それからもう一つ、さらに大きいのは、9条2項を根拠に、軍事組織を持つことの正統性が不断に問われ続けてきたこととの関係で、大規模な軍拡予算を組むことが事実上難しくなっているという側面に注目する必要があります。
 とりわけ大蔵省や財務省の予算編成においては、そうした抑制的作用が大きく働いてきたということです。財政の決定権は、もちろん憲法によれば国会にあるわけですけれども、実際の編成は役所がやっている。
 そして、防衛庁・防衛省やアメリカの軍拡圧力に対して、大蔵省・財務省が杓子定規な予算編成を行うにあたり、9条が「錦の御旗」として存在することの意義は、小さくなかったはずです。じりじりと自衛隊の規模は拡大していきましたが、国の財政規模からいえば極めて抑制的であり、北東アジアの軍拡競争に巻き込まれることはありませんでした。

 そういう点でいうと、9条は確かに、第1の権限の層においては、自衛隊法を制定した国会自身によって突破されてしまったかもしれませんが、第2・第3の層においては、なお有効に機能しています。自衛隊法の成立後も、9条を根拠に常に問い直しが行われたために、少なくとも正統性が積極的に付与されることはなく、だからこそ自衛隊は、フルスペックの軍隊としてはこれまで動くことができなかったのです。
 自衛隊については、人気の高い災害救助隊としての側面や、国連PKOへの参加、さらに現在関心が集まる対外的な防衛の作用だけでなく、軍事力の国内投入としての治安出動の問題も考えておかなくてはなりません。
 自衛隊は、「間接侵略」を名目として、国内的な治安出動をも予定した組織であって(自衛隊法78条1項)、依然として「自由」にとっての潜在的な脅威であり続けています。間接侵略とは、直接武力を用いずに他国の反政府団体などを援助して内乱・革命などを起こさせることであり、政府に批判的な言論活動を、対ソ連の思想戦の文脈でとらえ、反政府デモを、ソ連による経済的思想的援助による「間接侵略」に仕立て上げて、自衛隊が弾圧に乗り出すおそれが、早くから指摘されてきました。
 実際、60年安保に際して、安倍さんのお祖父様の岸信介首相は、国会を取り巻く安保反対の群衆に対して、自衛隊の治安出動を本気で考えた、と伝えられています。しかし、幸いにして、あの絆創膏(はんそうこう)大臣のお祖父様である赤城宗徳防衛庁長官が、強硬に反対して、沙汰(さた)止みになりました。これは、赤城長官が自衛隊の正統性の弱さを考えたからこそ、権限の行使が抑制された事例です。
 これらは、なお2層・3層において、9条が完璧に機能してきた局面です。安全保障は国際関係に依存しますが、自由の保障は国内法としての憲法だけで決まる問題であって、9条はその不可欠のピースをなしてきたわけです。
 そして、2層目の正統性剥奪の作用については、及ばずながら憲法学も関与してきたということがあって、憲法学も実は、その意味では権力問題に組み込まれ、日本の権力統制メカニズムの一翼を担うことを余儀なくされてきた、という事情があります。
 5月3日の安倍改憲提案を考える場合には、そうやってこれまで守ってきたものを、果たして今回の提案は壊すのか、壊さないのか、つまり「今回の提案で何が足し算され、何が引き算されるのか」ということを見極めるということが、あらゆる議論の先決問題として重要な論点だということを、ここで強調しておきたいわけです。
軍事力統制メカニズムが一気に立ち消えてしまう

――その3層構造は、今度の「安倍改憲」がこのまま実現するとどう変わるのでしょうか。

石川 どういう文言になるのか、9条3項なのか9条の2なのか、それは今後の検討に委ねるということのようですが、要は自衛隊の正統性論です。
 9条2項のもとで、解釈の余地はあるけれども、自衛隊の正統性にはたしかに危ういところがある。それは、歴代の政府が今まで認めようとしなかったが、ついに安倍首相が今般正式に承認した論点です。ずっと後ろめたかったということですね。そして、このうしろめたさ、正統性の欠如こそが、軍事力の国内問題への投入を含む、権限の行使を控えさせ、軍事力が政治的な資源(リソース)になることを阻み、風通しの良い自由な社会を実現しました。
 それは、戦後日本において、きわめて有効に機能した軍事力統制のメカニズムの、全部ではないにしても不可欠のピースをなしていたはずなのです。それが、自衛隊の正統性を正面から認めようという今回の提案によって、すべて一気に立ち消えてしまうということになります。
自衛隊は憲法上、無政府状態に置かれる
石川 こうやってみてくると、安倍提案は安全で無難な提案なのではなくて、その逆で最も危険な提案です。政治的に反論しにくい「クセ球」を投げてきた、とみる向きもあるようですが、端的に危険球、ビーンボールなのです。
 あらゆる統治作用に法的ないし政治的なコントロールがあるのが、立憲主義的な憲法であり、その仕組みのおおもとをなすのが、軍事力をコントロールするメカニズムです。けれども、5月3日の安倍提案では、9条の形骸こそ残るものの、軍事力のコントロールが2層・3層ともに一挙に消し飛び、自衛隊は、憲法上、無統制状態におかれます。
 あらゆる統治作用のなかで最も強力な軍事作用について、憲法上のコントロールを全廃するという極めて危険な提案が、こともなげになされているという事実に戦慄(せんりつ)を覚えざるを得ません。日本の安全保障をめぐっては、いろいろな意見があるでしょうが、安倍提案の空恐ろしさについては、立場の対立を超えて、理解を共有して欲しいと思います。
 もっとも、安倍さんは他方で、それに代えて「シビリアン・コントロールの条文を入れたい」みたいなこともおっしゃっているようですから、具体化の段階で今後どうなるかはまだわかりません。何が何でも、どこかの憲法条文を変えたという実績を残すことが、自己目的になっているようですから。
 しかし、5月3日の段階で、自衛隊に対する憲法上のコントロールがゼロになってしまうような、こんなズサンな入れ知恵に乗っかって「提案」を出してきたという事実は消えません。コントロールの不在を気にしない、あるいはそれに気づかない鈍感さでは、9条をいじる資格がない、というべきではないでしょうか。

      (7/25 朝日デジタルより)



                                   (島)