□ 新作紹介 □





雨  音


 ケセラセラ


こんな朝は
まるでこどもたちが
手に手に色んな筆を持って
のびのびとお絵描きしたように
賑やかな雲があっちこっちに広がって
空ばかり見上げてしまう

 今年は夏が短かったから
 なんだか淋しかったね

ずっと探していた形の雲を
見上げたそこに見つけたから
大急ぎでカメラを取りだしたのに
幸せなドラゴンが
のんびりと伸びをして
大きなあくびをしたのか
ちょっと目を離しただけで
大切なその雲を見失ってしまう

 ケセラセラ
  ケセラセラ

手離したものはいつでも
どうしようもなく
目を眇めるように愛おしい
 
 だからそっと仕舞おうか
 空に散りばめられた探し物を
 硝子窓ごしに
 小さく切り取って























青 島 江 里



 夏の終わり


夏の終わりを惜しむように
ワンピースを着た少女たちが
湖面に素足を浸していいる

揺れるみなもを走ってゆく
色褪せた夏の光が瞬きながら
向こう岸へと消えてゆく

さようなら今年の夏よ
息を飲むように見上げた
ジェット機が描いた雲の線

微かに感じる球形に
包まれた青いこの星の軌跡

日に焼けた少年の放った
フリスビーが空を突っ切ってゆく
真夏のUFOは秋へと消えてゆく

季節は巡りゆくものだけれど
今と同じ季節はもう二度と
こないことも知っているから

さっきからずっと
此処にいたくなってしまうんだ

さようなら夏模様
季節の淵に立って僕たちは
許される限り見つめ続ける

寄せ返してくるものも
ずっと佇んでいるものも

掬い上げて
この白いシャツのぜんぶに
きつく染み込ませてしまいたい

風に押されて転がった
空っぽのペットボトルさえも
反り返る光を閉じ込めようとしている

気づかれぬようにそっと
揺れる木漏れ日は秋へと零れてゆく

とめどない光の瞬きは
腕にまかれた時計にも落ちてくる
その丸い淵をなでながら包む夏模様




























井 嶋 り ゅ う



 なきゃ


美容院に行かなきゃ
化粧品を買い足さなきゃ
コンタクトレンズを買わなきゃ
足に出来たタコが痛いから靴を買い替えなきゃ
背中の湿疹が気になるから皮膚科行かなきゃ

なきゃなきゃなきゃ

毎晩深夜二時には寝なきゃ
毎朝六時に起きられるようにならなきゃ
色付きリップではなく口紅を塗らなきゃ
満員電車で目の前の空いた座席を横取りされても
毒付かない心を持たなきゃ
金持ちの男を捕まえるのも
女の才能のひとつだと僕は思いますけどねぇと言われても
へこたれないようにしなきゃ
私お金が欲しくて働いてるわけじゃないのよと言われても
ですよねぇと笑顔で同意出来るようにならなきゃ

なきゃなきゃなきゃなきゃ

花を愛でる精神的ゆとりを持たなきゃ
運動出来る肉体的ゆとりを持たなきゃ
ひとりで映画館に行けるようにならなきゃ
健康診断受けに行かなきゃ
煙草をやめなきゃ
女子力あげなきゃ
綺麗にならなきゃ
お弁当作らなきゃ
野菜食べなきゃ
掃除しなきゃ

なきゃなきゃなきゃなきゃ
なきゃなきゃなきゃなきゃなきゃ
なきゃなきゃなきゃなきゃなきゃなきゃ

なきゃが在るから
居ても立ってもいられない
眠ることが出来ない
心配だ
心配だ

今日何ひとつ出来なくとも
怠け者だと誰かに責められたりはしない
とびきり素敵な明日があるわけでも
勝敗がかかっているわけでも
人格者になれるわけでもない

だが
しかし

なきゃなきゃ

それでも
それでなくとも

なきゃなきゃなきゃ

壊れて
しまいそうで

なきゃをしなきゃ
なきゃをしなきゃ
なきゃなきゃなきゃ
なきゃなきゃ
なきゃ
なきゃ

壊れて
しまったかのようで
どこもかしこも
何もかも

不安だ



























Kazu.



 彼岸花


桜が春を忘れず咲くように
今年ももう秋になったから
ローカル列車の線路際では
彼岸花が咲いている

人は物忘れをするので
あの人のことなんて
まったく思い出さない日々だったから
時を忘れず律義に咲く彼岸花に
あの人を忘れていた事を叱られる

一時間に一本のディーゼル列車が通り過ぎた

それに呼応するかのように
彼岸花は列車を見送り
一瞬
僕を振り返ったような気がした

秋晴れの空の下で
揺れた彼岸花の赤い影が
あの人の細く長い影と重なる

列車はすでに遠くで小さく揺れている


























齋藤 純二



 サーブ


世界の微笑みを守るため
被災地へ届けと思いがあれば
チリンと祈りを込めて

血液が足らぬのなら
どうぞ僕の血液を使ってくれ
400mlでも成分献血でも
チクリの針はちょっと太いけど

大事なのはどこかの誰かが
微笑むことなのだから

冴えない僕だって役に立つ
できることを見つけたよ

奉仕は無条件に健全だ
難しく考える必要なんてない

苦しむひとがいる
少しの余裕が自分にあれば
微笑みを与えることができる
さらに僕も微笑んでしまう

世界の微笑みを守るため
さあ今日は遠くまで
ボランティアに行くのさ






















シルクブルー



  髪


あなたと別れた日
何年ものばしていた髪を
ばっさり 切った

物足りないくらい
軽くなった頭
あなたへの想いが
断ち切られたようで
心まで軽くなった
でも ほんの一瞬
切られて落ちている髪に
目を向けた

街を歩いていて
切る前と同じ髪型の
人を見つけると
しばらく目を離せなくなった

短くなった髪が
指に絡まないことが
妙に寂しくて
鏡に映る自分が
まだなじめない

何度も思い知らされる
あなたは まだ
私の心にいる

少しずつ
髪はのびている

想いは簡単に消えない
強引には引きはがせない
あなたへの想い

もう髪は切らない
気のすむまで
のばしてみることにした





















澤 一織



 午前三時の喫煙所


深夜三時
職場の外にある喫煙所で
ぼんやりと揺らめく六等星を眺めながら
二本目の煙草の灰が半分ほど
地面にこぼれ落ちた頃
五十歳過ぎの非常勤職員がやってきた
 
「お疲れさまです」
私が会釈をすると
彼は私から視線を外したまま
チノパンから煙草を取り出しながら
「週明けにまた、生活保護の申請に行ってくる」と
独り言のように呟いた

週に数回
八十代のお袋さんを別の施設に預けながら 
介護福祉士という国家資格を持って
この施設で働く彼は
それ以上、私と言葉を交わそうとはせず
目一杯、口の中に蓄えたけむりを
六等星の揺らめく夜空に浮かべている
静寂の中 
頬を伝う涙とともに























く  れ



 スケッチブック


スケッチブックに秋を描いている
通りすがりの人がのぞき込んで
何を描いているのですか?
と 聞いてきた
秋ですよ
と 言うと
不思議そうな顔をした
スケッチブックは真っ白だからだ

これは秋のスケッチブックで
まだ秋色が薄いので見えないのです
もう少し過ぎると
秋色が深まってきますので
もう一度ここに来て下さい
驚くような色になっていると思います
と 笑いながら答えた

聞いてきた人は
納得して帰ったのだろうか
スケッチブックには秋も冬も春も夏もない
真っ白な色一色だ
スケッチブックは描く人の気持ちで
色の濃淡が違ってくる
秋一つを見つけると
色が浮き出てくる
季節ごとに魔法が一つ置かれているのだ

無心に描くことで
スケッチブックには空の青が混じってくる
悩み色があったとしても
秋の裏へと隠されて行くから
長閑な色が多くなってくる
これを偽善と言ってはならないだろう
この季節の収穫物なのだ
ときどきスケッチブックには
思いがけない果物が描かれていたりする
聞いてきた人はまだ来ない

















 プラットホーム


人の心が
プラットホームには
いっぱいこぼれ落ちている
駅員さんや
掃除専用の業者さんは
その掃除に
朝から大変だ

それでも駅があるということ
その駅から乗る人
その駅に降りる人
それぞれ心に持つものは違うから
プラットホームに
こぼれ落ちているものは
重さも異なる

悲しさを心に持つ人が
プラットホームに落としたものは
掃除をしても
しばらくは残る
プラットホームがその悲しさに
恭順するからなのだろう

笑顔で
列車に乗ったり
降りたりする人がいるが
それが本当の笑顔なのかどうか
毎日掃除していると
こびり付いているもので
分かるらしい

駅員さんは
プラットホームでは
乗り降りする人が抱えている
人生の縮図の
一番前にいたりする
だから ときどき
プラットホームから落ちそうになる

改札口が自動になっても
歩いたり
エスカレーターやエレベータに
乗ったりする距離がある
それが短くても
プラットホームに括られる

その場所にも
人の心がいっぱい落ちているから
プラットホームには
駅員さんや
掃除専用の業者さんの
忙しい手が
幾つも必要になってくる

いつまでもこびり付いているものを
プラットホームに
残しては置けない
だから 駅員さんや
掃除専用の業者さんは
毎日掃除に忙しい

子どもの頃に
駅員さんの制服に憧れたが
制服には乗り降りする人の思いが
いつの間にか染みついて
洗っても落ちない
だから制服は
長く着るほど重たくなる

衣替えがあるのは
その重さを脱ぎ捨てる意味もあるのだ
駅には大小があるが
みんな同じだ
子どもの頃の憧れも
プラットホームには
いくつもこぼれ落ちている



























藍音 ななを



 Pray for you...


まだ
少し動くと汗ばむ南の地の夕方
届いたメールには
初雪の便り

 暑さも穏やかになり
 やっと食欲の秋が来るね

灼ける暑さからひと心地ついて
そんなことを話していたのに
北の地ではもう冬支度

紅葉も
風花も雪虫も
ここでは見ることもなく
まるで本の中の世界

小さな国とはいえ
距離にすると遠いんだな

手も届かない
目には見えない
遠い 遠い距離

いつか移り住む
寒い地を思いながら
ふと振り返れば
時間は移ろって
淡い葡萄色の空

けれどもう
そちらは陽が落ちて
夜の帳が降り始めた頃
同じ日本なのに
まるで
時差のある国のよう

空の明るさも
季節感も
まるで違う国

そういえば
北の地の春は
まるでスイッチを押すと
すべての明かりが灯るかのように
植物が一斉に目を覚ますんだっけ

それとは対照的に
秋から冬になるときは
まるで瞳を閉じるように
一気に駆け足で季節が移る
長く厳しい冬の国

もう少し経てば
長い長い白い風景が
世界を覆いつくす

北の地を訪れたなら
私はきっと
厳しさもわからず
見慣れない雪景色に
最初はただ
はしゃぐのが精一杯だろう

 雪なんてこれから
 いやと言うほど見ることになるのに

そう言って笑われながらも
今まで生きてきて
見たことがなかった白い風景を
じっと飽きずに眺めているのだろう

移住して 根を生やすのは
まだしばらく先の話になるだろうけれど

すでに吐く息が白い
北の国に思いを馳せながら
エアコンの温度を下げる
いまだ蒸す南の地の夕暮れ

北の地に住む人が
風邪を引かないようにと
そっと
心の中で祈った



























瀬  未



 東京晴空塔


朝夕に
電車に揺られて
ながめる塔は
もう景色の一部

いつのまにか
空は高くなっていて
指先のささくれが
増えている

放っておいても
いじっても
きっと
気になる
ひっかかる

目地
境目
あわいの
気持ちの区切りはなかなかつかない

トンネルに入っても
アンテナは
絶えず
電波を探していて

私は
いつも迷っている

そんな時
思い出す
あなたの言葉

自分が信じられないときは
自分を信じてくれた人を信じてみたら?

魔法のコンパスに導かれ
もっと身軽に
もっと自由に
届けたい、赤心

目的地から
随分と
遠ざかってしまったけれど

生まれたての気持ちで
あの塔から眺めたら
どうだろう

心はつかめずとも
この広がり
この奥行き

「今」の意味
もしかしたら
そのしっぽの先ぐらいは
伝わるかもしれない