今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







山下 一歩  


 心 よ


さあ 行っておいで
でも また戻っておいで

私は何時だって此処に居るから

エネルギッシュな夏空に
憧れたものを探してみたり
緑の中を駆け抜けるのも良い

遠い田舎の道をてくてくと歩くのも
楽しいだろう
途中 出会った少女の笑い声に
想いを寄せるのも一興

目を留めた道端の可憐な花に
人生を重ねる事も美しい

そうして
気が済むまで飛び回ったら
穏やかな生まれたての
朝のような顔をして
白いパラソルをさした貴婦人のように
さっそうと青空を帰っておいで

嫌おうと好こうと
おまえの居場所は
此処しかないのだから





                       〔雨  音:選〕











夏  生


 秋 雨


重たそうな雲間から
ちらりちらりと
日の光

時々雨
そのうち雨

ひと雨ごとに
秋が来る

夏が秋と
すれちがう

ひまわりは
土へ帰り支度
葉っぱは
紅染め支度

雨で清めて
お支度と
忙しなく
季節が動く




                       〔青島江里:選〕





 怖 い


きみの「怖い」を
全部わたしにください

月曜日のごみの日に
捨てますから
全部ではなく
一部は残します

「怖い」も少しは
必要 なのです

どうして「怖い」なのか
考える良い材料に
なりますから

日々を明るく
いきましょう

大丈夫

きみなら
出来ます




                       〔く  れ:選〕











ひ な の


 あなたが私に魔法をかけた


くしゃくしゃに丸めた紙を
一生懸命伸ばしたところで
まっさらな紙には戻らない
折り線は消えない

手遅れなことは確かにある
だから一歩 踏み出すのに
ためらってしまう
取り返しが付かないことを
してしまうのではないか と

私はとても臆病なんだ
脚がすくんで 指が震えたら
目を閉じて 私だけのおまじない
「どうでもいいよ 何もかも」
声に出さずにつぶやいて

目を開けたときには
心の水面がぴんと張って
ひたひたと冷たいものが
私を醒ましていく

「大丈夫」よりも心強くて
かたく閉ざしたはずの
声が響き しきりに訴えてくる
「私はこうしたかったのだ」 と

気持ちの蓋をずらして
少しずつ自分の声に
耳を傾けていこう
案外なんとでもなるものだから





                       〔井嶋りゅう:選〕





 夏を連れていく


遠くから
花火の音が聞こえる

夏の盛りに聞いたときより
心なしか長く続く余韻が
去りゆく季節の後ろ姿を
惜しむようだ

日差しが夏を迎えるなら
夏を送ってゆくのは花火
なのかもしれない

いつの間にか
秋の香りを滲ませる風に
髪をなぶられながら思う

この風はこんなにも
軽々と冷たかっただろうか
ほんの少し前までは
もっと重々しく滞っていたのに

鈴虫の羽音はまだしない
けれどもう
すぐそこまで秋は来ているのだ
花火が開く その残響に
木枯らしの音を聞いた気がした

明日の朝は少し冷えるだろうな
忘れていた寒さを
思い出して身震いする

今年は食欲の秋になりませんように

刹那に散ってゆく花火を
流れ星に見立てて祈った





                       〔雨  音:選〕





 レンガ色のカフェにて


君が留まっていられるのは
このグラスの内側だけ
グラスが輪郭を失えば
君はここにはいられなくなる

君はこの危うさを
どう思うのだろうか

氷の浮かぶカフェオレに
心の中で問いかけてみる
君はからん、と
小さく音を立てて
涼しげな顔をする

口に含んで舌で転がす
唾液と交わる
柔らかな甘さ
喉の奥に押し込むと
やがて
胃にたまる感触がした

君の輪郭は私の体液に
溶かされて
私の体の一部になる
君は私を巡り
やがて 世界に交わる

君はいつまで
君でいられるだろうか
私と混ざるその前までだろうか
それとも
私がすでに君なのだろうか

世界に交わるというのは
どんな感触なのだろうか

グラスを指先でなぞって
私と君を隔てる輪郭を
なんども確かめる
私の輪郭 君の輪郭

やがてひとつに重なるものよ





                       〔三浦志郎:選〕





 秋立つ日よめる


近くに草むらなど
あったのだろうか
少しの間考えを巡らせて

そういえば お世辞にも
手の行き届いているとは言えない
小さな庭があるのに気が付いた

夜に虫の声を聞くと
秋になったのだと感じる
相変わらず日中の暑さには
閉口するばかりだけれど
季節は確かに進んでいる

「まだ目には見えないけれど
秋が来ているのだ」
いにしえの歌人も
そんなことを詠っていた

同じ季節に
同じことを考えている
その事実に
悠久とも思える繋がりに
私の胸は高鳴る

ああ 今日も詩を書こう
いにしえのあなたと
想いを重ねるために

遥かなる時を経てもなお
同じ気持ちで
生きていたいから

秋来ぬと目にはさやかに見えねども
風の音にぞおどろかれぬ……※

古歌の「風」を「虫」に変えて
そのみやびな世界と繋がる今に
頬が熱くなった


 
※藤原敏行
 
タイトルは和歌の詞書より。





                       〔青島江里:選〕





 ブリキ


体の奥の方が
脈打つ度に痛むから
目を逸らすために

僕は顔を切り刻む
この顔は僕が僕だという
アイデンティティだから

痛いよ
愛されたいよ
声にならない声は
だれにも届かない

深く もっと深く
切り刻んで抉って
足りないところは
継ぎ足して

こうして
ひとつ残らず
僕という僕を
ちゃんと壊していくから

生まれ変わったら
どうかお願い
愛してると囁いて
嘘だって構わない

分厚い英和辞典にも
苦手な数学の教科書にも
愛される方法は
書いてなかった

寝ても覚めても
愛をねだる日々
愛し方も愛され方もわからずに
徐々に広がった心のひび

触れないようにしていた
寂しくないと思い込んだ
気付いてしまった
思い出してしまった

僕はずっと寂しくて
だけど
拒絶されたくない臆病が
他人を遠ざけるから
もっと寂しくなって

みんなが嫌いな僕にさよなら
生まれ変わるから
僕を愛して

どうか 愛して




                       〔く  れ:選〕











中  也


 月と太陽


TVをつけると
哀しいことばかり

何度も同じ映像が流れて
多くの人が
生命を失って

それでも
日常を
失わない
失わせない

帰結的に考えても
暴力の連鎖は止まらない

考えて

ゴールが見えない
力のシーソーゲーム
ミカエルとルシファーとの
戦いのようで

花を手向ける人も
祈りを捧げる聖職者も
テロリストも
この詩を書いている僕も
同じ人間で
あの頃は
母親の腕に抱かれていたのに

僕たちは
前世の業や罪によって
運命を定められているのかな

だけど
これだけは
僕の意志を貫きたいと思う

其れは
もっと世界が
不条理になったとしても
古代のローマ人のように
カトリック教徒とライオンを
戦わして悦ぶような
人間にはなりたくない


 
*キリスト教では、ミカエルは大天使であり、ルシファーはサタンの首領と言われている。
  
1562年に描かれたピーテル・ブリューゲルの『 叛逆天使の墜落』に戦いの様子が描かれている。




                       〔井嶋りゅう:選〕





 記憶になる前に


100年経つと
喜びも悲しみも
僕もあなたも全て
記憶の中で

人類は同じ過ちを繰り返すの

記憶は想い出となって
正義も悪も
成功も失敗も
日日の人々が
奏でる世界に贈られて

核保有国が
核実験に激しく抗議し
核拡散防止条約に
被爆国が調印しないなんて

津波で大きな被曝が起こったのに
もう記憶の中に閉じ込めようとしているようで
核のゴミをどうするの
放射能で汚染された町に帰れるの

このまま100年
記憶の中に
閉じ込めてしまうのかな

脅威を外に向けるより
目の前の
あの町を
離れ離れに暮らしている
被災者を助けてほしいと思うのは

何も知らない
僕の浅はかな希望なのかも知れないと





                       〔雨  音:選〕





 老孫介護


パパ
幼馴染のA子ちゃん
月300万稼いでいるって
知ってる
LINEで拡散してる
ほんと もう びっくり

A子ちゃんは
高校生の時
両親が離婚して
おばあちゃんと暮らして
確かお前と違って頭が良く
東京のK大に入学
今年2年生だよね
なんで
大学通ってて
月に300万もの大金稼げるんだい
おかしくない

友達の話なんだけど
A子ちゃん
どうもおばあちゃんが認知症で
おばあちゃんの介護費用と
自分の学費と生活費稼ぐために
危ない仕事してるみたいなんだ
確かデリヘリ嬢って言ってたかな

あのね
どうも友達の話では
K大の19歳って言うだけで
お客が取れるんだって
多い時は月500万稼いでいるらしいよ
なんでも
18歳以下だと条例違反で雇用者とお客さんの
両方が逮捕されるし
20歳になると大人として見られるので
19歳が一番稼ぐのに良い年齢なんだって

お前詳しいけど
変なアルバイトしてないだろうな

私はパパには
言ってなかったけど
年ごまかして居酒屋でバイトしていまーす
ママの了解とってまーす
ええ まじ

私の大学でも
経済的に厳しくて
休学している子多いよ
バイトして自分で学費稼ぐために

A子ちゃんのおばあちゃん
A子ちゃんのことが唯一の生きがいみたいで
いつも孫の話してるって
近所でも有名な話だったのにな

老老介護は知っていたけど
老孫介護の時代が来たんだな
新聞にも取り上げられていたけど
まさかこんな短かなところで起こっていたなんて

人の運命なんて
本当にわからないものだよね
幼稚園の時
毎日のように遊んでいたA子ちゃんが
デリヘリ嬢になるなんて
身体壊さないか
パパ 心配だよ

少子高齢化と子供の貧困に
歯止めかける政策を打ち出さないと
この国の未来に希望を持てないと思う

お前
確か法学部地域行政が専門だったよな
しっかり大学で勉強して
A子ちゃんのような学生を作らないような
この国にしないと

パパに言われなくても
私は私でちゃんと
考えてまーす


 
*老孫介護:子供だと嫁姑が問題であり、むしろ幼い時に少子高齢化で祖父母に可愛がってもらった 孫の世代
  
の方が介護するケースが最近増加傾向にある。
 
*子供の貧困率:内閣府の調査によると、1990年から上昇しており、子供の貧困率は平成24年度には16.3%で
  
あった。また大人一人の世帯では54.6%と大人二人の世帯に比べて非常に高い割合になっている。
  
また、奨学金を借りて返せなくなって、夜の世界でバイトする女学生が問題になっている。





                       〔三浦志郎:選〕





  秋 色


茅蜩が最後の力を振り絞って
夏を名残惜しむ中で

秋桜が
家の石垣から
顔を覗かせて

稲穂が
重たい頭を下げて
陽に照らされて
金色に輝いて

透明な空気を思い切り吸って
時季の速さを感じながら
茜色に滲んだ夕空に心を奪われて

しゃりしゃり
じゃりじゃり
林檎を囓って

漸く秋の訪れを感じた




                       〔青島江里:選〕











沢口 リリキ


 秋 創作の人々


夏から秋へと移ろう
季節の狭間で
僕たちも
ゆるやかに変わってゆく

次第に細くなり
糸のような雨が降るたびに

乾いた木葉が
路上に増えて舞うたびに

窓から忍び込む宵闇が
涼やかな風を連れてくるたびに

季節が一枚一枚
秋のヴェールを纏うたびに

 路行く人の群れが
 深みの帯びた服に変わった

それは
新たな季節を伝える体内の
無意識な感覚の現れ
霊妙な羅針盤の刻み

その中にあって
移り変わる季節の
細やかなふるえを
心で受けとり

狂おしいまでの情趣を抱き
創作を
余儀なくされる人々がいる

 一幅の絵
 一譜の音
 一体の像
 一篇の詩

真夜中
創作する人々は
創造の森を巡るのだろう

今夜も
甘く胸を揺さぶられる
あなたの行く先は

おそらく
あなただけしか知らない




                       〔青島江里:選〕











ゴンドラ


堂守の唄


夏の日の青空よりも
深い眼をした
マシュー
海を見おろす丘の上
松の木陰の聖堂で
朝晩鐘をついていた

ぼろの服を身にまとい
粗末な食べ物を口にして
悪たれ小僧どもにからかわれ
犬に吠えられ
でも、このひとは
世界の秘密を知っていた

太古の昔から
つぶやく泉
木下闇に住まう精霊
島に吹きそよぐ風
彼らがマシューに
語りかけてくる

その声に聴き入るとき
大きな瞳はいっそう見開かれ
遥かな水平線を見つめながら
やがてマシューも答え始める
ほかの人間には
決してわからない言葉で

どんな話をしていたの?
幼いわたしが尋ねても
ほほ笑みを浮かべるだけ
何一つ教えてくれない
絶対に種明かしをしない
手品師のよう

夏の日の青空よりも
深い眼をした
マシュー
海を見おろす丘の上
松の木陰の聖堂で
朝晩鐘をついていた

けれども
いつしか歳月が過ぎ
林の緑があせ
泉の水がかれ
妖精たちもめっきり
姿をみせなくなった

好天は続かず
しきりに空に
インクを垂らしたような
黒雲が現れ
風が乱暴に
島の斜面に吹きつける

話し相手をなくしたマシューは
親から引き離された
雛鳥のよう
ふるえ、おびえた
その眼は
日ごとに光を失ってゆく

微笑が途絶えたマシューは
はじめてわたしに語りかけた
「はやくこの島から逃げて!
決して立ち止まってはいけない
この世の果てまで
未開の地まで

走り続けなくてはいけない
そうすれば
きっと辿り着ける
生ける人と
死せる人の
境のない国に」

そう繰り返すと
マシューの姿は
風雨の中
夜の闇に
溶けるように
消え去った

明くる朝
マシューが丹精込めた
アジサイの花だけが
聖堂の庭に残され
雨上がりの雫に鮮やかに
映えていたそのとき

朝靄にかすむ沖合いに
突然現れた艦隊が
不吉な黒白の旗を掲げ
みるみる海上を埋めつくし
島に押し寄せてくる
もはや逃れるすべもない…そして

海岸へ駆け降りながら気がついた
あの丘の上
松の木陰
海を見渡す聖堂から
もう決して
鐘の音は聞こえてこないのだ、と




                       〔三浦志郎:選〕











あ さ ぎ


  夢


竹林と戯れた
次は何して遊ぼうか

背後から吹くはずない風を感じる
振り返れば世界の終り
だから
ちゃんとカウントダウンをしよう

風が湿り気を帯びてきた

不安を身に宿しているのか
笹たちが触れ合う音はどこか薄暗い

大丈夫
どこででも一緒に戯れよう
大丈夫
繰り返そう

3、2、

どこかで魚がはねて
場面転換





                       〔島 秀生:選〕











ココア


 想 い


僕の想いをそのまま

町に届けたら

あなたが閉ざされた場所に

足を運んでくれた

嬉しくて幸せを

感じてしまった



あの頃も今も

変わらなくて

近くても遠くても

隣にいてくれて

見守っていると

肌で触れた



僕のためにあなたが

汗を流してくれるから

生きられる

ありがとうと

何度、言葉にしても

お返しにはならない



与えてくれた願いを

ただ力に変えて

穏やかに前向きに

この道を歩いていきたい



ここは向こうの

世界とはちゃんと

繋がっている

寂しさも独りで

抱えているわけではない

だから、夢を描きたい




                       〔三浦志郎:選〕





 祈 り


僕は祈ることから
始めている
あなたが穏やかに
過ごせるように
未来のために
想いを繋げていく

どんなことがあろうと
人はかけがえのない存在
愛されて優しくされて
歩いていく

もらいながら与えながら
幸せを掴んで
生きていく
それが楽しい

誰かの声で
景色が変わって
また豊かな
色を教えてくれて
ありがとう

そのぶんだけ
どうしたらいいか
分からずに
困っている顔を
救いたい

独りでは寂しくて
涙が溢れて
なにもできなくなる

手と手を握りしめられたら
苦しい現実だけど
夢を追いかけて
笑いながら
今日を終わらせて
明日をはじめていく




                       〔雨  音:選〕











耀 子


 失って より強く


どんなに 大切な人だったのかと
失ってみて より強く思っています

お母さん
いま私は あなたが書いた
細筆の巻物を解いて
見ています

美しいかな文字が
薄紫色や薄紅色の色紙のうえを
流れています
私にはとても真似のできない
美しいかな文字

一心に筆を運んでいた
その姿が
浮かんできます
その時間がどんなに
必要だったのか

あなたは
両刀使いだった
書を書く時は右手で
包丁を持つ時は左手で
鋏を使うときは
あれ 覚えていない!

そんなあなたが
気が付かないうちに
大きくなった
脳腫瘍のために
手が動かなくなった
手首が指が 曲がったまま


気がついたのです
あなたの右手が
筆もつ形に 曲がって
固まっていたことを

その手を柔らかく
撫でていたときに
思わず零れた 私の涙が
手の上に落ちたのを
気がついていたかしら

いつしか あなたは
眼を開くことも なくなっていた
何も話すことも なくなっていた
ベッドに寝たままに なっていた

その辛さの何分の一も
分かってあげていなかった
後悔に涙した
時を過ごして

今はただ
思い出の中の
あなたへの愛しさで
胸がいっぱいです




                       〔三浦志郎:選〕





 それなりに


鏡に向かい
アイシャドウを施し
チークパウダーのブラシを滑らす
仕上げにルージュを引くとき
心が躍る

どんなに
歳を重ねようとも
化粧をする時
女の心は豊かになる
心が躍る自分に
心躍らせる
そうですとも
化粧は
自分のために
するのですから

認知能力が欠けて来ても
化粧をするとき
華やぐという
私もそうなるのだろうか
ふと 心を翳が過る

若さとは
それだけで 宝物
それだけで 美しい
それだけで 苦しいことも
しかし 一刻の猶予もなく
平等に「時」は刻まれてゆく
誰の上にも

刻まれた「時」と共に
全ての人は翳を纏う
この翳をこそ
人間としての膨らみにできればいい
人生への勝負は その人次第
幾つになっても
前に向くことができる
恋も出来る
心を豊かに磨くことはできる

美しい人は より美しく
そうでない人は それなりに と
そんな言葉が多くの人の心を捉えた

自分を磨ける人は 磨けば 磨くほど
より 輝き
ほどほどに満足する人は
それなりに磨き それなりに 耀く
まったく磨く意思のない人だって
それはそれで
それなりに 耀くだろう

「それなりに」とは
なかなか 良い言葉だ
含蓄のある 良い言葉だな




                       〔島 秀生:選〕





 ふるさとのようなもの


故郷のようなものを
私の想い出の中に
父は遺してくれた

中国山脈の
山あいの小さな村
父の故郷だ
ほんの僅か居ただけの村
私の故郷ではない
しかし 懐かしい

谷川のせせらぎに
ザリガニを取った記憶
山あいを通って
煙を吐きながら
汽車がくる
私と友達は
ザリガニ取りの手を休め
汽車に手を振る

車掌さんも手を振ってくれる
汽笛が鳴る
ポ〜
私達は 汽車が見えなくなるまで
手を振った
いかにもゆったりと
父のように泰然自若と
去って行く姿
ポ〜

川幅の広い美しい川があった
水をたっぷり抱えた
旭川はゆったりと流れていた
土手には月見草の花が咲いていた

二十数年ぶりに訊ずれた時
その地は
すっかり姿を変えていた
私を迎えてくれたのは
水量の少なくなり
大きな石がむき出しになった
旭川だった
川上にダムが出来たらしい

大人になった私が見た
ふるさとのようなものは
子供の頃思っていた姿より
ずっと小さなものだった
歳月が変えたものを
しばらく見続けていた

それからの変化を
私はもう知らない




                       〔雨  音:選〕





 瑞瑞しく


ガラス窓を開けると
ぱっと視界に飛び込んでくる
紅の百日紅

今日は雨に濡れて
その色は
いっそう鮮やかだ

夏から秋までの百日を
その枝先に散れば咲き継ぐ
その花は
いつも瑞瑞しい
雨に濡れれば
さらにまた

百日紅の花の色は
濃淡あわせて4色ほど
あの家の庭には薄紫が
この公園には白い花と
散歩の道も楽しいな
その幹の肌は
艶やかであり滑らかだ

あまりの苦しさに
色を失った時間を
過した私
色を失うということは
心が動かないということだ

今、色彩の在る世界に
この当たり前の世界に
戻ってきた歓びを思う
世界は色に満ちている

雨という
天からの贈り物を
静かに受け止めながら
百日紅のように
私も命尽きるまで
瑞々しく咲き続けたい




                       〔三浦志郎:選〕





 時に騙された振りも


水素水は体に良いとの説を聞いた
いつだって新説には心が動く
ダイエットにはバナナと言えばバナナに奔り
紅茶キノコと言えば紅茶キノコに奔る
根拠ありげに登場した悉くが
暫くすると消えている

水素水は飲むより
皮膚からの方が効果ありと聞き
湯船に入れると
水素を発生させる器具を購入
私には高額品だが 清水の舞台から飛び降りた

湯船の中で
七色のライトがチカチカと交互に点き
モクモクと水素を発生させている
私の体も綺麗になっているぞと思う
水素水で顔も洗い シャンプーもする
顔もすべすべ 髪の毛も艶々
これは心の持ちようだ

細い姿見でわが身を映した時
細い私が映る
お! このドレス似合うね
大きな鏡で映した時
本当の私が映る
がっかり 何を着ても似合わないなあ

だから私は細い鏡が好きだ

生きてゆくのに
厳しい現実だけ見ることはない
現実は忘れずとも
時に騙された振りをして
気分よく生きて行くのも生き方の一つだな




                       〔く  れ:選〕











こたきひろし


 虚 言


昨日とおんなじだ
今朝も目が覚めたら起き出した
仕事
仕事
仕事だから

アパートの一人暮らし
築何百年かな
わかんないけど
俺の前は
サムライはサムライでも
傘張りを内職にしていた
浪人でも住んでいたかな

それはかなりの冗談だよ
勿論、時代は江戸じゃねえ
昭和も終わる頃だった
かな

アパートって言ったけど
実際は二階建ての家が二つに分かれていた
上が六畳の部屋とベランダ
下が汲み取り便所と台所に風呂場
そして六畳の部屋
一階と二階をつなぐ階段はおっかないくらい急だった

十年ぐらいそこに住んでたけれどほとんど二階には上がらなかったな
男やもめの暮らしだったから下だけで充分だったわけ
そこに住み始めた時は店が借りていたものだった
従業員寮だったわけさ。それを一年位たってから
後々の事を考えて俺が家賃全額払って
名義代えさせて貰ったんだ

古くてきったない所だったし
鼠が同居していた
だけどどんな所でも
住めば都さ

そこから徒歩で少し細い路を行けば大きな通りに出た
最寄りの場所にバス停があった
バス通勤で二十分位揺られると水戸駅につく
途中に偕楽園と千波湖がある
観光地だった

駅前にあったパブレストランで働いていた俺は
その日店長から厄介な頼み事をされた
ヨコヤマを暫くの間お前の所に置いてやってくれ
ないかと言われた
俺は口には出さなかったがイヤな顔をした
ヨコヤマは店で働きだして一ヶ月の十六歳だった
チンピラとは言わないまでも
見るからにキケンをはらんでいた
複雑な家庭で
父親はアブナイ人だと聞いていたし
母親はそれに輪をかけていたらしい
そんな家庭環境に育ち
悪くなったんだろうな
悪いやつらとつるんで悪い事をしていたが
何かのきっかけで店長と出会ったらしい
店長は若い頃の自分を見たらしく
ほっとけなくなくなって
店へ引っ張った

店長のすることは勝手だが
俺はヨコヤマを紹介されて初めて会った瞬間に
怖い予感がした
こんな奴には関わらない方がいいと感じた
早々に俺の前から消えろと思った

だが
店長は熱心に執拗に説得してきた
俺はついに承諾してしまった
断り切れなかった
俺の住んでるところが二階建ての棟割りだった事が災いした
何かあったら絶対に責任持つからと
店長は約束した

俺はそれを承諾することでいい人
の仲間入りをした
そして俺の脳内はある種類の快感を感じた

今思えば馬鹿げていた
俺の予感は的中したし
店長は約束を守らなかった
店長自身がヨコヤマに
恐れをなしたからだ

その詳細は語れない
思い出しても震えがきた
ヨコヤマが連れてきた悪魔と
俺は一人で立ち向かい
一時は
覚悟した
俺の家族まで巻き込む訳にはいかないからと

ここで終止符をうつ
後は勝手に想像
脹らましていいから




                       〔島 秀生:選〕





 二十歳


二十歳がくる前に吉原で初体験を買った

成人の日は普通に仕事だった

住み込みで働いていた小さな洋食店は総武沿線の街にあった

横浜で郵便局員をしていた姉から店に電話がかかってきた
二十歳の誕生日に会おうと言われた
成人のお祝いしてあげると言われた

私は思いきってマスターに休みを下さいと頼んだ
店は主に二人だけで営業していた
ダメで元々と、覚悟して言ったが
その日は店を休むと答えてくれたときは
申し訳なくて
何度も何度も頭を下げた

上京して二年目だったが
東京は錦糸町と浅草周辺しか知らなかった

姉と弟は午前九時に約束した
平井の駅まで姉は出てきてくれた
二人は二年くらい会ってなかった

最後に別れた前日
春一番が吹いていた
三歳離れていた姉は学校の成績がよく
公務員試験に合格していて
神奈川に就職が決まっていた

五人の子供の内すでに三人は欠けていた
それぞれは独立して家から出ていった
農閑期だったので
両親は山仕事に出ていた
朝出掛けると夕方まで帰らなかった

姉が居なくなれば日中はひとりぼっちに
なってしまう事を思うと
たまらない気持ちになった

腹減ってない
姉が訊いてきた
うん、減ったと私は答えた
無理もない
昼時間になっていた

姉ちゃんチャーハン作って
私が頼むと姉は作ってくれた
出来上がったチャーハン食べながら
それが何だか最後の晩餐のように
思えてならなかった
次の日から姉は家から居なくなった

久しぶりに会った姉はスッカリ垢抜けていた
眩しいくらい女性になっていた
私は戸惑いを感じなから
後ろめたい思いにかられた


だけど時間はいっぺんに戻ってきた
姉ちゃん綺麗になったな
私が誉めてあげると
そうかな?
一言返ってきた
それから姉と弟は都心に出て
食事をしてショッピングをした
お金は姉が持ってくれた
成人のお祝いにと
洋服をプレゼントしてくれた


別れるときは泣きたいくらいに
辛かった

別れ際に私は姉に言おうとして
止めた
姉ちゃん
俺一人前に男になったよ
でも
そんなこと言える訳がなかった

言える訳がなかった




                       〔島 秀生:選〕





 忘 却


顔に眼鏡をかけていながらメガネを探してしまうことがある
笑っていられない
認知症の前兆かもしれないのだ

いつまでも生きていると
少しずつ
すこしづつ
人は壊れていく音が
耳の奥で聞こえて来るのかもしれない

私を産んでくれた女の人が歳をとって
すっかりおばあちゃんになり
話す相手が自分だけになってしまい
幼い子供の頃に戻ってしまったから
そんな母親を心配して
子供の一人が可愛い人形を買ってあげた
人形はボタンを押すと喋りだすので
話し相手ができた
人形は
いつの間にか汚れによごれて
それでも私を産んでくれた女の人は大切に側においてけして放さなかった

それでも
そのことに理解を持てない私は
人形がおぞましい存在にしか思えなかった

会うたびに産んでくれた女の人が
汚いものにしか眼に写らなくなっていた

そして何年後かには
私を産んでくれた女の人にも
体に滅びの手が延びて
そして
息を引き取った

さよなら
さよなら
さようなら

幾重にも別れの思いが聞こえない言葉に重なって
弔いの日を閉めくった

さよなら
さよなら
さようなら
波のように絶え間なく
寄せてはひいてを繰り返した

近頃
眼鏡をかけながらメガネを探してしまうことがある
それが認知症の前兆だと知らされていた私は
怖くてこわくて仕方ない
人になっていた




                       〔三浦志郎:選〕





 地 球


地球が跡形も無くなった宇宙空間に
到底、成仏できなかった私は
幽霊になってあらわれた

他にも、成仏できなかったらしい方々が大勢いらしたので、その内の御一人に声をかけてみた
「どちらから来たんですか」
若い女性でした
男が声をかけるんだからやっぱりそうなるでしよ
「火星です」その人が答えたので
「ご冗談を?」私はびっくりしてしまった
すると彼女は
知らない男の幽霊から話しかけられたら、そう答えなさいと母親から言われていましたので
でも拝見したところ貴方は人畜無害で安全安心な方とお見受けしました


光栄です、貴女のおっしゃる通り
私は人畜無害安全安心の男です
それでおかあさんはどちらに
私が聞くと
母は先日亡くなりましたなどと
彼女は奇異なことを言ったので
「幽霊が死んでどうなるんですか?」
私が聞くと
「跡形がなくなる前の地球に戻るんですよ、ご存知なかったんですか」
初めて聞きましたと、私が答えると
えっ貴方本当に地球人?
と言われてしまったから
勿論ですと答えると
私たちいい関係になれるかも知れないと
わけのわからないこと
言い出したので

話はややこしくなり支離滅裂になり
間もなく自殺をを実行したのでした




                       〔く  れ:選〕











理  柚


蔓草心中


淡々と時を刻む古木を
錆びついたフェンスを
主人を失った洋館を
触れるもの すべてを

恐ろしいほどのしなやかさで
覆い隠していく いきもの

光を縫う芽先の あけすけな欲望
細い茎の中をうねる生気に 逆流の余地はない
くされた落ち葉の下から伸びて 空まで
空を掻くまで求め続ける 狂おしさ

もしかしたら此処も
いつかは覆われてしまうのかもね

と言うあなたの目は 少しも笑っていない

指を絡める

わたしたちは なまぬるく 生き延びる




                       〔Kazu.:選〕











@すみっこ


金木犀


長かった1日も終わり帰路の途中で
オレンジ色した小さな花の妖精が
甘い香りを届けに肩に腕に頬にやってくる
だいぶ涼しくなった風に乗って
お疲れ様とその甘い香りで癒してくれる

その瞬間に思い出す
祖母は花が大好きで、庭に木を植えていた事
そして私がこの香りに
言葉にはできずとも救われていた事も

何かある度に
通り過ぎる時、わざと近くに寄っては
暫くじっと立っているだけで華やいだ気分になれた
もう、それだけで心がほぐれていた

ままごとに小さな花や実を取って遊ぶ時
この花にはそのまま触れずにいた
子供ながらにこの花を大事にしていたようだ
誰もが近付いては香りを褒めていたから

ゆっくりと実家に帰る余裕もなく
そんな小さい時の記憶は薄れていたのに

やさしい花の妖精が
久しぶりに甘い香りを届けて
昔の記憶へのスイッチを押していったから
忘れていた頃と懐かしい香りにまた癒された

今は仕事に向かう時、帰る時の
たくさんの人を癒そうと
せっせと妖精達は甘い香りを
届けては見送っている

重かったはずの心に
一瞬でも、軽くなりなよと




                       〔く  れ:選〕











葉月 祐


 (あい)


父の中に
母の中に
弟の中に
祖母の中に
亡き祖父の中に
友人の中に
大切なあなたの中に
いつの間にか
わたしの中にも
ある想いが秘められていた

ずっと前から
からだの中を 満たしていたもの
気付かぬ内に
誰かから 与えられてきたもの
自覚もないままに
わたしも 誰かに与えていたもの

それは 生まれる前から途切れぬ連鎖

あなたから わたしへ
わたしから あなたへ
あなたから 誰かへ
誰かから また 違う誰かへ
かたちのないものを 与えあい 紡ぐ

  その時、誰もが、想いの始発駅となる。

夜更けと夜明け
春夏秋冬
繋いだ手と手
とりとめも無い会話
出逢いと別れ
再び出逢い
空の下 同じ時の中で
繰り返される日常に
感謝する

  その瞬間、不思議な力が体をかけ巡る。

父と母が出逢い
この世に生まれて来れたから
わたしは今 ここにいる
選べなかったんじゃない
二人に選ばれて 歩き始めたから

わたしは "i(わたし)"になれた


  あれからずっと
  自分の中に 誰かの為の
  想いを抱いて 歩いてきたよ。


探していたものが
ずっと前から 自分の中にあった
それと気付かぬ内に
数え切れない程 与えられて
わたしは
想いの名前も知らずに
それを 誰かに与えてきた


  気が遠くなる程 前に
  人が『愛』と名付けた想いを。


あなたから わたしへ、
わたしから あなたへ・・・
まるで途切れぬ糸のような

あなたや わたし 誰かの 愛

人も 愛も
様々なかたちで
繋がり 通じ合い
未来へと受け継がれていくだろう


  誰かがそっと置いていく
  自分宛の愛しさを
  ひとつひとつ胸に抱えて 歩いていくよ。




                       〔三浦志郎:選〕





 季節の中を歩き続ける


冷たい太陽が
街のすき間へ
ひかりを敷き詰めていった

わたしの影まで飲み込むような
熱の少ない輝きが 降り注ぎ

燃えるように
暑い夏も
忍び寄る季節に
少しずつ

手を引かれては 離れていく

いかないで、と
伸ばしたこの手は
蜃気楼ではなく
初々しい秋風で編まれた
透明な絹を 掴んだ


暮れてゆく 夏の空に 散りばめられた 白い鱗


余分な熱気を削ぎ落とされ
温もりと化した
穏やかな日溜まりが
わたしの影を
やわらかく地面に 描いた

こうしてまた 季節が移り変わっていく
ほんの一瞬も途切れずに


人恋しさを促すような
初秋の太陽のひかりが
無防備なわたしの肩に ストンと座る頃

甘いざわめきを連れてきた風が
影を見つめるわたしの
髪やシャツを フワリと浮かせながら
あっと言う間に 走り去った


ただの一度も 振り返る事は無かった


けっして立ち止まらない彼らを
見送るばかりだった
臆病なわたしも
乾いたスニーカーの靴音を鳴らし
自分より大きくなった影と共に

透明な明日へと 向かう時だ

茹だるように暑かった あの日々も
やがて来る 侘しさに満ちた季節も

時には追い風を生み
または向かい風となり
わたし達を 一歩ずつ 歩かせ続けるだろう


大人しくこちらを見つめる
太陽の姿を
季節が描く細やかな
空の模様を

それぞれの空の下で 誰もが 見つめている
今という時の中を 違う速度で 歩きながら




                       〔島 秀生:選〕





 シーソーが傾かないように


「ありがとう」と
「ごめんね」を
シーソーに乗せた

ひとつずつ 乗せたはずだったのに

「ありがとう」が
足を地面につけられずに
宙に浮いたまま
困った顔をしている

「ごめんね」だけは
何もしてなくたって
何度も 何度も
口を衝いて出てくるのに

言葉のシーソーが 平行感覚を失っている。

どうして謝ってしまうんだろう
悪い事 していないはずなのに

まるで意味の無い謝罪会見をしているよう。

言われて嬉しくなる言葉と
申し訳なく感じる言葉を乗せた
わたしの中のシーソーは
いとも容易く 片側へと沈んだ


出番の多すぎた一言が持つ その重みで。


もしも乗せるのなら
「ごめんね」は
今より回数を減らして
その代わりに
「ありがとう」と
「嬉しい」を
両側に乗せてみよう

  ギッコン バッタン
  ギッコン バッタン……ギイィ…、

バランス良く
時々軋みながらも
右へ 左へと 傾くんだろう

よどみ無く 軽快に


ありがとうも ごめんねも
自分次第で傾きはイコールになる

当たり前だからこそ
大切な事
いつも 忘れずにいたいね




                       〔雨  音:選〕





 昏い部屋にて


遠くから
雉の鳴き声が聞こえる

おまえが鳴く度に
あたりは暗くなっていく

  秋を告げる
  虫たちの歌声と
  心音を重ねる内に
  光や陰は
  部屋の中で
  夜に溶けていく

わたしはわたし以外の何者にもなれないまま


庭で鳴き出した蛙の声に
耳を傾け 目を閉じる

  ベッドの横の窓を
  からり、と開けて
  吐き出した憂鬱を追い出すも
  冷たい秋風は
  「こっちに来るな」と
  黒い塊を部屋へ押し戻すので

結局また深い溜め息をつき
重たい空気を吸わなければならない


  この繰り返しでは
  心が晴れるはずも無く
  わたしの内側は
  とうとう外側や
  目の前の光景よりも
  昏くなって

為す術も無く夜に身を委ね
目を閉じたところで
遠くから
雉の鳴き声が届く

こちらへ向けて 鳴いているようにも聞こえた


おまえがあまりにも鳴き
より深い夜を連れて来たので
今はもう 時計の針さえ見えない

部屋の真ん中を見やり
深く長い溜め息をつけば
暗がりの片隅には
転がり膨らんだ
憂鬱の気配

静かに 昏くなっていく感情

この空間に存在した色彩は
既に暗闇に咀嚼され
跡形も無い


やがて雨の匂いが漂う頃
雉の声も すっかり 夜になって





                       〔Kazu.:選〕





 かんげん(還元・感源)


  おはようございます。
  良いお天気ですね。
  お久しぶりです。
  お元気でしたか?
  帰りは気をつけて。

  今日も、よい一日を。

あなた達を迎える為の 大切な言葉達

  あらおはよう!
  頑張ってるねえ。
  今日は少し暑いのねぇ。
  元気にしてたかい?
  また来るわね。

  いつもお疲れさん!

わたしの心を奮い起たせてきた
優しさに満ちた 温かい言葉達

遣りきれない思いをして
時には足が竦み
家を出られなかった日もある
もう二度と
誰とも口を聞きたくないとさえ
思う日だって あったのに

そんな時 あなた達が
わたしに 元気をくれました
暗い視界も 滲む視界も
笑顔で 照らしてくれました
ある時は ポンと肩を叩いて
とびきりの元気をくれました

特別な事は何も出来ないけれど
些細なやり取りで
心に力を注いでくれるあなた達を

いつの日も 笑顔で迎えたい


一日は
笑顔であなた達を
迎える事から始まり

「またのお越しをお待ちしています」
こうして笑顔で締め括られる
誇らしい わたしの仕事

俯く暇など どこにも無い
俯こうとするのを
見ていたかのように
笑顔のあなた達が訪れるのだから

なんて幸せな仕事だろう
笑顔でいられない日だって
わたしは 上を向いていられる


明日も最高の笑顔で
一日を始めよう

「いらっしゃいませ、おはようございます!」

自分の為ではなく
元気の源である
心優しいあなた達へ
感謝を込めた笑顔を贈りたい。




                       〔三浦志郎:選〕





 Sunday To Monday


いつものように
休日の朝を想像しながら
買い物袋をぶら下げ
約三分の帰り道を
のんびりと歩く

仕事上がりの日曜日

仕事の後は疲れているし
時には心折れてもいるが
休日の朝を思えば
買い物をせずには帰れない

  休日の朝食を
  ゆっくりと味わう事、
  それは自分へのご褒美なのです。

翌朝の朝食にする
厚切りのベーカリーブレッド
甘いトマトやコーヒー豆を
買い物かごに入れて
並んだレジの順番を
後ろの人に譲ったりした
会計を待つ間にも
わたしの心は
既に明日へ向かっていた


飛び込んでくる景色を
目一杯に堪能しながら
一日の反省も忘れずに
買い物袋を片手に家を目指す

  週に二度、
  日曜と水曜限定で、
  約五分に延びる 短い帰り道。

見慣れた光景に視線を奪われながら
日曜の帰り道を満喫する
行き交う人達の流れさえ
いつもより ずっと
緩やかに感じられるから 不思議だ

朝とは違う風が吹き
夜には無い温もりに抱かれて
空の模様に垣間見た
季節の流れに
立ち止まり 見とれてしまう


日曜日には かなわないが
明日もこんな風に穏やかなら
どんなに幸せだろうか
きっと買い物袋の中身が
月曜日を最高の一日に変えるだろう

爽やかな秋風が
疲れや澱みをさらい
晴れやかな心を残して
空へと帰っていく

わたしもとうとう家の前
ドアの向こうは休日の国
さあ 飛び込もう、


―――Sunday To Monday,―――


焦げたトーストの夢で
思わず飛び起きた
「何という朝なの…」

それすらも幸せに思えるのは
きっと今日が
何も無い休日だから なんでしょう




                       〔三浦志郎:選〕





 雨垂れの唄


窓硝子の
向こう側の世界では
雨が降っており

手のひらをあてると
窓はヒンヤリと
冷たい

朝から止まない雨に
わたしは
今日の予定を
白紙に戻した


窓の向こう側から伝わる
雨粒が跳ねる音に耳を澄ませ
乾燥した部屋の中から
濡れた世界の声を聞いている


段々と冷えていく 内側の世界


窓硝子の上に
一瞬一瞬の模様を描く
自然の絵画に見とれながら
熱いコーヒーで体を温めた

目を閉じれば
雨の旋律が浮かび上がり
わたしの鼓動も交わって
憂鬱な気分を癒やす
音楽となった


それは音譜の無い 雨垂れの唄


ボンヤリしている間も
窓硝子は
絶え間なく濡れ続けていた

こちら側は
こんなにも
乾いているというのに


心ばかりが
雨にうたれたように
重くなりゆく中で

雨垂れの唄は
鼓膜から全身へと
軽やかに流れていく




                       〔く  れ:選〕











澤 一織


 ありふれた空の下で


ありふれた
早朝の青空に
烏たちが飛び散った

車のブレーキの音とともに
お前の無言の悲鳴とともに

お前の意識が戻らないと
お前の彼女から連絡があったとき
俺は初めて
神様とやらに祈った
昼過ぎから
泣き続けている空の下で

お前が意識を取り戻した日
俺は仲間と
お前のいないたまり場で
お前の彼女からその連絡を聞いた
柄にもなく
お互い涙を流しながら
仲間とともに
お前のいる病院に向かったんだ

けれど
俺は何も分かってはいなかったんだ
もしかしたら
お前もまだ気づいていなかったかもしれない
これから先が
本当の闘いの始まりだってことを

 歩けなくなるらしい

お前の声からその言葉を聞いたとき
俺達はどんな表情をしていただろう

それでも
お前は弱音と呼ばれるもの
一切 吐くことはなかった

目を覆いたくなるリハビリのとき
退院祝いと称して
仲間と旅行に行ったとき
車椅子が部屋に入らないと
宿泊先から謝られたとき
お前とお前の彼女の間に
子どもができないとわかったときも

いつも苛立っているのは
俺のほうで
お前は
ただ黙って
煙草に火を灯すだけだった
そんなお前の姿を観て
俺の苛立ちは
いつもそこで静かに消えていった

やがて
加害者との裁判も落ち着き
お前の車椅子姿も見慣れてきた頃
お前とお前の彼女は結婚した
そのスピーチで
お前は最後にこう言った

 死にたいと思った日は何度もあった
 それでも生きたいと思った日は
 それ以上にあった

泣いている
お前を俺は初めてみたし
時間が経った今は
 あのとき 泣いていたよな と
お互いを茶化す余裕もできた

けれど 忘れていない
そして
俺は 仲間は
お前は 今でもそれぞれ闘っている

お前の入れなかったお洒落な店の段差
未だに飲酒運転を黙認している居酒屋
街行く人がお前から逸らしたまなざしの行方

いいか
これは誰にでも起こりうることなんだ
障害の害は
人が今日も一日を
幸せに過ごしたいと願う
ありふれた
生活の
いたるところから
生まれている
それは
見ようとしなければ見えない

ブレーキを踏み遅れた人だけを
ただ一方的に吊るし上げたり
障害を個性と呼び
お前の逞しさに寄りかかったまま
何も変わろうとしない
この街に
俺の心の隙間に
一切の免罪符を与えるなよ

お前の抱えている想いは
俺には分からない
分かるわけがない
けれど
見ないことと
見えないことが
同義語でないことは確かさ

そして
お前から教えてもらったこと
お前と歩いて分かったことは
今日も この胸の中にある

 平和を願うのなら足元からだ

ありふれた
雨上がりの早朝
水たまりをお前が歩くまで
俺は目を逸らさない