■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の半分以下しか掲載していませんから、もっと読みた
いと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてありますから、
ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

徳 弘  康 代 
 詩集『 音をあたためる 』 から8篇

         





りんごの崩壊


 1

横たわった三脚は
ばらばらの方向を指して
まだ三本脚で立ったことがない

長すぎる脚をひっこめて
遠慮がちな脚を伸ばして
三脚を立てる
少しずつ傾きを直してください
少しずつでいいから

三脚の上にカメラを据えて
カメラを覗く
横たわるりんご
逆さまのみかん
皮膚の青いばなな

カメラをはずして
りんごを三脚にのせる
三脚の中央で
りんごは小刻みにゆれる
みどりのまま
この
りんごの崩壊を支える ことも
わたくしの存在の
意義かもしれない



 2

りんごでなくてもいいんですが
基本的には
りんごかなとおもいます
りんごが壊れるときの
ふしぎな空気を
みみなりといってもいいですが
ひとがとても好むのを
おぼえておいていただけますか
支えきれなければ
いっしょに崩壊することもないでしょう
ただりんごが崩れていくのを
地からはなれた脚をぶらぶらさせて
縁から
みているだけです
それはつまり
わたくしの上昇であり
気化であり
うすぎたない齧りあとまでこなごなに
りんごが崩壊していくのを
俯瞰なんかしたくないのに
上昇してしまったならば
目を凝らして追うこともたぶん
ゆるされません










「幸あれ」


明るい雨がパラッと降りだして
小さい自転車にのった子供のうしろを
透明の傘をさした親たちが歩いている
そのさらにうしろを歩いていると
「幸あれ」という言葉が降ってきた

それで「幸あれ」と心の中で
となえてみると
前の三人の辺りの空気が
光る雨で明るく見えた
それはとても自分の心によかった

地下鉄で前に座っている
古文練習帳をやってる男子に
「幸あれ」と心でとなえてみた
隣の疲れて座ったおばあさんにも
「幸あれ」ととなえてみた
新聞を読んでるおじさんにも
「幸あれ」ととなえてみた
それはとても自分の心によかった

ということで
いやなやつの前でも
となえてやろうと思ったが
それはやっぱり
ちょっと無理
だった









エスカレーター


長い上りエスカレーターで
ランドセルに半ズボンが
前にいて 半分
後ろの私の方を向く
手に絡まった毛糸
ほぐして輪にして
あやとりをはじめる
熱中しだして
全身こっちを向いて
視線は毛糸で
 エスカレーター終わるし と
おせっかいに言ってみると
半分前に向き直って
降りた後も
佳境に入ったのか
歩きながら
まだやっている
毛糸の輪っかを
違う指にさしかえて
ぱっと両手をひらいて
橋! 出来上がりって様子で
半分こっちを向く
 すごいじゃん と
たたえてみて
得意げな横顔の
あやとりを
追い越して
改札を出る









おとしましたよ


ドアごしに
さしだされる
かたいっぽうのてぶくろ
降りた人が
乗った人に

おとしましたよ と

さしだされた
てぶくろは
持ち主にもどって

右てぶくろと
左てぶくろは
用済みになるまで
いっしょに
いられる

用済みになったら
二つ丸めて
いっしょに
捨ててください

朝の地下鉄で
車掌さんは
手渡されるまでの
ほんの二秒
ドアを閉めるのを
おくらせる









左 手


今 ひざの上で
右手と話している左手は
さっき
あちち
と言ったあと
耳たぶと世間話をしていた

今日の左手の主な仕事は
ビーカーを傾けること
試験管を振ること
トランプをうまく持つこと

左手はひざっこぞうをくるんで
久しぶりですね
と言っている
あったまってきたひざは
がくがく笑いだす

今日の左手はいつもと違う
誰かのとかわったのかな
と右手は勘ぐる
まあいいか

今日の左手は上機嫌で
右手より少し多めに
荷物を持ったりして
もう少しここにいようかな
と言っている
いてもいいよ
と右手は言って
明日もちょっと楽できる
と思っている










おおおかがわ


さくらがちって
はないかだむすうにうかぶ
おおおかがわに
しろいけがわが
うかんで
ながれていく
しろいけがわに
みみがある
しろいけもの
おおおかがわに
しろいねこが
ういてながれていく
まだら はないかだと
いっしょに
みやこばし
さくらがわばし
おおえばし
べんてんはしをくぐって
みなとみらいの
しおみずがまじる
ゆっくり
かわがうみになる
みなとにむかう
きしゃみちをくぐると
おおおかがわへは
さかのぼれない
すいちゅうにたれたしっぽを
さかながつつく
ほをまきあげた
にほんまるのよこを
しろいけものが
ういてながれる
はないかだしおみずにまぎれ
もうみえない
やかたぶねのなみに
しろいけものがゆれる
とんびとかもめが
うえからみている
かんらんしゃのわき
こくさいばしをくぐり
ぷかりさんばしをこえると
みなと

ぷかりさんばしのせんたん
なみのよせるところで
しろいけものを
みおくる
しいばすの
はげしいなみに
みえかくれして
しろいけものが
うみへゆく
みえかくれゆれ
かくれみえ
かくれ
しろい
ねこ

べいぶりっじを
くぐると
とうきょうわん

うらがすいどうを
こえると
たいへいよう










八 月


したしいもののために
人がくり返すしぐさ
横をすこしあけて
すわる
たべる
ねむる
そこに人がいるための
      くり返さなくてもいい すでに
      わたしはあなただ

夜の畑を行く人たちの
つぶやく声が
とどく
ここにもいる
歩いてきたものが
春はいちご畑
夏はなす畑のただ中を
ときには靴もなく
熱された空気の中を
泳いでわたってくる

とくべつのアクセントで
名前を呼ぶ
彼らにしかできない方法で

呼ばれた人は
ここへ といって
くり返す
したしいもののためにまた
すこし多めの果実を
テーブルに置く










約 束


ねえ
さきにしんだほうが
のこったほうのしぬときに
むかえにくることにしませんか

それは一分後かもしれないし
七十年後かもしれないけれど
なまえをよべば
ここにくることにして

そのあとで いっしょに
行きたい所へ行きましょう
たとえば
月の裏側 とか
えいえんの五月の芝生の上 とか
ねごこちのいいベッド とか

たぶん わたしたちの
ここ は いつも ここ で

まだ なまえをよばれない
たましいたちが
あちらこちらで
たのしい再会を
おもいながら
さんぽしている









 徳弘 康代 さんの詩集 『 音をあたためる 』 (思潮社)
  2017年8月刊より抜粋   ISBN978-4-7837-3581-6 C0092
  定価 (本体2,400円+税)


 作品『エスカレーター』。このデジタル隆盛の時代に、とても意外なことですが、あやとりは、今も子供たちにウケが良い遊びの一つです。昔のように、長くそれで遊んでくれるかどうかはわからないのだけど、教えてあげると、しばらくはハマっています。あやとりが得意な人は、子供たちに教えてあげるといいですよ。案外食いついてきますから。マジックのようなおもしろさを感じるようです。だから、手品のように、人に見せたくて仕方がないんですね。長いエスカレーターで、ふいに振り返って、見せたかったこの少年の気持ちも、なんだかわかるような気がします。
 それにしても、よその子からくったくなく寄ってこられると、私なんか自分のほうがドキドキしてしまいます。そのくったくのなさは、子供だけの武器ですよね。嬉しいものです。とはいえ、誰彼ってわけでもないでしょうから、作者はやっぱり優しい感じがする人だったのでしょう。
 「街角で、見知らぬ人からよく道を聞かれる」タイプの人って、いますよね。複数人で一緒に歩いている時でも、道を尋ねられる時は、決まってその人、って人がいるものです。やっぱり優しそうな感じ、親切そうな空気が出てるからじゃないんでしょうか。そういう人と、子供がくったくなく寄ってくる人って、共通項があるような気がします。

 作品『おとしましたよ』。てぶくろを拾ってくれた人のやさしさも嬉しいのですが、この詩の注目すべきは4連と5連じゃないかと思います。「右てぶくろと/左てぶくろは/用済みになるまで/いっしょに/いられる」、「用済みになったら/二つ丸めて/いっしょに/捨ててください」、この両方の連に出現する「用済み」という概念ですね。永遠というものはない。人の命に限りがあるのと同様に、すべてのものには期限がある。期限がある中において、全ては幸せであればいい、というふうな「達観」を感じさせます。「二つ丸めて/いっしょに/捨ててください」の詩行の中には、おそらくなんの悪意もなくて、没する部分も含めて、それが幸せのカタチなんだと思う作者がいるようです。
 しかしながら、作者は人の優しい気持ちにも敏感なのです。手ぶくろの受け渡しのために、いま車掌が出発を2秒遅らせたと、気づく人は稀なのです。

 作品『左手』。徳弘さんは1960年生まれ。私よりも5歳若いので、私と同じにしたら失礼かもしれませんが、このくらいの年齢になってくると、どこか関節回りに痛みがあって、日によって調子が違うということがあるものです。私の場合は腰ですが、徳弘さんは左手なのかもしれません。だから、「今日の左手は上機嫌」という、日によって調子が違う表現があるのでしょう。そして片方の調子が悪いと、普段もう片方の方に負担をかけているものです。なので、右手の日頃の苦労が窺える言葉、「明日もちょっと楽できる」という詩行が、ぽろっと独り言のように、エンディングに表われます。
 まあ60歳くらいになると、痛いところの一つや二つはあって当たり前なので、あとはその慢性的な痛みと、いかに仲良くつきあっていくかって話になるので、思わずその、意のままにならない友人に、声をかけたくなる気持ちもわかるというものです。それにしても、左手のみならず、体の各パーツがそれぞれに人格を持って井戸端会議をしているかのような、この擬人化はとても楽しいですね。

 作品『おおおかがわ』。きっと、川の両岸に桜並木が続いている所なのだろう。桜は、見事な開花で、折り重なる雲のように空をピンク色に覆ったあと、一斉にその姿を散らしてゆく。川面に舞い降りた花びらは、幾重にも層をなし、やがて花筏(はないかだ)をいくつも作るのだろう。その花筏に思いがけなく乗っていたけもの。白い猫の遺体である。おそらくは仔猫か、まだ大人サイズになっていない若い猫だろう。桜の美の中に、浮かぶ白い遺体。その凹凸(おうとつ)は良くも悪くも刺激的で、作者に強い印象を残すのである。
 花筏に乗った白い猫は、そうして大岡川をゆっくり下ってゆく。しかし作者の視線はここで終わらない。都橋、桜川橋、大江橋、弁天橋と、下流に向かって、その遺体を追いかけてゆくのだ。それは遺体のみならず、河口までの経路を語ることで、「大岡川」そのものをも、同時に語ってゆくようである。
 みなとみらいから、日本丸、屋形船、観覧車のわきを過ぎ、ぷかり桟橋を越えて、遺体はついに海へと辿り着く。川の終点、このぷかり桟橋の突端で、作者は遺体を見送るしかないのだ。その遺体には、作者の魂の何分の一かも、一緒に乗っていたのかもしれない。海へ出た白い猫の遺体は、この先どこまでゆくのだろう。大岡川から出た水は、東京湾、浦賀水道を経て、やがて太平洋にまで出てゆくと言うが……。
 また、大岡川は二級河川だが、こうして流域を辿ってもらうと、横浜で生活する人々に密着した川だということが、よく伝わってくる。むしろ、大岡川を語るにおいて、この桜の花筏に乗った白い猫の遺体は、最高の点景になってくれたのかもしれない。

 作品『八月』。これはタイトルに「八月」とあるから、お盆のことを言っているのだとわかる。それでも、「したしいもののために人がくり返すしぐさ/横をすこしあけて/すわる/たべる/ねむる/そこに人がいるための」の詩行には、ドキリとした読者が多かったのではないだろうか。私にも、そんな感覚がある。隣りに誰かが座っていたような。向かいで、誰かが食べていたような。大切な人がそこにいて、だから席をあける癖がついているのに、もう実際にそこに座って、笑いかけてくる人はいない。そんな感覚……。
 長くつきあった恋人をなくした人。人生の途中で離婚することになってしまって、つれあいをなくした人などにも、同じ感覚はあるのではないだろうか。だから、ドキリとするのではないか。
 話を戻そう。この「八月」のお盆は、故郷に住むお父さんが亡くなった初盆ではないのか。年老いるまで長く連れ添った父と母。父と死別した母は、もう父の席をあける必要もない。父の食事を作る必要もない。父が眠るスペースをあけて、蒲団の端っこで眠る必要もないのに、長年の習慣でそうしてしまうのだろう。その母親の行動を、作者は哀しく見ている。
 父はずっと畑仕事をしていたのだろう。毎日出かけていた畑。春はいちご畑。夏はなす畑。きっと亡くなった今も、畑の事が気になっている。だからお盆の夜でさえ、仏壇を抜け出して、畑へ行ってしまうのだろう。そして時々、母の名を呼ぶのだ。独特の方言の言い回しで。

 作品『約束』。詩集における掲載箇所はちょっと離れているのだが、私はなんだか作品『八月』との連作のような気がしている。お盆に帰省した作者は、父の仏前に参り、一人残された母を見たあと、自分の家に帰る。その時の気持ちを引き摺ったまま、夫と接した時、この言葉は出るのではないか。「ねえ/さきにしんだほうが/のこったほうのしぬときに/むかえにくることにしませんか」と。
 ちゃんと迎えに来る人がいないと、詩の終盤に記されているように、魂が永遠に彷徨ってしまうということがあるのではないか。しかし、うまく再会することができれば、時空を超え、この世では行けない所、「月の裏側」や、「えいえんの五月」の芝生の上に、二人して旅行することも叶うのだろう。しかしそれは行ってみたい夢の場所の話であって、きっとそのあと、帰ってくるだろうと思っている。二人にとっての「ここ」は、きっといつまでも、この家であろうと。
 別の詩に遠野物語の引用もあって、作者はあの世を、案外楽しく過ごせるところではないだろうかと楽観視している。だからこそ、作品『約束』は、あの世でも共に暮らそうと呼び掛ける、夫へのラブコールなのだ。


                                        (島)