□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 251号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価1,470円(本体1,400円) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価1,470円(本体1,400円) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十二年

 戦後七十二年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s








 編集雑記

◆三浦志郎さんが出版。

 お互いT-SQUAREが大好きなこともあって、それを真似て私は三浦さんに、「私と三浦さんは、MY DEARの双頭コンポだね」って言うことがよくあります。うちの母体となっているMY DEAR掲示板の運営は、三浦さんがカナメにいてくれればこそ、成り立っている場所ですね。詩評も一流です。いつも感謝しています。
 その三浦さんから、皆さんに届ける新刊です。


  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


司馬遼太郎さながらの、膨大な研究に基づく史実ストーリー。
それを詩人らしく、詩ストーリーで描いてくれています。小さな本ですが、重厚です。
ぜひ、三浦さんの大作をお手に取ってご覧下さい。

ご出版、おめでとうございます!!!






◆今回の選挙におもうこと。

 まったくの商用だったのだが、落選して浪人中の議員さんのお宅に伺ったことがある。実に、つつましやかに一般ご家庭の生活を送っておられた。華やかさは微塵もなかった。議員にとって一番大事な仕事は「選挙」なんだという裏話を聞いたことがある。当選と落選では、天と地なんだという。
 それにしても、それにしても、だ。今回ほどそれが露骨な選挙戦はないのではないか。森友・加計学園問題隠しが主眼ではあるが、蓮舫さんが降りたあとの党首選で足並みの乱れを露呈した民進党の、党役員人事にももたつく弱体化の隙をついたかのような、「今なら勝てる、今しかない」というタイミングで「衆議院解散」を言い出した自民党。対して、従前の主張を翻してでも、人気があり集票が見込まれる「希望の党」に合流する策を取った民進党。これまでも本音では「議員にとって一番大事な仕事は選挙」だったかもしれないけれど、今回の選挙ほど、それが露骨な選挙はないなあと思う。
 とはいえ、棄権はいけない。代議員制で、選んだ人に全てを委ねる感の強い、今の選挙制度において、選挙は、国民一人一人が最も自分の意志を示せる大事な機会である。だから、きちんと選んで投票しなければいけない。文字通り、国民の義務だと思う。

 2点だけ言いたい。一点は、憲法九条が守られ、その足枷のもとに、その場でチェックが行われて運用されるのと、憲法九条そのものの足枷が取っ払われて、無制限に運用されるのとでは、事態は全く異なってくるということ。
 中途半端な武器使用なんて、ないのだ。海外で武器を使用し出したら、結局アメリカと同じことをしなければならなくなる。それより、日本がこれまで軍隊を持たないと宣言してきたことで、得られた平和の恩恵が計り知れないことを、もっとよく知るべきだ。

 もう一つは、憲法改正の動議である3分の2の議席を、自民党単独で3分の2の議席を与えてしまったがために、これまでどれだけその憲法が脅かされることになったかということを、忘れてはいけないのだ。






◆ダウン症、2つの記事

 ●ダウン症の症状改善物質を発見 マウスで確認、妊娠中に化合物投与

 京大など妊娠中のマウスに与えることで、生まれてきたダウン症の子どもマウスの症状を改善する化合物を京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが見つけた。5日、米科学アカデミー紀要に発表する。

 ダウン症は人間だと23対ある染色体のうち21番目が1本多くあるために起こる。遺伝子が過剰に働く影響で知的障害や先天性の心臓病などを引き起こす。妊娠中、胎児がダウン症かどうかは調べられるが、根本的な治療法はない。

 研究グループは、ダウン症の人では神経細胞の増加を抑える遺伝子が過剰に働いていることに着目。この遺伝子の働きを妨げ、神経細胞の増殖を促す化合物を探し出した。

 妊娠中のマウスにこの化合物を口から与えると、生まれたダウン症のマウスで脳がきちんと成長したのを確認。ダウン症の子どもマウス12匹の学習能力を迷路を使ったテストで調べると、通常のマウスと同水準だった。別のマウスに与えると神経細胞が増えていた。ダウン症の人の細胞から作ったiPS細胞に化合物を加える実験でも、神経細胞が増えることを確認した。

 この化合物を投与しても染色体の異常自体は変化しないが、ダウン症の出生前治療につながる可能性がある。萩原教授はそれを期待しつつ、「臨床で妊婦に使うには安全性や、社会的な合意を得るうえでハードルが高い。まずは脳梗塞(こうそく)などの治療薬として開発を目指したい」と話す。

 妊婦の血液でダウン症など胎児の染色体異常を調べる新型の出生前診断では、染色体異常が確定した人の9割以上が人工妊娠中絶している。一方、知的な発達の遅れが出る可能性があっても出産を望む人もいる。

 胎児治療が可能になれば、妊娠の継続、人工妊娠中絶のほかに選択肢が増えることになるが、国立成育医療研究センター遺伝診療科の小崎里華医長は「マウスや細胞での研究段階で、母体への影響や薬の投与の量、時期、長期的な効果など課題は多い」と話す。

             (2007年9月5日 朝日新聞デジタル より)



 すばらしい発見だな、と思って読んだ。でも、これ自体とは別に、記事の中にある一節が気になった。
 「新型の出生前診断では、染色体異常が確定した人の9割以上が人工妊娠中絶している。」 そうなんだ! いま現在もダウン症の子を育ててる人はいっぱいいるのに、検査方法がちょっと進歩して、染色体異常が事前にわかるようになったら、9割以上が中絶しちゃうんだ。ちょっとショックだった。
 親となる当人がそれぞれに判断することだから、責められないけど、たしかに親は苦労するけれど、ダウン症の子本人は、ちゃんと幸せに生きられるのにな。日本の社会保障制度もバカにしたもんじゃないよ。ダウンの子だって、間違いなく幸せを感じながら、生きていけるのにな、と思う。

 同時期に、こんな記事もありました。



 ●みいちゃん家族になろうよ ダウン症の子、養子に迎える

 「寝る前に『みいちゃん、かわいいなぁ』って言うんです」

 奈良県橿原(かしはら)市の自宅で、樋口藍子(らんこ)さん(32)が、長男の一絆(いっき)君(3)と生後10カ月の心絆(みいな)ちゃんを見てほほえむ。心絆ちゃんはダウン症で成長はゆっくりだが、最近は笑顔が増えてきた。藍子さんいわく「わが家の癒やし系アイドル」だ。

 藍子さんと夫の裕勇(ひろとし)さん(35)が結婚したのは2010年。なかなか子どもを授からず、検査を受けたところ、裕勇さんが無精子症だと分かった。「何も手につかなかった。一生子どもを抱くこともないんかな、と思った」と振り返る。

 障害のある子が生まれる可能性についても夫婦で話し合い、不妊治療に取り組んだ。でも、妊娠には至らなかった。

 夫婦2人でもいいかな、とも考えたが、諦めきれない思いがあり、特別養子縁組を仲介している民間団体に登録。障害児も積極的に縁組しているNPOで、障害のある子と縁組する可能性についても説明を受けた。裕勇さんは悩みつつも「僕のところに来てくれる子どもやったら、どんな障害があっても僕の子や」と藍子さんに伝えた。

 2014年、生後まもない一絆君を養子に迎えた。実母とも心でつながっていたいと、名前には「絆」の文字を入れた。「天使が舞い降りたみたい。人生がバラ色に変わった」と裕勇さんはいう。

 それから2年。一絆君にきょうだいをと考えていたところ、団体から「ダウン症のお子さんを受け入れてくれますか」と聞かれた。藍子さんは「もちろんです」と迷いなく答えた。

 ただ、裕勇さんには不安もあったという。小学校の時、ダウン症の同級生がいじめに遭い、母親が泣いている姿を見た。裕勇さんの母親からも「苦労するのではないか」と、考え直すよう言われた。

 不安が消えたわけではなかったが、話し合いを重ね、気持ちを固めた。同じ団体を通じて縁組をし、友人になった家族からは「みんなで育てよう。みんな家族やで」と声をかけられた。

 昨年末、生後2カ月の女の子を迎えた。今では、裕勇さんの両親もずっと抱っこをして、かわいがってくれる。現在、裁判所に縁組を申し立て中だ。

 筋力が弱い心絆ちゃんは舌を出していることがある。藍子さんは「ペコちゃんみたいでかわいい」と思っていたが、近所の小学生たちがまねをして笑ったことがあった。「笑われることなん?」とショックだった。

 障害のある人と出会う機会が少ないからでは、と思う。心絆ちゃんがどんどん外に出て、いろんな子がいることをみんなに知ってもらいたいと考えている。

 将来、心絆ちゃんがつらいことに直面したら、こう話すつもりだ。「まわりを見てみたら、支えてくれてる人がいっぱいいるんやで。それは幸せであたたかいことなんやで」

             (2007年9月7日 朝日新聞デジタル より)







◆改憲への急な動きに警戒

 安倍晋三首相が9条に自衛隊を明記するなど憲法改正に向けた提案をしたことを受け、自民党は、党としての改正原案を年内にまとめる方針を決めた。
 党憲法改正推進本部で、保岡興治本部長はあいさつで「遅くとも年内をめどに、(衆参の)憲法審査会に提案できる具体的な党の案をまとめたい」との方針を表明。異論は出なかったという。

      (6/7 朝日新聞デジタル より)

 上記を、引き続き掲載します。この改憲のスケジュールは、依然変わっていないことを、どうか忘れないで下さい。



■「安倍改憲は反対」
       ――元首相 細川護熙さん

 いま一番言いたいことは、戦後の価値観、憲法による平和で自由な社会を守り続けるべきだ、ということです。
 安倍さんは憲法記念日に、憲法九条に自衛隊を明記し、2020年の施行をめざすといきなり言い出した。安倍さんは秘密保護法や安保法、共謀罪法を国会で強引に通過させました。「教育勅語」の認識だとか、靖国神社参拝への対応だとかを重ね合わせると、安倍さんは本気で戦前のような価値観の社会に戻したいと考えているのではないでしょうか。私に言わせれば「妄念(誤った思いから生じる執念)というべきものです。それを安倍さんは「戦後レジームからの脱却」だとか、「美しい国」だと言ってきたわけです。
 安倍さんの方向性は間違っています。行かせてはなりません。戦後70年の平和の体制は決して、アメリカからの押しつけだけによるものではありません。日本人自身が培ってきたものです。

      (10/1「赤旗」日曜版より抜粋)



 ところで、北朝鮮が地下核実験をやってる山って、次もし実験をやると、崩れますよ。前の実験の影響で地震が起こったり、兆候が出ていますから。そうすると放射能漏れを起したり、自国に影響が出る可能性が出ている。
 また実際には、「弾頭のないカラのミサイル打ち」+「地下核実験」という組み合わせで、威嚇してきてるけど、ホントにミサイルに搭載できるだけの小型化した核弾頭が開発できているのかどうかは、甚だ疑問。また、仮にできているとして、太平洋上に試し打ちしたとしたら、それがアメリカのレッドラインを越えた反撃のトリガーになるかもしれない。また、カラのミサイルをもっとハワイ方向に飛距離を出すか、あるいは同じ3700キロでグァム方向に打つかしても、アメリカのレッドラインを越える危険性がある。
 北朝鮮の打ち手って、案外もう行き詰ってるんじゃないでしょうか。今こそ、対話を再開するべき時なんじゃないでしょうか。まあ、核をいっぺんには手放さないでしょうから、とりあえずは凍結を。次に段階的に減らす話をしていくつもりで。

 また、そもそも北朝鮮一国でアメリカに対峙しようとするから、過激なことになるわけで、朝鮮戦争当時後ろ盾だった、ロシアなり中国なりの傘下にきちんと入れば、多くの国がそうしているように、「大国 対 大国」の構図になって、だからアメリカが迂闊に手を出してくるって心配もなくなるのにね。それだったら国家を潰される心配もなくなるから、北朝鮮だって、核なんか用意しなくとも、後ろ盾の国とともに、一緒に交渉のテーブルに、つけるんじゃないんでしょうか。そういう画策…、いや外交交渉って、できんもんなんですかね?


                                   (島)