□ 新作紹介 □





雨  音


 見えるものは


あぁ 春がやってくる
初々しい若草に足下が
柔らかくつやつやしている
アスファルトの隙間に
小声で囁くように咲くすみれたち

土がほほえんで
空が歌っている

 お日さまのようなあなたちも
 涙をそっとこぼすような
 そんな夜もある

 だから
 私は月のような人になりたいの

 静かにゆるゆる夜空に浮かんで
 そっと
  そっと

何もかもすべてが
見ようとしなければ見えてこない
同じように

何もかもすべてが
見ようとすれば見えてくるのだと

 ある晴れた日に
 午睡している月が
 そっと教えてくれたから

 もう一度
 最初から始めてみましょう























青 島 江 里



 春トオガラシ


冬が来れば春も遠くはない

どんなに辛いことがあっても
幸せな日がくるよ

春遠からじ

君が真顔で
僕に伝えようとして噛んだ
春トオガラシ

僕たちの長い真冬の日々は
固くて苦いトオガラシのよう

不得意も嫌なことも
何でも無理矢理飲み込んで
涙目になった日だってある

いつも潤んで見えなった
そこから先
だから春トオガラシ

この春に口にするトオガラシは
きっと苦みよりも
後からくるぬくみでしょう

あんなに辛い峠を乗り越えられた
僕たちの青みでしょう

君が噛んで言ってしまった
春トオガラシ

一律な真顔で言うよりも
ピリリと笑顔を誘った
青い僕たちの春の永遠でしょう




























井 嶋 り ゅ う



 その年の


蜻蛉をつかまえて
土手に座る

鼻の頭に止まらせてみたり
唇にくっつけてみたり
頬を噛ませてみたり
痛い痛いと言ってみたり
丸い頭を小突いてみたり
食べかけの草を取り上げてみたり
手放すふりをしてみたり
さっきのお返しだと怒ってみたり
食べちゃうぞガオーと脅かしてみたり

ねえ蜻蛉よ
壊れてるんだって
わたし
















 七 月


浜辺の監視員に
麦酒を取り上げられたので
あなたは鬼の面を
私は天狗の面を
海の家の裏口で買った

頭髪で小さな角を作り
両指を軽く内側に曲げて
私を襲うふりをした
あなたの七月

赤くて長い鼻を炎天に向け
白いカーディガンの裾を広げて
空を飛ぶ真似をした
私の七月

水着や団欒を
持ち寄れない私たちが
煩わしい痛みや
可愛らしい見送りを
厚かましいレジャーシートの上で
笑いながら踏みつけた七月

交われない日常の
たった一日の数時間を見繕って
もつれながら絡みながら
奇声をあげながら
人であることをやめた七月

麦酒さえ取り上げられなければ
砂の城くらい建てられたはずの浜辺で
夕暮れの焦燥を
金色の感傷を
面の中で嚙み潰しながら
人に戻り損ねた七月

ばかな

これで生きていけるような気がした
などと私は

















 影 絵


何がどうなってこうなるのか
あれがああなってこうなるのか
それとも
それがそうなってこうなるのか
はたまた
これがこうなってこうきてこうなるのか
街路樹の前で立ち止まって
枝を見ながら考えている
昨日も一昨日もその前も
変わらずこの道に落ちている
大きなハート形の影を作るものの正体を
探している
誰も居ない真夜中の住宅街とはいえ
長居は禁物
たまたま窓辺でカーテンを開いた住人に
不審者扱いで通報されては困る
何がどうなってこうなるのか
なんていう考察は
だからこの際諦めよう
そもそも私は
物事の仕組みがよく分からないタイプなのだ
目的はひとつ
今夜こそハートの中に飛び込むのだ
毎晩何気なくこのハートの外を通り過ぎて来たけれど
たまに後ろ向きで戻って
ハートの中にほんの少しだけ
滞在してみたりしたけれど
今夜こそ今夜こそは
ハートの中に飛び込むのだ飛び込んでみせるのだ
思い切り思い切り
両足で両足でだよ
前良し後ろ良し隣良し上良し
今夜は月が綺麗ですね
なんて
言われたことあったかな?
さあ早く早く
もたもたしてると人が来ちゃうかもしれない
でも何だかジャンプって恥ずかしい
いい歳こいてジャンプって恥ずかしいよね
おばさんジャンプになってたらどすべ?
やばいやばい津軽弁出ちゃった
ていうか、おばさんジャンプって何?
落ち着いて落ち着いて
大丈夫大丈夫
無様なジャンプでも
誰も見てない見てないから
さあ行くよ
いっせーのーで
いっせーのーで
はい!いっせーのーせ!
やった!入れた!ハートのど真ん中着地!
たかがハートされどハートさすがハート
ああ幸せ
何だろう幸せ
どこで落とした幸せ
いやいやここにあるよ幸せ
足元に転がってるってほんとだったんだ幸せ
今夜は月が綺麗ですね
ええ今夜も月が綺麗ですわ
なんてねふふふふ、ふ?
隣にうっすらともうひとつある
ハート形の影はふたつあったのか
しかも寄り添っている
何がどうなってこうなるのか
なんてさ
考えても分からないよ
だから幸せなのかな
だけど幸せなんだな
明日また来るね
ここで待っててね
おやすみ
ばいばい
ちゅっ

ああ、お腹すいた



























Kazu.



 筆 箱


 1 鉛筆

鉛筆なんて使わなくなって久しいのに
机の引き出しの奥の方から
筆箱が見つかって
ちびた鉛筆が出て来た

長い眠りを揺り起こせば
いまでも黒々
紙を滑る

思いつくまま
丸や三角や螺旋を描いて
ついでに人の名前も書いてみる

右手の中指のペンだこが久し振りに疼く

顔は脳裏に浮かぶのに
その名前が思い出せない
苗字で呼び合っていたことに
今更ながら想い至る

友達の友達の…
と五回繰り返せば
アメリカの大統領に行き当る

ホントかウソか知らないけれど
こんな鉛筆一本でも
僕は世界を動かす人たちの名前も書けるのだ

最後に一つ
自分の名前を書いてみる

心なしか掠れている




 2 定規

人生を
定規で線を引くように
きっちり分けることはできない

けれど

定規に目盛があるからには
某かの長さは
測ることができたはずだ

ただそれが15cmだったから
計ってみようなんて今まで一度も
思いもつかなかっただけなのだ

そして気付けば僕の人生なんて
15cmにも満たないなんて
思いもしなかっただけなのだ




 3 ハサミ

裁ちばさみで紙を切ると
布が切れなくなるから
使うんじゃないよ

和裁仕事の祖母によく叱られた

あれから僕は
切れるものでも切ってはいけないことを
知った

そして
切れるものでも切れないものがあることも
知った

僕はあの人との縁
(えにし)を断ち切った




 4 ピンセット

挟む
掴む
引き剥がす

無骨な指には持て余す
細めても定まらぬ視線の先を
神経を集中して
そっと ぺらッと持ち上げる

そんな風にして
僕は人生を
一枚一枚
剥がしてきたんだと思う




 5 コンパス

フリーハンドで描くよりも
コンパスを使えば
素晴らしい丸ができるのだ

フリーハンドというものは
その日その時の気分に左右され
僅かな躊躇いに手がブレるからだ

その点コンパスは
一本の針が芯となり
開いた腕は寸分違
(たが)わず始点に行き着く

あの日のあなたとの間も
僕がコンパスとなって
丸く包み込んでしまえばよかったのか




 6 分度器

今日まで日常で
角度を測ることなんて
あったのだろうか

斜に構えた僕の性格は30度
仕事の上で危ない橋を渡った時は45度
思いっきり人生の壁にぶつかった頃は90度

そう考えると
今なら言える
その時々の角度が

そういえば
猪突猛進していたときは180度だったな
一直線をひたすら駆け抜けていた

ならば
最後はきっと360度だ
僕の来世は何に生まれ変わるのだろう




 7 消しゴム

学校での実験中
僕らは消しゴムの使用を禁じられていた

「間違いは棒線で消せ」

つまり測定の数値は全て
例え明らかに間違いと気付いても
その間違いを記録として残せというわけだ

先生
そんなことしたら僕の人生は
棒線だらけになってしまいます

とは反論しなかったが
社会に出てからは
どれだけ不都合なことを
消し去りたかったことか

小学校の頃
プラスチック消しゴムを持っている子がいて
僕の硬いゴム消しよりはずっときれいに消せて
とても羨ましかったことを覚えている

あの時の君
いまでも君はその消しゴムで
すべてがまるでなかったように
消していますか? 

僕は相変わらず棒線だらけだから
消しゴムは必要なかったけど
ただ
最後だけは誰かの手で
きれいに消して貰いたいと思っているのです


























齋藤 純二



 背後占い『字念屋』 「流」


ごきげんよう
どうぞお入りください
この度は字念屋へお越しくださり
誠にありがとうございます

そうですか
ずいぶんと歩かれたようですね

どうぞこちらへ
お座りになってくださいませ

はい
大学は卒業したけれど
ご自身が何をしたいかもわからず
就職して働かないといけない
そう思っていても
なかなか先へとは進まないと

わかりましたそれでは
あなたの背後文字をみましょう
リラックスしてください

みえてきましたよ
あなたの中核文字は
「流」で流れるの字ですね
胎児が羊水とともに
生まれ出るといった
象形文字となっています

ですからあなたは
何かを生み出すといった発想力があり
作り出す工程も流れるように
こなしてしまう能力を
お持ちになっていますね
ものづくりする方には
最高の中核文字です

そうでしたか
こどもの頃は発明くふう展で
金賞を何度もお取りになられ
やはり素晴らし才能ですね

大丈夫です
あなたには成すべきことが
きっとみつかるはずです
ただ興味があるものがなければ
先には進まないでしょう

いろいろな世界をみることが
必要となってきます
美術館や博物館を見学したり
街の工場や飛行場など
さまざまな所へ出向き
刺激を受けることが大事です

そうです
パソコンの画面でみるのもいいですが
足を運ばせてひとが魂の込めた
本物を感じてください
必ずみつかるはずですから
あきらめないでくださいね

そうおっしゃっていただけると
たいへん嬉しいですね
占いをしていて幸せなことです
ありがとうございます

その調子でどんどん
新しい風を感じますと
必ず前へ進むことが出来ます

いいですね
お帰りは遠回りをされて
何か発見があるかもしれませんよ

最近はこの辺も交通量が
多くなってきましたから
くれぐれも気をつけてくださいね

本日は字念屋へご来店いただき
ありがとうございました

ごきげんよう






















シルクブルー



 立ち続ける


事実を私は何も知らない
けれど
大勢の人間が
事実を知っているだろうと
私を責めたてる

彼らの狙いは
私ではない
私の上に乗っかっている
事実を本当に知っている者たち
足下の私が倒れれば
その者たちが
落ちてくるだろうと
私を責めたてている

無駄なことだ
私がぐらつき始めるやいなや
私に乗っかっている者たちは
別の誰かへ乗りかえるのだ
私は捨て駒にすぎない

私は大勢の人間の前に
責めたてられながら
何も言わずに
立ち続ける
事実を知らないのだから
何も言えるわけがない
逃げ出したいと思っても
どこへも行くところがない

それでも
倒れないように
立ち続ける
私にできるのはそれだけだ

誰も頼ることができず
逃げ場もない私は
時の流れに
身をゆだねている
時の流れが
思いもかけない変化を
もたらすかもしれない
この状況から
私を救うことが
できるかもしれない

大いなる理不尽に
耐えきることで
大きな力が
私の中に生まれるだろう

倒れたら
すべてが終わる

責めたてる大勢の人間の前に
立ち続ける
立ち続けなければ
耐え続けなければ
何も変わらない





















澤 一織



 中卒二年目


黒い街の裏路地から
雑居ビルの向こう側へ
沈んでゆく夕日を眺めていた
背伸びをした十六歳 
少年の爪先から
アスファルトへ卑屈に伸びた影は
いつから馴染んでしまったのだろう
黒い街が放つ発色に

最初は
自ら逆らったはずの
擦れちがう人々の流れに
もう二度と
戻れないのだろうと
痛みを塗した感傷を覚えた頃
擦り減らしたシューズの踵は白線の上

あの時 一歩 踏み越えていたら
今頃 僕はどうなっていたのだろう
あの夜 ラメが輝く
剥がれかかった赤色のネイルを塗った
君に出会わなければ
今頃 僕は影すら無くしていたのだろうな

中卒二年目の桜が散る夜
黒い街の黒い空すら
笑い飛ばしてしまう中卒の君と出会って
二つの影を寄せ合った 
ただ それだけのことなんだけど
なんとなくさ
黒い街の裏路地から
雑居ビルの向こう側
光を纏った朝日の下で
君と二人
生きてみたいと
そう思えたんだ

  *

今でも
たまにあの頃を振り返るよ
もちろん 君と一緒に
桜舞い散る太陽の下 二つの影を重ねて
あの朝と変わらず
君の笑顔は 
青空がよく似合う
















 人間の証明


ありふれた日の太陽の下
先日まで確かに聴こえていたはずの
誰かの息遣いが
聴こえなくなっているような
錯覚に陥る
そんな瞬間がある

耳を澄まして 
しっかりと聴いていれば
すぐ傍に彼等は在るのに
まるで彼等の消息が途絶えたかのように
行き交う人々は素通りしてゆく
僕も人々の流れから外れないように
その場をあとにする

明くる日
よく在る太陽の下から
彼等は本当に姿を消してしまう

そして 
そのことに気がつくのは
決まって
ありふれた日を幾つか経た
よく在る太陽の下
彼等の息遣いが聴こえた頃

 それは
 人里離れた場所にある隔離施設で
 余儀無く暮らしていた人々が
 地域に解放されたという報道を観た時。
 性別に違和感を覚えながらも
 息を潜めるように制服を着ていたあの子の胸の痛みが
 学術研究で誰もが起こりうることだと発表された瞬間。 
 テレビ中継で映った最高裁判所の前で
 勝訴と天高く広げたハタに集う人々の皺に滲む涙。
 宗教上の理由から離婚届けを書けずに
 必要な手当てを利用できないまま
 子供を育てていたアジア人女性の日本語でない悲鳴と
 やがて 子供の声から順に途絶えた午後の日差し。
 真夜中 家路に向かう途中 車椅子で歩く若者の足音。 
 うろ覚えだが 
 少年時代に繁華街の片隅で耳にした街頭演説 
 ある立候補者が 
 この国に貧困はないと言い切っていたその数年後 
 児童養護施設に届いた 
 差出人 タイガーマスクからのランドセル。
 そして 今日 今 この瞬間も。 

誰かの息遣いが聴こえてくる

その証明は
きっと人間にしか出来ないであろうし
その息遣いを消してしまっているのは
ありふれた日の太陽の下で暮らす
今日 今 この瞬間の僕や君なのかもしれない

そんな
人々の流れに隠された息遣いに 
耳を澄まし
照らせ
ありふれた日の太陽の下
人間の証明を
























葉月 祐



 みんなでゆこう


真っ白な
一本の道を
今日も歩いている

どこまでゆくのか
いつ途切れるのか
今は何も
わからないけれど

恐れずに
顔を上げて
風に背を押されながら
白紙の未来へと 進もう

ひとり分の足音も
ひとつ ふたつと
重なるように
連なるように
ほら 増えていく
誰かに出逢い
離れては
ふたたび出逢い

この日々を 進んでゆくのさ

  空が泣き出したなら
  誰かが置いていった
  青い傘を さして

  雨が上がったら
  後から来る誰かの為に
  傘をここに 残して

次の電柱までの 新たな一歩を踏み出そう

ずいぶん歩いてきた あなたも
歩き始めたばかりの きみも
どこかで出逢う誰かと共に
ひとりじゃないねと
笑いあって

目の前にある
真っ白な一本の道を
ゆっくりと 歩き続けてゆきたい

















 手のひらの花


手のひらがふたつあるのは
大切なものを守るため
大切なものほど
壊れやすいものだから

それでもひび割れる
どうしても崩れていく
誰かの わたしの たからもの

時には守りきれずに
手のひらから こぼれ落ちてしまう

 そんな時
  傍にいる誰かに
   何度も何度も 救われた
 たくさんの手のひらが
  ひとつ ふたつ みっつ
   増え続けて 満開になる

人の手は まるで花のようだ

おそれずに 手を伸ばそう
この手も諦めずに
小さな花を咲かせるだろう
誰かのため わたしのために

  大切なものを そっと守るため
  壊れた想いを 拾い集めるため
  見知らぬ誰かと心を重ねるため
  愛しさに繋がる全てを包むために

物言わぬ手のひらは
結んでひらいて
咲かせてを
くりかえし くりかえす

たからものを包み込むように
また 花が咲くだろう

壊れやすいものを
守り 癒やすために
いつかいのちを紡ぎ
強く繋がるためにも

きっと 手のひらは ふたつあるのだ

















 祖父の鉋


大工仕事が得意な
あなたの鉋は 時に不器用で
父と言い争いになる時だけ
鉋に迷いが出てしまうような
少し脆くもある 優しい人でした

  じっちゃん、
  きっとわたしは、
  あなたに、似ましたね。

木を削るあなたの横から
離れる事は少なかったから
今でも よく憶えています
物事に対する真っ直ぐな姿勢や
漂わせていた 木材やエコーの匂い
父を傷付けてしまった後の あの表情も…

  じっちゃん、
  あなたの不器用さは、すべて、
  わたしに受け継がれたようです。
  あなたの優しさまで、
  わたしは受け継ぐ事はできましたか。

  たとえ不器用でも良い、
  あなたのようになりたいのです。

あなたは常に 木材にも人にも
恐れずに向き合っていた
時に人から言葉の鉋を向けられても
けっして やり返さなかった

あなたは最期まで
大切なものを守る鉋を
その手に握る 強い人でした

  じっちゃんを詩にしたと言えば、
  あなたは驚くでしょうね。
 『ワァの孫っ子ァ、コンだ事もでぎだズガ!!』

  きっと こう言って…。

木は削れないが
心に寄り添う鉋となり
誰かの悲しみを削れたらと 今も思う

生前のあなたが
不器用ながらも そうであったように

言葉を目の前にする度に
 真剣に大工仕事と向き合っていた
 笑顔のじっちゃんが浮かびます
あなたが遺してくれた想いが
 わたしに受け継がれた事は
 一生ものの 誇りです 宝です


今 あの鉋は わたしの中にあります
じっちゃん あなたとの
思い出と ともに




 
※……方言。『俺の孫にはこんな事もできたのか!!』の意





















ひ な の



 無香花


桜の花は咲き誇り
夕日にその輪郭を
赤く染め
幽玄な美しさで
佇んでいる

はかない夢、と
咲いて舞い散れ
恋ごころ

誰に聞かせるでもなく
はなたれた言葉は
私の思いとうらはらに

ひとり 静かに
視線を落とす

私は香らずの花
音もなく咲き
色もなく散ってゆく

 どうやって
 あなたに知られることが
 できましょう

指を通せば絡まる髪
何度も手櫛でといて
小さな髪飾りをつけた

気付かれなくていい
知られなくてもいい
けれど もし
もしあなたと
目が合ってしまったら

 その一瞬を
 後悔したくはないのです

私は香らずの花
誰に知られるでもなく
そこに在る花

私は香らずの花
あなたと視線を交わす
その一瞬を
ひとえに待ち続けて





















く  れ



 春の蝉


春に蝉が鳴くとすれば
三月十一日なのだろう

七年前の夏は
蝉は木を登る事が出来なかった

鳴き声は弱弱しく夏を消し
木のある坂道には
蝉の亡骸が沢山落ちていた

風にカラカラと音を立て
転がり落ちていく その音は
夢の中まで入り込んできた



今年の三月も
この日一日だけ春の蝉は鳴いた

幻覚ではない
鳴かなければならない理由が
この日にはあるのだ

蝉は夏に鳴く
原発震災後には
この定説が少し変わってきた

心底にある思いが
季節外れであっても強く働くのだろう



春に鳴く蝉の
鳴き声を聴いた事はない

それでも蝉が鳴いているのだ

蝉の亡骸が鳴かせるのだろうか?
震災に対する思いなのだろうか?
この一日の為だけに

地下の蝉が眠る場所から
大地を震わせ
木々を震わせ
心底の中で鳴く春の蝉

その振動を 私たちは
目や体感で捉えようとするから
蝉の鳴き声が
聴こえないのかも知れない



春の蝉は
今年も三月十一日に鳴いた

夏になると
蝉が競って木を登る姿を見る事が
復興の
一つの姿なのかも知れない

春に蝉が鳴く
一日だけの
鳴き声を聴き洩らしてはならない

















 忘れない


たくさんの忘れない
が あって
七年が過ぎて行った

七年目の
その日

深い心の傷を
癒すように
山や海に向かった手を合わせた



住宅地近くの
山の木々の一部は切り倒されて
岩肌が見える

地図上の平坦な大地には
人が住めない場所が今もある

川魚が泳いでいる川は
人が住めない大地を流れ潤す
その水を
人は飲まない

山の水は地層深く
何年眠るのだろうか
放射能が取り除かれる時間は長く
飲料水には
まだなれないでいる

人のいない町もあって
信号機が点滅しているだけだ
手を挙げて渡る子どもの姿はない
鬼ごっこの遊びは
忘れられたまま



浜通りの海岸線
海には
七年前の波は無く
波の子どもたちが成長して
泳いでいる

津波が押し寄せてきたとき
魂を拾い上げた船が
姿を消した辺りが水平線で
今は目の前にある

地球には
沈んだ地盤を
押し上げる力はもうない

近海漁の舟は
海の上を点々としているものの
まだ試験操業だ

魚を口に入れるには
まだ勇気が必要だ



変わったものと
変わらないもの
比較してみても虚しさだけが残る

その日は
哀悼の日だ
震災前と
あれやこれやと比較して
心の傷を深くしてはならない

無心になって
山や海に向かって
手を合わせる



たくさんの忘れない
が あって
七年が過ぎて行った

キャンドルホルダーに火がともり
まわりが夜を連れてくる
八年目に入った

たくさんの忘れない
は たくさんの悲しみを
引き連れている

悲しみの糸から
天上にいる人への
メッセージを送る

特別な日なのだ

























藍音 ななを



 宛名違い


あなたが私を
娘だと認識しなくなってから
どのくらい経つでしょう

妹の
 私 だーれだ
その問いには
時間が多少かかっても名前を思い出すのに
私の
 私 だーれだ
その問いには決まって
 ひでちゃん
そう答えるのだ

伯父に聞いたところ
母が幼少の頃住んでいた家の
近所にいた一つ二つ上の女の子らしい

いろんな記憶や概念が
飛んだり 交錯したり
人や出来事がすり替わってしまったり
認知症はそういう病気なのだ

叱ったり
間違いを無理に正して矯正すると
認識のゆがみからパニックを起こす
そう聞いていたので
別段正すこともなく
私はひでちゃんのままでいる

父は
 お前が馬鹿だからそんな風なんだ
 一回一回厳しく言い正して
 直させないから舐められている
 だからお前はいつまでも
 ひでとか言う奴に間違えらたままだ
 思い出すまで違うと言い続けろ

そう言うが私は
母が楽しそうにしていればいいから
ひでちゃんのままでいいやと思う

認識の強制は
あなたがそうなったときに
重々してして差し上げますよ
お父さん

若いときから
事あるごとに父に辛く当たられ
 はい

 ごめんなさい
そればかり繰り返して
生きてきた母

だんだん父に似てきた私を
いろんな感情の裏返しで
憎しみの対象にしていた
まだ 若かった母

そのせいもあって
ひねくれ放題で
私は二十代後半まで
あなたを
 おかあさん
そう呼べない娘でした

大人になって
広い世界を見たときに
あなたの辛さや悲しみの
ほんの一端を知り
やっと自分の気持ちに整理がついて
 おかあさん
そう呼ぶことができました

その年数に比べたら
本格的に介護を始めて
まだほんの十年弱
あなたが私のことを
 ななをちゃん
そう呼べる日数には
まだまだ達していませんね

私はあなたがいつか
ふと 思い出して
本来の名前を呼んでくれるまで
ひでちゃんでいようと思っています


ひでちゃん
今日もご飯がおいしかったわ
お風呂の後に髪まで乾かしてもらって
気持ちよかったわ ありがとう
お布団まで用意してもらって
本当に幸せよ ありがとう
毎日お世話になって本当にありがとう

これだけ毎日感謝してくれるんだもの
ちょっとくらい
宛名が間違っててもいいかな
そう思いながら
眠りについた母の寝顔を見て
家中の電気を消して
鍵をかけて一旦帰る
深夜十二時

宛名違いのありがとうを
割烹着のポケットにたくさん持って
台所で立ったまま
おいしい紅茶でほっと一息

ポケットのありがとうの
宛名は違うままだけど
ひでちゃんから
やっと私に戻った



























瀬  未



 深 爪


昨夜のこと
ほんの数ミリ
かるく整えるつもりが
うっかり
切りすぎてしまった

右のひとさし指に
目覚めから
かすかな違和感を覚えつつ
朝のしたくを始める

まずは
お気に入りのシャツ
クローバーの
飾りボタンを留めるにしても

やわやわとした
絹こし豆腐を
そうっと掌にのせ
賽の目に切っていても

歯ブラシへ
にゅっ、と
チューブの中身を絞り出す
その時にも

なんだか
こころもとなく
ぎこちない

いつものことが
いつものようではない

おとといも
昨日も
そして今日も
同じ考え事をしているけれど

首すじから肩にかけて
春先の肌寒さよりも
ずっと気になる
この指先のささいな変化

いつもより
風をからだの近くに
纏わせているようで

いつもより
用心のアンテナが働いている
そのつもりで

ゆっくりと手を洗い
口をゆすごうと
両の手で掬って
こぼれた幾筋かが

すうっと
水のナイフとなって指先へ
剥き出しのうすい皮膚に沿う

あ痛、、、っ

ぱっと撥ねて
なにか苦い気持ち
白いシャツの袖口についた