今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







山下 一歩  


 痛 み


生きることは痛みを伴う
大袈裟かもしれないがつくづくと思い知らされた
去年の事になるが、8月の初め、夜中の2時過ぎに
今まで経験した事のない激痛をたっぷりと味わった
急いで病院に駆けつけたところ、尿管結石という
診断であった

日本人には割と多い、尿菅に沈着したカルシウムの
結晶が尿管に詰まる病気だそうだ
これは経験した人でないと解らないがとても酷い痛みを伴う
石が尿道から流れ落ちる時が特に痛く、私も七転八倒の末
意識を失ってしまったほどだ
三大激痛の一つとも言われている
以前から話には聞いていたがこれほどの痛みとは知らなかった
血迷った事も、うわ言の様に、何度か口走っていたと後になって
家族から聞かされた
いざとなるとこれほど弱い者かと自分でも情けなくもなった

元来、男と女では痛みに関し、耐えられる力が違うという(個人差はある)
私の場合は、昔から注射の針でも大嫌いだったので、きっと痛みに耐える力は
とても弱い方だと再認識した次第である
思うに女性は一見すると弱々しく華奢に見えても、やはりそこは子供を生み
子孫を残すと言う指名を持っているだけあって、痛みに対しても相当強いらしい
恐れ入りましたの一言に尽きる

そう考えると、今まで思っていた私の概念を変えないといけない
男とか女とかの概念をもう一度考え直さないといけない
でも、そうなると、なぜ、女性はあのように綺麗なフォルムを
して魅力的になる必要があるのでしょうか(個人差はある)
男は痛みに弱いのに何故、一見逞しく声も大きく強そうになる必要が
あるのでしょうか(個人差はある)
推測になりますが、いざと言う時の為に、女性は力を温存しておく必要が
有ると言う事なのだと思う
普段、偉そうにへらへらと力自慢したり、強そうにしている男は日々
力を消耗しているので、いざと言う時には痛みに耐えるだけの力が
不足すると言う事なのだと思う
その上、普段、女性から魅力を取り除いてしまったら
男が見向きもしなくなるし、子孫繁栄の目的も消えてしまう
そんなふうに考えて見ると、天地万物の創造主は実に面白い事を
人間にしているのだなあと考えざるを得なくなる

こんな事を長々と、冷静に言っている私ですが
あの時の事を振り返ると今にも冷や汗が噴き出して来て
今夜にも夢の中でまたうなされてしまいそうである


 三大激痛・・・諸説あり、すい炎、胆石、尿菅結石など
 尿菅結石・・・腎臓で形成された結石が尿菅に下降してきた場合の結石で、尿管を通過する時に
         通過障害を起こすと激痛が生じる





                       〔島 秀生:選〕





 春のはじまり


春はとまる
雪解けの
小川のせせらぎに

春はとまる
優しさを取り戻した
芽吹きの枝に

春はとまる
あなたの笑顔に
そして
私の心に

固く結ばれていた靴紐が
するすると解けるように
解れた冬の隙間から
幼い春が歩き出した

いぬふぐりのジュータンに
ごろんと寝転んでは

はるよ
はるよと

好きな人の名を呼ぶように
顔を赤らめ
春に
頬ずりしたくなって来た





                       〔雨  音:選〕





 白モクレン


風が
春の歌を口ずさむ
温かな日

ぴんと背筋を伸ばした
素敵な貴婦人が
胸のポケットに
お洒落に仕舞い込んだ
白いハンカチを
ふわりと
私の前に落として行った

思わず
「落としましたよ」と
声をかけようとして
すぐに止めた

うふふ
古典的だけど
ドキドキするほど
素敵な誘い方

「ねえ
よそ見しないで
私の方だけ見て」と
言いたげだね

楚々とした
色白美人だけれど
やることは大胆

何時の間にか
心まで
白く染められてしまった





                       〔Kazu.:選〕





 は る


ほら
そっと
気付いてごらん
春風が
香水を付けないのは
花への思い遣り

ほら
静かに
見つめてごらん
春雨が
お化粧をしないのは
花への愛情

春の光を受けた
潤んだ雨に
笑顔を見せ始めた
花たち

暖かさに誘われて
余所行きの顔をした風が
忙しそうに
お花畑の上を飛ぶ

花の香りを集めては
風は
それを
水色の空へ溶かしている

やがて
街は
香るように
春色に染まり
優しさに包まれて行く





                       〔青島江里:選〕











夏  生


 友だち


しばらく会っていなかった
友だちが
ふわりと私の胸の中に
入って消えた夢を見た

心配と懐かしさと
会えなかった寂しさで
心がいっぱいになって

メールを送信
すぐに返信
と思ったら
送信不可の突き返し
繰り返し

友だちとの記憶が
揺れて崩れて

暗い言葉が
整列して
つめたい風が吹き
灰色の言葉が
きれいに語り

不、義理の
償いの言葉が
座り込んで

嫌われた

離れてしまった

花占いの
空っぽなリズム

響いて

もう一度
メールアドレスを打ち直し
送信
完了に一息ついて

返信なく
また、騒ぎ

夜中に
「メールありがとう…」
の文字がぼやけて見えて

騒ぎはおさまり
灯りがともり
間の抜けた音が
口からこぼれた





                       〔島 秀生:選〕





 さんかく


どちらでもないから
さんかく
どちらでもいいから
さんかく

あいまいな表示と
嫌わないで
さんかくだって
立派な意志表示

迷っています、の
さんかく
よく考えさせてください、の
さんかく

あと一歩頑張ってみて、の
さんかく
切り捨てるには惜しい、の
さんかく

バツがゆっくり
ほどけていく様を
表している
さんかく

さんかくの
鋭い先っちょ
こわがらないで

トライアングル
おむすび
さんかくコーナー

先端はやわらか
痛くないです





                       〔雨  音:選〕











ひ な の


 しあわせよ


白い月が耳打ちして

私は夢を歩くの
しあわせに
出会うために

しあわせに色があるのなら
何色なんだろう

しあわせに匂いがあるのなら
どんな匂いがするのだろう

手触りはどんなで
どんな心地がするのだろう

わからないから
見つけられないのだろうか
知らないから
気付かないだけなのだろうか

私にしあわせをください
私をしあわせにしてください

夢の世界で
声に出してみるけれど
「いいですよ」 と
言ってくれる人は居なくて

月は横顔を見せるだけ
私はしあわせになりたい
だけなのに
なみだの朝を迎えるのは
もういやなのに

それなら
永遠に夢のなか
醒めなければ
永遠にしあわせよ

朝が来ないのなら
私はしあわせよ

私はしあわせよ





                       〔齋藤純二:選〕





 so……goodbye


海風が遠くから
春を連れて来るから

黒いタイツを脱いで
肌色ストッキングに替えて
マフラーはほどいて

メイクはいつもと
変わらないけれど
小さな港町では
浮いてしまうくらいの
よそ行きの服で

 私はここを発つのです

密やかな決意を胸に秘め
私を知らない場所にゆく
私の知らない街にゆく

 さよなら
 私をよく知る人
 私のよく知る匂い

よく聞いた汽笛の音は
今日は私のために鳴る
無事を祈る声に似て

広い海原を
渡ってゆくのだから
思い出はひとにぎりでいい

濡れてもいいように
大切なものは置いてゆこう

船は進んでゆく
小さくなる街を
まばたきもせず
見つめていた

やがてその輪郭が
見えなくなるまで

 さよなら
 これで さよなら

船は進んでゆく
穏やかな海に
白い飛沫を立てながら
私の迷いを払うように
ただ まっすぐに





                       〔島 秀生:選〕





 ひとり心中


春いちばん
吹き荒れて
孤独な心を揺らしていく

月は上弦
桜のつぼみは
少しずつ膨らんで

今年もまた
春が来てしまう
あなたの居ない春が

月は満ちては欠け
桜は散っては芽吹く
あの日と同じものは
私の心 ひとつだけ

白い雪は春になれば
溶けて消えるけれど
私の想いは
ずっと溶けないまま

悔いています
あなたと小指を交わしたことを
永遠の儚さも知らずに
ささやきあった約束
ひとつひとつを

 月やあらぬ春や昔の春ならぬ
 わが身ひとつはもとの身にして……※

こんなにも胸が痛むのです
抉りとられるような
鈍く鋭い痛みです

苦しいのです
息をすることすら
痛みを伴って
だから
春が色濃くなる前に

渡りゆく
今際の川の水は
まだ冷たく
月の光はさやさやと
さやさやと
穏やかにそそぎます

風は凪いで
頬をつたう涙も
いつか乾いて
不思議と
穏やかな気持ちです

姿かたちは
変わるとしても
心は変わらず
あなたのそばへ

無情な運命よ
せめて
迷わずゆけるよう
私を導いてください

もう一度
あなたと巡り会うために


 
※在原業平 作





                       〔雨  音:選〕





 春の雨に濡れ


雨が髪を伝って
そのひと筋ひと筋を
浮き上がらせて
ゆきます

春先の雨は
いまだ冷たいけれど
ほのかな土の匂いが
冬は留守がちなのを
告げて

すべての生命に

──醒めよ、と

花開いては咲き誇り
色を変えては散っていく
その輪廻の始まりを
囁きかけるのです

それは私も例外ではなく

どんなに夜を望んでも
やがて朝が来るように
どんなに冬を望んでも
季節は私を連れてゆく

前髪からしたたる雫が
頬を伝って
泣いているようです
毎年のことなのに

 明けぬれば暮るるものとは知りながら
 なほ恨めしき朝ぼらけかな

朝になってしまっても
また夜が来るとは知っています
春になってしまっても
また冬が来ることも

知っていても
それでも恨めしい
恋わずらいにも
似た気持ちです

顔にかかる後れ毛を
そっと払って
雨雲を見上げます

ぱらぱらと
降り止まない雨に

あなたもそうして
泣いているのでしょ、と

呟きかければ
すこしだけ軽くなった心で
傘をさして
歩き出します





                       〔Kazu.:選〕





 桜前線


そのかわいらしい
花びらを
ふるふると
ふるわせながら
桜は花開き

青い空に誘われ
そぞろ歩けば
草の青い匂いが
鼻先をくすぐる

その匂いに
小さい頃に作った
シロツメクサの花冠を
思い出していた

花冠だけじゃない
オオバコ草で
相撲をとったり

ボンド草で
何かと何かを
くっつけようとしたり

おいしいよ、と
勧められて
花の蜜をなめた
ただ甘かった

春は訪れるたび
違う顔を私に見せるから
なんだか
わくわくした

重いコートを脱いで
カーディガンを羽織って
少し軽くなった体で
走り回ったっけ

大人になった今は
春の表情の機微を
ともすれば見落として
いつの間にか
暦も進んでいって

ふと気付いたときには
もう春になっていたりする

今年の春はなんだか暑いな
桜の開花も一週間早いらしい
そんなことばかり
口にして

口にしているけれど

「花見、来週でも間に合うかな?」

「たぶん、ちょうど見頃だよ」

なんて会話を
あなたと交わしたりして
申し訳程度に季節を味わう

今は
それで幸せなのかも

いいえ、たぶん
それが幸せなのかも





                       〔三浦志郎:選〕











中  也


 LINEに桜の花びらが舞いおちる 〜巣立つ君へ〜


桜の花びらが
舞い散る

君に逢いたいな

夢を語る君
理解してあげられない僕
少し俯き
部屋を出ていく君

少し大きめの
トートバック一つ
擦り切れたジーンズ

桜の花びらが
はらはら
はらはら

単線の線路
無人駅
二両編成の電車

この街を離れる

自分の夢か
若気の至りか
希望と不安

新たな旅立ち

イヤホンを耳に
未来が不安
弱い自分
見せたくはない

少しだけ
風が悪戯
目にかかった髪
かきあげる

今までありがとう
短いことばの着信

がんばれ
とだけ
返信

画面におちる泪
既読の文字
長押しで削除

桜の花びらが
はらはら
はらはら

溢れおちる





                       〔く  れ:選〕











三澤 新太郎


 モノトーンの庭


真言宗のその小さなお寺は本堂が南にむき
境内に静かに息ずく庭は
弘法大師の視界にあっさりとおさまる
まばらに生い茂る丈の低い樹々
落ち葉が溜まってどんより濁った池
冬の庭はその地味さも手伝ってかやたら狭く見える

このお寺に父と母の位牌を預かってもらい早二年
位牌は御本尊さまの向かって左隣り
右膝のすぐ横に立って
お大師さまとともに庭を眺めている
金銭的な事情からお墓も仏壇も
父母専用のものが用意出来ずにいる
ぼくは位牌を拝むたびに自分の過ちを後悔し
自分を故郷から追いやった連中を呪う

御本尊様の周囲には四十から五十ほどの
大小さまざまな位牌が並んでいる
みなそれぞれの事情から守ってもらっている
ぼくと同じような事情の人も少なからずいる
借金のカタに位牌を受けとりここに預けた人もいる
十年間預けっぱなしで音信不通の人もいる
処分した位牌も相当数あるらしい

来る日も来る日もお大師さまは
じっと黙って南側の小さな庭を眺めている
居並ぶ位牌たちも眺めている

春には丈の低い桜の木が花を咲かせ
黄色いや桃色のチューリップが地面から空にむかい
木々の若葉がこれでもかと萌え始めると
澱んだ池に杜若がすっくと立つ
夏風が真っ黒い雲を運んでくると
瞬く間に本堂屋根を直撃する俄雨
晴れ渡る瞬間に太陽が雲を真っ赤に染めて
秋天の冷たい匂いが山にたちこめる
楓鮮やかに池の水面に浮かび
やがて小さな庭はモノトーンに戻って行く

地球が滅亡しない限り四季の色彩の移ろいは
こんな小さな庭でも永遠に続いてゆく
父も母もお大師さまといっしょに
この移ろいを眺めてきた
お大師さまの右膝の横から

ぼくもまた四季彩の移ろいの中に生きている
心のなかに澱んでいたどす黒い呪いの色は
血潮の乾いて固まってしまったような後悔の色は
桜の枝を研ぐ風に吹かれて飛んで行った





                       〔島 秀生:選〕





 緑の光線へ旅立つ


母さんの身体は北向きに寝かされて
かけられた布団も天地が逆さまで
お坊さんがお経をあげているその部屋は
九月の半ばを過ぎてなお真夏のままで

日差しが西の窓からぎらぎら刺さってくる
弟が手にした団扇で日差しを窓外に追い返す
せめて反省してそよそよと
お返しの風ぐらい寄越してよ
お経を聴くのが大義そうな庭の木々が
窓にゆっくりと影を落としはじめる

高齢のためか正座できず
椅子に座ったままの叔母たち三人は
四姉妹の末っ子がいちばん先に逝ったことを
額に汗を垂らしながら驚きつつ
肌に不安と疲労の色を隠せないでいるようだ

一歳半になる孫娘はきちんと正座して
寝かされた祖母の顔をみつめ
ニコニコと笑っている
なにか話しかけようとしている
読経の最中も祖母の
胸の上に組まれた手に触れようとしている

バアバがみんなに見守られながら眠る
その理由も意味も孫にはまだまだわからないだろう
もう二度とお婆ちゃんは目を開けない
もう二度とお婆ちゃんは笑わない
このあと火葬場へ運ばれて
一緒にはこの家には戻ってこない
「どうして?」と聞かれたら
「煙になったから」とこたえよう
お焼香の煙はそのときまで
仏間に微かに漂っていることだろう

孫のように一直線には見られないが
ぼくも母さんの顔を改めて見直した
闘病の痕を感じさせない柔らかな顔
救うことの出来なかった者たちにとって
そのまるい顔がせめてもの救いだ

突然母さんの鼻が動いた気がした
孫が小さく奇声をあげて笑った
「え…」と驚き凝視すると
ちいさなカエルが母さんの鼻の頭から
ゆっくりのそのそと左頬へと降りてきて
じっとそこに居座った
お坊さまもチラリと母の顔を見て
そのまま読経を続けた
三人の叔母たちも何も言わずに妹の顔を見つめていた

カエルは明らかに涼んでいた
ひんやり冷たい母さんの頬の上で
そしてわかっているのだろう
これから旅に出なければならないことを

読経が終わるとお坊さまは袈裟を脱ぎながら
「行かせてやりなさい」と言った
ぼくは素早くカエルを捕まえて
網戸を開けて外に出してやった
庭の大ぶりな葉の上に立ち止まったカエルは
ほんのすこしの間こちらを振り返り
それから大きく跳ねて緑の海原へ消えた
「バイバイ」と小さく手を振った孫だけは
カエルが戻ってくると信じているようだ





                       〔雨  音:選〕





 白い国の鎌鼬


鎌鼬は家族の絆を切り刻む
太古の昔から白い国に棲み続けている妖獣

小さな妹たちが
こちらにポツン あちらにポツン
雪の中に足をはめてしまい身動きできず
ただただ泣いては父と母と
兄のヒロを呼ぶ

ヒロたち兄妹の父は冬の出稼ぎから帰らなかった
雪国を干上がらせた夏の日差しのなか
秋桜が涼しく揺れだした秋風のなか
家族は父の帰りを待ったが帰らなかった
たまらず母が東京へ探しに出たのは
真っ白い無垢の塊が降り出したころ
それは瞬く間に巨大な壁を築き
兄妹を孤立させた

母が上京中 母方の祖母が面倒をみてくれていたが
持病の腰痛が悪化し逆に孫たちに世話をかけた

森の氷麗が雫を垂らし
雪解けの冷たい水が木々の間を流れ始めたころ
幼稚園に入園したばかりの末の妹は
毎日駅の改札に出かけた
今日帰ってくるか明日帰ってくるか
停まった汽車の手動のドアを力強く開けて
母が降りてくるのを待ち続けた
ヒロは中学校の帰り
妹を「駅」に迎えに行くのが日課だった
ヒロの顔を見ると末妹は必ず
駅で見かけたいろいろなできごとを
拙い言葉を駆使して喋り続けた
坊主頭の中学生が髪の毛のとんがった奴に殴られたこと
大きな行李を担いだお婆さんが突然ホームでひっくり返り
駅員たちが四人がかりで行李ごと担いでいった話
駅弁売りのおじいさんが夕日で赤いホームに座り込み
売れ残りを食べて喉に詰まらせていた話を
末妹は夢中になって兄に話して聞かせ
「お金があったらお弁当を買ってあげたのになあ!」
と甲高い声で笑った

祖母の入院した病院へ立ち寄ると
他の妹たちが先に来ていて
祖母からお金をもらって兄妹揃って帰宅した
もはやヒロも妹たちも父のことは忘れかけていた
帰って来なくてもいいと思っていた
母さえいてくれればいいと思っていた

じとじと長雨が蝉の鳴き声で吹き飛んだ日
母が帰宅した 父ではない男の人と一緒に
母はヒロを東京へ連れて行くという
「新しい父」とお店を始めたから
仕事を手伝って欲しいという
妹たちは親戚に預ければいい
ヒロと妹たちはどうしていいかわからなかった
末妹だけは母の背に甘え続けていた

冬になり旅支度を終えたヒロは
家の前に立ちふさがった壁のテッペンに
鎌鼬が赤い眼で睨みつけているのをみた
指や腕を切り落とすのではなく
鎌鼬は家族を切り刻み血まみれにした
白けた表情で別れの挨拶をする妹たちの足元は
雪に掴まれて動けないようで
兄が乗せられた車に近づくこともできなかった
末妹はヒロの顔を見ることなく
長くつを雪から抜くことに懸命になっていた

母と新しい父と汽車の車内で出発を待つ
母は父と握り合う手をコートで隠していた
車窓から駅弁売りのおじいさんを見かけたヒロは
母に弁当を買いたいと言った
三人分のお金を握っておじいさんにかけより
弁当を買い汽車の中に戻る
母と父は仕方なく弁当を食べ始めた
俄かに吹雪き始めたホームで
駅弁売りのおじいさんのダミ声がかき消されてゆく
ヒロはただただ夢中になって弁当を食べた
食べながらボロボロと涙を溢した





                       〔青島江里:選〕











沢口 リリキ


 風の詩


爽やかな一陣の風となり
僕はあなたから
麦わら帽子を奪って仕舞おう

 (本当はこんな意地悪は
   したくはなかったのだけれど)

そうしたらあなたは
飛び去る帽子を追いかけ掴もうと
手を伸ばすでしょう

左手にあなたの帽子を持ち
右手でその白く細い腕を取り
けっして離したくはない

それから海を渡り
見知らぬ異国へ二人で留まっていたい
と、思うのです

 (そうしている最中にも
   ゆっくり低く あなたの家の中庭を吹いている)

あなたは言っていたね
元気になったら
沢山の普通のことをしましょう、って
約束よ、って

 (沢山の普通のこと……)

僕にはあまりにも多すぎて
二人にはすべてが特別すぎて
途方に暮れてしまった

ささやかなことさえ叶わず
約束を果たせず ごめんなさい

やがて この眩しい初夏の庭にも
雨が降ることでしょう
優しい雨に濡れて
僕をずっと忘れてください

どんなに手を伸ばしても
あなたに届きそうにありません

風になった僕は
雨が降るまえに空の向こうへと
吹いていかなければならないのです

涙を拭いて顔を上げて
輝く明日を見てください

 (ああ 風になっても僕は
   あなたを連れていくことなど
     出来るはずもなかった)





                       〔三浦志郎:選〕





 旅立つ人へ


陽が真上に昇ったなら
弓なりの湾岸に沿い
明媚な東方の邦を目指せ
望郷の岬に手を振って

肩の辺りに訪れた
白くまぶしい西風を従い
紺碧の海岸線を
勇者の姿勢でひたすら進め

過ぎ去ったものは
温かな愛の雨に濡れ
眠る花々の内側に秘められている

たそがれの園生に佇む
黄金の欄干に
思い出はたわわに実る
母神像の豊かな乳房のように

お前が後にする故郷(ふるさと)は
うつくしい蔓に巻かれた
夏の回廊で
永遠の微笑みに包まれている

溢れるくらいの
愛に支えられてきたお前は旅人
憂いなく
いざ、歩め





                       〔三浦志郎:選〕











耀 子


 忘れることはない


「もう春ですね」と
挨拶を交わしたくなるような季節に
起こった 東日本大震災
七年前の三月十一日のことだ
その日が巡って来るたびに
あの地獄絵を思い出す

地震大国日本ということは
分かっていたけれど
勿論 分かっていたけれど
でも あの地震は
多くの人の想像をはるかに超えていた

濁流に撹拌されていた
そこに存在していた全ての人や物
映像とは言え
目の当たりにした光景に
私は言葉を失っていた

この地震のおまけが 原発事故
企業の備えの疎かさを露呈してのだ
これまで同様に今後も延々と
事故処理が待っている
多くの住人を巻き込んで
膨大な損害を引き起こして

突然大切な家族や家を失くした人々に
故郷を奪われた人々に
心の葛藤は今も続いているという
幼児だった子どもの心にも
深い翳を落としているという

あれから七年経ったのに
天災も人災も併せて
多くの課題が残ったまま
歳月は流れていった
それはいつまで続くのか
しかし 決して元に戻ることはない

だから 先を見なければいけない
でも
少しずつ立ち直った人もいるが
どうにも立ち上がれない人もいる
街そのものの復興も
計画通りに行かない
それが あの大きな震災後の現実だ

一度だけ
復興支援買物バスツアーに
一人で参加したことがある
また、「ど真ん中・おおつち協同組合」からの
産地直送の魚を買った事ぐらいだ
私のしたことは
そんな細やかな応援だけだった

被災地をめぐって走った
バスからの光景を
忘れることはない
そして
無残な原子力発電所の姿もまた
私の胸に刻まれたままだ




                       〔島 秀生:選〕





 ここに立っている


長い坂道を見上げながら
私は些かの不安に覆われていた
昇りきる事が出来るだろうか
決して緩やかな坂道ではないと

その道が 私に決められた道ならば
昇りきるしかない
まず あそこの杭まで
休まず歩く事
それが第一目標
私自身に指令を下した

私は習得して間もない
歩き方を実践
踵、小指、拇 と力を掛けて行く
順番を守れ
リズム良く進め
良いリズムは心も体も楽にする

第一目標を達成
よく頑張ったね

次の目標はあのバス停だ
第二目標達成
バスが来たが離れて歩く
バスには乗らないと決めている

第三、第四の目標を達成しながら
坂道を昇りきった
人は褒めて育てよ
というが 己を褒めつつ
長い坂道を昇りきった

ああ しんど

坂の上で 目標達成の深呼吸
時には苦しさのあまり
放棄したくなった
泣きたくなった
でも進むしかなかった

歩を止めるわけにはいかない
その意志が
今 私をここに立たせている
苦しみも 悲しみも
私は私なりの喜びに変えて
今 この坂の上に立っている





                       〔島 秀生:選〕





 琥珀色の梅酒


白梅がたわわに付けた梅の実は
翡翠の色に濡れていた
私は一粒一粒もぎ取って
氷砂糖とブランデー
静かに合わせて造った梅酒

それから三年経ちました
自家製のブランデー梅酒は
はい この通り
とろ〜りとろ〜り 琥珀色

水で割らない方が美味しいよ と
言った人がいた
ほんとかなと 生のままで飲んだ1口
おお 何と美味なのか
すっかり病み付き

小さな食前酒用のグラスに
お洒落に飲む
いいな いいな お洒落だな
独り言を言いながら飲む
一人で飲むのも良いものだ

コマーシャルの「酔わない梅酒」
チョーヤの梅酒も美味しそう
でも
手造りの「ほんのり酔える」
我が家のブランデー梅酒も美味しいよ

思った以上の美味しさに
うん 満足 満足
大いに 満足 と
今夜も一人で飲んでいる

琥珀色の梅酒が
ほんのり酔った
私の喉を滑ってゆく




                       〔雨  音:選〕





 椿 よ


隣家の庭に紅い侘助
我が家の庭には薄桃色の淡乙女
道すがらの純白な一休
今 盛りの美しさを見せている
その艶やかな花弁は
観る人を 惹きつける
命の終わりかたとともに

その潔さは
咲きながら 死を覚悟しているようであり
朽ちる準備をしているようにも思える
今まで咲いていた花が
ふっと息絶えるように
黄色の雄蕊を抱きながら
ポトリと根元へ落ちる
僅かばかりの余韻さえなく

椿よ
桜の花の
枝を大空に広げ
わが身を謳歌するごとく
満開に咲く姿も
風に乗って散っていく華やかさも
また一面に散り敷かれた風情も
全てが絵になる美しさを
羨ましくはないのか

いや いや いや いや
椿は椿の美しさを
愛でる人だけ居ればいい
その凛とした姿に与えられた
花言葉は
「控えめな優しさ」「誇り」
なのだから

歳月のかなたの
おぼろな風景の中に
鮮やかに蘇るのは
訪問したお宅の 簡素な床の間に
活けられていた 紅い椿 一枝

備前焼の花瓶とともに
その控えめながら
凛とした美しさに引き込まれ
暫く見惚れていた
まだ若かった私の姿




                       〔三浦志郎:選〕





 朝練 V


練習場
「ゴルフリゾート花見川」も
春爛漫
朝練の時間も休日は6時からと早くなった
穏やかなお天気に誘われ
やる気が私の心身に満ち溢れた

リゾート花見川のゲートを入ると
色とりどりのチューリップが出迎えてくれた
菜の花も揺れているね
ほらほら あそこには黄や白のらっぱ水仙
花韮の白や紫の花も清楚に咲いている

お天気も良いし
見晴らしの良い 二階の打席を選んだ
重いゴルフバックを担いで
階段を上がるだけで 体力が増強するようだ
努力をすれば 報われるはず

打席に立つと鶯の声が迎えてくれた
桜も満開だ  おお美しい!
東京のど真ん中の練習場では
こうはいくまい  と
自慢と負け惜しみと半分半分で呟いた

友人は日本橋の住人
練習場は狭い 何と言っても都心だ
ドライバーは打った瞬間ボールをキャッチ
しかし その後は間近なネットに当たるだけ
実際には「どこまで飛んだのか分からない」
それに比べて
ゴルフリゾート花見川では
打った球が落ちた場所は ピンポイントで把握できるよ

ということは
あれしか飛ばなかった という
厳しい現実も 直視する事になる
まあ まっすぐ飛んでいる事で
良しとしよう
プロゴルファーになるわけじゃない

ゴルフ歴は長いが
スコアは初心者並だ
たかがスコア されどスコア
たかが朝練  されど朝練
スコア精進への一縷の望みを願いつつ
三日後のラウンドのために
今朝も朝練に励んだのです




                       〔く  れ:選〕











@すみっこ


 夜の孤独


街中の灯りが点いて賑やかな人通り
なのに空は冷め切った眼差しで
何かを堪えているようだ
ザワザワと聞こえる会話に
時折り若い子達の甲高い声が混じる

ずっとここにいたの?
街の夜空はだんまりを決め込んで
まるでいないふりをしている
何も語らないで朝に引き渡すのか

憂さ晴らしのように
乾き切った風が吹いていく
寒いのはこの夜空の仕業なのか
言いたい事があるならはっきり言っておくれ

夜の闇を光で切り裂くように電車が走る
千年の孤独のような空には
いつ春が届くのだろうか




                       〔齋藤純二:選〕





 


おまえは生きていく
しぶとく生きていく

おまえは生きてきた
全てを恨むような目つきで
黒い空に朝も夜もない
影は堕ちていく
誰かに受け止めてほしいなんて思う事はない
おまえは生きていく
何を目指しているのか
わからないまま

一人で生きていけばいいさ
おまえの空に俺はいない

いつの日から空はおまえを黒くしたのか
烏はいつしか飛ばなくなった
迷子になってしまうから

俺もこの先ひとりかもしれない
けれど本当は青い空にいるおまえを
青空へもう一度飛び立つ翼を
この目に焼き付けたいんだ

黒い空を忘れさせるように大きく羽ばたいてくれ




                       〔三浦志郎:選〕





 横 顔


言葉じゃなくて
優しい気持ちを包んで
あなたの元へ届けられたら

ふと髪が揺れる瞬間に
そっと視線を上にした時の
微かに感じる風や春の陽射しのように
何気ない優しさを届けたい

気がつかないうちに
ひっそりと
春を漂う風のような優しさを
きっと誰もが包んでいます

言葉にできないから
私は伝えられなくてもいいの
ただ穏やかな日々をあなたが送れているなら

何処から吹いて来たの
そんな風になって届けばいい




                       〔島 秀生:選〕





 春の憂暮れ


やわらかな春化粧
空もビルの窓も薄いオレンジ色に塗られて
明日の行く先は
もう夜に向けて準備している

不思議だよ
空には今日の終わりと明日の始まりがある
遠く離れていく夕焼けの空へ心の中で手を振った
去っていく今日に背を向けて
明日へと続く空の下を歩き出す

歩いてゆく事しかできない
進んでいく月日に
誰も教えてはくれない
明日の自分の事など

今日の平凡なんて
いつかは忘れてしまうのに
どうしてそんなに夕焼けに染まりたがる
昔から知っているのに
どうしていつも心を奪われる
振り返る後ろに何があるの
何度も憂暮れは訪れる




                       〔Kazu.:選〕











理  柚


透明なくちづけ


髪を耳にかけてごらんよ
あらわになった頬に
春の風はどうだろう

ひと刷毛の淡桃(うすもも)色
芯を溶かすよな温さに上気して
まだ消え去らぬ冷たさに凛として
きよらかで わがままなひとみ
見えるものしか信じぬひとみ

そんなきみが
突然 透明なくちづけに
すべてを奪われたらどうだろう
言葉は呑まれ 髪はなぶられ  高鳴りに戸惑う
見えないものを求めるひとみ

ひと息ごとにためらい
打ち消しても振り払っても湧き上がる
その感情のなまえを知るとき

強く噛みしめたきみのくちびるに
初めて 血が滲むのだろう




                       〔Kazu.:選〕











小林 大鬼


七年目の311


祖父はぽかんと口開けて
息をしながら眠っている

母が揺り動かしても
起きようとしない

一時は危なかったものの
水のような輸液と酸素で
命の蔓が繋がっている

マスクの母と弟は座り
私は立って眺めている

別れ際祖父に話しかけると
薄目を開けて反応した

お年寄り達のいる奥から
緩い演歌が流れて来て
震災から七年目の映像と
ゆっくり混ざり合っていた





                       〔雨  音:選〕











こたき ひろし


 夜の明かりが


そのとき
私はついに産声をあげて 母親を陣痛から解放して差し上げた
母子を繋いでいた臍の緒は切られ
私を包んでいた羊水はお湯で洗い流された

そのとき
私は自分が何者であるかを知らされなかった
未だにそれは
答えを得られないままだ

そのときから
この世界は私という存在を乗っけて回り続けている
ヒト以外ではなく
運よく一個の人間に選ばれて

それは何という不思議


その時刻を私は産まれる以前からじっと耐えて待っていたに違いない

それはまるで
バスの停留所で 或いは駅のホームで待つことと
何も変わることはなかったと思う


切符はいつどこでこの手に入れたんだろう
それを知ることは叶わないから
生命の神秘と謎はどこまでも深まるばかりだ

深まる謎の間にも時間は経過して
私は妻と出会い結ばれて
子供を誕生させた

それは命の鎖
私は恵まれてそのひとつになれた

私と妻がひとつの役目を果たして
命を繋いだときから
二人の娘たちがそれぞれ手に入れた切符を
幸せへと導く手助けを私たちはしてあげなければ
ならない

それは家族を作り上げる為に必要不可欠
だと知ったから

私の母親と父親が必死にそれを
してくれたように
そして
命の蓋を閉じて下車していったように



私たちもいずれ
この地球から降りなくてはならない

この世界から
去らなくてはならない

そのときに
後悔しないグッドバイが出来れば
すべては良しとして





                       〔三浦志郎:選〕





 夕暮れの街で


ラジオを聴きながら車を走らせていた
夕暮れの街を

帰宅時間だから時々入る交通情報
JR 線の線路内に人が入って電車が動かなくなったらしい
人身事故の処理の為に平常運転が出来なくなったらしいのだ


車を走らせながら 聴いたニュースは耳を通り抜けて
頭にも心にも残らなかった

いつも通る狭い道は両側に家が軒を連ねていた
その途中にある産院は妻が二人の娘を出産した所だ
すでに二十数年が過ぎていて記憶の奥に畳まれていた

夕暮れの街 古くて小さい産院は通る度にひっそりと静まりかえっていた

そう言えば以前に 知人の奥さんも子供二人を連れて線路内に立ち入った事故の話を聞いた事がある
それも夕暮れの時間だったらしい
知人は家でラジオを聴いていてそのニュースを知ったらしいが、妙な胸騒ぎがして確かめたら妻子だったとか
きっと知人はそれが起こる予感があったんだろう

ある日
夕暮れの街で車を走らせていた私は覚めた気持ちでハンドルを握っていた
私は他人の人生に関われないし
私には関わる余裕もなかった




                       〔青島江里:選〕





 人間だから


私という存在の賞味と消費の期限はいったい何処に刻印されているんだろう
それはきっと見えないところ気づかれないところに違いなかった
もしかしたら海馬あたりかもしれないけれど
私は未熟だから海馬の正体を掴めていない

私はずっとずっとずっと
それは産まれる以前から死なない自分を願ってやまなかった
それはずっとずっとずっと果てしなくずっと
底知れず
死を怖れてきたからだ
死は私の命の成分に否応なしに含まれていて
私の細胞を激しく痛め続けてやまなかった

それはひとえに私が人間だから
人間だから
人間だから
そして
人間ゆえに

私は羅針盤ひとつ持たされずに航海に出されたから
時に生きる方角を見失い難破して暗い海に投げ出された
そんな日も
そんな時も
私は人間だったから
弱くて脆い人間ゆえに
所在のわからない神を探してまわり
すがろうとした
時代があった

悪戯に苦しみもがいて悲しみに打ちのめされた
私という存在を
他人は冷ややかにそして無関心に見ているだけだった
けれどそれは人間の本質
互いが無関心にいられることは救いかもしれなかった

私は誰の力も借りずに這い上がる必要があった
人間だから
人間ゆえに
人間として自らを生かす為に
ヒトだから
ヒトだから
ヒトだから
一個の人間だから




                       〔く  れ:選〕