■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~半分以下しか掲載していませんから、も
っと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあり
ますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

半 田  信 和 
 詩集『たとえば一人のランナーが』 から12篇

         





ふくろうの手


ふくろうが
風呂場の壁を
ごしごし洗っている
白い窓枠を
気合を入れて磨いている

ふくろうに
手はあるか
おそらく

あると思えばある
ふくろうだって
手を動かさなければ
確かな言葉は
浮かんでこないのだから

火焔土器は作れそうにないけど

あると思う手を
せっせと動かしていると
こびりついていた汚れが
少しずつ
剥がれ落ちてくる

ふくろうは
さっぱりとした顔で
手を洗い
瞑想の森へ
降りてゆく











へ び


夕焼けがあんまり静かなので
へびは物干し竿の上で立ちどまる

ぼくの色、ぼくの模様って
なんだったっけ

へびは黒い影になって考える
にぎやかで冷酷な世界について

昨日呑みこんだ言葉が
まだ喉の奥にひっかかっている

ぼくが運んでるものって
なんだったっけ

明日はあてにならないから
へびは?のかたちのまま

今日の空を胸に刻む
夕焼けがあんまり静かなので










三十三間堂のハト


長くのびた屋根の上で
ハトが二羽
この世を遊んでいる
ように見える

屋根の下には
国宝がずらりと並んでいるが
ハトは国宝ではないから
気楽なもんだ

ハトにもそれなりに
日々の苦労はあるだろうが
あの屋根の上から世界を見渡せるのは
ちょっとうらやましい

そんなふうに見られていることを
知ってか知らずか
ハトは相変わらず
羽をのばしたまま

やわらかな光は
珍しくもなんともないハトの翼に
それをぼんやり見上げるヒトの心に
あまねく降り注いで









ぷるんぱり


五年生の子どもたちが
ぷるんぷるんの
ワカメを干す
海女さんたちに教わりながら
重ならないように
ていねいに並べる

なかにはかじってみる子もいて
「うまいな」
とつぶやく
「今が旬や」
と漁協のおじさんが笑う

ヒトは
ワカメを食べる
アメフラシも
ワカメを食べる
てことは
仲間なのかもしれない
同じ波に揺られて

ぷるんぷるんを
天日に晒せば
午後には
ぱりぱりになる
ぱりぱりを指で細かくして
ごはんにかける
こういう食べ方
アメフラシはしないな










ころころ


ダンゴムシになって!
そう先生に言われながら
一年生がマットの上で
ころころ ころころ
後ろ回りの練習をしている

耳の横でてのひらを上に向け
ダンゴムシのようにまるまったまま
くるりと回る
理屈ではわかるが
これがけっこう難しい
なにしろ見えない世界に
ひとりで体を投げだすわけだから

なめらかさに多少の違いはあっても
前回りはほとんどの子ができる
だが後ろ回りになると
がくんとその数が減る
それでもみんな律儀に
順番を守って
ころころやっている

そんな一年生を眺めながら
僕は舌の上に
ころころ ころころ
ダンゴムシという語を
ころがしてみる
見えない世界に
飛びこんでゆく一句を
ひねるみたいに










カピバラ


カピバラは
きまじめなのか
いやはやまったく、と
ため息ついたり
うひょーと叫んで
温泉に飛びこんだり
しないのか
地味だけど
なんかほっとするね
なんて言われて
カピバラは
とぼけているのか
遠くの山々が
紫に沈み
星が小さく
瞬いても









魔法を一つ


どう見ても
さえないおっさん
ではあるが
このおっさんは
魔法を一つ使える
そのへんにころがっている
なんでもない言葉を
ちょこちょこっと
ならべかえると
どんよりした空に
ふいに虹がたつ
ほんのわずかな時間だが
世界がやわらかくなる
それによって
おっさん自体がいきいきと輝く
ことはないが
ま、そんなもんだろと
おっさんは思うのである









春の月


口下手だけど
あったかい

すらっとしてるが
時々ずっこける

気づいてほしいのに
やせがまんして

前へ行かねばと思うのだが
つい、どうぞと言ってしまう

涙もろくて
片意地張って

柴犬の耳が
ただただ好きで

ぼんやり空を見上げるのが
我に返る手立て

そんなきみの頭上にも
やわらかな春の月









四月のしっぽ


光のみぎわに
ぐぐっとからだをのばす

四月のしっぽは
なかなかつかまえられない

 ケド アワテンデ イイ

年をとることは
少しかなしく 少しうれしい

この星にうまれていつか
なくしたもの ひろったもの

 ケド アセランデ イイ

のばした手足が
五月の鼻先にとどくころには

やわらかいしっぽに
ふれることができるだろう









最初はグー


永平寺の老師と
後出しジャンケンをした
老師がグーを出したら
こちらはパーを出す
チョキを出したら
グーを出す
今度は逆に
老師がパーを出したら
こちらはグーを出す
わざと負けるわけだ
さほど珍しい遊びではないが
何回かやると
気持ちがあったまってくる
老師が言われるには
勝つときよりも
負けるときのほうが
少しだけ反応が遅れたそうだ
遊びであっても
負けたくないというわけか
勝ち負けを超えた世界
というものが
ちらっと頭をかすめたが
なぜかわたしは
明日のお昼はひさびさに
卵カツ丼にしよう
と強く思うのだった









居酒屋で


やれやれやっと一息
ということがあったので
かみさんと居酒屋で乾杯した
いつもより少し贅沢な
竹鶴のハイボールで

つまみは刺身と串焼き
アボガド入りのサラダ
それから
離れて暮らす娘や息子のこと

僕らがかつてそうだったように
彼らは彼らの覚悟をもって
それぞれの風を選んでいるわけで
それでも気にかかるのは
僕らがふつうの親だからか

たくさんの品書きの中から
そのときの気分で
飲みたい物と食べたい物を選ぶ
居酒屋では
選ぶことを楽しめばいい

かみさんと僕には
それぞれの好みがあり
それが重なることも
たまにはある









すみれ


わたしのあしもとに
すみれがいる

あすふぁるとの
みちのはしっこ

やわらかく
ひかえめに

わたしといううつわは
からっぽで

はるかなことばを
まっている

いつどこからくるのか
わからないけど

すみれはなにも
まっていない

ただそこに
すみれのかたちをむすぶだけ

やわらかな
ほほえみのように

かぜがやんで
みちはしずけさにつつまれる

あすふぁるとのひびわれに
いきづくものも

わたしのなかに
すみれがいる









 半田 信和 さんの詩集 『たとえば一人のランナーが』 (竹林館)
  2018年2月刊より抜粋   ISBN978-4-86000-374-6 C0092
  定価 (本体1,000円+税)


 楽しい詩集だ。序には、このように書かれている。

青虫、アメフラシ、ウサギ、ウミサソリ、オニヤンマ、カピバラ、クロズマメゲンゴロウ、コスモス、柴犬、白猫、すみれ、狸、ダンゴムシ、チンパンジー、ネギ、ねじ花、ハト、ヒト、マンサク、メダカ、やまぼうし、ヤモリ、ワカメ

 この本に登場するいきものたちの一部を、五十音順に並べてみました。そのままタイトルになっている場合もありますし、詩句の中にさりげなく顔を出す場合もあります。
 こうしたいきものたちが、どこにどんなかたちで登場するかチェックしてみるのも、この本の楽しみ方の一つです。

と、子供の読者へ向けた仕掛けも用意されている。大人も子どもも楽しめる作品づくりを心がけているという半田さんは、このスタンスで、数々の受賞もされている。中でも今回の詩集は、作者のそのポリシーが非常によく反映されている詩集だ。本の体裁も絵本のごとく、正方形の作りである。値段も、全32篇、1,000円という破格。その中から12作をピックアップさせて頂いた。

 作品『へび』。近年、田畑が減り、草叢も減っているせいだろうか、久しく蛇を見ない。日本の蛇の場合、主食は蛙だと思うが、小鳥も好物で、小鳥を飼っていて、よく蛇にやられたのを思い出す。私が子供の頃には、ヤマカガシ、アオダイショウを頻繁に見かけたし、マムシもたまに出た。そういう頃に子供時代を過ごした者にとっては、蛇が、回りの色に体の色を合わせる「保護色」を使うことは常識的に知っているのだが、この詩の第2連においても、その保護色に絡んだ、「ぼくの色、ぼくの模様って/なんだったっけ」という表現が置かれている。それは「にぎやかで冷酷な」世の中において、見失いがちな己の「個」を比喩しているのである。「ぼくが運んでるものって/なんだったっけ」も、自分の働きざまが、人間の幸せに繋がっているのかどうか、ふと訝しがってのことである。「明日はあてにならない」も、先程の「にぎやかで冷酷な」世の中につなげて語っていると、私には感じる。
 蛇は物干し竿の途中で、「?」の形になって考えている。それは心にいっぱい「?」が湧いていても、人間には体現できない形。だからこの部分、こいつはちょっと羨ましいなと、私は蛇に嫉妬する。

 作品『ぷるんぱり』。作品『最初はグー』にも永平寺が出てくるが、半田さんは福井県の詩人。とりわけ半田さんの地元・坂井市は東尋坊で有名なところだ。東尋坊近辺のわかめ漁は、この地の特産で、だから小学校の課外学習にもなっているのだろう。しかしながら、この高貴な人間様と、アメフラシを等価に並べてみせるのは、半田さんならではの庶民視点だ。同様にワカメを食べる種族「アメフラシと人間」は、どの程度に違うかを考えてみて、「ワカメを、よりおいしく食べる術を知っているモノが人間」と結論づけていくかのようだ。
 「ぷるん」のワカメを、「ぱり」と食べる。このおいしさはきっと、人間の明確な至福の一つであるだろう。

 作品『カピバラ』。とかく擬人化がおもしろい本詩集だが、カピバラが「いやはやまったく、と/ため息をついたり/うひょーと叫んで/温泉に飛びこんだり/しないのか」という想像は、あまりに楽しすぎる。極めつけである。
 まあ、ホントはカピバラにはカピバラの事情があって、熱帯育ちのカピバラには、日本の冬は寒すぎるのである。水かきがついていて、泳ぐのが得意で、カバみたいに水辺にいる動物なので、水に浸かっていないと肌も傷む。それに、もともと水に浸かった状態で、鼻だけ出して眠るそうだから、その目を細める姿が、温泉好きの日本人の心をくすぐるのだろう。
 癒される、というだけでなく、カピバラが湯に浸かる姿を見て、あ、温泉行きたいと思った人間がどれほどいたことか。アマゾンあたりの熱帯育ちのくせに、あんなふうに温泉に浸かりたいと思う日本人の心を代表しているのは、あれはいったいどういうことか。

 作品『魔法を一つ』。そもそも、日本語の語彙については、広辞苑の新村出さん等がご専門である。一方で、詩人がもしも言葉の専門家としてあるならば、それは日本語のそうした意味や量ではなく、その扱い方においてなのである。使い方、組み合わせ方によって、生気を失くしていた言葉に命を吹き込む。詩人が言葉の専門家としてあるのは、この「言葉に命を吹き込む」という領域においてなのである。だから半田さんが云われる「そのへんにころがっている/なんでもない言葉を/ちょこちょこっと/ならべかえると」という詩行は、誠に詩人の本質に則している。そして、その成果として、「虹がたつ」、あるいは瞬時「世界がやわらかくなる」ならば、それは詩人の本懐と言えるのではないか。私はそう思う。そのような魔法使いに、私もなりたいと思うのだ。たとえ、自分の皺ひとつ、伸ばせない魔法だとしても。

 作品『春の月』。不思議な詩である。他の動植物を自分の姿に擬人化してみせることが多い、本詩集にあって、この詩だけは、自分のことかどうか、よくわからない。最初の3連は、確かに「月」を比喩して始まるのだが、4連以降になると、もう明らかにそうではなくなる。終連で「きみ」が出てくるので、やはり自分ではない人のことを書いているような気がして読む。「きみ」を、愛情を持って眺める一人の相手、と解釈することもできるのだが、とはいえ、なんだか自分ともよく似ている。
 キーになるのは第4連である。「前へ行かねばと思うのだが/つい、どうぞと言ってしまう」、このセリフは自分以外の、何者でもない。その癖は、自分にしか自覚できないものであるだろう。結論、私はこう思う。自分のみならず、これら詩行に該当する全ての人に向けて言っている、と。自分を含んでいるが、自分だけではない、よく似た人間みんなの頭上に、月は微笑んでいて欲しい、と。だから、それ故の、願いを込めた、「きみ」なのである。

 作品『すみれ』。思うに、すみれは、野に咲く小さな、美しい花の象徴である。ただ、可憐には見えるが、実は逞しい。人の手を借りず、アスファルトの道の端、あるいはアスファルトのひび割れた隙間にも咲いている。
 「はるかなことばを/まっている」作者は、他者との関係性においてのみ存在する、相対的な存在だ。反して、すみれは、何も待っていない。ただそこに、「すみれ」の形を結ぶだけ。実存的な存在だ。すみれを見て、作者は思い出すのである、私の心にも、すみれはある、と。


                                        (島)