□ 新作紹介 □





雨  音


 星の数ほどの


夢が見つかりません
あっちを向いたり
こっちを向いたり
きょろきょろと探してきたのですが
一体どこにあるのでしょう

 小さな頃から
 たったひとつの夢を追いかけて
 まっすぐに歩いている人がいます
 努力してもできないときは
 まだ足りないからだと思うだけ と
 
 心の真ん中に
 ダイアモンドのような
 美しくも強い意志を
 携えています

ええもちろん
うらやましいのです
だって見つからないのですから

そしてもちろん
応援してしまいます
あこがれてしまいますから

 夢はひとつでなくてもいい
 100個あっても
 百万個あっても

 ふいにそんな歌詞が
 羽のように軽やかに
 ラジオから流れてきました

私には見つからないのです
そんな風に思っていたけれど
もしかしたら勘違いだったのかもしれません

急いで前に進んでいるときに
背後に広がる美しい空を振り返らないように

わたしも
あなたも

うっかり気づいていなかったのかもしれません
星の数ほどのどんなに小さな夢も
叶えながら歩いてきたことに























青 島 江 里



 浅 瀬


水がニガテなら
無理やり水に慣れなくていい

深い水面に住む
ヒレのある大きな生き物が
S字に身をくねらせてゆく

そんな時間に生きてゆくほど
ここは器用な世界じゃないし

果てない川の青さが
空を吸い込んでゆく日曜日

遠くから眺めるだけで
魚になれそうな日曜日

アプローチは色々
あこがれを姿に変える方法は
案外どこにでもあるらしい

目の前にある
澄んだ浅瀬に寄せてくる
鱗のようなまばゆい光のラメ

今日はちょっとだけ
臆病な魚になってみたいから
おそるおそる裸足になってみる

差し出した両手
重なりあって水に映る
跳ねた光が両頬を染める日曜日




























井 嶋 り ゅ う



 お客様は神様です


お客様は神様です

「雑誌、雑誌を、この雑誌はあるか?」
「申し訳ございません。そちらの雑誌は完売致しました」

お客様は神様です

「そんなわけないだろ?今すぐ倉庫から持ってこい!」
「申し訳ございません。ただいま在庫がございません。お取り寄せ致しますか?」

お客様は神様です

「倉庫から持ってこい!倉庫にはあるんだ!」
「申し訳ございません。倉庫にも在庫はございません」
「いいから早く持ってこい!俺に逆らうのか!」

お客様は神様です

大きなボストンバッグを
両手で投げつけられて
眼鏡が飛びそうになっても

お客様は神様です

一度退店してもまた戻ってきて
「俺はただでは帰らない、ただでは帰らないぞ!倉庫から持ってこい!」
レジに居座られても

お客様は神様です

私が電話に手を伸ばした途端
「男を呼ぶな!男の社員を呼ぶな!呼ぶな!やめろぉ!」
ボストンバッグを振り回されても

お客様は神様です

「どうしました?」
ビルの警備員が入ってくる
その客は足早に去っていく
「お客さんから通報がありました。男が暴れていると?」

お客様は神様です

一通りの状況説明を終える
店内は再び静かになる
「他のスタッフは?あなたひとり?」
「はい」
「何かあった時のマニュアルは?」
「……(店長または男性社員を呼ぶ)」
「しばらく巡回してますので、店長に連絡をとってくださいね」

お客様は神様です

去年の年末に大々的なリストラがあった
続々と閉店する店舗の店長および社員は
容赦無くクビをきられた
それとは別に希望退職者も募った
経費削減のため
他店舗のアルバイトの数は最小限に抑えられた
人手が足りず
手洗いにも休憩にも行けず
体調不良で休むことも出来ず
店舗を一人でまわす時間帯が増えた

お客様は神様です

「人手不足で大変かもしれませんが
お客様には笑顔で接客し
店頭にない商品に関しては
積極的に注文を受けてください
少しでも売り上げを獲得してください
それから電話にもなるべく出てください
お問い合わせの可能性が高いです
お客様は神様です、忘れないでください」
会社のパソコンの掲示板には
誤字脱字ばかりの連絡事項が
日々アップされている

お客様は神様です
お客様は神様です
お客様は神様です

お客様は
神様?

お客様は神様です

いいえ

お客様は神様ではありません
姿の見えないものに
勝手に仕立て上げないでください
お客様は人間です
私も
店員である前に人間です
ひとりの人間です
ボストンバッグを投げつけられたところが
痛いです
痛いです痛いです痛いです痛いです
痛いと言ってもいいですか?
迷惑です、出て行ってくださいと、言ってもいいですか?
それとも
そんな客のひとりくらい、さばけなくてどうする?と鼻で笑いますか?
何年この仕事をやってるんだと、店員失格だと
パソコンの前で舌打ちしますか?

お客様は神様です

いいえ

お客様は神様ではありません
お客様は人間です
みな人間です
あなたも私も
あの人もその人もこの人も
誰もかれも
みな人間です
等しく
等しくみな人間です
当たり前のことを
忘れないでください

私は電話に手を伸ばして
店長の携帯電話の番号を押す
もうひと店舗受け持つ店長は
何ヶ月も休みをとっていない
アルバイトの数が足りないからだ

お客様は

私は

「店長、報告があります」

















 春の薬


だから言っただろう
あの林檎をもいだらいけないよって
ましてや咀嚼など
ひとりで部屋に閉じこもって
髪を振り乱して
原稿用紙ばらまいて
何してるのかと思いきや
あきれるね
化粧ぐらいしなよ
唇が乾いてしょうがないからって
リップクリームばっかり買って
あんたの唇は一体何枚あるの
お腹が痛いとか
春と言えば蕗とか
あの日の続きをとか
もそもそもそもそと口を動かして
目の下にクマなんか作って
今度は大丈夫とか言うな
またヒールが欲しいとか言うな
足元を見られるぞ
だから言っただろう
あの林檎をもいだらいけないよって
あんたを傷つけた男の記憶で
胸がいっぱいになるんだから
ましてや咀嚼など
あきれるね
貸しな
その林檎は熱で溶かして
ある液体と混ぜて
違う姿に変えてやるよ
もう林檎じゃないよ
世界にたったひとつの薬さ
あんたを癒す薬さ
守秘義務があるからね
その液体が何なのかは教えられない
特許もまだおりてないし
でもびっくりするほど効くんだ
うちの研究員たちで実証済みさ
人体実験とか言うなよ
試しにデザートという名目で差し入れただけなんだから
正直、期待してなかったんだけど
意外や意外、その即効性
発想の転換から出来たこれは薬なんだ
あんたみたいな人のための
聞き分けのないあんたみたいな人のためのね
だからその食べかけの林檎貸しな
今作ってやるよ
こう見えて僕はあんたの味方なんだって
何回言えば信じるんだ
間違えすぎなんだよ信じる人間を
あきれるね本当に
出来上がるまで寝てな
目覚めたあんたには
最高のハッピーが待ってるんだ
ハッピーだぞ、夢みたいだろ
その時はちゃんと僕を誉めろよな
約束だからな
守秘義務だって言ったろう
キッチンのぞくなよ
はいはい、おやすみ、寝ろ
え?なに?
春と言えば蕗?
ああ
うん
いや
春と言えば恋だろ
え?聞こえない?
そうか




























Kazu.



 夜間飛行


午前3時30分

遥か闇の向こうから
微かな飛行機音が
耳に付く

こんな時間に
付近を飛行するものなのか
それとも
風や雲の気象条件で
それと聞き違えることもあるか

何かのアクシデントで
世界中の飛行機が
ある日突然
一斉に着陸を余儀なくされると
今ある空港では納まりきれないという

そんな話
真偽の程は分からないけれど
何某かの飛行機がいつも上空で
飛んでいなければならない
としたのなら
文明は虚構の上に成り立っていて
人は空に身体を預けながらも
こころはいつも地上にあって
天国は空のもう一段高い処にある
というわけだ

「地球を直径1mのバランスボールに例えると
富士山は0.3mm、海の深さも平均0.3mm
飛行機の飛ぶ高度1万mは地表から1mm程度」

その計算ならば
サン=テグジュペリの『夜間飛行』は
何mmで遭難したことになるのだろう
暴風雨に晒された郵便飛行士ファビアンは
今も夜空で妻シモーヌを捜しているか

以前 仕事で舞上がっていた頃でも
夜の繁華街『クラブ夜間飛行』には
一度も不時着できなかった
ジャック・ゲランの香水『夜間飛行』のお姉さんたちも
今ではもう入歯を外して就寝中のお年頃か

空を飛ぶ夢を見なくなって久しいが
空を飛ぶ夢は好きじゃない
重力が夢の中までも及ぶから
眠りに落ちたその後で
真っ逆さまに墜落する夢に魘される
あの恐怖はどこからくるのか

人はやはり
地に足を着けていたいのだろう 
大地と繋がっていたいのだろう

あれやこれやの『夜間飛行』で…
午前3時50分

朝刊配達のバイク音が聞こえてくる


























齋藤 純二



 ぼくのこども / 私の子ども


ぼくはぬすまれて
しまうのかな

いつか
ぼくのこどもが
ぬすまれるのかな

おとなは
ぼくのこどもを
ぬすむってひどいじゃない

でもおとなは
ぬすんでしまうんだ

ぼくのおにいちゃん
もうぬすまれているよ

だってぼくを
おまえこどもだな
ていうんだから





今日も私の大人が
盗まれてしまうのか

子どもは遊ぶために
大人を盗んではすぐ捨てる

子どもは
遊ぶのが大好きだから

疲れている
と言っても手を引いたり
背中を押したり

いっしょにあそぼうよ

と悪戯な子どもの微笑みに
私にある子どもが躍り上がって

















 吹き出しの空白迂回


爪を噛む夕暮れ時に
僕は水たまりを歩く
水たまりは空を歩き
空は水たまりを歩き
水たまりが僕を歩く

幻は赤に染まり笑う
終わりたい瞳の過去
あるものは越えずに
ないものばかり光る
始まらない瞳の未来

粉々にされた夕暮れ
月から垂れた操りの
縁取りだけある心で
僕は水たまりを歩き
見えない言葉が回る






















シルクブルー



  傘


気に入りの傘をなくしてしまった
その時から
どんな傘も同じに思えて
どうでもよくなった
今 使っているのは
急な雨に降られて
どこかのコンビニで買った傘

こんなことを繰り返して
人は執着をなくしてしまうのかも
そんなことを考えて
あの人のことを思い出す

もう昔々の思い出
今では
きっかけがなければ
忘れているあの人

不意に胸が痛くなる
ほんの一瞬
傘と同じにはいかない
溜息をつく

恋にも愛にも
ときめかなくなって
ずいぶん久しい
年々 増えていく
くだらないけれど 
やっかいなことに無視できない 
日常のしがらみの数々に
対応するのに悪戦苦闘

あの人もいつの間にか
かすんでいた
けれど 確かに
心の奥底に……

明日 傘を買いに行こう
気に入っていた傘
色も 形も こだわって
さんざん迷って買った
明日も
同じくらい迷って探そう
もう一度
気に入りの傘を見付けよう
もっと素敵な傘を





















澤 一織



 忘却の離島


ある日 君は奪われた

母が撫でてくれた名前
陽射しを受ける小川のささやき
明日を運んでくれる風の匂い 
背伸びさえ光で包んでくれた故郷を

そして 君は連れて行かれた

あらゆる季節が染みついた棲家から
触れてくるものすべてが心細くさせる離島へ

恰(あたか)もそれが世界の自転だと諭されながら 
君の納得は人々の説得に打ち消されて


漣と踊り 大海原を舞う 
鴎たちの啼き声が馴染み
年月も朧げになっていったとある季節に
君は身籠った

その産声を
一度も聴くことさえ許されぬまま
滴り落ちる涙は
身を縮めた影へと伝う


やがて 君は
与えられた小さな人形を
会えなかった我が子として
名前をつけて 育てた

その身が骨になっても
故郷に帰ることすら叶わない
人々から忘却された離島の療養所にて

我が子の名前を
何度も 何度も 撫でて
母が鼻歌であやしてくれた
いつかの子守唄を口ずさむ

水面を摩る風の音
潮が満ちる月の匂い
血よりも濃い夜の調べ

我が子をあやし
遠い日の故郷を抱きしめながら
















 隔たり


人気のない夜の公園で 
ブランコを揺らしながら
世界は言葉で作られていると
教えてくれた君が 
世界に漂う言葉に切り刻まれて 
生を降ろした 

未だに 
あの夜を忘れられなくて
教わった言葉を反芻する
いつか また 会える気がして

だけど 今朝 電車が鈍い音を立てて止まった
三十分ほどで通常通りの運行に戻ったけれど
風邪をひいたと言って 僕は会社を休んだ

小さな公園の
塗装の剥げたベンチに寝そべって
小さな女の子と男の子が
さっきまで空を蹴り飛ばすように遊んでいた
二台のカラフルなブランコの揺れを追っている

まとまらない思考を
宛先の知らない世界に放り投げたくなって
煙草のけむりを喉の奥に蓄えながら

それでも 君はまだ
世界は言葉で作られていると
あどけなく微笑んでくれるかい

二台のブランコはまだ 揺れているように見える

















 ふたりにして


わずか先を指す秒針の行方に 夢を見て
声にして 欲しても 許されるふたり

そんな未来なんて 何処にもないのにね

月明かりに怯えながら 
落ちあった夜
行先も決めずに
乗り込んだハイウェイ
街灯を追い越してゆくごとに 
覚えてしまう幸せ 

浅はかだとしても 今は手放したくない

纏まる場所なんて 何処にもないけれど

今夜も暗闇を彷徨う
噛み締めた橙色の残光が
朝陽に吸いこまれて 仕舞うまで

流れついた町の海辺で
砂を払う君の手を探って
月明かりに晒されながら

何処にでもありそうなふたりにして

















 命 日


音を立てて
降り続いていた
雨は止んで
空は晴れ渡ってゆく

 不思議でしょう

あなたの声が
聴こえてくる気がして

湿気を帯びた 
夏の気配を感じながら  
コンビニの傘立てに
ビニール傘を置いて
ネクタイを緩めながら
ひとり 歩き出す
 
変わってゆく あなたと歩いた街並み
慣れてゆく あなたのいない時季 
水たまりを避けて並んで歩く
恋人たちも愛おしく映る

 ほんと 不思議だよ

あなたとのやりとりを忘れてゆくことさえ
許せなかった日々も
少しずつ 曖昧になってゆく気がして

落とした視線の先
晴れ渡った水たまりに
ひとり 応えてみると

また 
あなたの声が
聴こえてくる気がする

















 東 京


錆びた
クロスバイクに跨って
君の住むアパートへ向かう

はっきりとしない狭い空の色
喧噪が途切れない環状八号線
四季よりもずっと早く移りゆく街並み
アスファルトのひびから飛び立つタンポポの綿毛
地面に投げ捨てられていた誰かの憧れ
空き地も隠せなくなった住宅街を越えて

グリップを握りなおして
君の待つアパートへ向かう

笑われてもいい
嘲笑ってもいいから

今夜 君に話してもいいかな
僕が生まれ育った街
そして これから君と暮らしてゆく
東京について

かつて
瑞々しい夢を握りしめて
この地に辿り着いた人々を
無愛想に突き放した街は今
錆びている
彼らが残していった
乾いた息遣いに晒され
腐食を隠せなくなった街は今
傾いている
傾いたまま 
縋るようにだらしなく伸びる
幾つもの電線が
狭い空を引っ掻いている

見苦しいだろう
見窄らしいだろう

これが僕の生まれ育った街
数ヶ月前 君がやってきた東京だよ

今夜
君と抱き合って
浅い眠りから覚めた朝
犇めき合う中
譲り合えずに押し込んできた
クロスバイクの駐輪代は
幾らになるのだろう

息苦しいだろう
愛想も尽きるだろう

だから 今のうちに 
笑って 嘲笑って なじって欲しい

この街しか知らずに育ち 
今日まで一度も逃れられなかった僕と
無愛想に錆びつき 傾いたまま 
狭い空に縋り続けるこの街
それでも 君と暮らしてゆく東京の明日を

















 いつかあの夜を越えて


 私から卒業をしなさい
 あなたは此処から飛び立って
 明日から出会う世界と向き合って生きなさい

それは突然の宣告だった

いつものように仕事を終え
大学の近くにある喫茶店で
先生と二人
無愛想なマスターが作った
ビーフオムライスを食べているとき

怒ったような口調で
僕を窘めるように先生は告げた

恐る恐る覗いた目は
少し微笑んでいるようにも見えたけれど

 今夜限りで 
 絶縁だからね
 いつかこの夜を
 私を越えてみなさい

そうして 視線は僕の今から外れた

いつもは縮んだ背中を励ます訳でもなく
やかましく茶々を入れてくるマスターが
もうずっと 黙ったまま鍋を拭いている

不安よりも先に戸惑いがやってきて
寂しさよりも怒りが立ちこめた
あの夜から
僕は何処まで来たのだろうか

時々 あなたの声を無性に聴きたくなる

優しくない世界の午後
誰かの心のひだに触れた夕暮れ
焦燥に染まった夜 
安心が欲しくて 
答えをすぐに求めてしまいそうになる月曜日

そんな時 聞こえてくる声があるだろう

 すぐに分かったと言わないで
 向き合いなさい
 他人を主語にしないで
 あなたの言葉で語りなさい
  
幾多の夜 そう僕を叱責し
そのあと必ず 最後に言ってくれた先生の声

 自信を持ちなさい
 私はあなたに向き合ってきたわよ 

受け継いだ未来は
今はまだ遠く彼方にある
けれど少しずつ
先生に話したい瞬間とも出会えてきた
 
ねぇ 先生
まだ遠い話かもしれないけれど
いつかあの夜を越えて
一緒に見て欲しい場面がある

無愛想なマスターが作った
ビーフオムライスを若者が食べている
その向かい側で僕は目をつぶって
一日を振り返りながら
ビーフオムライスを若者が食べ終えるのを
待っている
























葉月 祐



 春 暮れて…


水仙 木蓮 連翹(レンギョウ)

町がまだ
華やいでいる頃から

既におまえは 歩き始めていた

次の町
次の県
次の国
まだ見ぬ土地を

おまえの息吹で包み込むために


桜の枝の隅々から
かすかな初夏の薫りが漂い
足元に目をやれば
暮れゆく季節を見送る花びら

時と共に おまえは 進み続けている

別れを惜しむ
わたしの存在など
まるで 気にもとめずに


季節を繋ぐように咲いた
満開の蒲公英に見送られて
おまえは 遠くへと旅立った

ひと度も 立ち止まらずに

足跡や気配 後ろ姿
ありとあらゆる全てを
雨、風、土に ひとつずつ還しながら


おまえが暮れてゆく
春が 暮れてゆく
ほんの少しだけ 夏の扉を開けて

















 沈黙 二篇


 *日曜の午後*


冷たいフローリングに
寝転がり
窓の向こうに目をやった
陽の光がこぼれたところだけが
ところどころ あたたかい

行き交う車の音
囁き合う鳥の声
休日にはしゃぐ子供たち

ソファを軋ませて
大きく伸びをするあなた

沈黙が怖かったのに
黙っているのは
苦手だったはずなのに


いつの間にか わたしは 言葉のない部屋の住人だ


視線で会話を交わし合う
日曜日だけ
わたしは言葉を 忘れてしまう





 *ある日の街で*


いつもよりも
多弁な二人だった
まるで何かを
予感しているかのように

きみも わたしも
何を話して歩いていたのだろう?
今日を振り返る頃には きっと憶えていない

信号待ちの交差点で
幸せそうな老夫婦が
「空が青いなぁ」「そうですねぇ」
やさしい言葉を交わした時
こちらへ訪れたのは 重い沈黙だった


  互いの予感を確信へと導いた、決定的な数秒間。
  居心地の悪い静けさが、二人にピリオドを打った。


サヨナラさえも出てこないまま
文句のひとつも言えないまま
最後の後ろ姿を 見送った

横断歩道を渡れないまま
ひとり 立ち尽くした


わたしの言葉は 想いは どこへ消えたのだろう

















 忘れてしまわないように


スニーカーの中に
時おり
小石が紛れ込むように
ポケットの中へ
優しさや勇気を
こっそり入れてくれる
誰かがいる

戻らないもの
過ぎた時間は
何故にこうも眩しいのか?

スニーカーにも
ポケットにも
留まってはくれないからだろうか?


大切な事ほど見失いがちで
時には忘れてしまうから

失くした分
何かを得ている事を
それは誰かが
与えてくれている事を

歩き疲れた時には 立ち止まり 思い出したい

人の持ち物を 羨むよりも
自分が持つ 確かなものを
見失わずに生きてゆけるように

目に映るもの
映らないものも
失くしてしまわないように

今この瞬間を
忘れてしまわないように


ポケットの奥に
ひと欠片の自信と
数えきれない感謝を
大切にしまい込み

眩しさに目を細めながら 今日の空を仰ぎ見た






















ひ な の



 月化粧


ろうろうと
月明かりは満ちて
そこにあるものに
夜の顔を与えてゆく

薄紅色の可憐な桜に
妖しい色香をまとわせて
新緑の瑞々しい柳に
黄泉へと繋がる暗さを漂わせる

ふっ、と手を伸ばせば
光に触れられる

この光の下に出れば
私にもきっと
夜の顔が与えられるのだろう

 それはどんなだろう

自分の知らない何者かが
現れるような
漠然とした不安に
二の足を踏む心を
奮い立たせて

照らして 月明かり
あなたの下へゆこう

それがどんな私でも
私はもう大丈夫だから

でも できることなら
私を綺麗にして

誰にも見せない夜の顔
そっと月のおしろいはたいて
リップクリームだけ塗って

今夜、
あなたに会いにいこうか





















く  れ



 ばかたれめが!


このばかたれめが!

お爺とお婆が
テレビを見ながら怒っている



嘘をついたら
いかんぞ と小さい頃から
言い聞かされてきた

それでも隠れて
嘘はいっぱいついてきた

お爺もお婆も
大きな罪のない嘘だと分かっていたから
叱られることは
少なかったが



テレビの国会中継を見ながら

お爺とお婆が
このばかたれめが!
と 怒っている

お爺とお婆が怒るのは
国民の模範となる輩が何をしているのか?
と 言うことなのだ

亡くなって何十年にもなるが

仏壇の中から
テレビ中継をみていて
黙っていられなくなったようだ



このばかたれめが!

原発震災時の
国の対応の粗末さにも怒ったことがある
寄り添うなんて
言葉だけだ と

寄り添う姿など
あの世からだって見ることもできない
どこに寄り添っているのか
と 言いたかったのだ

仏壇が揺れて
位牌が落ちそうになった



仏壇の水を
何度も新しい水に入れ替えた
喉か渇くから
コップの水はすぐになくなる

今日もテレビを見ている
あの世から現世の動きを見ている
亡くなってから しばらく
声を聴くことはなかったのだが

それが原発震災の対応の遅れと
毎日のように国会中継されている
防衛庁の日報問題や忖度問題など
腹のたつことが沢山あるのだろう

テレビの位置を少し変えたら
このばかたれめが!
と 叱られた

この声に僕の体がシャンとして
テレビを元の位置に戻した

見ぬふりをしてはいけない
この教訓は今も生き続けている

















 北の大地


疲れているのだ
北の大地は

地図上にもない
帰還困難区域という名前をつけられ
住民の姿はない

大地だって
話し相手が欲しい

それが鳥であれ、風であれ
木々であれ、水であれ、雲であれ

点滅している信号機であれ



疲れている
北の大地は

ときどき
これらの話し相手から
神様の話を聴くときがある

そんな時 神様の手を
握ってみたいとも思う

この疲れが少しでも癒されるなら

大地だって目を閉じれば
聖書の上を
読み歩くことができる



北のボロボロの大地には
帰る人を待つという
使命がある

春になると草木は伸びて
冬になると枯れる
それが十年いや何十年と
繰り返されるとしても

八年目に入って
この大地の一部にも
除染の手が入り始めた
人の住めるエリアを広げる為に

何かが
変わるかも知れない
それが大きくなくてもいい
復興とは
小さな積み重ねだから

ときどき
神様が 癒しの手で
大地の涙を拭っているのを
私たちは知らない



疲れているのだ
北の大地は

この大地に希望があるとすれば
いつかは帰れるという
言葉にだせない寡黙な希望だ

横たわるもの全てが
いっとき危機感で緊張していたが
それも七年という月日に
均されてきた

住民が帰れる古里なのか
住民が帰れない古里なのか

疲れている
北の大地は
帰る人を両の手で抱きしめる
その時を待ち続けている

























藍音 ななを



 Birthday


普段は買わない
ショートケーキを三つ
私と 子供
そして母の分を
それぞれ一つずつ

年に一度巡ってくるのは
形だけのおめでとうの日

もうこの年になって
さほどめでたくもなく
特別感もなく
いつもと同じ日常の中に
晴れやかな彩りで
恭しく鎮座する
三切れの三角の食べ物

子供は
 ふむ 蝋燭もつければよかったね
そう鼻を鳴らしながら言うけれど
この小さな三角形の食べ物を
大量に挿した蝋燭で
炎の針鼠にするには忍びない

いらないと固辞したのに
子供が店員さんを捕まえて
 プレートはつけてください と
三角のケーキの上に
無理やり挿した
お誕生日おめでとうの文字が
居心地悪そうにしている

自分の誕生日なんて
ここ数年やってなかったな
毎年子供のは何かしらしてたけど
自分のためになんて
ずいぶん久しぶりだ

とはいえ
ケーキ以外はいつもと同じ
年寄り向けの家庭料理で
なんの変わり映えもなく
特別ゲストの登場なんていう
サプライズ一つない
いつもと同じ日常

誰が見るともなく点けられている
TVのバラエティ番組をBGMに
いつもの食事風景を終え
食器をあらかた片付けたところで
子供がケーキの箱を持ってきて
恭しく開けると
件の気恥ずかしいケーキが顔を見せる

モンブランは母の
苺がたくさん乗ったのは子供の
つやつやと照れて
プレートを乗せたオペラは私の

それにしてもなんという
見事な照り具合

ケーキよ
気恥ずかしいのは君だけじゃないよ
私もだ

親子三代
まったく食べ物の好みは違うけれど
おいしい物を楽しみたい心は
世代は違えど同じで
久しぶりのケーキを囲んで
それはそれは素敵な笑顔になる

それぞれの好みのケーキを
目の前に据え
子供と二人
目の前に手を合わせて
小さなカスタネットのように
音を立てずに
一分/百八十回の
三連譜のリズムで叩きながら
小さな声で歌う
Happy Birthday

母は
 あら
 誰かのお誕生日みたいね
そう言いながら
大好きなモンブランを
幸せそうに頬張る

今日はね
あなたの長女のお誕生日なんですよ
でもそんなことはどうでもいいよね
ケーキはおいしいですか
よかったね

続いて
私と子供も
ケーキを頬張りながら
カレンダーに目を遣れば
来週はこの子の誕生日

お返しに
ショートケーキに
蝋燭を無理やり
一七本挿してやる

そんなことを思いながら
おめでとうと書かれたプレートを齧じった

私の
Happy Birthday




























瀬  未



 追憶のつばさ


この頃
雨がつづくと
あちこちが重たくなる

だからなのか
せめても、と
髪の毛を切りたくなる

店に問い合わせると
ただいま
混みあっております、との事

夏も近いし
予約なし
しかも月末の土曜だもの

仕方なく
名などを伝え
とりあえずの連絡待ち

さて
紅茶でも淹れましょうか

ゆったり
ゆったり、と

あなたから
借りてきた本には
しおり紐がなかった

割と厚みのあるその本に
利き手ではないほうを挟んで
カップを引き寄せ
ひとやすみ

私は
果たして
順番を待っているのか
キャンセル待ちをしているのか

あと何人待ちだとか
だれかの不都合を願っているようで
胸にたちこめる
もやもや雲

いつのまにか
時間をつぶそうとして
時間につぶされている

ものがたりは
まだ途中
片手には
その結末が
ずっしりと乗っかっている

思いが及ばずに
困ることなんて
しょっちゅう

あなたとの事だって、

そんなときは
いつものように
目を閉じて思い出す

お気に入りだった
あのクッションカバーに
施された幾何学模様の刺繍

そっと触れるだけで
それが緻密であろうと
うかがい知れる

一体
どれほどの時間が
その布の上にそそがれたのか、と
問いかけてみたかった

皺だらけの
懐かしい手の持ち主は
よく幼い私の髪をやさしく梳いてくれた

そして
今も
追憶の手となって
絡まった心をほどいて
癒してくれている

思いを馳せて
もう一度
軽やかにシフト
もどかしさの向こう側へ

読みかけのページに
小さく刻まれた数字
ぐっと目に焼きつけ
挟んだ手をひきぬいた