今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







夏  生  


 夜に書く


白紙見つめ10分
書きたいことを
探すと
一瞬一瞬の場面が
言葉が、声が
聴こえてきて

話しかけても
耳を傾けても
変わらない
届かない
さみしさに
潜る

夜は大げさに
静かで
歌いたがる
さみしさを
煽る

たられば

泳ぎ出す

息継ぎを
我慢して
苦しさを
膨らませる

起こったこと
より
起こせなかった
ことが
鈍く痛む

ない痛みに
つける薬は
見つからない

さみしさ

やさしさ

変わるだろうか

さみしさ

深い方が
強い方が
やさしさ
のために
なるのか

ほどほどの
さみしさは
心地よさに
成り代わって
夜に昇華されて
しまう

書きたいこと

煽られて
言葉が散ってゆく
かき集めても
散らばり
まとまろうとしない

あおい朝が
やってくる
さみしさは
くたびれて
眠り込んだ





                       〔齋藤純二:選〕





 即 興


愛は
形を変えながら
小さな灯りを
ともし

憎しみは
闇を一気に
飲み干し
重さを増やして

かなしみは
あたたかい
片思いになって
歌い出した

怒りは
腹の底から
唸り
激を吐き出し

喜びは
何でも掴める

舞い上がった

不安は
湧いて
うごめき
乱れて

驚きは
息を止めて
時を止めて
黙りこみ

憧れは
天を見ながら
うっとり
ため息もらした

恥じらいは
俯いて
隠れながら
窺って

嫉妬は
粗探しと
意地で
目を見開き

悔いは
仕方ない、と
でも、を
行ったり来たり

感謝は
両手を広げ
笑みを浮かべて
涙をこぼした

心の中で
壮大な即興は
日々行われている





                       〔く  れ:選〕











中  也


 An April Shower


朝から
さらさらした雨が
乾いた地面に
潤いを与えてくれる

この雨で
たとえ桜の花びらが
散ったとしても
後悔しない

汚れた身体も
忘れてしまいたい過去も

すべて

洗い流してくれる
そんな気がして

産まれたての
新鮮な記憶は遥か遠く

顔のない父の肖像
粉々に砕けた家族

歩んで来た道は
決して消えないけど

さらさら落ちる雨に
この身をまかせて

すべて流して

さあ
今日も生きる
明日も
たぶん生きてるかな

後戻りできない
それが
生きるってこと

散る桜の花びらに
自分を重ねて
いつか訪れる
最期を想い
ふたたび
自分自身に
誓いを立てる

今から
何ができるか
何をしたいのか

そんなことを





                       〔島 秀生:選〕





 Baby blue eyes 〜蒼い空の絨毯が広がる丘〜


ネモフィラの花が
広大な大地を蒼色に

そこは
まるで地上の蒼穹

可憐な花びらが
まるで
何も知らない
純粋な君の瞳のよう

生まれた時に比べれば
すっかり汚れてしまった
僕のこころを
蒼く染めて

風に吹かれる
小さな花弁

夢とか希望とか
未だあるなって、、

身失いかけた自分自身
揺らいだ心
微弱な鼓動に

もう一回
頑張ろうって
そんな
勇気が湧いて

この丘は
まるで
蒼い雲の絨毯のよう

蒼い空
白い雲が
彩りを添えて

また来ようって
想う
この丘に

この丘の名は
ネモフィラの丘





                       〔三浦志郎:選〕





 初夏の夢 〜赤いリボンのストローハットの女の子〜


若葉が芽吹き
翠色が眩しい

早くも
田植えの準備が行われ
田園に活気が溢れる

白い綿シャツ
麦わら帽子
蝸牛のようなトラクター


薺の田地
蓮華の畑地
何処までも続く
山間の風景

夢に出て来た少年
畦道を
麦わら帽子を被って
虫捕りに

少年の後ろを
追いかける少女
花柄のワンピース
小さな麦わら帽子に
赤いリボンが

映画の
ワンシーンのように
少女を追いかけて
フェードアウト

目が覚めた時
妻の寝顔に
夢の少女が重なって

そっと
彼女の手を
握りしめた





                       〔青島江里:選〕











三澤 新太郎


 蘇生のサウンド


バキバキバキ、
クキッ、クキッ、クキッ、
カーン…カーン…カーン…

僕の体の中で音がしている
体の中から聞こえてくる
まるで大勢の職人たちが
家のリフォームを大急ぎでやっているような

ガキッガキッガキッ、
コンコンコン…コンコンコン、
キュルキュルキュル…キュッ!

昼日中 ただ寝転がっているだけ
なのに つかれる 妙につかれる
体を治すのに体力をつかっているのだ
骨や内臓や血管の
傷ついた部分を補修してくれる
頼もしい我が細胞たち

おかげで夜はぐっすり眠れる
窓外の群青の宙に半月浮かび
…半分ぐらい治った感じかな?
…満月の晩には完治する?
月は光でうなづいてくれた
安心して僕は目蓋をとじた

野生の動物たちは薬をのまない
自分の体は自分自身で治癒するしかない
もし毒虫に咬まれたら最初は苦しむだろう
でも体内で抗体が作られ抵抗力がつく
あらゆる生物の体は想像以上に頑丈なのだ

目覚めれば途端にはじまる治癒の音
そのにぎやかなサウンドに心がワクワクしてくる
我が頼もしき細胞たち

ギュグ、ギュグ、ギュグ、
ピリピリピリ、
グリグリ…グリグリ…

では 心は?

病んでしまった心を治癒する音は
どこから聞こえてくるのだろう
そしてどんなサウンドなのだろう





                       〔Kazu.:選〕





  燕


その翼がカッターナイフのように青い空を切り裂きながら
燕は文字を書いているように見えた
アルファベットの「Q」の字に見えた

「Quiet」 静かに

ほんとだね 音が聞こえない
羽ばたく音も 空を切り裂く音も
屋根の上まで高く舞い上がり突然急降下して
アスファルトに立つ姉妹の足元をギリギリかすめ
また舞い上がる

家が失くなったんよ

雪の朝 商店街のアーケードにあった巣を
烏がその黒い嘴でほじくり返し
バラバラにしたのを姉は見ていた

なんで?なんで壊したの?

「Question」 小さな妹からの素朴な質問

人には家を壊す理由がある
両親が蒸発したあと姉妹の家は解体された
思い出は叫び声をあげながら生き埋めにされ
赤い更地には礎石がひとつ 生首のように転がっていた
烏にも壊す理由があるだろうか
家族はもうこの巣には帰らないと
そう判断して壊したのだろうか
案外そうなのかもな

古い映画館オデオン座の軒下に
燕は出たり入ったりしながら新しい巣作りを始めたばかりだ

 そして妹は覚えていないだろう
 もっと小ちゃかったころに
 両親とディズニー映画を見に来たことを

滑空する翼は青い風を味方につけて
時折見える燕の白いお腹が
ほんの少しマシュマロのようにポワポワしている
妹はうっすらと口を半開きし
そっか…≠ニ言った

燕はここに新しい家を作るのだ
新しい家族をこさえるために
急がなきゃ、子どもがいるんだからね
姉はつぶやいた

「Quick」 急げ

急がなきゃ!早く早く!
妹は明るく叫んだ





                       〔Kazu.:選〕











沢口 リリキ


 詩情考察


ああ
生命のポエジーは
ひとむれの花の揺らぎや
灰色の小枝の先に宿っている

或いは
ゆるやかな傾斜を転がる
小石の追憶に

物思いに耽る学生の
青白い額の上に

それは
とらえがたい机の疵の啓示

鏡の向こう側の予感

概念を失った時間の流線的形象

瞬間の中にだけ開示される
形而上の秘密

痕跡を留ることのない
来訪者の気配

それは
いつしか風紋の暗号として
意識を掠めるだけの

残酷なまでに
うつくしい感触





                       〔三浦志郎:選〕











耀 子


 春の一日


四街道ゴルフ倶楽部は
春闌
練習の成果を期待しつつ
友人三人とラウンドした

吉野桜に枝垂れ桜
爽やかな山桜
美しく配置されている
木々の新緑
鶯の声もそこここから

大きく枝を広げた 吉野桜
その薄紅色の花びらは 青空に瑞瑞しい
その上を
成田空港から一機のジェット機
ジュラルミン色の機体は
雲一つない空を
勇壮な音と共に
力強く飛んで行った

柔らかな風に促された 桜は
フェアウエイを歩く 私達のうえに
優しく降りかかる
花びらの一面に散り敷かれた グリーンで
私は 願いを込めてティーを刺した

しかし
朝練でしっかり練習したはずの
私には 成果は見られず
練習しなかった友人達は
上々の当り

そんな事もあろうかと
一抹の不安はあったよね
思うように行かないのが人生
たかがゴルフだ
たかが遊びだ
とはいえ・・・・

それはそれとして
四街道ゴルフ倶楽部での
今日という日は
自然が与えてくれた
豊かな息吹を
私の全てが歓びとして
受け止めた一日だった




                       〔島 秀生:選〕





 前向きに


耀子さんのお家に遊びに行きたいな
って言ってくれる友人達がいる
だから
今日は部屋を掃除しよう
明日はリビングにワックスをかけよう
ということになるんだ

耀子さんのお家に遊びに行きたいな
って言われるたびに
いいよ いいよ おいで おいで
遊びに来てねって応える
そのたびに
家の中は綺麗になる
だから 嬉しい

片付け下手な私の特効薬
「遊びに行きたいな」「遊びに来てね」は
来客を迎えるためのルーティン
玄関周りにブラシをかけ
水で綺麗に流す
そして気持ちよく迎える
それはいつからの習慣だろうか
と ふと考える
こんな事がいつまで続けられるのか

あと数日で来客があるのに
玄関先の 庭先の
チューリップが 咲き終わってしまった
終わってしまった  終わってしまった
運が悪いなあ〜
あんなに沢山咲いていたのに
一気に100個の球根を植えて
一気に咲いて 一気に咲き終わった

当たり前だな

何事も一気に偏りやすい私の性格
偏りなく生きるのも良いな
でも
拘る私も悪くない
最近は
自分に都合よく生きている
都合よく生きられる環境になった
だから 楽しく生きている
楽しく生きようと拘っている

通信講座「文章教室」
提出したエッセイの中で
「私はなかなか歌が上手だと自己満足に背中を押され・・」
と書いたら「何事も前向きに捉える美質の持ち主」
との講評をいただいた
だから生きるのが楽しい
そう 今は
今だから





                       〔Kazu.:選〕











@すみっこ


 屋根の下で


空を隠すようにいくつもの屋根が
うっすらとピンク色して
下ろした枝から私を覗いている
いつのまにか満開の桜が
行く先々の公園やバス通りに咲き誇っている
優しく温かな雰囲気に包まれて
ゆっくり  ゆっくりと進む

淡い空に咲いた桜を夕焼けが染める
この美しさに
月までも眺めにやって来たのか

長い道のりに
この桜並木を
この屋根の下を
もう少し
もう少しだけと言いながら
歩き続けていたい

いくつ歳を重ねようとも
この道を通る人々は美しく映っていてほしい

桜色に寄り添われて
ひらり  ひらりと
遠い昔の記憶が積み重なってゆく
私は今もその上を歩いている




                       〔三浦志郎:選〕





 空が気になる


有名な画家達の魂込めた作品を
次々と目を凝らして見ていく

ふと目につく
空模様
霞んだ雲色が多い気がして

本当の空の色だったのか
計算された色なのか
それとも心模様なのか

そんなインタビューが出来るわけないから
ただ絵をじっと覗き込む

一つだけ私の好きな空色に出会えた

なんだかホッとして
きっときっと
素敵な一日だったに違いないと勝手に思い込む

良いことがあったのか
それとも嫌な事など忘れたいからか
どちらでも構わないけれど

いつか終わる人生に
こんな空が無くっちゃやってけないよ
やっぱり青空が一番さ

帰りにシスレーのポストカードを買った
デスクマットに挟んでおこう




                       〔く  れ:選〕











小林 大鬼


お迎え


夢は外へと運ばれていった
白い布に包まれて

駆けつけた影達は
賑やかに去っていった
茨城訛りを転がせて

お迎えの立て札だけが佇んで
また誰もいなくなった




                       〔島 秀生:選〕





 バスの中で


スマホに変わってから
朝から消しゴムのように
磨り減らす人々


耳を塞いで音に耽ったり転寝したり
卵の殻に籠る人々


自分を保つのに必死なのだ
空っぽな時間が怖いのだ


車窓からゆっくりとした景色が流れてゆく




                       〔三浦志郎:選〕











ゆ  き


特別なもの


いつも探している
目に見えない特別なもの

手に取って確かめる事の出来るものは
もう沢山持っているから
欲しいものはあまりない

いつかここを去る時に
持っていけるものは何か

それは愛し愛された
思い出とポジティブな感情

見えない思いやり
そして優しさと純粋な魂

見えるものが全てだと
思っていた時もあったけれど

病の人たちの場所で
自分もその一人になって
消毒液の匂いを嗅ぎ
真っ白な壁を見つめて
過ごした日々が私を変えた

小さな幸せに気付く事が出来たら
大きな喜びに包まれていく

価値のない人生なんてない
皆それぞれ大切なものを守っている

苦しい日々もきっと
いつかは終わる
その時に何を思うのだろう

いつまでも心に残る
大切なものを見つけたい

それは案外近くに
あるのかもしれない





                       〔島 秀生:選〕





  嘘


仕方なくついた嘘

誰も傷つけたくなくて
ついた嘘なのに重い気持ちが続く

それは偽りなのだから
正直でいるべきと
誰かに言われた気がして
地面に映る自分の影が
小さく見える

嘘は嘘であって真実ではない
本当でないならそれは変わる事はなく
いつまでも嘘つきのままの
自分を見ることになる

他人を傷つけなければいいのか
知られなければいいのか

嘘にも種類があって
それは許されるのではないか
誰でも小さな嘘はついているのだからと
自分の都合のいいように考えてみても

小さくなった自分の影が
息苦しそうに後をついてくる

誰も気にかけないであろう小さな嘘
ただそれだけなのに
こんなにも気にかかる

家に着くまでの短い時間で
気持ちを変えなければいけないのに
今日はうまくいかない

誰も傷つけたくない気持ちから
ついてしまった嘘で
今は自分を傷つけてしまっている




                       〔雨  音:選〕











苺の木


人 間


からだを動かすと、アセが出る。
人間といえども動物なのサ。
ふろに入らなければ、アカが出る。
食い物をとれば、排泄もする。
ねむったらヨダレが垂れる、汚い人間なのサ。

タンだって出るわ、屁もするわ。
朝起きたら、目ヤニだって付いている。
カゼをひくと、吐きもするし下痢になる。
醜悪で、はずかしいのサ。

おれも今日、ふと人間だったということに気付いて、
ゾッとしたのサ。


顔にはダニだって住むし、
治りかけの傷口はきいろい。
どんなにかわいい女もげっぷをするだなんて聞けば、
一瞬で萎えちまうよ。


あーあ、そこらの草みてぇになりてぇ。


草は不自由なくいきている。
草になれれば、フキデモノもニキビもないし、
イヤ〜な上司も聞き分けのわるい後輩もねぇ。

ときどき動けないことに退屈しはするが、
おれが草だってきづかないうちはいいのサ。


あーあ、また一日が始まるなぁ。


通勤中に見かけた、
歯に青のりが付いた爺さん、元気かなぁ。

おれが面白みもなく地面を歩いていると、
うしろから、肩を組んできた友達がいうのサ。
きのうは飲み過ぎて腹痛くて、しにそうだったわー。

なんだお前も人間か。
なんだなんだ、はずかしがらなくていいんだな。





                       〔島 秀生:選〕











こたき ひろし


 喉が渇いて


高速道路に架かる橋 その欄干に寄りかかって車の河を見下ろしていた 少年の眼は虚ろだった
その日も 少年は学校には行かなかった 行けなかった理由は 少年にとっての中学校はララララじゃなくなっていた からだ
その事を親は知らない でも もし口が裂けたら言ってしまうかもしれない そんな思いに向かって 冗談はやめろよ と もう一人の自分が言うのを
少年は度々聴いていた
今のところ学校から親に連絡はされてないようだ
母親も父親も何も言わない いや 知っていて黙っているのかもしれなかった
だとしたら 普通に学校に出掛けて普通に帰宅する我が子が 日中何処にいて何をしているのか心配しないなんて あり得ない だろう
少年にとって 学校も教室もララララできない場所と時間になってしまったのに ララララしているクラスメートたちはいつも通り通学しているに違いなかった
少年は
それが羨ましく妬ましくもあった 僕だって普通に学校へ行って普通にしていたかった 普通にまさるものはないともう一人の自分が口を挟んだ
少年は優しい性格の子供だった 口数が少なくて内向的だった 羊のようにおとなしい と 表現して構わない などと一個の未熟な人間に説明がつけられるほど 簡単にはいかないだろう
何にしてもそんな我が子を 果して母親がどこまで理解し理解しようとしていたかを少年は身と心で感じた事はなかった
どこまでも不明だった そしてなぜか少年の心に父親は欠落していて ただただ怖い存在でしかなかった
父親の為に涙をこぼす事はなかった

少年はクラスメートの誰にも意地悪したことはない
事の良い悪いは問題じゃなくて
それができる子供とできない子供が存在してしまう
そして悲しい事にはできる子供は数が多くなってしまうのだ
意地悪される子供は少数だから
正解と不正解に当て嵌めると 民主主義の多数決の原理が働いてしまうのだろう

先生にとって なぜかそんな少数は扱いずらい学生になってしまうのだ 教室に立ち込めるフラストレーションの逃げ水が弱い者に流れてしまう現実を止められないままに 諦めてしまうのだろう
無力だから

少年は物事の洞察力が深かった
もしかしたらそんな我が子に母親は反感を抱いていたかもしれない
それは表面は暖かい水なのに手を入れると中は氷っているような感触を少年は持っていたのかもしれなかった

高速道路に架かる橋の欄干から身を乗り出して 何度飛んでしまおうと 少年は決意しただろう
空は高く 少年はけして鳥にはなれないとわかっているのに 人間なんて簡単にはやめられないのに
その度にもう一人の自分が必死に止めに入った
もう一人の自分がもっと生きていたいと言った

高速道路に架かる橋の道はほとんど人も車も通らない
時々爽やかな風が吹いて少年の心に吹き込んだ
明日は学校へ行こうと少年は思った 行かなければ大人になれないと思った

一刻も早く暗いトンネルを抜けてしまえば 自分も眼下を疾駆する車を運転できる日がきっと来るに違いないないと
人生がララララになるに違いないと





                       〔島 秀生:選〕





 川は流れて


水は蒸発して空に雲を浮かばせた
雨になって地に降るために
地に引かれた水の糸がより集まって川になった

さぶは 慣れ親しんだ故郷の川の水源も流れつく先も知らなかった 川は合流を繰り返して大河になり いつか大海に流れ込む と 母親は子供に分かりやすい言葉で教えてくれた
けれど さぶはその様を自分の目で確かめた訳ではないから俄には信じられなかった

さぶは十三歳
痩せた体の少年だった 辺りは山間の寒村で 時代は食料が不足していた
育ち盛りのさぶは大概 腹を空かせていた
さぶは空腹をしのぐために野草を口にすることも度々だった

山並みは低いが鬱蒼と樹木が生い茂り 山肌に沿って川が流れていた 田んぼ道を抜けて川原に降りると さぶは一人で遊び始めた
さぶの鼻腔から川の水の匂いが入ってきた 周囲には下手をすると気が変になりそうな静寂が立ち込めていた が、時折 鳥が鳴いて山の中腹辺りから空に向かって飛び上がると さぶの耳に棘のように刺さってきた

言葉にはできない静けさと平和な空気のなかにあって
この国が戦争をしているとは到底考えられなかった
それはまるでお伽噺 夢物語だった

さぶは川の向こう岸に向かって石を投げた
ただ投げるだけではつまらないから 向こう岸には敵の兵隊がいると想定した
それでさぶは勇ましく国軍の兵士になった

戦争ごっこに疲れた頃になって たった一機だけ さぶの頭上に敵機が飛来した さぶを標的に機銃の弾丸を浴びせてきたから さぶは必死になって川に飛び込んだ
川の水は冷たくて さぶの意識は遠退いた その時 弾丸はさぶの体のどこかを貫通していた

さぶが目を覚ましたとき側にはせつがいた せつはさぶと同い年の少女だった
さぶちゃん大丈夫 どうしたのこんな所で寝てしまうなんて さぶちゃんの家にいったらお母さん忙しそうしていて聞けなくて それでここかなって思って来たら
まるで死んだように眠っているんだもん吃驚したわ

敵の飛行機が飛んで来てな撃たれてしまったんだ
さぶは真顔で言った
いくらこの国が戦争してるからってこんな田舎にまで飛んで来ないわよ どうせ悪い夢でも見てたんでしょ
とせつは言った それにな何でも広島に新型の爆弾が落とされて大勢の人が死んだって聞いたよ
せつの言葉にさぶの顔色が変わった
父ちゃん大丈夫だろうか さぶは 召集されて戦地に出向いた父を思った
が すべてはどうにもならなかった

その時さぶが寝ながら見上げた空はいつの間にか暗色をしていた




                       〔雨  音:選〕





 地 球


どんなにこの地球が丸くても
それを乗せる平面は現れないから
どこへも転がす事はできない

戦争におしつぶされて歪んだ大地

我が儘な人間の為に
地球は用意された乗り物じゃない

千羽の鳥の群れが鳴きながら渡る空
美しい夕映えを見ても
私はいまだ地球が本当に丸いなんて信じていない




                       〔青島江里:選〕