今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







夏  生  


 初 夏


春がめくられ
夏の
まだ白い額が
のぞいて見える

若返った木々
ゆれる枝から
明るすぎる歌声が
響き渡る

青い匂いと
汗かいた空気
梅雨はまだ先の話
話は誰も聞いていない

目がくらむ
はつらつに埋もれて
緊張した
まぶたが震えだす





                       〔青島江里:選〕











中  也


 死んでしまいたいほど真っ青な空を見ていると汚してしまいたくなる


ごめん
だまっていたんだけど
君と離れるんじゃないか
そんなこと考えて

ときどき
心が引きちぎれるような
哀しみが襲って来るんだ
何の前触れもなく

そんな時
まるでhurricaneのように
まわりにある
全ての物
親しい人を
飲み込んでしまう

そして
むちゃくちゃにして
後から
こころが
ものすごい炎で
焼き尽くされたような
空虚感
孤独感
罪悪感
嫌悪感、、、
、、、
みたいな感情が
襲って来る

ひざを抱えて
部屋の中で
そんなこころと
僕は一人で
戦わなければならないんだ
負けたら終わり
何時間も
その相手が
頭から消えるまで
戦い続ける

何度か
相手に倒されそうに
なって
深手を負って
今もその時のキズは
消えないけど

僕はまだ生きてる
もがきながらも

そして
きみと出逢い
人並みの幸せを感じてる

ごめん
漸く
僕の秘密を
君に話すことができた

本当は君と出逢った時に
話すべきだったと思う

死んでしまいたいほど
真っ青な空の下で

汚してしまいたい僕が
ほら
君の目の前にいるよ





                       〔雨  音:選〕





 輪廻転生


ここ最近なんか
夢の世界を克明に
覚えてて
夢の中で
僕は必死に生きている

昨夜は
幼い頃出逢った人たち
仕事仲間と一緒に
談笑した

だんだん
歳取ったせいか
記憶が曖昧になって
つい一時間前のことや
さっき置いたばかりの
携帯を忘れたり

だけど
夢の中には
通りすがりのあの人や
幼い頃の友達が
鮮明に現れる

最近
気づいたことがある
生命は
永遠に続くということに

端的に言えば
君も
僕も
二つの世界で
生きている
現実の世界と夢の世界

現実の世界の僕も
夢の世界の僕も同じ
もちろん君も同じ

若い頃は
現実の世界が中心で
夢の世界の自分を
覚えていないことが多くて

歳をとると
現実の世界が曖昧になって
夢の世界を覚えてる
つまり夢の世界が
中心になっていく

この夢の世界を
仮にあの世と名付けたら

現実の世界から
あの世の世界に
近づいているということ
なのかもしれないと、

将来
この現実の世界から
さよならすることは

最期
眼を閉じる瞬間から
あの世での
人生のスタートを始める
ということになると、

最近
そのことに
気がついた

そして
また
あの世が
現実の世界になって
あの世で夢を見ると、

生命は永遠に続く
人生は永遠に続く
そんなこと考えて、

今日を懸命に生きる





                       〔三浦志郎:選〕





 勿忘草


ガードレールに
寄り添うように
真っ黄色な花びらが
太陽の光を浴びて
輝いている

毎朝の通勤
この花が私に
力をくれる

花の名は
yellow sultan
花言葉は
優美
強い意志

意志の弱い私に
いつも勇気を

もし
恩返しが
できるとしたら
何がいい

立ち止まって
花に尋ねてみる

何もいらないよ
いつまでも
その変わらない愛を
そのままで

また
来年の春も
君を想うよ

風が吹いて
君が
頷いているよう

僕は君を忘れない
いつまでも
変わらない愛を、、、





                       〔く  れ:選〕











三澤 新太郎


 終の住処


流れ着いたこの土地で 見知らぬ街で
霞んだ空をぼんやり眺めながら

ここで生きるしかない ここで死ぬしかない

故郷を失い 肉親たちに見放され
仲間に裏切られ 社会に見捨てられ
ようやく逃げ延びたこの海辺で

生きたいと願う 死にたいと願う

お前をたとえ受け入れてくれなくとも
お前を冷たく突き放してこようとも
ここしかない もはやここしか

 大丈夫
 お前が気にするほど誰もお前を見ちゃいない
 誰もお前を気にしちゃいないよ

哀れな詩人よ
言うも恥ずかしい!道化よ
もう一度立って生きてみろ
そして死ぬなら堂々と死ね

 ああ 聞こえてくる
 遠雷が足元まで響いて
 感電するほどの情熱を伝えにくるのだ

待っている 待っているぞ





                       〔齋藤純二:選〕











沢口 リリキ


 夜 想


親子ウサギのシルエット
亜麻色の月に跳ねる
さて
それは明らかに空想だ

魔術書を読む
または
錬金術師の記した分厚い自伝書を

スプーンひと匙ぐらい
真理の匂いはするが
さて
それは明らかに妄想だ

顔を逆さまに傾げた梟
木立の幽霊
フランス人形の微笑み
そのほか闇の真相

真夜中に
三分の一執筆した
怪奇譚「黒のバラッド」

昨夜よりも複雑な
俺と俺以外

嘲笑うのは俺?
それともあんた達?

シルクのシーツに包まり
星のように眠る

現実と夢の
対極次元

さて
いったいどちらが幻想だ





                       〔三浦志郎:選〕





 レイニー デイズ


雨の日曜の午後
二人はまだシーツの海の中
雨音は今日も虚ろに室内に響く

澱んだ眠気を振り払い
薄暗い部屋で沸かす二人分のコーヒー

ラジオをつけ流れてきたのは
キャロル・キングの
「イッツ・トゥー・レイト 」

皮肉にも二人の現在(いま)に
相応しい曲

何もかも、すべてが気だるい
下降を続ける
季節のテンション
まるでキミと僕の関係のようだ

おそらく
一年前のおなじ雨の季節から
愛という傘をどこかに置き忘れ
心と心は
毎日、雨に打たれていたんだよ

降りしきる雨は
灰色の閉じたブラインドのように
二人を隔てていたんだよ

なのに何故
いまでも一緒に暮らしているのだろう?

キミも僕には
少しも魅力を感じてはいないのに?

恋人という名の惰性の車輪で
互いの心を擦り減らしているだけなのに

雨の日曜の午後
二人は空っぽになった愛の部屋の中
雨音は今日も胸に虚ろに響く

キミは起きてくる気配もなくて
三年前に買ったお揃いのコーヒーカップは
とっくに冷めていて


 
*キャロル・キング(Carole King, 1942年2月9日- ) アメリカ合衆国出身の女性シンガーソングライター。
 
  「イッツ・トゥー・レイト 」、1970年頃、全米シングルチャートで5週連続1位、年間チャートでは第3位を記録。
 
  恋の倦怠と終わり、戻ることのない心を綴った曲。




                       〔三浦志郎:選〕





 寄る辺


四十数年と云う歳月は
音もなく流れ去り
離ればなれになってしまった、私とお前
未だに消息も掴めていない‥‥‥


  もし、私が春の風ならば
  過去に吹いて
  庭のテラスで
  絵本を読んでいる
  チビなお前のまあるい指先を
  そっと撫でてあげたい

  もし、私が夏の海の波ならば
  過去を遡上し
  渚で子供とはしゃぐ
  母になっているであろう
  お前の白い足元に
  エメラルドの輝きを届けてあげたい

  もし、私が秋の木漏れ日ならば
  過去を照らし
  枯れ葉の並木を俯いて歩く
  人生に少し疲れた
  お前の視界の中に
  柔らかな光を敷き詰めてあげたい

  あの日
  私たちは運命に逆らい
  両親の意思に逆らい
  共に生きることも出来たはずなのに
  あまりにも幼く無力すぎて‥‥‥

  もし、私が今宵の冬の月ならば
  街並みという街並みを映し
  お前を必ず探し当て
  お互いどんな人生を送ってきたのか
  夜が明けるまで語り合いたい
  失われた時を埋める為に

   妹よ

   大切な私の
   妹よ

  ああ せめて
  元気に暮らしているとわかるなら
  兄さんはそれだけでいい

  ただそれだけで‥‥‥

  たとえ、このまま再会の願いが
  叶わなかったとしても





                       〔青島江里:選〕











あ さ ぎ


 瞬間風速


カラカラと回る風車
一瞬の重みをはらんで
後は、
空っぽ

この気持ちも一瞬のことなのだろうか?

無味無臭
本好きの男の人
かと思った
襟足と耳まわりをすっきりさせた髪は
明るい茶色
黒のスキニ―パンツと
青い襟シャツの
シンプルコーデ
本好きと思ったのは
ここが割かし
知る人ぞ知る本を
揃える本屋で
黒縁眼鏡が似合っていたから
本を開く姿が
何でもないようなことに
見えたから

水が注がれた透明グラス
太陽の光線と戯れて
気付けば、
いつもの平常心

ホットコーヒー
淹れたて、
湯気が
瑞々しい
やがて失われるものだから
付けられる形容詞

風車が回り出したのは
いつからかは
わからない
気付いたらカラカラと

本好きのはずの男の人
本好きで男のはずの人
頁をめくる指が
細くてきれい
爪は薄くピンク色
本を棚に戻して後にする空気が
女の子
私と同じ女の子
一瞬の横顔と
それに続く背中から
目が離せない
好きになる予感がする本と
巡り合えたときと同じくらい
心臓がドキドキしている
何を探しに来たのかわからない
わからなくていい




                       〔シルクブルー:選〕











@すみっこ


  肌


肌は何によって決まる?

二十歳前後の女の子達が
綺麗な肌をしていた

肌の構成かな
若者のあの
ピンとふっくらした
滑らかですべるような艶肌

上から塗るだけではない
肌の奥の瑞々しさが
面(おもて)に出ている

やっぱり恋をしているのかな
眩しいくらいの透明感
昔言われた
「若いって、いいね」の言葉を思い出す

年齢なりの肌の付き合い方
足りないものを補う
歳を重ねると
細かい所まで気になってしまう

どれだけ綺麗になりたいか
使える時間とお金は人それぞれ
理想と現実の折り合いの中で
私に合うものを探そう

肌が変わり続ける
私は私に与え続ける
手の温もりを添えて
素敵な私を迎えられるように




                       〔雨  音:選〕





 車 窓


窓に映る
もう一人の自分を見つめた

心の中を映し出せたらいいのに

晴れていなくてちょうど良かった
こんな曇り空なら
誰にも気付かれる事なく

私の代わりに好きなだけ泣いていいよ

しまわれているのを
すうっと頬に流したら
ハンカチで拭うことはなく
そっと見守っていてあげよう

いつもより長く揺られていたい
現実なんて少しぐらい
置きざりにしたっていいんだ

窓に映る私も
瞼を閉じた暗闇の中で
疲れ果てて眠っているだろう

次の駅で目覚めたら
いつもと変わらない家に帰るだけ

きっと明日も
同じ電車に乗る私がいる

明日の天気予報は晴れるらしい
もうすぐ晴れるんだ





                       〔Kazu.:選〕





 好きな色


お母さんへ花束を
送れる程の代金は無かったので
混み合う花屋で
買って行く人々を見ていました

せめて一輪の花でもと
見ていたその時
紫の花に目を奪われたのです

紫色のカーネーションがこんなにも綺麗だなんて
自分に買ってしまおうか

なんて暫く見つめていたのですが
ふと紫色で思い出したのです
祖母が大好きな色だったという事を
いつの間にか好みまで似て来たのでしょうか

そうです
貴方は育ての親ですものね
反発ばかりしていたのに
一つ一つの思い出は忘れられないものですね

その時は平気だったのに
大人になると悔やむ事があります

お母さんはいるけれど
貴方はもうとっくにいないのです・・・

そうだ
この一輪の花を
貴方と思って
偲んで部屋に飾ろうと思います

私だけにわかる
この花を飾る意味が
それでいいですよね

紫は高貴な色なんですよね
だから好きなんだって
私はちゃんと覚えていますよ





                       〔三浦志郎:選〕





 休日のカフェから


サンドと黒糖ラテの遅いランチ
もうひと頑張り
全てはこれからの私の為に

時間を風に変えて
自由な時だけ
ゆったりと未来へ吹いてほしい

カフェから見える空に
少しだけ期待に胸が膨らんだ

私はただ
この一瞬を信じてみたい

揺れる緑や
雲にも花にもなれないけれど
私も時の流れの中で
風を感じる一人の人間なのだ

人生のどれ位まで来たかわからない
けれど昨日より
今日よりも
私らしく
明日を生きていたい

歩き出した私に風が生まれる




                       〔く  れ:選〕











小林 大鬼


過去と未来


石造りの銀行は
古いまま美術館に
柱ごと取り込まれた



変わりゆく風景の中に
昭和が遺跡になり
空間は止まったまま



扉の中で時間は踊る
光り瞬く夢の続き



 
*千葉市立美術館より




                       〔三浦志郎:選〕





 筑波の朝


ひょろひょろと
首を伸ばして
風に吹かれて
揺れている
黄色い花々



草生い茂る
道端のあちこちで
青空に微笑んでいる
名も無き魂




                       〔く  れ:選〕











ゆ  き


 海


幼い頃
父に連れられて
よく海に出かけた

水彩画を描く父の側で
真っ直ぐな水平線の向こうには
何があるのだろうと期待にも
似た気持ちで白い波を眺めていた

太陽が眩しかった
天気で変わる海の色に心が踊った

いつしか絵を描かなくなった父も
もういない

いつも自分の事ばかりで
構ってくれない父が嫌いだった

残された絵の分だけ
淋しい私がいたのだと思っていたから
絵を見ることもなくなって
海にも行かなくなった

もうすぐ絵を描き始めた父と
同じ歳になる

幼い頃に見たのとは違う
父と同じ海を見るために

私も絵を描き始めた





                       〔三浦志郎:選〕





 Real Friend


ほんの少し前までは
夢こそが現実のようで
それでいいと思っていた

その中に留まる事で
孤独な現実から逃れていたかった

雲一つない透き通るような
この青い空が僕の物ならいいのにと
どうせなら人間ではなく
鳥になりたいと願った

季節毎に住処をかえる
渡り鳥がいい

夏には涼しい水辺のほとりにすみ
秋には越冬地を求めて
仲間達と大陸を渡り
長い距離を旅する

でも今は夢から覚める前に
もう一度おさらいを
しなければいけない

今僕がいるのは夢の世界

誰にも受け入れてもらえないと
逃げ込んだ場所

居心地は悪くないけれど
いつまでも居られる
訳じゃないから
ここを出る事にしたんだ

想像ではなく
ネットの中の住民でもない

元気のない時には
声をかけてくれる

楽しい時には一緒に笑って
思い出を作ってくれるような

そんな仲間が欲しい

本当の友達が欲しいんだ





                       〔島 秀生:選〕





 君と夏


まだ春だと言うのに
気の早い君はもう
夏を待ちかねている

何か特別なことが
あるのだろうか

夏になれば君の好きな
向日葵の花が咲くだろう

眩しい光を浴び
太陽だけを見つめて
風に吹かれても
自分を見失わない
しなやかな所は
君に似ている

小さい頃によく
空に浮かんだ雲の形を
パズルのように合わせて遊んだ

空の高さは変わらない筈なのに
いつもと違って見えるのは何故だろう

梅雨が終わった後の
真っ青な夏の空の下

木陰に隠れて
そんな事を考えながら

君とまた二人で短い夏を
過ごすことが僕にとっての

特別なこと




                       〔く  れ:選〕











苺の木


目醒め


若草に付着した 雫したたる
冷たく静かな 雨の匂い

体躯(からだ)に巻き付いた 厚手の毛布
重い眸を開ける 半開きの単行本が転がっていた
橙色の電球が 一人淋しく光っている

眠りすぎてしまったのだろう


時計は午前十時を指して 止まっている
髪をかき分けると 少し湿っていることに気付いた
単行本を顔に乗せ 曇った光を遮断した

夢で出てきた懐かしい人を
遠ざけるように


涼しい風が足先を 通り過ぎる
雨の音は小窓の奥にあった





                       〔雨  音:選〕











葉山はじめ


ヤ ギ


はむ はむ
はむ はむ
僕のヤギ

彼は僕が生まれたときにここへ来た

はむ はむ
はむ はむ
彼も僕と同じく大きくなった

僕は食べものがなくなれば
彼を食べる

彼の食べものがなくなれば
僕を食べてほしい

それがあたりまえだと思うんだ

はむ はむ
はむ はむ
僕のヤギ





                       〔く  れ:選〕











こたき ひろし


 橋 を


あぶない川の上にあぶない橋を架けようとしてどうするんだろう
背もたれの壊れた椅子に座ろうとするみたいに

私はずっと、自分に足らない何かをを探し続けてきたような気がしてならない
目に見えないものや手にさわれないもの、うしろから
呼び止めたい誰かを

私を絶えずとらえて離さないその寂しさは
どこか遠くから吹いてくる風

子供の頃から母親を愛せなかった私は
彼女が命を閉じた日も冷静な目で見ていた
悲しみは沸き上がらず泣くこともなかった
その時
私は私のなかに欠けている何かを感じない訳にはいかなかった
なのにどうして私は母親に似た人に心が引かれてしまうだろう

あぶない川の上にあぶない橋を架けてはいけない
確かにあぶない橋を渡ればそこに
千年の歳月を越えて
一億光年離れた所から
奇跡がもたらして廻り会った貴女の姿が見えるけれど





                       〔三浦志郎:選〕





 奇 跡


私の爪が伸びて延びて
貴女にまで届くなんてあり得ない
私の皮膚が破れて流れ出した血と
私の感情からこぼれ落ちた涙が
ひとつになって貴女の柔らかな内臓を充たすなんて
あり得ないから

なのに何で
私たちは廻り会ったんだろう
私の通り過ぎた時間と
貴女が通り過ぎたかもしれない歳月との間には
数千年も開いている
かもしれないのに

貴女の声は数億光年離れた場所から聴こえる
お互いが折り合わない時間と空間は
私を苦しめ苛む

全ては
愛情も性も充たされない男の純化された欲情
でもなくて
さらさらと沸き上がる純情だから
貴女は安心して眠るといい
眠りなさい




                       〔島 秀生:選〕





 さびしさは


私には私だけのさびしさがあって
そのさびしさに色はつけられない

人も集まれば塵になるらしい
人も流れ出したら波をたてるみたいに

満員の電車には乗りたくはなかった
それでも満員の電車に乗らなければならない人たち
人に圧され、人を圧して
そうやって
日々に飲まれている

車窓を過ぎて去る景色
五月の息吹き
季節の繊細な色使いと筆に運ばれている筈なのに
都会は街は季節を失っている

満員の電車の中にあっても
私の言い知れないさびしさは消される事はない
私の内面の森に吹く風は
季節のない都会の街の
冷たくて覚めた風景に呼応しているのかもしれない




                       〔く  れ:選〕