■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~半分以下しか掲載していませんから、も
っと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあり
ますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

岩 木 誠 一 郎 
 詩集『 余白の夜 』 から9篇

         





夜のほとりで


のどの渇きで目覚めて
台所に向かう
いやな夢を思い出したりしないように
そっと足をはこびながら
ひんやりした空気に
触れる頬のほてりが
しずまるまでの時間を歩いてゆく

ずいぶん遠くまで
来てしまったらしい
冷蔵庫の扉には
たくさんのメモが貼られていて
読みにくい文字をたどるたび
失われたもののことが
ひとつずつよみがえる

カーテンのすきまからのぞく空を
雲の影が流れている
視えない風が
わたしのなかを通りぬけて
小さな紙片を翻らせるとき
夜のほとりで
ようやく一杯の水にたどり着く










飛来するもの


ほそく開いたカーテンのすきまから
月のひかりに濡れた国道がひとすじ
北に向かうのを見ている
伝えることも
分かち合うこともできないものが
つめたさとして降りつもる部屋で

遠ざかるバスの座席には
わたしによく似た影がうずくまり
運ばれてゆくことの
痛みに耳をすませているだろう
ほんの少しの荷物を
胸のあたりに抱えたまま

この先には小さなみずうみがあり
冬になると白鳥が飛来するという
その名を口にしようとすると
くもりはじめたガラスのむこうを
低いエンジン音とともに
もう一台のバスが走り去る









遅 刻


窓のむこうに広がる夜の街を
むすうのひかりが流れてゆく
まだ帰り着いていないものたちが
こんなにもあふれているから
幻になることもできないまま
地平線のあたりで消え尽きる

ガラスに触れる指さきの
つめたさをつたう記憶には
ひとすじの痛みがともなうだろう
たとえ通り過ぎる影のかたちに
隠されたままの風景が
しずかに発熱しつづけているとしても

壁にかけられた時計の針が
ひときわ大きな音をたてている
一年前も
千年前も
わたしはわたしの居る場所に
少しだけ遅刻している










灯台まで


車を出すとすぐに
フジオカさんは話しはじめた
ちょっとしたまちの噂や
だれそれの消息について
それから
通いなれたパン屋も電気屋も
店を閉めてしまったことなど
鉛色の雲が垂れこめる空の下
海べりのちいさな町は
しだいに記憶のなかからよみがえる

子どもがふたり
波打ち際で何かを拾っている
流れ着いたものがあり
流れ去ったものがある
夕暮れが近づいて
道のまんなかの白線だけが
浮かびあがって見えてくる
灯台まで
わたしは帰って来たのではなく
訪れるひとになっている

車を降りると
夕闇が濃くなっている
ひとすじのひかりがさぐる
遠い日々では
波の音も
海鳥の声も
変わりないものと思っていたが

背後でフジオカさんが呼んでいる
振り向いても
顔を見分けることができない










運河のまち


風が
吹き渡るたび
水に映るひかりがゆれる
夜の空気が
ひんやりと首筋に触れ
潮の香りが
少しだけ強くなってくる

海鳥の声を聞いたように思うのは
空耳だろうか
ここは記憶の流れ着く場所だから
だれもが
遠い目で昔語りをする
運河を行き交う舟が
途切れることを知らなかったころの

視線を上げるとそこには
灯りのまばらなまちがうずくまる
ほんとうの世界には
いつも何かが欠けていて
差しのべる指のさき
空の尽きるあたりで
またひとつ星が燃え墜ちる










冬の眠り


扉を開けて
雪の降りしきる街に出て行く
さっきまで
遅い朝食をとりながら
窓越しに眺めていた空には
雲ひとつなかったはずなのだが

きのうかかってきた電話は
いつもより低くくぐもり
遠い星から届く声のようだった
何度も
聞き返さなければならないほどに

約束の場所へと向かうための
バスを待ちながら
積もってゆくものを見ている
音が消えてゆく世界を見ている

小さな生き物たちは地面の下で
もう眠りに就いただろうか
目を閉じると
まぶたの裏側を流れてゆくものがある









冬のカフェ


向かい合わせに座る
窓際の席では
陽ざしが思いのほか強く
まぶしさで
たがいの顔が見えないまま
飲み物を注文する

話さなければならないことが
あるはずなのに
黙りこんで
グラスの水を口に運ぶ
つめたさが
記憶をしずかに濡らしてゆく

何と言ったのだろうか
ひかりのむこうから声が届く
店内のざわめきが
一瞬しずまって
食器の触れ合う音が
遠く聞こえている









ゆうぐれの席で


どこへ
向かおうとしていたのか
冬の
街路樹は枝さきを切られ
曇り空を見上げたまま
立ちつくす姿となる

駅前通りのカフェの
ゆうぐれの席で
さめたコーヒーをすすりながら
ガラスのむこうの風景と
店内の光景が重なり合うのを
ぼんやり眺めていると
わたしのなかを通り過ぎるひとがいる

風が吹いて
視えない枝さきがゆれる
かすかに残る
足跡も消えて
磨かれたまちに
灯りがともりはじめる









しろい月


石段を下りてゆくと
涸れた川のほとりに
小さなベンチが置かれている
ゆうぐれはいつも
そのあたりからはじまり
水色の電車が停まる駅まで
ほそい径がつづく

改札をぬけるころ
ホームにはすでに灯りがともり
影をまとったひとたちの
背なかがいくつも並んでいる
帰り着こうとするたび
遠ざかるものがあるから
だれもが指のさきまで暮れてゆく

頭上にはしろい月が昇っている
街のざわめきが届かない高さで
しずかに欠けてゆくものがあり
まもなく
という声に
むすうの耳が
身がまえる








 岩木 誠一郎 さんの詩集 『 余白の夜 』 (思潮社)
  2018年1月刊より抜粋   ISBN978-4-7837-3598-4 C0092
  定価 (本体2,200円+税)


 作品『夜のほとりで』。
 非常に些細なことを言うようだが、以前の時代の詩であれば、夜中に起きたら、水道の蛇口をひねって、酔い覚ましの水を飲む。というのが詩の常套であったように思う。しかし今の時代、向かうべきはフツウ、冷蔵庫に入っている「×××の水」のペットボトルであろう。現代では至極当たり前のことなのだが、夜中に起きて「冷蔵庫に向かう」という詩に、詩集に載っている詩としては初めてお目にかかったように思う。
 どうしてだろう。冷蔵庫には、決まってたくさんのメモが貼られている。我が家もそうだがら、なんだか他人の家のような気がしない。土産物だったり、展覧会のグッズ売り場で買ったものだったり、家の中のマグネットというマグネットが、この冷蔵庫回りに集結している。こうしてみると、冷蔵庫のボディカラーを選ぶ必要なんて、最初からなかったんじゃないかと思われてくる。謝ってメモに触れ、取り落とすことのないように、ピンポイントで把手を掴み、且つ、メモがひらひらする範囲におさまる速度でゆっくりと、扉を開ける。これは冷蔵庫の扉を開ける際のマナーである。夜中、いくら寝ぼけていたとしても、この禁を破ってはいけない。冷蔵庫には、冷蔵庫の番人がいるのだ。私のメモ書きの字が読みにくいことは自分で充分承知しているが、はたして番人の文字も、読みにくいのであろうか。そこには、世の中の大勢には影響のないことだが、日々の日常にとっては必須のことが、きっと書かれて在るのだろう。
 そしてここは高層マンションなのだろうか、それとも周囲の住居が低いのだろうか。カーテンの隙間から覗く外の景色は空が見渡せ、闇の中を移動する、雲の影も見えている。

 作品『飛来するもの』。
 やはり、高層マンションなのかもしれない。カーテンの隙間からは、国道がひとすじ、見えている。その国道を北へ向かって走るバスが、いま上から見えているのだ。
 岩木さんは、通勤経路の中にバス利用があるのかもしれない。この詩集には比較的よくバスが登場する。通勤途上、バスを使う人には、心の中に「バスの部分」というものが、出来上がっているのかもしれない。それ故、バスを見ることで、バスの中にいる自分を感じることができるのが第2連である。終盤登場する「もう一台のバス」もきっと、実際のバスではなく、心の中にある「バスの部分」なのだろう。それは、遠い異国に旅立つ白鳥のように、分かち合えない部屋から飛び立ってしまおうとする心を、時に遮る。低いエンジン音とともに、現実世界のタイヤの跡が、心を踏みにじってゆくのだ。

 作品『灯台まで』。
 フジオカさんが車に乗るなり、まちの噂やだれそれの消息についていきなり語り出したのは、それが作者とフジオカさんに共通する、話題だからである。二人は同郷の人なのだ。フジオカさんは故郷に今も住み、一方、作者は久しく故郷に帰っていない。だからフジオカさんは作者に、その後のまちの変化を一所懸命伝えているのである。
 久々の故郷。あまりの変化に、作者は「帰って来たのではなく/訪れるひとになっている」。
 詩の終盤、背後からフジオカさんが作者を呼ぶのだが、夕闇が濃くなって、フジオカさんの顔を見分けることができない。それは一方で、変わることのない象徴であった灯台が、灯りを消し、役目を終えている姿であるのだろう。また一方では、今もまちの住人として過去からの継続で呼んでくれるフジオカさんに対して、作者はもう自分の中に置くべき故郷のポジションを見い出せなくなっているという、意識の隔絶の比喩として、最後の詩行はあるのではないか。

 作品『運河のまち』。
 岩木さんは北海道の詩人だから、「運河のまち」といえば、小樽を指しているだろうか。史跡を愛で、昔語りをする街で、しかし岩木さんは、現実が気になっている。「ほんとうの世界には/いつも何かが欠けていて」。そのようなものであることを、岩木さんは熟知されている。小樽市は、札幌から電車で50分程度だが、途中、冬に雪深い山越えをすることもあって、札幌の通勤圏ではない。人口は5年刻みで約1万人ずつ減少しているから、統計的に言っても、岩木さんの危惧は的中している。
 「ほんとうの世界には/いつも何かが欠けていて」。詩人が感じる、この違和感。もしかしたらこれが、この詩集に共通して流れているテーマであるのかもしれない。

 作品『冬のカフェ』。
 なるべくなら窓際に座りたい。その座った席が、思いのほか光線が強い時、何故その席が空いていたのか、瞬時に理解することになる。だからといって、他の席に変わろうと言える相手なのか、言えるシチュエーションなのか、ということがあるのだ。
 姿の見えない、光の向こうに座っている相手から放たれた、矢のような言葉は、よもや聞き違いでは? と我が耳を疑いたくなるほど、衝撃的なものだった。突然、にぎやかだった店内の話し声が一斉に消えてしまう。消えてしまうほどに、その言葉は痛烈に作者に突き刺さるものであったのだ。
 やがて、厨房だろうか、遠くで食器の触れ合う金属音がする。あるいは、次の言葉を拒否する心が、全ての人間の言葉を遮り、金属音のように置き換えて、聞こえているのやもしれない。

 作品『しろい月』。
 「帰り着こうとするたび/遠ざかるもの」とはなんだろう? 離れて思う時の「家庭」と、実際に身を置く時の「家庭」は、どこか違っている。一日の仕事を終え、自分に還る時、思っていた自分と今の自分は、どこか違うとわかっている。そんなことを想起する。
 しかしながら一方で、単純に「太陽」を思っても良いだろう。帰り着こうとする電車の速度より、太陽の没する速度のほうが、はるかに速い。西へ向かう電車より、速く遠ざかるのは、「太陽」であるのやもしれない。
 詩中にある「しろい月」とは、同じ時刻、東の空に現われる「月」のことだ。夕暮れ時、大量に移動する人々の頭上で、遠く目立たぬように、こちらを見ている。この月に気づき、見上げる人は稀だ。その白い月と自分とが、どこか似ていると感じる人だけが、白い月に気づき、そっと見上げている。
 帰途の電車では、それぞれが、それぞれの夕闇の中に落ちている。けれどその電車の中で、突然アナウンスが流れ、「まもなく……」と話し始めると、人々はそれぞれの夕闇を離れ、一斉に聞き耳を立てるのだ。発声冒頭の「まもなく」はきっと、そのように人々を夕闇から呼び戻す、魔法の呪文であるのだろう。


                                        (島)