□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 260号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十三年

 戦後七十三年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s



●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)



●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)






 編集雑記


◆学校のかばんが重い

 娘が高校生の時、その高校の生徒は皆、電車の中で他校の生徒よりも重いカバンを持たせれていることに気がついた。カバンははち切れんばかりに膨らんでいる。どう見ても可哀そうな有り様だ。本当は全部持ち帰ることになっているのだろうが、辞書だけでも置いて帰れないかと、同じ辞書を2つ買って、1冊を学校置きにする、という自衛手段を取ったのを思い出した。
 それはまあ、高校だからできた真似だが、近年の問題は、義務教育の中学生、小学生のカバンが重量アップしていることである。



 ●「脱ゆとり教育」によって教科書が分厚くなるなど子どもたちの通学かばんやランドセルが重くなっている。つらい実態を緩和しようと、教材を教室に一部置いて帰る「置き勉」を認める学校が徐々に増えている。一方、家庭学習への影響を心配する声もある。

 小高い丘の上にある広島市立牛田中。国数理社英の5教科の教材は自宅に持ち帰るルールだったが、4月から英語と国語の一部教材を除き、置き勉を認めた。
 見直しのきっかけの一つが、PC放送部が昨年に作った8分20秒の動画「The School Bag is Heavy!!(学校のかばんが重い)」。ある生徒のリュックやサブバッグなどの荷物を量ると18・4キロだった。生徒らにインタビューし、「坂道がとてもつらい」「転びそうになった」「(ひもが)肩にめり込む」などと訴える内容だ。
 テーマを提案したのは、2年の足立こころさん(13)。入学時、かばんの重さに驚いた。教科書にノート、プリントファイル、水筒……。靴箱で上靴に履き替えようとしゃがむと、体を起こせないほど重く、「軽くしたい」と思った。
 動画は解決策として「置き勉」を提案する。忘れ物が増える、宿題をしなくなる、教室が汚くなるといった懸念も伝え、「キーワードは『信頼』。大丈夫だと思わせる生徒力が問われている」と結ぶ。作品は市主催の文化祭で優勝し、動画サイトにもアップした。
 学校側も重さ対策を検討中で、タイミングもよかった。三村千秋校長(59)は「何のために置き、何のために持って帰るのか。ルールを押しつけるのではなく、生徒が主体的に考えることが大事」と話す。
 昨年6月、埼玉県熊谷市のホームページ「市長へのメール」に中学生の母親からこんなメールが届いた。「息子の今日の荷物総重量は17・8キロでした。徒歩通学で片道約35分。本人は体重40キロに満たないため、登下校は大変だと思います」。入学して2カ月。生徒のジャケットの裏地は擦り切れてしまったという。
 市教育委員会が対策の検討を指示し、自宅で使わない教科書の「置き勉」を認める小学校や中学校も出てきた。市教委の担当者は「学校単位ではなく、市全体で取り組める対策がないか検討している」と話す。
 千葉県流山市でも昨年、市民の声を受け、荷物を減らせるよう検討することなどが校長会で決まった。
 福岡市教委も3月末、市立中学に負担軽減対策を求める通知を初めて出した。担当者は「重さでふらつくこともあり、通学時の安全面からも対策を促した」と説明する。昨年12月、PTA会報誌で通学かばんの重さを取り上げた、市立警固中の後藤富和・PTA会長(49)は「知恵と工夫で、学校と一緒に子どもの負担を減らしたい」と話す。

 ●家庭学習に不安の声も
 一方、置き勉には不安の声もある。
 京都市のある市立中学校では教科書とノートは持ち帰るのがルールで、ファイルや資料集など一部例外もあるが、学校が年度初めに指定した教材以外の置き勉は禁止。教頭は「生徒に任せると家庭学習に必要な教材まで学校に置く生徒が必ず出るので指定する」と話す。
 東京都内のある区立中は基本的には教材は持ち帰りが原則だが、資料集や問題集などは例外で、事前にリストアップして教室内に掲示する。副校長は「教材が重いのは理解するが、自宅学習に必要なものは持って帰って欲しい」と話す。
 山口県の下関市議会では2012、15、16年、一般質問で置き勉が取り上げられた。市議の質問に、当時の教育長は家庭での学習が重要だとして「原則として教科書は持ち帰ること」を市内の中学に指導していると答弁。各学校では生徒会が教科書を持ち帰っているかを点検したり、保護者に家庭学習の重要性について説明したりしているという。

     ◇
 置き勉とは「置き勉強道具」の略語。登下校の荷物を軽くするため勉強道具を持ち帰らず、学校に置きっぱなしにすることだ。
 ゆとり教育の見直しで小中の教科書は重くなった。教科書協会によると中学1~3年生が使う教科書の全ページ数は「ゆとり教育」時代の2006年度は4430ページだったが、「脱ゆとり」後の16年度は5783ページと約3割増。小学校も15年度は6518ページと10年前と比べ34%増え、図や写真を多く使い大判化も進む。
 置き勉は、とりわけ、比較的長距離を通学し、部活動も忙しい中学生の間で広がりが出ている。
 子どもに関わる消費ビジネスが専門の大正大学の白土健教授は「教科書だけではなく部活の道具や塾の教材なども増え、荷物は重くなっている。置き勉は家庭で勉強をしない、教科書を大切にしないなど負のイメージがあったが、子どもたちの負担を考えれば、ある程度は認めるべきだ。ロッカーなど環境の整備も併せて必要だ」と指摘する。


   ───  2018.5.27 朝日新聞デジタルより








◆緩和ケアでの終末

 高齢の方なら、だいたいの人が知っている言葉だが、「ピンピンコロリ」という言葉がある。病気に悩まされることなく、間際まで元気にしていてポックリ死ぬというのが、理想的な終末といった意味である。誤解のないようにいえば、これは高齢者の健康増進を願っての言葉である。
 しかしながら、現実は認知症かガン、いずれかに悩まされることが多い。以下は朝日新聞・高橋美佐子さんが書かれた、ご自身の手記のような記事。緩和ケア病棟でのことが、する方もされる方も、「できること」を考える、いい機会を与えてくれる。



■『もうすぐ父が死んでしまうので』より

 「お父さんも若いころは、やっぱ『飲む・打つ・買う』みたいな感じだったすか?」

 私の大学時代、お金がなくて実家へよく夕飯を食べに来た男友だち(48)が、病床の父に質問した。2人の再会は二十数年ぶり。場を盛り上げるためなら、家族が眉をひそめるような話もあえて切り出すのが、この人のやり方だ。ベッドに半身を起こした父は、調子を合わせるように照れ笑いで答えた。

「今日のお父さん」死へ向かう姿、FBで公開し続けた
 「いやぁ、それほどでも(笑)。ただ私も独身時代、確かに女性からよく求婚されましてね。3人ぐらいはいたかな」

 は?

 思わず父を見た。大学卒業後に就職した東京都内の信用金庫で母(83)と職場結婚した父は、いくつかの店舗で支店長を経験し、定年まで勤め上げた。部下の面倒見が良かったとは聞いたが、女性にモテたなんて話は初めて。「いくらなんでも作り話でしょ」と私が突っ込むと、「なんで今更、娘のお前にうそをつく必要があるんだ?」。父が真顔で反論した。

 それもそうだけど――。腑(ふ)に落ちない娘を置き去りに、男たちの雑談のテーマは競馬、マージャン、プロ野球と際限なく広がった。夜の個室にはワッハッハッと大きな笑い声が何度も響いて、私は遠い昔、皆でナイター中継を見ながらビール片手に囲んだにぎやかな食卓を思い出していた。


 ●緩和ケア病棟の個室に
 昨春に末期がんと診断され、介護のキーパーソンとなった私の自宅から徒歩数分の総合病院に移ってきた父は、亡くなるまでの約1カ月間、緩和ケア病棟で過ごした。

 最初は内科病棟の大部屋。次の緩和ケア病棟には「個室の空きが出たタイミング」で移ることになった。個室の差額ベッド代は1泊約2万円。私たち家族には大きな負担だったが、他に選択肢はなかった。股関節を手術したばかりの母が1人で暮らす一軒家に、足元のおぼつかない末期がん患者の父を戻せるはずもなかった。

 父は個室に移ることを心から喜んだ。実は大部屋にいたある時期から「俺の調子が悪いのは、寝ている隙に○○の陰謀でベッドに細工をされているせい」と眉間(みけん)にしわを寄せて訴えるようになっていた。長引く入院生活や病気の進行に加え、認知症も影響していたのかもしれない。それが個室に引っ越すと一転し、「いつでもテレビが見られて、本当にうれしいよ」と穏やかになった。

 ただ、医療の中身までガラリと変わったのには驚いた。糖尿病だった父はそれまで毎食前に血糖値を調べられ、インスリン注射を打たれていた。私は「いまのうちに好きなものを」と父が好きなケーキなどをコソコソと差し入れていた。だが緩和ケア病棟に移ると検査はほとんどなくなり、「食事制限なし」と言われた。

 でも、父はもう何も食べたがらなかった。悲しかった。


 ●友人たちに会わせて
 男友だちが見舞った日を境に、私は父をいろんな人に会わせたいと思うようになった。私は当時、身寄りのない人々を支援する北九州のNPO法人を取材していて、施設の一角で元ホームレスのおじいさんたちが楽しげに花札を興じる姿に、「うちのお父さんより、ずっと豊かな晩年かもしれない」とうらやましく感じていた。

 よく晴れた土曜日、私は近くの公園でテニスをした後、仲間たちと昼食をとった。解散しかけた時、思い切って「これから父の面会に行く。用事が無い人は付き合ってくれないか」と頼んだ。すると男性2人が二つ返事で同行してくれた。

 私が親しくする友人たちは学生時代の仲間のほか、取材で知り合った人も多い。医師や助産師、理学療法士、ケアマネジャー、NPO法人スタッフ、アパレル社員、がん患者団体代表、同僚記者たち……。父は丁寧に「初めまして。娘がお世話になっています」と笑顔で頭を下げた。帰り際、ほとんどの人が父と一緒の記念写真を撮らせてくれて、私はそれをフェイスブックにアップした。

 もっと早く、いや元気なうちから、父を友人たちを会わせておけば良かったと思った。

 人はどんな時でも、他者との関係性の中で生きている。死にゆく父が、そう私に教えてくれた。


 ●妹が病院で歌った日
 パリ在住でソプラノ歌手をしている妹の帰国に合わせて、緩和ケア病棟のフロアでミニコンサートをすることになった。普段は閉じている個室のドアが開き、車椅子を使ったり酸素吸入をしていたりする患者たちが、家族や看護師に付き添われて集まってきた。

 私は驚いた。

 そうだ、ここには私たちのような親子がたくさんいる。必ずやってくる別れまでの、切なく、はかない時間を、いとおしむ親子たちが。

 そんな当たり前のことにまったく気づかず、悲劇のヒロインのようだった自分が急に恥ずかしくなった。

 妹はクラシックの名曲や日本の童謡を歌った。何度も涙で声を詰まらせて歌えなくなったが、車椅子の父はずっと優しい笑顔で、妹を励ますように小声でハミングしながら見守っていた。

 最後の外泊は6月11日。私と夫は「最後の父の日」のプレゼントに、ストレッチャーで横になったまま実家に搬送できるタクシーを予約した。私の義母と義妹がお土産に持ってきてくれたくず餅を、父はおいしそうに食べた。

 それからの土日は終日、私は父の病室で過ごすようにした。父はだんだん眠る時間が増え、テレビのチャンネルを自分で操作しなくなった。運ばれるとすぐ一口か二口は手をつけていたミキサー食も、「後で」と言って二時間も三時間も放っておくようになった。ベッドから降りて3歩のトイレへ行けなくなった。簡易トイレにも2日後には自力で移れなくなり、おむつになった。


 ●「いつ、どうなっても」
 私が午後早い時間に取材を終えた直後、携帯電話が鳴った。見舞っていた叔母夫婦からで、「いつ、どうなっておかしくないと医師が告げた」と言う。私は上司に「父をみとるまで会社を休みたい」と伝え、夜勤を終えた足で病院に直行した。ほぼ昏睡(こんすい)状態になった父に朝方まで付き添った。

 翌日の昼過ぎ、再び病室を訪ねた私はびっくりした。

 父が体を起こし、ずっと前に持ち込んだ週刊朝日をめくっている。活字を読むなんて2週間ぶりぐらいだ。

 「よぉ」

 手元のページは、やりかけのクロスワードパズル。私は、この日が頭脳明せきな父に会える最後だと直感した。

 私はいろいろ質問した。

 なぜ母と結婚したの? 「一番美人と思ったから(笑)。でも、しっかり者だったのがずっと一緒にいたいと思った理由だよ。結婚して本当に良かった」

 就職先を信用金庫にしたのは? 「大手の都銀じゃ貸してもらえない中小企業のためになりたかった」

 私が3歳も下のがん患者の男性と結婚すると言い出した時は? 「そりゃ迷ったよ。でも好きなんだから、祝福しようってお母さんと話し合った。年齢は、お父さん自身が『姉さん女房』だったから全然問題なかったよ」

 窓の外は真夏を思わせる日差しだった。


 ●つまみは「刺し身がいいな」
 夕方、父がつぶやいた。

 「美佐子、あのさ。1杯やりてぇなぁ」

 一瞬、何を言ったか、わからなかった。そうか、お酒を飲みたいんだ! 3カ月前にがん末期と診断されてから初めてだった。私は無性にうれしくなって、慌てて「つまみ、何にする?」と聞いた。

 すかさず父が答えた。

 「やっぱり魚。刺し身がいいな」

 父の父、つまり祖父は父が大学時代に他界したのだが、高級魚ばかりを扱う行商だった。

 よーしっ! わかった。私はすぐに近所の鮮魚店で働く友人に電話をかけ、病院に一番近いコンビニへダッシュした。

 ベッドサイドテーブルに缶ビールと缶チューハイを並べた。病院の玄関まで届けてもらったマグロの赤身やホタテ貝、筋子に、父はほんの少しだけ箸をつけ、「うまいねぇ」と繰り返した。

 たまたま父の担当看護師が夜勤だった。父と私の最後の晩餐(ばんさん)に、「こういう場面に立ち会えた時、この仕事をやっていて良かったと思えるんです」と泣いた。私の涙腺も決壊した。

 泣いたり笑ったりしながら、父の写真を撮った。

 父はずっとニコニコと、実にうれしそうだった。



   ───  2018.5.24 朝日新聞デジタルより







◆またも助けられなかった命。

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が、2018年3月2日亡くなりました。この事件、すでに皆さんご存知の方も多いと思います。誕生の時、確かに祝福された子が、どこかの時点で虐待に転じます。そこが私にはよくわかりません。
 多くの場合、そんなことにはならないのですが、今回も再婚した女性の連れ子が再婚相手に虐待されたケースになります。再婚相手の男性の行為が許せないのはもちろんのことですが、女性側もそれを制止しようとしません。むしろ加担すらしているのです。そこも私にはよくわからないところです。その時母親は、子供にとって、最後の砦ではなかったのかと。
 ただ、このような親であるにもかかわらず、虐待死する子供というのは、最後まで親を信じているのです。自分が悪いから、大事にされないんだと思い込んでいるのです。だから、「いい子にするから、いい子にするから!」と、言うのです。他の虐待死の事件でも、そうでした。平仮名ノートに残されていた、結愛(ゆあ)ちゃんの言葉が、胸を突きます。
 それは親のエゴなんだよ。きみは何も悪くなんかないんだよと、言ってあげたい。どうか、天国では、幸せでありますように。



 ●室内灯ない部屋、1人で寝起き 死亡の5歳児、家で孤立

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が虐待を受けて死亡したとされる事件で、結愛ちゃんは室内灯がない部屋で1人で寝起きしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。父親から毎日午前4時に起きて平仮名の練習をするように言われていたといい、警視庁は結愛ちゃんが薄暗い部屋で繰り返し文字を書いていたとみている。

 事件では、父親の船戸雄大容疑者(33)と母親の優里容疑者(25)が保護責任者遺棄致死の疑いで6日に逮捕された。捜査関係者によると、結愛ちゃんは雄大容疑者の実子ではなく、雄大容疑者と優里容疑者の間に生まれた弟(1)と4人暮らしだった。今年1月下旬に香川県から目黒区に転居してきて以降、結愛ちゃんは他の家族3人とは別の部屋で寝起きしており、家族で食事などに出かける際も暖房が切られた自宅に1人残されていたという。

 事件後、結愛ちゃんが平仮名で「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」などと記したノートが自宅から見つかっている。

 両親は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせたのに、病院に連れて行かずに放置。3月2日に肺炎による敗血症で死亡させた疑いがある。一方で、雄大容疑者は弟は病院に連れて行ったことがあったという。


 ●女児虐待、死亡数日前からおむつ…極度に衰弱か

 東京都目黒区で今年3月、虐待を受けた船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で、結愛ちゃんが死亡する数日前から、おむつを着けさせられていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された父親の船戸雄大被告(33)(傷害罪で起訴)から暴力を受け、自力でトイレに行けないほど衰弱していたという。

 捜査関係者によると、船戸被告は3月2日夕、目黒区の自宅から、「娘の心臓が止まっているようだ」と119番。結愛ちゃんは搬送先の病院で死亡した。

 結愛ちゃんは搬送時、薄手のパジャマ姿で、おむつを着けていた。倒れていた付近には嘔吐(おうと)した形跡もあったという。遺体には複数のあざがあり、あばら骨が浮き出るほどやせていた。


 ●結愛ちゃん、臓器が5分の1に萎縮 継続的虐待で衰弱か

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が死亡した事件で、結愛ちゃんは免疫に関わる臓器が萎縮し、重さが同年代の約5分の1だったことが、捜査関係者への取材でわかった。虐待を受け続けた子どもにみられる傾向で、警視庁は、日常的に暴行を受けていた結愛ちゃんが自力で動けないほど衰弱していたとみている。

 捜査関係者らによると、3月2日夕、自宅の布団の上で仰向けで倒れていた結愛ちゃんは、父親の船戸雄大容疑者(33)の119番通報で救急搬送された。その際、あばら骨が浮き出るほどやせており、おむつを着けていたという。
 結愛ちゃんは同日死亡し、雄大容疑者は2月末ごろに風呂場で結愛ちゃんの顔を殴ったなどとする傷害罪で起訴された。結愛ちゃんはこの暴行後はほぼ寝たきり状態で、嘔吐(おうと)を繰り返していたという。雄大容疑者は当時の調べに「勉強するように言ったら『はい』と言ったのに、部屋を見たら寝ていたので暴行した」などと話していたという。
 結愛ちゃんの遺体を司法解剖した結果、免疫に関わる「胸腺」の重さは同年代平均の5分の1程度だった。杏林大医学部の佐藤喜宣名誉教授(法医学)によると、長期間、継続的に虐待を受けた子どもにみられる傾向だという。
 警視庁は8日、雄大容疑者と母親の優里容疑者(25)を保護責任者遺棄致死容疑で送検した。


 ●冬のベランダに裸足で放置 死亡の5歳女児、足に霜焼け

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された父親の船戸雄大容疑者(33)が今冬、結愛ちゃんを自宅ベランダに裸足のまま放置していたことが、捜査関係者への取材でわかった。結愛ちゃんの足の裏には霜焼けがあり、警視庁は雄大容疑者が日常的に虐待を繰り返していたとみて調べている。
 捜査関係者などによると、雄大容疑者は結愛ちゃんの言動に気に入らないことがあると「しつけ」としてベランダに放置していたと、同容疑で逮捕された母親の優里容疑者(25)が説明。優里容疑者も黙認していたという。
 結愛ちゃんは雄大容疑者の実子ではなく、雄大容疑者と優里容疑者の間に生まれた弟(1)との4人暮らしだった。結愛ちゃんは寝る部屋も1人だけ家族と別にされ、家族で買い物などに出かける際も、暖房を切られた自宅の部屋に1人で放置されていたという。
 香川県善通寺市から転居した一家は今年1月23日に目黒区での生活を開始。以降、結愛ちゃんは3月2日に死亡するまで、近所への引っ越しのあいさつのために雄大容疑者らとともに一度外出しただけだったという。


 ●死亡の5歳、ノートに「おねがいゆるして」

 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。同日発表した。2人とも容疑を認めているという。

 捜査1課によると、2人は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせ、2月下旬ごろには結愛ちゃんが衰弱して嘔吐(おうと)するなどしたにもかかわらず、虐待の発覚を恐れて病院を受診させることをせずに放置。3月2日に低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡させた疑いがある。
 雄大容疑者は2月末ごろに結愛ちゃんを殴ってけがをさせたとして傷害容疑で逮捕、起訴されていた。
 結愛ちゃんの体重は死亡時、同年代の平均の約20キロを下回る12・2キロだった。部屋からは、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」などと結愛ちゃんが書いたノートが見つかっていた。毎朝4時ごろに起床し、平仮名の練習をさせられていたという。
 都や一家が以前住んでいた香川県などによると、結愛ちゃんは同県で2016年と17年に計2回、県の児童相談所で一時保護された。2回目の保護が解除された後の同年8月末には、病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と児相に通報があり、結愛ちゃんは「パパに蹴られた」と話したが、県は一時保護の必要はないと判断していた。
 一家は今年1月に目黒区に転居。県の児相から引き継ぎを受けた品川児相が2月9日に家庭訪問していたが、優里容疑者とは会えたものの、「外出している」として結愛ちゃんには会えなかったという。
 雄大容疑者については、結愛ちゃんに暴行を加えてけがをさせたとして香川県警が昨年2月と5月に傷害容疑で書類送検していたが、いずれも不起訴になっている。


 ●「ぜったいやらないからね」死亡した結愛ちゃんのノート

 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。同日発表した。

 捜査1課は、結愛ちゃんが毎朝平仮名の書き取り練習をしていたノートの内容の一部を明らかにした。両親に許しを請うような内容で、鉛筆で手書きされていた。雄大容疑者から平仮名の練習を命じられていたという。内容の一部は次の通り。

     ◇

 もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします
 ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおします
 これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします



   ───  2018.6.6~6.9 朝日新聞デジタル、 6.8 読売新聞より






◆「ゴールボール」を知っていますか?

 なんとなく、なんですが、パラリンピックに出る人って、障害者になる前から、スポーツやってたような人なんじゃないかって勘違い、ありませんか?
 無論、そういう方もいらっしゃるんですが、そうじゃない人のほうが多い。むしろ、そうじゃない人がスポーツに出会って、花開く糧になるから、より価値ある大会であるのかもしれませんよ。浦田理恵さんの物語です。



■20歳で視力失う 「見えない」を力に金メダル

 試合の始まりは、レフェリーのこの言葉。「クワイエットプリーズ」。みなさん、お静かに……。視覚障害者の競技「ゴールボール」の選手たちは全神経を集中し、音を頼りに鈴が入ったボールを追います。20歳で失明した福岡市の浦田理恵さん(40)。絶望の縁から「自分を変えよう」と前向きに歩み、2012年のロンドン・パラリンピックで金メダルを獲得します。

 ●「見えない」事実、怖くて
 視覚障がい者が1チーム3人で、鈴が入ったボールを転がし、相手ゴールをねらうゴールボール。2012年ロンドン・パラリンピックに日本代表として出場し、金メダルを獲得した福岡市の浦田理恵さん(40)が、両目の視力をほとんど失ったのは20歳のころだった。
 小学校教諭を目指して通っていた福岡市の専門学校を卒業する3カ月前、目の異変に気づいた。教室の最前列でも、黒板の字がよく見えない。もともと近視で、「また目が悪くなったかな」とあまり気にしなかった。やがてノートも取れなくなる。「授業を聞きそびれた」とごまかして、友だちに借りた。「見えない」という事実と向き合うのが怖かった。
 だが、厳しい現実を突きつけられた。教育実習先の小学校の行事でプラネタリウムに行った時、子どもたちの表情がまったく分からず、館内を誘導できなかった。暗い場所でとくに物が見えにくくなっていた。担任の教諭に「目の調子が悪くて」と助けを求めると、「では浦田先生はこちらに」と離れた席に座らされた。「これじゃ、先生になれるわけない」。絶望で頭がいっぱいになった。

 道を歩けば、路上に止まった自転車にぶつかる。トイレの場所も探せない。1998年春に卒業後、外出が怖くなった。スーパーに買い物には行ったが、触れた感触や音で判断するしかない。ハンバーグを買ったつもりがおはぎだった。
 事実を知るのが怖くて病院には行けなかった。「網膜色素変性症」と診断を受けるのは3年後のことだ。4千~8千人に1人が発症する遺伝性の難病で、国内の患者数は約2万3千人。暗い場所でとくに見えづらくなる「夜盲」や、見える範囲が狭まる「視野狭窄」を伴って進行する。
 浦田さんの実家は熊本県南関町。専門学校時代は仕送りに助けられ、一人暮らしをしていた。目が悪くなったことを隠し、「学校への就職は競争率が高くて……」と言い訳して仕送りを続けてもらった。帰省を避け、「何しよっとね?」と両親から電話がかかるたび、「次は言おう」と先延ばしにした。


 ●家族に告白、気持ちが変化
 20歳でほとんど視力を失ったパラリンピックの女子ゴールボール金メダリスト、浦田理恵さん(40)は、専門学校を卒業後も両親に打ち明けられず1年半以上が過ぎた。ようやく告白を決心し、22歳になった正月、帰郷した。
 2000年1月、福岡市から西鉄天神大牟田線に乗り、終点の大牟田駅で降りた。実家がある熊本県南関町から母親(70)が車で迎えに来ていた。ホームから落ちないか不安で、記憶を頼りにおそるおそる改札口へ向かった。
 遠くで母親が叫ぶ。「何、てれっと歩きよると」。声の方向を見ても、姿は分からない。「私って本当に目が見えなくなったんだ。最後にお母さんの顔を見たのはいつだっただろう」。さまざまな思いが頭を駆けめぐった。
 何とか改札口を抜け、母親の前に立つと、意を決して告白した。「あのね、お母さん。私、目が見えんくなった」。母親は信じず、「また、そぎゃんこと言って。これ何本ね」と、指を立てた手を出した。気配を頼りに、触って確かめる。「1、2、3……」。母親はその場で泣き崩れた。

 やがて母親から思いがけない言葉が返ってきた。「ごめんね」。気づいてやれなくてごめんね。目の悪い子に生んでしまって、ごめんね……。
 母にそんな謝罪の言葉を口にさせたことに、申し訳なさがこみ上げた半面、安心にも似た気持ちに満たされた。「もう見えるふりをしなくていいんだ」
 父親、祖母、2人の妹。家に帰ると家族みんながこれからの生き方を考えてくれた。山間部の田舎町では車を運転できないと移動が難しいし、仕事も探せそうにない。「福岡で生活出来ているなら、そのままがんばって、自分のやりたいことを探しなさい」と両親は言った。
 長いトンネルから、ようやく抜け出せそうな気持ちになった。翌年、点字などを学ぶため、福岡市立心身障がい福祉センター(福岡市中央区)で生活訓練を受け始めた。そこで出会ったリハビリテーション係の指導員、豊田信之さん(71)に言われた。「見えなくなって、出来ないことを数えるより、出来ることを増やしていけば楽しくなるよ」


 ●料理・メイク…次は仕事
 左目は見えず、右目はかすかに明るさを感じる程度。両目の視力をほぼ失った浦田理恵さん(40)は2001年から、自立を目指して福岡市立心身障がい福祉センター(福岡市中央区)で1年間の生活訓練を受けた。
 「できることを増やしていこう」と指導員の豊田信之さん(71)に言われた。身の回りのことを一通り、自分でこなせるようにする。点字の読み方や白杖を使った歩き方を覚えた。初めて白杖を持って交差点に立った時は、足がすくんで踏み出せなかった。訓練を重ねて、少しずつ怖さを克服した。
 料理も教わった。包丁も使えるようになり、ハンバーグが得意になった。タマネギをみじん切りして、ひき肉と混ぜる。焼き加減は、油がはじける音や匂い、手で触った感覚でつかむ。携帯電話でメールの送受信もできる。入力した文字や受け取った文章を音声で知らせる機能を利用する。
 メイクも練習した。化粧品会社の講師はこう言ってくれた。「自分の顔やろ。どんだけ触っても怒られんよ」。まぶたの位置を指先で確かめながらアイシャドーを入れる。もともと好きだったおしゃれが、また楽しくなった。
 ある日、豊田さんに問いかけられた。「生活訓練は目的じゃなくて手段。本当の目的は自分が何をしたいかを見つけることなんだ。理恵ちゃんは何をしたいの?」
 「目が悪くてもできる仕事をしたい。手に職をつけたい」。浦田さんは1年間の生活訓練を終えると、国立福岡視力障害センター(同市西区)で、マッサージ師になるための3年課程の職業訓練を受け始めた。

 その最中の2004年9月。施設内のテレビが、アテネ・パラリンピックの女子ゴールボールで、日本が銅メダルを獲得したニュースを伝えていた。3人ずつに分かれ、鈴を入れたボールを転がし、音や気配を頼りに相手ゴールを狙う競技。解説を聞きながら興奮した。「本当に目が見えんと?」
 すごい。かっこいい。浦田さんはすぐに行動した。センターの体育館で放課後にゴールボールを指導していたコーチに、一気にまくしたてた。「感動しました。私もやってみたい」


 ●言い訳捨て、力に変えた
 職業訓練を受けていた国立福岡視力障害センター(福岡市西区)で、浦田理恵さん(40)はゴールボールと出合う。練習場を訪ねて「私もやりたい」と訴えると、指導していた女子日本代表のヘッドコーチだった江黒直樹さん(52)に驚かれた。「体力、まるでなさそうだね」
 浦田さんは中学や高校時代、体育の成績は5段階評価で2か3。手足はひょろひょろで、重さ1・25㌔のボールを片手で投げる筋力はなかった。
 最初は体力をつけるためにひたすらウォーキングとランニング。地味な練習の繰り返し。サボろうかと迷うと、決まって先輩の小宮正江選手(43)が声をかけてきた。「練習、来るよね?」。覚えが遅い自分を待ち続け、体を張って教えてくれた。守備や攻撃の正しいフォームを、互いに手で触り合って確かめ、修正を重ねた。
 選手全員が目隠しをするゴールボールでは、見えないことが言い訳にならない。「目が悪いからと逃げ腰になってきた自分を変えよう」と誓った。ボールも相手も位置を察知するのは音や気配が頼りだ。次第に聴覚が研ぎ澄まされ、生活の支えにもなった。
 だが、小宮選手とともに、初めて出場した2008年の北京・パラリンピックは出場8カ国中7位に終わる。「ミスしたらと、不安になる自分の弱さに負けた」と浦田さんは振り返る。帰国の飛行機で涙が止まらなかった。

 4年後を目指し、前向きな思考に切り替えた。「今日のノルマは腹筋100回。いや、ノルマでなく目標だ」。積極的な言葉を心がけた。4年間、筋力トレーニングは1日も休まなかった。
 そして小宮選手と再び出場した12年のロンドン・パラリンピック。強敵・中国との対戦では、得点王の選手に渡らないよう、攻撃時に徹底してボールを左右に散らし、激戦を制した。パラリンピックで初の団体競技での日本の金メダル。「支えてくれたみんな、ありがとう」。思いがあふれた。
 浦田さんはいま、福岡市でマッサージ師として働きながら、2年後の東京パラリンピックに向けて練習を重ねる。「見えない、を力に変えた」。そんな自信を糧にして。


     ───  2018.5.24 朝日新聞デジタルより




                                   (島)