□ 新作紹介 □





雨  音


 ひまわり


毎朝のルーティン
この畑を眺めることは

会ったこともないここの持ち主は
とても丹念に美しく
小さな楽園を作るように
四季折々に柔らかな世界を
私に見せてくれるから

いつもささやかな
ありがとうを風に乗せる

 曇り空の下
 背筋を伸ばして凛と咲く
 一輪のひまわり
 俯いたりせずくっきりと

 あんな風になりたい
 少し顎を上げて
 前をしっかりと見つめて

薫るような風が
小さく花びらを揺らしていく
きちんと整列した
柔らかな絹さや豌豆の蔓が
くすぐったそうに腕を伸ばして

 畦道のたんぽぽは
 いつだってひまわりにあこがれて
 あんな風にまっすぐと
 眩しいものを見つめたいのに

 どんなにこがれても
 たんぽぽはたんぽぽのまま

 上を向いて
 空を見つめ
 変わらないで ここにいる

ほんの数秒
いつものルーティンは
すれ違いざまに教えてくれる


私が誰かということを
















 独り言


毎朝毎朝
通り抜けるT字路
いつも左右を気にして
左折していくので知らなかったけれど

垣根の中でひっそりと
小さな白い花が満開でほころんでいる

小鳥たちのために
そっと残された黄色い実が一粒
気づかれないままに季節をこえて
私に教えてくれる

これは金柑の花

信仰を持たない私だけれど
こんな朝は
小さな神様がいるような気がして

贈り物を受け取ったような
そんな思いで胸がいっぱいになる

ねえ
この世界は本当に美しいね

独り言が
朝に溶けていく
























青 島 江 里



 セピア


君は覚えていなかったの
それとも忘れたふりしてたの

小さい頃
君に借りた一冊の絵本のこと

ずいぶん長い間
借りたままで
まだ僕の家にある絵本のことを

ささいなことでけんかして
気まずくなって
返しそびれたままになって

言い出したくても
言い出せなくなって
刻々と時間だけが過ぎていった

あんなに鮮やかだった絵本
触れるのも怖いくらい
今では姿を変えてしまった

僕たちはおさななじみ
二人のあいだをそっと開いたら
鮮やかな絵本のように蘇る一頁

本当は返してほしかったのに
言えなかったこと

本当は返したかったのに
言えなったかったこと

向かい風にめくられながら
いつしか大人になった僕たち

おたがいの暮らしの背表紙
過去に並べて一つにしたら
僕たちの新しい絵本が微笑み出した

あの日の絵本は君と僕のもの
僕たちはおさななじみ
気心知りつくした一冊の物語




























井 嶋 り ゅ う



 紫陽花の鬼


露を結ぶ窓辺で
目眩に揺れる
空の外れで
重ね続けた群青が
損なわれている

薄闇色の硝子に
情緒が取り込まれた
大人気なく爛れ
ふやける私の前で
雨が破れていく

鬼が見えるのだ
濡れた紫陽花の
群れの中に
鬼の顔が見えるのだ
あそこに見えるのだ

憎しみであるのか
慈しみであるのか
その眼は
混沌として
硝子越しに
去年も一昨年も

護れないものが
多すぎた月日を
誰に責められたいのか
誰に赦されたいのか
私の骨は
未だ怒号を漏らして

原形を留めたまま
夏には屍になる花に埋もれた
その眼から
はぐれるように
内側をはぐらかす
私は再び目眩に揺れる

雷雨に裂かれた沈黙が
体内を循環出来ない血液が
均衡を保てない私が
硝子越しに濡れている
連日、濡れている

鬼が見えるのだ
鬼の顔が
見えるのだ

私には

ここに

















 ラブレター


挨拶ばかりしていました
あなたと私の関係を
なだらかにするためのステップでした
慎重に踏んで丁寧に踏んで毎回踏んで
私は躓きました
私はあなたに辿り着くために
唐突な言葉から始めるべきでした
ストローとか下着とか夏目漱石とか
さんざめくとか蠢いているとか何考えてるのとか
あなたが私の体の中に潜りこむたび
あなたの背後に広がる紫色の夕暮れを
私は孕んでいました
産み落とすために
環境をととのえなければなりませんでした
三日後のための挨拶を
季節を彩る花の日のための挨拶を
ロマンスカーに乗る日のための挨拶を
私がしなければ
私からしなければ
私の体内のものが
別のものに変わってしまう前に
私から挨拶をしなければならなかったのです
狡いのですよあなたは
私にばかり挨拶をさせて
こわいのですよ私は
いつあなたの挨拶が途切れるのか
挨拶だけはきちんとしていて良い子でしたよ
などとよくテレビで聞きますが
良い子が罪を犯すはずがありません
演技なのですよ
あの日もこの日もどの日も
せめてもの、挨拶なのですよ
だからやめました
挨拶はやめました
途切れてもいいのです
紫色の夕暮れはもうありません
孕んだものは変質してしまいましたので
夕べ殺してしまいました
凶暴な姿で襲ってきましたから
正当防衛なのですが
私が殺したことに間違いありません
あなたには近々マイクが向けられるかも知れません
あなたは証言者になるかも知れません
テレビの中の近所の人たちみたいに
声色を変えられて
モザイクをかけられて
あなたは証言するのです
挨拶しか出来ない女だったと
紫色の夕暮れなど存在しないと
意味がわかりませんねと
そんな人には見えませんでしたけどねと
悲痛な面持ちで
他人行儀に
いつものあなたらしく
僕たちには何の関係性もありませんと
あなたは証言してください
私はあなたを守れませんので
そのへんのところを
どうぞ宜しくお願いいたします

















 群 れ


流行りの言語で喋り
電子機器を片手で触って
酒を飲む算段をしながら
けたたましく笑っている

店員さん、ここに鳥が居ます

「プロデュースシタノ、オレ」
「サンオクエンクライダッタカナ、コノトケイ」
「ノミカイヒライテクダサイヨ」
「マジカマジカキクケコケエエ」

店員さん、鳥が紛れ込んでいます

仕事の合間の休憩時間に
喫茶店で珈琲を飲みながら
読書をしていた私は
うっかり文字を読み損ない

店員さん、カラフルな鳥が
アイス珈琲をこぼしています

船が難破して無人島に辿り着いたら
沢山の大きな卵があった
喉の渇きに耐えきれずに
卵の殻を割って飲んだ男は
血反吐を吐いて即死した
その夜、死んだ男の身体に羽が生え始め
鳥として蘇った男は仲間たちを襲い始める
という物語の
ちょうど最終章に入ったというのに

店員さん、きっとあの人たちも
卵を飲んだと思われます

鳥人間の好物は人間の肉なのだ
腹を空かせた人間大の鳥は
ひたすら食欲にまみれ
先に餓死する者を木の上から見極めている
一人貪れば一つ卵が産まれる
あと二人
あと二人なのだ
鳥として生きるか
人として死ぬか
さあ、どうする?
島には卵が溢れている
けたたましい鳴き声が響いている

店員さん、私たちは襲われます
ここで珈琲を飲む前に
あの人たちは卵を飲んだのです
難破して喉が渇いていたのです
だから卵を飲んだのです
生きる為に卵を飲んだのです
だって鳥人間になるなんて
けたたましく鳴くことになるなんて
知らなかったんですよ
仕方がありません
羽は生えていませんけれど
きっと進化したに違いありません
だから逃げましょう逃げた方がいい
店員さん、先にお席のご確認をお願いします
などと言ってる場合ではありませんよ
ここは間も無く血の海となります
都会の真ん中が血みどろの
卵ばかりの無人島と化すのです
私は逃げます逃げますよ、店員さん
このトレーを返したら、私は逃げます東北に
東北には私の実家があるんです
うちの畑のトマトは美味しいですよ
今度差し上げますね
そうじゃなくて、店員さん、聞いてます?
ここは間も無く
血肉でどろどろのぬるぬるのぐちゃぐちゃのあああああ
だから、ねえ、店員さん
あ!
店員さんも飲んだのですね、卵

















 月と兎


急行満月行きの列車に
乗り遅れた兎は
九月の餅つき大会に間に合わない
今年こそチャンピオンになりたかったのに
筋トレもしたのに
悔しくて上下に飛び跳ねながら
ふて腐れた兎は
近くの丘に登って
月を見上げながら
大会用に用意してきた餅を
すべて食べ満腹になると
高いびきをかいて眠ってしまった
いつもそそっかしい兎は
最終列車の各駅停車満月行きが
間も無くやって来ることを知らずに
よだれなど垂らしながら寝入っている
斜面から滑り落ちたことにも
腹の上の虫の声にも気づかず
表彰される夢を見ながら
長い耳で音頭をとって
兎は陽気に眠っている




























Kazu.



 ある晴れた日に


持て余す時間というものがある

やるべきことがないわけじゃない
むしろ残された時間の少ない僕には
やらねばならぬことは山ほどある
だが何をやっても集中できない
何かを始めても途端に嫌になる
時間だけが流れていく

窓の外は初夏の装いで
遅鳴きのウグイスが鳴いている
室内ではプッチーニの『蝶々夫人』が
ひとしお高らかだ

昨日僕は一篇の詩を書いた
他者の詩人の評も書いた
今日の僕は詩も書かず
昔の詩人の言葉の縁に腰かけて
コーヒーの澱と一緒に沈んでいる

「時間よ、止まれ!」

子どもの頃
テレビで見た『不思議な少年』サブタンは
今もどこかで時間を止めているか
時間を止めて危機を救った正義の少年も
今ではもう立派なオジイサンだ
周りがみんな静止した瞬間に
自分だけが動ける世界は
やはり淋しい時間に相違ない

『透明人間』という奴もあった
他人に見られず行動できることは
誰にも認識されない日常と等価か
見られないことで満足できたなら
どうして安部公房の『箱男』は
箱の中から覗いていたんだろう

蒔かず刈らず倉に納めず
小鳥たちの声が喧(かまびす)しい
ホトトギスに托卵されたウグイスは
やはりオヒトヨシなのだろうか

ある晴れた日に
マダムバタフライは
バタフライナイフじゃなくて
懐剣で自害した
蝶々さんも結局は
ピンカートンに托卵されたのだ
でもウグイスは自害なんてしない
本能は理性に勝るのだ

こんな風にして
やることが山ほどあるのに
持て余す時間を弄んでいる

そんな梅雨の中休みの
ある晴れた日に


























齋藤 純二



 いわき七夕朗読会


流された街は乱離骨灰(らりこっぱい)
崩れた建物は積み重ねられ瓦礫の山
異様な臭いに言葉をなくし

海の前で帰らぬ家族を待つことさえできない
原発事故によるさらなる悲劇

被災地の途轍もない哀しみの前で
私は震災の詩を書くことはできませんでした

それでも被災地に
寄り添うための詩は書けるのです

二〇一八年七月七日
いわき七夕朗読会
復興を願う詩人が遠方からも集まってきて
詩人の詩を朗読する声が被災地へ届けられていく

いまだ放射線量が高く帰還困難区域となる場所もあり
被災地の方々は避難され疲れきっている

周囲に驚くほどあったフレコンバッグは
今も中間貯蔵施設に休む間もなく運びこまれている

まだまだ震災の爪痕に脅かされています
関心が被災地から薄れぬよう
私たちは復興を願い表現していくのです

そして被災地からも
原発反対を訴え続ける詩人たちがいます
春も夏も秋も冬も現状と向き合い
時に厳しく、時にせつなく、時に涙ながし
優しく強く、時にはユーモアで乗り切ろう、と

日々、復興のために詩を綴り表現されている
そんな神さまみたいな詩人たちも応援したいのです

いわき七夕朗読会での願いが天に届き
いつまでも強い絆で復興のために詩を輝やかせつつ
どうかみなさまと大地がもっと元気になりますよう






















シルクブルー



 執 着


私はお前を手放さない
お前は私のものだ
誰にも渡さない
強大な力であるお前を
得るために
多くの敵と戦った
時には味方の血も流した
私自身も傷だらけだ

何と言われても
何をされても
私を脅かすことはできない
慌てず 騒がず
何も言わず
嵐が過ぎさるのを
待っていればいい

何も信じられない
信じられるのはお前だけだ
私はお前を手放さない

誰かが言った
私は変わってしまった
お前を得る前の
私に戻ってくれと

冗談ではない
お前を得る前の私は
つまらない人間だった
お前を軽蔑していた私は
愚かだった
お前の価値を知った時
確かに私は変わった
そのことを非難する者もいるが
気にすることはない
ただの
妬みだ 雑音だ

何も要らない
お前をしっかりと
抱きしめていればいい

誰かが言っている
私は死んでいると
それが何だというのだ?
誰かが言っている
お前を手放さないと
永遠に闇の中に捕らわれて
光を見ることができないと
それが何だというのだ?

強大な力のお前
私はお前を使って
世を動かした
多くの人が
私にひざまずいた

雑音は気にしない
今も私は
私にひざまずいている
すべての人を
眺めているのだ





















澤 一織



 綻 び


夜を漂い
疲れたふたりが
辿り着いたのは
静寂に馴染めず
妙な光を放って佇んでいた
外装だけ派手なラブホテル

閉めたカーテンを
夜風に揺らすと
あなたはベッドの上で
ひとり 踊りながら 
さっき ふたりで観た
一筋の流れ星の話をする 
 
あなたの高揚した声に
相槌を打ちながらも
心なしか 寂しい気持ちが過る

グローブボックスに置いた指輪は今頃
収まるべき体温を探しているだろうか

不意に感じる夜の終わりに
目を逸らしては
結び目をきつく縛って
今夜もふたり
解けないように 
流れ星に願ってみたけれど
あなたは
綻びに気がつかない人ではない

薄化粧も落とさずに
眠ってしまった
あなたの長い睫毛を
薬指で揺らしてみる

指先に残る愛おしさが
少しだけ 憎い

あなたが
濁りのない夢から目覚める前に
卑猥な明かりにまぶされながら
感傷を洗い流して

窓際に座って
初夏の風に
紫煙を乗せる

もうすぐ 朝が迎えに来る
もうすぐ 朝が迎えに来るけれど

ふたりは
まだ結び目に触れないまま
朝陽から逃れるように
夜を漂っている
















 まなざし


血に塗れたニュースに
無数のまなざしが
裁きを下すよう
罪人を抉る

正義の名の下
ある者は 尤もらしく犯行の動機を論じながら 罪人の遺伝子まで
溯っては 後世まで 吊るし上げ
ある者は この世に罪人を産み落とした親の躾の不完全さを指差し 
世界中に 隙間なく ばら撒く

その行方に 息苦しさを覚えて
胃薬と共に噛み砕く禁煙補助剤

笑えないんだよ
何が起こるか 分からない日々に
自分の身にだけは
何も降りかからないだろうと
他人事のように笑い飛ばせたのなら

そして また
別の血に塗れたニュースが映し出されて
女 幼子しか狙えない卑怯者が
「矛先は誰でも良かった」 と
まなざしをこちらに向けて来るから
そのまぶたの奥にあるのだろう
まだ語ることのできない胸のうちだとか
もう どうでも良くなって
剥いた

まなざし
まなざし
まなざしでめった刺して

レンズの向こう側の
爪を剥がしたくなる

そして また
新たな血がニュースに映し流される



瞼の奥
手繰り寄せる記憶の中で

まだ 血が今日を赤く染める前に

誰か
一人でもいい
例え
一度でもいいから
あたたかな まなざしが
あなたを抱きしめていたら

夢現つ
まなざしの行方を見つめていると
アナウンサーが今
血に塗れたニュースを読み終えた






















葉月 祐



 はじめよう


昨日の澱みを
そっと払うように
穏やかな風が吹いていた

風はカーテンを揺らし
目覚めを促すと
感覚のひとつひとつが
からだの隅々まで行き渡った

部屋を出て
階段を降りれば
一日の幕が上がる

さあ わたしの休日を はじめよう


チーズトーストを焼く間に
アイスコーヒーをいれて
窓から見える朝の空を
ボンヤリと眺めたりして

テレビをつけてニュースを流し
時計も見ずにノンビリと過ごす

何をしようか考えている内に
休日の朝はあっという間に
走り去ろうとしている

この手には掴めない
太陽や雲
吹く風と共に


紫陽花の青よりも
高く澄みわたる空を
窓際から見送って

すっかり冷めた
チーズトーストを
大きく ひとくち頬張ると
幸せの味がした

明日もこんな日ならと 伸びをする
けれど ご褒美は時々あれば十分だ


わたしの休日に
特別な事は何も無いが

時計を必要としない
こんな心地の良い朝を
スロースタートな一日を

幸せや喜びを噛みしめて
過ごしている


庭から
鳥の声が聴こえて
私はテレビを消した

そしてまた
チーズトーストを
ひとくち 頬張った

















 閉じられた傘


降りしきる雨の中で
閉じられたままの
透明な傘が
戸惑っている

  今こそ出番のはず
  仲間はもう活躍している
  それなのに あなたは
  わたしを開く事も無く
  ずぶ濡れになっているものだから
  随分と注目を浴びていて
 

しとしと降りではなく
ざあさあと音を立て
水たまりをこさえていく程の
大雨が 彼女を濡らしている

  全ては 防げないかもしれない
  しかしこのままでは
  あなたが風邪を引いてしまう
  このままでは わたしも
  傘としての役目を果たせない
  あなたを守れない


雨が降る 冷たい雨が
先日までの暑さを流すように
傘を左手に握りしめたまま
彼女はすっかり冷え切っていて

  強い力であなたは
  わたしを握りしめる
  憤りからか 悲しみからか
  寒さに震えているのか……
  雨からもあなたを守れないわたしに
  いったい 何ができるのでしょう


彼女は雨を纏いながら
天を仰いでいた
傘に落ちる滴の幾つかは
何故か 熱を帯びていた

  あなたはとうとう
  わたしを開かないつもりらしい
  それならば わたしは
  ただ傍にいましょう
  あなたを独りにしない為の
  閉じられた傘でありましょう


降りしきる雨の中で
閉じられたままの
透明な傘は

傘としての役目は果たさず
ただ 彼女に寄り添っている

  わたしが彼女にできる事は
  元々少ないし
  そもそも閉じられているので
  今 確かにできるのは
  あなたの傍にいる事
  たった それだけですから

  わたしも あなたと共に
  雨に打たれようと
  心に決めたのです
 

彼女は傘を
更に強く 握りしめた

















 四つ葉


一日が終わっても
始まったその後も
四つ葉ひとつ分の
しあわせが残りますように

涙を拭えずに震える
誰かが隣にいたなら
四つ葉をはんぶんこ
ふたりで笑いあいましょう

野原に揺れる花ばかり
見つめてしまうけれど
いつも彼らの足元には
しあわせが散りばめられています

うつむかなければ
見つからないもの
四つ葉ひとつ分の
しあわせと目が合いますように

眠りにつくときや
目覚めの瞬間にも
心の中でほほえむ
やさしい四つ葉のクローバー


きみの中にも ほら ひとつ






















ひ な の



 梅雨前線


降りしきる雨は
私のこころを
写してくれているのだろうか

ノイズのような雨音に
嗚咽を混ぜたら
世界も泣いているみたいだ

 ながらへばまたこのごろやしのばれむ
 憂しと見し世ぞ今は恋しき……


言い聞かせるように
つぶやく声は
情けないほど震えて

戒めるように
くちびるを噛んでも

手のひらですくった
水のように
嗚咽がこぼれていく

いつかこの哀しみも
いい思い出だったと
言える日がくるのだろう

それは背伸びした
強がりではなくて
過去を愛おしむような
やさしい眼差しで

だから 今だけ
我慢しなくていいですか

しゃくりあげて
言葉にならない言葉を
吐いて 吐いても

いつもなら憂うつな雨が
今日はやさしく
私を包んで
隠してくれるから


 
※藤原清輔





















く  れ



  駅


駅は
人が慌ただしく乗り降りする場所だ
乗る人、降りる人が
駅の中ですれ違っても
それぞれの行き先などは考えたりしない

震災から
しばらく過ぎてからなのだが
降りたまま帰って来ない人がいるようだ
そんな話が聴こえてきた

原発被災地の駅と駅を
JR線は時間を置いて繋いで来たのだが
切符の買い方が変わったようだ

放射線量を下げる為に
重機が大地を削り
除染の手を
たくさん入れてきたことも理由の一つだ

  *

目安となるタバコ屋さんや
パチンコ屋さん、葬祭場さん、コンビニさん
が 見当たらない

古里の姿は変わってしまった

だから切符を買う時は
乗車する駅と帰る道順まで細かく指定しないと
戻れなくなる

改札前の切符売り場の発券機は混乱している
システムが変わったから
買い方が分からない人ばかりが並んでいる

慣れるまでにはまだまだ時間がかかるだろう
それにしても帰って来ない人は
今 どこを歩いているのだろうか

  *

復興の言葉は行き交うが、その人たちのことは
話題にもならない
街中は寡黙だから
その人に出会っても声をかけることはない

やっと繋がったJR線の駅前に一人立って
そんな事を想像している
これから駅前から離れて街の中に入っていく
少し緊張しているのかも知れない

駅は何事もなかったように
次の列車の到着時間をアナウンスしている

















 夕 日


夕日が長い坂道を上ってくる
坂道の上の少し離れた先にある森の中に沈むために

この坂道で遠い昔だが美しい見知らぬ女性に出会った
その身体から夕日色が四方に放散していた

言葉を交わすことがなかったが記憶が蘇ってきた

  *

原発震災後には
この坂道は帰還困難区域の中に入ってしまったので
上り下りができないでいた

坂道ですれ違ったその女性は
記憶の隅っこに保存名をつけずに残っていたのだ

七年が過ぎてやっと特別措置法による除染などで
帰還困難区域から解き放たれた坂道

長い期間一度も記憶の中を覗くことはなかったから
その色の存在をすっかり忘れていた

  *

夕日が長い坂道を上ってくるのに出会った
夕日が沈もうとしている森は大きくなっていた

七年ぶりですね! と
言葉を交わしたかったのだが
記憶が消えてしまいそうでその言葉を飲み込んだ

夕日が女性を引き連れて僕の側を通り過ぎて行く

僕はその背中を
森の中が真っ赤になって燃え尽きるまで追い続けた

























藍音 ななを



 豪雨の日に


私はたびたび
病気と言うものに負けてしまうときがある
年齢を重ねたせいもあるだろうし
体調の変わり目の年齢でもあるのだろう

その度
現代の医療や
科学の恩恵にあずかって
体調を取り戻す

その度こう思うのだ
 いまの時代でなければ
 この年齢までも
 生きられなかったのかもしれないな と

昔の人は言ったものだ

 人生六十年

五十にもなれば体調も変化し
還暦までに人生の総括をしたり
身辺の整理のために時間を費やす
六十になれば
暦が一周するまでよく生きたものだと
周囲の者と祝い
残りの生は
儲け物だと静かに生きる

江戸時代は
平均寿命が五十代だったか
どこかでそんな話しを聞いたときに
確かにそのくらいの年齢で一度
篩にかけられるかのように
体調を崩したり
大病が見つかったりするのも
人間の遺伝子システムに組み込まれた
ターニングポイントだったりするのか
そんなことを思ったりもする

いまの人間は
途轍もなく長生きなのだ
やっとと六十代で定年かと思いきや
定年も六十五歳に延ばされ
年金も支給年齢が伸ばされる

それどころか
人生百年計画などと言うキャッチコピーを見かけて
一体なぜ
これほどまでに人間は
生かされ続けねばならないのかと
疑問に思うのだ

現代の科学がなければ
とうの昔に静かに生を閉じていたであろう人たちが
中年を過ぎた頃から
毎日投与される薬で命をつなぎ
自分で動けなくなれば
横たわったまま
鼻から通されたチューブや点滴で
心拍数を得るためだけに
管や機械に繋がれて
木の棒のようになって生きる
そんな人たちを
今までたくさん目にしてきた

そして
それを見つめる
幸福な笑顔のない人たちも

だから私は
子供には平素から
機会があるたびに伝えているのだ

 おかしいなと思ったらすぐ施設を探して
 入所させて頂戴ね
 そしてあなたの心の具合がすこぶるいいときだけ
 笑顔を見せに来てくれたらいいわ
 私は私で日々の楽しみを見つけて生きるから

 もし
 私が何かで倒れたときに
 回復の見込みがないと医師に告げられたら
 延命は一切しないでほしい
 あなたの気持ちに区切りがつかなければ
 一度だけ生きる時間を引き延ばしてもいいけれど
 あなたの人生の足を引っ張ることになるから
 できることならそれはしないで欲しいの

 あなたは
 私の介護をするために生まれてきたのではなく
 あなたの人生を生きるために生まれてきたの
 あなたはあなたの人生を生きなさい

そう話すたびに子供は
真剣に
私の目を見据えて
 はい
そう答える素直な眼差し

この子はきっとわかっている
私の言いたいことも
普段言わない思いも

そして
いつまでも終わりのない
介護の辛さや悲しみも

先日から崩した体調が
まだあまり芳しくないなか
少しずつではあるけれど
自分の周囲から物を減らしながら

 科学や医学の進歩って凄いな
 ただそれのすべてが
 幸せに繋がるわけではないけど

集中豪雨の中
避難勧告の警報が何度も鳴るのを聞きながら
科学の発達も文明の利器も
凌駕してかなわない自然の驚異を思った
七夕前日

科学は進んでも
人は自然には
逆らえない

私は
できるだけ
逆らわずにいよう





























瀬  未



 目 印


他と間違わないように
傘の柄には
うす水色の細いリボン

道に迷いそうになったら
角にあるポストを思い出して
そこを右に曲がる

あと何日
忘れないように
カレンダーには大きな花丸

困っても
すぐ気がつけるように
散りばめられたヒントは

過去の私が
未来の私に
託すバトンだ

しっかりと
胸に刻んだり
目に焼きつけたりしたつもりでも

それは一瞬

流れ流れて
もう戻らない
いくつもの羽ばたき

いつまでも
掴んでいることができないものたちよ

波や風のように
無情にも
淡くほどけさるのなら

せめて
その痕跡の
手がかりを残したい

心配性の昨日の私が
そっと用意した
明日の私へのプレゼントは

こうして
今日も私の輪郭を
くっきり
浮かび上がらせてくれている

いつか
涙とともに忘れてしまうこと

上書きして
いつまでも覚えていたいこと

そのすべてが
今日までの
私を形づくっていて

時の光
さらされているうちに
オリジナルの影は
更に濃くなってゆく

あなたが
私を見つけたように

それぞれ
その人だけの目印が
今日もどこかで
育っている

きっと

誰もが
誰かの目印