今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







沢口 リリキ  


 投影の楽園


紺碧の沖に
幾重もの帯のような
白浪が立っている

あの眩しい浪も
やがてこの渚を訪れるだろう
南風を伴って

汐の匂いがする

細かく
砕けた石灰岩の真白い砂浜
真上に昇る太陽の沈黙

椰子の葉は
夏に向かってそよぎ

ざわめく意識の海原は
穏やかに凪いでゆく

楽園はいつでも
自分の内側にあり

目の前に
それを観た

まぎれもなく
いま確かに

ここは
私が映し出した
投影の楽園

どこまでも突き抜ける
澄み渡った青が
永遠の扉を開いてゆく





                       〔三浦志郎:選〕





 お前の中の俺


「真夜中、俺はお前にささやく」

 馴染めない社会なのに
 少しもはみ出したくないんだろう

 人に認められるのが
 全てなんだろう

 ダメな自分を
 晒せないんだろう

 何一つ実行しないのに
 理想だけは高らかなんだろう

 自分の言葉がないから
 人の言葉を盗んで掲げてるんだろう

 誰かの英雄的行動を称賛し涙するのに
 自分が居合わせたら尻込みするんだろう

 その無力さを美徳にすり替える為に
 嘘で人生を塗り固めているんだろう

「気づいているくせに」

 お前は毎日を波風立てる事なく
 やり過ごせればいいだけなんだ

 流されることが楽なんだ

 他者を認めず
 嫉妬の塊なんだ

 人を責め立てるのは達者で
 自分が責められたら逃げ出すんだ

 誰も好きじゃないくせに
 同情や関心を引く事だけは熱心なんだ

 世界の惨事を頭で知ってるだけで
 平和について悟ったと満足しているだけなんだ

 誰かの為に身銭を切ったことなどないんだ

 もっとお前について話せるが
 ここら辺で止めておこう

「偽善者め」

 お前を俺は良く理解している
 なにせ俺はお前

 お前には目立たなく
 お前の垢にまみれて俺の居場所はあまり無い

 だが、紛れもなく俺はお前

 そして
 お前と違う名前を俺は持っている

「俺の名前は、良心もしくは勇気」

 どんなにお前に話かけても
 お前は耳を澄ましはしない





                       〔三浦志郎:選〕





 タイフーン


タイフーン、来たる。

 黒い空から伸びた
 混沌のいばらは
 君の淋しい胸元で育つ

 烈しい風雨に打たれた
 今にも消え入りそうな
 夏の薔薇

突然と、やむ雨。

 薄暗い部屋で
 詩集を捲る
 慄えた君の指先

 綴られていた不確かな
 生の苦悩と苦闘の記録

 戸外は微睡んでいた
 終わりの夢に

とりとめのない、君の日々。

 いつしか君は
 生命(いのち)の原液となり
 その輪郭から溢れでて

 動物も虫も
 草花も

 リルケの言葉も
 ロダンの彫刻も

 タイフーンの渦に
 呑み込まれ

 根源の力に溶けていった

ふたたび咆哮をあげる、空。





                       〔三浦志郎:選〕











山下 一歩


 寂しさ


ぺらぺらと
薄っぺらい夜を
幾つめくっても
寂しさを
抑える術も無く

憂いの先に育つ
涙の木が枯れたって
胸の奥で燻っている
もやもやが
癒える訳でもない

隠し事も出来ないほどの
晴れ渡った空が
軽蔑の眼差しで
私を見てる

ゲコゲコと
か細い声で
恨めしいか
寂しいか

雨を待ってる
雨蛙

おまえもひとり
私も孤独

はぐれ者同士
つれない空を眺めては
今日は
じっくり慰め合おう





                       〔青島江里:選〕





 眩しい季節


朝のノートを開くと
沢山の言葉が
きらきらと
木々の間から毀れ出す

風波に
優しさを翻しては
水色の空に
はにかむ若葉たち

葉が揺れる度に
ひかりと影の
追いかけっこ

無防備な風の微笑み

緑の中に埋没した闇

さらさらと
空のページに
書き込まれて行く
季節の言葉

空の端で
待機中の白い影が
チカット光った





                       〔青島江里:選〕











夏  生


 カーテンの向こう側


一週間
予定が切り取られ
治療のもと
規則正しい
無味が並んだ

考えもしなかったこと

目の前に展開されて
手の甲に小さな針が
滑り込んだ

日常を
買い物袋に入れて
軽い引き出しに
詰めていく

薄桃色のカーテンで
仕切られた
部屋では
言葉が転がって
看護師が
目ざとく拾い上げて
横たわる患者に
そっと渡した

夜になると
あちこちから
助けを求める
声が
薄暗がりの中から
立ち上る

心細いのか
苦しいのか
痛いのか
耳をすませば
幼い子の声に似て
さみしさで
カーテンがゆらめく

痛みを口にすれば
少しは楽になる

遠い日の人の言葉

過って消えて

食べることだけが
楽しみなって
あとは
過ぎていく時間を
数えることに
費やす

病の毒気が
ゆっくり抜けていくのを
感じながら
窓ひとつ隔てられた
日常に手をのばす

カーテンの向こうで
話声が聞こえる
若いころの話
今の要求
失った家族のこと
今の要求
日めくりのやさしさ
今の要求

関係なくても
カーテンの隙間から入って来る
私の口から同じ声で
話の続きをしてしまいそうな
かわいた勢いが押し寄せる

心が前に倒れそうになるのを
ベッドのふちを掴んで堪える

泣き出す前に
カーテンが開かれ
退院の許可が下りて
さよならも言わずに
病室を後にした





                       〔齋藤純二:選〕











中  也


 また君と銀河鉄道に乗って旅してみたいな


お金で買えないものが
欲しい

これが最後の誕生日に
なるかもしれないから

指絡めて握り合った
温もりや

初めてデートしたことを
思い出して
笑ってくれる

それだけで
じゅうぶんです

死んだら何も持って
いけませんから

僕は
君の夢を見ながら
最後を迎えるつもりです

君を想った記憶を
忘れたくないから

今度の誕生日
お金で買えないもの
をください

もし僕が死んだら
しばらくは君と会えない
ことでしょう

君が
僕の旅の列車に
いつか乗り込んで来るとき

また
僕たちは恋に落ちます

何処に終着するのか
わからないけど

また二人の旅が始まります

だから
今度の誕生日
お金で買えないものを
ください





                       〔三浦志郎:選〕











三澤 新太郎


 銀 幕


江戸時代末期に建てられたその芝居小屋は
戦前は歌舞伎巡業や地芝居で人気を博し
戦後は映画館となって町民に愛されてきた
がいよいよ今月いっぱいで閉館ということになった

こどもの時分から親しんだこの「銀幕」で
ぼくが一番最初に見たのはアメリカの特撮映画だった
魔法の絨毯でゆく大冒険の旅や
シンドバッドやアルゴ探検隊が
ガイコツ剣士とチャンチャンバラバラ
こども心に胸踊らせて
銀幕を隅から隅まで穴があくほど見続けた

閉館するにあたって疑問にあたった
なぜ「銀幕」とよばれるのか?
白ではないのか?
こどもの頃からずっと白だと思っていた
閉館間際 初めて壇上に上がらせてもらい
まじまじとスクリーンを見てみたらホントに銀色だった
館主に聞いたらサイレント映画の時代からスクリーンは
銀色だったらしい
白色は光を思い切り反射するが銀色は光のヌケがいい
銀のほうが反射効率がいい?らしいのだ
だから「銀幕」か…

でもこの「幕」という字をあてたのが
いかにも日本人らしいとぼくは思う
それは芝居文化からの流れだ

江戸時代から続く歌舞伎の「定式幕」は
黒と緑(萌黄)と赤(柿色)が一般的だ
この幕が現実世界と戯場国の境目にかかっている

柝の音とともに「定式幕」がゆっくり開くと
そこには薄い青色の「浅葱幕」
振り落としという技によってこの「浅葱幕」が
パっ!と振り落とされると舞台一面に満開の菜の花畑
または遊郭吉原の夜桜の風景 一面白の雪景色
観客を一瞬にして夢の世界へ連れていく
「銀幕」もまた然り
光の投影で夢世界の入り口になる

日本人にとって「幕」は夢の世界の入り口なのだ

150年続いたこの小屋の「幕」がいま降りようとしている
さよならの日 ぼくはきっと
「銀幕」から夢の世界に入り
やがて「銀幕」を魔法の絨毯にして
終わることのない永遠の夢の世界へ
旅立つにちがいない





                       〔島 秀生:選〕





 潮 騒


箱の中の砂粒たちは
転げ落ちながら哀しくつぶやく
…牛みたいに暴れたりしないんだよ いつもはね
…お母さんのように穏やかなんだよ 本当はね

白のワンピースに汚れが点々として
割れたビーチサンダルが岩の上でぶらぶら揺れて
少女が傾ける発砲スチロールの白い箱から
砂粒たちの微かな声
…お母さんは海で暮らしてるよ
…お母さんは小さい命になったよ

大人たちは崖下の浜を見つめながらも
少女が奏でる潮騒に耳を傾ける
本物の波音は聞くことができないのかも…
どんより灰色の空と頭を垂れて辿り着く波とが
瞳を鈍く曇らせていた

遠雷だ 誰かがぽつりと言った
遥か沖合の黒雲の中で雷光が走った
ジグザグに横に走り消えた
残していく雄叫びも次第に遠ざかっていった

灰色の空も鍋をひっくり返し
残り物を処分し始めた
信じ難いほど白くふわふわとっした雪は
少女の手のひらに積もりすぐに水玉になった

もう温かいのだ 自分の手も
空気も 岩も
春はとっくに来ていたんだ





                       〔青島江里:選〕











あ さ ぎ


 いつかどこかの面倒


目覚まし時計を止めるのが
面倒くさい
ベッドから出るのが
面倒くさい
顔を洗うのが
面倒くさい
ヨーグルトを食べるのが
面倒くさい
服を着るのが
面倒くさい
化粧をするのが
面倒くさい
タバコを吸うのが
面倒くさい

けど
思うのだ
こんな日も
いつかどこかで思い出になる




                       〔島 秀生:選〕











耀  子


 風が頬に触れてゆく


初夏のデッキには
生き生きとした緑の匂いをふくんだ
風が柔らかく流れ
私の頬に触れてゆく
早朝のデッキに飲む
コーヒーからゆったりと
白い湯気が立ちのぼる

デッキのフェンスに絡まって
クレマチスの蔓は勢いよく伸び
瑞瑞しい葉とともに大輪の紫の花を
幾つも咲かせている

初夏の夜明けは早い
見上げる空には
真綿を薄く伸ばしたような
透きとおった雲が流れていった
そしていつしか
澄みわたった空に

朝の静寂に小鳥が少しずつ鳴きはじめる
僅かな音の世界にかける
マーラーの交響曲第5番
今は亡き友より贈られた大切な曲
タタターン タタターン タタターン
と始まるといつも友が語っていた

沢山の おもいで 思い出 想い出
出逢いと共に別れがあり
そして想い出が残る
歳を重ねるたびに
想い出も重ねてゆく
マーラーの世界に暫く浸り

すっかり湯気の消えた
コーヒーを飲み乾し
デッキの椅子から立ち上がった





                       〔島 秀生:選〕





 見果てぬ夢


つれづれなるままに
パソコンに向かっただけなのに
キーに打ちこみたい
あれやこれやが
私の裡より溢れでた

中島みゆきが歌う『ヘッドライト テールライト』
夜空に浮かぶ飛行機のヘッドライトの
「行き先を照らすのは まだ咲かぬ見果てぬ夢」と
それに唱和して口遊みながら
私の心を過ったのは
私は 「まだ咲かぬ見果てぬ夢」を
いまだ持っているだろうか

そしてまた テールライトが照らす
過ぎ去った夢を 振り返れば
身の回りの
小さな小さな 夢のいくつかは
咲いたものもあれば
蕾のままで終わってしまったもの
蕾にさえならなかったものもある

全ての人が
大きな夢を叶えられる訳ではない
平凡な日常のなかの
歓びや悲しみの中から
希望という小さな花を見つけ
咲かせてきたのだから

これからの人生でさえ
見果てぬ夢を追い
花を咲かそうと思い続けられたら
素晴らしいことかもしれない
でも・・・・

今は雨
古い映画音楽を聴きながら
咲かぬまま終わってしまった
私の恋を想いだしている
懐かしくも悲しくも  あり





                       〔島 秀生:選〕





 あざみの花


あざみの花を見ると
いつも心に浮かぶのは
「あざみの歌」

山にも海にも
愁いや悲しみがある
まして心の花園に咲いている
あざみの花ならば・・・と

なんら感情を持っていない
山や海にそして花に
人の心を仮託している
それが分かっているのに
人は仮託した思いを受け入れる
そして涙するのだ

駅までの道すがら
濃い紫のあざみの一叢が
雨に濡れて
その紫はさらに深みを増していた
茎は太くそして棘は大きく硬い
触れて愛でることさえ出来ない

薔薇のように
華やかな色香を纏って
多くの人を惹きつけようと
する風情でもない
ただ
何気なく路傍に
野原に咲いている花
人に触れられる事さえ拒んでいるような花

拒まれるから
なお愛したくなるのか
孤高と見えるほど
凛とした姿に
惹かれてしまうのか
一番好きな花は
と問われると
私はあざみの花と
呟く





                       〔く  れ:選〕











@すみっこ


 明るい太陽の下で


青い空は眩しい太陽を背負って
緑が生い茂る原っぱの上に広がっている

私は胸の奥の隅々にまで
行き渡るように深く息を吸い込んだ

何も考えない
考えなくていいんだ
与えられた自然からの贈り物を
思う存分に受け取っている

何からにも邪魔はされない
空と大地に挟まれて立っている
思わずこの両手で
青い世界を包むように広げていた

私はここに居る
ここから私を発信していく
種粒のような
存在かもしれない
けれど
精一杯の気持ちを空へ届けるよ




                       〔Kazu.:選〕





 涙の理由(わけ)


ひと粒  ひと粒

含まれている
ちいさな心

言葉はなくても
この中に
ちいさなあなたがいる

引き離したい
離されたくない
どうしてか
仲良くできないね

あなたも
私も
同じくらいに
大事にしてほしい

早くそうなれるように
このひと粒
ひと粒ずつを
そっと
胸にしまっていよう





                       〔く  れ:選〕











小林 大鬼


忘 却


曇り日のベンチの下に
米のとぎ汁のような
吐いたものが散らばっていた


家族や看護師が
心配そうに見守る中
老人は子供のように
けろっとした顔で
何事もなく座っていた


無垢な地蔵のようにじっとして
あらぬ方向を見つめていた





                       〔三浦志郎:選〕











ゆ  き


想 い


今までとは違う想いに気がついて

あなたの静寂さに包まれて
自分を見失ってしまいそうに
なるけれど

まるで太陽の周りをまわる
小さな惑星のように
ゆっくりと静かに
どうしょうもなく引き寄せられ
惹かれていく事が許せない

見たかった景色はもうそこにはなく
ただ静かに想いを重ねていくだけで
これで良かったのかさえも
分からないのに

いつか我にかえるまで
このままでいたい





                       〔く  れ:選〕












偉大なる自傷行為


リストカットの代わりにペンで己の魂を切る

痛みと共に流れ出るインク

血はやがて固まりカサブタになり痛みすら忘れる

だが己の魂から流れ出たインクなら詩となって そこに留まり 感情の軌跡となる

その足跡を辿れば昔の自分と向き合い
語り合うことができるし

優れた詩は何百年もそこに留まり
道に迷った後輩達に草むらにうっすらと
だが浮かぶ轍を見せることすらある

同じ自傷行為ならもちろん後者を選ぶ

痛みの伴わない詩など 嘘八百を並べる詐欺でしかなく

詐欺師の吐く言葉は耳障りは良くてもどこか空しく 不安を漂わせる

僕の魂に響いたのは道なき道を歩いたアウトローの言葉

醜くも逞しく時代を生き抜いた男達の言葉

ブゴフスキーが 彼の生涯を通して
勝手に生きろと語りかけて

ようやく本当の意味での人生の1ページ目を描くことができた

世界を放浪し 様々な価値観に触れて
多くの仲間と出会い そして敵と出会って

最後に本当の自分と出会う

一人部屋に閉じこもって 何百枚も詩を書いても それはゴミくず程の価値しかない

レトリックや文章力なんて大した問題ではないのだ

なぜなら詩は感情そのものだから

順風満帆の人生を送っている者に 詩なんて書けない

だから神に感謝する

激しい感情と反骨心

そして 困難を与えてくれたことに

中指を立てながら やはり感謝する

詩になる 人生をありがとう




                       〔く  れ:選〕











こたき ひろし


 唐突に


私には二十歳過ぎた娘が二人いた。子どもはその二人だけだ。
私はある日二人の娘に向かって唐突に言った。
お父さん童貞だよ。
すると上の娘が答えた。
何言ってるの。お父さんがもし童貞だったら私たち産まれてないわ。最低二回はしてるでしょ。私たちが産まれて来るために。
父親のいたずらなジョークに何ら動ずる事なく言った我が子に私は少なからず感動した。

父親と娘と言っても異性同士だから、お互いカーテンを引いてしまう事はままにあるのは仕方ない。全てをあからさまにしてしまったらお互いは修復できないくらいに傷ついてしまう事は充分に認識していた。

だとしても性を暗い瓶の中に閉じ込めて蓋をしてはいけない
と思う。
以前、娘の口から飛び出した「どうせ減るもんじゃないから」と言う言葉に心臓を突き刺されてから、私は恐れを感じるようになっていた。そこには欲望に支配されて愛情の欠落した性を感じたからだ。
もちろん性から享受される快楽は人間から理性も倫理も奪いかねないだろう。本能と衝動に体が暴走してしまう事を止められなくなるのも自然だから。

性を暗い瓶の中に閉じ込めて蓋をしてはいけない

ある時に娘が言った。頭の中では解っていても、男の人を好きになったら後先考えずに出来ちゃうかもわからないわよ。赤ちゃん。どうせわたしなんかろくな男と出会えないに決まってるけど。そしたらお父さんどうしよう。

そんな風に自分を卑下していた上の娘から昨夜唐突に言われた。
「お父さん会って欲しい人がいるんだけど?」
本当はずっと前からその言葉を警戒していた。私はけしてその言葉を聞きたくなかった。
のに「分かった会うよ」と答えた私は何なんだろう。いきなり喉に鋭利なナイフ突きつけられたと等しいのに。
私は思わずそれを妻に言おうとして娘に止められた。
「お母さんにはもう話してあるよ」
言われて私は言葉をなくした。

父親は母親にはけして勝てないんだと。





                       〔三浦志郎:選〕





 私 は


私は私、私以外に私はいないから
如何なる相手でも、たとえ愛する対照であっても
その死を見送る以外に方法は求めない

私は私、私以外に私はいないから
貴方や貴方のそしてあなたの命に棘が刺さっても
抜いてはやれない
アナタの痛みにかわってはやれない

私は私、私以外に私はいないから
私の命に棘が刺さったら
アナタに痛みを分けてあげたい

私は私、私以外の私はいないから
もし私が死にそうになったら
他の誰かに代わって貰いたい


はてさて
私はなんて酷い人なんだろう
私は私を蔑んで
貴方も貴女もあなたもそしてアナタも
私を蔑んで
みんながみんな私を蔑んでも

私は私、私以外の何者にもなれないんだよ




                       〔Kazu.:選〕





 生い立ち


私は子供時分不潔極まりなかった。
風呂が嫌いで一週間や二週間入らなくても平気だったからきっと周囲に悪臭を振りまいていたに違いない。
毎朝顔も歯も洗わなかった。

たしか小学五六年だったと思う。ある夜の事だ。
ひろし、今夜は姉ちゃんと一緒に風呂へ入ろう。垢だらけの体洗ってあげるから、と言われた。「お前は汚すぎる」と言われた。
私には三人姉がいたが、一番上の姉ちゃんだった。
既に二十歳を過ぎていて結婚を間近に控えていた。時々相手の家に泊まりに行くことがあって、それがどういう事なのか私は薄々解る年頃だった。
私はは姉が好きだった。だから他所の男に取られるのは納得のいかない気持ちになって、子供ながら嫉妬に苛まれていた。
そこにはたしかに性に目覚めだした少年の体に陽炎みたいに揺れている熱があった。

姉は、嫌がる恥ずかしがる私を無理矢理風呂へ連れていった。そして躊躇いなく私の服を脱がせた。
姉は母親してくれない事をずっとしてくれていた。私は我が子に関心を向けない母親に感情がわかない子供だった。
私が全裸になると後を追いかけるように姉も裸になった。姉の裸を見るのはそれが初めてではなかった。
彼女は開放的なのか、風呂上がりは平気で家族の前に裸身をさらした。
だけど間近に女の裸体は刺激が強い。
姉は構わずに弟の全身を洗ってくれた。

私が結婚すると言うときに姉は言った。
ひろし朝マラは元気がいいから子作りは朝にしなと言った。「姉ちゃん信じられないよ。お前がお嫁さん貰えるなんて」と続けた。

結婚して妻に姉と風呂に入った事を口に出してしまったら一言で言われた。「いやらしい」
卑猥な思いを込めて、いやらしいと聞こえた。




                       〔三浦志郎:選〕





 私は若い頃


私は若い頃反戦の詩ばかり書いていた
偽りのインクを垂らしながら

遠くまで遥か遠くまで
道の上には損傷された人の死体が倒れて続いていた
人間の腐った匂いが立ち込める中をかろうじて生きている人間たちが意識を朦朧とさせながらよろよろと歩いていく

そんな光景をイメージしながら書いていた私は左翼系の詩人の団体に所属していた
詩を書く便宜上利用していただけだった
私の本質は右でも左でもない
かといってまん中でもなかった
宙ぶらりんだったからあっちこっちに揺れていた



私は若い頃反戦の詩ばかり書いていた
偽りのインクを垂らしに垂らしながら

戦争に巻き込まれたくはなかったが
地球の裏側にまで離れていたら
痛くも痒くもないのが本音だった

戦争を知らないんだから
戦争を知らないんだから

戦争を何も知らないくせに
反戦の詩ばかり書いていた自分は
いったい何だったんだろう

なんて書きながら
今はひっそりと反戦の種子を蒔きたくなったのは
家族を守りたいという
思いが静かに芽をだしているからかもしれません




                       〔く  れ:選〕