■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

坂 口  簾 
 詩集『 鈴と桔梗 』 から8篇

         





呼び子


尾根に出ると
誰かに呼びかけてみたくなる
そうして たしかに答えられたと感ずることがある

やまびこ?
いいえ
やまびこなら それはあなたの願望
それよりも 呼び子のことを語りましょう


言葉が言葉を呼ぶということは
なんと残酷なことでしょう
山で見失った仲間の名を呼ぶうちに
呼び子に答えられ
呼び負けたら命を失うと
夜通し呼び続けて
とうとう血を吐いて亡くなった木挽きの話を
あなたは聴いていませんか
それから
  東の谷 ほうきき
  西の谷 ほうきき
犬を呼び続けて行き倒れた猟師の話を


いまも呼び続けているかれらの声を
ときに わたしたちは聴いてしまうのかも知れません
そのときわたしたちはきっと
言葉に殉じたかれらの魂の近くに立っているのです

尾根だけではありません
帆柱にとまった呼び子に呼びかけられ
この場合は
ついに呼び子を呼び落とした船頭の話を
わたしは聴いたことがあります


あなたも
呼び子の話を記憶しておこうとは思いませんか
なぜって
わたしたちも
いつか呼び子になって
この世界のどこかに棲み続けるにちがいない









礼文島紀行


   
人魚は、南の方の海にばかり棲んでゐるのではありません。北の
   
海にも棲んでゐたのであります。 (小川未明「赤い蝋燭と人魚」)

黒い風呂敷を振るように
海が鳴る


うねりの谷間で
北の狼が耳を立てている


雲が割れる
冬のひかりが降って来る


丘にはいちめん 枯れ色のしとねが用意されているが
狼たちはそれは知らない


かれらはいっせいに立ち上がり
吠え
疾走し
岬の岸壁を駆けのぼらないではいられない


かれらは先を争う
冬の筋肉をいっぱいに開いて
岩を蹴る
抱き はじかれ
白い静止画を描きながら
落下を飾り
虚空におのれを刻印しないではいられない


ところで
岬の丘に狼を見たものはいるか
丘に散るしぶきのなかに
かれらの夢を読み取ったものはいるか


先達てまでの花の季節を剥ぎ取られ
あらわになった曲線を恥じらうように
丘にはいちめん 枯れ色のしとねが用意されているが
それは
岩鼻を越え
かたちを失って倒れ込むものたちのためでなくて誰のためだったろう
そうでなければ
やがて六月
島いっぱいに花々が咲きほこる理由がない


子どもの頃わたしは
瀬戸内の波頭を
一列になって渡って行く菟
(うさぎ)の群れを見たことがある
淤岐嶋
(おきのしま)から氣多前(けたのさき)まで
和邇
(わに)の背を数えながら渡って行った菟の話を聴いたこともある


危険を冒して
菟たちはなぜ海を渡るか
いま 北の島に立ち
あの菟たちが
来るべき季節のために
島々へ
花の種を運んでいたことを
たしかに信じることが出来る


菟は
南の海にばかり棲んでいるのではありません
北の海にも棲んでいるのであります


北の狼よ










庭 前


落葉を終え
樹が
樹形に物語を書き込んでいる


虚空は構造を与えられ
意味が充ちて来る


鳥は枝に来て
せわしく首をかしげ
たって行く


猫は立ち止まり
毛を立て
相槌を打って走り去る


風は梢に
感情を読み込んで通り過ぎる


やがて
この官能的な宇宙に星は降
(ふ)
饗宴に
庭はどよめくだろう











時 空


透明に翅をふるわせていた告白も
律儀に腹腔を駆けあがっていた欲情も
何もかも引き渡して
昆虫は
路傍に横たわる


すると
風は
空洞になった触覚にやって来
少し奏でる


陰は
ゆっくりと胸郭のかたちをたしかめ
眼窩にたまる


そうして
昆虫は
たとえば
地を這う草の
そよぐ蔓先の
露が
時空を包みとる瞬間を見たりする










疎林へ


ちち ちち
すずめの姿をした最後尾の精霊たちが
先ほど
脇をすり抜けて行った
空になった林
集合の時刻はとうに過ぎている


信号を待って街を横切り
橋を渡り
果樹園に入り
寺院に詣で……
そんな旅行は終わったのだ

この 落葉を終えた疎林の彫像の内部へ
下りて行こう
どこから来て どこへ
希薄になった時間のなかで もう誰も問いはしない
目をこらして見えて来るものなどありはしない
手をさしだして触れて来るものなどありはしない


この 落葉を終えた疎林の彫像の内部へ
住みついている蝙蝠の息づかいや 羊歯のそよぎの向こうへ
下りて行こう










不 在


隧道のなかに
紙が舞っていたのは
黒いアーチ型の虚空に向かって
なにかを告げようとしていたにちがいない


通り抜けて
わたしが行き着いた建物では
門は閉じられており
彫金の表札も
白い窓も
なにも語りはしなかった
衣服のように揺らぐものが見える
楽器のようにそれはたしかに鳴っている


君の不在


かりに隧道まで引き返したところで
紙はもう埋もれているだろう



      
── 一九九五年二月  喜多行二病没 ──









幸せな空間


庭の隅の
たとえばひいらぎの根もとの
地蜘蛛の袋を伝ってにじみ出る
透明な揺らぎ


かつてわたしが親しみ
いつくしみを受けたものたちから
その不在とひきかえにとどけられる
言葉のように分明ではないが
しかし
説得的な空間


夏の終わり
虫たちはここへ来てひとしきり羽根をふるわせ
やがて去って行った
蜥蜴は
小春の陽にしばらく肌をさらし
小さな盛り土に変わった


「あら、ちょうちょ……」
今朝のことだ
妻の声にふり向くと
こぼれた山茶花のひとひらが
ちょうどここを横切るところだった


理不尽な不在とひきかえに
地上のものたちには
選ぶことの出来る空間が用意されている









帰 郷


ほたるは飛んで来て
わたしの肩にとまると
息を継ぎ
やがて飛びたった
するとまた飛んで来て
同じように息を継ぎ
またたった
同じ個体であったかどうかは分からないが
わたしは何かを語りかけられたと確信した


わたしは日没前からずっと歩いていた
脇に小川を感じながら歩いていた
川は草に覆われ 道は消えていた
幼時 腹ばいになってハヤの背に見入った記憶がよみがえる
あの土橋はもう渡ったろうか
向こうに浮いているのは
山門か
あのぎざはしを上ったら
わたしの幼年期の原型がたどれるか


川はそこを迂回していた
立ちのぼるものがある



とつぜんに
ほたるが湧きたったのだ


かれらはせわしく
力を尽くして語ってやまぬ
わたしがそこに置いて来た
そしてふり返ろうとしなかった
土橋の向こうの
記憶の断片


脈絡のないのが救いだが
わたしはけっしてそれを聴きに来たのではなかったので
怖れた








 坂口 簾 さんの詩集 『 鈴と桔梗 』 (書肆山田)
  2018年1月刊より抜粋   ISBN978-4-87995-964-5 C1092
  定価 (本体1,800円+税)


 作品『呼び子』。
 妖怪ファンの人ならご存知だろう。もちろん、かの「ゲゲゲの鬼太郎」もにも出てくる。「呼び子」は、妖怪である。坂口簾さんは島根県の詩人。小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)のDNAを感じる。木挽きの話は『島根県美濃郡匹見町昔話集』、犬を連れた猟師の話は『島根半島漁村民話集』、船頭の話は『島根県安来市民話集』に、それぞれ拠って書かれている。深い民話研究の上に、坂口さん独自の論が加わった一作なのだが、バックボーンの重たさは感じさせずに、実にさりげない。
 終連は、どこか言葉に執着する者に、つまりは詩人に、向けて言っている詩行に思える。詩人は死してなお、言葉への執着から「呼び子」にその魂を変異させてしまうのではないか。そうやって「呼び子」に姿を変えて、世界のどこかで魂を生きさせたいと願う、作者の熱い想いが込められているのではないだろうか。

 作品『時空』。
 それは夏の昆虫にあっても同じかもしれないが、触角の長さを思う時、やはり秋の虫たちをイメージしたい。「翅をふるわせていた告白」も、良い声で鳴いていた秋の虫たちを思っておきたい。ただ、路傍に横たわる昆虫は、自分の生を全うしてというよりも、他者により突然「何もかも引き渡して」、死を迎えようとしているようである。
 風は、その触角にふれる。陰は、横たわる昆虫の、凹凸に溜まる。そして昆虫は、命が途切れる刹那、横たわる視線の先にある草の蔓先が、その立体の露に時空を包みこむ瞬間を、見たりするのだ

 作品『疎林へ』。
 初連の謎の言葉、「集合の時刻はとうに過ぎている」は、2連の内容と、その終行にある「そんな旅行は終わったのだ」に係っているのだろう。いわゆるツアーの旅行では、作者はもう満足感を得られなくなっている。あるいは集合時刻を決められたような中では、自然との対話はできないと思っている。あるいは、そうした団体行動で一律にしなければいけないような人生の生き方は、もういいと言っているのだろう。
 坂口さんは今年84歳。いらぬものを、「終わった」と、言ってしまって良い御年齢と思う。また、その御年齢ゆえに、3連の言葉もあるのだろう。

 希薄になった時間のなかで もう誰も問いはしない
 目をこらして見えて来るものなどありはしない
 手をさしだして触れて来るものなどありはしない


 爆発するような、吐露の言葉である。その想いは熱い。これからは遠慮なく、自分が望むやり方で、旅をすべきである。見上げる高さで落葉を終えた冬の裸木の列を、「彫像」と呼ぶのは秀逸。その「彫像」の内部へ、これからは下りてゆくのだと言う。それらの木々は樹齢を重ねた大木なのだろう。内部からコウモリの息づかい、羊歯のそよぎが聴こえると言う。その中へ下りてゆく。それが、これからの自分の旅なのだと言う。

 作品『不在』。
 その苔むした小さなトンネルは、何を跨いでいるのだろう。たまに車も通るのかもしれないが、人が歩いて通るトンネルのようである。裏山のような小山をひとつ、ショートカットしているのかもしれない。入ると、そこはタイムトンネルのようで、友の旺盛な執筆活動が蘇る。彼が描き、辿り着きたかったものは何なのだろう。作者は共にいながら、理解の先にあったことを悔やむ。
 トンネルを歩いて過ぎると、少しの坂を登って、彼の家がある。門は閉まっている。呼び鈴を鳴らしても、答える者はない。作者は、彼がもうこの世にはいないことを知っている。知っていながらなお、家まで来て呼び鈴を鳴らしてみることで、確認しようとしている。心の空虚を、喪失に変えるために。
 季節は冬。木枯らしの中を、物干し竿に残された白い衣類だけが、風に揺れて、頻繁に音を鳴らしている。それを「楽器のように」と形容するのは、秀逸だ。かくして君の不在は、疑いようもなく、突きつけられることになる。
 抜けてきたトンネルには闇があった。闇は、魂とは親しい間柄だ。だから瞬時、トンネルは、彼の魂のメッセージボードとなったのだろう。作者は、再びトンネルを戻ったとしても、魂はもう異次元に帰っていることを、知っている。作者は振り返らずとも、背後のトンネルの暗闇を、わかっている。

 作品『幸せな空間』。地上のものは皆、死に場所を選べる。空間選択の自由が許される分、それは「幸せな」と形容をつけられるということだろうか。
 虫たちが、羽根をふるわせ、死ぬ前に選んだこの場所。トカゲが、それきり盛り土に変わったこの場所。山茶花の白い花が散る時、一枚の花びらが横切った空中。それらは皆、それぞれが死に際して、選んだ場所なのである。
 しかし、作者がいう「地上のものたち」に、人間が含まれているとは思えない。それはあくまで、自然の摂理に沿ったものたちを指すのではないだろうか。それにしても、死に際して、その空中を選んだ花びら。きっと人から「蝶みたい!」と呼ばれたかったに、ちがいないのだ。この第4連に込められた美は、すばらしい。

 作品『帰郷』。
 蛍が棲む川のそばで育った人は、成人になり都会で暮らすようになっても、また蛍が見たくて、よく帰郷するのだという。してみれば、蛍の熱くない火は、心に望郷の念を点す火であるのやもしれない。
 それにしても蛍が肩に留まり、そののちまた肩に留まるとなると、蛍は何か、自分と話したがっていると思わざるを得ない。あるいは何か言葉を、すでに肩に置いていったのだろうか。
 私もよく川で遊んだ。少年は、上から見て魚が見えている川を、やり過ごすことができない。ただ蛍が棲む川には、いくつか条件が必要だ。私が遊んだ川は、その条件を満たしていなかった。だから私にとっての蛍は、あこがれでしかない。だが、作者にとっての蛍は、そうではないのだ。
 作者は、何か所用があって、帰郷したのだろう。ただ、蛍に肩に留まられた瞬間から、その目的は見失いかけている。幼年期の記憶を遡らないではいられなくなっている。土橋へ向かう途上、蛍はまた、突然に湧き立ち、作者の眼前で舞う。肩に留まられたのを契機に、それらの蛍が皆、言葉を持って来たとしか、作者には思えなくなっている。そして、運んでくる言葉とは、振り返ることから作者が故意に逃れ続けてきた、自らの記憶の断片である。
 人は、楽しい時ばかりではない記憶を、故意に封じることがある。そうすることで生きていくのだ。だから、突然の蛍の群れに、過去の言葉、封じた記憶の断片を突き付けられると、ふっと足元を失いそうになるので、怖い。
 蛍はきっと、それほど鮮烈に迫るのだろう、その美しい炎で。


                                        (島)