□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 261号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十三年

 戦後七十三年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s



●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)



●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)






 編集雑記


◆西日本豪雨で被災された方へのお見舞い

 西日本~岐阜にかけての豪雨被害で被災された方に、お見舞いを申し上げます。
 一ヵ月の降水量の数倍が、わずか四日ほどのあいだに降るという、前代未聞の豪雨でした。二級河川の相次ぐ氾濫、土砂崩れの頻発、雨による災害としては類を見ない規模であり、範囲でありました。7月11日午前1時現在で、死者158人、安否不明は56人に及びます。大変痛ましい災害となりました。亡くなられた方には心よりお悔みを申し上げます。

 また浸水家屋は、今現在、集計ができないほど多く、おそらく一万戸近くまでいくのではないでしょうか。政府も激甚災害に指定しました。ともかくまずは雨が止み、水が引き、ライフラインと建物の復興・復旧、生活再建が急がれるところです。鉄道、道路、橋の被害も多く、どこから手をつければと思うほどですが、一つ一つ、元の姿に戻っていくことを、心より願って止みません。






◆結愛ちゃん続報

 結愛ちゃんの虐待を、隣家の人はここまで感じていた。だから児童相談所に連絡した。しかし助けられませんでした。何故? の疑問はずっと残ります。その状況がわかる記事があります。何が間違っていたのか。せめて今後に生かしてほしい。

 ●Xマスの夜、結愛ちゃんは外で裸足 「前のパパがいい」

 SOSは繰り返し発せられていた。親から虐待を受けて亡くなったとされる東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)。児童相談所(児相)や警察が何度もかかわっていたにもかかわらず、なぜ救えなかったのか。

 2016年のクリスマスの夜、結愛ちゃんは香川県善通寺市の自宅アパート(当時)の外で、うずくまっていた。ピンクのパジャマ姿で裸足。気づいた近所の女性は上着を着せ、冷え切った体を抱えるようにさすって問いかけた。
 「パパ怖い?」
 「怖い」
 「帰りたい?」
 「帰りたくない」
 女性は警察に通報した。女性によると通報は2回目。以前から父親の雄大容疑者(33)=保護責任者遺棄致死容疑などで逮捕=の怒鳴り声や結愛ちゃんの悲鳴、「ごめんなさい」と繰り返す声が聞こえ、激しくなっていた。
 「あんたがこんなやからママが叱られるんや」。母親の優里容疑者(25)=同=の金切り声や、浴室で水をぶちまけるような音も響いた。女性は同年8月、録音をして児相に通報したが状況は変わらなかった。その後、児相が聞き取りに来ることはなかった。

 児相の香川県西部子ども相談センターによると、クリスマスの夜、結愛ちゃんは唇と耳などにけがをしていた。「パパにたたかれた」と訴えたため、一時保護した。
 17年1月、両親と結愛ちゃんの面談で、雄大容疑者が「もう殴らない」と約束。結愛ちゃんは無言だったが、2月に一時保護を解除した。だが3月、警察官が自宅近くで、けがをした結愛ちゃんを発見。センターが再び一時保護した。
 結愛ちゃんは、優里容疑者と別の男性との子。センターの家庭訪問に優里容疑者は「結愛が『パパ、ママいらん。前のパパがよかった』と言う」とこぼしたという。児童養護施設への入所も勧めたが両容疑者から「施設がいいとは思えない」と拒否されたという。
 2度目の保護を解除してから1カ月後の17年8月末、今度は病院が体のあざを見つけ児相に通報。結愛ちゃんは「パパにされた。ママも見てた」と訴えたが、優里容疑者が「知らない」と答え、保護は見送られた。
 雄大容疑者は昨年12月に職探しのため、目黒区に転居。家族も続き、一家は今年1月から同区で生活を始めた。センターは転居などを理由に1月、「指導措置」を解除し品川児相に引き継いだ。品川児相などによると、2月9日に家庭訪問をしたが結愛ちゃんを確認できなかった。優里容疑者から「かかわらないでほしい」と拒否された。20日の小学校の入学説明会に結愛ちゃんを連れて来るよう伝えたが、優里容疑者しか来なかった。
 結愛ちゃんは3月2日、亡くなった。警視庁によると、雄大容疑者が2月末ごろに結愛ちゃんの顔を殴るなどし、その後はほぼ寝たきり状態で、嘔吐(おうと)を繰り返していたという。転居後、虐待がさらに激しくなったとみている。品川児相の林直樹所長は「指導措置が解除された状態で引き継ぎ、危険性を判断できなかった」としたうえで「面会を拒否された時、警察と連携するのか、職員が何度も訪ねるのか考えていきたい」とも話す。
 結愛ちゃんは家の中でひとり「パパママゆるして おねがい」と覚えたての平仮名でノートにつづっていた。香川県で通報した女性は、「大声で泣くな」と怒鳴られ、結愛ちゃんの泣き声がいつしかすすり泣きになっていったことが忘れられない。「もっとできたことがあるはず」と涙ながらに語った。

 ●ノートに「おねがいゆるして」

 警視庁が明らかにした、部屋で見つかったノートの一部。
     ◇
 もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします
 ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおします
 これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします


   ───  2018.6.16 朝日新聞デジタルより



 結愛ちゃんのケースの場合、再婚相手の男性の問題、児相の対応や判断の問題も絡むのですが、一般的に親の「愛情」が「虐待」に転じないための、初期段階の心構えを書いてくれている記事があります。母親は何故、追い詰められてしまうのか。結愛ちゃん事件を短絡的に考えないための「警鐘」も含まれています。


 ■「愛情不足」と言わないで 親を責める便利な言葉

 5歳の女の子が虐待されていたのにもかかわらず、虐待を行っていた当事者である親に許しを請う手紙を残していたという報道があり、あまりの痛ましさに目を覆い、耳を塞ぎたくなります。まだたった5歳だったのになんと賢い子だったことか。それなのに、毎日どんな気持ちでいたのだろうかと想像するだけで胸が痛いです。
 壮絶な虐待をした親も、社会的に孤立していたり、経済的に困窮していたりしたのかもしれない。そうした状況を想像しなくてはいけないとは考えながらも、怒りと救いのなさを感じずにいられません。

 一方で、子どもになにか困ったことがあると「愛情不足ではないか」と言いたがる人がいます。夜早くに寝ないと、おしゃぶりが取れないと、しょっちゅう風邪をひくと、非行に走ると、発達障害・LGBTであることがわかると、原因不明の病気になると、「あなたの愛情不足ではないか」と言われたという親御さんが実際にいます。診療に来てそう相談してくれる患者さん家族もいますし、私も言われたことがあります。
 娘が電車で寝ぐずっていたとき、高齢女性が近づいてきて「お母さん、もっと抱きしめてあげて」と笑顔で下車していきました。実際には、テーマパークで遊んだ後で疲れていただけなのに。とっさに言葉が出ず、それでも何か言おうとした私に彼女は、「いいのよ、わかっているから」という顔でうなずいていました。
 「愛情不足」は、親を責めるのになんと都合のいい言葉でしょうか。愛情は目に見えないし、触れられないし、数値があるわけでもなく検査もできません。今の日本では、誰かにとってなにか理屈で理解できないことがあると簡単に使われる言葉です。もしも、そんなことはない、誇張だと思ったらTwitterで「愛情不足 子」や「愛情不足 医者」で検索してみてください。この言葉を言われて傷つき悩んでいる人たちの声がやまほど出てきます。
 残念ながら子どもが病気やケガをしたときに、医者をはじめ子どもに関わる専門家が、親、とりわけ母親のせいにしてそういう言葉を使うことがあります。間違っているうえに、不適切でご家族との信頼関係を壊す原因になると思います。「もうあの医療機関には二度と行きません」と外来で憤慨するお母さんがいます。もっともです。
 愛情は、持っているだけでは、たとえ実の子どものような近い存在でも、実感することはできません。子どもはエスパーではないので、親が子どもを可愛いと思っていても、目を合わさず笑いかけも抱っこもしなかったら、愛情は伝わりません。行動に移さないと愛情は感じさせられないものです。つまり愛情とは行動です。子どもは空腹でなく、清潔で、保護者との双方向のコミュニケーションがあり、要求に速やかに対応してもらえたら愛情を感じられるはずです。
 子どもが病気のときならば、どうでしょう。例えば、風邪を引いたけれど寝ているほど具合が悪くないときに親が示せる愛情は、母乳・ミルクや食べやすい食事を用意し、清潔な衣服と寝具で、慣れた自宅ですぐに休めるような状態で遊ばせることでしょう。深刻な病気かもしれないと思ったり、症状を和らげる薬が必要だったりしたら小児科を受診すべきですが、風邪だったら必ずしも受診は必要ありません。

 ●「「愛情」を注ぐのは母親だけの役目?

 少し前に宮崎市で自民党の萩生田光一幹事長代行が、「0~3歳児の赤ちゃんにパパとママ、どっちが好きかと聞けば、はっきりとした統計はありませんけどママがいいに決まっている」と発言したことが報じられました。ゼロ歳児で保育園に入れないと預けにくく、親が働けなくなることに対しての言葉ですが、「子育てのほんのひととき、親子が一緒にすごすことが本当の幸せだと私は思います」という言葉の「親子」には、父親は含まれていないようです。
 もちろん、家庭で母だけが育児することがすべての人に最適ではありません。萩生田氏の発言につながるような3歳児神話は、すでに国内外で否定されています。3歳までは母親が子育てに専念した方が良いという3歳児神話のきっかけとなったのは、イギリスの精神科医ボウルビィが1951年に示した理論ですが、彼が言いたかったのは、幼少時に信頼できる大人との愛着関係を築くことが大事だということでした。
 子どもと愛情について考えるうえで、『子どもがすくすく育つ幼稚園・保育園』(内外出版)という本がお薦めです。この本も3歳児神話について否定したうえで、子どもに対する愛情はどういったポイントを押さえ、どう評価したらいいかが過去の事例と統計をもとに書いてあります。幼稚園・保育園のどちらも利用しない人は少ないと思いますが、園の良さを見分けるために何が必要なのかも書かれているので、親以外の愛情を考える際にぜひ読んでみてください。もちろん幼稚園・保育園に携わる人は、母親に「愛情不足では?」と問う前に必読です。
 最後に、親が子どもに対する愛情を本当に感じることがなく、ふさわしい行動がとれないとしたら、「愛情が不足しているからもっと持ちなさい」と指摘されて、そうできるものではないでしょう。子どもに起こる困った事象は、親を責めることで解決はしません。まして、なんの落ち度もない親に「愛情不足」と決めつけることには、弊害しかありません。子どもに関わる仕事をしている大人には、特に注意してほしいです。



   ───  2018.6.12 朝日新聞デジタル・アピタル<森戸やすみ・小児科医>






◆「栄冠は君に輝く」

 全国高校野球選手権が第100回を迎えます。高校野球といえばあの歌、「栄冠は君に輝く」。野球ファンならずとも、この歌には心踊らされます。特に、詩がいい。何度聴いても、良い!! 私などは毎年、夏にこれを聴くのを楽しみしていますが、知ってましたか? あの詩を書いた人は、元・高校球児。そして、詩を書いた当時、松葉杖の人でした。


 ■「栄冠は君に輝く」、夢と挫折の物語 「本当の作詞者」の思い、映画に 高校野球

 全国高校野球選手権が第100回の記念大会を迎える今年、大会歌「栄冠は君に輝く」をテーマにしたドキュメンタリー映画が制作される。作詞した石川県能美(のみ)市の故・加賀大介さんと家族の物語が描かれる。撮影に協力した妻の道子さん(93)は、野球少年だった夫の思いが詰まった歌をこの夏、甲子園で聞くつもりだ。
 大会歌の歌詞は1948年6月、朝日新聞が公募した。5252編の中から石川県根上町(ねあがりまち)(現・能美市)の加賀道子さんの詞が選ばれ、翌7月に発表された。道子さんは金沢市内の職場で歌詞の当選の連絡を受け、5万円の賞金を受け取った。
 だが、本当は婚約者だった大介さんが、道子さんの名で応募したものだった。「賞金目当てと思われるのはプライドが許さなかったようです」と道子さん。20年後の68年2月、朝日新聞の取材に「作詞者は夫」と告白するまで、取材なども道子さんが受けていた。
 こうした経緯や歌詞に込められた思いなどを東京の映画監督稲塚秀孝さん(67)が、映画「ああ栄冠は君に輝く」にまとめる。90回大会の際に道子さんを取材したことがあり、「100回大会で映画を作りましょう」と約束し、脚本を温めていたという。
 能美市や金沢市でロケをした。映画の中では、歌手の加藤登紀子さんも歌う予定で、語りは俳優の仲代達矢さんが務める。ドラマ部分とインタビュー部分をあわせ、作品は90分。7月下旬から全国で公開する予定。
 稲塚監督はこの映画のテーマを「男の夢と挫折、そして家族の物語」と話す。大介さんは野球少年だった16歳の時、試合中に右足のつま先をけがして骨髄炎となり、ひざ下を切断。松葉杖生活になっていた。作詞当時は短歌会や劇団を主宰しつつ、小説執筆にいそしんでいた。創作に打ち込む傍ら、ラジオでは欠かさず野球中継を聴いていたという。大介さんは73年6月、58歳で病気で亡くなった。
 道子さんは3番の歌詞が特に好きだ。野球にうちこむ命の輝き。大介さんの思いを感じる。「今でも新しい。本当にすてきです。素晴らしい歌を残してくれた」
 道子さんは今夏、子や孫ら一家総出で甲子園を訪れる予定だ。「こんなに長生きして100回大会を迎えられるとは。甲子園で『栄冠は君に輝く』を聴くことは、私の生きがいみたいなものです」
     ◇
 大介さんの地元、能美市の根上野球場には大会歌の歌碑がある。その下には大介さんの遺稿などが入ったタイムカプセルが埋められており、命日の今月21日、それを取り出すセレモニーがある。第100回記念大会の年に取り出すことを決めていた。

 
 ●「栄冠は君に輝く」
 作詞・加賀大介 作曲・古関裕而

 雲はわき 光あふれて
 天たかく
 純白のたま きょうぞ飛ぶ
 若人よ いざ
 まなじりは 歓呼にこたえ
 いさぎよし ほほえむ希望
 ああ 栄冠は 君に輝く

 風をうち 大地をけりて
 悔ゆるなき
 白熱の 力ぞ技ぞ
 若人よ いざ
 一球に 一打にかけて
 青春の 賛歌をつづれ
 ああ 栄冠は 君に輝く

 空をきる たまのいのちに
 かようもの
 美しく におえる健康
 若人よ いざ
 みどり濃き しゅろの葉かざす
 感激を まぶたにえがけ
 ああ 栄冠は 君に輝く



   ───  2018.6.18 朝日新聞デジタル より






◆出生前診断

 出生前診断をする人が増えています。ただ検査結果のあと、判断を下す時間はほとんどありません。そこで陽性が出た時、どう判断されるかは、ご夫婦で話し合われるべきことではあります。
 ただ、一つだけ言っておきたいです。ダウンの子は不幸じゃないです。ちゃんと幸せに人生をおくれます。さまざまも支援制度があるし、その制度の中で、ガイヘルさんにいろんなところへ連れて行ってもらえたりもします。ちゃんと楽しい人生をおくれます。不幸なんかじゃないです。ただちょっと、親が余計に苦労する部分があるってだけのことです。生まれた子を不幸と思わんでやって下さい。それだけは、言っておきたい。


■突然の宣告、おなかの子に障害?
 出生前診断、「産むか、産まないか」突き付けられた家族

 2015年夏。東京都内の産科医院で、妊娠11週になった第1子のエコー(超音波)検査を受けた女性(37)は、医師から告げられた言葉に混乱しました。

 「むくみがあるのでお子さんはダウン症の可能性が高い」

 当時34歳。おなかの中で育っていくわが子を、検査で知るのを楽しみにしていました。まさか、ダウン症の可能性を伝えられるとは思ってもいませんでした。

 「エコーを見ても、元気に動いているぐらいしかわからなくて。先生の深刻そうな雰囲気で『大変なことになった』と感じた」と振り返ります。

 仕事中に呼ばれ、医師の説明に同席した会社員の夫(39)も不安になりました。

 医師は、まだあくまで可能性の段階で、おなかに針をさして羊水を取る「羊水検査」によって、ダウン症などの染色体異常なのかがわかると説明。夫婦に羊水検査を受けるようにすすめました。

 「先生から言われたので、受けるしかない」と思った女性は羊水検査を受けました。結果が出た後にどうするかは考えられなかったといいます。

 ●のしかかった「将来」への不安

 妊娠19週ごろ、事前に言われていたタイミングよりも早く、医師から連絡があり、夫婦で結果を聞きました。

 結果は陽性。おなかの子どもは、ダウン症であることを知らされました。

 人工中絶は法律で、妊娠22週未満までと決められています。医師はすぐに中絶するかどうか、尋ねました。

 「中絶手術の予約をしよう」と夫は言いました。落ちついて考えたかった女性は「いったん考えさせてください」と医師に答え、夫婦で話し合うことにしました。

 「子どものうちは育てられるけど、自分たちがいなくなったら、この子はどうなるかわからない」と夫は不安を口にしました。「陽性だった人のほとんどが中絶しているのだから、そういうもの」だと考えていたと振り返ります。

 女性は「将来はもっとダウン症の人が暮らしやすい社会になっているかもしれない。私は産みたい」。互いに譲りませんでした。

 けれども、「この子を産んでも、俺は愛せないと思う」。夫の言葉に女性は、このまま産んで家族の関係が悪くなってしまってはいけないと思いました。夫婦はやむを得ず、おなかの子をあきらめる決断をしました。

 ●「ごめんね…」泣き続けた日々

 8月。妊娠21週で中絶した男の子は、445グラム、24センチに育っていました。手の指にはすでに爪があり、顔は夫に似ていました。

 それからの女性は自宅の仏壇の前で、毎日泣き続けました。「何も悪くないのに。ごめんね」

 女性の姿を見ていた夫は、胸を痛めました。「もし、また子どもを授かったら、今度はどんな子でも必ず産もう。もう羊水検査は受けないでいい」と考えるようになりました。

 年が明け、女性の妊娠がわかりました。そして、第1子と同じ産科医院で受けた妊娠11週のエコー検査でむくみがみつかり、再び、医師からダウン症の可能性を指摘されました。

 「産む」という二人の決意は揺らぎませんでしたが、医師にすすめられ、採血で高精度に調べられる「新型出生前診断」(NIPT)を受けました。結果は陽性。そして羊水検査も陽性でした。

 ただ、羊水検査の結果から、おなかの子がダウン症になったのは、遺伝によるものではなく、偶然が続いた非常に珍しいケースだと、医師から説明されました。

 夫は「1人目のときに考えた子どもの将来への不安は、あまり深く考えないようにした。妻の心と体にこれ以上の負担をかけるわけにもいかない。受け入れよう」と覚悟を決めました。女性は「2度続いたことで、おなかの子に運命的なものを感じた」。

 2016年11月。2800グラムの長女を出産しました。

 ●長女がつないだ人の輪

 1歳7カ月になった長女は、夫が仕事から帰宅すると、声を出して笑顔で迎えてくれるそうです。夫は「本当に癒やされます」。女性は「普段はなかなか笑わない夫が、娘が笑うと、つられて笑顔になる」。3人で出かけることも、家族の楽しみです。

 長女の誕生は、夫婦にたくさんのことを教えてくれました。

 ダウン症やほかの障害がある子の家族とのつながりがうまれ、助け合いながら、子育てをしています。女性は「同じように悩んだ経験があるからこそ、親身になってくれ、密な人間関係が築けている」と感じています。

 食事や運動の仕方を学んでもらう訓練や、言葉を使うのは難しくてもジェスチャーでコミュニケーションができる「ベビーサイン」の指導など、障害のある子が生活しやすくなるためのサポートも、どんどん発展しているとわかりました。

 女性は「こうして娘を大切に育てていこうと決断ができたのは、息子のおかげ」。

 そして、女性は、自身も受けた出生前診断についてこう語ります。

 「出生前診断は、より体制の整った病院への転院や気持ちの準備ができる一方、産む、産まないの選択を迫られることもある。陽性が出て出産をあきらめた後、前に進めなくなる人もいる。あきらめた後はどう立ち直るかも考えないといけない。不安を解決するための検査ではないことを知ってほしい」

 ●検査受ける人は増加傾向

 国立成育医療研究センター(東京)の左合治彦・副院長は「高齢妊娠の増加と、検査の認知度の高まりから、出生前診断を受ける人は増えている」と話します。
 
 左合さんらの推計によると、出産した妊婦のうち、何らかの出生前診断を受けた人の割合は2008年の3%から16年には7%に増えました。

 出生前診断には、さまざまな種類があります。

 新型出生前診断(NIPT)や母体血清マーカー検査は、あくまで確率を判定する「非確定検査」。診断を確定させるには、羊水検査などの「確定検査」を受けることが必要です。

 母体血清マーカー検査について、国の専門家会議は、十分に理解せずに受けて混乱したり、全員が必ず受けるものと誤解されたりする恐れがあるため、「医師は妊婦に検査を積極的に知らせる必要はない」との考え方をまとめています。

 ただ、医師は妊婦から相談されたら、検査の目的や予想される結果、その後の選択肢などを十分に説明し、誰でも生まれつきの障害を持つ可能性があることを伝え、質問に納得いくまで答えること。そのうえで、妊婦が自分で受けると決めたときだけ検査をする、と定めています。
 
 NIPTについても、学会の指針は「医師が妊婦に積極的に知らせる必要はない」としています。

 しかし、相談した医師から十分な説明がなく、検査結果に振り回された家族もいます。

 ●「時間かけて考えたい」望んだ先に……

 医師から示された母体血清マーカー検査の用紙。当初は、妊娠22週の検診時に結果が伝えられる予定だった
 東京都内に住む会社員の女性(43)は2度の流産を経験し、不妊治療もうまくいきませんでした。費用が高額になり、治療はやめました。

 しかし昨年12月、自然妊娠がわかりました。

 うれしさの半面、「高齢出産は障害のある子が生まれるリスクが高い」と聞いていたので不安になり、出生前診断を受けようと決めました。女性は「もし障害があるとわかっても、すぐに中絶するなんてありえない。そのときは、時間をかけて考えて決めたい」と思っていました。

 妊婦健診に通っていたクリニックの医師に相談すると、「母体血清マーカー検査」を紹介されました。妊娠16週で検査を受けました。
 
 4月下旬、妊娠20週のときに体調を崩してクリニックに行くと、医師に「検査結果が出ていますよ」と言われました。渡された紙には、ダウン症の確率が「約186分の1」と書かれていました。「陽性」と判定される数字です。

 この結果はあくまで確率なので、「羊水検査」で陽性かどうか確定させる必要があります。しかし、中絶ができる22週未満の期間は、残り13日しかありませんでした。

 ●不確定の情報、迫るリミット

 「羊水検査を受けるなら、近くの大病院に紹介状を書きますが、すぐに予約できないかもしれません」と医師。女性は「なんとか22週に間に合うようにできませんか」と助けを求めましたが、医師から「詳しくないんです。知りません」「大病院で相談してください」と言われ、途方に暮れました。

 「羊水検査もできないなら、産むしかないよ」と夫(45)は言いましたが、女性は「まずは結果をはっきりさせたい」と思っていました。女性が父親に話すと、羊水検査の結果を即日出せるという関西のクリニックを見つけてくれました。

 このクリニックは、羊水検査で採取したDNAを増幅させて分析することで即日結果を出すことができ、時間をかけて培養する別の分析結果は数週間後に出します。

 出生前診断に詳しい専門家によると、即日の結果でほぼ確実ですが、特殊なケースを見落とさないために、時間がかかる別の分析もするといい、欧米ではよく行われているそうです。

 「陽性」と言われた3日後、夫婦は関西に行き、検査を受けました。その日出た結果は陰性。約4週間後に聞いた別の分析結果も陰性でした。

 女性は秋に出産する予定です。自分のように検査結果に振り回される妊婦が出ないよう、医師には適切な対応をしてほしい、と願っています。「障害のある子を育てるには転職や退職が必要になるかもしれない。それぞれがすごく悩んで『産む・産まない』の決断をしている。その悩む時間は限られていて、尊いものだと思う」


     ───  2018.7.1 朝日新聞デジタルより




                                   (島)