□ 新作紹介 □





雨  音


 夏の装い


朝はせかせかと人をさせる
そんなことが得意な時間

通勤の車の中
いくら気が急いても
交通事情はお構いなしで
 
こうなるともうどうにもならない
流れに身を任せて
じたばたするのをさっさとやめる
だって仕方ないじゃない

 フロントガラス越しに
 空を見上げ 小さな雲を見つけ

 いま
 幸せ

 その瞬間 心満たされ
 口角があがる

 途端にきらきらしはじめた景色
 瑞々しく伸びた稲が
 風になびいて

勤務先の真ん前
小走りできたけれど
それを止める赤信号

こうなるともうどうにもならない
青に変わるまでのひと時は
待つしかない

 信号前の中華やさんの軒先に
 水鉢がそっとある
 ささやかにそっと置かれている

 小さな蓮の葉が
 すらっと伸びているから
 ふとしゃがんで覗き込む

 すーいすいと
 まだ子どものめだかたちが
 気持ちよさそうに泳いでいる

 まあるい葉っぱはまるで
 日傘のようで

 いま
 幸せ

朝はせかせかと人をさせるのが
得意だけれど

それほど悪くない

滞っても
止まっても

ただ涼しげに
微笑んでる






















青 島 江 里



 らいふ


昨日までのことが
まるで嘘のような休日の朝だ

窓の外から聞こえてくる
無邪気な雀たちの声が

かみしめた
食パンの耳を甘くさせる

いれ立ての珈琲の湯気が
淡い香りを立ち昇らせてくる

ゆっくりと近づいてくる
東からの陽に満たされてゆく部屋

一日は速く
一週間は何故か遠くて
やがてひと月に辿り着く
そんな日々を繰り返す僕たちのらいふ

小説にするには
あまりにも地味で
短すぎる僕たちのらいふ

音楽にするには
あまりにも単調で
音階のない僕たちのらいふ

だけど愛されずにいられないのは
ひとりひとりにしか見えない
聞こえない心が波打つ胸に宿るから

一日は速く
一週間は何故か遠くて
やがてひと月に辿り着く
そんな日々を繰り返す僕たちのらいふ

そして繰り返される時々の合間に
ふいに差し込んでくるのは
まるで嘘のような休日の朝だ

かみしめた耳に甘く響く
おどろくほど穏やかな朝の光
薄い珈琲の中にまで溶けてゆく

いっせいに飛び立つ雀たちの声
ゆっくりと近づいてくる
東からの陽に満たされてゆく部屋






















井 嶋 り ゅ う



 水 槽


梅雨明けした街へ続く
エスカレーターを昇る
儚い求愛の声が熱風に包まっている
私は酷暑の真ん中を射る
春からそっと温めた兆しに
言わぬ言葉も泳ぎ始めた
今夜は夕べの爪を切ろう
自らを色付けるものは必要ない
真新しい靴がある
明日の水槽には
清潔な形の魚が居る
















 金 魚


朱色の長い尾を揺らす
水中で踊り続けるは己の性
硝子越しの憂い顔
美しいお前の夏を鱗の中に孕みたい
私の不条理を抱きしめておくれ
銃も刃もあるその世界の片隅
だが私は幸福に違いない
静寂には罪が宿る
長い腕で私を盗れ
この身に情けを掛けよ
















 猛暑の首


テレビをつけると
緊急報道が流れていた

首長死体が街にあふれていると
ニュースキャスターの女が言った
連日の猛暑で伸び切ってしまったのだと
生物学者を名乗る男が説明をしている
被害者たちは強いストレスを抱えていたのでしょうと
女から紹介を受けた精神科医が告げる
と、言いますと?
女が促すと
精神科医が神妙な顔つきで引き受ける
体は外出を拒むのだが
彼らは何らかの強い精神的強要あるいは圧力を感じていて
体とはうらはらに
心は早く行かなければ行かなければと思う
だが、いざ外出してみると
高温の熱に全身を包まれて一歩も動けず
その場に倒れこんでしまう
それでも行かなければという思いは増す
結果、露出部分の多い襟元から上
とりわけ首の皮膚が
地面からの熱という外部刺激により柔らかくなり
行かなければという心理とあいまって
にゅーっと伸びるという現象がこれなのです
そうですよね?と精神科医が生物学者に同意を求める
その通り!と生物学者が答えた
まさか、そんなことがあり得るのですか?
女は驚愕している
あり得るのです!と生物学者は机をたたく
いいですか?災害と言っても過言ではないこの暑さ
異常事態であり、非常事態であり、緊急事態であるのです
我々は何が起きてもおかしくない状態に陥っているのです
首だってにゅーっと伸びるのです
人間という生物はまだ未知の部分が沢山あるのですよ
計り知れない生き物なのです
どれだけ我々が危険を訴えても
外出する者が後を絶たない
まるで自殺行為ではありませんか!
彼らを駆り立てるものは一体何なのだ!
生物学者はまた机をたたくと
むっつりとした顔で黙り込んでしまった
精神科医が涼しい表情で続きを引き受ける
無言の精神的強要あるいは圧力、つまり、被害者たちは
仕事ノイローゼに罹っていた可能性が高いのです
今、最も重要視されている現代病のひとつですね
精神科医の口元が画面一杯に広がったとき
僕はテレビを消した

ネクタイの結び目を鏡で確認する
何が精神的強要だ、何がノイローゼだ
外出を控えるだと?冗談じゃない
今日の契約がとれたら
僕は念願の正社員になれるのだ
何年頑張ったと思っているのだ
すべては今日にかかっているのだから
たかが猛暑くらいで
たかが猛暑くらいで!
クーラーをつけても汗ばむ室内の窓辺から
白く眩しい外を眺め
異常に首が長い
路上の腐乱死体の数を数える
昨日より増えている
くそ、この殺人鬼め!
拳を握りながら窓辺に背を向ける
熱風と腐臭に満ちた今日を
僕は無事に乗り切らなければならない
将来の為に
将来の為に
奥歯を噛み締めながら
ゆっくりと瞼を閉じる
本当に将来などあるのだろうか?
無事にこの部屋に帰ってこられるという保証は?
(まるで自殺行為ではありませんか!)
(彼らを駆り立てるものは一体何なのだ!)
先ほど聞いた言葉が
頭の中にこだまする
窓辺から動けない
汗が止まらない























Kazu.



 夢の器


日がな一日
夢の器の中に居た

虚ろな時間と朧げな時間では
どちらも夢現
(ゆめうつつ)の時間なのだが
そこには微妙な境目があって

虚ろな時にはこの世のものとは思われぬ
朧げな時には確かにどこで見たような
いずれも夢の器を持て余すことには変わりはないが

極めてリアルで不羈な世界にあっては
もう一人の僕が意識下に埋もれているのなら
コーヒーカップに朝を注ぎ入れる時間の方が
非日常なのかもしれない
 
五十年振りに
故郷
(ふるさと)の景色を見た
まじまじと見た

僕の五十年は故郷の杜
(もり)の樹々の時間と同じはずだが
僕にはその違いが分からない
杜に遊んだ遠い日々からは
樹々は遥かに伸びて
街はその分深く抱擁されたはずなのに
眼前にある杜は
父を失くし母が亡くなった
ただそれだけの杜にしか映らない

僕の故郷は
いまはもう虚ろで朧げだ
それもまた
僕のリアルで不羈な日常なのだ

日がな一日
夢の器に揺蕩う

精神安定剤が二錠に増えた
















 夏 花


 1. ひまわり

ひまわりが咲いていた

マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン
みたいなひまわりではなかったが
ひょろひょろと二本のひまわりが咲いていた

このひまわりは
来年もここにこうして咲くだろう
根拠のない確信がよぎる

どこかでそう思いたい僕がいるのかもしれない

でもこのひまわり
太陽の方向を見ていない
てんでに好きな方を向いている

せめて来年はお互い同じ方向を見ていますように…





 2. カンナ

故郷で通った小学校の校庭の柵の外側には
昔は小舟も通ったという川があって
夏休みの頃には真っ赤なカンナが咲いていた

干上がった叢に立つカンナの色は
彼岸に迷う焔
(ほむら)のようで
僕らは決して近付かなかったものだ

それが今では岸も川底もみんなコンクリートで
ちょろちょろ雑草が
割れた隙間に生えているだけ

初冬でもまだ赤く咲いていたカンナは
もうどこにもない





 3. 夾竹桃

実家には夾竹桃の木があった
毎年よく夏に咲いたのだが
今はもうバッサリと切り倒された

ある年
「昔、夾竹桃の枝を箸にして弁当食べた人が死んだ」
と祖母が語った

夾竹桃はよく仏壇の花に供えられていたが
死んだ人は「おぶくさま」を供えられても
食べられないから大丈夫なんだと思った

祖母は昼にそのおぶくさまをお茶漬けにして食べていた
確か黄楊箸で食べていたと思う
そのせいとは思われないが九十四歳まで生きた

祖母は丙午
(ひのえうま)の蠍座生まれだった






















齋藤 純二



 家 族


「無理」と言って
君は反射的にその場を避け

ああ無理、無理
これも無理、あれも無理
それはもっと無理
無理、無理、絶対に無理

個室だけを世界にして
無理と言って布団を被り
今日が始まり今日が終わって

無理が家中に響き
不安が籠り
暗く重たくなってしまうけれど

悔しさに拳を握り
ひとを傷つけてしまったと
自分も傷つくやさしさ

心は自分と闘い
けして逃げているだけではない

君を知っている

押し込んだ感情の言葉から
発信された小さな信号を
今は見逃さないように

私たちは君を無理と言って
諦めやしない

君をずっと待っている























シルクブルー



 願 い


あなたの血をください
あなたの血を体中に巡らせたい
あなたに生かされていると
感じたい

あなたの言葉を下さい
あなたの声だけを響かせたい
あなただけに満たされていると
感じたい

あなたの心をください
あなたの感覚で動いていると
感じたい

叶うはずのない願い
言えるはずのない願い
あなたへの想いが
いつの頃からか
狂った夢になった

愛になりそこねた想いは
ただの歪んだ夢
わずかに残った理性が
自分にだけ見せている

日毎に膨張する夢
願わくば
あなたが私の光だったことを
忘れることがないように……






















澤 一織



 ひだまり溢れる土曜日


じっと 
こちらを見つめて
何をせがもうとしているのだろう
僕と似て 
視線を合わせることが苦手なくせに
時折 欠伸すら加えて 
今日までに僕に許した距離感
1メートル
先にある空気清浄機の上から
ゆらゆらと尻尾を揺らして
君は言葉になる前の思いを
まなざしの行方に託している

これだけ
見つめ合えれば 
つい 分かり合えた気がして
愛しさ任せに 
抱きしめてしまいたくなるけれど
尻尾の揺れが
それを許さないことを教えてくれる


ずっと
こちらを見つめて
今度は何を伝えようとしているのだろう

君はまたひとつ 欠伸を加えて
あくまでも
1メートル
向かい側のまなざしまで
身勝手な思いを巡らす余地を
僕に与えてくれる

ひだまり溢れる土曜日
忙しない毎日に置き忘れていた
愛とか平和だとか 
少し 思い出してみようか なんてね
尻尾が ゆらりと揺れる










 願 い


救えなかった
助けられなかった
小さな子の命が途絶えた

茫然と
立ち尽くす人達の
誰 ひとりとして 
こんな最期を迎えたかったわけじゃない

最後の最後まで
千切れるほど 腕を伸ばしていたのに

途絶えたのだ 
確かにあった息遣いは

それでも 私達は噛み締めた現実の分まで
希望を託して 明日を迎えるしかないのだ 

助けられる と思うこと自体が
傲慢だとか偽善だと罵られても
自分の行為に酔っているだけと 
対岸から罵声を浴びせられても
聖人でも救世主でもない私達は
せめて 
互いの無力さを曝け出して
繋いだ手が 
微力でも
あの日 握っていられなかった
ある日 握ることさえできなかった
命を
明日も
探って
探って
探り当ててみせるから

どうか 命よ 
握りしめた時は 
冷たくなる前に
握り返してくれよ











 濁 り


あなたの眼に見えている
僕等の未来は何処までも明るい

風さえ忌みきらう
繁華街の路地裏で出会った
十七歳の朝から
変わらない眼で
世界を見ているあなたを
時々 告発したくなる
無性に傷つけたくなる

これはなんて症状なんだ

あなたといると
まるで 僕の方が
気が触れているように思えるんだよ

二十二時
プレースマットの上に並べられた
明日葉の天ぷらと醤油飯を頬張る
太陽の匂いがする
あなたを産んだ島の憶えに包まれる
海に愛された女の強かさを思い知る

あなたは黙って ニュースを見ている
僕は意味もなく 司会の発言にケチをつける
僕等の住む世界の明日は きっと美しい











 執 行


刑は執行された
陽が十分な高さに昇った頃にさ
当然の結果だよ
奴は何の罪のない人達を殺めたんだ
それに奴は危険な思考を持っているんだ
もう二度と奴が 君の平穏を脅かさないよう
もう二度と奴が 過ちを繰り返さないように
君の関心が 明日の天気に移ってしまう前に
忙しい君に代わって
刑は執行された

僕が
白か黒か 
光か闇かは
関係ないだろう
君が受容してきた今日が 僕なのだから

君一人が
疑いの目で僕を見ても
何一つ 代わりやしない 
どうせ 君は奴を忘れるよ
明日の今頃には奴を忘れて
僕を忘れるよ 

だから 大丈夫 
君が胸を痛める必要はないんだ
もしも 君の 
子どもが 親が 友が 連れあいが 
被害者と同じ目に遭ったらどう思う
君が忘れた昨日を 
今日も大切に抱きしめている人がいる

奴への慰めなどいらないよ
罪のない人達を殺めて
最期まで
償いの言葉一つもなく 
遺族を侮辱して
人々の税金でのうのうと暮らしている奴が
生きて 罪を償えるとでも思うのかい

それなのに 
なぜ いま、君は
いまになって、君は
そんな表情をして 僕を睨みつけるんだい











 眩しい朝


眠りから覚めて
ざらついた朝を迎えた 
一日のはじまり 
あなたのいない世界

摺り抜けてゆく
体温を探るのは 
もう やめにしようと
今まで 何度となく決めたのに
夜にあなたと戯れた分だけ募る
いつかの別れがまだ僕の隣に在る

感傷は
今日も街に追われ 息急き切る頃に
僕から離れてくれるだろう けれど 

もう 何度目になるだろう

ネクタイを締めて 
革靴の踵を鳴らす
あなたのいない世界を跨ぐ

朝陽はまだ 眩しくて











 軋 み


うな垂れた向日葵や蝉の声も頼りない
灼熱の東京に燃ゆる落陽に追いやられた
アパート一○九号室の片隅で

あなたは
濡れた髪に指を通して
僕を責めるように
あなたへのわけを欲しがる

僕はもう うんざりして
コンドームの封を切らずに
愛の在り処を
ベッドの上に散らかす 

軋む

軋んでゆく

その奥で  

僕だって  
探しているんだよ 
あなたとの間に あなたと同じように

それでも 髪が乾いた頃にはもう 
あなたは白を切って 明日を欲しがるのだろう
初めて 打ち明けた
あの日の告白さえも取り出して 問い正すつもりなのだろう

それなら いっそのこと
罪を感じないぐらいの嘘を覚えて
罰を受けないぐらいの相槌で応えてみせるから

あなたは思う存分 抉ってよ
細長い指から流れるピンク色の爪先で 
心臓まで達してもいいから
軋みが静まってしまう前に抉り取って
あなたへのわけが問われない夜に帰してよ











 ひかり


在りし日の
東京 夜 繁華街の裏路地から
真黒になりきれない空を見上げて
36.8℃の微熱で
浮かべた願いは
ひかりとなって 瞬いているか

澄みきったまなざしで
明日の方角を照らしているか

ありふれた平日の
東京 夜 繁華街のメイン通りから
灰色の空を見上げてみるけれど
瞬きは見当たらない

絶えたのか 
いつの日か
淀み 霞んで 見えなくなっただけなのか
分からないけど 

それでもいいよ、ひかり

幾つもの年月を隔てて
辿り着いた場所から 
今はまだ見ることのできない私へ
放っているのかもしれないかもしれない
在りし日のひかりよ 
眩いばかりのひかりよ

未だに何かを棄てきれなくて 
微かに何かを信じていたくて
私はこうして 空を見上げているのだろうか











 言葉に恋をして


君と出会うために 
この世界に生を受けたと 
錯覚してもいいと思う夜がある

特に
日曜日から月曜日を跨ぐ夜
誰にも邪魔されない場所で
君と落ち合う瞬間が 好き

寂しがり屋ないたずらっ子も
照れ屋なあの子も
お気に入りのパーカーも 
目一杯の自意識と欲を
言葉に詰めて
世界の作り手となる

幼い頃にやめてしまったピアノの鍵盤を弾くよう
今夜も無機質なキーボードを滑らせながら

絡まった日常を縫い合わせて
昨日を何度も再生して 
取り返せない明日を自ら迎えにゆく

言葉で積み上げてゆく世界は
身勝手で 実に心地よいものだ


好きな人と懐かしい場所で出会える
ひとり旅の不安が好奇心で満ち溢れる
何度でも 会えなかった朝と巡り合える

言葉に恋をして きっとよかった























葉月 祐



 あの子の微笑み


あの子が
俯いてたんだ

いつも空を仰いで
笑っていたのに

あの子は
疲れているみたいだ

目線が合わないまま
喉がかわくね と
話しかけてみた

随分と暑い日が 続いていたから

入道雲をゲストに招いた
今日の晴れ空には
あの子の黄色い微笑みが
きっとよく似合うのに

朝も 夕方も
あの子は俯いたままだった


雨も降らず
風もやんでいて
花も 人も
しおれてしまいそう

いつもなら雨なんて
望まないけれど

あの子が俯いているのは
少しだけ とても さみしいから

 逆さになるよう
  てるてる坊主を
   窓辺に吊るした

 雨を浴びて
  あの子が少しでも
   元気になれるように


明日はあの子が
俯いていなければ良い
たとえ僕が
落ち込み俯いていても

暑さに負けそうになっても

眩しく鮮やかな
あの子の微笑みを
ほんの一瞬でも見れたら
いつの日も乗り切れる気がするから

 「まるで太陽みたいだな、」

あの子の名前は
向日葵 と言います

僕の心の片隅に 咲いている花です
















 夏の音隠し


陽炎ゆらめく一本道
声無き陽光
息を潜める風
ただよう青葉の匂い

絡みつく熱気に
無言になりつつも
うつろな目をして
必死に家路をゆくと

 蝉達の声が
  重なり合うのが
   ハッキリと 聴こえた

それ以外 すべての音が 遠かった


冬が深々と雪を降らせ
静まり返った日々の音を
細かく咀嚼し 飲み込んで
微かな耳鳴りだけを残すように

賑やかだった夏の町から
鳥の囁き 風の音など
すぐ傍にあるはずの音を
遠くへ隠したのは何者だろうか

茹だるような暑さが
雪のように降り積もって
音を食んでいるのかもしれない

蝉達の声だけを 残して


真夏の雪が 暑さが
肌の上に降り続けて
人々を無言にしている事にも
変わりはないが

あまりにも
蝉達の声ばかり
聴こえてくるので

蝉達の輪唱を耳にしながら

「町から音を隠したのは
 まさか蝉達ではないのか?」

疑いながら
傍の木々を見つめた その時

 蝉達の声が
  一斉に止むのを
   ハッキリと 聴いて

堪えきれない笑いが あたりに響き渡った


冬の使者も 夏の使者も
音隠しが大の得意なのだ
















 風の傍で


風が吹く

星を瞬かせるように
雲を走らせるように
髪をなびかせながら
草むらの向こう側へ


風が吹き

払い落とされた憂鬱
乾かされた今日の涙
心奮わす夏の匂いが
優しく胸を満たした


風が囁く

 「ほら 君はもう大丈夫
  僕が背中を押したから
  明日がどんな日だって
  立ち向かってゆけるさ」


ひと吹きの風は

何かが始まる予感を
立ち上がる勇気を
明日への期待を
この心に残してゆく


風は
いつの日も
わたしの傍に在る

同じ時の中で 共に生きている























ひ な の



 車窓にて


がたん、ごとん、

音を立てて
列車は横切っていく

子供の声が聞こえてきそうな
住宅の群れを抜け
鬱蒼と繁るビルの森も超えて
さらにその先へ

がたん、ごとん、

青い稲が波打つように揺れる
風の踊り子たちは
その上を軽やかに吹き渡っていく

ところどころ白濁しながら
淀みなく川は流れるから
その透明な水に触れたくなった

空は広く澄んでいて
雲は白く夏の形をしていて

それらすべてを
どうしようもなく
愛しく思った

かつて私が世界と呼んだ
人間社会のシステム
その外側は

こんなに広大な景色が広がって
これが世界だと教えてくれる

こんな愛しいものが世界なら
疎ましいのは人の社会か
私たちの命を消費して
悠久に回るからくり仕掛け

そのぜんまいを
最初に回したのは
いったい誰だったのか
今となっては
もう分からないけれど

 こんな愛しいものが世界なら
 もう少しこの社会の内側で
 もがいてみてもいいか

がたん、ごとん、

音を立てて
列車は世界を横切っていく

その鮮やかさを目に焼き付けた






















沢口 リリキ



 涙の重さ


あなたの伏せた目から
床にこぼれた涙の
ひと雫のなかに

どんな悲しい過去が
秘められているのかを

僕は 知らない

いま出来ることは
慰めの言葉をかけることでも

その白く華奢な
震える肩を
包みこむことでもないのだろう

いま出来ることを
僕は 知らない

涙は
あなたを
軽くしてくれるのか

涙は
出来上がった記憶のパズルを
最初に戻してくれるのか

胸の内の
暗い雲から降る
冷たいあなたの雨

晴らすことが出来ないほど
いまの僕は
無力なのかもしれない

だから
知らない分だけ
頬に添えたこの右手で

涙の重さを
誰よりも知ろうとするのです






















く  れ



 十・五メートル


大津波をこの防潮堤で防ぐ
そして車道で津波の勢いを拡散させる
その前には盛土でかさ上げした
高台が
立ち塞がっている

薄磯地区に
海抜十・五メートルの標識が建った
東日本大震災時の津波の高さは
五~七メートル

この高台から住宅地があった場所を見下ろすと
車道がもう一つある
ここまで遡上して来た津波の勢いは
どのように弱まるのだろう

  *

その車道の先が緑地帯だ
もう一つ
その先があって
山を切り崩した住宅地になっている

高台に住むことを拒否し
緑地帯に家を建築している人がいる
出来るだけ
海に近い場所がいいと

海に住む人は
海を見て育ってきた
海が見えない恐怖心が思考の裾を踏み続ける

十・五メートルの高さで防御されても
海が見えない不安の方が
今は大きいと言う
絶対という言葉がここでは揺らいでいる

  *

この七年間の中で
思考が何度も書き替えられてきた
十・五メートルの高さに立ったとき
震災前の風景を思いだすのに
少し時間が必要だった

海水浴場の砂浜も小さくなってしまった
震災前と震災後の風景の線引きが
もう思考の中ではできない
悲しいことだが、私は考える人になったままだ

大津波を、まずこの防潮堤で防ぐ
二メートル近く高さをかさ上げしたから
風光明媚な海の風景は
車の中からはもう見えない

  *

津波はいつ来るの?
塩屋崎灯台に上る前の親子の会話
お父さんはどのように答えたのだろう

この風景が
子どもには当たり前の風景になっている
津波の怖さを説明しても
海の穏やかさにその怖さは隠されている

十・五メートルの高さの意味が
お父さんと子どもには伝わったのだろうか
灯台の上には
また違った風景が広がっている筈だ
















 原発大地


この大地は 原発震災前は
表面を少し削ってもすぐ元に戻った

今は、重機の爪で何度も何度も削るから
年々復元力が弱まってしまった

傷だらけの大地には
放射能が
その割れ目に隠れるように付着している

付着した放射能は
ホットスポットと呼ばれている場所で
住民の
風当たりの強さに耐えている

  *

今日も削る
表面を一枚削っても駄目ならばもう一枚削る

もう一枚削っても駄目ならば
もう一枚と
大地は薄くなるばかりだ

このまま削り取っていくと
地球の裏側にまでたどり着いてしまう

削っても、削っても
下がる放射線量は僅かだから
その僅かな下がりを
原発被災者はどう捉えるかなのだろう

もう、選択肢が二者択一しかない
古里に帰るのか
帰らないのか
重い選択だけが残ってしまった

  *

帰還困難区域を持つ町村は
帰還する人は少なく、削った大地には
たくさんの疲労が横たわっている

七年間も人が住んでいない
住んではならない大地
家屋も荒れ果てて
春から秋には雑草は天上へと伸び続ける
雑草の根に押し上げられて
ところどころの大地が浮いている

その一部に重機が何度入っても
人が住めないエリアと
人が住めるエリアの線引きは難しい

ここを希望で
押し固めるまでの時間の長さ
そこに街づくりの手は伸びようとしているが
困惑するものが立ちふさがる

あと何年かかるのだろうか
そう問う声もあるが
誰にも分からないから苛立つものは大きい

この原発大地は、時間の刻む音に
いつも追いかけられている

  *

今日も削る
表面を一枚削っても駄目ならばもう一枚削る

もう一枚削っても駄目ならば
もう一枚と
希望で大地を押し固めるまで続いて行く

この古里の名前を
地図上から消してはならない
原発大地があったとしても小さくすればいい
放射線量を下げればいい

この原発大地の上では
希望とは諦めないことなのだ


























藍音 ななを



 始 動


母を看て
また
夜が明ける

今日もいつもと同じ
痛みさえ感じるような日差しの
朝から始まる
一日がやってくる

そう考えて
ふと
 待てよ
と思う

秒を追うごとに変わる
朝の空の色は
毎日同じ色ではない

色見本のような朝の空の彩りも
ほんの少し帯びる
朝の湿気も
昨日とは
微妙に違っている

昨日啼いていた鳥は
庭先の桜には興味をなくしたのか
枝に訪れることもなく
空気をぴりぴりと裂くような啼き声は
今朝は聞こえてこない

網戸で羽化した蝉の
象牙色と薄緑の彫刻のような体が
刻々と色を変えてゆき
生まれて初めての声を上げる

昨日はなかった光景だ

毎日続く猛暑に
一日中稼動を続けるエアコンが
自動クリーニングを始めて
幾分つらそうな音を立てるのを聞きながら
今日もまた暑くなる気に満ち溢れた
喧しいほどの朝の日差しを
うんざりしながら眺める

 雨でも降らないかしら

日差しに葉先を枯らした植物の
気持ちを代弁するように
小さくつぶやきながら
今日も朝を過ごす

どうせ 昨日と変わらない一日
そう思えば
世界は狭くちいさく
つまらないものになってしまう

けれど
周囲に目をよく凝らせば
世界はさまざまな音に溢れ
さまざまな彩りに満ちている

同じようでいて
違う毎日

変らないようでいて
わたしたちも毎日変わってゆく
決して
昨日と同じ日はないのだ

よし
今日もまた頑張ろう
昨日よりも何かひとつでも
いい一日にしよう

窓を開け
もうすでにむっとする温度の朝の空気に
一瞬でノックアウトされそうになりながら
今日も
朝が動き出した


























瀬  未



 夜 烏


はじめて
その声を聞いたのは
二年前の夏だったか

可憐な鳥のさえずりには
ほど遠く
ケ、ケ、ケケケ、と
やけに耳に残る

当初は
その不気味な鳴き声について
虫や蛙かと思っていた

暑くなるにつれ
夕暮れになっても
二階の窓を開け放ったままのことが多くなると

やがて
その声が
意外と高い場所から響くことに気づいた

近所の人の話によれば
その生き物の正体は夜烏らしい
知ったのは
つい最近のことだ

ここが気に入って
毎年来るのね、

結構けたたましいよね、

困っちゃうけど
鳴かないと
また気になっちゃって、

話しながら
目を凝らしてみても
木立のなか
闇にまぎれて
いまだ姿を見ない

そして
今年も

彼らは
熱帯夜にも負けず
夜ごと鳴きつづける

時に、ユニゾン
時に、ハイテンポ
飽くことなく
緩急つけて

存在を示しつつ
姿は見せずに
ケ、ケ、ケケケ

闇に融けて
いっそう気配を濃くする
夜烏は

私たちに
また夏が来たことを
知らしめている