今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







山下 一歩  


 夕暮れ


夢にまで見た憧れは
一瞬
チカット光ったけれど
既に何処にも無く

希望に燃えて
輝いていた朝日も
赤黒い色をして
西の空へ沈んで行く

やがて
日は陰り
黒い闇が現れ
全てを支配して行く

私の溜息と静寂だけを残して

夢にまで見た憧れは
ちっぽけな青春の様に
もう とうに消え

燃えるほど
輝いていた朝日も
既に
ここには無い

森の様に
鬱蒼とした時の中で
黒い現実と
破れた過去だけが
風になびいている





                       〔三浦志郎:選〕





 月 夜


夜は料理が大好き

天気が良いと
決まって
料理を始める

下準備が終ると
おもむろに
黒い大きなフライパンを
取り出すと

オレンジ色をした
これまた
大きい玉子をひとつ
そこへ落とした

自慢の料理は
簡単そうに見えて
出来上がりが難しい
目玉焼きだ

硬過ぎても
軟らかすぎても
美味しくない

見ていたら
おもわず
お腹がグーと鳴った

体は正直だ

ふつふつと
りっぱな目玉焼きが
出来上がりそうだ

これから
美味しい赤卵を買って帰ろう





                       〔雨  音:選〕





 孤独の影


哀しみに足を取られ
カオスの森を奥深く彷徨う

絶望なんて言えるほど
大袈裟なものではないが

悲劇のヒーローに
少しでも
近づける気がして
ふと
その言葉を思い出した

ひとつ
溜息をついて
空を見上げれば

足早に
風に千切れて行く雲

継はぎだらけの青空

緊張感のないひかり

冷たい色をした病弱な月

破綻した雲間から
顔を覗かせた
孤独の影

私が小さくなって行く





                       〔Kazu.:選〕











夏  生


 水は出ない


水道の蛇口がこわれた
まわしても
水は出ない

一滴も落ちてこない
くたびれたおもちゃに
になって
軽く回る、をくりかえす

ネジをまわしても
水は出ない
軽く回る、をくりかえす

日常の一部が止まった

代わりはある
水のペットボトル
鍋に、やかんに
とぼとぼと
流して入れる

おいしい水
と書かれた
ペットボトルを
一日で三つつぶした

水道の蛇口を直して
ほしい、と
助けを求め

遠い声の
折り返しの頼りなさ
鳴らない電話は三日を数えた

水を出さない蛇口を
回す
当たりまえに使えることに
手は慣れて、うっかりして

助けを待つ
心細さが
一日の折り目にしみていく

蛇口を回して
水が出たら
泣く、もう私は





                       〔齋藤純二:選〕





 足がでっかくなった


痛いって
指が泣いている
狭い苦しいって

かかとも痛いって
すき間がなくて
苦しいって

履く靴はすぐに
狭くきつくなって
つま先、指
かかと、から
こもった泣き声が
聞こえてくる

足は
ゆっくり
ゆっくり
でっかくなって
「可愛くなくなった」

母さんは
つまらなそうな顔で
言った

いつまで
でっかくなるのか
足がでっかくなるなら
体もでっかくなるだろう

身長を測ってみたら
大してでっかくなってない

バランスが悪い
足ばかりでっかくなったら
アヒルみたいじゃないか

こわくなってきた
でっかくなり続ける
足をつねった
痛い
たたいた
痛い

泣きたくなった

足を見つめる
親指よりひとさし指の方が
ちょっと長い
ちょっと長いと
親より出世するって
おばあちゃんが言ってたっけ

足の指が長いと
柔道に向いているって
父さんが言ってた
しゅっとした形がきれいねって
母さんが言ってた

足の裏を見る
ちょっとかたい
よく歩くからだって
おばあちゃんが言ってた
人より真ん中がちょっと深い人は
頭がいいんだって
母さんが言ってた

泣いてた足は
元気になって
ちょっとかっこよく見えた

うれしくなったきて
ちょっとくすぐったくなって
ゆるいくしゃみが出た





                       〔島 秀生:選〕











三澤 新太郎


 古都の夕立


祇園守りを型どったらしい丸テーブルの
ギリギリ端っこに乗せてたせいか
カクッと肘が落ちてしまい冷茶がこぼれた
痛くはないけど もやっと気分を害した僕を
古都の住人たちが冷ややかに見つめてくる
新参者だからといって恥かしがることも
悪びれることもないけれど
ごまかすように店の天窓を見上げると

…こんこんちきち こんちきち…

お囃子は遠くに聞こえて
これは一雨くるぞと湯気立ち上る路上へ

もくもく膨らむ積乱雲の
御池通りに影がゆったりと幅をきかせて
朱色の擬宝珠に貼りつく緑色のタマムシも
食らうだろう 大粒の爆撃を

「僕もいっしょに、ずぶ濡れになってやるよ」

バシャバシャ水音の駆け抜ける小路が
夕立にさらされて
さらさらさらと風に吹かれて
余所者の背に染み込んだ重苦しさも
やがて乾く祇園の宵





                       〔齋藤純二:選〕





 町屋の菩薩


浴衣に袖を通し雪駄の裏で軽く路面を叩き叩き
ちょっとだけ得意になって
芝居小屋の楽屋雀のように
町家から町家へ渡り歩いて見る

家家のあがりに飾られた
扇や羽織 節句の人形
それぞれの宝から
古の息づかいが聴こえてくる

提灯の一際明るく照らし出す軒先に
床几に腰を下ろした女の子
年の頃 十六 七くらいだろうか
朝顔の紋様の浴衣を纏い
ゆったりと団扇を振って
邪気を払っているかのよう
まるで弥勒菩薩のように穏やかな面持ちで

僕は硝子戸の前で立ち止まり
思わず自分の身なりを確かめた
ポッコリ出た下っ腹…なんとだらしないことか!
そそくさと床几の前を通り過ぎると
打ち水に光る石畳が声をあげて笑っていた





                       〔齋藤純二:選〕











あ さ ぎ


 狭 間


新しいものは後世にのこる
旧いものは後世にのこる
新旧の狭間のものは?

面前のペットボトルの水
ぼくが動けば水も動く
ライトに照らされて影
もう絶対

漂う気配
今にも流れ出しそう
今にも消えてしまいそう

火の子は白い布地に映える

狭間でボタンを押してしまった
それでよかった




                       〔島 秀生:選〕











耀  子


 美人桃


我家の一本の桃の木
苗木から育てた 桃の木
美しい花を楽しませてくれた
大きな実を沢山着けるようになった

適切な摘果するには
私には木が高すぎる
多くは木に生りながら腐っていく
自然に落ちた実も
叩き落とした実も
木の下にわんさと転がっている

高い所に生っている実には
陽がよく当たる
だから 体は大きい
それに
美しい桃色だ
そんな実が幾つかあるのを
下から見上げていた

そのなかでひと際
美人の桃が一つ

手の届かない高い枝だから
ああ綺麗だな
形も色も極上
桃の美人は
かくある如しと見るだけ
たまに 双眼鏡で見ることもあった

ああ取りたいな
手に触れたいな
我家一番の美人桃を
毎日毎日その実を見上げていた

我家の一番高い三脚に乗って
そのうえ 高枝切りバサミを使っても
届きそうで 届かない
だから 余計に綺麗に見えてしまう

取れるなら取ってごらんと
意地悪するように
私を見下ろしていたその美人桃を
遂に獲得した

三脚から落ちそうになって
必死で手に入れた

我家一番の美しい桃と憧れていたが
手にしてみれば
思ったほどの美人じゃない
遠くにあるから美しく素敵にみえる
まあこんなものかな

でも するだけの努力はしたという
穏やかな満足感だけは残った

我家の不美人桃たちで
桃酒を漬け
桃ジュースを仕込んだ

後は果物屋さんの
それこそ間違いなく
美しく美味しそうな桃
一個五百円の桃を買おう
一個で良いんだから





                       〔島 秀生:選〕





 約束の通りに


白みゆく朝のしじまに
身も心も委ねて
目を瞑り聴いている
マーラーのシンフォニー第五番

このシンフォニーを愛した友よ
いまはあの空の彼方で
ひとり静かに
聴いているのだろうか

亡き妻によく似ていると
三つ揃いの背広に
臙脂色のネクタイの友が言った
あの日の出会い

漢詩を 短歌を 共に学び
共に歳を重ねていった
だからこそ愛しく
そして掛けがえのない歳月

こんな友はいないよと
幾たびも言ってくれたのに
永久の別れは
突然に あっけなく訪れた

あのネクタイを身につけて
棺のなかに眠っていた
あの世に持って行くよと
約束した遠き日のプレゼント

涙のむこうに青空の見える日
友の葬儀の参列者となった
十五年余を共に学んだ
友との約束のとおりに

悲しみは悲しみとして
友の法要に臨み
友の家族と語らった
それは
友の願いだったから
そう
それが
友の願いだったから





                       〔島 秀生:選〕





 ヒメシャラの花


咲き始めた時は勿論
満開の時ですら
そして咲き終わった時はなお
静かなりヒメシャラの花

ヒメシャラの木の下に
真白く可憐な花が
沢山散りばめられて
初めて気が付く
花が咲き初めていることに

見上げる若々しい緑の葉の中に
埋もれるように
沢山咲いている
小さな小さな花

木の下の
真っ白な花が
いつの間にか
朽ちた色を身に付け
私に花の命の終りを告げる
そして見上げる木には
もうその姿はない
すべての花が散っていた

私に
夏の始まりを告げるように
その可憐な花は咲く
いつもひっそりと
私は
散り敷かれた真白な花を見て
花の季(とき)を知り
散り敷かれた花の色で
花の終りを知る

ヒメシャラの花は
いつも静か
いつも可憐な小さな花
この静かな白い花は
私の心を静かにさせる

姫沙羅
小夏椿
なんと綺麗な名前なんだろう





                       〔雨  音:選〕











@すみっこ


 月明り


月明かりは
夜道を歩く私に
心の隅にまで
やさしく
照らしてくれる

「今日はどんな日だった?」

そっと近づいて
問いかけているように
その光は
何年も
何十年と
その前から
私の夜に降り注いでくる

近いようで遠い月
まぁるい姿をこうして
見上げて眺めるのがいい

立ち位置は変わらないまま
いつの日もきっと
こうして何度も私達は通じ合う

悲しく淋しい夜も
知っている

何も聞こえない
ただ側で
見守っていてくれる

その時は
あの人だってやさしくなれるでしょう

冷たい陰の中から
心穏やかに
道を間違える事なく進んでゆくでしょう




                       〔雨  音:選〕





 風 船


ふくらまそう
夢ふくらまそう

息を
大きく吸って
勢いよく吐いて
小さな芽が出たみたい

ふくらまそう
まだまだこれから
大きくしてあげよう
ごぶりもかわいいけれど
やっぱり大きな風船が見たいな

早くしないと萎んじゃう
今こそ
もっともっと
お腹に力を込めて
まだまだいける
夢はふくらんでいくよ

あの空高く飛ぶ為に
ここで負けるな
諦めないで
もう一息
ふくらませて

ほらね
大きくなった
皆の希望で
いっぱいになった

太陽を浴びて
ずっとずっと夢は旅をする





                       〔三浦志郎:選〕





 光と影


光があるところに
影はできていく

夜は
灯りに照らされて
コンクリートの上に落とされた
私がいる
頭から指先まで
この形これは
記憶の片隅にある私以外にはない
影とは一瞬にしてできる
芸術ではないかと見せつけられる

私の歩く前方が
長い影の森で埋め尽くされていた
立ちはだかるようにしてできた
この世界へは
いつしか恐怖を抱き
一歩も踏み入れなくなった

ただ暗いだけなのか?
脳裏をよぎるのは
影を堂々と選ぶ者がいるという事
姿は見せない

私は
何も隠さずに
隠れもせずに
道は
こっちの道を
歩いてゆこうじゃないか

臆病だって
弱気があったって
平等に
光を浴びられるのさ
むしろ
無ければ進む事もできないけれど

光と影
誰も通らない
誰も通らないだろう
私の影だけが夜道を歩いている





                       〔く  れ:選〕











ゆ  き


暑中見舞い


葉書に向日葵を描いたあと
寝そべって窓から
青い空を眺めた

暑中見舞いを出すのは
何年ぶりだろう

白い雲がハートの形に見えたから
葉書の一番下に
今度はいつ会えるかな
と書いた

心なしか向日葵が揺れた気がした
ラインもメールもあるけれど

君の顔を思い浮かべながら
描くのがいい





                       〔齋藤純二:選〕





 幸せの定義


私の幸せは
心の中にあって
私だけが知っている

足りないことの方が多く
満たされない思いを抱え

病になって
不安に押しつぶされて
泣いた夜もあったけれど

希望を捨てていないから
幸せになれる

足りないものを数えるよりも
今あるものを数える方がいい

出来なくなった事を嘆くよりも
これから出来る事を探した方がいい

周りを見渡して
冷静になってみれば

癒されているのが分かるから

きっと幸せになれる





                       〔三浦志郎:選〕





 失 恋


ぽっかり穴の空いた
淋しい心

何をしても上の空で
突然流れ出る涙に戸惑って
時間が癒してくれるのを待つばかり


いつの日か
初めて花を貰った時の
溢れるような笑顔と
照れ笑いをしていたあなたのように

心に温かい風が吹いてきて
またやり直せる

鉛筆で描いたような
明るい空模様の下

ため息で終わってしまう
日もあるけれど

大切な思い出は消えない





                       〔雨  音:選〕





 バンバンシャー


寝ている時間さえ
惜しむようにもどかしく

五つと四つのマス目で
いつの世までもと
願いを込めて

二つの糸を経てと横に織っていく

気がつくと陽はくれて
三日月が顔を出していた

縮こまった体を伸ばし
軽いため息を吐く

黒い雲に月が覆われると
隙間から覗く柔らかな光が
眠気を誘うけれど

月明かりの下で
夢心地の心持ちになって

バンバンシャー
バンバンシャーと

軽快な音が朝までなり響く





                       〔Kazu.:選〕











小林 大鬼


木乃伊の夢


白き布青き毛布で包まれて
なぜか笑顔で運ぶ看護師達
葬儀者が部屋を案内する

扉を出た時には
台には布だけしかなかった

生の重みから解き放たれ
仏は穏やかな死顔になる





                       〔青島江里:選〕











江見 由宇 


梅雨とお気に入りの傘とわたし


あなたは
わたしを あめから
まもってくれる

だけじゃなくて

あなたは
わたしの きもちも
まもってくれる

しとしとと
降りつづけるあめに
わたしのこころまで
流されてしまいそうなとき

見あげると
わたしの視界を染めあげる
それは
わたしだけの そら

おもわず
かおがほころんで
まとわりつく湿気も
かるくなって

わたしらしさを
もっていかれないために
だいじなのは
きっと

ひとから見える
外がわ じゃなくて
わたしの世界をつくる
内がわ なんだろう

わたしらしくすごす
きょう をくれる
あなたに

ありがとう





                       〔シルクブルー:選〕











苺 の 木


 誰か父を称賛してはくれないだろうか


誰か父を称賛してはくれないだろうか
父はたった今
散乱した三足のスリッパを
手際よく並べたのだ


人気のない昼の
自由時間のことであった
父の眼は生き生きとしており
並べることに関して
一切の抵抗が無かった


誰のか知らないスリッパを
満ち足りた表情をして
踵合わせ並べていたのだ



当然といえば当然のこと
だがその会社には
スリッパを並べることさえ
面倒臭がる人間がいる


だから私は スリッパを並べる父を見て
お礼を言える人はいないかと考えた
そう思ったのは
酒に酔っ払った父がよく言う
おれはスリッパを並べても何の感謝もされない
という一頻りの愚痴であった


そんなもんよと母は笑い飛ばしていたが
どういうわけか
父のその言葉は私の中に残って
たまに涙として溢れ出した


会社での父は真面目で
文句を一切言わない人なのだろう
仕事をしていると悪口を言われる
そう話す父の瞳は微睡みの淵で
一直線に私を捉えた


私は父と似ている
そう気付いた
父に辛い思いをさせたくない
自分と似た境遇が
そう思わせたのかもしれない



社会に揉まれつつ 懸命に生きる父の姿
誰か称賛してはくれないだろうか




                       〔島 秀生:選〕





 承認欲求


書いたものが評価されない
正しい評が欲しいと
公言しておいて
実際に欲しいのは満点のみ


世界でナンバーワンだとしたら
さぞ優越感に浸るだろう
上なんか見なくて良いのだから
下の清々しい景色を眺める


今まで好きだったもの
自分より秀でた有望な者が
同じものを好きでいるのなら
簡単に嫌いになってしまう


自分より愛されている人に抱く感情
優れた人を視察する瞳は尊敬から
認めたくないという僻みになって
日陰で羨むことしか出来なくなった


これだけ頑張ってきたのに
つまらない物に対する私念が
募って募って暴発して
やり場のない怒りに変わる


報われないという諦めが
無力感と共に喉を突き破る
誰か愛してくれないか
こんな私で良いと言ってくれるなら


愛してくれ 愛してくれ
悲痛な叫び
空っぽの部屋に
反響して消える





                       〔三浦志郎:選〕











こたき ひろし


 絶 望


実質
詩人なんて存在しないさ
詩を書くなんて
弱者のふるまい

もし
私の内面が冷たい鋼鉄だったら
きっと詩なんて跳ね返してしまうから
間違っても
詩の世界にのめり込んだりはしないさ

私たちはいつだって
何処にいても
待たされている存在

どこか遥か遠く
何も見えない方角を見つめ続けながら
私たちはいつだって
待たされている存在

柔らかくて壊れてしまいそうな心の領土に
いちめんに咲く花はいつか萎れて枯れて
しまうから

いづれ滅びる日への感傷にたえられなくなったら
詩を文字に変換してしまうのも生き方の一つ
かも知れないけれど
それは言葉のまやかし
けして私の充電を完了させはしない

実質、詩人なんて存在しないさ
詩を書くなんて弱者のふるまい
弱者のふるまいだからさ





                       〔三浦志郎:選〕





 一人ぼっちだから


果たして
もう死んでもいいなんて思える日が来るのかな
その前に
意識不明の混沌に陥ってしまわないかな
それが
ごくごく一般的だから

死ぬ瀬戸際は
何がなんだかさっぱり解らなくなって
それがいい
死ぬ恐怖にしらふでたえられられる訳がないから
ちょうどいい

たった一本の命の木だから
無理矢理
暴力を持って誰かにへし折られたくはない

自然がいい
自然のままに弱り朽ち果ててしまうのがいい
病気はその手助けをしてくれる

死ぬのは
平等で公平であって欲しい

死ぬ時は
一人ぼっち
一人ぼっちだから
それがいい

道連れはない
道連れはいらない
道連れは許されない

気がねなく死んでいけたら
それでいい




                       〔島 秀生:選〕