今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







山下 一歩  


 風 船


風船は
空に浮かべた
危なっかしい私の心

高い空を目指して
舞い上がるけど
すぐに
心変わりして落ちて来る

雨の針が刺さっても
太陽の吐息がかかっても
弱い心が破裂して
一瞬で空の藻屑

風船は
空に浮かべた
覚束ない私の心

風向き次第で
気分次第で
あっちへふらり
こっちへふらり

膨らんだ
小さな宇宙で
希望と失望が
何時も
綱引きをしている





                       〔三浦志郎:選〕





 熱帯夜


気だるい夏の
疲れた優しさの上に
そっと横たわり

青い影のように膨らんだ
よこしまな切なさを
ぶっきらぼうに
夜の胸に差し出すと

火照りのおさまらない
日焼けした風が
頬を撫でて通り過ぎた

眠れない夜に
ぶんぶんと
虫けらのように
飛び回る穢れた想い

背徳の影が
むっくりと目を覚まし
私の心を弄ぶ

熱気を帯びた
静けさの中で
夜は遠く深く
溜息のように儚く暗い

出口の見えない
長いトンネルを
夢のように彷徨う
醒めない想い

何時になったら
歪な魂が静まる
明日が来るのだろうか





                       〔島 秀生:選〕





  夜


飼い慣らされた夜が
慣れた手つきで
黒いカーテンを閉めている

使い古された安物の生地のせいか
カーテンの所々に穴が空いて
そこから
チカッと星が瞬く

綻びの大きな穴からは
月まで顔を出して
愛嬌を振りまく

時々
雲が月に引っかかっては
照明を調節している

実のところは
真っ暗闇では
人が不安がるだろうと
無愛想な夜が
おつな演出をしているのだ

こうして
幻想的で物語のような世界が
影絵のように
ゆっくりと広がり

退屈そうに
時が ひとつ
大きな欠伸をすると
眠たそうな夜が
気だるそうにふけて行く





                       〔島 秀生:選〕





 伝 言


毎日忙しく届けられる
空からの伝言

水色のベールを抜けて
発信される特別な言葉たち

心を開放して
受容の気持ちで待っている

空の一部になれた時
それは
囁くように聴こえて来る

自然に同化した時
それは
呟きとして聴こえて来る

風の甘事
木々の憧れ
葉っぱの嘆き
雲の繰言
水色の美声
雨の愚痴

見上げれば
今も
至る所から送られて来る
コードレスの伝言

研ぎ澄ませた
心の耳で
それを掬い取ろう





                       〔Kazu.:選〕





 八月十五日


何て暑い
茹だる様に暑い
今年の暑さは尋常ではない

大袈裟ではなく
日なたに出るのは
自殺行為以外の何物でもない

目を真っ赤にして
血走った太陽の異常さには
鬼気迫るものがある

ぎらぎらとこれでもかと
刺す様に照りつける
太陽の下

滴り落ちる汗を拭うと
ふと
蘇る旧い記憶がある

遠い日を見つめて
「あの日も
とても暑い日だったよ」と
言葉を振り絞った古老の後姿

忘れる事が出来ない
涙の記憶

日本中が絶望と悲しみに
包まれた暑い日

時が止まってしまった
日本の夏

炎天の空に隠された
消える事のない
哀しい歴史





                       〔青島江里:選〕











夏  生


 地下水


地面の層の下に
地下水があるように
心の層の下にも
地下水はある

清らかな
純度の高い水
ではなく
滞りの澱で
にごった水が
溜まっている

眠りに入ると
同時に
地下水の中へ
沈んでいく

地下水に暮らす
二匹の言葉
たられば、に
刺され、
もしも、の
生ぬるさが
絡みつく

滞り、にごりは
よくない、と
正しさ、の礫が降って
容赦なく
責めたてる

逆走する涙
痛みにあがき
叫びは遠く
のどに力が入る

こりかたまった
呼吸で浮上すると
清らかな水を
飲み干し
地下水の中へ
戻る、を
繰り返す





                       〔三浦志郎:選〕











三澤 新太郎


 夏 天


白くて小さい光の球が
走行中の霊柩車につきまとい
前へ行ったり 後ろへ戻ったり
左右の窓からひっきりなしに中を覗き込んでは
白布に包まれた棺桶に声をかけていた
そう 光の球は…病死したぼくの母さん

母さんは苦しんで 苦しんで
気絶したまま死んでいった
母さんは血走った目をカッと見開き
なにがなんだかわからないうちに息絶えた

そして
母さんは自分が死んだことに
まだ気づいていない
必死になって自分の亡骸に声をかけていた
起きてよ 起きなさい!
まだまだやりたいことがいっぱいあるのだから
起きて 起きてよ!

つい今朝方 病床で看取ったぼくと弟が
光を失くした母さんの目に映っていた
母さんの涙が乾いていくと
ぼくらの姿も消えてしまった

散水車がアスファルトに打ち水をし
夏の日差しが行く手に虹をかけたとき
ようやくあきらめたのか
光の球は速度をゆるめて
霊柩車の後ろをうなだれてついて行った

火葬場につくと光の球は
煙突の上にちょこんと座って
山の向こうに見えている我が家をみつめていた
そして 生きているうちに
やれてよかったこと やれなかったこと
美味しかったもの 綺麗だったもの
楽しかったこと 悔しかったこと
すべて思い出しているに違いない

やがて
黒煙がゆるゆるとけだるそうに登り出すと
光の球は夏天の遥か上をめざして
煙とともに
思い出とともに
ゆっくりと登って行った





                       〔雨  音:選〕





 夜光虫


猛暑がつづく…

皮膚に突き刺さる紫外線は
黒い悪魔の紋様を肌にじわじわ拡大させて
やがて死の世界へと誘う

紫外線が肉体の外側を
じりじり蝕むのなら
視線は精神をじわじわ蝕み
じっくりとなぶり殺しにする

故郷を捨てた
故郷に捨てられた

病を発症し故郷では働けなくなり
生家を売却して
父と母の位牌だけを手に
静かな海を南下した
音もたてずに太陽が水平線に沈み
潮騒も聞こえてこない洋上で
心に突き刺さったままの
鋭く痛い視線を
抜くことができずにいた

故郷で仲間に裏切られ
同僚たちから厳しい非難にさらされ
実家を売った負け犬と蔑まれ
町からは除け者にされた
全方向から向けられた
それらひとつひとつの視線が
千枚通しのように心臓に突き刺さったままだ

抜いたらドバーっと噴き出るだろう
死にたいのなら思い切って抜けばいい!
見ているのは無音の海だけだよ…
すぐに血潮を飲み込み浄化してくれるだろう

夜光虫がキラキラ後ろへ遠ざかるよ
波の泡から生まれて そして死んで
海の藻屑になってまた生まれてくる
姿そのものは目に見えぬ生命の灯火だよ

怒りも悔しさも
憤りも悲しみも
絶望も なんかみんな
もういいかな? 生きてるし
どうせ二度と帰らぬ
二度と帰れぬ故郷

刺さったままの千枚通しは
そのままにしておけよ
次の苦難に出会ったときのための
心の楔だよ

星が海に降り注ぎ
船はいつの間にか
天の川を南下していた





                       〔Kazu.:選〕





 自分の人生やで?


「犠牲の精神」は人間の美徳のひとつといわれている
己を犠牲にして他者を救う
「犠牲」の英訳「サクリファイス」も
アメリカ映画でしばし耳にする

戦争映画でのこんな場面
迫り来る敵にライフルを向ける小隊長と新入り二等兵
なんにも出来ない若造は重要なファイルを持っている
脚を負傷しこのままでは足手まといになると悟ったベテラン軍曹が
己の銃に弾をこめながら力強く叫ぶ
「ここは俺が食い止める!生き伸びろ!行け!」
「そんな無茶な!君ひとり置いて行くことはできない!」
「なあに、あんな奴らに撃たれるほど老いぼれちゃいねえよ…
 そんなことよりもこのファイルを無事に本部へ!そして…
 この坊や(お気に入りの新入り二等兵で実は死んだ息子に
 似ているのだ)もな。頼んだぞ。無事に国へ返してやりな。
 さあ、行け!」
戦場に砲弾飛び交い黄色く立ち込める煙の中
ひとり残った軍曹殿の名を呼ぶ若き二等兵は
生き残り小隊に引きずられながら
磯の香りと平和の光がキラキラと浮かぶ海にたどり着いた
黄色い戦火はもはや届かず
火のように赤いハイビスカスが咲き乱れて
青い水平線の向こうには陽炎に揺れる
故国の島影が見えていた…

感涙に咽びテレビの前で「マイケル軍曹…ウッ!」とか
鼻をすすっている兄貴を横目で見ながら
結局世界の歴史はこの繰り返しだと思った
小を見殺しにして大はますます巨大化する
戦争だけでなく政府も大企業も
捨て駒をたくさん持っている方の勝ちだ
この身を犠牲にして国を救う?
会社のためにわたしが人身御供になろう?
プロジェクト成功のために僕が猫に鈴をつけに?

お偉いさんは言うだろう
彼の犠牲があったればこそ今日の国の繁栄がある
我が社の躍進の陰には彼の犠牲があったこと
それを忘れてはならない
猫を説得し損ね殉死した君へ
できればわたしがその役を引き受けたかった…
(じゃあなぜ君がやらなかったのだ?)

国のために君が犠牲になることはない
人身御供を会社が求めてくるならそんな会社辞めろ
猫に鈴をつけずにペットボトルで追い払え
君は犠牲になろうなんて思うな
人生は自分のためにこそある

「カッコええなあ、わしも犠牲なったろ」
鼻をかみ終えた兄貴におかんが一言
「海っぺり爆撃されて水の泡や、海だけにな」





                       〔三浦志郎:選〕











あ さ ぎ


 テープ


傷口に貼ったうさぎ柄の絆創膏
痛いままだけど
ちょっぴり安心

お刺身のパック
側面に貼られたセロテープ
死を封じておいしそう

プレゼント包装紙
留めるテープ
募る焦燥感”邪魔だコイツ”

それぞれのテープには
それぞれの役目

なら、貼り間違えたテープは
何になる?
見つける役目
見つけられる役目
きっとある




                       〔島 秀生:選〕











耀  子


 一服の幸せ


今日は七月最後の日だ
まだ明るいデッキで
風呂上りの風に吹かれながら
夕食をとる
缶ビールを飲む
350ミリグラムの缶ビールも
飲みきれないな

おかずは野菜たっぷりだよ
だってお隣さんから新鮮な野菜を
たっぷりいただくんだ
ご夫婦で家庭菜園をやっている
100坪もの菜園を借りている
定年を迎えたその家の主も張り切って
作業に励んでいると

なんといっても家庭菜園は
一時勝負だ
一気勝負だ
採れた 採れたよ
今日も 採れたよ と
キュウリにトマトそれにナスにゴーヤが
我が家に運ばれてくる

私は 食べるよ 食べる
野菜を 食べる
食べるよ 食べる
体にいいよね
いいね いいね
お隣さん
どうも有難う

早朝の作業の後の
お風呂上り
隣家の主の
煙草タイムは
いつも玄関の外
部屋の中では吸えないんだね
ときどき
顔があって にやり

家庭菜園ご苦労様
極上の癒しタイムの 一服は
極上の幸せの 一つに違いない





                       〔島 秀生:選〕





 月と火星と


昨夜は
地球と火星が大接近
最後まで見届けようと思い
寝室の窓のカーテンを開けて寝た
しかし
いつのまにか眠っていた

今夜は
夜空に白く輝く月と
赤く浮かんでいる火星とを
双眼鏡でみた
天体望遠鏡を欲しいという
熱が冷めた訳ではないが
取り敢えず 双眼鏡だ

肉眼で見ている
真夜中の空
それも美しいが
双眼鏡で見た
月と火星にも感激した
宇宙に広がっている
神秘的な世界
そしてその中の星の一つとしての
私達の地球

人類初有人宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンは言った
「地球は青かった」
私にはたった1つのこの青い美しい星が
平和であってほしい
いつも いつも いつも
平和であってほしい
ガガーリンにはこんな言葉もあるという
ジョークの中の1つのようだが
「しかし、どこを見回しても神はいなかった」

神秘的な宇宙の下には
厳然として人間の世界がある
この祈りが空しく響く現実
国と国との不協和音
地球全体を侵し続ける異常気象
「神はいなかった」の言葉が
ジョークでないかも知れないと
ふと思った





                       〔島 秀生:選〕











@すみっこ


 やさしい傘を


毎日お暑いですね
昨日わたくし
やさしい傘を買いましたの

小さいですけれども
日陰を作りまして
まずは自分にやさしく
そしてお隣を歩くあなたも
どうぞこちらへ
一緒に傘の影に入りましょう

この夏は江戸紫に
惹かれてしまいましたの
ピンクの花びらも綺麗に入っていますのよ

不似合いね
なんて
思われていないかしら
少し首飾りの色も
合わせてみましたけれど
歳相応になっているかしら

この傘模様を
日差しの代わりに
眺めながら
あなたをお家まで送り届けますわ
なんだかわたくし
やさしい人になったみたいでしょう
元からですけれどね

ご一緒できて
とても楽しかったですわ
今日はゆっくりとお休みになって下さいね
またお会いしましょう

あらあなたも
この傘が
お気に召したかしら?




                       〔齋藤純二:選〕





 夏の夜


静かな夜に聴こえてくるのは
こだまする蛙の声
帰り道をゆっくりと歩いてゆく

視線は
蛙の声が聞こえる方へ
姿は見えない
けれど
いのちは生きているんだと

どこか
ホッとしたのは
いのちは此処に続いているよと
教えてくれているからなんだ

幼き頃に歩いた
我が家までの道を
少しずつ思い出していく
昔の記憶から
懐かしい田園風景が広がる

何処までも何処までも
歌となって
風に乗り涼しげに
私を送る
いや全てのいのちに
生きている者に送り届けている

今暮らす
あの小さな部屋に辿り着くまで
いのちは
まだこんなにも溢れていると
寝静まるその時まで
ずっと
ずっと聞かせておくれ

いのちがこだまする夏の夜よ





                       〔島 秀生:選〕





 ひこうき雲


自分の可能性を信じていないわけじゃない
心の中でソワソワするざわつきに
気が付いて
自分も相手も大事にする方法を
探したいと初めて思った

どこか朧げに感じた
自分の伸び代がまだあるのかもと
見上げた夕焼けを囲む雲の中に
ひとすじのひこうき雲が上に向かって伸びていたから

そうだ
まだ自分にも
少なからず可能性があるならば
信じていきたい

あのひこうき雲は
風に吹かれてただの雲になった
けれど見えた瞬間
忘れないよ
僕の心と僅かに重なったのを

その時たしかに惹かれて揺れ動いたんだ

そう
今度は僕が
ひとすじの輝くひこうき雲になる





                       〔三浦志郎:選〕





 不揃いな花束を受け取って


どうしてだろう
明るい花というだけでは
心は奪われない

いつもの日課で
花屋に立ち寄ると
こちらを見ていたのは
たくさんの目立つ黄色い花たち

私の心は少しも動かされない
あぁ夏と言えば
この花が眩しく咲き誇る季節なのか

皆似ていると思っていたら
見つけたのだ

細い花びらをした
真ん中も全てオレンジ色で
私の不揃いな乱れた心を絡めて
中心からギュッと
ハートが勢いよく溢れてくる

この向日葵は
まだまだ力強く咲き続けるよ

八重咲きの花束も
素敵だねって
きっと誰かが受け取ってくれる





                       〔青島江里:選〕











ゆ  き


おにぎりの詩


家ではおにぎりを男が握る

今年から兄の手慣れた形の他に
甥の握る少しぶ格好なものが加わった

小さい頃は何処でもそうだと思っていた

シャケや梅干しにおかかの
具を入れてはち切れんばかりの
沢山のおにぎりは
いつも楽しい思い出に変わる





                       〔島 秀生:選〕





 花 火


ドーンという大きな音が
生暖かい静けさを破り
暗い夜空を切り離すように
大輪の赤いダリアの花が咲いた

人混みを離れて腰を下ろすと
ドンドンと鮮やかな青い矢車草に
キラキラとした白いかすみ草が散りばめられて

華やかに咲くように
消えていく儚い美しさは
心の中にゆっくりと沁み込んで刻まれていく


いつの間にか周りには人だかりが出来ていた

浴衣を着た数人の若い女性の
楽しそうな声が聞こえ

隙間なく打ち上げられる
花嫁のブーケのような彩り鮮やかな花束を
うっとりと見上げていた





                       〔く  れ:選〕











 桂


Just the way you are 〜ハートに差したイヤホン〜


街の喧騒に疲れたら
ポッケからイヤホンを取り出して
プラグを左胸に刺す
両耳にかけたスピーカーから自分の曲が流れ出して
それを口ずさんで通りを歩けば 憂鬱な雲は晴れている

毎月のように貼り替えられる駅前の広告が僕らを急かしても
この左胸の鼓動のリズムをキープして
マイペースに自分の歩幅で歩いてく

誰が何と言おうと僕はこの道を行く

なぁ このままじゃ野垂れ死にするよ
なんて脅すのはやめてくれよ

ほら見てみろよ
路上で横たわるあの野良犬の亡骸は
まるで何かの記念碑のように堂々と彼の生きた道に建っている

僕の足はまだ固まらず歩いてる
人混みに巻き込まれて
流されそうになったら
胸にプラグを差して
自分の曲を聞く
どこから来て これからどこへ行くのかを忘れないために





                       〔三浦志郎:選〕











かすみ じゅん 


今年も夏が過ぎてゆく


夏 休み 夏 祭り
夏 燥ぎ 夏 騒ぎ

今年も夏が過ぎてゆく

降り注ぐ 眩しい日射し
噎せ返るような暑さ
揺らめく陽炎
熱い風

浮き出ては 肌を
伝い 流れ落ちる汗の玉 それでも
この目に映るものは 輝きを増して

景色を彩る
鮮やかに 夏を彩る

今年も夏が過ぎてゆく 少しずつ

止める事も出来ないまま
留まることも 出来ないままに





                       〔三浦志郎:選〕





 赤い風船


あっ
手に持つ か細い糸が
指から するりと 抜けてった

ふっ
風船は 吸い上げられるように

ふわっ
宙に舞い上がる

風に吹かれ どんどん 昇っていく
走って追いかける

風船は
どんどん どんどん 高く 高く

風に流されていく
小さくなっていく

もう 届かない

空高く 風に吹かれていく

風船は
もっと もっと 小さくなって
見えなくなった

それで よかった





                       〔く  れ:選〕











こたき ひろし


 家族の為に


家族の為に
と聞いたり口にする度に
この心が奮い立つ事が有ります

つい最近ですが
妻を殺害した息子の為に遺体を自宅の庭に埋める手助けをした母親がいました
あれも家族の為に
なんでしょうか
はなはだ疑問ですね

望まなかった妊娠の胎児を出産直後に殺害した
女性がいます
私はその女性よりも相手の男性が許せません

普通なら家族が形成されて
男は家族の為にと
必死に働き蜂になっていたかもしれないのに
女も家族の為にと必死に家を守っていたかもしれないのに

家族の為に
私は今日まで何をしてきたでしょう

家族の為に
その正体は犠牲の心でしょうか
その正体が犠牲の心であるならば
どこからか寂しい風が吹いてきます

家族の為にの真実は
詰まるところ自分の為に
なのでしょうね
きっと

自分を愛しているから
自分の命と引き換えにしても守り育てたい
存在が必要不可欠
それが人として必要不可欠なんでしょう

家族の為に
ああ
家族の為に

心にいい聞かせながら
本当は自分の為に
犠牲になってしまうのでしょう




                       〔三浦志郎:選〕