■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

向 井  千 代 子 
 詩集『  白 い 虹  』 から12篇

         





シスレーの風景


雨あがりの朝
シスレーの風景がそこにある

雲の浮かぶしずかな空
風はなく
道路の水溜りに
雲と空が映る

空中には湿り気が満ち
季節は冬に向かっている

ため息が流れる

恵まれて育ったシスレー
数々の画家を援助し
自分の才能にも自信を持っていた
はずなのに
気がつけば
絵は売れなくなり
生活はきつくなる一方だった

彼の絵は
その上に絵を描くためのキャンバスとして売られ
彼より才能のない画家の絵具で塗りつぶされたと言う
失意のうちに死んでいったシスレー

だがシスレーよ

あたたかく
おだやかで
しずかな
水を含んだ
あなたのまなざし

あなたの絵が好きだ


 
*アルフレッド・シスレー。フランス印象派の画家










 穴


ぽかりと開いた穴
寒々とした黒い穴
深く鋭く切れ込んだ穴
細長く剃刀で切ったような穴
地面にたくさんの穴が開いている

胸の奥底に
穴があることを隠して
人は生きる
時々胸の穴を風が通って
ひゅうひゅう音を立てることがあっても
知らん顔をしている

その穴が
蟻か何かの巣になっていて
そこから蟻なんぞが
ぞろぞろ這い出してきたとしたら
どうなるだろう

丸い穴
四角い穴
細長い穴
たくさんの穴が開いているけれど
取りあえずは素知らぬふりをして生きる

穴にさびしい風が吹き込んで
虎落笛
(もがりぶえ)めいた音を立てることもある
それは不思議な瞬間だ

穴が個性を持って
人々に働きかけようとしている
とすれば
穴はただの穴ではないだろう

穴は穴であることによって
いつの間にか哲学者のように
考え深くなっている

穴は考えた
何故自分は穴であるのだろう
何故自分は穴に生まれついたのか

穴は何もわからないままに
穴として周囲の者に
何かを伝えようとしていた











虹のある風景


雨あがりの七月
緑一面の田の原
雲に覆われた白い空に輝く
白い太陽
田中の一本道を
自転車で走っていると
虹の気配を感じる

見えないけれど
虹の気配が濃い
背後から
虹に見られている
体全体を虹に包まれている
虹に香りさえする

眩しいような
眠気を催すような
空気の中
ひたすらに進む

虹は遠くから
わたしを見ているかと思えば
近くに寄り添って光っている
もとの虹色を消して
白く輝く不思議な虹

涙ぐましい努力ではなく
力の抜けた
すべてを誰かに明け渡した
そんな放棄の姿勢から
生まれた
虹のある風景










白い虹


紅い虹の写真は見たことがあるが
白い虹もあるという

白い虹
七色の全部の色が合わさってできる白
白い虹を作り出すのに
どんな偶然
どんな奇跡が必要だったのだろうか

生涯いのちを懸けて
同じ一つのことを達成しようと
努力に努力を重ねた人が
その生涯を閉じようとした時に
与えられるにふさわしい虹

「よくやったね」
とでも言うように
空に大きくかかる白い半円

その虹を見たとき
人はどう感じるだろう

生きてきた時間のすべてが
逆流して押し寄せるような
めくるめく時に身をまかすだろうか
それとも
ただ単に圧倒され
神に感謝の祈りを捧げるだろうか

白い虹を見たことはないけれど
その虹の話を聞いたときから
朝空にかかる白い虹の映像が
胸の内から ほのぼのと
微笑みかけるようになった










足 跡


砂丘を歩く
朝の砂丘には誰もいないけれど
風紋の上には足跡が残っている

親指の跡がくっきりと残っているもの
運動靴の跡 サンダルの跡
それぞれがそれぞれの道筋を作って
砂丘を上り下りしている
ところどころに
白い骨のように突き出ているのは流木

「自分の足跡
(そくせき)を残せずに
 この世を去っていくとき
 人はどんなふうに感じるのだろうか」と
考えたことがあったが

今 砂丘に立って考えてみると
そんなことは大したことではない
この世界そのもの
この自然そのものが
ひとつの奇跡であった

砂丘の向こうには静かな海
浜に砕ける波の音
背後の山から鶯の声

人は生きそして死ぬ
さまざまな足跡を残して

その足跡もやがてすっかり消えて
後には風紋のみが残るだろう

海の色が微妙に変わってきた










まだだ(Not Yet)


E・M・フォースターの
『インドへの道』の最後で
大地は人間たちに言う
「いや、まだだ。」
空は言う
「そこでは まだだ。」
その単純な否定の言葉が
今 わたしを打つ
「いや、まだ、まだだ。」

夏の日盛り
風が過ぎる
遠い青田の上を吹いてきた風だ

稲田の上を吹く風が
次々と
白波めいた模様を
緑の海原の上に創ってゆくように
否定の言葉が次々と裏返る

「まだだ」とは「もうすぐ」のこと
「もうすぐ終着点」という可能性の証し
「まだだ」「まだだ」の響きが
風に高鳴る風鈴の音になる

空の果てには
もくもく 入道雲
夕立と雷の到来の可能性を秘めて
大きく首をもたげる


 
*『インドへの道』はイギリスの作家、E・M・フォースターの小説。










妖精の踊り ─井村君江氏に捧げる─


夏至の夜
木々の間に開けた草地で
シャムロックの葉をつけて夜通し踊る
寄り添う妖精はパックかエアリアルか
木々の陰から 水辺から
草間から現われ出でて
妖精の祭りを祝っている

妖精たちは陽気に踊っているけれど
その底に悲しみを抱えている
与えられた天地に住みながら
そのことを知らず 感謝せず
主人顔で地上を跋扈し
破壊し
汚染する
人間という魔物のような種族の行為に
戸惑い 怒り
辿りついた先の悲しみ

野山の減少と共に
妖精の種族も減った
空気と水の汚染と共に
死滅した種族もいる
せせらぎに住んでいたナイアッド
森に棲んでいたドライアッド
河童も座敷わらしも
今では少数種族

それでもこの一夜
妖精たちは踊る
妖精を信ずる若い人々と共に
妖精の復活と
地球の自然の再生のために
ひたすらに
祈りを込めて踊る

月の光を露のように浴びて
一番短い夏の夜に
長い 長い
地球の過去と
未来を思いつつ
踊る


 
*井村君江氏は英文学者、特に妖精研究家として知られる。










青のために ─塩路明子さんの絵に寄せて─


青空から降ってくる
一枚の羽

天の世界を舞っていた
歌鳥の落とした羽だろうか
天使の羽の一部だろうか

青の中からやってきた
青い羽
ひらひら
きらきら

羽が
小鳥と化して
音のない歌を歌う

わたしがわたしであるために
あなたがあなたであるために
ほんの少しの言葉で
苛立ったり
悲しんだりする日々が続いていたが

少しずつ
波立ちがおさまり
まっすぐに
空や木を眺められるようになった

時という見えない舟に揺られながら
波の作るリズムを楽しみ
空の描く雲の模様を味わっているうちに
やっと今
すべてを許せる気持ちになった

ブルー・イン・ブルー

青色のために
青い
空気と
花と

青い水の惑星のために


ここに
一枚の羽が
届けられた


 
*塩路明子さんは画家で詩人。
 
 2017年7月まで横須賀の浦賀湾で「時舟」という画廊を開いていた。
 
 明子さんのFor Blueと題する絵に寄せて書かれた。










いのちの洗濯


何の予定もない空白の一日
片付けもしないで
いのちの洗濯をする

音楽を聴き 詩を読む
さくらんぼの実をつまみながら
長椅子に横たわる

「俺の人生は何だったのか
 無だ 無だ…」とは
連れ合いの決まり文句

時の経つのはあっという間
気がついてみればもう後期高齢者
それでもまだ生きている

生きている限りいのちはある
死んだ先にもあるかもしれない

猫のように
ぼんやりと過ごす何もない一日

あなたもない
わたしもない

陽だまりに広げ 乾す
洗いたてのいのち










サン・キャッチャー


朝 カーテンを引くと
冬の日をすかさず捉えて
カーテンレールに下げたサン・キャッチャーが
壁に ベッドの上に
赤 緑 黄 青の 丸い小さな虹を散らす
ノートの上にもプリズムが踊る

緑のガラス玉が揺れると
楕円形のプリズム模様のシャボン玉が
交錯して部屋中を遊びまわる
天井や床を駈け回る光の子供たち

ペン先を行き交う
とりわけ大きなプリズム

思えば人そのものがサン・キャッチャー
あなたの光
彼の光
彼女の光を瞬時に捉えて
その心をすばやく映し出す
わたしの行動 わたしのことば

光がある限り
いつまでも続く
反射と反応
光から光へと伝わる共同作業

光は束の間のもの
いのちも束の間のもの
今 この一瞬を生きる









冬の雨


ぼそぼそと雨がつぶやく

長い年月を生きてきて
今になって分かったことがある
泣いたことも笑ったことも
この胸に刻まれて
今 丸い雫の形となった

怒ったこともある
恨んだこともある
雹となり
霰となり
雪となって
荒れ狂ったこともある
あれもこれもすべて過去のことだ

しみじみと雨が語る

わたしは今のわたしが好きだ
小さくなって地面に沁みこみ
地下水となって流れ
やがて地表に出て
ふたたび天を目指す
この循環がわたしの性
(さが)
この循環をわたしは楽しむ

深々と雨が沁みいる









こころは


或る日は開き
或る日は閉じる
窓のように
扉のように

花びらのように
開いたり
閉じたり

開いたところに
光が差し込むこともあれば
思いもかけぬ矢が射込まれることもある
傷口から血液が流れ出し修復まで時間がかかる

しばらくは扉を閉ざす
内に籠り 自愛に耽り
守りを固める

独りの世界の中で
外の世界を呪い悪態をつくが
しばらくすると
外が恋しくなる

隙間から外をのぞく
外の世界は危険がいっぱい
だが魅力的
冒険心をくすぐられる

開いたり
閉じたり
わくわくしたり
ドキドキしたり
しながら

こころは
自分は独りではなかったと
自分に言い聞かせる








 向井 千代子 さんの詩集 『 白い虹 』 (青娥書房)
  2018年7月刊より抜粋   ISBN978-4-7906-0357-3 C0092
  定価 (本体1,600円+税)


 作品『シスレーの風景』。
 シスレーの描く、川の水面や奥行きのある空が好きだ。とりわけ空の千変万化、それぞれの美しさを知る人である。また奥へ奥へと広がる空に相反するように、奥から手前の方にぐんぐん広がってくる光が描かれている。手を差し出せば、そこに光が当たるようだ。シスレーは一貫して戸外制作を行なった人だという。それら自然の、川や空や光は、題材としてあるのではなく、きっと友達としてあったのだろう。
 この詩で描かれているのは、彼の作の中の、『ポール=マルリの洪水と小舟』ではないか、と想像する。シスレーは、印象派の画家たちの中で唯一、生前に評価されなかった人らしい。彼自身、人に売り込むということが、とんと苦手な性格だったようだ。困窮した生活は奥さんが支えていて、奥さんが亡くなると、後を追うように彼も亡くなってしまった。失意のどん底で亡くなったシスレーだが、没後その評価は急速に高まり、のちのユトリロにも影響を与えるところとなる。
 今こうして、彼の絵を愛する人は多い。とりわけ作者はここで、「空中には湿り気が満ち」、「しずかな/水を含んだ/あなたのまなざし」と、独特の湿度感に、そのやさしさを感じている。

 さて、ちょっと余談になる。100回大会の今年の夏の甲子園。決勝戦で、大阪桐蔭が優勝した。その試合のあとの表彰式でのことである。大阪桐蔭・金足農業ナインが3塁方向を向いて整列して、一人ずつ首にメダルが掛けられていった。それが厳粛な場面だということは、いくら高校生でもわかっていることだ。黙って立っていなければならない場面である。ところが根尾選手の隣りの選手が、自分の首へのメダル授与が済んだあと、役員が通過したあとにこそっと、ただひとことだが、根尾選手に声をかけたのが、カメラの端で捉えられていた。瞬間私は、「あ、不謹慎なヤツだな」と思ったのだが……。
 メダル授与の時に黙って厳粛に立っているべきことは、指示されていたはずだし、メダルをもらって騒いじゃいかんことは本人も重々肝に銘じていたはずだ。にもかかわらず、しゃべったというのは、逆に言えば、それが指示されていない、メダル以外の事柄だったからに他ならない。それに喜びで思わず漏らした一言であれば、なにも隣りの根尾選手の方に向いて言う必要は、何もないだろう。つまり、「メダル以外のこと」で、「その時に、言わねばならないこと」で、且つ「隣りに教えてあげたいこと」があったから、陰に隠れて、こそっとひとこと言ったのである。はたして、それは何か。
 あの時、レフト方向に虹が出ていた。ちょうど表彰式のタイミングになって、まるで優勝した大阪桐蔭を祝福するかのように、ドンピシャのタイミングで虹が出た。100回大会の奇跡といって言いだろう。そう、虹が出ていることに、ナインの一部が気づいたのである。それも3塁側を向いていた選手たちにとっては正面ではないから、ちょいと右に視線をやる必要があった。だから、教えてあげる必要があったのである。間違いない。あの選手の口の動きは、こう言っていた。
 「虹が出てる!」

 作品『白い虹』。
 色を全部重ねると、白になる。七色全部が重なってできるという白色の虹。白い虹は、どのような偶然と奇跡の積み重ねによって、できるのであろうか。
 生涯かけて、努力に努力を重ねた人が、その生涯を閉じようとする時に、「よくやったね」とご褒美のように最後に与えられるにふさわしいものと、作者は言う。
 白い虹のメカニズムについては、ウェザーニュースの解説によると、「通常の虹は太陽の光が雨に反射する際、雨粒がプリズムの役割を果たして太陽光が分光されるため、七色に見えます。一方、白虹は太陽の光が霧に反射して見られます。霧の粒は雨粒より細かいため、プリズムのように分光されず、全ての波長(色)の光が同じように散乱されます。このため白く輝くのです。」
 つまり、雨ではなく、霧への反射によって起こる現象なので、たいていが朝の発生となるようだ。だから作者は、朝空を見ている。いずれにせよ、年に一、二度くらい、日本のどこかで、というレベルなので、巡り合える可能性は稀有だ。しかしながら、見ようとしなければ、絶対見れることもないし、その見たいと願う気持ちが、心の内に虹を描いてくれるということが、あるのである。

 作品『足跡』。
 自分の足跡を残せたか、残せなかったか。そんなことに思い煩う必要は、実はないのではないだろうか。砂丘には、親指の跡、運動靴の跡、サンダルの跡。無数の跡が残っている。
 「人は生きそして死ぬ/さまざまな足跡を残して」。足跡を残さない人などいない。人は生まれ、人は死ぬ。生きてきた人の数だけ、足跡はそこにある。甲乙も、勝ち負けも、関係ないのではないだろうか。肉親でも友人でも、誰かの心に人は残る。それこそが足跡ではないのだろうか。生きていることは、それ自体が足跡だ。無駄な生なんて、ない。砂丘は、そう言っているのではないだろうか。


 ところで、この詩集は、三つの章で構成されている。第Ⅱ章の、それぞれ誰かのために書かれた副題が付いている「捧げる詩」の章をメインとしていて、前の第Ⅰ章には、風景をテーマにした詩を。後ろの第Ⅲ章には、その他の詩が配置されている。
 その第Ⅱ章の中の作品、『青のために』は、題材となった絵を知らないが、「ブルー・イン・ブルー」の言葉で、その意図がわかる。水の惑星、地球の青。海の青。空の青。花の青。風景への開眼は、自然の中にあるいくつもの青を、見分けられるようになるところから始まる。空の景色が、一度として同じ時はないことを知るところから始まる。だからこそ、舞い降りてきたのだ。
 風景に開眼すること。すべてが許せるようになること。一枚の、天使の羽が舞い降りること。

 作品『冬の雨』。
 人生に起こったさまざまな出来事。泣いたこと、笑ったこと。怒り、恨んで、荒れ狂ったことも。すべては胸に刻まれて、いずれは「丸い雫」になれるという。
 それはいつ、なれるのだろうか。いかに自制しようとしても、なかなかに治まるものではない喜怒哀楽、日常の不満・不安の数々。それらを乗り越えることなど、到底無理なことだろう。その時は、そう思える。そう思う気持ちでいっぱいになる。
 しかしそれら地表で起こった水たちは、やがては濾過されて、地下水となって落ちる。「丸い雫」とは、そのようなものであるのだろう。きっと時間を経れば、時間を経ただけのことはあるのだと、そう思いたい。最後は、「丸い雫」の形で、胸に抱いていたいものだ。
 ただ、地下水はそこでとどまらない。流れ、地表に出て、天を目指す。そうして再び、地上に雨となって落ちてくる。しかしながら、そうした水の循環こそが、人間の営みであると知るならば、楽しんで、そこに入っていけばよいのではないか。
 何故ならば、人としてこの世に生を受けたこと自体が、超ラッキーなことであるのだから。

 作品『こころは』。
 向井さんは、白鷗大学名誉教授。長く、学生に講義で教えてこられた方なので、この詩も自分に向けてというよりは、そういう若い人たちに向けての、生きていくエールの詩のように思う。いや大学生より、もっと若い子に向けてかもしれない。
 閉じたり、開いたりは、青春の揺れ動く心のようである。「窓のように」「扉のように」「花びらのように」は、そのいずれの比喩も香しい。無防備に開く心は、幸運もあるが、あらかたは血を流すような出来事にばかり出会うだろう。きっと多くの人が、一度は血を流して心を閉じる。そしてしばらくは自愛に耽り、外の世界に悪態をつく日々を過ごす。でもそうやって、ひとしきり時を過ごしたら、外の世界が恋しくなってきて、それでいいのだ。
 外の世界は危険がいっぱいだが、魅力的だから、今度はもう少し用心深く、踏み出そう。わくわく、ドキドキの冒険へ。そうして心は、本来の居場所を得る。それは、心を閉じて一人でいた時よりも、ずっと楽しい場所だと知るのである。


                                        (島)