□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 263号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十三年

 戦後七十三年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。









 編集雑記


◆西日本豪雨災害

 西日本豪雨で被災された皆様、亡くなれたご遺族の皆様へ、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。この災害であったことを、私たちは引き続き、知っておきたいを思います。また、これを教訓とし、その時に何が起こり、どう対応すべきなのかを考える機会としたいと思います。


 ●倉敷市真備町の犠牲者

 ■犠牲者51人の8割、1階で発見

 倉敷市真備町で亡くなった51人のうち、8割以上の42人が住宅1階部分で遺体となって発見されていたことが、関係者への取材や朝日新聞の調査でわかった。42人のうち36人が65歳以上の高齢者。足が不自由だったり杖を使ったりする人らが多かったといい、避難が困難だったために自宅で亡くなるケースが大部分を占めていたことが浮き彫りとなった。

 朝日新聞は自治体や警察、消防に取材するとともに、亡くなった人の関係者に当時の状況について話を聞いた。その結果、43人が屋内で遺体で見つかっていたことが判明。うち1人は2階部分で、42人は1階部分だった。建物の形態別にみると、21人が平屋、21人が2階建て以上の住宅やアパートに住んでいたが、上階へと移動する「垂直避難」ができなかった可能性がある。

 地域でみると、1級河川・小田川の支流で、3カ所が決壊した末政(すえまさ)川の近くに集中。12人が亡くなっていた。末政川は7月7日午前0時ごろに決壊が始まったとみられており、近くに住む70代男性は「大きな音がして家がきしんだ。目の前で近所の家がえぐられ、一瞬で流された」と証言。周辺の家屋は大きく損傷しており、激しい濁流が突如襲ったとみられている。



 ●西日本豪雨・故人への想い

 220人あまりの命を奪った西日本豪雨。九州から東海の11府県に大雨特別警報が出始めたあの日から、6日で1カ月がたつ。大切な家族や友人を失った人たちは悲しみを抱えながら、前を向こうとしている。


 ■玄関ドア水没、私を助けようと潜って…/気難し屋、財布にしのばせた思い出

 今なお多くの人々が過ごす岡山県倉敷市内の避難所。同市真備(まび)町の丸山保子さん(72)は1人で避難生活を送っている。夫の勇さん(77)を失った。「私をなんとか助けようと、無理をしたんだと思う」

 7月6日夜、市の防災無線が避難を呼びかけていた。自宅は小田川の支流・末政川から西に約100メートル。娘2人が巣立ち、約15年前に夫婦の「終(つい)のすみか」として2階建てから平屋に建て替えていた。

 午後9時に夫婦で寝床に就いた。「大変だ。窓のすぐ下まで水がきとる」。勇さんの声で目が覚めた。携帯電話の時刻は午前0時。水で畳が浮いてきた。

 犬のタロウを抱え、はしごでロフトに上った。勇さんが「おまえはここで頑張るんだぞ」とタロウを屋根裏に置いた。部屋の電気が消えた。懐中電灯で照らすと冷蔵庫が浮いていた。

 勇さんが向かいの人に携帯電話で「うちは2階がない。避難させてくれ」と頼んだ。「2階の窓を開けている、早く来な」と快諾してくれた。水はロフトまであと約30センチに迫っていた。でもロフトには窓がなく、外に出られない。

 玄関から出るしかないとロフトから下りた。床に足が着かないほど水は深かった。立ち泳ぎで壁をつたい、玄関に着いたが、ドアノブは水の中。保子さんが潜ってドアを開けようとすると、水圧でびくともしなかった。「ロフトに戻ろう」と声をかけたが、勇さんは何も言わずに水に潜った。もう一度ドアを開けようとしたのかもしれない。だが、勇さんはそれきり浮き上がってこなかった。

 保子さんは、勇さんがタロウにかけた言葉を思い出した。「自分はタロウと生きなきゃ」。ロフトに戻り「お父さん戻ってきて」と何度も叫んだが、返事はなかった。

 「お父さん、守ってください」。壁や屋根をたたき続け、どれくらいたっただろう。屋根から「今から助ける」との声が響いた。救助隊が金づちやバールで屋根に穴を開けてくれた。顔が水に浸る寸前だった。タロウを抱いてボートに乗り、心の中で呼びかけた。「お父さん、後で迎えに行くからね」

 9日、自宅の玄関付近から遺体が発見され、勇さんとわかった。

 将棋が趣味だった勇さん。会社を定年退職し、将棋のテレビ番組を楽しみにしていた。保子さんが「将棋、覚えてみようかな」と話すと「おまえにはわからん。将棋は奥が深い。無限なんじゃ」と笑った。

 勇さんの葬儀の数日後、保子さんが娘2人と片付けのため自宅に戻ると、居間で勇さんの財布を見つけた。中から新婚旅行で鹿児島県に行った時の写真が出てきた。口数が少なく、気難し屋の夫が、写真を持ち歩いていたことに驚いた。泥を払い、破れた場所をテープでとめて、ポーチに大切にしまった。

 「けんかもいっぱいしたけど、自分にはこの人しかいなかったかな」。写真を見ながら、保子さんは話した。


 ■「お父さん、お父さん!」 泥水に消えた妻の声

 お父さん、お父さん! 叫び声が片山穣(みのる)さん(86)の耳を離れない。この1カ月、妻千代子さん(88)を思い出さない日はない。

 7月6日、倉敷市真備町有井の自宅で、足腰が弱くなった千代子さんを支えて風呂に入り、1階奥の寝室に並んだベッドで眠りに就いた。翌7日午前6時ごろ、チャイムで目覚めた。「川の水が出るかも知れない、避難して下さい」。そう話す近所の女性のくるぶしまで泥水がきていた。

 パジャマのままベッドに座っていた千代子さんは「お父さん、洗面器持ってきて。水出そう」。掃き出し窓を開けると、外の水はすでに深さ50センチほどになっていた。「そんなことで追いつくか」。穣さんは2階への避難を考えた。

 ベッドから階段まで3メートルほど。だが、千代子さんは外では杖を使い、自宅でも壁や家具をつたって歩くのがやっと。千代子さんを背負う力はもう穣さんにない。

 水は室内に入ると、かさを増した。穣さんは階段に行き、手を伸ばした。「はよこい。はよ、はよこい」。だが千代子さんは進めない。足から腰、腰から胸へと、泥水は千代子さんの体を隠していく。

 応接間のサイドボードが浮き、互いの視界を遮った。「お父さん、お父さん!」。叫び声だけが聞こえた。「水だけは飲んじゃいけんぞ、絶対いけんぞ」。穣さんは水が増えるとともに階段を上がっていかざるを得ず、やがて千代子さんの声は聞こえなくなった。

 穣さんは間もなく2階の窓から救助された。9日、千代子さんの遺体は階段の前で見つかった。

 約50年前に建てた2階建てを、千代子さんは気に入っていた。遠出しても「家が一番」といつも日帰りだった。その自宅が水につかるとは、思ってもいなかった。「紙一重のところで助けれなんだ」


 ■結婚して島に来てくれた 最後まで娘2人のそばに

 家のあった場所は更地になり、崩れた裏山は山肌があらわになったままだ。漁業とかんきつ類で知られる瀬戸内海の怒和(ぬわ)島(松山市)。井上繁人(しげひと)さん(65)は息子の妻、麻衣子さん(36)とその長女の陽葵(ひなた)さん(9)、次女の結衣(ゆい)さん(6)を失った。

 7月7日未明、家が土砂にのみ込まれた。救助は夜を徹して行われた。「たぶん(子どもの)足元近くにおる」。家から自力で出てきて、救助に加わっていた息子が言った。麻衣子さんは地震があるとすぐに起き、2人の子どものところに行っていたからだ。発生から約12時間たった7日の昼ごろ、麻衣子さんは2人の足元近くから見つかった。

 看護師だった麻衣子さんは結婚で島外から来た。繁人さん宅と同じ敷地の隣の家に住み、家業のミカン栽培を手伝ってくれた。「『すばらしい女性を連れてきた』とみんなで喜んだ」

 近所の女性(72)は数年前に「何もない島に来て大変やろ」と麻衣子さんに尋ねた。「家族が一緒におるだけで十分よ」と返ってきた。女性は「子どもの声が聞こえるだけで、年寄りは元気になれた。島に来てくれてありがとうと言いたい」と話した。

 結衣さんは今春、島の小学校に入学。麻衣子さんはこども園のアルバムに「ていねいにとりくむことができるゆいちゃん。しょうがっこうでもゆいらしく、のびのびすごしていってね」とつづった。

 姉妹の学校の行事や発表会の前は、付きっきりで練習していた。繁人さんは「2人を大学に行かせるためのお金をためていた。島の生活にも慣れて、これからだったんです」と話した。


 ■母と2人、新聞配達

 谷本求(もとめ)さん(55)=広島県呉市蒲刈町田戸 自宅裏の崖の崩落に巻き込まれた。母通津子(つづこ)さん(80)と2人で毎日、地域の約100世帯に新聞を配っていた。4人きょうだいの長男。小学生の時に父親を亡くした後、妹弟の面倒を見てきた。音楽と広島カープをこよなく愛した。販売所の高畑良子所長(76)は「雨の日はきちょうめんに新聞を袋に入れ、配達のミスもなかった。責任感が強かった」と惜しんだ。


 ■夫婦、いつも一緒

 保手浜美由紀さん(28)=広島県東広島市河内町下河内 同居の母、中本信子さん(58)によると、夫の雅洋さん(43)と外食に出かけ、自宅近くで車が川に流されたとみられる。美由紀さんは下流で遺体が見つかり、雅洋さんはなお行方不明。信子さんは「仲のいい夫婦で、いつも一緒に出かけていた。連絡があれば、何とか助けに行きたかった」。


 ■消防団員42年の志

 加川和見さん(66)=広島県呉市安浦町 消防団員として活動中に軽トラックごと土砂に流されたとみられる。「42年間続けてきた消防団員として周りの人を守ろうとしたんじゃけ。それでええんよ」と妻いづみさん(62)は言った。7月6日午後8時27分。夫からの着信に、車を運転中で気づかなかった。「生きとってほしかった。もっと一緒にいたかった」



   ─── 2018.8.5 朝日新聞デジタルより







◆戦艦「大和」沈没後、救助にあたった駆逐艦「雪風」の話。


 ●その時の「雪風」

 昭和20年4月6日、戦艦大和の沖縄水上特攻作戦に、雪風は第二水雷戦隊司令官古村啓蔵少将の指揮下、軽巡矢矧、第17駆逐隊の磯風、浜風、第21駆逐隊の朝霜、霞、初霜、第41駆逐隊の冬月、涼月と共に日本を出撃した。特攻作戦に臨み雪風以外の各駆逐艦の第一煙突には菊水のマークが描かれた。雪風でも航海科の兵が同じようにマークを描こうとしたが、「ウチはいつも通りでいいんだ」と艦長命令により止められている。また家族への最後の手紙や、髪、爪などの遺品を残すことも禁止したとある。

 4月7日正午過ぎよりアメリカ軍航空機約400機の猛攻を受け、午後2時23分に大和は沈没した。軽巡洋艦矢矧、駆逐艦浜風、朝霜、霞が沈没、冬月が中破、涼月が大破した。雪風の寺内艦長は、艦橋に椅子を置いて天井の窓から首を出し、航海長の右肩を蹴ると面舵、左肩を蹴ると取舵という操舵方法でアメリカ軍機の攻撃を殆ど回避した。それでも魚雷1本が命中しかけたが、幸運にも艦底を通過している。また食料庫にロケット弾が直撃したが、信管が作動せず不発だった。但し、このロケット弾の不発は後述する宮津湾の戦闘で同じ証言があり、記録が混同している可能性がある。機銃掃射と至近弾で3名が戦死・15名が負傷したが、艦の破損は機銃1基大破・主砲盤電路故障のみで、戦闘力に影響はない。雪風は対空砲火により米攻撃機を1機撃墜した。

 大和沈没後も雪風の寺内艦長は沖縄への突入を諦めなかった。生存者の救助を始めようとした先任士官を「今回は決死の特攻作戦である。沖縄へ突入すれば救助した人たちの運命も同じだ。(生存者は)此処にいればまだ救助される機会に恵まれることもあろう。先ず本艦が戦闘力を遺憾なく発揮できる準備を整えよ」と諭して止めると、所在最高指揮官である第41駆逐隊司令吉田正義大佐に沖縄突入の行動に入る様意見具申したが、「一先ず溺者を救助せよ」との上級司令部の命令により沈没艦救援作業に従事した。16時39分、連合艦隊司令部より第1遊撃部隊指揮官に対し、乗員救助の上、佐世保への帰投が命ぜられた(受信は17時50分)。

 雪風は14時50分から16時37分まで大和生存者の救助に当たった。敵機の襲撃や敵潜水艦の存在が感知されたため艦を完全に停止できず、微速で進みながらの不自由な状況で准士官以上12名、下士官兵93名の105名の将兵を救助した。救助した大和の参謀に「敵の攻撃の危険がある。直ちに艦を動かせ」と催促されたが救助を継続したとの証言と、これとは逆に日没寸前となり、敵潜水艦の活動が活発になる、他の艦の救助が残っている等の理由から救助を打ち切ろうとした際、大和の士官が「まだ多くの兵が泳いでいる」と中止を思い止まるよう詰め寄ったとの証言があるが(無論時系列が異なるだけでどちらも事実の可能性はある)、どちらも寺内艦長は「本艦の指揮官は自分だ」と跳ね除けた。

 さらに、17時20分頃から矢矧の救助を開始し、准士官以上13名、下士官兵143名の156名を救助している。
 雪風に救助された複数の大和生存者の証言によると、救助活動を終了して帰路へ着いた雪風は米潜水艦に狙われ、雷撃を受けたとある。魚雷を回避した後も追ってくる潜水艦を撒くため雪風は機関を停止、救助した兵たちにも「動かないように。音を立てないように」と注意して潜水艦をやり過ごした。4月8日、雪風、初霜、冬月、涼月は佐世保に入港した。

   ───以上、Wikipediaより


 雪風はその後、7月末、疎開先の京都府・宮津湾でまたしてもアメリカ軍艦載機の空襲を受けたが、ここでも直撃したロケット弾1発が不発と言う幸運もあって生き残り、そのまま同地にて8月15日の終戦を迎えた。

 戦後は武装を取り外し、復員輸送艦として1万3千人の復員兵や引揚者を故郷の日本へ運んだ。漫画家の水木しげる氏も雪風によって復員した一人である。
 復員輸送任務完了後も乗組員たちの整備が行き届いていた事から戦時賠償艦に指定され、抽選の末に中華民国に引き渡され、「丹陽」と命名されて中華民国海軍の旗艦任務に長く就いた。こちらでも数々の実戦に参加しているが重大な損傷を受ける事も戦没する事もなく、老朽化による退役という形で軍役を終えた。
 座礁や機関の不調などのトラブルにしばしば見舞われるが、ピンチ時に機関が突然本調子を取り戻すなど、その幸運はしばしば発揮されたとされる。
 丹陽の解体後の1971年、中華民国から日本に雪風の錨と舵輪が引き渡された。この雪風の錨と舵輪は現在、江田島の海上自衛隊第一術科学校校内の教育参考館に静かに安置されている。

   ───以上、ピクシブ百科事典



 ●「雪風」にいた2人の話

①「死ぬはず」が助ける身に。見納めと思った桜。

 昭和16年9月から戦艦「大和」に乗船していた豊田義雄氏(98)は、昭和18年4月、今度は戦艦「大和」から駆逐艦「雪風」への転属を命じられた。

 直前、雪風は南太平洋、ガダルカナル島からの撤退作戦に参加した。補給を断たれ、多くの将兵が飢えに苦しんだ「餓島(がとう)」だ。

 その頃、南太平洋の島をめぐる日米の戦いは、激化する一方だった。決戦兵器として温存された大和と対照的に、駆逐艦は攻撃だけでなく、護衛や輸送など、あらゆる任務に駆り出された。雪風も常に最前線にいた。この年の航海距離は、5万キロを超えた。

 「どこへ行くにもこき使われ、奴隷のような気持ちでした。しかも、駆逐艦は装甲が弱く、どこでもやられる。もう終わりかな、と思うこともたびたびありました」

 敵襲を避けるため、夜間に航海することも多かった。乗組員は自嘲気味に「ネズミ輸送」と語った。輸送ではなく、水上戦闘に参加したいと話していた。

 18年7月。雪風はソロモン諸島近くで、護衛艦隊の一員として、物資輸送船を守った。やはり夜だった。

 「航行中、甲板でじっと見守っていました。護衛艦隊の旗艦の探照灯がパッと走り、次の瞬間、周囲は水柱だらけ。砲弾でした」

 敵艦隊と遭遇した。

 「射程までじっと耐え、『発射』の合図で魚雷が次々に海に消えていく。発射方向を見ていたら、水が持ち上がり、火炎が見えた。艦内は『やった』の大歓声です」

 後に「コロンバンガラ島沖夜戦」と呼ばれる戦闘だった。日本海軍は、敵巡洋艦3隻大破の戦果を挙げた。

 雪風はマリアナ沖海戦、レイテ沖海戦など、主要な戦闘にすべて参加し、そのすべてで生き残っている。

 だが、海軍の航空戦力、そして連合艦隊そのものは壊滅した。追い込まれた軍は、特攻に手を出す。戦略戦術の失敗の代償を、若者が命をかけて払うことになった。

 20年1月、雪風は山口県の大津島に向かった。島には、人間魚雷「回天」の基地があった。雪風は訓練の目標艦を務めた。

 訓練を積んだ若者は、硫黄島や沖縄で散った。

 「訓練生はみな私より若かった。きっと、独身で亡くなったんでしょう」

 豊田氏は振り返る。

 だが当時、感傷に浸る余裕はなかった。戦死は「先か後か」の違いだけだと考えていた。

 間もなく、順番がやってきた。20年4月、大和とともに沖縄に突入する命令が下された。いわゆる沖縄水上特攻だ。出撃前に艦隊は、山口県の徳山沖に集結した。

 「戦死しても仕方ない。覚悟はしていました。惜しい命ではないと。でも、雪風から陸上を見たときに、燃料タンク越しに、満開の桜が見えたんです。『これで見納めか』と思うと、なんだか寂しい気持ちになった。今も忘れられません」


 瀬戸内海を出発した艦隊の行動は、米軍に筒抜けだった。

 4月7日昼、米軍機の攻撃が始まった。

 空は暗黒色だった。雪風の甲板から、大和に爆弾が命中し白煙が上がる様子がみえた。魚雷で船腹を破られ、徐々に左に傾き、転覆寸前に大爆発が起きた。無意識に、脱出などに使う内火艇の後ろに身を隠した。

 「赤い炎を巻き込んで黒い煙が上がった。その後、海面に大和の姿はなかった。あまりにむごい沈み方で涙も出なかった」

 水面は重油で真っ黒になった。大和から脱出した乗組員だろうか、黒い頭が浮いていた。雪風からロープを垂らし、救助した。大和に乗っていたころの知り合いも、数人いた。

 丸太に少年兵がつかまっていた。童顔で15、16歳に見えた。ロープが届かない。「泳げ!」と叫んだ。

 少年兵は必死の形相で泳ぐ。だが、ロープを投げても浮輪を投げても届かない。懸命に両手を突き上げで水をかくが、やがて頭が沈んだ。

 「だめだと思ったら、彼はもう一回顔を出して、声を上げたんです。それから海に消えた。重油でどす黒くなった顔で、一瞬こっちを見たんです。何を訴えたかったのか…」

 この戦いで、3700人以上が命を落とした。

 雪風は終戦まで生き延び、戦後は復員輸送に従事した。

 その後、賠償艦として中華民国に引き渡された。「丹陽」と名を変え、中国共産党との国共内戦で戦ったという。のち、雪風は解体され、台湾から昭和46年、いかりと舵輪だけが返還された。

 豊田氏は戦後、海上自衛隊に入り、掃海艇に乗った。50歳で退官し、今は山口県下関市で静かに暮らす。友人との囲碁が楽しみだという。

 「本来、私は大和で死んでいたのに、雪風に転属となり、助ける身になった。これは運です。二度と見ないと思った桜を見るたびに、何ともいえない気持ちになるんです」


   ─── 2018.4.10 産経ニュースより



戦友の生きた証し、私は焼いた。91歳が告白する「罪」。

 1945年夏、日本海に面した京都・宮津湾近く。油まみれの軍服を着た一人の少年が風呂敷を担いで歩いていた。人目に付かない丘まで来ると、穴を掘って書類を投げ入れた。そして、マッチで火を放った。

 パチパチ、パチパチ。書類は音を立てて燃え、熱気が顔に迫った。「お前はまだ軍に協力しているのか」。少年は、戦友の声を聞いた気がした。

 当時18歳の少年だった西崎信夫さんは91歳になったいま、東京都西東京市に一人で暮らす。居間の壁には、魚雷の射手として乗り組んだ駆逐艦「雪風(ゆきかぜ)」の絵が掛けられている。左太ももには銃撃の痕が残る。

 「戦友たちに悪いことをしてしまった」。焼いた日のことを、そう言った。

 15歳で海軍特別年少兵に志願。43年から雪風に乗り、44年のマリアナ沖、レイテ沖の海戦を経て、45年4月には戦艦「大和」とともに沖縄特攻に出撃した。

 東シナ海で、米軍の爆撃や魚雷を受けた大和が真っ二つに割れるのを目撃した。雪風から海面に投げ入れた縄を2人がつかんだが、西崎さんは重さに耐えきれず、1人をたたき落とした。この場面は戦後、何度も夢に見た。

 京都府・宮津湾で敗戦を迎え、そこで上官の水雷長に命じられた。「軍の機密を焼却しろ。1人でやれ」

 乗員数百人の部隊遍歴、人事評価を記した調査表、暗号の解読書……。「人秘」「軍秘」と書かれた書類を半日かけて燃やし、灰も土の中に埋めた。

 「罪」の重さを自覚したのは70代半ばを過ぎ、戦争体験を人前で話してから。あのとき偶然見つけて抜き取った自身の記録を、戦後初めて読み返した。「俺は頑張って生きていたんだな」という思いがわいたが、次第にいたたまれなくなった。「燃やした公文書は、戦友たちの命の集積。戦争の真実を正確に伝えられなければ、海に沈んだ仲間たちが浮かばれない」

 戦後73年。雪風の乗組員で生きているのは数人だけになった。西崎さんは「業を背負ったもの」として、生きている限り体験を伝えていこうと考えている。



   ───  2018.8.13 朝日新聞デジタルより


 終戦が決まるとすぐ、全軍に、内容如何にかかわらず全資料の焼却が命ぜられた。これは今で言う社外秘資料とか、個人情報といったものとは性質が異なる。公文書の隠蔽なのである。戦争の真実は闇に葬られ、これは結局、軍指導部の戦犯逃れにのみ、機能することになる。







長崎の平和祈念式典に参列した国連・グテーレス事務総長の演説(和訳全文)

 本日、この平和式典において、ご参列の皆様とともに、1945年8月9日に、ここ長崎で原子爆弾の攻撃で亡くなられたすべての方々の御霊に謹んで哀悼の意を捧げられることを光栄に思います。

 今日ここにご参列の皆様、ならびに原爆のすべての犠牲者と生存者の皆様に対し、最も深い尊敬の念を表明します。

 ここ長崎を訪問できましたことは、私自身にとっても大変な喜びです。5世紀近くにわたり、私の国、ポルトガルは、この街と深い政治的、文化的、宗教的なつながりがあります。

 しかし、長崎は、長い魅力的な歴史を持つ国際都市というだけではありません。より安全で安定した世界を希求する世界のすべての人にとっての、インスピレーションでもあります。

 この皆さま方の街は、強さと希望の光であり、人々の不屈の精神の象徴です。

 爆発の直後、そしてその後何年、何十年にもわたって十数万もの人々の命を奪い、人身を傷つけてきた原爆も、あなたがたの精神を打ち砕くことはできませんでした。

 広島と長崎の原爆を生き延びた被爆者の方々は、ここ日本のみならず、世界中で、平和と軍縮の指導者となってきました。彼らが体現しているのは、破壊された都市ではなく、彼らが築こうとしている平和な世界です。

 原爆という大惨事の焼け跡から、被爆者の方は人類全体のために自らの声を上げてくれました。私たちは、その声に耳を傾けなければなりません。

 決して広島の悲劇を繰り返してはなりません。長崎の悲劇を繰り返してはなりません。一人たりとも新たな被爆者を出してはなりません。

 ご来賓の方々、ご列席の皆様、児童・生徒の皆さん。

 悲しいことに、被爆から73年経った今も、私たちは核戦争の恐怖とともに生きています。ここ日本を含め何百万人もの人々が、想像もできない殺戮(さつりく)の恐怖の影の下で生きています。

 核保有国は、核兵器の近代化に巨額の資金をつぎ込んでいます。2017年には、1兆7千億ドル以上のお金が、武器や軍隊のために使われました。これは冷戦終了後、最高の水準です。世界中の人道援助に必要な金額のおよそ80倍にあたります。

 その一方で、核軍縮プロセスが失速し、ほぼ停止しています。

 多くの国が、昨年、核兵器禁止条約を採択したことで、これに対する不満を示しました。

 また、核兵器以外にも、日々、人々を執拗(しつよう)に殺傷する様々な兵器の危険も認識せねばなりません。

 化学兵器や生物兵器などの大量破壊兵器や、サイバー戦争のために開発されている兵器は、深刻な脅威を呈しています。

 そして、通常兵器で戦われる紛争は、ますます長期化し、一般市民への被害はより大きくなっています。

 あらゆる種類の兵器について緊急に軍縮を進める必要性がありますが、特に核兵器の軍縮はもっとも重要で緊急の課題です。

 このような背景の下、今年5月に私はグローバルな軍縮イニシアチブを発表しました。

 軍縮は、国際平和と安全保障を維持するための原動力です。国家の安全保障を確保するための手段です。軍縮は、人道的原則を堅持し、持続可能な開発を促進し、市民を保護するのを助けます。

 私の軍縮アジェンダは、核兵器による人類滅亡のリスクを減らし、あらゆる紛争を予防し、武器の拡散や使用が一般市民にもたらす苦痛を削減するために、現在の世界で実現可能な様々な具体的な行動を打ち出すものです。

 このアジェンダは、核兵器が、世界の安全保障、国家の安全保障、そして人間の安全保障の基盤を損なうことを明らかにしています。核兵器の完全廃絶は、国連の最も重要な軍縮の優先課題なのです。

 ここ長崎で、私は、すべての国に対し、核軍縮に全力でとり組み、緊急の問題として目に見える進歩を遂げるよう呼びかけます。核保有国には、核軍縮をリードする特別の責任があります。

 長崎と広島から、私たちは、日々平和を第一に考え、紛争の予防と解決、和解と対話に努力し、そして紛争と暴力の根源に取り組む必要性を、いま一度思い出そうではありませんか。

 平和とは、抽象的な概念ではなく、偶然に実現するものでもありません。平和は人々が日々具体的に感じるものであり、努力と連帯、思いやりや尊敬によって築かれるものです。

 原爆の恐怖を繰り返し想起することから、私たちは、お互いの間の分かちがたい責任の絆をより深く理解することができます。

 私たちみんなで、この長崎を核兵器による惨害で苦しんだ地球最後の場所にするよう決意しましょう。

 その目的のため、私は、皆さま方と共に全力を尽くしてまいります。

国際連合事務総長
アントニオ・グテーレス



 今、「米国第一」を掲げるトランプ政権は、オバマ前政権の「核なき世界」をめざす理念を放棄し、今年2月に発表した「核戦略見直し(NPR)」で爆発力を抑えた「使える核兵器」の開発を進める方針転換を打ち出した。オバマ政権が進めたイラン核合意からの離脱も表明し、緊張が高まっている。

 また、トランプ政権は、国連への分担金も停止している。分担率が22%と最大の貢献国であった米国など81カ国が分担金未払いで、国連はかつてない財政危機に陥っている。
 しかしながら米国は緊縮財政を行なっているわけではない。グテーレス氏によると、国連分担金未払いの一方で、「核保有国は、核兵器の近代化に巨額の資金をつぎ込んでいる。2017年には1兆7千億ドル以上のお金が武器や軍隊のために使われた。これは冷戦終了後、最高の水準だ。世界中の人道援助に必要な金額のおよそ80倍にあたる」という。




                                   (島)