□ 新作紹介 □





雨  音


 ふたりで


濃密な時間だった
あなたとわたし

 さやさやと囁いている
 美しい新芽の声に
 木漏れ日が遠慮がちに
 寄り添っている

 ひらいた可憐な花影を
 そっと見つめるように
 微笑んでいる優しい枝先

ふたり見つめてきた
雲も風も月も

 はらはらと落ちていく
 色づいた葉と葉は
 違う形だけれど
 幾重にも地面を彩り
 ずいぶんと暖かそうに見える

 梢たちはそれを上から
 優しく眺めている

ふたり生きてきた

まるで
宿り木のように















 青空に


あぁ やっぱり
雲の上はいつも青空なんだ

 ロンドン行きのフライトは
 定刻通り飛び立つ
 台風とちょうどすれ違い
 奇跡的に雲が切れて
 日差しが小窓から差し込んでいる

うとうとと微睡む横顔
今日までずっと
この暖かい手とあどけない寝顔に
支えられてきて
生かされてきて

幸せ

 正午前に出発したこの飛行機は
 ずっと太陽を追いかけていくから
 ずっとずっと晴れているんだ

ずっと一緒に歩いてきた
これからは
別々の時間を生きていく
支えあって
生かしあって
これからも
それは変わることはない

 ランディングの準備を告げる
 アナウンスが聞こえてくる

歩き出そう
さあ 始まる























青 島 江 里



 両替え


数だけ増えた一枚の重みを
ポケットに忍ばせて
夕暮れの商店街を歩いてゆく

踏みしめるたびに
微かな音をたてるポケットに
そっと手をあてて歩いてゆく

どこかで零れないように
どこかで失わないように
気にしながら今日を歩いてゆく

じゃらりとカタチを変えても
ぜんぶ合わせれば同じ呼び名
もう一人の自分のようなカタチ

大きく広げた一枚のカタチだけで
そのままに生きてゆけたなら
どんなにいいだろう

数だけ増えた個々の僕のスガタ
誰かにその一枚を渡したまま
返ってこない日々もあるけど

元のスガタに戻れるまで
時間の要する日々もあるけど

代わりに手渡された別の何かが
うつむいた時のスガタに
ひかりを与えてくれることもある

何だか喉が乾いてきて
やけに派手な自販機が気になって
ポケットの中の一枚をほおりこんだ

新発売の清涼飲料水
ためらいもなく注ぎ込む
今日の夕暮れの空を自動で仰ぎながら

一枚減ったポケットの中身
引き換えにもらった満たされた時
失われたようで失われていない合計

夕暮れの商店街
一枚と引き換えに渡されてゆくもの

古びたゲーセンから
聞こえてくるコインの音

閉店まぎわの店先で
品定めしている群れる人いきれ

くたびれたスーツ
陳列をふり返りながら
立ち止まりながら歩く後ろスガタ

私本来という大きな一枚を
その時々に同じだけの
小さな一枚に変えながら

むせぶような町の匂い
見慣れた日々を往復してゆく

打算的な夕暮れに
涙する日々もあるけれど

小銭のような私の一部にだって
満たされる夕暮れもあるから
なんとか生きてゆける気がしてる

明日 晴れたらいいな
目の前に映る太陽の半分

夕暮れと引き換えに
僕たちに渡されるさりげない明日
やわらかな合計に照らされる今日






















井 嶋 り ゅ う



 夏の庭


アレルギー症状が出ているため
コンタクトレンズの装着はやめてくださいと
小声で私に言った医師から
夏の便りが届いた
故郷に帰ることになったのだという
私の日常は眼鏡越しの視野で間に合っているのかどうか
未だに分かりかねる旨の返事を書くと
人間には代えのきかない器官や臓器があるのだから
あなたはあなたの裸眼を大切になさいという返事が返って来た

私は毎日眼鏡をかけ
畑を耕し作物を育て夜に本を読んだ
蚊に刺された腕を掻きながら
数行程度の医師の便りを眺めたり仕舞ったりした
私は次第に日常の些細なことが気になり始め
球根に付着した土を舐めてみたり
頭皮の匂いの成分を調べてみたり
行方不明者のアナウンスのイントネーションに首を傾げてみたり
夏草がびっしりと絡みついているフェンスの向こうで
夕方の同じ時刻に必ず立ち止まる視線に気づいたりした

夏の野菜を食べきった夜に
便箋の上で秋の季語を見繕って
アレルギーは治りましたと
嘘の便りを小声の医師に出すと
あなたは本当はアレルギー持ちなのではなく
絶望を受け入れられないだけなのだから
あなたはあなたの感情を大切になさいという返事が返って来た
空が高くなって
急に冷え込み始めた朝晩に
私の背中は丸くなり
ぼんやりとする時間が増えていった
蚊に刺された腕が腫れ上がって熱を持ち
たまに懐かしい温もりと間違えたりした
眠る時間が長くなったので
畑を耕すことも
作物を育てることも
夜に本を読むこともやめ
次第に朽ち始め廃れていく庭を
縁側で眼鏡越しに眺めるだけの日常に慣れていった

そろそろ再検査をしてほしい旨の便りを
小声の医師に綴ろうと思い立ち
辞書を開いて季語を探し始めたが
私は急に面倒になって縁側に寝転がる
青い空も明るい志も
綺麗な言葉も正しい順序も
始まりの挨拶もここではない場所からの祈りも
眩むような正義も
私にとっては不衛生なものなのだ
誰かの匙加減で計られる清潔には
乱暴で強欲な強要が潜んでいるのだ
事実と真実は酷似した別もので
同一視するには明度が足りないのだ
怠惰なのは誰か
荒んでいるのは何か
不健康な笑顔の行き先はどこか

庭の土の上に裸足で降り立ち
眼鏡を投げ捨てる
収拾が付かないくらいに
レンズが割れたらいいと思う
小声の医師だけが
私にとって衛生的であったことを
したためなければならないと思ったが
私は最初から便りを書くことに興味がなかった























Kazu.



 「それだけで充分だ」三つの詩的試み


 1 祈り(短詩風に)


小さな教会を訪れた

魂の鎮まる場所として
聖者も民も共棲する
質素で天井だけが異様に高く
精神の渇きに包まれて

(ミサ曲もレクイエムも聴こえない)

私が私である事
私が独りである事

振り仰いだステンドグラスから
僅かに光が零れて来た

それだけで充分だ





 2 自問(散文詩風に)


たとえば秋風が吹いたとしても
それが僕の中に吹き込むわけではないが
山肌に忍び入る風は
真夏の熱気からようやく解放それて
こころなしか時間差で吹いてくる
樹々の隙間で枝を擦り抜ける風も
山道を踏む人の背を時間差で押してくれる
額に汗しながら
葉擦れの音小鳥の声滴る岩清水
それら山の霊気が時間差で問いかけてくる

 「オマエハ ナニモノカ?」

僕はその問いには答えず
そっくりそのまま自問する

 (お前は、何者か?)


たとえば街中で懐かしい声を聴いたとしても
それが僕の中に棲みついた人の声と言うわけではないが
雑踏に忍び込む声は
街の喧騒から解放されて
こころなしか時間差で聴こえてくる
車のクラクションオートバイのエンジン自転車の急ブレーキ
車道を乗り超えて歩道に纏わりつき
確かに聞き覚えのある声で
靴音の後ろから時間差で問いかけてくる

 「オマエハ イキテイルカ?」

僕はその問いには答えず
歩調に合わせて自問する

 (お前は、生きているか?)

僕が僕であるために
僕が独りであるために

何者でもない僕は
この瞬間に生きている

それだけで充分だ






 3 不老不死(ライトバース詩風に)


「ベニクラゲ」って知ってる?

死にそうになると赤ちゃんになって
大人になってまた死にそうになると
また赤ちゃんに戻って
そうやって何度も生き返るクラゲのことなんだよ

ののはよ
お前はまだ4歳だから
おばあちゃんになるにはまだまだずっと先の話だけど
ジイジは平均寿命からすればあと20年くらいかなぁ
そうしたらベニクラゲのように赤ちゃんに戻って
また人生をやり直すことになるかも知れないけど
その時はただ身体はジイジのまんまで
頭の中身だけが赤ちゃんに戻っちゃうかも知れないけど
それでも いい?

ジイジはね
それだけで充分なんだけどね























齋藤 純二



 あすたりすく


くっ付けた星は輝きませんが……

希望に満ちて爽やかな感じではなく
どちらかといえば僕は何を考えているのか
わかってもらえない人間のようです

そんな僕も星をあっちこっちにくっ付け
いろいろと注釈が出来るので
どうにか頑張っていられるわけです

この星はとっても役に立って
みなさんに「君はそう考えていたのか」と
僕のことを理解してもらえるのだから
厳しいといわれる社会にも
ぎりぎりセーフで順応できるわけです

ただし自分からどんどん話をして
僕らしいところに星をくっ付けながら
きちんとみなさんに考えを伝えるようにします

ちっぽけなでかっこ悪い生き方かもしれませんが
曖昧さには輝かない星をくっ付けながら
これから先も僕は進んで行くのです























シルクブルー



 甘い水 苦い水


一生 甘い水が
飲めるとは限らない

一歩でも外へ出れば
苦い水を飲むのが当たり前
甘い水など
滅多に飲めない

何度も 何度も
苦い水を飲んで
長い時を経て ようやく
苦さに慣れることができる

それなら 最初から
甘い水など飲まされず
苦い水を飲まされればいい
そうすれば
苦さに長い間
苦しまなくていい

しかし
水の甘さを知らないまま
外へ出ると
甘い水というものが
わからなくなる

外にあふれている
苦い水は
現実的で理屈でわかる
だから
慣れることもできる

甘い水は
理屈ではわからない
心と感覚でわかるもの
何も知らない頃にしか
わからないし 受け入れられない

甘い水のもたらす幸福感を
知らない世界は
とても寂しい
苦い水ばかりに
慣れている世界は
いつか 壊れてしまう

新しく生まれた命には
たくさん
甘い水を飲ませたい
自分で飲める時まで
苦い水を飲み続けても
水の甘さを
忘れないように






















澤 一織



 つながるまえのこと


眠る時間さえ惜しい
分け合う呼吸が静寂を濡らした
夜に
すでに海の向こう側では
超高層ビルが崩れていった

小型ブラウン管テレビから
何度も繰り返し 
映しだされる世界との接点を
見出せずにいた明け方の僕たち
どっちが先に眠ったのだろう

おやすみは言ったよね、きっと
 
アパートの遥か上空
鱗雲に線を描く旅客機の音で
目が覚めた昼下がり
携帯に
おはようと短く
家に帰らない僕を心配する
母からの
新着メールが届いていた

おはよう 世界
これから 何度だって 
僕たちは 赦しあえる
やりなおせるよ










 外は雨


さっきまでのお喋りが
嘘だったかのように
ソファーに寝転がって
ファッション誌を捲りながら
彼女の視線は 数年後の予言を見つめている

外は雨

いつも 
年下には
興味がないと遇うくせに
今夜は
親が帰ってこないからと
脱ぎ捨てたルーズソックス
キスが下手だとモテないよと手ほどき
臆病な僕をしめつけて
引いた糸
もう 何色でも
構わないとも思えたのに

外は雨

飲み込んだ唾液の乾きを知ってしまった

何事もなかったかのように
雑誌を捲りながら 
僕ではない
誰かを見つめている
彼女は 
ノストラダムスの予言が訪れないこと
気づいているはずなのに

年上の彼も 
親も 
二度と 帰ってこないことも

インスタントラーメンを分け合った後
騒がしい沈黙を払うように 
彼女は僕をまた床に沈めて
早く大人になりたいと
溢す夜、外は雨











 エリカ


彼女のことならよく知っている
花言葉よりくすりの別名に詳しいんだ
まだ十代なのに マンションの一室には
ハイブランドの紙袋が無造作に転がっている
仕事帰りの早朝 
コンビニで買ってきた
野菜スティックを
愛犬と分け合いながら
いつものようにVHSテープを
ビデオデッキにセットして
モノクロ映画の同じ場面で涙を流す
その横顔の美しさを
街の人は知らないだろう
決して 瞼を腫らすまで泣くことなく 
テレビから 品質管理用の信号が鳴る中
メンソールの煙草を 灰皿に焦がしたまま
ぐったりとテーブルに細い腕を突っ伏して
夜を迎える彼女を
誰も知らないのだろう
夜の街を彩る雑居ビルで
昼の体臭が染みた男たちに抱かれ
よがる彼女の本当の名を
誰も知らない

二十世紀末 
戦争のない国の
霙降る都市
マンションの一室で
誰にも知られないまま
足の踏み場もない異臭に囲まれて
肋骨が浮き彫りになった
愛犬と共に
二十歳になった彼女は
発見された

新世紀に包まれることなく
荒野に咲く一輪の小さな花
その名はエリカ
(*)


 
*ヘルムス・ニール作詞作曲『エリカ行進曲』1939年.の一節より引用











 瘡 蓋


あなたとの間に在ったこと

あの頃はただ互い
憎しみ任せに責めるだけ
せめて
明日から 
他人のように振る舞うことで
瘡蓋になる前の傷を伏せた

あの別れから
上手に季節をやり過ごしてきたつもりでいたけど
小さな町で広がった噂に触れて
疼く痒みを掻き毟った
瘡蓋は剥がれて
爛れた傷口から
滴り落ちる血が
後ろめたさに滲む

しっかりと
あなたと向きあえていたなら
なんて 今更ながら思う
身勝手な僕が 
あなたには歯痒かったのだろう
腫れあがった皮膚が 
熱をもって 
炎症してゆく

「話し合おうか」

あの頃 
言えなかった
たった ひとことで
拭えたかもしれない
あなたとの今日が
僅かでも 
在ったのかもしれない

あなたとの間に在った子 とも

ミレニアムを迎えても
代り映えしない
小さな町の窮屈な空の下で過ごす
あなたやあなたとの子と
この先 
会うことはないのだろう

他人のように思うことで
炎症した傷が
瘡蓋になって
自然に剥がれる日を
待っているけれど
瘡蓋の跡が
疼かない保証など
あなたとの間に
在るのかい

痒みを
掻き毟って
後ろめたさが滲む
瘡蓋になる前の傷を伏せた











 灰谷さん


病弱な母が
入退院を繰り返していた幼少の頃
子育てに梃子摺る父の
手伝いだったのだろう
休日になると
父とは学部時代から付き合いだという
灰谷さんが遊びに来てくれた

近所の公園で 
日が暮れるまで
教えてくれたバスケットボール
多くを語らない
灰谷さんの放ったボールは 
母に会えない少年の心に
丸く 弧を描いてくれた

灰谷さんに
子どもはいなかった

高校を辞めたとき
近所の大人や親戚は
少年を不在にした
代わりに手招きをしてくれる大人は
大抵 金と
それに関わる話が好きで
たまに血の匂いがした
ある午後
地元の駅前で
友人とウィール
(*1)を転がしていると
僕の名を呼ぶ
スーツ姿の灰谷さんが在った

駅近くのファミレスにて
日が暮れる頃
多くを語らない
灰谷さんが長い沈黙の後
食事代と共に
禁煙席のテーブルに置いたのは
『家族としての物語』の訳書
(*2)
大検
(*3)の書類だった

灰谷さんに
家族はいなかった
ということは最近 父から聞いた

あれから一度だけ 
学会発表会で灰谷さんを観た
白い顎髭をたっぷりと蓄えていた灰谷さんは
修士課程に進んだ僕や聴衆を前に 
壇上から語り始める

「どうも、いつも学生から話が長い、と言われている私、
灰谷と申します」


 
*1 スケートボードの車輪
 
*2 マイケル・ホワイト、デビット・エプストン共著、小森康彦訳『家族としての物語』金剛出版,1992年.
 
*3 現高卒認定試験










 二十一世紀の街で


大雑把な性格なくせに
深夜の校庭で
語り明かしたあとの目映い朝は
妙に よそよそしくなったり
みんなの前では 
ほんと 素っ気ないのに
騒がしい教室の静寂には
気を配っていたり
つまるところ
その分からなさも含めて
君と一緒にいたいんだ

ふたりきりになると
崩れる 
その笑顔
僕のパーカーを
羽織りたがる
その声色
くすぐったいふたりが 
どうか
いつまでも 
褪せないで欲しい

春を
迎えたら
僕たち、別々の道を歩む
二十一世紀の春は
僕たちに優しいだろうか
二十一世紀の街は
僕たちを少しずつ
大人にするのだろうか

冬の匂いが
確かに漂う帰り道
落ち葉を鳴らして
僕を呼び止め
駆け寄る君の声に
胸の奥が
締めつけられる

二十一世紀の街で
会えない人も
在るだろう
辿り着けない人も
在るのだろう 
いくつも喪う夜も
在るのだろうけれど

さよならは
言わないでおこう
指切りは
しないでおこう
二十一世紀の街で
僕たち、生きていこう























葉月 祐



 月夜の帰り道


まあるい月を
じっくり眺めながら
帰り道を ゆっくりと 歩いた

どれくらい遠回りしたかも
思い出せないほど
まわり道を 繰り返している

影が 再び目を覚まし
夜の道路に浮かび上がる
淡い光をこの身に浴びながら
かすかな温もりに包まれていた

甘く冷たい風が
ジャケットのすき間へ忍び込む
絡みつき 染み込んだ 光の匂いが
足下の影を 私を 激しく揺らす


生前 祖父は
「オメェ、月は見つめるンでネど?」
と しつこく私に言い聞かせた

今なら その理由が よくわかる

からだの奥まで届く月夜の風が
こころに激しく吹けば
ふわふわ フラフラと
まるで 酒に酔い
蕩けていくような夢心地

一歩 また一歩
家が遠退いていくような……


  なァるほど、月は見つめるモンじゃネェ、
  互いに見つめ合うモンで、
  強ぉく惹かれ合うモンだ。
  ダメと言われても、見ちまうなんてさ、

  こりゃァまるで、恋みてェだナ。


町の明かりは 静かに消えて
外灯も月に変わる夜
頭上には
無数の月が浮かんでいた

祖父もまた
生前 この光景を目にして
同じ心地を味わったのだろう

見つめ合い
こころも 影も
骨抜きにされてゆく

長く 妖しい 月夜の帰り道
















 フォー・セヴン・イレヴン


どこか懐かしい柑橘の香りは
あの人がいつも
漂わせていた匂いだった

小瓶の中で揺れていた
フォー・セヴン・イレヴン

古びた小瓶は
窓辺で陽を浴びて
気まぐれに 微かに香り
ふわりと 思い出の吐息をもたらす

遠い記憶を 呼び起こすように……

あの頃買った小瓶の蓋を
何度も 開けては着けた
ため息の数だけ
中身を陽光に透かした
歩く事の無かった陽だまりを
一瞬のゆらめきに重ねて
甘い夢を見ながらも
毎夜 恋の夜明けを願っていた

煙草と共に
いつも香っていた
フォー・セヴン・イレヴン

繋いだ手を ほどいて
朝行きの道を選んだ瞬間から
ゆっくり ゆっくり
褪せていった

今ではもう
柑橘の香りは しない
泣きたくなるような煙たさも
とうに失せた

この頃 部屋を満たすのは
真新しい秋風の匂い
小瓶の蓋は かたく閉まったまま
部屋の片隅で
埃のヴェールを被っている


それでも 時々
心の奥で匂い立つ 思い出は
ほろ苦い記憶の浅瀬で
恋の夜明けの手前にこぼした ひと雫

あの柑橘の香りが
懐かしい胸の痛みが
何度 私を呼ぼうとも

もう そこへは もどらない



 
※フォー・セヴン・イレヴン(4711)
  
1792年にドイツのケルンで誕生した、
  
オーデコロンの元祖。
  
200年間、独自の製法を守り続けている。
  
トップノートの柑橘の香りは、
  
男女問わず、今でも広く愛されている。















 見つめる先に


共に今を生きながら
見たい景色がある

分かち合いたい気持ちや
贈りたい言葉が 山程ある

季節の違いも
天気の違いも
同じではないから
生まれた感動があった

きみも わたしも
似ているようで違うから
お互いに惹かれたんだろう
見えない力に 引かれて


はじめて重なる想いに
戸惑いながらも 喜ぶ時
わたしを見つめる
優しい視線に 気が付いた

時には意見が噛み合わない
そんな日もあるけれど
ぶつかり合う部分まで
認め合えたなら 素敵なこと

もしも
立ち入ってはならない部屋を
きみの中に見つけたなら
扉が開くまで待ちながら
灯りを片手に 傍にいよう

きみの光でありたい


ケンカをしても
仲直り のち 快晴
明日はもっと
目線が合う日になるでしょう

雨が降っても
傘は時々あれば良い
たまには
二人で濡れてみませんか

きっと一緒なら 楽しいから


見つめる先にあるのは
きみやわたしの喜びや幸せが
ピタリと 重なる瞬間

眠る時も
目覚める時も
一日を愛おしく思えるという
何よりも 素敵なことが

少しずつ 少しずつ
増えてゆくのを
それぞれの目線で
わたし達は 見つめている























ひ な の



 夜行列車


さよなら、
不幸せの黒い鳥

夜を走る列車に乗って
今までの私にさよならを

胸の下まで伸ばした髪を
十センチ切った
その分だけの
悲しみを置いていく

昨日変えたばかりの
リンスの匂いが
鼻先にふわりと香る

それは旅立ちには
少し甘すぎる匂い

さよなら、
不幸せの黒い鳥

夜を走る列車に乗って
君にさよならを

君が追いつけないくらい
私は遠くに行くから
手のひらに握り込んだ
いちばん高い切符で

匂いも色も夜の濃さも
なにも知らないけれど
そこはきっと
君も知らない街だ

さよなら、
不幸せの黒い鳥

夜を走る列車に乗って
ひとりぼっちの逃避行

夜が明けて
知らない街に着いたら
そこで私は幸せになるの

異郷の風に吹かれて
まだ見たことのない
小さな花を探して






















沢口 リリキ



  秋


早朝の庭に
絹布のように滑らかな
風がそよぐ

静けさの中に佇む花壇や
淡い影を落とす庭木は
移ろいのヴェールを纏う

一匹の蝉が
透明な大気の中に
最期のいのちを燃やしていた

心做しか
遠くにある太陽
去りゆく夏
夢のようだった日々よ

 (だれかさんが だれかさんが だれかさんが
  みつけた
  ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき
  みつけた)


果実のうち側より
ほんのりと響く
妖精達のハーモニー
美しく調った声

清々しくも儚げに
秋の兆し漂う
我が家の庭


 
※「ちいさい秋みつけた」より引用
 
作曲家:中田喜直/作詞:サトウハチロー






















く  れ



 追いだすんだって


追いだすんだって!
県の仮設住宅と借り上げ住宅から

無償提供してきたものを
富岡、浪江、葛尾、飯館の四町村は
二〇二〇年三月末までに

追いだすんだって!

  *

その期限までに
特定復興再生拠点の
新たな居住先の工事は完了するのか

帰還困難区域とは
放射線量が高く長期に亘り帰還が難しい区域と
定義されてきた

そんな定義を設けられて
古里を追いだされたのは七年前

その定義を外して
また帰還困難区域へと
追いだそうとしているのだろうか

  *

「帰還困難区域を除染して
古里に戻れるようにする」

そうなのだろうか?
帰還可能な放射線量を世界基準より高くして
古里に戻れと言われても

国の為に、県の為に、町の為に、村の為に?
自分の為には
これ以上妥協することはできない

それでも、追いだすんだって!

  *

政府は、福島県内の
年間二十ミリシーベルト以下の
汚染地域に対する避難指示を次々と解除して来た

一つの定義が崩れると
居城制限区域(年間二十ミリシーベルト~五十ミリシーベルト)を
二〇一七年三月までに解除した
そしてその三月末をもって
避難者援助を打ちきる方針を公表したが
まだ帰還困難区域が残っている

  *

「帰還困難区域を除染して
古里に戻れるようにする」

これが国の避難者に寄り添う姿なのだ
二〇二〇年と競争してはならない

県の仮設住宅と借り上げ住宅から
二〇二〇年三月末までに追いだされる
それも除染し終わった帰還困難区域へと

本当に追いだすの?
追いだすんだって!

  *

東京オリンピックの聖火リレーは
福島発が最有力らしい

除染し終わった
帰還困難区域を解除してそこに追いだす

聖火リレーの出発点予定地の福島市
復興の裏側には
国の考えが見え隠れしている

追いだすんだって
県の仮設住宅と借り上げ住宅から

復興の優先順位は
間違ってはならない筈なのだが
















 請戸地区


あなたは請戸の大地の悲しみを
足で踏んで確かめたのか?
そして荒れ果てた風景の中で
あの日の前に戻ることはできたのか?

  *

請戸の漁港が復活した
真新しい港に船が接岸している
波に上下する船の姿が
浪江町の復興の一つの姿だと言う

大漁旗は風に千切れている
七年目の元旦に請戸漁港から
大漁旗をなびかせて船がでていった
まだ漁はできないが心が騒いだ

 *

この請戸漁港を背にすると
背丈ほどの草花の下に大地がある
今は、足で踏んで
大地の感触を確かめる術しかない

ここには沢山の傷みや悲しみがある
七年が過ぎた津波の跡地に
触れることを躊躇していると
呼んでいるような声が聴こえてくる

そっと、大地を足で踏んだみた

大地は呼吸していた
内包している複雑なものが
足の裏から入ってくるのが分かる
五感を掴んで離さない

   *

風がときおり流れていくが
人の流れはない
ここに立つとみんな考える人になる

何故? という疑問には
祈りの姿勢で向かい合うしかない

あの日の前に戻ることはできない
あの日のことを
消し去ることもできない が
あの日のことを忘れてはならない

この大地には
荒れ果てた時間が広がっている
毎年沢山の悔いが秋の草花となり
大地を覆い隠そうとする

埋葬できなかったものが
夜になると蛍になって飛び交うと言う
大漁旗が風に泣くとも言う
だから、ここに
惜別の言葉など置いてはならない

  *

あなたは請戸の大地の悲しみを
足で踏んで確かめたのか?
荒れ果てた風景の中で
あの日の前に戻ることはできたのか?

そっと目を閉じると
途切れていた記憶が戻ってくる
ここは請戸地区
ここは請戸の大地

春の季節があって、夏の季節があって
秋の季節があって、冬の季節があって
あの日の前に戻ることはできないが
古里は
四季の温情の中にある


























藍音 ななを



 吉 日


連休前の木曜日

何気なく見た
ネット検索のページをめくる
クリックして開いたページに
ふと 目が留まる

資格・・・かぁ

そういえば以前勤めてた会社で
資格をもっているパートさんが居て
 ななをさんに合ってると思うんだけど
 この資格とってみませんか?
そう言われた事を思い出す

そのときは
まったく興味がわかず
適当に濁した返事で受け流したのだけれど
妙に気になって
珍しく問い合わせてみる

電話をすると
窓口の女性が
 今回の申し込み分ですと
 かなりタイトなスケジュールになりますが
 どうされますか?
と言うので
 かまいませんのでお願いします
そう言うとスケジュールの説明をしてゆく

一度来所して説明を聞いて
二度めの説明時でないと願書がもらえないと言う
そして願書の提出は
連休を挟んだ週明けの日
つまり
木曜日の今日
これから説明を聞いて
明日願書を貰いに行かなければ
申し込みが出来ないのだ

えぇぇ
これまた急な・・・
少し面食らったものの
これも何かの縁かもしれないので
 今からお伺いします
案内の方の名前を聞いて電話を切った

さて・・・
説明を聞きに行く場所は他市になる
電車かバスか
考えていると妹から
 時間あいてたら買い物でもどう
と電話がかかったので
ついでに車に乗せて行って貰い
説明を聞きに行く

なんてラッキー

まさに
小さな隙間を縫うような
幸運の連続

思い立ったが吉日

私の人生
どうもこの言葉がついて回る

どんなにいい条件であっても
自分の中に
何かが閃かなければ
なかなか動かないけれど
これは と思ったときは
多少の困難があっても
自分と一緒に周囲も動き出す

それも
一つ目の駒が倒れたら
加速をつけて倒れ始める
まるで
ドミノ倒しのように
早送りで動き始めて
すべきことが次々に動き始めるのだ

今回もそんな感じで
思い立って動き出した今
何かが変わる
きっかけになるのではないかと
小さな期待を感じながら
これから先への
新しいことへの種蒔きをはじめた
秋のとある一日の話


























瀬  未



 区切り


月のない夜も
誰かを待つように
窓を開けると

夏のあいだ
遠慮がちだった虫たちの
オーケストラはもう始まっていて

どこからともなく
忍んでくる
あのオレンジの花の気配

日が短くなりましたね

なかなか出せずにいる
あなたへの
手紙の書き出しを
考えながら

薄手のパーカーを羽織り
大切にとっておいた
紅茶の封をそっと切る

今日から、と
ラベルを貼って
明確に記すことのできる
しあわせ

茶葉の広がる
湯気の向こう
開け放った窓の外では

いつから、と
いつまで。が
わからないまま
ゆらゆら
ないまぜ

これまでを
十月はじまりの
あたらしい手帳へ
引き継ぐために

今日までのあらすじと
その先の予定を
頭のなかで
コラージュ

残すものと
残さないもの

その、
決して
合うことのない収支に

スラッシュや
ピリオドを織り交ぜ

本日も
とっぷり
暮れていきます

ゆらゆら
いつのまにやら
濃くなって

もう
あなたを待たなくてもいいかしら

ふっと
沈みがちな追憶に
手もとから
あわく柑橘が香って

ほら、
ちょうど
いい頃合い

それは
時さえ忘れる
くつろいだ色あい

両手で包み込めるくらい
この小さな硝子ポットの中にも

人ひとり分くらいは
温めることのできる

そんな
やさしい夕焼けが
広がっています