今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







三澤 新太郎  


 空を飛ぶまりこ


酷暑の疲労とは明らかにちがう
もっと精神的なそれに苦しみ
学校を早退する帰り路
いつもなら靴底でカツンカツンと
アスファルトを鳴らして帰るを
ぬらぬら摺り足で歩む

アスファルトからゆらゆら立ち昇る陽炎が
制服スカートの中に入り込み
ほわんと気球のように膨らませた
「…これはいける!」
空気が逃げないようにスカートの上をしっかり握ると
まりこの身体はふわりと宙に浮かんだ

地上4メートルほどの高さの宙空を
まりこは音もなく歩いてみる
「やっぱり鳴らないね…」
革靴がアスファルトを叩くカツンカツンという音が
まりこは好きだった

ポッケの中のごみ屑を宙空から次々捨てると
まりこの体は二階建ての家の屋根を越えた
スポーツ名門校から自分が強いられてきた
栄光も名誉も捨ててみた
自分を追い込んできた名家の歴史も放り投げた
まりこのしなやかな身体は
軽々と中学校の時計塔を越えた
泳ぐように両手両足で風をかいてみる
「平泳ぎならどこまでもいけるよ…」
まりこは天空に向かった

ふと見下ろせばちっぽけな街がますます小さく見えて
心なしか寂しそうにチャイムを響かせる時計塔
いつからいるのか すぐ横を
緑色の風船がひとつ ふわふわ並んで泳いでいた
目的なんてないよ 風の吹くまま気の向くまま
そう それでいい

空にはいろいろなものが浮いている
いつからだろう 雲にひっかかったままの奴凧
大気圏に突入したとき 燃え尽きずに残った隕石のかけらも
上にも戻れず下にも行けず途方に暮れて

雁の群れには目的があるだろう
そう それでいいのだ
めざせ!自分たちの楽園を
雁を一緒に見送った風船は
気ままな風に流され サンゴ礁の島に降りていった

まりこの向かう先に青白い丸い月が見えてきた
月は近づくにつれ色味が暖かくなり
まりこを包み込む準備ができているようだ
「靴が重いなあ…」
まりこは母から買ってもらった靴をいまだ脱げずにいた
呼び戻そうとしているのか
微かに時計塔のチャイムが聞こえてくる

入学祝いに母が買ってくれた革靴
日光をよく浴びたアスファルトに
その靴底が響かせる音
もう二度と聞くことはないだろう
それだけが残念だった

まりこは靴を脱ぎ捨て
天空をどこまでも泳いでゆく
月は頬を紅潮させながら
のんびりと待ち続けた





                       〔齋藤純二:選〕











耀  子


 詩って


立秋を過ぎたばかりの
夕空は
まだまだ青く
うっすらとした白い雲と
白い月がひっそりと浮かんでいた

時間と共に少しずつ
空が沈んでゆき
月が光を増してきた

ほどなく冴え冴えと耀く
半月と星の世界
そして地上には
鈴虫が音を添えはじめた
まだまだ遠慮がちに

デッキの椅子に深く腰を下ろし
月と鈴虫の世界に静かに浸った私は
手作りの梅酒にほろ酔いながら
急に詩について語り合いたくなった
しかし 詩について語り合う友はなかなかいない

ふと思い出したのは漢詩の世界
北宋の詩人蘇東坡が詠んだ
『赤壁懐古』の中の一節

「人生夢のごとし」

遥か昔の赤壁の戦いに思いを馳せ
そしてまた波乱に富んだ自分の人生に思いを馳せて
詠んだ詞なのだろう
友人と長江に舟を浮かべて
川面に浮かぶ月に一樽の酒を注いで
心を交わしている蘇東坡の心に
私もまた いま思いを馳せている

自分の生きて来た道に思いを馳せ
これから行く道に思いを馳せ
そして今この時に思いを馳せる
それが詩なのだろう

ワイングラスに注がれる
ワインならぬ梅酒に
心をきゅんとさせて
詩について思いを馳せる
そんな夜も私は好きだ





                       〔島 秀生:選〕





 まだ行ったことのない世界


猛暑猛暑という言葉と同時に
鰻を思い出した
今日は出かけた帰りに
一人で鰻を食べよう
美味しい鰻を食べよう

成田山で夫と食べた鰻の思い出
体調崩していた夫の希望で
成田山をお参り
その帰りに食べた鰻
夫も美味しそうに食べていた
私はその夫を見守るのに精いっぱいだった

カルチャーの帰りに友人と食べた鰻
「今日は、豪華な鰻を食べようね」って言いながら
やっぱり体調を崩した後の友人には
豪華な鰻は食べきれなかった

その夫もそしてその友人も
今はいない
鰻の思い出とともに
思い出された亡き人たち
思わず涙が溢れた

盆とは
亡き人の魂が
我が家に帰る日
墓参りに行き
迎え火を焚く
盆提灯を飾り
灯を灯す
そして
数日の後
送り火を焚き
亡き人の魂を送る

彼の世界は
どんな世界なのだろう
まだ行ったことがない





                       〔島 秀生:選〕











@すみっこ


 雲を追って


形を変えて流れる雲のように
僕の心の境界線は同じ形に定まらない
どうしてなんだろう


白い雲の下には
影になった雲が広がっている
朧げな絵画の線で描いたような
繊細な空を見上げていた

本当は
もっと強くなりたい
気まぐれな風にも流されず
人にも流されず
たった一つの
目的地へと辿り着けるように

次から次へと風を切り
生まれた道は振り返らないで
一歩ずつ進む為には
やっぱり勇気が必要なんだ

見つめるところは
決してぶれずに
いつかは必ず
弱いままの僕だけれど

どれだけ
吹かれても流されても
雲は雲であるように
僕は僕なんだ
諦めなければきっと辿り着ける

雲はゆっくりと
形を変えながら東へと流れていった
夕焼け色を滲ませながら
遠くへ 遠くへ

きらきらと
雲間からは月が光りはじめていた




                       〔島 秀生:選〕





 青いリンドウ畑へ


「リンドウ」
その名を呼べば
「リンドウ」
青さを増すよう

花先の深い青紫色に
心は奪われていく
閉じがちの蕾は
私の真似をしているみたい

少しだけ開いて
見せてくれる顔が嬉しい

一緒に合わせて買った
可愛らしい白い実のブーケ
とても涼やかで上品で
シンプルな組合せは
心を落ち着かせてくれる

夏は終わりに近づいて
聴こえてくる秋の虫達の音は
まるで満月が浮かぶ
夜空のリンドウ畑へと誘っているみたい





                       〔雨  音:選〕





 私に勇気を


人によって変えない
合わせない
敵でもなければ味方でもない
このままの自分で認められたなら
どんなに楽なのだろう

人混みは苦手なのだと
大人になって初めて気がついたよ

僅かにずれるタイミング
そんな事はよくあるし
ぴったり同じ感情なんて湧いて来ない
全く同じ人なんていないよね

この世で一番の不思議は人なんだ
人に出逢えば出逢う程
未熟な己は壁にぶち当たるばかり
何度もそれを繰り返している
そして人を観察しながら
違う角度から自分も見られている
終わりは無いみたいだ

てっぺんがどこかはわからない
いつゴールが来るのかも
でも信じている
ありのままに上を向いていくんだ
昨日よりも
自分を知っているはずだから

私は私を許す事もできる
だからあともう少しで言えるはず
伝えるんだ私を
この見えない糸を超えて一言の勇気を渡すんだ





                       〔三浦志郎:選〕





 僕と未来の僕へ


見えている目の前だけ
良かったら 守られたら
それでいいのか

色々な事に流されて
僕の本心さえ
どこにあるのか
消えかけていたけれど

僕は本当の幸せになりたい
それだけの為に
不器用でも
たった一つの勇気を今こそ見せるんだ

人より何倍も
時間をかけてしまったけれど
気が付いたんだ
いつまでも同じ僕じゃない

そう言いながら
できない僕もわかっている
伝える術を持っていながら
誰よりも臆病者の僕に
このメッセージを送る

今日の僕は
昨日の僕を越えてゆく
流されそうな時は
明日の僕を想ってあげて

もう一度
僕は目を覚ました
未来の僕の為に





                       〔く  れ:選〕











ゆ  き


メランコリー


ガラス窓を閉め忘れたせいで
床が水浸しになっていた

拭かなければいけないのに
そんな気分になれない

傘も持たずに家を出たから
びしょ濡れになって少し寒いけれど
濡れた服の気持ち悪い感触を
我慢して床の上に横になった

風邪をひいてしまうかもしれないのに
着替えたりする気にもなれない

いつのまにか雨も上がり
顔を出した太陽が窓から覗いて

水が滴り落ちるほど濡れていた私を
慰めてくれる様にカーテン越しの陽射しは柔らかかった

何をするのも億劫で
楽しい事が無くなってしまったと
呟いても

聞いてくれる人はいない

楽しかった一人の時間が
ただの暇つぶしに変わってから

今は寂しくて一人でいる事に
心が耐えられなくなってしまっている


気がつけば辺りは薄暗くなり
部屋の隅に三角の影が出来ていた

明日は晴れるといい





                       〔齋藤純二:選〕





 雨が降る前に


いつもよりお喋りな君は
長い髪を風になびかせて
僕の少し前を歩いていた

風の中に雨の匂いを感じながら
二人の思い出を修復している

言葉はまるで
蜘蛛の糸のように絡みついて

ゆっくりと
心を締め付けていく

耳元で優しく囁かれると
愛されていると思い込んで

しっくりしない事も
気づかない振りをしてしまう

君の心が知りたくて

今にも崩れそうな空の下
雨が降り始めるまでの短い間に

振り向いてくれるのを
素知らぬ顔で待っている





                       〔三浦志郎:選〕





 夢破れて


夢破れて帰る道

ため息をつきながら
自分の影を見つめた

小さくなった黒い影は
弱々しく片足を引きずっていた

家に帰るまでは泣くまいと
悔し涙を堪えたつもりでも
じんわりと口の中に入ってくる

どれだけ努力しても
実現できない夢

この挫折感を何度味わっただろう

犠牲にしたものは大きく
もう取り戻せない

これからどうしたら良いのかと
途方にくれる影が泣いていた

もうすぐ陽が暮れる
考える事は沢山あっても
暗闇に一人残されたくなくて
疲れた体を急がせた

暫くは笑えそうもない
何をやっても上手くいかない世の中を
嘆いて暮らすだろう


いつの日かまた新しい夢が出来た時に
この経験が役に立つといい

諦めてしまう事は
本当の挫折になってしまうから

今度は絶対に諦めないと
静かに消えてしまった影に呟いた





                       〔く  れ:選〕











あ さ ぎ


 お揃い


お揃いのクレヨン
描いたのは

海色の水
雨色の水
あの子が海
この子が雨
使った色も
お揃い
お揃いじゃなかったのは
気分

気持ち




                       〔島 秀生:選〕











小林 大鬼


納 骨


小さな寺で四十九日の法会を済ませ
喪服の一行は車に揺られ
緑広がる公園に着く

眩い墓に真新しい卒塔婆を飾り
読経の後煙靡く線香が配られ
一人一人が手向けてゆく

卒寿を過ぎた祖父の骨壺
娘を残して亡くなった従妹の分骨
石屋が重い墓石を開き
静かに奥に納められた

熱い陽射しの水無月仏滅
花と果物を供えた墓には
白く絆と刻まれていた





                       〔三浦志郎:選〕





 珈琲時間


休憩の時はいつも珈琲を入れてくれた

大きな缶缶から粉を掬い
すり鉢状の漉し器に載せて
優しくお湯を回しかけ
注いでは待ち注いでは待ち
湯気立つ珈琲の色を眺める

砂糖は入れずに飲むのが普通で
苦みと香りと優しさに
慣れて飲めるようになる

千葉から筑波に職場が変わり
もう会えないもう飲めない

仕事終わりに立ち寄って
夜の灯りを覗き込み
気紛れで木箱みたいな珈琲店で
砂糖を入れて飲んでいる
自分の甘さを啜りつつ





                       〔雨  音:選〕





 初めての墓参り


爺ちゃん来たよ

母と弟と納骨以来
早めの盆の墓参り

子供の日の誕生日を前に
祖父は点滴のみで
眠るように亡くなった

満州の話終戦の話引き揚げの話
生真面目で頑固で
泣き言は一切口にしなかった

初めて尽くしで
線香の点け過ぎで放り込み
ぼやのように沸き立つ煙

近くで買った生花より
華やかで立派な造花

最期に立ち会えなかった
祖父と私の心残りは途切れた話

あの終戦の夏の日祖父は

静かに墓に手を合わせ
祖母のために絆と刻まれた
墓の写真を映して終わった





                       〔三浦志郎:選〕





 日本猿


あの日からだ
吠えるようになったのは

上が変わるだけで
何も変わらない

狭っ苦しい猿山で
自分達の偉大さを叫び
仲間達が手を叩き声を上げる

猿山だけに谺して空しく響く

猿山しか知らず
世界を見ない群れよ

取り残された猿山を
人々が眺めては
物珍しそうに
笑っている





                       〔青島江里:選〕











 桂


Cinematic


羊水の中揺れるハンモック
半券渡され
産道からこの世界に入場
きっと誰もがそう
動き出した針は
止まってた時間の反動
一度鼓動が鳴り始めたら
後戻りは許されず
死ぬまで行動
でもまた一歩踏み出す度に感動...

映写機の光と 手つかずのポップコーン
目が離せない どれもこれも
忘れられない あれもこれも
網膜に写し出されたスクリーン
そこじゃお前が主人公
(Ugly Betty)
アバタもエクボ
与えられた顔と体
気に入らなくてもそれがお前の(アバター)
でも肉体脱いだ姿が裸
(シックスセンス)
見えるよお前のソウル
(ロストワールド)
でも歩き回るダイナソー
失われた世界に残す大きな足跡
極地でも道を見つける生命
故に(ダイハード)
簡単には死ねない
バリケードの裏で銃弾を凌ぐような日々の隙を突いて
サブマシンガンで夢を散りばめる
やりきれない思いをおもいっきり込めて
生き残るのは強い奴でも賢い奴でもなくマクレーンみたいにタフな奴

でも誰にでも情けない少年時代がある
だから一度くらい負けても気にすんなよ
そこの(ベストキッド)
恐怖を蹴り飛ばすカンフーキック
恐れていた者の割れた仮面から正体を見て
少年は勇気を知る
親なら子供の成長は嬉しくもあり悲しくもある...
この間まで(ベッドタイムストーリー)を読み聞かせていた子が慣れしたんだ家をあとにする
笑顔で送り出す母は心の中で( Stand by me )...
きっと君が再びこの街に戻った時
街が小さく見えるだろう
オモチャ箱の中で眠る
あの日の(トイストーリー)続きが気になるなら
たまには実家に帰って箱を開けてやればいい
人生はチョコレート箱のようなもの
開けてみるまでわからないのだから
生きてる間は間に合う
いくつになってもさ
だから走れ(フォレストガンプ)
振り返るには一生は短すぎる
でも最期の時には
君にだけ話すつもりなんだ
(君に読む物語)
今はただ色褪せない物ばかり集めていたい

棺の中で揺れるハンモック
半券を返して
この世界をあとにする
止まった針は
借りていた時間の反動

「どうでしたか?」
去り際に誰かにそう聞かれた気がして
涙を拭いて答える
「震えるくらい感動したよ」





                       〔齋藤純二:選〕





 Freedom


Google mapで 検索したfreedom
不満が貯蔵されたダム
亀裂が入って
思わず口から出る
Damn...
ゴールに叩きつけたダンク
わかるよお前の気持ち
穏やかな気持ちも
ナマモノ
しない日持ち
腐りかけた命
今日も届かない弱者の祈り

金にかけられた足枷
奴隷のように働かせられ
上手いことまた上に取られ
勤労こそ誉れ?
まるで壊れたラジカセ
狂ったようにみんな綺麗事吐く
逃げるように一人で泣く
そんな時 あの門は開く
芸術が本音を優しく抱く


工具の代わりに取り出したペン
鉄骨の代わりに置いた信念
足場の代わりに設置した連
白紙の中 freedom建設中


I'm ADHD
創造の羽を持つ
連想から連想
飛ぶコンドル
もう少しで
手が届く
自由の国へとお前を運ぶ

I'm ADHD
自由の鐘を鳴らす
空想から創造
呼ぶティンカーベル
年を取らず
子供のまま
この場に残る


心の中 浮かべた羅針盤
空想は創造となり現実となる
空を飛べると信じたとある兄弟
妄想を滑走路に飛行機を飛ばす
信じる気持ちだけが指針
空想と現実を繋げるミシン
藍色の夢を織る
灰色の世界が羽織る

隙を見て外す足枷
また懲りずにペンを走らせ
足場からとび職が見る眺め
未完成の建造物の中で
完成形を確かめる
狂ったように言葉を吐く
窮屈な世界に自由を描く
そしてお前がページを開く
俺と出会い 優しくhug



工具の代わりに取り出したペン
鉄骨の代わりに置いた信念
足場の代わりに設置した連
白紙の中 freedom建設中


I'm ADHD
創造の羽を持つ
連想から連想
飛ぶコンドル
もう少しで
手が届く
自由の国へとお前を運ぶ

I'm ADHD
不可侵の世界を持つ
シナプスからシナプス
繋げた情報
これで完成
ようこそ
ここが俺とお前のfreedom





                       〔三浦志郎:選〕











ロンタロー


秋風に吹かれて


秋風に吹かれて行こう
砂を噛むような日々も
届かない想いと言葉も
いまだけは忘れ去って

秋風に吹かれて行こう
ほんの少しだけでも
良い人生が送れるように
努めて気楽に尻軽に

秋風に吹かれて行こう
束の間の安らぎを求めて
拾い集めた落ち葉を
秋の空に投げ捨てよう





                       〔雨  音:選〕





 長夜の想い


相思う古の秋(とき)

漆黒の闇夜
虫の音
(ね)消えて
降りしきる
長夜の雨
密かに恋
(こ)ふる
遣らずの雨
焔立つ閨
(ねや)
重なり合い
絡み合い
肌身を焦がす
一対の相思草
(あいおもいぐさ)



雨降り止んで
夢から醒めた
シケモクひとつ
人知れず
夢見る花の
現むなしく
煙と消えて
灰のみ残る
過ぎ去りし
長夜に想う
燃えさしの燐寸棒
(まっちぼう)

誰思う追想の秋
(とき)



 
*相思草とは、タバコの別称・異称です。




                       〔雨  音:選〕





 OM(オーム) 


夏祭りのような喧騒と混沌が
いつの間にか静寂へと変わり始めて
子供たちの歌声だけが懐かしく響き
旅が終わりに近づいていることに気づく


目を閉じて息を吸い込み
緩やかに息を吐き捨て
そんな繰り返す呼吸も
いつの日か息を引き取る


肉体が骨灰に変わり
命が終わりを迎える
此処ヴァラナシでは
毎日が魂の洗濯日和で賑わう


絶え間なきガンジスの流れ
終わりなきマントラの祈り





                       〔く  れ:選〕











かすみ じゅん 


爽やかに雲 流れゆく日に


冷たい空気が 淀みなく
さらり 流れ続けて 続けて
林道の木陰

残暑の蝉
鳴き声は絶え間なく 降り注ぎ

思い思いに
幹伸ばす 木々
枝伸ばす 木々

無数の葉は 空を覆いながら
透き間に 白い雲を すす と 流して 流して

風吹く度に
騒いだり 遊んだり 微かに
揺れ動いてみたり

あぁ このまま
気持ちよく 眠ってしまいそう





                       〔三浦志郎:選〕











草  香 


参道で


身を清めながら
鳥居をいくつも潜り
塀に囲まれた本殿へ向かう
朝の玉砂利に現れた
若いわたし

長い黒髪を束ね
緋袴に白衣 千早まで羽織り
深くお辞儀をして迎え
境内を案内したいと
歩み寄ってくる
 ここの参拝は幸せを願い四拍します
 神様の集まる十九社もお参りください
 神楽殿の大注連縄が替えられたばかりです

慣れていたはずの
赤と白が眩しすぎる
迷いのない顔に見とれ
凛としたことばに押されて
逃げずに立ち向かってきた四十年を
ひとことも話せずに
笑みで応えるだけ

松並木で
いつしか一人きりに
木漏れ日の中のどこにも
だあれもいない





                       〔青島江里:選〕











中  也


 終 活


もう十分
楽しんだから

あとは
繋いでいくだけかな
綺麗にね
何かそう想う

焼けるような陽射しも
夏の間
鳴き通した蝉たちも
気がつくと
何処かへ行ってしまった

やっぱり
一人だよね

そうかも知れないね
生きるって

あの人のことも
あの日の出来事も

あなたが存命なうちに
綺麗に整理しておこう

未来に
あなたに
君たちに

綺麗に
繋いでいきたい




                       〔く  れ:選〕