□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 264号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十三年

 戦後七十三年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。









 編集雑記


◆災害時の外国人対応

 先日の台風21号により被害で、関西空港で一時8,000人(関連施設の従業員含む)が空港島に閉じ込められた時、関西空港を幾分知っている私などは、ひと晩明けて波静かになればどうにでも出られるとわかっていたけれど、足止めを食らった外国人観光客の多くは、充分な情報が伝わらず、パニックを起こした人もいたと言う。
 また、続く北海道胆振東部地震においても、外国人観光客への情報提供が不充分で、わけがわからないまま混乱した外国人がやはり多かったと聞いている。日本に外国人観光客増えている昨今、やはりこれではいけないと思う。行政側や公共機関もそうだし、個人も災害時に困ってる外国人を見かけたら、声をかけてあげなければいけない気がする。


■被災外国人、言葉の壁 避難所「ノー・イングリッシュ」 相談電話も停止

 度重なる災害に、外国人観光客は翻弄された。
 行楽シーズンの北海道を襲った地震は、外国人観光客に大きな混乱をもたらした。台風21号や大阪北部地震など関西で続いた災害でも、外国人客の情報不足が課題になった。政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年までに、年間の外国人旅行者を4千万人まで増やすことを目指す。「災害大国」である日本にとって、外国人対応は急務だ。

 ●情報過疎、混乱に拍車
 地震が起きた6日、飛行機の欠航で足止めされた観光客が札幌の中心部にあふれた。特に外国人客は、突然の災害に翻弄(ほんろう)された。
 繁華街ススキノの近くに設けられた避難所には約80人の韓国人観光客が身を寄せた。JR札幌駅前の地下歩行空間で夜を明かす観光客の姿もみられた。
 外国人観光客の多くが地震に不慣れ。「こんな地震は初めて。1人でいるのが怖い」と口をそろえた。
 カナダから旅行に来ていたニック・ダウソンさん(32)と妻のサラー・モナンさん(34)は6日早朝、街頭で迷っていたところ、札幌に住む外国人に声を掛けられ、避難所となっている小学校に案内された。「避難所がどんなところか知らなかった」。入り口には校名しか書かれておらず、宿泊できる場所とは思わなかったという。「英語の案内板や情報サイトがあると便利かも」
 米国人旅行者のマーカリー・デービスさん(37)は札幌の避難所に着いたが、慌ただしく「ノー・イングリッシュ」と言われたという。しかたなく市役所へ向かい、外国人の多い避難所に案内された。「2~3時間は歩いたかな。スマートフォンの充電もギリギリだった」
 北海道を訪れる外国人は急増している。昨年度、道内に宿泊した外国人は約611万人。6年連続で伸び、この4年で倍増した。
 地震当日、札幌市役所は急きょ観光客向けの避難所を4カ所開設。1600人以上が訪れ、うち6割は外国人だった。「帰宅困難者対策は練っていたが観光客がこれほどあふれるとは」と市の担当者は振り返った。

 外国人観光客の「情報過疎」は、台風21号の直撃や大阪北部地震に見舞われた京阪神でも課題となった。
 台風21号で水没した関西空港では、利用客や従業員ら約8千人が孤立した。当時空港にいた香港人のチャン・リヤミンさん(35)は「貼り紙は日本語と英語だけで、中国人には内容がよくわからなかったようだった。一部の人が詰め寄るなど混乱した」と振り返る。

 ●手引・サイト、2020年を念頭
 旅先で被災した外国人をいかに安全に避難させるか。札幌市でも対策は練っていた。2013年に、大規模災害時に「災害多言語支援センター」を立ち上げる体制を整備。ホームページでの情報発信や避難所巡回などを担う想定だった。
 ところが今回、停電の影響で、拠点のはずのビルが閉鎖された。外国人向けの「相談ダイヤル」もしばらく機能停止し、震災から4日間で、受け付けた相談は28件だけだった。
 過去の災害でも、外国人観光客に十分な情報が届いていたとは言いがたい。
 観光庁が東日本大震災に関して在日外国人に聞き取りをしたところ、必要だった情報として「余震はどの程度起きるか」「安全確保のために何をしなければならないか」「国内交通機関の運行情報」が目立った。英語、中国語、韓国語の言語圏の人から、母語での情報提供が不足していたとの声が上がった。

 ●円滑な情報伝達のため、政府は対策を急ぐ。
 総務省消防庁は3月、競技場やホテル、駅といった施設向けに、災害時の外国人らへの対応に関する手引を公開。20年の東京五輪・パラリンピックを見すえた取り組みで、避難誘導時に使う言葉の「やさしい日本語」への言い換え事例を載せた。直接伝わらなくても理解できた人に翻訳してもらうことを想定する。
 国土交通省は昨年8月、身の守り方や避難所など防災情報を提供するサイトをまとめた「防災ポータル」を開設した。一部は英語、中国語、韓国語で対応。外国人の頼みの綱のスマートフォンで、災害に関する情報を一括して探してもらおうという試みだ。

 ●あらゆる場所に避難所/伝説の無料自販機 対策評価する訪日客も
 台湾の外交部(外務省)によると、北海道地震では、台湾からの団体旅行者だけで700人以上が足止めされた。災害への対応は、訪日客の多い中国や台湾でどう評価されたのか。
 北京紙「新京報」は「日本では、地震や洪水、火災に備えてあらゆる場所に避難所が準備されている」と紹介し、避難所で食事や毛布の提供を受けた中国人留学生の話を伝えた。
 住民らの親切さも取り上げられた。中国人留学生は、住民が冷静に避難所までの経路を誘導してくれたとし、「日本では幼いころから地震を想定した訓練を徹底しており、経験の積み重ねが生きていると感じた」と話した。
 台湾の中央通信は、電気が復旧したスーパーで乳児の粉ミルク用のお湯を提供してもらった台湾人女性の声を伝えた。
 ゴルフ旅行で北海道を訪れていた中国人男性は、災害時に無料で飲み物を提供する「災害対応型自動販売機」を街角で見つけ、「伝説の無料自動販売機に感動した」と写真付きで紹介した。
 一方で課題として指摘されたのは、公共施設での外国語案内の不足だった。
 中国共産党機関紙人民日報系の環球時報のサイトは、6月の大阪北部地震の際、大阪にいた中国人旅行者の声を紹介。「駅の放送や電光掲示板のニュースは日本語ばかりだったので、何が起きたのか分からず、不安だった」と語ったとし、「2019年の主要20カ国・地域(G20)首脳会議、20年の東京五輪・パラリンピックを迎えるにあたり、外国語対応が課題だ」と指摘した。




   ─── 2018.9.18 朝日新聞デジタルより







◆レイプ被害の告発

 何故、海外に脱出しなければならなかったのだろう。日本の風潮は、どこか間違っているのではないか? 自らのレイプ被害を訴え、日本における#MeTooのきっかけをつくったジャーナリスト伊藤詩織さんは、今。


■レイプ告発の伊藤詩織さんは今 バッシング止まず渡英

 ――日本で暮らすことが難しくなり、いまはイギリスに。渡英のきっかけは。
 昨年5月に記者会見を開き、元TBS記者から受けたレイプ被害を告発しました。真実を伝える仕事をしたいと思っていたにもかかわらず、自分が遭った出来事をなかったことにしたら、また自分や他の人に起こるかもしれない。そんな状態では生きていけないと思ったんです。性暴力について話せる環境を少しでも社会の中につくりたかった。
 しかし会見後は様々な波風が立ちました。オンラインで批判や脅迫にさらされ、身の危険を感じました。外に出るのも怖かったです。以前から「相手を告発すれば日本で仕事ができなくなる」と言われていたので覚悟はしていましたが、想像以上で、日本で暮らすのが難しくなってしまいました。そんなとき、ロンドンの女性人権団体から「安全なところに身を置いたら」と連絡をいただいた。去年の7月からロンドンで暮らしています。
 ――ご自身の経験や被害者をとりまく法律や支援体制の問題を書いた「Black Box」(文芸春秋)を、昨年10月に出版しました。
 当時を思い返すのもつらかったので、書くのであれば、数年たってからと思っていました。でも、編集者の方が「いまが、伊藤さんの声で語るときなのでは」と言ってくださって、執筆を決意しました。
 ドキュメンタリーをつくる仕事もしているので、映像で伝えることも考えました。家族や近い人に起こったらどうなるだろう、当事者の気持ちになれるような、語りかけるような作品をつくりたかった。でも、(性犯罪を厳罰化する)刑法改正案が昨年6月に成立し、施行3年後の見直しもあると考えたとき、いま話さなければと。長編のドキュメンタリーをつくっていたら刑法の見直しに間に合わないと思いました。
 最初は、表紙に自分の顔が載ることに抵抗がありました。というのは、「伊藤詩織」という人間に起きたこと、異質なこととして距離を置かれてしまうのがいやだったからです。「強い女性」とか「勇気ある女性」と言われますが、本当はへなちょこです。期待されているような、そんなんじゃないです。
 性暴力は、近くで起きている話。だから、自分の一番大切な人に置き換えて考えてほしい。私が前面に出たらそれが難しくなるのでは、と思って、最初、表紙への写真は断っていたんです。でも、写真家の方に「あなたの背後にある、見えない人たちの顔が見え、声が聞こえる写真にするから」と言われて賛同し、撮影していただきました。
 私は独りではありません。周りや後ろにある声の存在をいつも感じています。当初は顔と名前を出すことに反対していた家族も、いまでは理解してくれています。#MeTooの動きがあって、いろんな人がこの問題に対して立ち上がってくれたことが後押しになったのだと思います。
 ――でも、バッシングはいまだにやみません。
 SNSやネットでの個人攻撃が大きく、批判的なメールも一気に届いて、それが大多数のように見えてしまった。苦しく、怖かった。この社会でどう生きていけばいいのか、わからなくなりました。自分の人生を終わりにしようかと考えたこともあったけど、ここで終わりにしたら、「声を上げれば、結局そういう末路をたどる」と受け止められてしまうかもしれない。生き延びて、立ち続けなければいけないと思っています。
 ――なぜ人々はバッシングするのでしょう。
 それが知りたくて、批判的な女性からのメールに何回か返信してみました。「対話する時間を設けていただけませんか」と。でも、誰からも返事がきませんでした。想像するしかありませんが、きっと同じようにすごく傷ついた経験があって、でも、声もあげられない、そういう環境で生きていかなきゃいけない人もいるのだろうと思います。
 日本の社会は当たり前とされるものや、権威にNOを言いづらい。「仕方ない」と思考停止し、逆にNOを言う人に反発すら覚えてしまうのではないでしょうか。
 道で声をかけてくれる人は、応援してくださる方ばかりです。会った瞬間に涙ぐむ方々もいらっしゃいました。同じ経験をしている方にも多く出会いました。言葉にできない痛みを持っている人が、こんなに近くにいるんだと。応援の署名やお手紙も多くいただきました。最初はオンラインでネガティブな声が大きく聞こえてしまいましたが、現実に受け取る温かい声の数々に支えられています。
 ――性暴力について語る難しさとは。
 ほかの犯罪と比べて、被害者からの届け出が少なくて、起訴されづらいし、処罰されづらい。被害に遭ったことが語られない。語ったとしても「法で裁かれない=犯罪はない」とみなされる構造がありますよね。
 私も警察に相談に行ったとき、「男女の問題」「ブラックボックスだから」捜査が難しいと言われてしまいました。物をとられたり刺されたりしたら、同じことが言われるでしょうか。こんな風に言われると、女性はふだんから「夜道を歩かないように」「服装に気をつけるように」と言われ続けているので、自分を責めてしまう。「暴力はだめ」というのは当たり前の話なのに、女性の自己責任に目が向けられてしまいます。
なぜ過ちを、対話を進めて
 ――アメリカから#MeTooの声が広がり、約1年がたちます。変化を感じますか。
 #MeTooと声を上げてもいい、話していいと受け止めてもらえるようになってきたのではないかと思います。ただ、話すか話さないかを決めるのはその人。立ち位置や仕事のことを考えて話せない人も、きっとたくさんいる。暴力やハラスメントを受けたとき、まずは生き残ってサバイブしなければいけない。自分が受けた傷は自分が一番よく知っているので、そのことをよく見つめて、その上で話すか話さないかを自分で決める。すごく大変なことで、時間もかかります。まずは自分を信じて、自分に起きたことをきちんと見つめることが重要なんじゃないかな。一番最初に考えるべきは、自分の気持ちにどう応えるか、です。
 いまは、メディアでも少しずつ語られるようになりました。大きな進歩です。私はお話ししただけで、一体何ができているかというと、わからない。公で話すといろんな風当たりがあるということも、変に証明してしまいました。でも、こうやってお話ができるようになったことは大きい。一緒に聞いて考えて、伝えてくれる人たちが増えたことが、原動力になっています。去年、会見をする前に見ていた日本の風景とまったく違います。
 だけど、まだ変わっていないこと、変わらなければいけないことはたくさんあります。すべてが変わった気もするけど、何も変わっていない気もする。まだまだ対話を進めていかなければいけないですよね。
 つい最近も、アメリカの放送局CBSのトップのセクハラ疑惑のニュースがありました。まだ#Metooの動きは止まっていない。世界の中でも、まだまだ話されていないことがたくさんある。終わってはいけない、と思いますね。
 ここ1年くらい、性暴力の加害者への取材をゆっくりと始めています。彼らも社会の一員です。なぜそんな行為に及び、どうしたら過ちを繰り返さずに済むのか、考えていきたい。そこに一つのゴールがある気がしています。
 ――対話の必要性を感じていると。
 女性が#MeTooで声を上げるほど、男性の中には糾弾されているように感じてしまう人もいて、性暴力を「自分たちの問題だ」と共有してもらうことが難しいところがあるように思うんです。でも、これはセクシュアルな問題だけではなくて、パワー、力関係の問題だと思います。一切の暴力を許さない未来をめざし、「#WeToo Japan」の発起人に名を連ねています。力関係のもとにセクハラもパワハラも生まれるものだから、「すべてのハラスメント、暴力はだめだよね」という当たり前のことを考えようと始めました。どんなところでも生まれてしまう問題だからこそ、「男女の問題」じゃないんだよ、社会の一員として一緒に考えようと呼びかけたいです。
 私たちは有志の集まりで、NGOやNPOのようには活動できないので、つなぎ役としてできることを、と思っています。セクハラやパワハラなどが起こったときにどこに行けばいいのかといった情報を集めるプラットホームをつくっています。どんなハラスメントでも駆け込み寺になるようなウェブサイトの製作を目指し、動いています。
 ――日本のメディアについて思うことは。
 当初、メディアは私の発言をほとんど扱いませんでした。捜査当局が不起訴とした結論を重んじた結果なのでしょう。司法の判断に対し、そこに至った経緯を検証し、疑問を突き詰めるのがジャーナリズム本来の姿だと思うのですが、それがなされていないと感じました。誰に寄り添おうとしているのか、疑問も感じました。調査報道をきちんと行うことが重要です。
 また、ある女性記者から「私たちはすごくこの問題をやりたいけど、上に持っていった段階でだめになった」とも聞きました。メディアの幹部職に女性が足りない。報道現場だけではなく、役員室にも。日本メディアのジェンダーバランスはすごく大きな課題です。
 ――心身の変化は。
 最近になって、自分の中で起こっていることを言葉にできるようになりました。家にたとえると、知らない間に誰かが入ってきて、これまできちんと引き出しに入れていたのにめちゃくちゃにされて、いままで朝起きてコーヒーを入れていたのに、使っていたコーヒーカップがどこにあるかわからないような。いつもできていたことが、知らない間にできなくなっているような感覚です。
 時間がたてばたつほど、考えますね。3年たったのに、どうしてまだ涙が出てくるんだろう? 先日もアメリカでまったく関係のない仕事をしているのに、はっと思い出して涙が出てきたり、急にシーンがフラッシュバックしたり。
 警察は、被害者に人形を相手にレイプの状況を再現させます。大けがをしている人に、もう一度そのけがをするようなことをしてください、と言っているようなもの。精神的なダメージやトラウマについて考えられていない。目には見えない傷が理解されていない。
 性って誰でも必ず持っていて、人間の根源にあるところです。それを傷つけられると、長期間ダメージを受けると感じました。また家族やその周りの人にも影響してきます。だからこそ、レイプが戦争兵器や民族浄化などに使われているのでしょう。自分の仕事を通してこの現状をみつめ、このような方々の心の声に耳を傾けていきたい思いで、新しいドキュメンタリーの製作を始めています。
 ――社会はどう変わっていくべきでしょうか。
 たとえばスウェーデンは今年、同意を得ないセックスをレイプと規定する変革をしました。以前は、被害者が明確に同意していないことを示す必要があった。今後は、YESを得なければ犯罪とみなされる。
 一方、日本では昨年、強姦(ごうかん)罪から強制性交等罪に改正されましたが、犯罪とみなす要件に暴行・脅迫が残りました。実際の現場では、恐怖で体が固まって抵抗できなかったり、命の危険を感じてあえて従うふりをしたり、著しい暴行や脅迫に及ばなくても性犯罪がおこり得るのに、現実への想像力が足りません。法律をつくる立場の議員に女性が少ないことも課題です。法律が変わるということは大きなメッセージ。他国の法律もみて、相対的に考えなければと思います。
 長期的には、小さいときからの教育も大切です。日本の性交の合意年齢は先進国の中でも低い13歳です。私は学校で「どうしたら子どもが生まれるのか」とか、生理や性感染症については教えられましたが、合意とは何か、教えられた経験がありません。相手を尊重し、合意を形成する重要性をきちんと性教育の枠組みで扱ってほしい。暴力的な内容を含むアダルトビデオをまねて、相手を傷つける行為につながりかねません。
 今年、取材でシエラレオネのレイプクライシスセンターを訪れました。8割以上が子どもの被害者で、4歳の女の子に話を聞きました。なんで被害が発覚したかというと、母親が「こんなことをしようとする大人がいたら言ってね」と具体的に伝えていたから。「おしりに何かされた」という3歳の男の子もいました。小さいと何をされているかわからないし、性器の名前もわからないですよね。周りの大人がきちんと教えてあげないと、「助けて」とも言えない。私も子どものときに痴漢行為を経験しましたが、何が起きているのかわからず、「怒られるんじゃないか」と自分を責めてしまいました。知ることはすごく重要です。
 まずは性について話しやすい環境をつくることが重要です。日本で性の話をすることは、タブーなのかというとそうとも限らなくて、街中には女性の水着や裸の写真が置いてあるなど、女性を性的に扱うものはあふれている。ものすごくアンバランス。オープンに話をできる場が必要です。
 日本語を不自由に感じる部分があります。例えば、女性が言える「NO」の言葉がすごく少ない。敬語で「やめてください」と言っても加害が止まらなくて。「いやよいやよも好きのうち」というこの社会で、どうしたら「これは本当にNO」と伝わるのか。もっと新しい言葉をつくれないかなと考えています。海外の言葉を採り入れるとかもいいかもしれませんね。思いを自由に表現できる言葉がほしいです。
 ――日本には戻りたいですか。
 そうですね。以前のように何も恐れず家族や友達と出かけ、普通に暮らしたいですね。でも、Life goes on. 人生は続くから。メガネをかけるなど変装していたときもあったけれど、「自分が隠れたり、恐れたりしていては何も変わらないじゃないか」と思い、少しずつですが帰国した際は自分を隠さず道を歩けるようになりました。「非国民」などと言われたこともありますが、日本にいるこれから社会で活躍していく妹や子どもたちへの思いがなければ、誰にも知られたくないような経験を公に語ることはしませんでした。次の世代のことを真剣に思ったら、変えなければならないことはたくさんあります。それが私が日本人として実現したいことです。


   ─── 2018.9.18 朝日新聞デジタルより



■一方で、性被害の匿名訴訟は全然進んでいません。

 ●性被害者、起訴状の匿名ルールは 法務省や警察庁議論

 性犯罪の被害者を起訴状で匿名とできる場合のルールについて、法務省など法曹三者や警察庁が議論を進めている。話し合いがまとまれば法改正も検討されるが、被害者の保護と被告の権利のバランスが求められており、結論が出るまでには時間がかかりそうだ。
 性犯罪の刑事裁判は現在も、裁判所が認めれば法廷での起訴状朗読や証拠調べの際に被害者を匿名とし、プライバシーを保護することができる。また、検察官の判断で、起訴状に匿名で記すことも可能だ。被害者の中には、被告に名前を知られることに強い抵抗を示し、起訴状に実名が記されるのであれば捜査協力に応じないという人もおり、検察側は「可能な場合は匿名にしたい」と考えている。
 法務省が特に問題と考えるのは、起訴状が被告に送達されるため、被害者の実名を書くと被告に伏せるすべがないことだ。今年に入ってからは、福岡地裁で公判中の被告が法廷で被害者女性の氏名や年齢を叫ぶ事態も発生した。性犯罪に詳しい村田智子弁護士は「現在はSNSなどで個人情報を調べることが簡単で、対策が必要だ」と話す。
 しかし、「誰が被害者か」は刑事裁判の大前提。訴因を特定し、被告が反論する権利(防御権)を保障する必要があるためだ。刑事訴訟法は「訴因を明示して記載しなければならない」とし、「できる限り日時、場所及び方法」を特定することを求めている。
 匿名の記載を問題とした判決も出ている。2015年7月に鹿児島市で起きた強制わいせつ致傷事件の起訴状で検察側は被害者を「白色半袖ポロシャツと紺色ショートパンツを着用し、眼鏡をかけ、紺色サンダルを履いた女性」と表現した。一審は問題としなかったが、福岡高裁宮崎支部は16年6月の控訴審判決で「『できる限り』罪となる事実を特定したとはいえず、刑事訴訟法に違反している」として一審判決を破棄した。
 現職の裁判官が意見を交わす司法研修所の研究会などでは、再び被害に遭う可能性が高い事件の場合、被害者を匿名とすることにほぼ異論はないという。ただ、ベテラン刑事裁判官は「どんな場合に匿名とできるかの明文規定がないため、検察官から個別の事情を聴き、事件ごとに判断するほかない」と話す。
 こうした状況を踏まえ、法務検察内には「法改正を含め、被害者が安心できるよう、安定的に匿名で起訴するための仕組みが必要だ」との意見が根強い。16年に成立した刑事司法改革関連法も付則で、「起訴状で被害者を匿名にできるか」を検討するよう政府に求めており、法務省と日本弁護士連合会、最高裁の法曹三者と警察庁は昨年3月に協議会を設置し、意見交換を重ねている。
 渡辺修・甲南大学法科大学院教授(刑事訴訟法)は「被害者を匿名にする必要がある事件は今後、増えていくだろう」としつつ、説明責任も求められると指摘する。「被告側が防御方針を立てるためにも、なぜ匿名にする必要があるか、裁判所が説明を尽くさなければならない」と話す。



   ───  2018.9.19 朝日新聞デジタルより










哀しい事故

 ●3人乗り自転車の事故

 電動自転車で走行中に転倒し、抱っこしていた当時1歳4カ月の次男を死亡させたとして、神奈川県警は14日、横浜市都筑区の保育士の母親(38)を過失致死の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。専門家や業界団体は、乳幼児との同乗はバランスが不安定になりがちだとして注意を促している。
 県警都筑署によると、母親は7月5日午前8時25分ごろ、同区の市道で、次男を抱っこひもで前に抱え、左手首に傘を提げた状態で電動自転車を運転。過失によって転倒して次男の頭を強く打ち付け、死亡させた疑いがある。雨が降っていて母親はかっぱを着ていたが、提げていた傘が自転車のフレームと前輪の泥よけの間に挟まったことで、ハンドルが動かなくなり、転倒につながったと署はみている。
 母親は前部の幼児用座席に事故当時2歳だった長男を乗せ、次男とともに保育園に送り届ける途中だった。ヘルメットをかぶっていた長男にけがはなかった。自転車は前後に幼児用座席が取り付けられ、幼児2人を乗せる安全基準を満たしていたが、後部席には荷物を置いていたという。

 ●おんぶ認められている
 子どもを抱っこしての自転車走行で、痛ましい事故が起きた。事故を起こした母親は警察の調べに、「子どもが前にいると、顔が見えて安心だった」と話しているという。
 自転車に2人以上で乗ることは道路交通法上、原則として禁止されている。
 だが子育て中の女性などからの「保育園の送り迎えができない」などの声を受け、警察庁は2008年、「幼児2人同乗用自転車」検討委員会を設けた。この委員会は09年3月、「十分な強度を有する」など、幼児2人を乗せて走行できる自転車の要件をまとめた。
 神奈川県公安委員会は同年7月から、前後の幼児用座席に1人ずつ乗せて3人で乗ることを細則で認めた。幼児用座席以外でも、ひもで確実におんぶすればよいと認めた。しかし抱っこについては定めていない。警察庁によると、ほかの都道府県の規定も同様で、おんぶは認められているが抱っこについての言及はないという。
 一方で、2000年代に入って、両手が使える抱っこひもが広く普及した。子育て中の人に聞くと、幼い子どもを抱っこして自転車に乗る人が少なくない実情が浮かび上がる。
 5歳の娘を自転車に乗せていた横浜市南区の女性(38)は「前に子どもがいる方が、顔が見えるので安心できる」と話した。2歳の娘がいる横浜市中区の女性(29)は「抱っこが危険なのは十分わかるが、おんぶが嫌いな子を背負って乗ると、子どもが泣くこともあって難しい」。3歳と0歳の娘を子育て中の同市保土ケ谷区の男性(34)は、「忙しい時は、ついつい抱っこして自転車で買い物に行ってしまう」と話す。「おんぶだと、後ろに付けている幼児用の座席に子どもが当たってしまう」という声もあった。
 おんぶが抱っこより安全とは限らない。子どもの事故防止を目指すNPO法人「Safe Kids Japan」は、東京工業大と共同で、自転車が横転した際に幼児が頭部に受ける衝撃をおんぶと抱っこで比較。抱っこよりおんぶの方が衝撃が約1・2倍大きいことが分かったという。ただおんぶ、抱っことも、生後6カ月の乳児が骨折するとされる基準値を大きく上回ったという。
 日本自転車普及協会学芸員の谷田貝一男さん(67)は抱っこ走行について「両腕の間に幼児が挟まり、ハンドル操作が難しくなる。おんぶに比べて幼児との密着性がなく、運転が安定しない」と説明する。一方で「子どもが暴れることなどを考えると、おんぶも安全とは言えない。小さい子どもはベビーカーが一番安全です」と話す。

 ●1歳未満の乳児、負担大きい
 幼児2人の同乗は、ただでさえバランスを崩しやすい。自転車協会は手引で、ヘルメットとシートベルトの着用を薦める。また1歳未満の乳児は、ヘルメットの首への負担が大きいとして同乗をやめるよう呼びかけている。


 私の家の近所には、あちらこちらにお地蔵さんがある。地域によってお地蔵さんができる理由は違うのかもしれないが、私は近隣においてお地蔵さんがそこにある、場所の由縁を知っている。それは昔、そこで子供が、交通事故で亡くなった場所なのである。そのお地蔵さんの一つが、母親が自転車で、前に一人、後ろに一人、背負って一人で、3人の子を乗せた母親の自転車が、さらに買い物の荷物を持った帰り道、道路側に転んで、走ってきた車に轢かれ、4人が亡くなった事故現場に立つお地蔵さんなのである。私がまだ小学校の時、そこで事故があり、そののちにお地蔵さんが建ったのだから、忘れようがない。
 それは今回の事故と共通している。まだ赤ん坊同様でよく泣く時期の子を泣かせっぱなしの状態にして行動することは、実際問題難しいものだ。だから背負ったり、おぶったりして連れて行くことになる。働いてるお母さん、じゃあどうすれば良かったのかと、私には答えを導き出すことができない。




                                   (島)