□ 新作紹介 □





雨  音


  花


あこがれる
透き通るような花びらを
そっと震わせて
風を感じていることに

 ひとひら ひとひら
 咲いていく

静かな雨に打たれながら
まあるい雫を
ふんわりと抱きしめて

 結んだり
 開いたり

降ってくる小さな光の粒に
目を細めるようにしながら
まっすぐに佇んで

 はらり はらり
 散っていく

 あこがれる

咲きたいけれど散りたくない花
なんて
いないもの















 幸 せ


咲く花も
散る花も
ただただ 花が花であるために
生きている

悲しい私も
嬉しい私も

 悲しい日には 涙をこぼし
 嬉しい日には ころころと笑い

ココロの真ん中にあるのは
いつも
私が私であるための
喜びなのかもしれない

だって
幸せは感じるものだから
いつもこの真ん中で























青 島 江 里



 あしたも生きる


なにもかもレールに
乗せられるのは
おもちゃの電車のようです

あたしはこれから
みずからの方角をみつめ
みずからを進む電車になって
どこかに行こうとしています

ホームで心配しながら
見送ってくれるひとつひとつが
ゆっくりと小さくなってゆきます

ひっきりなしに
乗り降りしてくる人たちに
時には傷つくこともあるでしょう

通り過ぎてゆく踏切の音に
言い知れぬものを
感じることもあるでしょう

だけどトンネルを超えた時に
広がる海の果てしなさを
目にすることだってあるでしょう

誰かに決められた場所を走る
おもちゃの電車よりも
もっと見たこともない
遠くをめざしてみたいのです

ことことと かたかたと
あしたもあたしは生きるって
迫りくる青い線路は音を立てます

まだまだ一両編成のあたしは
聡明な空と海に見守られながら
力いっぱいの汽笛を響かせながら






















井 嶋 り ゅ う



 ゼリー


言葉にたらされている頭を
両手で掻き毟る
絶叫映像を集めて編集した夜が
ヘッドフォンの中から零れる
塗れる、私

液体でも個体でもない
どろどろとした何か、とは何か
決して水の比喩ではない
透明で綺麗なものにしか
換算出来ない想像力は
無害だから嫌い

詩書きは人間の本質を見つめる
と書くに至った参考文献を記せよ
閑散とした日曜の本棚の前は
異常に暑い
腹部のあせもが治りますように
一生消えない痕になりますように
心の底から祈ってあげることは
私の善意

杏仁豆腐と練乳の手土産あります
かけて食べなよかけて食べなよ
美味しいよ美味しいよ
ママも言ってるよママが言ってたよ
小躍りするハンサムなタヌキは
口のまわりが白い

金魚の大きな縫いぐるみが跳ねる
上体をそらす堅実さ
見習いましょう見習いますけれど
貯金額で詩を読むことは出来まい
胃から吐き出して
形をととのえて
お返ししますよ杏仁豆腐
遠慮なさらずに遠慮なさらずに
どうぞどうぞ
どうぞどうぞ

二十四日ではなく十七日、括弧笑顔
三回目この問答三回目、だから三回目
ここは暑い
異常に暑い
缶詰めの蜜柑入りゼリー
スーパーにあります腐るほどあります
缶詰めの蜜柑入りゼリー
缶詰めの蜜柑入りゼリー
缶詰めの蜜柑入りゼリー
あの安いゼリー
食べない食べます食べて食べたければ食べろすこぶる食べたい私はかわいいか?
三回目この問答三回目、だから三回目
それは心で聴くもので
躾けられるものではありません
ママは大概知らないんだから

私はこれからも
傷つけながら生きていきますので
あなたも今までどおり
傷つけながら生きていってください
素敵な絶叫が出来ますように
心の底から祈ってあげることは
だから善意だって言ってんだろ
その耳にヘッドフォン、あてがってやろうか?























Kazu.



 「海の膜」三つの詩的試み


 1 真珠(短詩風に)


アコヤ貝は行き場のない涙と
海底のわずかな光を外套膜に集めて
乳白色の丸い玉を育んでいく

脈動のない我が子を
ただ ひたすらに





 2 海の話(散文詩風に)


海の話をしよう。

では何処から始めようか
原始地球のシアノバクテリアあたりからだと話が長くなりそうだし
ジュラ紀・白亜紀の海にはおっかない生物たちで溢れていそうだから
やはり目の当たりにしている
この 今の海の話をしよう。

詩人辻征夫は
春の海には//南蛮から漂流してきた/「ヒネモス」がいるっていうけど
(春の海ひねもすのたりのたり哉・蕪村)
いつも酔っ払うことに真剣だったオジサン詩人は置いといて
今 まさに落ちていく夕陽の海のことを話そう。

「ジュッ」と音がするなんて詩的な話じゃなくて
夕陽が沈む海の向こうにある
誰も見たこともない街の話でもなくて
(まして貝に耳なんか押し当てないで)
深くて静かで昏い膜
地球を直径1メートルのバランスボールに例えると
たった0.3ミリメートルの海の
数えきれない光の膜
掬いきれない時の膜
纏いきれない波の膜
それらがみんな鎮まったあとの
そんな日没前の
水銀色の海の話をしよう。

広大とか悠久とか僕らの尺度なんかじゃ測れない
母なる海とか生命の源とか言い尽くされた言葉でもない
まして「わたつみ」とか「ポセイドン」とかの大昔の神さまのことでもない
今 この瞬間の海の話をしよう。

あの夕陽がみんな沈んだら
どこまでが海でどこからが空か区別のつかない
そんな何でもない海の話をしよう。






 3 グルタミン酸(ライトバース詩風に)


昆布って海の中で出汁が出ちゃわないのかって?

考えてもごらんよ
昆布が海で出汁をみんな出しちゃったら
ニボシやカツオ節の立つ瀬がないじゃないか
それに出がらしの昆布じゃ佃煮にしかなんないし
第一オメエお吸い物をどうすんだよ

ありゃあオマエ
昆布が死ぬから出汁が出るんだよ
死んで乾燥させると細胞膜が壊れるんだよ
生きてる間は出汁なんて出さねえんだよ

人と同じよ

人間だって
死んで初めてその人の味が出るってもんさ
なっ 
そうだろう?























齋藤 純二



 黄昏時


風の指が頬を撫で
流れる行き先は懐へ向かう

静かな夢の中は香りで満たされ
忘れよう涙が顎を歩む

帰る今の私が立つ此処
彼処ではなくやはり此処だった

土に染み込む情け玉は
拡がらずに慰めを知っている

遠くから焼け延びた斜めに
私も包まれる寄り添いの優しさ

我儘に振る舞ってしまった愚蒙を
紅く染まる感情に変えて
















 バンド名『デラシネ』


奴等はクソ野郎だ。間違いなくクソ野郎だ。パンクロックの何が悪い、俺
たちが最高って感じている世界を消そうとした。学校はクソだ、奴等は最
低のクソ野郎だ。

そして、俺たちは負けないくらいクソ野郎だ

「お前たち、また文化祭で雑音バンドをやるのか、もういい加減に真面に生
きようと思わないのか。あれは音楽じゃないし、このままじゃ卒業できない
だろう。静かに高校生活を送らないと大変なことになるぞ、将来。わかって
いるのか」

奴等はクソ野郎だ。俺たちが学校を辞めれば祝いの酒でも飲むんだろうよ。
ぶん殴って学校を辞めそうになったが、それは文化祭が終わるまでお預け。
我慢、我慢だ。

わかっているさ
俺たちがイマイチ戦っていないこと
俺たちもかなりのクソ野郎だ
だからやってやる
次に賭けている

クソ野郎が、ぶち壊してやろうと思っていたら、俺たちがぶち壊されそう
だった。クソ野郎が。


ドラム、クズテツ
ギター、ショウイチ
ボーカル・ベース、俺、トク


当日に突然、俺たちが大トリに変わった。おお、いいじゃねかよ。そう思
ったが奴等に騙された。ふざけんじゃねえ、クソ野郎が。さあ、暴れてや
るぜ、とマイクを取り叫んだ途端、全部の電源を切りやがった、たくっよ、
クソ野郎が。

俺はベースを床に叩きつけ、クソ野郎と叫んで引っ込もうとした。その時、
クズテツのバカが何を考えているのか、ドラムを叩き出した。ショウイチ
はエレキ(エレキギター)を投げ後輩のアコギ(アコースティックギター)を
持ってきて弾き出した。俺、司会のマイクを取り上げて叫んだが、それも
電源切られてるし、もうマイクを体育館で腕組んでいる奴等に投げつけ、
素で歌い出したぜ。クソ野郎が。



クソ野郎に捧げるバラードっ


ヘイヘイ
歩き方も知らねぇ
笑い方も知らねぇ
だからどうだっていうのさ
イライラするぜ

今さら
教えてくれなんて言わねぇ
俺たちもう知ったのさ
クソ野郎への叫び方を
真地面なんて言葉で
俺たちは騙されやしない

俺たちは終わらねぇ
それどころかまだ始まってもねぇ

ヘイヘイ
歩き方も知らねぇ
笑い方も知らねえ
だからどうだっていうのさ
イライラするぜ

ヘイヘイ
お前らクソ野郎
負けねぇくらい俺たちはクソ野郎

わかっているのさクソ野郎
死んでねぇぜクソ野郎
ぶっ壊した上を俺たちが歩いてやるぜ

ヘイヘイ
クソ野郎が

ヘイヘイ
クソ野郎が

ヘイヘイ
始めてやるぜ



俺たちバラバラになっちまったがな
何処までも戦って行くだろう
このクソ野郎が

クズテツは奴等を殴って退学。ショウイチはガンガンにライブハウスで凄
げぇバンドでギターを弾いている、そして退学。俺が一番のクソ野郎だっ
た。まだ、奴等と戦っているぜ、このクソ野郎が。























シルクブルー



 ある星の恋


遠い昔
今よりも私が輝いていた頃
数え切れない甘い言葉を聞いた
数え切れない歌を捧げられた
数え切れない瞳が私を仰ぎ見た

けれど
あの人からの
言葉も歌もなかった
一度も私を見つめてくれなかった
私が欲しかったのは
あの人からの 言葉 歌 
あの人だけに見つめられたかった

時が経って
あの人は亡くなった

その時から私は
月のない夜にだけ
ひっそりと顔を出し
残り火ほどの光だけを
まとうようになった

あの人がいないのに
どうして明るく輝けるだろう?

消える時がくるまで
ひっそりと広い空で
あの人を想い続けるだけ……






















澤 一織



 仕事の支度


枕元で顳顬を殴る、四回目の携帯電話の呼び出し音を遠ざけて、寝返りを打っ
た僕を夕陽が照らす。部屋の壁紙に、今更、人様に顔向けできない影が浮かぶ。
今ならまだ、許されるのではないか、淡く、甘い、思いを束の間、抱いていた
ことに気がつき、何か言葉を息で吐く、と同時に五度目の呼び出し音が、顳顬
を殴る。

それでも きっと
今夜も受け取ってしまう日銭と
引き換えに
この掌から手渡す 
偽名でしか作れないパスポート
繁華街のメイン通りから、一つ抜けた裏路地で
また一つ手離す 
本心から一番、遠くに有るもの

引き返しの効かない
お客さん、素面の僕
どちらの瞳から 
先に生気は失われていくのだろう

半端に伸びた髪を特徴なく整え、味気ない黒色のダウンジャケットの袖に腕を
通して、一服。吐いた煙の脂が、黄ばんだ部屋の狭い天井でふらつく。振り返
っても、前を向いても、もう、このままずっと、夜から逃れられない気がする。
紫煙が宙を溜まる。もう、街の表情もお客さんの明日も見たくない。いつか、
やたらとこころを分析したがる幼馴染に言い渡された「防衛機制」だとか便利
なアイコンを思い出して、笑える、笑わせてくれる。噎せて、咳き込む。口元
に手の甲を当てながら、鼻水を啜る。絡んだ痰を喉で鳴らして、一酸化炭素の
混じった口臭を吐く。脈拍を正す。

把手をつかむと 
夕陽を失った部屋の外へ 
なだらかに流れてゆく紫煙

仕事の支度が終わる
思考を 停止 する










 指定時刻


指定した時刻が近づいた

携帯電話 符牒 半透明の袋
中身を誰に探られても 
口元に人差し指を当てて
気の緩んだ時にふと浮かぶ迷いを
地面に吐き捨てたのなら
今夜も持ち場で 幸運を祈りな

表通りから漏れてくる街のざわめきや灯りがやたらと煩い
子供騙しのステッカーやピンクのチラシが貼られた街路灯に
腰を預けると 贋物の着飾った腕時計が 指定の時刻を指す

客を待つ
路上はいつも落ち着かない
一刻も早く 日銭を手にして 朝日を拝みたい
指定した時刻は刻々と過ぎて
作動していないはずの監視カメラが
焦燥を煽る 

指定した時刻から二十分過ぎた

二十歳の誕生日は
青空の下で迎えたい 
女の働く店のマッチを擦って
味の分からない最後の煙草を
短く 明滅させていた時 

背後から近づいてきた
複数に伸びた影が 荒く
伸ばした一つの影を 踏みつける

誰か 教えて欲しい 
夜空は今 どんな風に瞬いているのだろうか

指定時刻はとうに過ぎた

漏れてくる街のざわめきや灯りがやたらと眩しい











 あいつ


夢の中では まだ  
「あいつ」は車椅子ではなくて
足を地面に擦って吸い殻を消す
「あいつ」は人への配慮が欠けるけど
特別な更生プログラムなんて受けていない
「あいつ」はまだ パスポートを申請する前で
仲間が転んだ時は いつも真っ先に駆けつける
洗車場に行けば「あいつ」はフルスモークの窓を開けて
周囲を威嚇するように音楽を響かせ 太陽を遠ざける 
周囲を警戒するように夕暮れまで眠っている「あいつ」は
日付が変わる頃 脂肪を揺らし 仲間が集まる公園に駈け寄る
誰かの「あいつ」だった僕は 見る夢より夢を描く方が好きで
あの娘を思いながら 「あいつ」らと朝が来るまで語っている

夢の中では まだ 
「あいつ」は かつての姿のまま

明確に 
境界は引かれている
いつの間に 
折り目をつけている

逆に
「あいつ」は 僕を
いつの地点で 線引いているのだろう
そう 考えてみると
無性に 訴えたくなる
まだ 僕は
過去の人じゃない
今も夢を描いているし
勝手に 境界を引くな
折り目をつけるな って
否 
「あいつ」らこそ
僕に抗議したいのではないだろうか
勝手に過去の人にしないで欲しいと

ああ 
悪かった ごめん
好きなだけ 問い詰めてくれよ
糾弾しろ
軽蔑しろ 
非難しろ

なあ
どこを見ているんだよ 
そんな遠い目をして
手なんか合わせてないで 
言いたいことがあるのなら 
こっちを見ろよ

なんて「あいつ」さ
さっき 夢の中に出てきて
ずっと 訴えていた気がする
懐かしいよ

なんて 
誰か 一人でもいい

 車椅子で彼女と子供を抱くあいつ
 更生プログラムを終えて 始発電車で仕事に向かうあいつ
 遠い異国で 腕一本で稼ぐあいつ
 夜の街で生きていくことを決めたあいつ
 少しだけ朝や夕暮れの木漏れ日が好きになったあいつ
 (フラれっぱなしの僕も やがて女の柔らかさを知る)

夢の中で 
かつての姿のままでいいから
僕のことを 
覚えてくれていたらと思うよ











 共有しようよ


今朝の空 
旅先の標識 
星の見える丘
遠い国の賑わい
映画に似たゲーム
湯気の消えたパスタ
孫引きばかりの陰謀論
産まれたての赤ん坊の声
本名も知らない誰かの噂話  
店頭に置かれた最新のカメラを手頃なカメラで撮影したら
修正を加えて インターネット上 世界中の人々と共有するよ
当分 僕は眠らない予定だよ 君からの反応があるまでは
館内をふらついて眺めて観る 
国籍も知らない誰かの日常
オーガニック製シロップ
見飽きたカフェのロゴ
事件を起こした犯人
友達の友達の友達
ボディーピアス
懐かしい歌声
モザイク画
君の部屋
には、鍵がかかっているけど
八時間前には
君もこの手入れの行き届いた館内に居たのだろう

浮かんでは 流れてくる
世界中の額縁を自由に眺めていたら
もうすぐ 夜も明ける
朝陽でもカメラに収めて 
君にも見せるつもりだよ
さっきから 君の名前が見つからないけれど
最新の君も保存して
上手に加工修正してあげるから
世界中と
共有しようよ












 彼 女


いつものように
友達と遊んでいたゲームが 
どれだけ楽しかったとかさ 
電話越しから 嬉しそうに話してくれる
彼女の声に 
沈黙を強いた
後戻りのできない僕の告白を

彼女は あっさり受けた と思ったら
「いつでも 捨てていいよ」とか
いつもより 少し低い声で 話し始めるんだ

それを 
まともに受け止められなかったのは 
はじめから 
僕のこと 突き放せる為の証拠を
作っているように思えたから
それ以上に 
まだ 信じられない 
告白の応えに 舞いあがっていて   
彼女が抱えていた想いを
遠くへ 押しやっていたのかもしれない

二人で 日々を 
捲るようになってからも
女友達と遊んだゲームが
どれだけ楽しかったとかさ
電話をしてくる日もあったけれど
僕達は よくある恋人たちのように
朝まで 眠らない夜もあった  

国分寺の雑貨屋で 
手頃な指輪を買ってさ
近くの公園のベンチに座って 
少し癖のある彼女の薬指に通した時に
見せてくれた微笑み
瞼に焼きつけたかった なんて欲張るとさ 
その発想が気持ち悪いとか 
目を細めて からかう 意地の悪い表情も
やっぱり フィルムに残したかったと思う

それでも 時々
女友達と手を繋いで歩いた街が
どれだけ楽しかったかなんて
写真を見せられたりすると
責めたくなるんだよ

彼女のことを
知りたくて 買ったはずの参考書も
部屋の隅に投げ捨てて 
無性に 責めたくなるんだよ
思い違いをしているだけとか
考え方を変えて欲しいだとか
将来 結婚は 
子供は 
どうするのとかさ

二人で 日々を
捲っているのか 
分からなくなっていたある日
誰かと観た映画が
どれだけつまらなかったか なんて話している 
彼女の声に 
沈黙を強いて
後戻りのできない言葉を告げた

彼女はあっさりと 答えて
いつもよりも 少し高い声で
「今までありがとう」なんて 笑うんだ 


誰かが 少し構えて言うのだろう
特殊な経験だっただとか
別にもう 当たり前のことだとか
今では誌面で取り上げられているとか
時々 耳を塞いで
大人気なく 毒突きたくなるんだよ

掌に収まるほどの乳房も 
長くて細いふくらはぎも
少し癖のある薬指の形も
ゲームの話になると
一方的に話し続ける癖や
遅刻癖の治らない僕を
いつも笑って 待ってくれた
彼女のことを
どれだけ好きだったか























葉月 祐



 三つ葉の王冠


  僕らには無いものを持つ、
  あの子みたいになりたいなあ。

愛され 捜され 喜ばれ
大人にも子供にも詰まれてゆくのは
僕らではなく あの子と同じ四つ葉の子

僕らがヒトに踏まれて
後から生まれてきたあの子は
あっという間に人気者になった

たくさんのヒトを笑顔にして

僕らはけっして
欠けている訳では無いのに
あの子と自分を比べると
ないものねだり してしまう

  あの子はあの子、
  僕は僕だと、
  わかっているのに、
  羨ましい。

  同じ場所から生まれて、
  同じ時の中を生きているのに、
  あの子のようにはなれなかった。
  けれどもしかすると、
  あの子も僕らのこと、
  羨ましく思っているかもしれない。
  そう、お互いに。

  ヒトはもっと大変だろうな。
  三つ葉や四つ葉どころではない、
  ヒトの数だけみんな違っているし、
  おんなじ形には、きっとなれないから。

僕らも あの子も ヒトも
誰かを見つめては
ないものねだり   

いったい誰が
四つ葉の子を連れて行くか
だあれも知らない
わからない

  あの子はあの子で、
  僕は僕さ。
  三つ葉のままで、
  僕は生きていく。

  僕らははじめから、
  欠けてなどいないんだから。

それでもいつか
誰かが僕に振り向き
その手が編む王冠の一部になり
誰かの頭にのせられて
遠かった空が 近くなる時

僕は僕で良かったと
心から笑えるだろう
















 咲き誇れ


俯いて
また俯いて
頭の上げ方も
忘れてしまいそうだ

太陽の下にいるのに
自分の影ばかりが
くっきり見えて
嫌になる

けれど
足下にも太陽はあった
小さな小さなたんぽぽが
あちらこちらで微笑んでいる

ヒトや車に踏まれながらも
次に逢う時には
背筋を伸ばして笑っているので
わたしは 自分が恥ずかしくなった

 時々生きているのも嫌になって、
 昨日も明日も今も見ていたくないと思うくらい、
 真昼に暗闇が敷き詰められたような絶望感に、
 飲み込まれそうになる日もあるけれど。
 人に踏まれて潰されて、
 それでも笑っているあの花を見ていると、
 まだ間に合うだろうか、
 まだ諦めなくてもいいかい?って、
 忘れかけていた空の見上げ方を思い出せるんだよ。

 生きていて良かったと、笑えるんだよ。

辛い時は何度でも
足下を見つめよう
いつでも誇らしげな
たんぽぽの微笑みを焼き付ける為

傷だらけの太陽と
目があったなら
大空を見上げて
わたしも一輪の花となろう

今こそ

たんぽぽにも負けずに
強く強く
咲き誇れ

何度誰かに踏まれても構わない
わたしよ 立ち上がれ
















 言葉を束ねて


あなたの言葉と
わたしの言葉は
違う色 違う音
違う重さ 違う匂い

たとえ同じ言葉を選んでも

言葉は互いに惹かれ合う
すれ違っても通り過ぎても
今 響かなくても
感じられなくても

わたし達は振り返り
お互いの言葉に触れ
その手ざわりの違いに
胸を震わせるでしょう

あなたの言葉も
わたしの言葉も
きらめき 響いて
浮いては沈み 匂い立つ

言葉や己と向き合う時
願う事はいつも同じ
些細なひとことが
見知らぬ誰かへ届く未来でした

わたし達の言葉が重なり合う未来を夢見て
このまま歩き続けていきたい どこまでも

日々を 詩を 想いを
花のように束ねて
つなげて生きよう
明日 その先へ向かって

たとえいつか
このからだを失っても
枯れない花に生まれ変わって
感じたすべてを綴る者でありたい

はるか遠くのポストへと
風が 想いを運んでくれるでしょう


いつか
丸め続けてきた背中を
そっと優しく押してくれた
たくさんの「あなた」へと
枯れない言葉の花束に隠した
目には見えない一輪を贈りたいのです


  こころからのありがとうを























ひ な の



 くちなし


秋が来たと知るのは
その風の冷たさからだった

格子の外の白い曼珠沙華が
新月の夜にぼんやりと
浮かんで揺れて

その香をまとって
私の帳は軋む

絢爛な簪の飾りが
しゃなり、しゃなり、と
小さく音を立てて
泣きだす

金の刺繍の帯よりも
香り立つ花で冠を作りたい
唐紅の打掛けよりも
時雨にこの身を打たれたい

色売る運命のこの身体に
詮無き思いを起こさせる

豪奢な建物に優美な調べ
煙管の煙と白檀の香りが
絡んでただ重く甘く

見知らぬ息に混ざって
囁かれる愛の言葉と
囁き返す私の偽りもまた

格子の外で
白い曼珠沙華が揺れる
あそに咲いているのが
私ならばよかったのに

蝋燭のうす明かり
頬の紅を涙でくずして
偽りだらけのこの身体

 どうかこの心まで
 偽りであって

いつもに増して長い
長い夜が更けていく






















沢口 リリキ



 朝陽の当たる場所


あなたの
明るい笑顔が
目覚めたばかりの僕に
働きかける

傷ついた僕の胸から
昨夜の痛みを
消してくれたのは

あなたの
無邪気な微笑み
変わらぬ陽気なまぶしさ

風が窓辺に立ち寄り
朝の匂いを運んでくる

コスモスや、木の葉や、銀の梢は
軽やかに踊っている

今朝、すべてが
新しく生まれ変わった

羽ばたく鳥のように
僕の心も翼を広げ
かがやく場所へと向かう

零れた朝露が
土のうえで
乾いてゆく頃に
















 十月の異邦人


仕事帰り
アルベール・カミュの
「異邦人」という小説を鞄にしまい
そぞろ歩いた


『主人公のムルソーは「太陽が眩しかったか
ら」その理由だけで殺人を犯す。それは彼に
とって太陽の眩しい光だけが「真理」だった
「人間は原罪を背負って生まれてきた」否、
彼は「ひとりのアラブ人を殺した罪」のみを
認めた。しかし宗教的社会秩序に於いて無神
論者は真理を暴く忌まわしい存在でこの危険
な思想は死刑に値するらしかった。母親の喪
中に映画を観て笑うのも、恋人との恋愛感情
を神の名に於いて「愛」と誓うことに無関心
なのも、予審判事が目の前にかざす十字架を
認めないのも、度々訪れる司祭を激しく罵倒
し否定するのも、彼自身が明晰に選択した立
場に基づいた「理性」だったがそれだけで死
刑に十分値する所業であった。彼はドストエ
フスキーの小説「罪と罰」の主人公ラスコー
リニコフとは根本的に異なる岩山の上に屹立
していた。無神論者として明確な意志により
行動する人間。つまりたとえ殺人を犯してな
くてもその存在自体カソリック世界に於いて
何よりも許しがたく抹殺すべき異邦人だった
カミュは不条理に向き合い反抗という態度を
貫く為に主人公に殺人の罪を着せなければな
らなかったのだろう』


そんな他愛もない
思索に耽りながら
ただ歩き続けた

銀杏並木の道を
寡黙な散策者となって

杏子色に燃え
教会の後ろに沈む太陽の
最後の光を見つめた

薄暮が迫る街景は
慌ただしい喧騒を
暗い地平に立てている

それは
この世界に生きる人間の
つましくも力強い物音だった

かつて
塀の中でムルソーが耳にした
黄昏時の街の音と
同じだったに違いない

夜が来る前に
並木道から大通りへと向かい
雑踏にゆっくりと
私は融けていった























く  れ



 公 園


水が立ち上がる
命の水が
公園には日陰がない
夏が奪い取っていった
だから、水が立ち上がる
まわりの暑さを
水の鋭い穂先で突く為に
人の気配があると
その方向に水が動く
あちらこちらで
蒸発して行く肉体の破片
耐える限界点を
温度計は何度も超えた

  *

子どもたちの姿が見えない
親の背中だけが
公園の中に残されている
今年も異常気象なのだ
日傘を公園の上に被せてみたが
風まで木々の茂みに
籠ってしまった
空から鳥が落ちてきた
羽が焦げている
花は花壇の土に変わった
公園のまわりに
小さな砂漠ができあがった

  *

命の水を求める声が
あちらこちらから聴こえてくる
公園の砂場の熱砂が
その声を消していく
また鳥が一羽落ちてきた
蒸発して行く肉体の破片は
午後に入っても
元の形には戻らない
立ち上がる水が
朝から昼へ、昼から夕暮れへと
降り注いでいる
公園の夜は遅い
















 おじいさん


冬の中にいるのに
冬のように寒いねと言っていたおじいさん
夏のときもそうだった
夏のように暑いねと言っていたおじいさん

笑いながらだから
言っていることは分かっている
昔からジョーク好きなおじいさんだから
いつものジョークだと思っていた

仮設住宅に一人で仮住まいをしていたときからだ
壁に向かって
小声で何かを呟くようになったのは

まわりが 小さな物音一つにも
敏感に反応していた頃だ

  *

一時帰宅は
おじいさんには堪えた

家の中は荒れ果て生活品も乱雑になっている
それをみておじいさんは
もう帰れないと
その意志を絶ち切ろうと思った

それからだ独り言が多くなったのは

それでも 心配だから何回も家を見に行く
目にみえない葛藤が
行ったり来たりするらしい

生活品の一部だけでも持ちだそうとしたが
高い放射能が付着していて
持ちだしができない

  *

おじいさんの家の前には
バリケードがあって
マスクをした警備員が一日中立っている
僅か数十メートルの距離なのに
許可書がないと入れない

警備員に許可書を提示して家の中に入ると
すぐに柱と話をする
家の大黒柱だ
祈るような声がしばらくすると
涙声になってくる

この無情な帰還困難区域と言う線引きは
動くことはないのだろうか

帰る間際になると
家に向かって何回も何回も頷く
このときは、おじいさんの姿が透けてみえる

一時帰宅の時間は限られている
新しい答えを見つけるまでいることはできない
古里は 頑なに
心を閉ざしたままだ

おじいさんは、一時帰宅のたびに
葛藤するものを背負って帰ってくるから
何日か寝込んでしまう

笑いながら
これが我が家だ
大の字になって眠れる我が家だ
と 言う声は未だに聴くことができない

それからしばらくして
おじいさんは自分のことを忘れてしまった
















 手 紙


海辺に住む人よ
山辺に住む人よ
街中に住む人よ

風景が変わった大地は
住む人に
優しいか

風景が
七年間も動かない大地もある

バリケードをくぐり抜けても
そこに置く
言葉がみつからない

  *

バリケードの守り人よ
体は大丈夫なのか
不安があってはならない

風にも
証明書が必要なのか
今も、基準は
同じままなのか

と すれば
この手紙は
バリケードを幾つも潜らなければ
我が家に届かない

我が家は
落ち着いている筈なのだが
苦しんでいれば
その声を届けて欲しい

手を何度でも合わせる

 *

街中に住む人よ
山辺に住む人よ
海辺に住む人よ

街中の曲がり角は
変わったようだが
あるべきところにあった
曲がり角があるのか

復興の
後遺症なのかも知れない
記憶のナビには
まだ入れないで置こう

もう少し
もう少しと言いながら
古里に戻る人は
固定してきた

古里では
イベントが盛んに行われている
町を忘れないようにと

そのときだけ
放射線量は小さくなる

海辺へと
山辺へと
街中へと
手紙が届けられて行く

風便りだが
今は、それで十分なのだろう


























藍音 ななを



  去


ここに来るのは
大人になって
もう三度目

黒い服を着た人が
静かに行き交う場所

あの人に最後会ったのは
今年のお盆前
入院の保証人になったお礼を言って
ちょこんとお辞儀をされた
日傘の下の
暑さに少し歪んだ笑顔

 もう末期らしい
 手術の手が入れられないほど
 全身に転移しているそうだ

以前
私の夫だった人は電話口で
過去に義理の母だった人の病状を話す
膵臓をびっしりと張り付くように
かなりの範囲を癌が蝕み
隠れた肝臓の裏側や骨髄にまで
病魔の影が蠢いていたらしい

 父も亡くなり
 母一人 子一人の家庭
 他に頼る大人がいないので
 申し訳ないけれど
 入院保証人の欄に署名をお願いします
 それと子供をときどき
 会いに連れて行ってもいいかな
 たった一人の孫に
 母が会いたがっているから

離婚するときに

 あなた方から
 孫や子供としてのこの子は
 取り上げません
 子供が会うことを嫌がらない限り
 会いたいときは会って下さい

そう約束していたので
乞われるだけ
義母に会いに行かせた

 今日は少し外出して食事をしたよ
 今日は歩きにくかったから車椅子だった
 今日はベッドに座ってた
 今日は横になってた
 今日はもう話せなかったな
 今日は話しかけたら少し目を開けたよ
 今日は

 病室から出て父さんと泣いた

帰ってくるたびに
子供の話から聞こえてくる様子は
実際に見なくても
命の灯火が小さくなる様子を
如実に伝える

元々小さな躯体が
日に日に小さく
重さをなくしていく様を
子供なりに考えながら
人の生死を見つめる

義父のときはまだ幼く
あまり実感もなかっただろう
けれど今は高校生
さまざまなことを思いながら
消えてゆく命を
静かに見守っていた


十月に入ってそう経たないある日の夕方
前夫から

 先ほど息を引き取りました
 最期に間に合わなかったのが悔やまれる
 忙しいのは重々承知だけれど
 二人で母に会いに来てくれないだろうか

と電話がかかった
病気が発覚した日から二ヶ月後
百四十センチほどの小さな躯体は
静かに息を引き取った

ほんとうに
静かな静かな
眠るような
人生の終わり

子供が静かに

 とうとうこの日が来ちゃったね

そう
ぽつりと呟いた
















  赦


義父が納骨されている寺の
本堂に通されると
落ち着いた色の花がたくさん飾られ
その前に
白木の棺がある

子供と二人近寄ると
その中に義母が眠っていた

綺麗に自然な化粧を施され
ただ静かに眠っているように見えて
こればかりは
本人以外には分かりようもないが
苦しまずに逝けたのかもと
少しだけほっとする

 式が始まりますのでご着席ください

葬儀社のアナウンスの後
程なく僧侶が本堂に入場し
読経が始まる

前列には前夫と娘
義母の姉妹と甥 姪
そして一番後ろに私
広い本堂に座った
棺と十人に満たない弔問客を
読経と香薫が包む

一度は
義理とはいえ母だった人
お疲れ様でした
静かにお休みください
参列席の一番後ろから
静かに手を合わせる

いろんなことはあったけれど
もうこれで
お互い終わりにしましょう
本当にお疲れ様でした

読経が終わって
眠る義母をたくさんの花で囲むと
棺が閉じられ
大きなワゴン車に乗せられ
すべての人が
最後に必ず訪れる場所へ向かう

たくさんの
黒い服を着た人が行き交う
静かな場所

棺を運ぶカートの後ろについてゆくと
小さな部屋があり
そこで最後の別れをして
待合室に誘導された

弔問客にお茶のお給仕をして
一言声をかけて
子供と一緒に待合室を出て
中庭が見えるベンチに座って
ぽつぽつと話す

 じいちゃんの時もここ来たよね

 うん 来たね

 私はこれで二回目かぁ

 私は三回目だなぁ

 あと二回は来るってことだよね

 そうだねぇ

 ここにいる人は
 みんな誰か亡くなってるから来てるんだよね

 そうだよ

 そしたらさ

取り留めのない話の途中で
場内アナウンスに呼び出され
階下に案内される

 こちらでございます

促された部屋に入ると
乾いた空気と熱気がこもる室内に
ちいさな遺骨が横たわっていた

説明のあと
順番に遺骨を壷に入れていく
ちいさなひとの
ちいさな
ちいさな 骨

人は 最後は
こんなに小さくなってしまうんだな

かそかそと音のする
真っ白な軽い骨
不幸な人生であっても
幸せな人生であっても
最後はみな同じ
炎をまとって
すべてを焼かれ 赦して
かそかその白い骨になる

そして小さな壷に収まって
蓋を閉じられ
静かに安置される


遺骨を納める儀式のため
寺で再度読経をしてもらい
一通り式が終わったあと
寺の中庭に子供と二人腰掛けて

 最後はみんな真っ白い骨かぁ

そう言って
座っているベンチの背に聳える
高い高い楠越しの空を見上げた

人はみな最後は同じ
全てのものを赦して 白

これをあと二回

そしていつかは私も
赦しの色になる

辛いことも
悲しいことも
苦しいことも
悩みも
嘆きも

すべて解き放った白に


























瀬  未



 めがね


おでこをつけて
覗き込む
この気球を見るのは
これで何回めだろう

ぼやけていた景色が
一瞬静止して
ぐん、と
クリアになる

いったい
右も左も
どれだけ見えていないのか

裸眼で待つあいだ
膝に両手を置いて
ついつい俯きがち

髪や爪が伸びるように
重みや長さで
どんな些細な変化にも
気づくことができたらいいのに

ぶわん、と
目の前に張っている分厚い膜
そのなかで
音も時間も
ゆっくり流れる

隔てられた感覚に
無意識のゆがみ
心はじっとして
見たいものしか見ない

速いか遅いか
遠いか近いか

信じられるか
疑問はないか

きっと今
わたしは
野性にちかい顔をしているのかもしれない

人差し指の先で
ぎゅっ、と
こめかみのあたりを揉む
いつもの癖

大きな塊のなかにある
小さな法則をみつけようと
弱った目を凝らし過ぎて
なにか大事なものをすり減らしてしまわぬよう

新しいフィルター
両の目にあてがわれたレンズは
わたしの世界を
補正する

窓の向こう
等間隔にならんだ街路樹
その葉の一枚一枚が
おいでおいで、と
あざやかに揺れていた