今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







山下 一歩  


 夜の海


季節が
おもむろに
痩せた横顔を見せた夜

静けさに
萎んだ心を
浮かべていたら

黒い風波が
それを浚って行った

空の海で
涙星を幾つも並べては
涼しい風で手紙を書いて
切なさの封筒に入れてみる

さらさらと星砂の音がして
想いの星が流れて消えた

夜の海は何処までも深く
浮かぶ星は限りなく

私は何時でも独りです

寂しさを
透かしてみれば
黒い海に
影のように月が浮かぶ





                       〔く  れ:選〕





 初 秋


日焼けした時は帰って行った
見覚えのある懐かしい山の向こうへ

静けさが空に溶ける
穏やかな昼下がり

痩せた想い出を引き連れて

色白になった風が
冷たさを溶かしては
寂しさを濃くしている

空は
薄い斑模様のオブジェを
作ったり壊したり
忙しく繰り返している

まもなく
セピア色をした季節の幕開け

虫が脱皮を繰り返すように
新しい風景が飛び出して来るはず

孤独を演じる
にわか詩人は
もの詫びた哀しみを
くつわ虫のように
低い声で歌い始めるだろう





                       〔く  れ:選〕











夏  生 


夜長月


一年の終わりの
角が見えてきた
遠くても
はっきりと

あたたかな水が
引いてかわいて
消えていく

心地良い
さみしさが
ぽつり
ぽつりと
落ちてきて

風が吹くと
夏の日に
降り続いた
熱が
なかったように
消えていく

金木犀の香りは
いつか見た夢の続きを
引っぱりだして
読み上げる

切なさは
幻の上を大げさに
舞い上がる

さよなら、が
千切れて落ちて
心の裏で時が
反転して
戻っては
消えていく

湿った音楽が
膜を張って
鼓動をとり込む

かなしみは
涙を追いかけて
共に落ちていく

眠れない長さを
はかって
定まらない長さに
渇きを感じて
生ぬるい水を飲んだ





                       〔島 秀生:選〕











三澤 新太郎


 人斬り刀と万年筆


桜島の噴煙が海に映り込んだような
重苦しさに彩られた胴体
14金のペン先の割れ目からは
熱い溶岩を思わせるインクが
ぬらりどどどと溢れ出す
夏に鹿児島で手にした万年筆は
自分自身の内に秘めた誓いを表出するに相応しいと思えた

夜毎ノートにどどどと怒りをぶちまける
(怒怒怒…)
過去に味わった悲しみを書き捨てる
(だれも助けてくれなかった…)
A5ドットのページに「怒」「悲」の微小な文字が並び
必ずや決行するであろう復讐を誓わせる

毎夜必ずチェックするインクの残量
胴体から取り外したペン軸とそれに付随するコンバーターを
インク壺に頭からダイブさせ怒りの溶岩を補充する
吸い上げるとき指の血管が騒めく
またこのインクが「怒」と「悲」を連ねて行く
この道具だけが自分の味方だと思える

零れたインクを丹念に吸取り紙に含ませながら
ひょっとしたら人斬り新兵衛も
愛用の道具をこんな感じに
毎夜丹念に手入れしたのかもしれない

幕末の京都を震え上がらせた
薩摩出身の田中新兵衛
尊王攘夷派の暗殺者(アサシン)であり
敵対する邪魔者を斬って斬って斬りまくった
毎夜刃こぼれしていく愛用品を丹念に修繕し
剣の技とともに磨き続けたにちがいない
道具への愛着と信頼はいかほどのものであったか
いつしか人斬り刀は己が分身となってゆく

万年筆も同じく愛着を持って使い
その精度や書き味を信頼し
丹念に使い込んでゆけば
充分に我が分身となると思う

しかし時が経つにつれて不思議と
「怒」「悲」の文字がだんだん書けなくなってきた
味方だと思っていた道具が
その2文字を拒否をし始めた
ノートに書く内容も次第に日常の雑記になってきた
朝顔の種を収穫したことや
蜂の巣を撤去したなど夏の店じまい的な内容になった
ギリギリギリと神経質な暑さが海の向こうへ去り
山の陰から秋の冷気がゆっくりと降って来ていた
A5ノートに書き表された「怒」と「悲」の2文字は
やがて自分自身に襲いかかり
己自身だけでなく周りをも血まみれにするかもしれない

田中新兵衛はある暗殺事件の疑惑により取り調べを受け
聴取の最中に自身の腹をかっ割いて自害した
武士(もののふ)の愛用品はいつしか血を吸うもののけとなっていた
己が分身に己自身の血を吸わせジ・エンドとなった





                       〔三浦志郎:選〕





 マッサージお願いします


杖をつきながら入室した按摩さんは
小豆色の作務衣をまとった40歳くらいの細身の女性で
両手首につけたミサンガを
部屋の窓外に視線を向けたまま器用に外した。
艶やかな長い黒髪を後頭部に持ち上げると
赤い菜箸でくりくりとまとめあげた。
背中にあてた彼女の熱い掌が肩甲骨から背骨へ
そして腰にかけてゆったり這ってゆく。

お互いなにも話さない。
彼女が両手に力を込めるときに発する小さな喘ぎ声だけが
白い壁紙に吸い込まれる。

うつ伏せに寝転がった僕は痛みと熱さから
時折顔をしかめながら窓外を見る。
空に黒雲垂れ込め昼日中と思えない暗さが
僕の腰に跨って両手で背中を揉む彼女の
伏し目がちな表情を鏡のように映す。

その窓をポツ…っと叩いた。
とても小さな音であったが
「…降ってきましたね」と
彼女は伏し目がちなまま声に出した。
「耳がいいんですね」と僕は感心したように返事した。
が余計なことを言ってしまったかと不安になり
雨を見るふりをして彼女の顔を窓に探すと
彼女と目が合った。明るい色の瞳で僕の目を見つめて
そしてにっこりと笑った。
「見えてますよ、わたし」
僕はなぜかホッとして枕に顔を埋めて小さく笑ってしまった。

窓を打つ雨音はますます強くなったが
その音に負けないぐらい僕と彼女は
大きな声で話し始めた。





                       〔島 秀生:選〕











耀  子


 今の私は 悪くない


夕べに鴉が塒に帰るのを見送り
朝早く塒から森へ来るのを迎える
声高く鳴く鈴虫に
「なんてきれいな鈴を鳴らしているの」
と声を掛ける

日常の変わりない
時の流れを
慈しみながら過す

歴史ある畑町の在所には
道の角に祠があり
お地蔵様がいる

朝のウォーキングをするとき
祠に手を合わせる
お地蔵さまに手を合わせる
今日一日の安穏を祈る
そしてその穏やかなお顔を見つめる
全ての人を受け入れてくださるようなお顔だ
何十代も村人が守り継いでいるお地蔵様
美しい花も絶えることはない

またしばらく歩いて
これも歴史ある子安神社に
鳥居の下で一礼し
参拝する
100円のお賽銭を箱に静かに入れる
「お参りの仕方」の説明書きも
賽銭箱の脇に立てられている

もう誰と競うこともなく
自分の好きな人とだけ付き合い
自分の好きな事だけをして過ごす

悪くない
悪くない
今の私は
悪くない





                       〔島 秀生:選〕





 誰かの為に


秋風を裂くように
花見川沿いのサイクリングロードを
自転車通学の
高校生が列をなして走っている

10月とともに少し暑さの和らいだ
朝の空気を
少年達の頬が分けて行く
彼らの目は一心に前を見つめている

青春時代が夢なんて
後から思うものなんだ
という歌もあったね
だから今は夢も悩みも
沢山抱えているのだろう

前を一心に見つめている
少年たちの目の奥まで
見通すことは 出来ないから
いいね いいね
若いっていいねって
思ってしまう
いやいや本当にいいね

沢山の悩みや苦しみを
通り過ぎて
今の私の朝は穏やかだ
花見川に沿って
細長く続いている
花見川公園には
クローバーが沢山

四葉のクローバーを探してみよう
私はもう
四葉のクローバーは探さなくいいけど
探してみよう
私の為でなく
誰かの為に

秋の朝の空気を
沢山吸いこんで
私は 四葉のクローバーを探し始めた





                       〔く  れ:選〕











@すみっこ


 秋の西陽


陽の光に照らされて
西を背にする人々の輪郭が
オレンジ色に
はっきりと浮かび上がる

屋根の上で
白いはずの雲は
眩しいほど黄金色に光り輝いては
人々を魅了する

こんな瞬間に
どれだけ居合わせられるのだろう
変わっていくのは
私達だけで

陽の光は何も変わらない
変わらないものを今も昔も見続けている

時の流れの中で
この一瞬を
止める事など出来ずに
惜しみながらも逆らえないで見送るだけ

忘れていた胸の切なさに
秋の風は私の横を
何度も吹き抜けていくばかり




                       〔三浦志郎:選〕











緋  奈


機械仕掛け


変わらない景色を見る
この歩道橋の上で
十月の乾燥した風は
僕に優しい
建ち並ぶ工場の
入り組むパイプを
錆が薄く包んで
ライトに照らされる
夜の帳はもうすぐ

瞬間の香りを吸い込んで
僕は力を得る
それが何であるか
僕だけの名前で
確かめたら
眼下を行く
人々の行き先が皆
同じであることを知る

歩いて行って
明かりの灯るほうへ
走らないほうがいい
転ぶと怪我をするから
擦り減った
靴底に気付いたら
久しぶりに靴屋へ行って
いくつか試し履きして
気に入った一つを選んで
そうしてまた
明日を始めよう


機械仕掛け
鋼鉄の壁の向こうで
稼働する
似ているのだろうか
もう一度工場を見つめる


幼いころから
幾度となく目にしながら
何が作られているのか
知らない僕はそんなふうに
入り組むパイプの
たどり着く先も
すべてを
知るわけではないまま
おそらく
それゆえ
精緻を極めているのであろう
自転と公転する星の時を
今のところの
気に入りの靴で行く


気が付けば
ライトが輝いていた


赤みを帯びた光に
包まれる工場は
さして
胸を張れるものもない僕を
許していた





                       〔島 秀生:選〕











ゆ  き


落ち葉


秋風が吹いて
森の色が変わる前に

さよならも言えないまま
いつの間にかいなくなってから

僕の中の寂しさは
君のためにあるのに気が付いた

誘うように咲き乱れていた
紅い彼岸花の花も散り
落ち葉色の葉が木の枝から離れていく

冷たい風が頬を撫でていく度に
また一人なのだと

これからはずっとそうなのだと
思い知らされる

一人でいる事は
こんなにも心細いのに

別れというものの重さを
何故分からなかったのだろう

退屈な秋の夜も
夏の思い出を語るには短く

冬支度を始めた森で
面影を探しても

もう君は何処にもいない





                       〔島 秀生:選〕











あ さ ぎ


 アラベスク


きみは、
そっけない
冷たい

きみの
息は白い
きみの
ヘッドフォンは真っ黒
プラグの先っぽはどこにもつながっていない
空っぽ
読みかけの文庫本
びっしり詰まったアラビア文字

遠くに向けられたきみの視線
どんな世界を見ているのだろう
それを知ったら
ぼくのこの気持ちは消えてしまうのだろう

ぼくの気持ち
夜の砂漠
その広さと寒さに心細くなる
それでも
見上げた夜空
無数の光が灯っていて
それがどうしたって美しい
そう
美しい
気持ちが暗くなる
それでも魅了される

夜が深度を増す
僕の気持ちはまだ耐えられる
夜明けは今はまだいらない




                       〔島 秀生:選〕











小林 大鬼 


秋の夜の群れ


灯りが消える

寝苦しい穴倉に
人の寝息が
虫の音のように
ざわめき響き渡る

明日も早い

生い茂る草のように
足も投げ出して
床に就く蟻達

私も闇に溶けるように
子供のように眠った





                       〔齋藤純二:選〕











草  香


一本芯


澄んだ瞳の
今年の秋刀魚を
炭火で焼く
煙を立てながら
一文字のまま
黄金色に

皿にのる
香ばしい皮の下には
柔らかな身を支え
小骨をたくさんつけた
背骨が
真横に走っている

丈夫なその骨は
海流にのり
うねうね泳ぎ続け
名もなき一匹として
まっすぐに生き抜いた
証し

箸を置くと
「肩書ではなく
 あなたにはありますか?」
皿に残った一本芯が
語りかけてくる





                       〔三浦志郎:選〕





 ヤブガラシ


(くう)の先までのびる蔓
切られてもへいっちゃら
テリトリーもルールも構わず
するすると余所の木に上り
ハサミを翳すわたしを
ここまでおいで と
見下ろしている

野分あと
葉や枝に紫の花まで
足元に無残に散らかる
木に残る葉には秋風だけが
土に帰っていく
衰えた蔓の精
―来年まで
 さらば

くたばるはずがない
ふてぶてしい奴は
人類が果てても
辺りを枯らしまくり
地上に居座るであろう
わたしの夏の闘いは
終わらない





                       〔三浦志郎:選〕





 金婚式


年上の友は
金婚式の記念に
十年かけた刺繍を
並べて展覧会を開く
ーこれまで耐えてきたから
 これからは強くなる
午後の日差しのなかで
しなやかに揺れる花

ニ十年も昔
大正生まれの母は
その日をひそかに迎え
よくもった…とひとこと
大家族を守り
昭和を駆け抜け
決められた場所にだけ
ひっそりと咲いた花

友は母より
進化している
わたしはもっと
わたし色の花を咲かせ
大きく弾けてみたい
振り向かないで
まだ十年も
歩まねば

居間のテレビが言う
<大助花子>がこちらを向き
ーそれはあなた次第です





                       〔青島江里:選〕





 み菓子


わたしは大きな梨
厳かな茶席に
四方盆にのって
客の前をゆっくり通り
正客の前に置かれた

床の軸は<日日是好日>
青銅の花器には<秋明菊>
湯音ささめくなかで
着物の客たちは
悠と茶を飲んでいる

菓子に見立てられ
食べられることもなく
ため息も許されない
ただ細る思い
同じ席でじっと待つ

客が退席しても
最後まで残り
自分が果物であることを
すっかり忘れて
役目を果たす





                       〔く  れ:選〕











かすみ じゅん


こぼれだす、秋、秋


ぱちぱち音立て 靴の裏
潰れる実
小粒の団栗

この広場に 秋

黄の葉ひとひら 落ちてゆく
小鳥が 急いで頭上を 横切った

赤の葉ひとひら 落ちてゆく
芒の穂も 赤く染まってる

綿種ふわり 宙に浮かび
静かに流れ 流れゆく

この道にも 秋

そこにも秋
ここにも秋

もう一つ
また一つ

秋 秋

秋が 少しずつ
増えてゆく





                       〔雨  音:選〕





 秋の口元 見てみれば


衣替え もう過ぎて
柿の実 ぽっ と 色付いて
毬栗 ぱっ と 咲くように 開いて 開いて

夏はもう殆ど 呑み込まれてしまった
残された尻尾だけが ジタバタしてる
一回り大きな魚 秋の口元で

全て平らげられて
頭と 刺々しい骨と 尻尾だけの姿になり
ぷっ と 吐き出されてしまったら 漸く

夏も終わりに
過ぎ去った季節に

変えることが出来そう
僕のなかで





                       〔く  れ:選〕











鈴鳴すずしろ


風船は踊る


手を繋いで踊る
売られて買われて
手から手へ
いつかは萎んでいなくなる
知ってか知らずか
春風に吹かれて
赤い風船は踊る

逃げ出したくて踊る
木の枝に捕まって
手を離れたのに
そのうち刺されて息絶える
知ってか知らずか
桜の花びらと一緒に
赤い風船は踊る

青い空で踊る
手も枝も離れて
君は自由だ
いつかは凍って砕け散る
知ってか知らずか
彼方の雲を目指して
赤い風船は踊る

祖父から手紙が届いた
遠くのパリでは
赤い雪が降ったらしい





                       〔三浦志郎:選〕





 廃 屋


2007年のカレンダー
12と1を指差した
時計のダイイングメッセージ

埃をかぶった写真立ての中で
ピースサインをしたあどけない少女が
私に微笑みかけている

天井がまた少し崩れた
フローリングの床はジグソーパズルのように
次のピースが降ってくるのを待っている

床板の軋む音
誰も居ないはずの部屋の扉が開いた
照らす懐中電灯の光と
一泊遅れた
悲鳴

彼らの落とした帽子を
拾えずにすり抜ける
私の指





                       〔く  れ:選〕











氷  魚 


寝坊助と星空


赤ん坊の僕の心臓を、吐息が滑っていくのです。

躊躇いがちに身を寄せて
星を数えるクジラ
その、あどけなさ。
誰かが果てて、僕のせいにしてくるから
しばらくは、ゆらゆらして
食べ残されたキャンディーでいるのも、
居続けて孵化しないのも、
悪かないなって思うんだ

夕闇さん、こんにちは
声をあげるよ、
指先に流星を滲ませて
愛らしいチキンライスになりたい。
それで、
麗らかな春や、死にかけた海月みたいに
土に染み込んで養分になりたい。

夕闇さん、こんにちは
さよならしようよ、
月影ごと綴った詩集が欲しい。
不器用に殺されて
浴槽の中、忘れ去られた
アヒルでありたい。

まぁ、それでもって、なんだかんだ
生き長らえるんだろうね、
僕ら彗星になりたくって
毎夜群青を飲み干すけど
なんだかいいやって、どーせ眠くなって
素直にありがとう、なんて
言えないんです

ほら、僕ら臆病者。
淡くなった色彩に
なんだか身を投げたいような、
そうでもないような、
かといって
死にたくないような、
本棚の、読めもしない、ニーチェ。





                       〔三浦志郎:選〕











ともりん 


ムーンライトディーヴァ


ジャズシンガーが歌う

“今宵の月は私のために光っている
あなたよりも
優しく
気高く
ただ純粋に
私を想ってる
いつの日か現れる
最愛の人
その人に似ている”

彼女は泣かない女ではない
しかしステージではそれは許されない
特に今夜は

“永遠の愛
それは幻なのでしょう
でも私は歌う
歌わずにはいられない
愛ほど人を試すものはないから
愛ほど心を揺らすものはないから”

人生がかかっていた
客たちは皆酔いしれていた
そして

外へ出ると
月は煌々としていた
見上げて微笑む彼女
「あなたのように輝いてみたいものだわ」

振り返ることはない

孤高の月だけがその背中を抱きしめていた





                       〔三浦志郎:選〕











伊月あかね 


砂で汚れたパンダ


命を知らない遊具
錆びついたブランコ
砂で汚れたパンダ
闇の面影を残した朝日が
あまりにも静寂な公園を照らし出す
そして影が生まれる
それはもう命を宿した無機物
目の前の道路で起こった交通事故
こども達が身を持って教えてくれる
命の尊さ
あの子もその子もどの子も
みんな大きくなって次第にいなくなる
さみしいよ
また遊びにきてね
すっかり汚れた遊具
その命は綺麗なまま
太陽と共にしずんでいく





                       〔く  れ:選〕











 彗 


記憶の断片


時計ばかりを見つめていた
何もかも忘れるために
時が経てば忘れられると思っていた
あなたに会うまでは

雑踏の中
雑音の中
独りぼっちを意識させられて
世の中を憎んだ
自分を憎んだ
こころが軋んでいく音がした

急に外に出たくなって
窓を突き破った
うるせえよわかってるよ
そんな事を思いながら
自由と不自由の間に挟まれて浮かんで世界に溺れた
私は一人だ

鏡ばかりを見つめていた
世界がどのように映るのか知りたくて
不細工な自分に美しい背景
思わず嗤ってしまった

暗闇の中閉じ籠って
涙を流したあの日
あの目にもこの目にも
見られたくなくて
でも気づいてほしくて

全てが正しい訳じゃない
全てが間違ってる訳じゃない
この世が全て平等だったら
こんな面白い人生はなかっただろう

急に外に出たくなって
空を突き破った
あの声もこの声も
聞こえない気がして
眼を瞑って胸に手をあて
耳を澄ました
なにひとつ聞こえなかった
私は自由だ
馬鹿みたいに自由だった





                       〔く  れ:選〕











中  也


 金木犀


君の肌は
まるで小学生の時に観た
原爆写真

    こんなに痛いなら
    死んだ方が良いね
    笑って言う君

何も言えない僕
真っ黒に焦げた肌が
目に沁みる

君に届けたくない情報も
隠すことが出来なくて

    昨日
    亡くなった女優も
    私と同じ病気

いつか来る日
それは
庭に咲いた向日葵の
茶色になった花

他人事のように
受け入れていたNEWS
全て
自分のことのように
受け止めて

毎日起こる
痛ましい事件も
紛争もテロも災害も

なんか ワ カ ル 気がする

    今日も頑張るか
    生きてるんだから

そういえば
金木犀の花が咲いていました

季節はまた夏から秋へ
昨日までの出来事が
まるで嘘のように

時間は時を刻んでいく




                       〔齋藤純二:選〕





 穏やかな秋の昼下がり


頬にさらさらした風が
秋の気配を感じさせて

公園内のあちこちに
恥ずかしそうに
薄紅色のコスモスが
咲いている

僕はベンチに寝そべって
ぽっかり浮かんだ雲を見てる

今まで忘れてしまってた
ゆっくりとした時間に包まれて
創世記から現代に
現代から未来に流れる
素粒子のような光の粒を
全身に浴びている

忙しい日々に追われて
すっかり忘れかけていた
生きているとか
僕はここにいるとか
そんな想いに
包まれてる

いつから
僕たちは
競争社会に
押し流されたのかな
自由の代償に

ここで
少しゆっくりしょう
何も考えないで
頑張らなくてもいいって
自分に言い聞かせて

公園のベンチに
初老の男性が一人
ぽっんと寝そべって

街路樹に停まった小鳥たちも
翼を休めてるなんて
考えながら

そんな秋の昼下がり
穏やかな陽射しが
世界を包んでいる





                       〔雨  音:選〕