□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 265号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十三年

 戦後七十三年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。









 編集雑記


きょうだいさんのための本

 障害や重い病気の子を持つ親は、当然ながら、どうしても手がかかるその子の方にばかり、一所懸命になります。もう一人の方は大丈夫だからと、健常者である、その子の兄弟の方は、ついつい放置してしまうことになります。その時、その健常者である兄弟の方は、実際どういう気持ちでいるのか、ということです。それが下図の「きょうだいさんがもちやすいきもち」です。



 親がまったく手をかけてくれないことで、「自分はいらない子なんだ」と思って育ったのが、NPO法人「しぶたね」の代表者です。そして自分の辛い経験から、幼い「きょうだいさん」に、自分と同じ気持ちにさせないようにと作られたのが、『きょうだいさんのための本』なのです。
 こんな気持ちをどうか知っていて下さい。


■NPO法人「しぶたね」

 病気をもつ子どものきょうだいたちは、子どものうちから、不安や寂しさ、罪悪感、プレッシャー、悲しみ、怒り…いろんな気持ちを抱え、感じながら、大きくなっていきます。子ども時代に抱えた経験、複雑な気持ちは、たとえ兄弟姉妹の病気が治っても、きょうだいが大人になっても、帳消しになるわけではなく、大人になってもしんどい気持ちを抱え続けるきょうだいもたくさんいます。
 保護者の方々もきょうだいのことを心配し、だけど治療や病気のケアに追われてなかなか思うようにきょうだいと過ごせず、悩んでおられたり、ご自身を責めてしまうということが起こっています。そんな保護者の方々の悩みを受け止めておられる支援職の方々からもまた、きょうだいたちに何をしてあげられるだろうと悩んでおられる声を聴いています。きょうだいたちのしんどさを、きょうだいや家族だけで抱えるのではなく、もっと社会のたくさんの人で関わっていけることがあるのではと感じ、活動をひろげてきました。

 きょうだいたちが、子ども時代を「子ども」として大切に過ごせるように…
「どんな気持ちも持っててだいじょうぶ」「ひとりじゃない」そんなふうに思える安心感の中で、たくさんの人に愛され、歓迎され、一緒に笑い合い、時には怒ったり、悲しんだり、涙もこぼし、支えられ、支えになり…という経験を通して、自分を大切にできる大人になっていけるように、できることを考え続けています。

 きょうだいたちは大きな力をもっています。可愛く、優しく、強く、偉大なきょうだい達が教えてくれること、渡してくれるものは本当に大きく…頑張る子ども達にごほうびをと思って始めた活動でしたが、ごほうびをもらっているのはいつでも私たちの方です。子ども達が教えてくれた大切なことを独り占めしないように、きょうだい支援の輪が広がるように、これからもきょうだいたちとみなさまと一緒に楽しいたねまきを続けていけたらしあわせです。



NPO法人しぶたね











少年犯罪被害当事者の会

 私、以前からここのページで何度か言ってますけど、親って、自分の子どもに、「いじめられてないか?」って、聞く人はいるけど、「いじめてないか?」って、聞く人はいないのです。いじめって、少人数を多人数でいじめるわけですから、確率的に言って、いじめられてる確率よりも、いじめてる確率のほうが高いのですが、にもかかわらず、それを尋ねる親には私、出会ったことがないです。子どもに尋ねる時は、必ず両方、聞いてやって下さいね。
 私、高校生の通学時間帯にドンピシャ合ってしまう電車によく乗ってましたので、高校生の行動は否応なく目にしてましたが、電車がホームに入線してくる前に、わざと白線の内側に立つ男子高校生がいるのです。ギリギリ距離は取っていて、実際に接触したりはしないんですが、電車の運転手の方が怖がって、急ブレーキを踏んだり、手前でスピードを落として、実に恐る恐るゆっくり入線してくるということが何度かあって、さすがに眼に余ったので、注意すると、その時はその子は引き下がったのですが、あとで腹が立ったのでしょうね。翌日私がホームに立っていると、私が立っている後ろの方で、「あのおっさん、後ろから線路に突き落としてやろうか」と相談する声が聞こえてきました。幸い、友だちの一人が止めていたようですが、高校生が考えることは、まあ、そんなところです。
 しかも、やっとバカをやるヤツがいなくなったと思っていたら、2~3週間ほどして、今度はまた別のグループの女子高生がおんなじことをやってました。呆れました。
 家を出たあと、自分の子がこんなことやってるの、この子らの親は知ってるのかあ?と、つくづく思いました。案外と、親は知らんもんですよ。

 りっぱだなあと感心する高校生や、困窮の中をがんばってる高校生も多い反面で、「自分一人」にとって、「その時、その場」で、「気分の良いことかどうか」だけで行動する子が依然としていることを、親御さんは知っていて下さい。
 下記、少年犯罪被害当事者の会の武さんのお話は、各ご家庭の全員で、一度は読んでおいて欲しいお話だなと思いました。


少年犯罪被害当事者の会代表 武 るり子さんの話(全文)

 私たち家族は、長男孝和の事件が起こるまで普通に生活をし、警察や裁判所、弁護士などに関わることもなく、憲法や少年法などを詳しく知らなければならないこともなく過ごしていました。子供3人に恵まれ少しずつ築きあげた幸せな5人の家族でした。それが平成8年11月3日、まったく面識のない少年の理不尽な暴力のため、一瞬のうちに壊されたのです。
 その日は、息子の通う高校の文化祭でした。文化祭に来ていた他校生ら6人グループのうちの2人に謂われのない因縁をつけられたのです。文化祭の後片付けをしていた息子の教室に入ってきて、何人かに「○○知らんか?」と、とても威圧感のある感じで言ったそうです。最後に息子にもそう言ったそうです。その部屋は、カラオケをしていて、まだ音楽が流れていたそうです。
 何か言われた時に後ろを向いていた息子は、よく聞こえなかったのか「えっ?」と振り返ったそうです。すると返事が悪いと怒りだし、襟首をつかみ、なぐるまねをしたといいます。もう一人は、いすを振り上げなぐろうとしたそうです。そして廊下で待っていたもう一人に、「もうええやん、やばい、帰ろう」と言われ、その場をいったん出ていったそうです。でもその後、一時間近く6人で待ち伏せしていたのです。相手は身長180cm以上でがっしりしていて、とても威圧感があったといいます。
 息子は友達の自転車に2人乗りをして逃げました。でも1kmぐらい逃げた所で追いかけてきた相手の少年に捕まってしまいました。その場所は逃げようと言っていた友達の家の数メートル手前の所でした。そんな相手に関わりたくないため悪くもないのに教室でも謝り、門でも謝り、そして捕まった所でも謝ったと聞いています。
 大切に育てた息子でした。軽症でしたけど血が固まりにくい血友病という病気を持っていたこともあり、大きくなっていくのを楽しみに、一年一年指折り数え育てた息子でした。過保護にならないようにもしてきました。幼稚園の年長の時、活発さを生かせるようにボーイスカウトにも入れ、事件当時まで、それを続けていました。
 その年の4月に高校生となり、10月6日には、16歳の誕生日を迎えたこともあり、ホッとした気持ちになったときのことでした。
 11月3日、事件直後に病院へ連れて行ったとき、息子が「今日、約束があるから行くで」と言うので、私が「何言ってんの」といつもの調子で交わした言葉が最後の言葉になりました。その夜中からほとんど脳死に近い状態になり、12日間苦しいことも悔しいことも何一つ言えず死んでいきました。私は何もできず、ただ命が助かることだけを必死で祈り続けました。でもその願いは届かなかったのです。
 自分より先に逝かせたこと、母親として何もできず自分の無力さを責め続けるようになったのです。それ以来数ヶ月、他の2人の子どものことも何もしてやれず家事もほとんどできず泣いてばかりの毎日でした。
 主人はいつも「ケンカになりそうになったらまず謝れ。それでダメなら逃げろ」と言っていました。それでもダメならどうするんと聞く息子に「2,3発殴られても死にはせん。とにかく関わるな。」と教えてきたのでした。昔はちゃんとルールがあったということでした。息子は、そのとおり言われたことを守って死んでいきました。主人は、そう教えてきた自分を責めていました。ようやく順調になってきた内装業の仕事も行けず職人任せになりました。朝昼晩お酒を飲み続け、部屋に閉じこもり壁をたたきながら泣き叫んでいました。時にはお互いを責め合うこともありました。
 誕生日、入学式、卒業式……今までの喜びは、すべて悲しみに変わりました。小さいことで言えば、4人で食事をすることも悲しみでした。5人での夕食があたりまえだったので、その時、下の子が「おいしいね」と言っても苦しくなるのです。そうすると2人の子供も何も言えなくなるのです。家庭も崩壊しそうになりました。私も主人も突然に起きた、あまりの悲しみの大きさに心が押しつぶされ、精神的に極度に不安定な状態だったからです。
 それに加えて、私たちの場合、加害者が少年ということで、その当事は、警察からも家庭裁判所からも、事件の内容、加害者の名前、何一つ教えてもらえなかったのです。そのことも私たちの悲しみ、怒り、苦しみをよりいっそう強くさせたのでした。(平成12年の少年法改正以降は、少しずつですが、被害者への配慮も考えられるようになってきています)
 警察の人は、まずこう言いました。「日本は法治国家であり、個人の恨みをはらすとか、仇討ちをすることは許されない。そして、少年法という法律があり、加害少年にも人権があり、立ち直る可能性がある。」と。
 家庭裁判所では、こう言われました。「ここは加害少年の将来を考えるところで、事実関係をどうのこうのする所ではない。親御さんの心情を聞きたいわけではない。」というのです。
 どこの言葉の中にも殺された息子のことは、まったく入っていませんでした。死んだものはどうでもいいという扱いに感じたのでした。
 こんなことを言われても私たちは強く言い返すことはしませんでした。被害者は弱い立場にあります。ちゃんと調べてもらわなければと思うし、悪い心証を与えてはいけないと思うからでした。少年法のことを詳しく知らない私たちは、それでもまだ何らかの裁きがあると思っていたのです。
 でも、人の命を奪ったという事実よりも加害少年の保護更生だけに重点をおいている少年法があるため刑事裁判の機会さえ奪われ、もちろん裁きもなかったのです。
 加害者側の誠意を待ちました。審判が終わるまでの形だけの代理人を通じての接触は3回ありましたが、気持ちのあるものではありませんでした。審判の結果がでた後、民事裁判を起こすまでの3年間まったく謝罪も接触もありませんでした。現在も、毎年迎えるお盆、命日に連絡をもらうことはありません。
 私たちは、加害者はもちろんのこと、加害者の親さえ一度もあったこともないまま、民事裁判の時効が3年しかないということもあり、平成11年10月末に民事裁判を起こしました。事実を知るため、責任をはっきりさせるため、そして国が刑罰を与えないのであれば刑罰の意味も含めて、裁判を起こしたのです。でも、民事裁判を起こすにもお金や時間がなければ起こすことができません。そんな人たちがたくさんいるのを知ったのでした。幸い私たちは、被害者の親の感情、考えなどをよく酌んでいただける弁護士の先生方に巡り会えることができました。社会で騒がれることもなく、重大事件として扱われることもなく、命を命として扱ってもらえなかった息子の事件に弁護団まで組んでいただけたことをありがたいと思っています。そして、2年5ヶ月かかって平成14年3月19日に判決をもらいました。
 加害少年1人とその両親の責任が認められ約8千万円の判決をもらいました。その振り込まれるお金と寄付を基に孝和基金をつくりました。少年犯罪の場合、やはり民事裁判に頼ることが多いので、その費用の一部に使ってもらいたいと思って基金をつくったんです。そして、判決が出たとしても、ほとんどが払われない現状があるの、私たちは、そういう現状も伝えたくて基金をつくったのです。
 私と主人は、息子が事件にあったときに決めていたことがありました。息子が息を引き取る前のことです。自分たちから新聞社にファックスを流して、何の落ち度のない者が、一方的に因縁をつけられ暴力を振るわれる、こんな事があっていいのか、と声を上げたのです。
 主人は、混乱状態の中で私にこう言ったんです。「おれたちは見せ物パンダになってもいいな」と言ったのです。「もうプライバシーもなにもないぞ」と。私は「わかった」と返事をしました。主人はこうも言いました。「外に向けて話をするんだったら、都合のいい事だけ言っても伝わらない。すべてをさらけ出さないと伝わらない。その覚悟はあるか」と言ったのです。私は「はい」と答えました。この11年間、私と主人はすべてをさらけ出して話をしてきました。これからも変わりません。確かに被害者の人権、プライバシーを守らないといけないと思います。たくさんの被害者の人は、そう声を上げています。でも、私と主人のように、それもなくていいという必死の思いで声を上げている遺族もいるということも知ってもらいたいのです。
 私は、思うのです。事件によっては、絶対に被害者の名前を出してはいけないこともあります。それは守らないといけないと思います。でも、私たちの事件のようなものであれば、被害者の名前が出たとしても守られる社会になってほしいと思うのです。今は、情報社会です。事件にあうと、少なくとも地域にはわかってしまうのです。だから私は、いつも話します。事件にあったとしても被害者やその家族が守られる、法律、制度を作ってほしいと。
 そして、もうひとつ大切なことは、地域の理解だと思います。
 親というのは、子どもの方が先に死ぬとは思わないし、子どもがどんな状況にあっても親の強い思いがあれば救えると信じているものです。でも私たちは、それができませんでした。親として無力な自分を責め、夫婦がお互いを責め合うという毎日が続きました。どんどん家庭が壊れていくなかで、残された下の2人の子どもたちもどんなにつらかったかと思います。
 事件後、絶望の淵に落ちていくような私たちを助けてくれたのは、今まで付き合いをしていた近所の人や亡くなった息子の友人たちでした。泣き声、怒鳴り声、物が壊れる音が絶えないような家に「おはよう、ご飯食べた?」と、入ってきてくれました。一緒にご飯を食べたり、時には、鍋でおかずを持ってきてくれたりしていました。警察に行くときには、一緒に行ってもらったり、何か書類を作って家庭裁判所に提出した方がいいとわかったときには、みんなに集まってもらい、一緒に作ってもらったりもしました。息子の友人たちは、毎日、放課後にうちに寄って、お線香をあげてから息子の部屋で2人の子どもたちの遊び相手をしてくれていました。家族4人になると笑うことなどなかった2人の子どもたちが、そのときだけは笑えていたと、そのことに気がついたときには、改めて、ありがたく涙がでてきました。
 振り返れば、息子が入院しているときから、お通夜、お葬式、その後の日常生活、そして、直後の手続きや情報集めまで、すべてを一緒にしてもらったのです。現在では、大阪府など色々な所に被害者専属の窓口ができてきていますが、当時は、ありませんでした。だから、当時の私たちにとっては、周りの人たちの助けがとっても大きな力でした。そして、私たちの家族が孤立しなかったのも、その人たちのおかげだったと思います。初めてのことで、どうしていいかわからなかったけど、「ほっとけんかった」と、あとになって言われました。
 私は、事件にあった直後、自分から「助けてほしい」と言えたことも良かったかなと思っています。だから、これからは、何か困ったとき、悩んだとき、自分だけでは抱えきれないと思ったときには、助けを求めやすい地域になっていってほしいと思います。そしてその声に気が付いたときには、寄り添う地域になってほしいのです。
 誰かが一緒に考え、悩んだりしてくれることで、少しずつでも自分の力を取り戻していけるようになると思うのです。
 私は、息子を亡くしたことで、胸には、えぐられるような大きな穴があきました。それは、息子を取り戻すことでしか埋められないものですから、これからも胸に抱えたまま生きていかなければなりません。でも、事件の前も後も変わらず接してくれた周りの人たちや、事件を機に新たに知り合った人たちの関わりの中で、何か違うものが心を埋めてきているように思います。
 人の一言で救われたり、ハッと気が付いたことが何度あったことかしれません。大切な息子の命を奪い私たち家族を苦しめたのも人だけど、それを助けてくれるのも人なんだと、今、つくづく思います。
 これからは、被害者が住んでいる身近な市町村にも、被害者専用の窓口まではいかなくても対応してくださる誰かは居てほしいと思います。私は、当時色々な所に相談窓口を探しましたが、「ここは違います」と言われる度につらい思いをしました。
 被害者の抱えている問題は、それぞれ違っていて、確かに難しい問題が多いと思います。でも私の周りの人たちのように、できることもたくさんあると思うのです。だから、被害者が相談に行ったときには、誰かが、まずその声をしっかり受け止めて、被害者と一緒に、その人が一歩でも先に進めるように考えてもらえるようなっていってほしいと思います。
 私は、被害者の権利がなかったことで、とても大変な思いをしました。だから、これからも被害者の権利が確立されるように話をしていきたいと思っています。でも権利というものは怖いものだとも思っています。権利が確立すると、それを間違った形で振りかざす人がでてくるからです。私は、絶対に権利は振りかざしてはいけないと思っています。
 私は、これからも被害者である前に一人の人間として、そして3人の子どものお母ちゃんとして、人間らしく生きていきたいからです。











INF全廃条約の破棄

 これまで、少しずつではあるが、世界の核は減少を続けてきた。ここへきて、再び核戦力は拡大へと舵を切るのだろうか。INFがどうなるかは、今後注視していかなくてはならない。米・ロ・中は、どうかしている。核は一発でも、誰かが引き金を引けば、終わりだということが、何故わからないのだろう。世界は再び核戦争の脅威へと向かうのだろうか。


 ●核の歯止め、失う恐れ

 トランプ米大統領が20日、米ソ間で交わされた中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄を一方的に宣言した。ロシアや中国への対抗を理由に挙げるが、かつて深刻な軍拡競争への危機感から生まれた歯止めが失われることで、「核なき世界」の実現はさらに遠のく恐れがある。

 ■米、ミサイル開発明言 制約受けぬ中国を意識
 「我々は(INF全廃条約の)合意を尊重してきた。しかし、ロシアは尊重してこなかった。だから我々は合意を破棄し(条約から)離脱する」。トランプ氏は20日、選挙集会のために訪れた米ネバダ州で、記者団にこう語った。
 INF全廃条約は、1970年代にソ連が欧州に照準を合わせた新型の中距離弾道ミサイル「SS20」を配備し始めたことに端を発する。米国は対抗策として新型の地上発射式巡航ミサイルを欧州に配備し、両陣営の緊張が高まった。
 転機は85年、ゴルバチョフ書記長が就任したことで、米ソ間の交渉が加速。米ソ首脳は87年、中距離核戦力の全廃を決めた画期的な条約を結び、緊張緩和に大きな役割を果たした。
 しかし、米国は近年、ロシアの対応に不満を募らせていた。オバマ政権は2014年、ロシアが行った地上発射型の巡航ミサイル試験がINF全廃条約違反だと断定。オバマ大統領がプーチン大統領に書簡で違反を通達した経緯がある。
 トランプ氏は20日、「ロシアは長年、条約違反をしてきた。なぜオバマ大統領が交渉をしなかったのか、(条約から)離脱しなかったのか知らない」と述べ、オバマ政権時代からの課題であったことを強調した。
 トランプ政権がロシアに加え、強く意識しているのが軍事面でも台頭する中国の存在だ。
 INF全廃条約に加わっていない中国は制約を受けずミサイル開発を行えるのに、米国は条約に縛られ中国に対抗できないとして、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)らを中心に政権内で破棄を求める声が強まっていた。
 今回の条約破棄表明で、オバマ前大統領が掲げた「核なき世界」の実現はますます遠ざかる一方だ。
 トランプ政権は今年2月に発表した核政策の指針「核戦略見直し(NPR)」で新たな小型核兵器や、潜水艦などから発射できる核巡航ミサイルの開発を目指すと表明。トランプ氏は20日、INF全廃条約で禁止されてきた中距離ミサイルについて「我々は開発しなければいけない」と明言した。
 
 ■ロシアは対抗措置か
 ロシアのリャプコフ外務次官は21日、タス通信に「大変危険だ。世界の安全保障と安定に協力し、軍縮のため働く国際社会の全メンバーから深刻な批判を受けるだろう」と述べた。
 31年前、INF全廃条約に署名した当時のソ連共産党書記長、ゴルバチョフ氏は21日、インタファクス通信に「ソ連と米国の指導部が注いだすべての努力を無にするものだ。何が起き得るか、米国は理解できないのか」と話した。
 米国がINF全廃条約違反だと指摘するのは巡航ミサイル「ノバトール9M729」だが、ロシアは条約が禁じる射程500~5500キロのミサイルにはあたらないと主張してきた。
 中国など条約に加わらない第三国が中距離核戦力を開発する可能性をめぐっては、07年にプーチン大統領が条約を多国間化する必要性を指摘した経過もある。
 ロシア上院国際問題委員会のコサチョフ委員長は21日、「米国が条約の改定を提案してきたことは一度もない」と、米国の一方的な破棄声明に反発した。
 求心力低下を防ぐため「強い大統領」を打ち出し続けるプーチン氏としては、米国が破棄すれば対抗措置を取らざるをえない。
 プーチン氏は18日に開かれた有識者会議で「我々は核能力が安全保障の土台となった世界に生きている」と、核大国としての地位を強調したばかり。3月の年次教書演説では、開発中の大陸間弾道ミサイル(ICBM)や無人潜水艦など新型の核弾頭搭載型兵器の数々を紹介した。
 下院のスルツキー国際問題委員長は21日、ノーボスチ通信に「(トランプ氏の宣言は)世界を再び核軍拡の戸口に立たせることになる」と話した。

 ■中国困惑「一方的だ」
 中国政府は21日夕までに公式の反応を示していない。通商紛争に加え、軍事面でも抑え込みにかかるトランプ政権の動きを、指導部が重く受け止め、対応を慎重に検討している模様だ。
 中国は15年の軍事パレードで「グアムキラー」の異名を持つ射程4千キロの最新型中距離弾道ミサイル「DF(東風)26」などを披露。中距離弾道ミサイルの能力向上を誇示してきたが、中国に先制攻撃の意図はなく、敵の本土接近を防ぐための防衛目的だと説明してきた。
 中国外交筋は「我々が米大陸を攻めることも脅威になることもない。一方的にケンカを売られた状態だ」と戸惑う。
 国営新華社通信は「世界に核開発競争を引き起こす恐れがある」などとする論評記事を配信したが、自国への直接的な影響には触れなかった。
 
 ■<解説>競合する大国、敵視
 トランプ政権によるINF破棄表明は、「核なき世界」を目指したオバマ前政権からの方針転換にとどまらない。冷戦期再来のような軍拡競争の「歯止め」が利かなくなる恐れもある。
 87年に当時のレーガン米大統領とソ連のゴルバチョフ書記長が結んだINFは「冷戦終結のきっかけとなった極めて重要な条約」(黒澤満・大阪女学院大大学院教授)だ。米ロだけでなく、核搭載可能な中距離ミサイルを保有するインド、中国、イランをも巻き込んだ多国間条約に発展させようとの機運もあった。
 オバマ前政権はロシアのINF違反を批判しつつも、話し合いで妥協点を探ろうとしたが、トランプ政権は「核戦略見直し(NPR)」で、ロシアや中国といった競合する大国を敵視する方針に転じている。
 米ロは、戦略核弾頭や運搬手段の総数の上限を定めた新START(新戦略兵器削減条約)の期限(21年)延長交渉も控える。
 ロシア側は5年の延長に応じる姿勢だったが、米国がINF破棄を表明したことで態度を硬化させるのは必至で、先行きは見通せなくなった。

  ─── 2018.10.22 朝日新聞デジタルより



                                   (島)