□ 新作紹介 □





雨  音


 そろそろ


好きな色は何ですか?
好きな花は何ですか?

どの色もきれいに見えて
好きな色はたくさんあって
かわいい花はいくつもあって
どの花も愛おしいから

たったひとつを選ぶことができない

 なんでもそうなんだ
 優柔不断のせいだと
 欠点に数えていた

 それって本当?

 ひとつじゃなくちゃいけないなんて
 選べることが大切だなんて
 本当なの?
 
一番好きな天気は何ですか?
 
 澄み渡る青い空は好きな色だったから
 この雨音はショパンみたいに心地いいから
 そんな理由で
 毎日変わったっていいのかもしれない
 
 明日死ぬように生きなさい
 座右の銘は毎朝そういうのだから
 今日をちっぽけな正しさで埋め尽くすよりも
 
 心のままに流されて
 ありのままのわたしを生きてみようか






















青 島 江 里



 硝子のキリコ


硝子のキリコ
瓶に詰められた
いつもより贅沢な琥珀色

君と向かい合った三日月の
ロックとハイボールの夜

素手に温められたままの
氷は少しずつ溶けて
グラスの琥珀はゆらめいて

手を滑らせたら
すぐに壊れてしまいそうな

硝子の日常に君と
透明な想いに透明を刻めたら

忘れかけた胸の中の琥珀も
やわらかく揺れて輝くのかな

知り尽くされた街の中にも
まだ誰も知らない
山はどこかにあるのかな

そこには見たこともない
美しい湧き水が
音を立てて流れているのかな

見つけたら硝子のキリコ
空っぽになった瓶に詰めて

二人で夕暮れにかざしながら
いつまでも見つめてみたい

君よりも僅かに
肩幅が広いだけの僕だけれど

全てを包み切れるものなど
何もないけれど
ここへおいで

君を離したりなんかしない
ようこそ
少し頼りない僕の世界へ






















井 嶋 り ゅ う



 中二階


古い建物の階段を降りる
人が吐き出されたあとの
夕暮れの階段を降りる
滅菌された衣服で
起立と着席を繰り返し
年の瀬の団欒を彩る品物を
出荷したあとの階段を降りる
中二階ですれ違う夕焼けは
私が誰とも持ちえなかった情熱を
孕みながら佇んでいた
抱えて立ち止まり
朱に染まる
束の間の暖をとる
踏み惑うことのないよう
背の数を振り返り
踏み外すことのないよう
茫とした輪郭の中で見定める
僅かな荷しか持てなくとも
おとずれる沈黙が豊かでなくとも
濁さず
私は
再び爪先を差し出す
続きを降りる
ひとつずつ降りる
降りていく
裏口の重い扉に手をかける
吐き出された者のひとりに
いま、私もなる
















 回れ左


私の右側は
私の左側とは違うのです

目の大きさも
胸のサイズも
腕の長さも
髪の色も
性癖も
出す声の高さも
読む本の種類も
好む果物も
七月の湿度も
握りしめるものも
思い出の保存方法も

あなたが好きなのは
右側の私
あなたのそんなところが
大好きで
大嫌いでしたから
田園都市線遅延のため
待ち合わせ場所に毎回二十四分遅刻
することに
私はしました























Kazu.



 「川の話」三つの詩的試み


 1 川の形態(短詩風に)


空の碧さや森の緑を映し
闇を湛えつつ岩をも食み
生き物たちに飲み込まれ
時に
生き物たちを飲み尽くす

変幻自在な川の生きざま





 2 「ヴルタヴァ(ドイツ名:モルダウ)」(散文詩風に)


チェコの作曲家スメタナの交響詩『わが祖国』第2曲の「モルダウ」は
二本のフルートによって奏でられる小さな二つの源流が
モルダウ川となって森や野原を流れて行くうちに
いつしかプラハを流れ
最後はドイツのエルベ川へと消えて行く。

その長い川の旅の途中には
農夫たちの結婚式や水の妖精たちとの戯れ
時に幻想的に時に激流逆巻きながら
美しい詩情を調べに載せて流れて行くが
その時スメタナは完全に失聴し
精神を病み始めていた。

作曲家は音が聞こえなくとも曲を創ることができるが
詩人は言葉を見失っても
詩を創ることができるのだろうか。

魂の叫び精神の飢え感情の高揚だけで
詩の神さまは
詩人に言葉をお与え下さるだろうか。

1884年5月12日
スメタナは精神病院で正気に戻れないまま60才の生涯を終えた。
2018年11月12日
62才の私には天竜川の水音が聞こえている。

私にはまだ伝えたいことがある。






 3 コーヒーブレイク(ライトバース詩風に)


ふみ子さんが枕元に立っています
と言うことは
貴女はもう三途の川を渡ってしまったのですね

三途の川の渡し賃ってやっぱり六文でしたか
えっ?!
泳いで渡ったんですか
(貴女らしいなぁ)

道理で枕が濡れているわけだ

それではふみ子さん
使わなかった六文銭は
三途の川の水で淹れたコーヒーでも注文して
川向うで待っていて下さい

いずれ僕も…
















 点になった金魚


金魚が一匹死んでいる

昨日まで水面を垂直に泳いでいたものが
今日は水面で平行に横たわっている

そのように
生き物の死とは
縦と横の関係であるか
死とは方眼紙に
記されるものでもあるか

生きるベクトルを失ったものは
ただの点となって
日常から消える

眼を閉じられぬ金魚は
斜めに
己の死を見つめている























齋藤 純二



 螺旋階段時計


最初は勢いよく時間を踏み込み
躓き転び瘡蓋を弄る
疲れ知らずの童謡は
タラッタタラッタ晴天の行進
綻ぶ日々に一段飛ばし二段飛ばし

螺旋階段を上る事に疑問を持つ
上下左右を確認しながら
風の中で自分の位置を知る
狼狽え進む時間が回り出し
観念と足掻きの二重螺旋を行く

人事を尽くし粉にする身
堅実に我以外の為に息を吐き
幸福の意味を咀嚼し始める
未だ見えずの日々も陽が差し
足の限界に手摺りを掴み目指す

一段一段の含意が浸透する
螺旋階段をただ上がる事に消す不安
天を目指す顔は美しく皺皺
連なり進む列を和ませ
時間に強かさを得て天辺へ
















 弟に捧げた幸せ


高校一年生の時に彼と出会った

下校時に学校へ向かってくる生徒がいた
私と向き合うように歩いて来る

彼が私に声を掛ける

文化祭に出たんだって
ギター一本で
僕はあの日、学校をサボったから
君の演奏は聴いてないけど
そうか、ギターをねぇ
今度、聴かせてよ
あれっ、もう帰り?

ああ、今日は半日だから

彼は昼どきに登校して来たのだ
変な奴だと思ったが落ち着いた口調は
大人だなあという印象だった

お互いに仕方ねえなあ
って、顔をして駅へ歩き出した

その流れで彼の家へ行くことになった

家へ入るとおしっこ臭かった
そして、彼の弟が
私の髪の毛を楽しそうに引っ張った

駄目だぞ
彼は弟に大きな声で叱った
どうやら重い障害を持っているようだ

注意している様子を見て
やはり家庭環境が彼を
早く大人にしたのだろうと思った

彼は弟が生まれてから友達を
家に呼んだことは殆んどないと言った
なぜ、私を誘ったのだろう
そのことを訊いたことはなかった

彼の唯一の楽しみはバイオリン
弓に松脂を擦ると弦を弾いた
私にとって非日常の高音が響いた
圧倒された
私は意味なく負けたと思った

近所に住むバイオリン奏者がいて
玄関を叩き
直接に指導してほしいと願ったらしい
そしてレッスンを受け
彼の夢がそこにあると思えた

しかし、彼は高校を卒業すると働きながら
福祉の学校へ進んだ
弟を良い施設へ入所させる為にも
自分がこの道を進もうと決めた

親は先に逝ってしまうのだから
自分が弟の面倒は見るのだと言っていた

そして彼はひとつ嘘をついた
学校を卒業し福祉の仕事に就き弟も施設へ入所
さあ、これから彼自身の人生が始まると思った矢先に
若くして癌に侵され逝ってしまった
親よりも早く

弟の為に人生を捧げ
生きたといっても過言ではないだろう
彼は弟の誕生から愛を知っていた
愛することも知っていた
誰しもが表現できない愛を実現した

最近、私はやっと彼がけして不幸ではなく
幸せだったと思えるようになった
弟の幸せが何より幸せだったのだから
その人生は今も私にあの高音で響き続いている























澤 一織



 土曜日に流れる


姿勢を崩した
土曜日に流れる
ひかりが
窓越しから
注いでいるように思えて
猫の毛繕い
なだらかでたしかな今
ああ なんて名前の流れなのだろう

作りかけの資料を閉じて
いくら数えても
無くなりそうもない明日から 
懐かしい日々に 視線を返す

幼い頃 
武蔵野台地の外れの
雑木林で出会った
ひかりが
迷子の掌を包み
母のもとに僕を届けて
用水路の方へ流れていった
あれは なんて類の優しさなのだろうか

姿勢を崩した
土曜日に流れる
ひかり
明日に追われる男のこわばりかたくなった
表情筋のうえで跳ねて
体を伸ばし寝転ぶ猫の横でたまる
ひかり

ああ なんてなだらかでたしかな流れだろう










 街を生きる


太陽の陽射しさえ
鬱陶しく感じるようになったのは
通勤快速に揺られて 
何周目の季節だっただろうか
故障するか 倒れこむまで 
途中下車は許されない
吊り輪に しがみついたまま
眼をつぶる

休みも明けたばかりなのに
もう 次の週末を夢見たり
今から来年の予定に
肩をこわばらせながら
やがて 忙しなく
散らかした焦燥まるごと
改札口から街へ 放たれていく

あんな大人になりたくないと
無邪気に訴えていられた
かつての少年は 今の僕を笑うか

この街では
表情を緩めると 
上手に呼吸ができない
眉間に皺を寄せていないと
責められている気持ちにもなる

それでも なんとか 
踏みとどまっていられるのは
かつての少年が見た光景を 
今でも鮮明に思い出せるから

この街で
流し 流され
歯を食いしばって
なんとか 今日も生き残った
街の夜は人も疎ら 
帰りの電車で
目をつぶり 
束の間の夢を見て

太陽の陽射しを
鬱陶しく感じながら
ひしめく白線の内側で
満員の通勤快速を待つ

来年の今頃もきっと 
街を生きる











 母 へ


母を泣かせた夜を覚えている

涙一雫のあたたかさに驚き 
覚えた胸の痛みをもて余して
身を縮めながら 繁華街を歩き続けた
通りの喧騒は華やいでいたけど
すぐに浮かんでくる 
私を待つ母の姿

誰かに言わせれば
母はろくな親ではなかった
朝に起きていることは稀で
学校から帰ると すでに酒に飲まれていた母
眠りに着く頃に 離れた父と言い争い始める母
明け方まで 酒焼けした声でわめく母
それでも 眠りについた母の寝顔をみると 
なぜか 私は願ったりした

今日が 母にとって いい日でありますように

母は覚えているのだろうか
テレビコマーシャルに憧れて
昼間から贅沢に食材を買い込み 
私が作った出来損ないのシチューを
美味しいねと平らげたあの夜の母は 
優しい顔をしていた 

離れた街で一人
母は今 何をしているだろう

母と全く重ならないほどの
底抜けに明るい女と一緒なり
女に似た子供や猫と暮らしているが
母にとって それは裏切りだろうか
そんな風に思う私は親不孝者だろうか

母の好きだった酒類を 
私は一滴も飲めないし
簡単なシチューを家族と囲む
母が私にしなかったことを 
妻や子供にしたいと想うのは 
きっと 母への当てつけではない

明日からの連休
花屋に寄ったあと
久しぶりに母と会う
どんな種類があるのか 
どんな色が好みなのか
知らないけれど  

選んだ一輪と
子供の手をとって

明日はきっと いい日になる
母を泣かせる そんな気がする












 バックパックに荷物を詰めて


日本の手話を覚えていったのは、言葉ひとつひとつを知ることが心地よかったこと、想い
が人へ伝わった時の喜びを知った瞬間があったから。でも、こういった類の独白は賢くな
いから、背が伸び止まった頃にはもう、動機も曖昧に濁すようになった。こうして覚えた
沈黙は大人になった悲しさだ。

好きなこと 少しずつ 
追いかけていったら 人は 何処まで行けるのだろう。

もしかして。死の後を独り浮かべて、不安でできた宇宙の無限に胸を裂かれそうになった
り、生きていくことへの息苦しさや昨日への後ろめたさを遠去けて、明日、歩く道で知る
生命のぬくもり、ざらつき、息づかいを誰かと分け合えるのではないか、そう思えた数分
が、愛おしい。

バックパックに荷物を詰めて
沈黙を部屋に残したまま、旅に出よう。

いつか、世界で共通に通じる言葉が見つかったらいい。過ぎた街の市場の匂い、水の味、
空気の濃度、花言葉、土地の言い伝え、次に向かう街の話ができるくらい。もう、互いを
疑い、奪い合って作られたものは、このバックパックには詰めたくない。

辿り着いた街で
君とお喋りをする。
好きなこと 少しずつ 分け合って。























葉月 祐



 いつものアイツ


 ぐうるぐる、
  ぐにゃぐにゃぐにゃ、
   ぐらあり、ぐにゃり。

ああ
まただ
いつもの
アイツがきた

きっと
わたしの視界だけ
地球の自転に逆らうような
おかしな回転をしている

ゆらゆら揺れているのも
わたしではないし
ゆるやかに歪んでいくのも
部屋ではなくて

 ぐらあり、
  ぐにゃ、ぐにゃり、
   ぐるぐる、ぐるり……

ああ
ダメだ
追い払えない
枕元の携帯を
やっとの思いで掴む

「もしもし、
 朝早くすみません、
 具合が悪いので、
 今日は、休ませてください。」

そう言って
上司への電話を終えたが
もしも発した言葉が
ぐるぐると回り歪んで
うまく伝わっていなかったら と
その日一日 ずっと不安だった

アイツが居なくなった今も
この言葉たちが未だに
ぐにゃぐにゃ
ぐるぐるしてはいないか と
言葉を並べていても
削っていても
同じような不安がよぎるので

ひとたび結んだものを
ぜんぶほどいては
ふたたび結ぶ作業を
繰り返している

ここを通りかかった
あなたや 誰かが
ひどいめまいに襲われないように
















 十三歩分の…


歩き慣れた道路の上に
イチョウの葉が敷かれ
そこだけが
黄金色に変わっている

晩秋と初冬のすき間で
耳をくすぐるように
カサカサと切なく響く
ひかえめな話し声

「踏まないでね」と
言われた気がして
歩く速度を ゆるめた
足の踏み場を さがした

通院の時間が迫っている
という自分の都合で
色あざやかな落ち葉を
クシャリと踏みつけて
哀しませたくはなかった

寒さに震える彼らを
眺めて 避けて いとおしみ
歩幅を広げつつ
見惚れながら
いつもよりも慎重に歩く

叶うのならば
ここに留まり
目に映るすべてを
焼き付けたいのに
もう行かねばならなかった

……じゅういち、じゅうに、じゅうさん。

歩き終えてみれば
ほんの十三歩分の
ゴールデンロード

すぐ側の空き地には
枝と幹だけになり
寒々しい姿をした
イチョウの木

その場を去る前に
軽く咳き込みながら
こっそり
木に話しかけた

お互い風邪には気を付けましょうね と
















 Today is a brand new day.


生きていることを確かめる為に
深く ふかく 息を吸い
今日もわたしは
目を覚ます

カーテンの向こう側では 
町が温もり始めている

目に映るもの
聴こえるもの
触れるもの
感じるもの
形の無い たしかなものが
強く つよく わたしを突き動かして
今日もまた一日が始まった

昨日までの憂鬱ごと夜を終わらせて
朝陽は暗い世界の片隅を照らし出す

 いろんな事があるけれど、
 わたしが出逢う眩しい朝や、
 あなたに訪れる夕暮れ、
 だれかの為の一日を、
 みんな乗り越えてゆくだろう。
 無我夢中で生きるんだろう。
 そうしてその日を振り返るだろう。
 
 深く ふかく 息を吐きながら。

 今日も世界は生きています。
 どうにか持ちこたえ、
 昨日を生き抜きました…と、
 ニュースが語るのを聞いた時、
 わたしも無事です。と、
 誰かに伝えたくなるのは、
 どうしてだろう。

七時十分
身支度を済ませ
ドアを開け
会社までの道を走る
勢いそのままに
道路の白線を飛び越えて
昨日よりも ずっと
深く ふかく 息を吸い込んだ

真新しい今日を
わたしのすべてで噛みしめる為に























ひ な の



 aquarium


ぱくぱくと
動かす口から
透明な泡が生まれて

ヴェールのような
長い尾ヒレが
ふわりと
水の中をたゆたう

丸い瞳は黒めのう
その底に何かを隠して
光を受けて鱗は光る

冷たい水槽に手を当てる
四方をガラスに囲まれた
あまりに小さすぎる世界

そこに閉じ込められ
息するきみは
同じようにして
私を憐れむのだろうか

私の肩越しに
私が生きる世界の
果てを見て

 名前を呼んで

たしかにここに在ると
私の輪郭をなぞって

得体のしれない無価値感が
私を塗りつぶして
泣き崩れる朝に

 名前を呼んで

部屋の中に低く響く
酸素ポンプのモーター音

浮かべた水草の端が
少しずつ
枯れていこうとしていた

かさついた頬をなぞる
私の輪郭も少しずつ
擦り切れて、






















沢口 リリキ



 そらの奇跡


祝日の広場で
見上げたそらが
どこまでも
青かったから
思わず手を差し出した

吸い込まれてゆく心に
宿っていたのは
限りのない悲しみ
やり場の無い切なさ

だから
そらの彼方に
誰か連れて行って下さい

地上に足を着けているには
あまりにも軽い
僕という存在を

社会でのちょっとした肩書きや
余裕のある収入や
判で押したような信頼

人生への
たゆまない努力や
果敢な挑戦や
勤勉性の持続

そんなことは
いま重要ではないんだ

たった一つの奇跡が欲しい
それは
宇宙の秘密に触れること

そらが
どこまでも
青かったから
思わず涙を零した
一粒の雨のように

パレードで
籠から放した白い鳩たちが
いっせいに旋回し

あの彼方へ
羽撃いてゆく























く  れ



 バリケード


バリケードの前で
ここから先が帰還困難区域ですよ
と 説明を聴く

線引きされてはいるのだが
線などはどこにもない
空気の流れが行ったり来たりしているだけだ

このバリケードの厚さは五センチもない
バリケードの右と左
左は制限区域だったが最近解除された

  *

バリケードが一つあるだけだから
手や足は
下のすき間から帰還困難区域に入れる
足がいつの間にか
そちら側にあったりして驚く

放射能線量計の数値は高い
山の方に行けば行くほどもっと高くなる
目の前の手が届く場所に住居がある

この区域の住民は
ときどき帰っては来るのだが
バリケードの前に立って
目の前の我が家を見ると体が硬直するという

だから避難先に戻ると
二~三日は誰とも会いたくなくなり
気力までもが萎えて寝込んでしまう

  *

七年が過ぎた
帰還困難区域に取り残されている古里は
心の中にしまい込んではいるものの
荒れ放題で傷みが酷い

バリケードの辺りをぐるりと一周してみる
不規則な円周なのだが
たくさんの綻びが見える

案内人さんは、その綻びには
誰も手を加えることができないという

もう少し奥の方へと入って行くと
猪がいる
ハクビシンがいる
ネズミがいる という
マスクをしていても
その臭いを
風がまき散らすから涙目になる

  *

一部の帰還困難区域には
重機が入って家が取り壊されている
これから除染の手が入るのだ

年間三十ミリシーベルト以下を
帰還の条件としているものの
この数値では不安で帰ることができない

放射能の数値には
おまけがついては絶対にならないのだ

それに、バリケードは
一つでもあると
住民の気持ちを萎縮させてしまう

このバリケードが全て取り払われなければ
復興が進んだとは
言葉にだせないだろう
















  器


その二人は
愛の器は一つあればいい
と 言っていたが

愛の器だって
長い月日がたつと
ところどころにヒビが入ってくる

愛の言葉が
こぼれ落ちるようになったので
もう一枚
愛の器が欲しいと願った

夢の中だったのだろう

「一生の中で
私があげることができるのは
一つの器だけです」

「それを繕いながら
大事に使って下さい」

神様の声だったのだろうか
器のヒビの割れ目の中に
その声が入りこんでいった

 *

朝になると
ヒビの割れ目はすっかり塞がれ
愛の言葉は
こぼれ落ちなくなった

器の中にも
愛の歴史は作られる
それが小さなものであっても
ヒビはその証なのだ

だから簡単に
捨てたり買い替えたりしてはならない
一生使いきって
天上への土産物とする

器の上に
「愛」の冠を乗せると
そこに入るものの
味わいの深さが分かってくる

ときどき波立つから
上手に飲めないときもあるが
嫌いだった苦みが
好きになったりもする

 *

両の手で持つと
器の深さの中に沈殿しているものが
温もったり
冷えたりしている

ときどき揺れ動くが
器の中身は二人で作りだすもの
だから記憶にも残せる


























藍音 ななを



 Smile with new life2-1


新しいものというのは
慣れるまでに時間を要するものだ

変化が苦手な私にとって
それは一般の人よりも
はるかに時間を要するかもしれない

私のパソコンも
とうとう卒業の日が来た
とは言えまだ壊れてしまったわけではなく
スペック的にも十分使えるので
先日パソコンの命の火が消えた
子供に譲ることにした

いつまでもみみっちく
電源が入らなくなったパソコンを
デスクに置いていても
何の作業もできないじゃないの

win7が出てすぐ買ったときは
オーバースペックかとも思ったけれど
そのオーバースペックのおかげで
十年近く
たいしたトラブルもなく頑張ってくれた
なかなかの相棒

おしゃれのために
高級なブランド品を持ったことはないけれど
いいものは長く持つというのは
こういうことなのかと思ったりもする

電源を切る前に
子供の作業に必要なソフトをDLする
ドローソフトに音楽再生ソフト
私が使ったことのないものばかりで
四苦八苦している間に
筐体を置く場所を片付けて確保させる

あらかじめ用意しておいたデスクが
新しいレイアウトを作る頃
私も下準備が終わり
配線を外しにかかる

十年間
ほぼ動かすことのなかった配線周辺が
ありえないほどの埃で覆われていて
季節柄
クリスマスのディスプレイのようだなどと思うも

 いやいや
 こんな汚いクリスマスは嫌だよ

そう思いなおして
いつもこんなおやつばかりで
すまないなと心で手を合わせながら
嫌がる掃除機に埃を吸わせる

マルチタップ
吸気口
ファン回り
いろんなケーブル
みんなきれいになってゆく

 長い間お疲れ様
 子供のデスクでも頑張ってね

きれいになったパソコンを
よいしょと抱え
子供の部屋に持って行き
 あとは自分で頑張ってね
そう言ってデスクの上に置く

こうやって見ると
意外に大きかったんだなぁ
だからその分長く頑張れたのかもなぁ

部屋に戻り
新しいパソコンの梱包を解くと
前のものよりも一回り小ぶりなキーボードと
二回りほど小ぶりな筐体が姿を現し

 あら
 今どきはコンパクトなのね

と 拍子抜けしたりした私だった
















 Smile with new life2-2


win7のとき
電源を入れると
勝手に始まってしまうインストールに
目を丸くしながら
今どきは簡単なのねぇと驚いた
新しいOSはさらに簡単になっていて
あっという間に設定も終わってしまった

は・・・早っ

早いのまではよかったのだが
今まで慣れたOSとのあまりの違いに
かなり四苦八苦する

今まで普通に使っていた機能の
アイコンが見当たらない
いちいちパスワードを聞かれる
顔文字の設定をしていないので
いつもの自分の文章とは違う印象の文面
よく行っていたサイトの
URLも登録しなおし
買い物するサイトのIDやパスワードも
設定しなおしてゆく

訪れれば「いつもの」が出てくる
顔なじみの場所だったのが
まるで初めて訪れる場所のようで
甚だ面倒くさいのだけれど
ひとつひとつ
また自分で整えてゆくしかない

長く住み慣れた
いつもの場所に戻すためには
最初はなかなか大変だ

画面とにらめっこしながら
ふと気が付けば
眉間に力が入りすぎて
縦皺が寄っていそうなことに気が付く

これではいけないな
そう思ったとき
前のパソコンとの
初対面の日を思い出した

そうだ
一番に登録したのはこれだった
忘れてはいけない
新生活に一番必要なもの

(*´∇`*)

Smile with new life.
まずは
笑顔がなくちゃね


























瀬  未



 アネモネ


その人は
いつも凛としていて
見ていると
こちらまで背筋をのばし
居住まいを正したくなる

ネットの世界
文字のやりとり
ほんとうは
顔も声も
わからないのだけれど

言葉をとおして
とうめいで
まっすぐな芯が
伝わってくる
そんな気がする

生糸を紡ぐように
ストーリーテラーは語る

過去と未来
わたしとあなた

時に
スパイスの効いた寓話
ロマンティックなおとぎ話

すっきりと
晴れ渡る空のような
名に“青”を持つ人へ

花束を贈るなら
たくさんの「ありがとう」と
やはりこの花は欠かせない

青いアネモネ
花言葉を知っていますか

また、いつか

ここで
“あなたを待っています”



 
(シルクブルーさん、評者のおつとめ長い間おつかれさまでした。拙作ながら…贈詩とさせてください)