今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







夏  生  


 交響曲


ゆだね、広がり、合わさる
心の奥まで響く
ひとりひとりの音色
一音もこぼさないように
耳をすませる

響き合うのは
音だけでなく
奏でる者と導く者
聴く者の心
ざわめきも
嗤いも
押し黙り
立ち消えていく

うつくしさに向かって
やわらくやさしいひとときの
香りに酔いながら
引き寄せられる
包み込まれ
今を忘れ遠くに思いが
抜けていく
うそのようなうつくしさは
理屈を突き破って
きらめく

導く者の手の中に音色が還っていく
ため息とともに喝采が
沸き起こった





                       〔三浦志郎:選〕





  泡


上までいけない泡は
とどまって
しずまって
消えていく

消えてしまえば
つまらない自分の顔が
映るだけのものになって

泡のことなど忘れて
気のない透明になって
気のないことに
気をよくして

指先で
世間なんて、と
つぶやいて
胸の真ん中が
一回転

見えない石が
飛んできて
泡がまた
騒ぎ出して
我先にと
上を目指しては
消えていく

いつの間にか、の
上に座って
しずまるまで
待つ

小さな泡が
上へ…





                       〔島 秀生:選〕











耀  子


 ネーミング


歴史ある在所の
朝の散歩はすがすがしい
小さな祠や地蔵様へ手を合わせ
小さな祈願に深々と頭を垂れる

歩き進めば
手入れの行き届いた庭の大きな屋敷
大屋根の日本瓦は艶々と光り
棟包みには数個の家紋が白くはめ込まれている
その静かなそれでいて威厳あふれる佇まいに
しばし動けないでいる 私

しばらく歩き
子安神社境内に
ご神木の杉の木や
銀杏の木を仰ぐ
そしてまた
小さな祈願に深々と頭を垂れる

そして数十メートルを歩き
「楪木材店」の前に立ち止まる
「楪」「ゆずりは」の木の名前に見とれる
この美しい響きが私を離さない
この名前の由来が私を離さない
前年の葉が 新しく出てきた葉に
場所を譲るように落葉するという
まるで親が子を育てて家が代々続いていくようだと

そしてまた歩きながら
取り留めのないことを考える
そう言えば
「ほぼカニ」というかまぼこが大人気
このネーミング
ほのぼのとして 私も大好きだ

「ほぼ」のなかに本物ではないが
本物を感じさせる「ほのぼの感」
ネーミングって大切だ
詩の心を表す
詩のタイトルも大切だな

長い歴史を感じさせる
本物は観る人の心を捉える
また
本物の心を持ちながら
そこに新しく
人の心を捉える偽物を
作ることも素敵だ
そこにはネーミングが大いなる力を発揮する





                       〔島 秀生:選〕











@すみっこ


 天笠牡丹


好きな方へ
花びらは開き
思いのままに色付いて
くっきりと魅せている天竺牡丹

色鮮やかに
艶(つや)やかな魅力で惹きつける
私はすぅっとその世界へ引き込まれていく

白から黄色に
深い赤やピンクにオレンジと
いくつもの色を手に取って花束にしたら
私へのご褒美にリビングを飾るの

見惚れていたいから
生活の隙間に
ふと眺めては微笑む時間をくれる
花が近くにあるだけでいい

ほら部屋に
秋が来ている
花は秋を感じている
この肌寒くなった空気を吸い込んで
長くなる夜を見届けている




                       〔齋藤純二:選〕





 飾らない人へ


ありのままの自然が好き
それ以上に
飾らない人が好き
気を使わないでいられるから

人は一人では出来ない事も
誰かが側にいたら何倍にも叶う
途切れそうになっていた
糸が繋がり始める

その時に初めて
心からのありがとうが言えるんだ
言い慣れた言葉だけれど
飾りじゃないよ本当のありがとうを

気負わずに生きてみよう
明日の太陽も
悩みながら顔を出すわけじゃない

空は群青色に変わって
貴女の足下が隠されない内に
早めのバスへと帰りを急がせてしまったけれど
とても楽しいひと時だった

道の途中で迷子になりかけた私も
飾らない貴女といるだけで
前に道が見えてきた
きっともう大丈夫って言える





                       〔三浦志郎:選〕





 架け橋


世界中は架け橋で出来ている
一人でいても
一人で生きているんじゃない
暮らしていく為にはありとあらゆるものが必要なんだ

生まれてから何も与えられていなければ
誰も生きてはいないだろう
心も同じ様に
でもそれ以上に繊細で

制服姿の頃にくれた言葉が蘇る
高い所から見渡せば全てが小さく映るように
悩んでいることも小さく思えてくるよと

何も答えられなかったけれど
そんな見方があることを初めて知り
なんだか少しだけ空気が変わった気がした

いつだって
いろんなことが溢れていて
様々な人達と
私も私なりに生きて来た

此処に居るのは
偶然ではなく必然だろう

あの人もこの人も欠けてはいけない
誰も欠けさせてはならない
私も誰かの架け橋になれるはずだから

この世界で
架け橋になっていきたい
沢山の花が咲いてゆけるように
同じ道のように見えても
私だけが歩む道へ





                       〔島 秀生:選〕











galapa


四百万回の殴打


雨だ
雨が降ってきた
赤黒く腫れた大地を頭をたれ歩く
齧り取られた空虚がそこかしこに点在する
空には暗雲が張り詰め
暗い影がさらに地を悲しませる

雨は熱いか冷たいか
雨は甘いか苦いのか

どたばたと足蹴にされる
四百万回の殴打が降ってきた

ボロ着を重ね着してうろつけば
うつろにしらちゃけた風も吹いて
僕は海にたどりつく川でありつづけよう

海辺の工場地帯の煙がたなびく
砂浜に立ち さらなる行き先はなし

海に雨が降っている
僕は波を掻き分け海に入ってゆく
僕は焚火をしよう
盛大に火を焚こう
僕は湿った犬の匂い
ずぶ濡れじゃないか

海底の瓦礫は熱を孕み
その傷跡に黒い臭気が群れる

決壊した感情で水浸し
燃え上がる水面下で
泣いたり笑ったりした今日一日を
すっかり乾かそう

雨が降ってきた
四百万回の殴打が降ってきた
雨は降りやみそうもない





                       〔齋藤純二:選〕





 ピピ(十二歳の犬へ)


朝はトーストに薄焼き卵をのせて食べる
そんな俺の朝食におまえは異常な興味をしめす
あんまり見つめないでくれ
というわけで俺のトーストの三分の一を食べてしまう
リンゴもしゃりしゃりする

おまえは十二歳
犬の年齢ではもう老犬になるのだろうか
大きな手術をして今は回復期だ
お尻の毛は刈られ縫い後も痛々しい
でも、日一日とよくなってゆくね

抱き上げればトクトクと早い鼓動を感じる
小さくて温かくて耳のあたりが少し臭い
茶と白のぶちの毛むくじゃら
俺の腕から逃げ出そうともがく

俺はおまえに首輪をかけたが
芸は教え込まなかった

五九歳の俺と十二歳のおまえはいいコンビかい
おれも少しくたびれたが
おまえも眠っていることが多くなった
いいよ、お眠り
俺のベッドに飛びのり
熱い一杯のスープのように
なみなみに注がれた夢のなかで

すーすーといびきをかき
腹が上下する
ときおり足を動かす
おまえの眠りがまろやかで
絹のようでありますように

おまえは十二歳
巡る季節の中を走り抜けてきた
点灯する街の灯の其処此処を二人で歩いた
朝の月の下 夕陽の坂道
小刻みに揺れる尻尾があった
雪の日だって冷たい空の底を歩いた

また春が来る
夜明け
俺たちは布団から這い出し散歩に出かけよう
春風の礫は鼻先で弾けろ
おまえは十三度目の春を行く
川沿いの桜並木の下を





                       〔Kazu.:選〕











ゆ  き


微風(そよかぜ)


一人ぼっちの公園で
ベンチに座って
これから何をしようかと考える

出来る事は色々あるけれど
ため息が重く感じて

心を開いて出て行くには
この世界は辛い時もあるから

和らいだ日差しの下で
木々を揺らす

ひんやりとした
微風の囁きを聴きながら

気持ちがぽかぽかしてくるまで
ぼんやりと空を眺める





                       〔島 秀生:選〕





 父と娘のノスタルジー


幼い娘の手を引いて
夕暮れ時にこの道を幾度も歩いた

疲れると公園で木蓮の大きな花びらが
風に舞うのを眺めて
また手を繋いで嬉しそうに話し始める

学校のこと 友達のこと
そして飼い始めた猫のことも

雨が降ると残念そうに
窓から外を眺めては

ガラス窓に息を吹きかけながら
いつ止むのか聞いていた

いつのまにか
逆さになっていた てるてる坊主

雨ばかりなのはこのせいだと笑った



雨が止んで
父と最後に歩いたのはいつだっただろう

あの大きくごつごつした
温かい手はもうない

木蓮の紫の花びらが頬をかすめていく

父に撫でられたようで
思わず目を瞑った

逆さになったてるてる坊主も
飼っていた猫ももういない

同じ道を歩いている今のこの時も
思い出に変わっていくけれど

今はただ遠い日々に
思いを巡らせている





                       〔Kazu.:選〕











あ さ ぎ


 楽しいということ


「楽しかったね」

「そうね」

「うん。本当に楽しかったよ。
おいしいものを食べて、たくさん笑えた。リラックスできたよ」

「そう。それがあなたの楽しいなのね」

「変わったことを言うね。なら、君にとっての楽しいは何」

「難しいのよ。
橙色に近いわ。蝋燭の炎、その輪郭のような温かい円が私の中で広がっていくの。
真っ暗な中が暖かくなって、それで私は安心するの。
たぶん、それが私の楽しい。
けど、違う楽しいもあるわ。
真っ白の中、私は先端にいて、その先へ行くことは自分が傷つくことと同じ。
それでも一歩を踏み出す。踏み出さずにはいられない。
踏み出すその瞬間、口角は勝手に上がってしまうし肌がざわつく。
でもね、楽しいの」

「団欒と冒険か」

「変わったことを言うのね」

「君ほどではないよ」




                       〔島 秀生:選〕











小林 大鬼 


ハロウィン


街に群がる仮装した虫達
百鬼夜行を楽しんでいる

一人では何も出来ないのに
集まれば車も倒せるものなのか

常識に世間に縛られた者達が
唯一解放され浮かれ騒ぐ日

突如燃え上がり
夜を焦がす火は
燻り続ける魂の火か

横文字を言い合い
自分達を撮り合い
哀しき思い出にする

闇夜の月と灯りに照らされ
酔いに任せて蠢いている





                       〔Kazu.:選〕





 星降る秋


岩手山は静かに
夜の帳に包まれる

眩く巡る星々は
線を繋げば星座になる

あれはオリオン座
あれがカシオペア座
人々が鈴の音のように囁く

あの人は銀河に思いを馳せながら
イーハトーブを夢見ていたか

星空と光の記憶を辿りながら
人々と星降る秋を眺めていた





                       〔青島江里:選〕











草  香


― 対 ―


晩秋の畑
草を取っている
ハチ!
隙を与えず
小さな一匹

全治一週間の顔は
鏡とカレンダーを行き来する
聞こえてくるのは
嗤い声
 ひっそりとしていたのに
 領域を超えてきた
 あんたが悪い

寒波が押し寄せる

仲間から逸れた
あの強者
今朝は果てたか
南へ移ったか
短い命

小春日に
懲りもせず
草を取っている
忘れたわけではない
ここは
私の縄張り
譲るわけにはいかない





                       〔三浦志郎:選〕





 浮いたか瓢箪


雨上がりの夜明け
遠くから胡弓の調べ
朝もやに現れた 町流し
重い瞼で迎える

地唄に合わせ
越中の風を鎮めてきた
八尾の女が凛と踊っている
―キタサノサ ドッコイサノサ
 浮いたか瓢箪 かるそに流るる
 行先ァ知らねど あの身になりたや

  深い記憶の水面に映るのは
  井戸水を汲み上げながら
  唄っている紺絣の祖母
  髪を饅頭に結い
  炊事を一手に
  怒らず
  逆らわず
  まめに働く
  口に手を当て笑い
  日々の業を
  どこに隠していたのか
  おかっぱの私は
  意味も分からず
  おはやしを真似ていた

あれは
祖母の十八番
六十年経っても色あせない

今なら話せる
浮いたか瓢箪を

遠く離れたこの地で
亡き祖母に会う
旅先の疲れた背を押す
−キタサノサ ドッコイサノサ





                       〔島 秀生:選〕





 (つるぎ)


すっと
鞘から出し
慣れた剣をきりりと見て
「この歳になると
 斬りたい人の
 一人や二人はいる」
いつもは穏やかな
友の眼が光る

私も
真新しい剣をじっと見る
ぼやっと浮かぶ影
さっと振り払う
そんなことをしなくても
自ら滅びるであろうし
神が下すだろう

この剣は
己を裁くもの
欲と迷いを
上から 払う
横から 切る
翻って 刺す
そして
そっと
鞘に収める

静かに礼





                       〔く  れ:選〕











かすみ じゅん


陽の昇る方へ


あっという間に
過ぎ去ってしまったのかと
週を振り返ってみても

バタバタと
あれやこれやと
忙しく過ごしていた 記憶ばかり

別に虚しい訳じゃなく
別に寂しい訳でもない

深く眠れず
早くから目醒め
暫く 暗い宙の一点を見詰めながら

明るみ始めた 空には未だ
半月と星一つ
明るく浮かび
夜の間 降り続いた雨が残す
粗いアスファルトの端に
薄い水溜り

割れた硝子の破片
集めたように
不自然なほどに鋭く
オレンジ色の街灯の光 乱反射させて

しんと濡れた
黒い道を直走る
衝動に突き動かされるように
陽の昇る方へ





                       〔く  れ:選〕











伊月 あかね


金曜日


さて、夜は長い
盲目な夕日がせっせと夜を迎えにいく
そんなに慌てずとも
月は笑顔で現れた
黄金色のウイスキィを一杯、また一杯と
彼女、まるで口紅のよう顔を紅くしている
星こそ見えないものの
今宵の満月はなんて美しいのだろう
夜空はまるで透明だ
今日はここまでにしようか?
まだ夜は長いと言えど
盲目な朝はせっせとやってくるし
グラスの中の氷だって溶けてるじゃない
彼女、もう一杯だけ・・と
金曜日、夜は長い





                       〔齋藤純二:選〕





 きれいなもの


青虫、やがて蝶になり綺麗な羽
人間、やがて成熟して綺麗な横顔
愛とはきっとそういうもの

きれいなもの、きたないもの
逆らえば神様は怒るだろう
光が弾けた、それは蛍という
命とはきっとそういうもの

美しさの中には
きっと私が想像しえない愛がある
ぜんぶそういうものを持っている

あなたの美しさも
きっとそういうもの





                       〔三浦志郎:選〕





 命をなぞらえる


しばらく最終列車を待っていた
苛立ちもずいぶん前になる
ふと、思い出す
わたしは死ぬことに
ためらいを持ち合わせてないけど
本当は死ぬのが怖いと思っている
透明なツボを割ったことがあって
そこから飛び散ったのは
それもまた透明な液体だった
けれどわたしには
鮮明な赤色に見えたんだ
それ以来、死ぬのが怖い
カラダという器を割ってしまえば
そこから飛び散るのは
ホンモノの赤色なんだって思った
ツボのように買い替えはできないから
大切なわたしだけのカラダだから
割れないように、割れないように
気づけば最終列車にまかせて
カラダを揺らしていた
こぼれないように気をつけながら





                       〔島 秀生:選〕





 スカイブルー


朝日が注がれる。
共鳴した星空がとけていく。
その残像が朝日だという。
酩酊したそれに、
おはようって声をかける。
何光年も続けてきた夜と朝の繰り返しは、
わたしたち人間を閉じ込める。
そろそろ、
波打ち際まできたと思えば、
四肢を攫われた。
身動きとれず、
ただ波に揺蕩う地平線を眺めていた。
その微動する一線はこの世界を繕っている。
そう思うと、はるかに脆い世界だ。
微生物のさざめきが籠りだし、
海の端っこに貯蔵されてゆく。
その累積が地球だという。
静けさも、安泰も、タマシイも、
いつしか海の向こう側まで攫われていた。
イルカが地平線の手前で飛び跳ねて、
わっと沸き立った水しぶきが、
わたしの脳と喉を潤わした。
海沿いの遊歩道にそびえる松の木は、
太陽をなくし、影をなくしている。
わたしも、なくしている。
イルカもしかり。
この美しい微生物の累積は枯渇することはないだろう。
今でも瞬く間に累積を続け、
そのシカバネが砂となり大地となり、
雨が降り、空となり、
また雲となり、雨が降る。
その輪廻を止められるものは、
神様か、突如飛来した隕石。
膨張する地球は今でもイルカ達を跳ねさせている。
広大な海の裏側にまだ太陽はいるのだろうし、
それでいて静かな幸せを願っている。
そこに愛があるなら。





                       〔Kazu.:選〕





 うつくしい朝


まつげに揺蕩う夢うつつ
痒くなって目をこすると朝がきていた
夜の残像が朝日だというなら
それにふさわしい眠りに浸っていた
遠くで烏骨鶏の鳴き声を聞いたのち
蛇口をひねって、まだ夢を追いかける顔を洗う
おはようございます
冬の朝は寒いのです
お湯を沸かし
コーヒーを淹れる
鬱陶しくありながらも眠気というものに逆らえない

綺麗なシャボン玉が
ふわふわとわたしを横切ったと思えば
右耳の傍でぱちっと弾けた
小さな虹色を作り出し
瞬間的にきえてゆく
そうして、うつくしい朝が始まる

庭の霜がとけてゆく頃には
わたしは完全な現実と向き合って
それでいて眠っていたいと思うのだろう
わたしのうつくしい朝は
こういった嫋やかな時間の中にあるということ
わたしのうつくしい朝は
孤独でありながらも幸せだということ





                       〔く  れ:選〕











シャネン


種のままじゃ食べられない


憎しみの種は
そのままかじっても
苦いだけなので
植えるにかぎる

許せないという思いを
養分にして芽を出して

許すべきかという思いを
養分にして蕾をつけて

花を咲かせる

凛と咲くその花も
いずれは落ちて
ようやく実をつける

手にとって
そのままかじってみる

少し苦味は残るが
これはこれでとても
美味しい

残った種は
そのままかじっても
苦いだけなので
やはり植えるにかぎる





                       〔島 秀生:選〕











ともりん 


つばさぐも


日曜の夕方
一人買い物帰り
ふと空を見上げると
何故か目にする
白い翼のような雲

橙色の光に映えて
一層際立って見える
いつしか
「つばさぐも」
と名付けていた

今日も見えた
片翼の雲
どこまでも大きく
夢を失うことを
知らないような
そんな形
でも対にはならない

これは神様からのメッセージなのかしら

なりたい自分を諦めない
そんなことをやっと
最近知った気がする
遅くも早くもない今を生きてきて
つまりがむしゃらにではなく
丁寧に時を刻むということ

雲は安心したのか
段々と薄くなり消えていった
あれは過去の私だったのかもしれない

そうか
翼を作るのは私自身なんだ





                       〔く  れ:選〕











 彗 


21g


君の屍体はガラスのようだ
冷たくて綺麗で
触れたら壊れそうなのに
どうしても手を伸ばしたくなる

当たり前にとなりにいた君は
今では箱のなかにいて
何度も見た君の笑顔は
もう写真のなかにしかいない

君の魂はまだそこにいるだろうか
僕を救ってくれた
たった21gの君の心を
身体はまだ手放してないだろうか
君の胸のあたりが
ほんの少しだけ光ったような気がした


煙が立ち込める中で
細い光の糸が
空に向かって伸びる
自然とそれを目で追う
糸は時折寂しそうに煌めきながら
まっすぐと進んでいく
遠くなっていく光を見ながら
僕はひとこと呟いた

またいつか

音もなく糸は切れて
光りも失われた
その瞬間
身体がふわっと軽くなった

どうやら君は魂と一緒に
僕の不安や憂鬱までも
持っていってしまったらしい





                       〔く  れ:選〕











森山 桃子 


 星


星が光年やり遂げた
あったはずの
光が消えた。

光は成し遂げ
輝き散らして
満足しながら散ってった。

私の星はこれからか
曇る宇宙へと
駆けて駆けて

途中で果てては
仕舞わぬか
ひやひや雨を垂らす。

途中で輝く
星にぶつかり
しゅわしゅわ消えた。

消えた、消えてしまった!
星が溶けた
ぷわぷわ消えた。

寄り添う星も
触れぬままに
黒い彼方に消えてしまった!

星とぶつかり
寄あつまる術もなく
見えぬ明日へと溶けてしまった!

星よ、我の星よ!
お前は脆く
強かった…。

周りの星へ光をやった。
寄り添う星へ明日をやった。
お前は強く1人であった…。

星よ、我の星よ。
お前の輝き忘れまいぞ。
お前の勇ましきその姿を。





                       〔く  れ:選〕











埼玉のさっちゃん


懐かしい香り


甦ってくる記憶
髪切る音
顔剃りの泡
シャンプーの匂い
外には
青、赤、白のポール
どれも懐かしい
父、母の背中
幼い私は
タオル畳ながら眺めていた
お客さんが
笑顔と、さっぱりした顔で
帰っていくのが
誇らしかった
うちの店は一番だと感じていた
ふと、
想い出に浸ってみる
秋の午後





                       〔三浦志郎:選〕











り ょ う


1人観劇、その帰り道


あぁ ここは2人で来た場所だね

劇場からの帰り道、無心で歩いていた僕がたどり着いたのは、そんな場所だった

もう2度と来るまいと思っていた場所だけれども、観劇後の僕の気分は高揚していて、ついつい通る道を間違えてしまったんだ

時刻はもう午後10時を過ぎている。店はどこも開いてないけれど、駅へと続くこのビルの廊下だけは明るく、冷たかった。

やっぱりこの街には来るもんじゃあないな。何年経ったって、君との痛い思い出は消えやしないんだ。あの舞台はとても良かったなぁ。もう一度
見てもいいなぁ。でも、ここには来るんじゃあなかったなぁ。

かつての僕らは一緒に居られるだけで幸せだった。いや、そう思っていたのは僕だけだったかもしれない。生憎何年も前の話だ。思い出すの
は漠然とした痛みだけ。

君は今、誰と一緒にいるんだろうか。その隣は僕でありたかったな。今日の劇も、君が隣にいたならもっとずっと良いものであっただろうな。

いやぁ、今日の演目は本当に良かった。感動した。今になってその感動が込み上げて来たのだろうか。僕は涙が止まらない。

良かったなぁ。本当に良かった。あれほど良い劇を見たあとじゃあなきゃ、こんな所は通れなかった。

ここで2人でソフトクリームを食べたね。
ここで2人でアクセサリーを買ったね。
その日からだったね。もう2度と会えなくなったのは。

お願いだ。もう決して君の事を好きだなんて言わない。だから、お願い。今日の舞台の感想を聞いてくれないか。本当に、あれは良かったんだ。

また僕は何度でも、この劇場に来てしまう





                       〔く  れ:選〕











中  也


 Halloween


長閑な田園の風景
収穫された作物に
祈りを込めて
感謝と喜びを
後世に

味わって食べるんだよ
カボチャの精霊に
感謝しないとね
ロウソクの明かりの中
父から息子へ
母から娘へ
受け継がれる

時代が文化を育てる
文化が時代を変えるのか

いつしか
祈りから祭りへ
田舎から都市部へ
ヨーロッパから世界へ
文化のグローバル化の潮流
本質を知らないままに

スクランブル交差点
さながら
通勤ラッシュの電車のように
思い思いの出で立ち
異様な熱気と興奮が

幕末
伊勢神宮の神のお告げ
異様な出で立ちで踊りながら
お金をばらまく人々

ええじゃないか
ええじゃないか

掛け声とともに
時代は明治という新しい時代へ

もしかしたら
この騒ぎが
新しい時代に変わる
ムーブメントなのか

そんなこと
僕は考えている

そういえば
仕事中
たくさんの人から
candychocolate
貰ったな
仮装した君たちから
声かけられて
一緒に写真撮ったよね

家路に着くと
娘はいない
友達と仮装して
出かけたんだって
妻から聞いた

新しい文化が
新たな時代を築いていく

そんなことを考えながら
こんな時間になっても
帰って来ない
娘の帰りを待っている


 ※ ええじゃないか
 
幕末、伊勢神宮の神札が空から降りたなどという根拠のない理由で、名古屋あたり江戸にかけて男性が女装し、女性が男装して、
 
お金をばらまきながら踊り狂う集団が巷に溢れた。一説によると倒幕側の薩摩、長州が資金を出して民を先導し、その騒ぎに乗じて
 
倒幕を行い易いようにしたのではないかと言われている。




                       〔Kazu.:選〕





 おおきないちょうのきとちいさなおんなのこ


こうえんに
おおきな おおきな
いちょうのき

はーとのまーく
きいろい はっぱ
かぜにふかれて
ひらひらまって
まってはおちて
おちてはまって

あたりいちめん
きいろいじゅうたん

こうえんに
ちいさな ちいさな
おんなのこ

きいろいすかーと
かぜにふかれて
はしやいでる

ちいさなて
きいろいはっぱ
おそらにむけて
すくいあげては
わらってる

かたむきかけた
おてんとさまが
やさしく
かのじよを
みつめてる

ふりそそぐ
ふりそそぐ
ひかりのつぶが
シャワーのように

あたりいちめん
きいろいせかい

おんなのこ
きいろいせかいに
とけこんだ





                       〔青島江里:選〕