■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

北 條  裕 子 
 詩集『 補陀落まで 』 から7篇

         





水 面


すでに用意は
できていた
でかけよう と

まわりに広がる
この音のない水は
沼と呼べるものか

水のそば
羽をふわりふくらませて
たった一羽
とどまっている
白い 鳥

未だ剥いたことのない時間を
あらためて
明日と
名づける

顎をひく
ひき抜く根っこ
いつも私のそばを
にぎやかにつま先立って 駆け足で
通り過ぎていくものを
決して 見逃しはしない

水滴をはじく羽毛の鳥を
脇にかかえ 息をとめ
沼と呼ぶ 水のひろがりを
いっしんに かきわけていく












片翼の鳥


夜も更けて
あと残すのは 眠ることだけ
もうすぐ片翼の鳥が
私の脳髄を啄ばみにくるだろう

夏の予定はすでに埋まった
腐った死体を 光る死体に 換える仕事
これが一番 時間がかかる
どこに着地するかわからない恋は
今始まったばかり
訪れを待っても
訪ねて行っても
苛立たしく
ひとりのかげが
石壁にうつっている
あなたがここにいれば
よかったのだけれども

どんなに永い年月 生きてきても
慣れるということはなく
傷はそのたびごとに
新しく 心の肉にしみて

半身を剥がされて
残った半身が痛いと
感じないとでも

ここで別れて あなたと私が
別々の人間に なる なんて
右手首までを口にさしこんで
叫びだす声を こらえている










往 還


ある日 からだの後ろが
どうも突っ張った感じがするので
ゆっくりふりむいたら
そこには傷があるらしい
静かにしていると ずきずき痛む
脇腹の背中側で
自分のからだなのに
首を回しても
どうしても眼のとどかないところ

その傷を胸におさめて
戸をあけて
往来を歩いてみようか
みみずばれになってもかまわず
どこかへ向かって

ここが一番よいところときづくためには
どこかよそへ行かなくてはならないから

そこがどこか
この場所ではないことだけは確かなのだが
ましてや地獄などではなく
水や川も流れていない
うごきのない静かなところ

そのなかをたった一人で
逆しまになって歩いて行くのだ











渇 愛


風がふわりと
ふきぬける

指さきで 追っても
やはり とどかない
いるべきひとが
いないとは
こんなようなものだ

輪郭さえおぼつかなくなった
そのひとは
どこにいるのか

いいえ
まっすぐに
どこまでも 追って
とどかなくても
木の虚には
きっと ひそんで

わたしはそのひとを
いつか
思いがけず
傷つけてしまうだろう
そしてなにもできないまま
立ち去るだろう

だから今はまだ
たちすくんで
そのひとを
思う
風が死ぬまでは

からだの奥の
音を
いつまでも 聴いて
じっと
とまどって たちすくんで

ください

からだにとどく
水のようなものと
種のようなもの
すこし











群 青


群青を孕んだ朝
あのひとは逝った
皺だらけの顔を歪めて
唾の垂れる唇を ひらいたまま

入り組んだ人垣が なかった頃
どんな汗が 路地裏に満ちていたのか
断崖から 身を投げる間もなく
世界は乾いていった

こころの泣き声
発せなくて
もっと深くと
耳もとで誰かがささやく
そう もっと深く つながって
肉の断片に
身体が傾いて

日々は零れて
繰り返される山並みは
街を閉ざしていく
ひとりになるのよ
あのひとがいう言葉を聞き流しながら
ひとしきり鏡獅子のように
頭を振って 視界をねめつける

もう還ってこないのですか
暗がりで ようやく
いなくなったあのひとに 問いかけると
そこは とうに
異郷なのだった











不 眠


今夜も曇天に
天使が笑う
ここにいるよ
ここにいるよ
いちにちが終わる時
永遠が羽をふるわせて
かすかにきみを呼ぶ

暗い穴の中
風がゆっくりと
もっと広がる
いつか空に向かって
飛んでいけるように

夜になるときみはいつも
いちばん濃い赤の
淀みの底に
人知れず 傾いてゆく

夜はあまりにも
さまざまなもののかたちを
むきだしにするので
今夜もきみは
眠ることができない
そしてもう二度と
顔をあげては
生きていけないと
思いこむ

眠れなかった次の日の朝も 苦手
嘔吐色の寂寥が
針のように襲うから
相手かまわず
きみは電話のベルを鳴らし続ける

だから
赫とんぼの乱れ飛ぶ
漆黒の
朝と昼と夜
手に触れてくるその生き物を
みんな掴んで
きみに預けよう

血肉を与え 与えらえた人々によって
植えつけられた空疎を
ずっと忘れることができなくても
いつかきみが
眠れる時が来るように











重 誓


心をこめて誓ったその日
夜の淵で
たどりつくのは 水に濡れた小さな陸地
しがみついたところで
眼がさめる
覚醒して うしろを振りむいた刹那
すべてのガラス窓が
いっせいに ぎらり開いて
身体が震える

もぎ取られる果実
雲の果て

私は追放された
この場所に
うまれたときの あの部屋には
もう二度と戻れないのがわかったので
重ねて誓う

重ねて誓おう
これから先も生きていくためには
どんな花をも 美しく降らせてみよう
どんな傷をも 花として開かせ
地上の至るところで
腐らせてみせよう










 北條 裕子 さんの詩集 『 補陀落まで 』 (思潮社)
  2018年8月刊より抜粋   ISBN978-4-7837-3617-2 C0092
  定価 (本体2,200円+税)


 全18作の詩集だが、そのどれもが宝石のようだ。粒ぞろいの詩集なのである。
 詩集のあとがきを読むと、「母が亡くなって七年がすぎた。何かが徹底的に失われたのだと思う。悲しいというより欠けたという感覚のほうが強い」とあり、師でもあった母を亡くした衝撃を中心に作者は書かれているのだが、まるで世界が変わってしまったのかのようなその心情は、読者それぞれに、近年亡くした大事な人や別れなければならなかった人に、その欠落の想いを重ねて読んで、共に涙したい作品の数々だと思った。
 詩集名の「補陀落」(ふだらく、梵: Potalaka)とは、観音菩薩の降臨する霊場、ないし観音菩薩の降り立つとされる伝説上の山のことであるが、これは亡くなった母親が先に行って住んでいるところであり、また、いずれは自分が向かう場所として、比喩されてあるのだろう。

 作品『水面』。おずおずと、このどこか頼りなげな動作は、これまでは導く人があったものが、今後は一人で歩いてゆかねばならない姿に似ている。「未だ剥いたことのない時間を/あらためて/明日と/名づける」。水をかき分けて進む姿は、「明日」へ向かって歩み出す、我が身の姿なのだろう。
 白い鳥は、一人で歩む作者のために、故人が残してくれた、よすがであるとは思えないか。

 作品『片翼の鳥』。ここでも「あなたがここにいれば/よかったのだけれども」の詩行に、故人を思う姿がある。何かしていても、故人がいたらどうしていただろうと、度々に思い出してしまうものなのだ。年月を経ても、不在に慣れるなんてことは、きっとないのだろう。
 それを問われて、「半身を剥がされて/残りの半身が痛いと/感じないとでも(思っているのか)」と、作者は激高せずにいられない。泣き叫びそうになる声を、口に手を無理やり突っ込んで押し殺している、作者の本心がここにある。

 作品『往還』。「ここが一番よいところときづくためには/どこかよそへ行かなくてはならない」の詩行の、冒険をするかの姿勢は、作品『水面』において「明日」と名づけたものに似ているかもしれない。タイトルの「往還」とは、人生の道行きを表すものなのだろう。人は、一人になっても、向かい来る流れに「逆しまになって」歩いて行かねばならない。それは故人が、あなたに託したことでも、あるのだから。

 作品『渇愛』。「いるべきひとが/いないとは/こんなようなものだ」というそれを、皮膚感覚で描いてみせている。ずっと、たちすくんでいる自分に、気づかずにはいられない。だからこそ、「ください」と言う。人間が生きていくために、必須の「水」と、前を向くための、希望の「種」を。

 作品『群青』。緑青と群青、それは日本画の風景には欠かせない色である。自分の半身であった母が亡くなった日の朝、それは岩絵具の群青をたくさん含んだような空の色だったのだろう。「(これからは)ひとりになるのよ」、母のその言葉を、歌舞伎や日本舞踊にある「鏡獅子のように/頭を振って」否定したという比喩は秀逸。「鏡獅子」は、床を擦る長さの、赤や白の長いカツラを、何度も振り回し、乱れる演目である。
 終連の「異郷」とは、呼んでも答えない彼岸の地、あるいは「補陀落」であるのだろう。

 作品『不眠』。一転して、これは「きみ」へのエールである。私はふと思うのだ。同じ想いを経験した人間だけが、人にやさしくなれるのではないかと。ならば、その経験は無駄にはなっていないのだと……・。
 同じように大切な人を亡くした不眠の「きみ」に、作者はありったけの「赤とんぼ」掴まえて、あげようとする。その「赤とんぼ」とはきっと、作者が欲してやまなかった、「水」と「種」の化身なのである。

 作品『重誓』。山茶花と椿の違いを、人に聞かれることがある。その時にこう説明する、花びらで散るのが山茶花で、花の形のまま、ごそっと落ちるのが椿だと。浄土真宗には「重誓偈(じゅうせいげ)」というお経があるので、それに由来した詩かもしれないとも思われるのだが、私には「椿」の詩のように思われた。
 椿は、花の形のままで、落ちる。落ちてなお、綺麗なのである。それがやがて土に撫でられ、腐っていく。腐っていくまでが、椿の花の生なのである。
 だから、終行の「腐らせてみせよう」に、私は最後まで生き抜いてみせる、の意志を感じた。
 たとえどんな傷であっても、花と咲かせ、花後は降らせて、腐るまで。花の生とは、開花までが生ではない。落ちて、腐るまでが生である。その典型が椿の花なのである。
 私はこの詩は、椿の花の詩だなと思った。


                                        (島)