□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 266号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十三年

 戦後七十三年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしていたこと。戦地での本当の惨状をようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。





*お知らせ* 掲示板・評者の変更
 シルクブルーさんが評者を降りられることになりました。
 このため、チーム・カロリーハーフとして担当区間だったところは、以後、齋藤純二さんが
 単独で3日間の、担当区間となります。



 編集雑記


◆売上至上主義で、良かったのではありませんか? ─── ゴーンさんを生んだ土壌

 一サラリーマンとして、カルロス・ゴーンさんに言いたい。
 あなた、さんざんリストラで、たくさんの人のクビを切っておきながら、自分は160億の隠し財産(当初50億と目されたが、毎年20億ずつ隠し、8年で実は160億隠していると判明)を作るなんて、断じて許せるもんじゃないですよ。160億あったら、どれだけの人の生活と家族が助かったと思っていますか? そんな金があるんなら、リストラすんじゃねーよ!! ふざけんなよ!! って、言いたい。

 企業の収益が、従業員や社会に循環しない最たる例だと思いました。会計制度が変わったり、グローバル化が始まったこともあって、30年程前あたりから「売上至上主義」から「収益至上主義」に企業経営の視点が変わったけれど、同時にこのあたりから社員還元という視点がおろそかになってきた。今や貧富の差が極端に広がり、「資本主義」の自由競争原理自体が危機に瀕していると言われるが、その始まりは、これに時期を同じくしている。
 すなわち、企業の「収益至上主義」は、社会への循環を生まないものだということだ。最たる例が、カルロス・ゴーン氏の私腹肥やしである。
 そもそも企業それぞれが、まずもって従業員への還元を行なう。それが全体として社会の循環となり、国内経済の活性化になるのだ。ところが企業の「収益至上主義」は、内部留保や一部の人間の不正の温床を作るだけで、その構造を有していないではないか。社会にほとんど還元されることがない。
 無論、収支がマイナスになってはいけないが、企業が収益を示してその企業評価とされるようになってからは、時系列でそこの数字を立てることばかりに、やっきになるようになった。そのことが、構造的に「従業員還元」という視点を失するようになったと思うのだ。だから、いくら過去最高の収益を上げる企業が現れても、「従業員還元」はされなくなった。「収益至上主義」は、構造的に「従業員還元」の視点を有していないからである。これこそが、内部留保や一部の人間の不正の温床となるだけで、社会還元されず、冨の格差を生む主因ともなっている。そんなバカなと思う人がいるかもしれないが、これが過去の経済学が通用しなくなっている重要ファクターだとは思わないか。
 社会に還元される仕組みとしては、「売上至上主義」の方が、はるかに有していたと、私は今思っているのである。









延命治療について考える ─── 日頃から家族で話し合いを

 父や母が脳卒中で突然倒れた時、あなたならどうしますか? 脳卒中は、症状にもよるでしょうけど、すぐ手当てすれば1回目はわりと助かるんです。でも2回目、3回目倒れると、もういけない。うちの父は3回目倒れてから、植物状態になり、それきり意識が戻ることはありませんでした。母や兄弟と相談し、うちはその時、延命治療を選びました。胃瘻や時には点滴、チューブだけで10年、命をつなぎました。でも意識は一度も戻らなかった。私たちは、10年看病したことで、できるだけのことは凡そできたのではないかと思うことはできましたが、一方で、自分がその立場になったら、延命治療してほしいとは思わなくなりました。
 自分の事は、自分ならそう思う。でも、いざ家族の一人がそうなった時に、はたして周りの家族はあたふたしないで、当人の意志を反映できるか、ということなのです。つい助けてしまうのが心情です。自分の事なら助けないけど、自分以外の家族に対して、それができるか、ということなのです。
 そんな時、延命治療を選ぶかどうかは、ただ一度の選択でした。一度、延命治療を選んでしまうと、途中でやめることはできなかった。一度入れたチューブは、二度とは抜けなかった。抜くことは、犯罪とされてきました。長引く延命治療に、追いつめられた家族が、無理心中を図るようなこともあったのです。
 ある時、介護をしていた当の家族からの懇願を受けた医師が、チューブを抜き、それで別の家族や第三者から、殺人だと訴ったえられる事件が起きました。しかし、これに関してようやく判決が出て、刑事事件には当たらないとして、無罪判決になりました。この結果を受けて、医療の現場でも、所定のルールのもとで、医師により、延命治療を途中停止することが、ようやくできるようになりました。これはごく最近のことなので、まだ全ての医療現場で、それが可能になっているわけではありません。これらの経緯を踏まえて、以下の記事について、一度考えてみて欲しいのです。



●「延命か自然な死か」家族に迫られる重い決断―終末期医療の現実

 人生の最期をどのように迎えるか――。自宅で穏やかな死を迎えたいと希望していても、必ずしもそうなるとは限らない現実がある。認知症になって本人の意思がわからないまま人工透析を続けたり、看取りの段階で救急搬送されて終わりの見えない延命治療に突入したり。そんなケースが頻発しているという。終末期医療の現実を追った。

 ■「透析のために生きている」
 9月、長崎市にある長崎腎病院を訪ねた。病室には20床ほどのベッドと人工透析のための医療機器がずらりと並ぶ。80代以上の患者も少なくない。
「ピーピーピー」――。人工透析が始まると、あちこちで血圧の低下を知らせる警告音が鳴り響く。90歳の女性患者の容体が急変した。
看護師が「目を開けて。分かる?」と呼びかけても応答がない。透析はいったん中断された。

 透析が困難になった90歳の女性患者。いったん治療は中断された
 理事長の舩越哲医師は「血圧が本当に下がってしまうと、意識がなくなってしまいますから、患者さんにとって非常につらいわけですね」と語る。この病院には、透析中に血圧が急低下し、意識を保てなくなる「透析困難症」を抱える高齢の患者が多い。
 透析は血液の老廃物などを取り除く治療で、患者が生きていくためには欠かせない。以前は透析困難症が起こると、それ以上の治療は断念していた。しかし、医療技術が進歩し、衰弱した80代、90代の患者でも昇圧剤などを投与して症状をコントロールし、透析をギリギリまで続けられるようになった。

 昇圧剤などで血圧をコントロールしながら透析を続ける高齢の患者もいる
 日本透析医学会によると、80歳以上で透析を受けている患者は2016年末時点で約6万人に達している。統計を取り始めた1982年の182人に比べると、実に300倍以上だ。
 長崎腎病院では、透析を受けている入院患者70人のうち、9割が認知症だ。治療を続けているうちに認知症が進行し、透析を続けるかどうかなど本人の意思を確認できなくなってしまうことが課題だという。
 認知症の患者は透析の途中、自分で管を抜いてしまうことがある。やむを得ず家族の同意を得て、手袋で拘束した上で透析治療を行っている。

 舩越医師は現場のジレンマを打ち明ける。
 「医療技術の進歩で、状態の悪い方の透析を継続することになりました。しかし、透析のために生きているというか、生かされているような状況になってしまう」

 ■「延命か、自然な死か」
 救急医療の現場も新たな悩みに直面している。80、90代の高齢者が次々と運ばれてきているのだ。
 9月、東京都三鷹市の杏林大学病院高度救命救急センターに、84歳の男性が自宅から搬送されてきた。すでに意識はなく、すぐに人工呼吸器を取り付けなければ危険な状態だった。家族は自宅で看取るつもりでいたが、男性の呼吸が弱くなったため、思わず救急車を呼んだという。
 衰弱した高齢者の場合、一度、人工呼吸器を取り付けると、意識の戻らぬまま延命治療が続くことが多いという。担当した医師は病院に付き添った妻と息子、娘の3人にこう告げた。
「この容体では呼吸器を外せるまでに回復することは難しい。悩まれるところだと思う。10分待つので、(どうしたいかを)判断してほしい」
 最期にどこまで治療を受けるのか。この家族は本人と話し合ったことはなかった。家族はベッドのそばで相談を始めた。息子が「俺は(人工呼吸器を)つけた方がいいと思う。お母さんは?」と言うと、妻はためらいながら「今のままの苦しそうな状態はかわいそう……」と言った。家族は別室に移動し、さらに話し合いを続けた。延命治療を選ぶのか、自然な最期を選ぶのか。
 約10分後、部屋から出てきた息子が意を決したように医師に伝えた。
 「(人工呼吸器につなぐ)挿管をお願いします」
 もう少し一緒の時間がほしい——。家族の選択は「延命」だった。
国は近年、自宅での看取りを増やすことを想定して在宅医療制度の充実をはかってきた。ところが、いざ容体が悪化すると、あわてた家族が救急車を呼び、病院に運ばれる事例が途切れないという。
 この杏林大学病院高度救急救命センターでは、毎月50人近い高齢者が搬送されてくる。衰弱の進んだ「終末期の患者」も少なくない。救命措置で命をつないでも、元の状態にまで回復する患者はほとんどいない。多くの人は2週間ほどで、地域の病院に転院していく。
 京都府立医科大学の松山匡医師は、救急搬送された全国約87万7000人の高齢者について、院外心停止の状況を分析したところ、85歳以上の高齢者でいったん心肺停止になった後に人工呼吸器などを外して退院できる確率はわずか0.5%だった。
 家族に迫られる重い選択
 東京都調布市の多摩川病院には、杏林大学病院高度救命救急センターから多くの患者が転院してくる。60床ある療養型ベッドのほとんどは、意識の戻らないまま延命治療を続ける高齢者でいっぱいになっている。
 83歳の男性入院患者は、脳梗塞の後遺症で意思表示ができず、6年間、胃ろうで命をつないできた。男性の妻は、苦しい胸の内を明かす。
 「このまま病院にいて、至れり尽くせりでずーっと生きていてもらって。苦労することもあるけれど、行けるところまで行くしかないのかな」
 延命を中止する場合、家族は重い選択と向き合わなければならない。
 長崎腎病院で人工透析を受けている數(かず)クミ子さん(82)は「孫の成人式に立ち会ってほしい」と娘・仁美さんに勧められて、昨年、透析を始めた。半年後、數さんに認知症の症状が表れた。いま、体力も日に日に衰え始めている。仁美さんは言う。
 「母のことを考えると、いつまで治療を続けるか悩みます。一人で決断しなければいけないのがつらいです」


 ■延命治療「希望しない」が7割
 100歳以上の人口は急激に増え続けている。2018年時点で約7万人。国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、7年後の2025年には倍近い13万3000人、2050年には、53万2000人に達する。
 「人生100年時代」を迎える中で、延命治療とどのように向き合うべきか。

 100歳以上の高齢者は2050年には53万人に達すると推計されている
 厚生労働省の意識調査では、末期がんとなった場合に希望する治療方針で、「胃ろう」「人工呼吸器」などの延命治療を「希望しない」と答えた人は7割近くに達している。
 同省は今年3月に改定したガイドラインで、人生の最終段階で行う医療選択の指針を示した。医療・ケアの開始・不開始、中止については、医学的妥当性と適切性を基に慎重に判断する、としている。その際は本人の意思を尊重し、家族らや医療・ケアチームとよく話し合うこと、本人の意思が確認できない場合は、やはり家族らが医療・ケアチームと話し合って、本人にとって最善の方針を取る、としている。


 ■人工呼吸器を外す決断
 小澤敏夫さん(68)は昨年5月、心筋梗塞で東京都板橋区の帝京大学病院高度救命救急センターに搬送された。その後、人工呼吸器で命をつないだが、意識が戻らない。医師は家族に対し「意識が戻る可能性は極めて低い」と告げた。同センターでは、日本救急医学会と厚労省のガイドラインに沿って一度装着した人工呼吸器を外す選択肢を家族に示している。
 小澤さんには弱い自発呼吸があったことから、人工呼吸器の管を抜き、自然な形に任せる「延命の中止」も可能だと家族に説明した。翌日に出された家族の結論は「延命の中止」だった。日ごろから「延命治療は望まない」と小澤さんが話していたからだという。医師たちは家族の意向を尊重し、医療チームで検討を重ねた結果、管を抜くことになった。管を抜いた1時間後、小澤さんは静かに息を引き取った。

 妻は当時の重い選択を振り返る。
 「延命治療の中止という選択肢が示されたことはよかったと思う。私たち家族は、夫の意思を尊重できたのではないでしょうか。自分がした選択は正しかったと思いたいです」


 ■広がりつつある延命中止
 実際にどこまで延命中止は広がっているのか。NHKは全国に289ある救命救急センターを対象にアンケートを実施した。回答のあった117の施設のうち46の施設が「人工呼吸器などの生命維持装置の中止について、患者や家族に示している」とのことだった。一方で、アンケートでは現場の医師の率直な声も多数寄せられた。
 「終末期であるにもかかわらず“最期、どのように死にたいか”が議論されていない」「本人も家族も死を他人事と思っている人が大部分で、急変時にどうしていいかわからないというケ-スが多い」

 終末期医療の現状に詳しい東京大学大学院・会田薫子特任教授はこう話す。
 「医師たちにとって、人工呼吸器を外すことはタブーだと考えられてきました。救急医療の現場で延命医療を終了する選択肢を家族に示す病院が出てきたのは、ごく最近です。最期にどのような医療を受けるのか、本人や家族が事前に話し合っておくことが重要です」


 ■意思決定を第三者が支える
 厚労省が今年3月に改定した終末期医療のガイドラインには、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の推進」が盛り込まれている。患者本人が事前に最期の医療を選ぶ際、医師や介護スタッフなど第三者が積極的に関わるという内容だ。
 80代、90代の在宅医療を行っている京都府の門阪庄三医師は、地元の宇治久世医師会で作ったリーフレットを使いながら、認知症や病気が重くなる前に「人工呼吸器を使用してほしいか。心臓マッサージをしてほしいか」などの希望をくみ取っている。認知症などで患者の意思を確かめられない場合でも、家族や介護スタッフの話から、本人がどのような最期を迎えたいと考えていたのかを探っていくという。

 門阪医師はこう話す。
 「終末期には患者や家族の心は揺れ動く。死の直前だけの短いスパンで『一度決めたから決定』ではなく、何度も気持ちを確かめることが重要です。その方がどのような人生を歩んできたのか、人生観、死生観を尊重しながら、長期的な視点に立って最善の選択をさぐる姿勢が大切なのです」



  ── 2018.11.18 NHKスペシャル“人生100年時代を生きる”取材班/編集=Yahoo!ニュースより








アフガニスタンに平和を!! ─── テロ被害者の若者が「平和の行進」

 2001年9月11日に起こった同時多発テロ。
 テロを行った国際テロ組織・アルカイダの拠点だったのがアフガニスタンだった。
 テロ事件の後タリバン政権が崩壊し一時は安定の兆しを見せたが、4年前から再びテロや襲撃事件が頻発する国になってしまった。
 今週も首都・カブールでは自爆テロとみられる爆発で50人以上が死亡している。
 こうした中、争いをなくし平和な日常を取り戻そうとする平和の行進が行われている。
 南部のヘルマンド州から中部にある首都カブールを経由し、北部のバルフ州を目指した。アフガニスタンを反時計回りに1000kmの行程を、裸足で歩き、もう争いはいらない、私たちは平和が欲しいと訴えて歩く行進である。
 行進のリーダーは大学生のイクバルカイバル。
 テロで友人5人を失いこの行進を行うことを決意した。
 カイバルらは仲間6人と平和の行進を始めた。行進を知った過激派組織から、カイバルは何度も脅迫を受けている。それでも彼らは行進をやめなかった。紛争が続くアフガン。命がけの行進である。
 カイバルは「今こそ人々の意識を変えなくてはならない」と話した。

 カイバルらが自らの行動をフェイスブックに投稿すると地元メディアが取材に訪れアフガニスタン国内で少しずつ認知されるようになった。
 行進に加わりたいと名乗り出る人も出てきた。
 テロで視力を失ったムハンマドザヒールゼンダニは「視力を失ったことで将来に希望が見いだせなくなったが、何か行動を起こせば平和を作り出すことが出来るかも知れないと思った」と、盲目ながら参加者に手を引かれながら、この行進に加わった。
 最初は7人だった行進は50人に増えた。裸足で歩くから、彼らの足の裏は裂けて、傷だらけである。
 やがて行進の目的を知った警察署員たちも、行進の参加者たちを守るため、警備に協力するようになった。
 駆けつけた医師たちは、彼らの足の裏を治療し、行進の成功を祈った。
 平和を望む民衆が、次々に沿道に出て、行進に声援を送るようになり、途中、彼らに食事を提供する者も現われるようになった。

 出発から100日あまりが経った9月14日、目指していたバルフ州に到着、約1000㎞の行程を、傷だらけの足で歩き通した。
 ゴールした彼らを、地元政府の関係者など数百人が出迎え、「彼らこそが真の英雄だ」と称えた。
 カイバルを、「現代のガンジーだ」と呼ぶ者もあった。


  ─── 2018.11.24 NHK総合 【おはよう日本】より(記事に詳細情報を加筆)




                                   (島)