□ 新作紹介 □





雨  音



 Happy Birthdayの代わりに


愛してる
よりも愛に近い言葉を
探しています

それは簡単そうで案外難しいのだと
そう感じていました

たとえば
すぐそこに見える虹に手が届かない
そんな風に

 心惹かれるものが
 あちらこちらにあります
 細いサテンのリボンで結ばれた小箱
 岩陰に俯くスミレの華奢なうなじ
 夜空に仄かに光る繊月
 
 そんな美しいものが
 すべてあなたに見えます
 すべてがあなたのようで

愛してる
よりも愛に近い言葉を
見つけることは

必要そうで本当はいらないと
そう気づきました

 大丈夫?
 おいしいね
 あの空をみて

 待ってる
 おやすみなさい
 笑って

わたしの唇から生まれる
あなたへのことばは
すべて愛していると一緒だから

ありふれた愛の言葉を
少しばかにしていたことが
なんて愚かだったのかと
そう思っています

 あなたがほしい
 あなたが必要
 あなたに会いたい

愛よりも愛に近い場所に
あなたはいるから

ころんころんと
真珠のように
今日もこぼれていきます

  ありがとう
  愛してる















 海の音


人魚姫の心を思って
涙がはらはらと止まらなかった
そんな恋をしたことが
誰にでもあるのかもしれません

海の底で静かに眠る
小さな泡の呼吸が
聴こえてくるように思えて
鼻の奥がつんと痛くなったことが
もしかしたらあるかもしれません

 遠い記憶の中で
 走ってくるあの人が
 いつまでも消えなくて
 見送ったはずなのに

人魚姫が失った声が
どれほど美しかったのか
つま先に触れる砂の温度を感じながら
耳を澄ませて

物語の本当の終わりは
どこにあるのでしょう

 さよならを本当に言えた
 そんな風に思えるのは
 あの日 走っていったあの人と
 あの日 それを見送ったわたし
 精一杯だったわたしたちに
 そっと手を伸ばして

 大丈夫だよ
 美しい星空がいつも待っているよ

 時間を追いかけるよりもずっと
 置いてきたあの日を抱きしめることが
 必要だったのだと
 後悔したことすら
 本当は愛おしい出来事だったのだと

人魚姫の光る尾びれが
いま波間に消えていきます






















青 島 江 里



 夜釣り


誰にでもある日々のつぶやき

どうしようもない
大小のあぶくは
水の何処かに捨てられてゆく

受け止めるものの角度が
ほんの少し違うだけで

それぞれの不幸にも
幸せにもなりうる自らの海

息を止めては潜水し
顔を上げることを繰り返す

とどかない夜の月を
ぼんやりと
見つめることを繰り返す

泣きそうで泣かない
真昼のうす青い心のひれで

しょっぱい
この街の水を泳いでいる

このまま海水の世界で
生きてゆくのもどうだろうな

懐かしい淡水の世界に
背びれをゆだねてもいいかな

半分にんげんで
半分魚のように生きてゆく

すべてを許すのは許しがたく
すべてを許さないのも許しがたく

浮遊する
この街の矛盾の果て
とめどなく流れてくる困惑の闇

今夜騙されたい
騙されたい
嘘ばかりだったあの人に騙されたい

僕と一緒に泳いだら
絶対不幸になるって騙してほしい

月が落ちてきそうなくらい
零れそうな真夜中の色

彷徨う波のはざまから
あっさり釣りあげられて水飛沫
うす青いひれにあの人が透けている






















井 嶋 り ゅ う



 砕 く


私には両膝があるので
爪先はいつも病んでいた
古い冷凍庫の中から
氷を取り出し
アイスピックで砕く
夜な夜な噛んで
末端を冷やす
今夜も袖はびしょ濡れだ

檸檬味のガムを食べながら見ていた
あの駅舎に貼られていた時刻表の
破れて見えなかった数字が何だったのか
もう思い出せない
ベンチに置き忘れた傘の模様も
会話の輪郭も

私に続きがあることを知った日から
性行為の途中で
煙草を吸うようになった
男の硬い部位に
歯を立てたい衝動に
適切な答えはいつもなかった

折れたヒールのかかとに
齧りついた戦意は
昼の交差点で踏み潰され均された
寝不足の肺の中で
風景は臭気と化した

私は毎日
何かを取り替え
街から零れ損なったことを
忘れていく

ここにはいつまで居られるのか
人の子である限り
獣にはなれず
摂理は乱せず
両膝があることを訝っては
冷えていく先端を眺めている

眠りたい
眠れない
古い冷凍庫の中から
また氷を取り出し
アイスピックで砕く
ほとばしる欠片を
顔面に被る

たまには
手許が狂えばいい
飼いならされた内側は
すでに砕かれている
袖が真っ赤に濡れたところで
惜しむ明日はない























Kazu.



 夢の話


  1. ラムネ

夢の中で詫びていた
(でも誰に?)

夢の中で詫びていた
(でも何に?)

このころ僕は昔の職場の夢をよく見る
ほとんどが苦しく切ない夢ばかりだ

今朝の夢では
僕が食堂の片隅で昼食を喰っていると
誰かが目の前にラムネの瓶を置いて行った

当たり前のようにラムネ用栓抜きで
きつく嵌ったビー玉を押し込むと
待ち構えていたように泡が昇ってきた

しばらくその泡を眺めていて
「詫びるとはこういうことか」
と考えていた

そのラムネを飲み干すためには
しかるべき位置に
ビー玉を転がさなければいけなかった

夢の中の僕はしきりに
ビー玉に詫びていた




  
2. 中間点

夢の中で中間点に立っていた
(でも中間点って何処?)

夢の中で中間点に立っていた
(でも何の中間点に?)

中間点とは
「線の両端、或いは図形の両端から等距離にある点」
であるならば
僕の人生の中間点はとうに過ぎている

「無我の境地へ」と抽象的に考えても
僕に残された時間と諦観とでは
どう甘く勘定しても釣り合わない

ならばなぜ僕は中間点に立つ夢を見たのか

その答えを考えることが
いまだ未練にしがみ付く過程が中間点にいる
という暗示なのか




  
3. 輪廻

夢の中で歩いていた
(見渡す限り荒涼とした砂漠を!)

夢の中で浮遊していた
(星一つ見えぬ漆黒の宇宙を!)

砂漠も宇宙も夢の中にあっては
距離感の欠如ということでは同等だ
どちらも目指すべき標
(しるべ)が見当たらない

黎明の光を待って
僕はどこまでも歩み浮遊する
すると反転した僕の影が
遥か向こうに見える

今夜の夢はウロボロスの輪に違いない
























齋 藤 純 二



 残 煙


何発も打ち上げられる花火
散った後の白い煙
しばらく黒い空に浮かび流れ
天へ召されたように消える


今年も派手に花火が打ち上がり
俺は腕を組み冷たく見ている

周りで拍手が湧く
確かに綺麗で爽快な広がりだ
どんな気持ちでひとは
この花火を見ているのだろう
ふと
ひとを横目で見ている
瞳が断続的に光り
嬉しさが頬から滲み出ている

俺は素直に花火を楽しめず
大衆の中で孤独を感じ
それでも此処にいたいと
不思議な気持ちに癒されている

あの白い煙を見ると
今年も故人たちを想い出し
繋がる天と地
夏の夜空に浮かぶ白の想い
俺は今年も
こちら側の大衆に紛れている























澤  一 織



 覚 醒


夢を見ていた
そのことに気がつかないぐらい
久しぶりに会ったあなたは
あの日の、そのままの姿だった。

例えば、
合鍵を
テーブルにがさつに放った僕を
咎める時の目の細め方
怒ると語尾が低くなる声
相槌のタイミング
揺れる
小さな耳朶のピアス
首筋のほくろを隠した猫っ毛
祖母から貰ったという腕時計
ベースコートだけ塗られた爪
繋いだ
掌 指先の体温も
あなただった。

でも 
夢は巧妙に
嘘をついた。

あなたがいる
その悦びで
隙だらけになっていただけ
なのかもしれないが。

あの日から
止まっていた話の続きをした。
気恥ずかしくもなりながら
次に会う約束もした。
それらは少なからず
僕を悦ばせるもので
思えば、
新しい彼氏の影がないことも
不自然。
この再会だって。

夢を見ていた
目覚めてすぐ 
そのことに気がついた
けれども
分からないふりをしてみた。
それでも
あの日から
何も変わっていない朝が
ただ在るだけ。
それすら
気がつかないふりをして
夢を見ていたかった。















 最後の取引


人通りも街灯りも途絶えた静寂に、光が刹那、瞬いた気がする。そのあとにい
つも夢に見ていた朝焼けが、高架下の落書き、唾の乾いたアスファルト、背筋
の曲がった影までをも、緋く、包んだ。それは錯覚だったが、とにかく今夜の
取引が終われば、この街の路上から、夜から、しみったれたこのくそったれの
日々から、解放される。

最後になるはずの顧客からは、二時間前、依頼の電話があった。特に特徴もな
い量の注文だが、その種類から常習者に違いない。待ち合わせに指定した場所
は某レコード屋ビル四階の化粧室。俺はビルの外、暗がりの中で秒針を追う。
もうすぐ約束の時間になる、その前に、この生業に就いてから一度も、商売道
具のパケを封切ることのなかった素面の俺が予言してやる。何度か迷ってもお
かしくないこの街で、一度も指定場所を聞き返すことのなかった顧客は時間通
りにやってくる、必ず。袖の長い服を着て、赤目の下のクマを隠さずに。な、
ほら、見ろよ、手元の携帯電話が光りながら震えてやがる。

半年前にチェンマイに逃げたあいつの選択は今思えば間違ってなかった。しか
も、この縄張りを仕切るオーナーが経営する店の看板嬢を連れて飛びやがった。
あいつが散らかした夜の後処理は大変だったが、同時に俺達に夢を見せてくれ
た。この道から抜け出すことができる。なぁ、今、異国に広がる朝焼けはどん
なに美しいのだろう。

指定場所を高架下に移した。耳元の向こう側で確かな舌打ちを聞いたが、それ
が答えだ。麻取や冷やかしなら、予定の変更一つに苛立つことはない。念には
念を入れる、商売の鉄則だろ?人通りも街灯りも途絶えた静寂に動悸が響く。
落ち着け。この取引が終わったら、駅のロッカーに預けてある日銭を貯め込ん
だバックパックを背負って

やり直してみせる。
きっと、まだ間に合う。

鼓動
と混ざる足音
が近づいてくる。

キャップ帽を
深く
被り直して
フードを被る

刹那、
光が瞬き

高架下の落書き
唾の乾いたアスファルト
背筋の曲がった影が
やがて
緋く 
浮かんでは
消えた。

錯覚だっただろうか。

いつも夢に見ていた朝焼けも
緋く 
俺を包んだ。























葉 月  祐



 空 洞


どうか、揺さぶらないで。
カラン、コロコロと、
音が鳴りそうだ。
もしかしたら、
音さえも、
鳴らないかもしれない。
私の中には、
何も無いんだと、
気づかれてしまったら、
見えないところに空いた穴から、
ほんの僅かばかり残された中身が、
ぽろぽろとこぼれ落ちてしまったら、
きっと拾いきれなくて、
困るよ。


 むなしさを拭って使い終えたティッシュの箱、
 ツナマヨのおにぎりが入っていたコンビニの袋、
 飲み干したブラックコーヒーの缶、
 満たされなかった過去の自分、
 よりも、
 今の私は、
 私の中身は――


お願い、どうか、揺さぶらないで。
私はもう、
がらんどう、
軋むばかりの心。
消えてしまいたい、
ここから立ち去りたい、
遠く遠く知らない場所、
誰も私を知らないところへと。
気ままに現れてはいつの間にか旅立っている、
行き先知らずの風は、
私を何処かへと運んでくれは、
しなかった。
猛り狂ったように降り出した夕立ちが、
外側から滲み、
ヒトの臭いを際立たせて、
私から流れ出てゆく。
内側に、とどまることも無く。


濡れて重みを増した石ころのそばで、
私は頼りなく、立ち尽くしている。
もしくはただ、そこに存在している。

ひとかけらの孤独に、
からみついた不自由に、
どうしようもない心細さに、
空洞を打ち鳴らすように降る雨に、
震え上がる背を、
小さく丸めて。

未だに聴こえない、
私の「音」に、
傾けた耳を、
塞いで。






















ひ  な  の



 誰そ彼時


あなたが私に落とした
紅ひとさし

少しずつ 少しずつ
気付かぬうちに
広がったそれは
いつか私の中に満ちて

そこにひとり
溺れていく苦しみを

 あなたは、知らない

ため息がまたひとつ
私の憂鬱を乗せて
どこかにいってしまってよ
せめて 遠くまで

髪を梳く櫛が
つっ、と絡まって
宙にぶらり

無理に引けば痛くて
ひとつひとつほどくには
どうにも億劫で

そっと
鏡台から目を逸らす
黄昏
(こうこん)というには
あまりにも赤い 誰そ彼

 これも、あなたのせい

わずかに揺らめいて
長く伸びた影は
先にいくほど細く

その輪郭のあやうさと
耳の裏に忍ばせた
練り香水の甘い香り















 日の届かない場所


蛍が舞うように
タバコの火が
ちらり、ちらりと
揺れる

カルーアミルクを
喉の奥に押し込んだ
どれほど甘く味をつけても
隠しきれないアルコールの味は

私の中に巣食った
寂しさと同じ

今は際限なく
込み上げてくるそれも
いつか枯れてくれるだろうか

眠らない街は
その内側にいびつを宿して

同じいびつを持った者が
消えないクマを肴に
明け方まで酒を煽る

朝に残るアルコール臭を
気にするような感覚は
とうの昔に失っていた

少しも気分が晴れないまま
ネットカフェの“自室”に戻る
少し眠って
シャワーは起きてからにしよう

明日も
つまらない愚痴と
何度目かの苦労話に
適当に相づちを打って
まずい酒を呑まなきゃいけない

あと何年
この世界でやっていけるだろうか
ふと不安が込み上げる

同窓会を知らせる
幹事の苗字が変わっていた
遠い 遠い世界の話























沢 口 リ リ キ



 グノーシス


日常は平静と平衡を保ち
疑いようもなく 私も
その一部に溶け込んでいた
雨降りの朝

青の紫陽花の葉群れに
サティの「グノシエンヌ第三番」を
雨が奏でている

幻想 解離 変容 神秘

そんな思考の逸脱 異質とは
無縁な一日を
今日も私は送るだろう

間断なく 雨は
葉群れの鍵盤で
一音一音
忠実に演奏を続けている

ピリオドを打つこともなく

「先見の明をもって……
 窪みを生じるように……
 ひどくまごついて……
 頭を開いて」

サティの意味深なささやきが
聴こえてくるほどに


繰り返し 繰り返し
頭の中で音楽はまわる

次第に私の水平的思考は崩れ
歪曲し傾いてゆく
ゆっくりと 確実に

ああ 世界の
規則正しい積木は歪(ひず)み
秩序立った私の現実は
いまや遠くに去っていった

秘教的な思考に侵食された私は
正常に戻ろうと 幾度も
頭をゆするが

クラゲの触手のように
脳髄に絡みついた旋律が
鳴り止むことはない
















 背徳のゆくえ


  『頭の無い猿の形の良心が
   女と俺の間に
   寝ている

         夢野久作 猟奇歌より』




 
  その一 「無間(むげん)


数本の青茄子が冷蔵庫の底で
腐っていた
じくじくと傷んでいた

彼女は左手の中指と親指で
(へた)を抓み

普段どおり
未明に忍び足で去った情夫の
逞しい腕に浮かぶ動脈を思い出し
かぶりつく

からだを四つん這いに崩し
一心不乱に喰らっては
吐く

薄暗い 台所の床の一点に
晩秋の透明な朝陽が
寥々と射し込んでいる

カアテンの隙間から
場違いだとでも云うかのように
怖々と射し込んでいる

だが 陽射しの抜け道は
ここには無い





   
その二 「手首まわり」


ためらい疵が
数しれず
美しい柔肌に
直線で引かれていた

ヤスキハガネの剃刀を手にすると
彼女の心は
高い秋空を眺めるように
落ち着いた

店の天窓から覗く空が
大好きだった

理髪店のその娘は
左薬指に指輪をはめた紳士の
髭を剃る代わりに

秘め事の分だけ
左の手首まわりに印を付けた

いつしか疵は
彼女にしか分かるはずのない
文字となり言葉となり

バイロン卿の詩にも似た詩情と
退廃したロマンスの
妖しい余韻に打ち震えた

夏の出逢いから
初めての冬が訪れたが
指輪の紳士はピタリと訪れなくなった

或る日より長いあいだ
理髪店のシャッターが閉まると

青白い壁に四方囲まれた何もない部屋で
彼女はパイプベットに横たわっていた

そして
手首まわりに紡いだ詩集を
静かに とても静かに読んでいた

大好きな空を眺める窓のない
一室にて























耀  子



 だから 分かるよ


震えている
その薄い肩を
抱きしめるほかに
何が出来るというのか

愛する夫を亡くすには
まだまだ若い友の
その儚げな肩に
そっと手を置いた

苦しかった
辛かった
闘病生活を支え
看取りまでをやり終えて
いまここにいる友

初めは冷静だった
しかし 
話が進むうちに
その声は震え その肩は震えた
必死で堪えている感情の堰は
いつまで耐えられるのか

心の中で 私は語りかけた
そう 話すだけ話すといいよ
そう 泣くだけ泣けばいいよ
あなたの心になりきることはできないけれど
あなたの今の心の九十%は分かるから
だって 私だって 経験しているよ

だから 分かるよ
だから何も言えないんだよ
黙って肩を抱くこと以外には

同じ経験を持つ
ということの 
心強さ 心の安らぎ
そんな幾人もの友と集うとき
気負うこともなく
素直な私でいられる
















 ライブイベント


通っているボーカル教室の
ライブイベントに参加してみないかと
若きインストラクターに声を掛けられた
ライブ会場でのライブなんてやったことがない
「若いもん」のやることだ
と思っていたのだから

しかし
その若きインストラクターに
「上手だから」と言われ
ちょっとその気になって
会費一万円で参加を決めた

参加曲は
淡谷のり子の『別れのブルース』
さすがに古いな古いな
とはいえ
声の質が似ていると
褒められることが多い 
だから大好きで よく歌う
単に似ているだけなのだということは
十分承知の上だが 好きなのだ

褒められて伸びる人と
厳しく指導されると伸びる人がいる
私はやっぱり褒められたいな
褒めてもらえたら伸びると思うよ
まだまだ伸びしろがあるに違いない
と 思えばレッスンにも力が入る

ライブとカラオケは違うらしい
しっかり歌わないと声が届かないよと言われ
ちょっと心配になってきた
しかし参加を決めたのだから
後には引けない 練習あるのみ

二十歳代の可愛い女性インストラクターは
淡谷のり子を知らない
歌詞に出てくる
「出船」を知らない
「メリケン波止場」を知らない
そうだろうな そうだろうな

知らないということが可愛い
その若さが少しだけ
いやいや大いに羨ましい

そんな世代のインストラクターに
淡谷のり子の歌を教わっている私も
可愛いかな
でも地声あり裏声あり 楽しいな

「ブルースの女王」淡谷のり子を
知らない人は どんどん増えても
素敵な声は残る
昔の歌は歌詞が美しい
それに
捨てがたい魅力が 沢山ある























く   れ



 ノウゼンカズラ


人が住めなくなった場所に
ノウゼンカズラがある
気根をだして木や壁などを這い登る
ノウゼンカズラ

八年が過ぎると
困難区域の一部なのだが
大地を削り、除染が行われて
人が住めるようになった

災害公営住宅の広場に
そのノウゼンカズラは移し替えられた
夏中、花が咲く
希望のシンボルとして

その根がしっかりと根付くと
来年は、夏が
花の上で揺れる姿を見ることができる
言葉を一つ置いて
水を注いだ

帰還する人は少ない
夜になると何も考えずに眠ることが
一番の良薬なのだが
でも、眠れないんだよね!

夜には玄関の灯りが二つ三つ点くだけ
コミュニティは少しずつ
できあがっていくのだろうが
老いて行く速さがある

移植し、根付いた
ノウゼンカズラの花のようにと
ときとして感傷に浸る
心が早く根付けばいいのだが

人が住めなくなった場所に
もう一度人が住むことの難しさ
ここが終の棲家だと
言い聞かせてはいるが

あれや、これやはいらない
ノウゼンカズラの花は来年咲くだろう
木や壁などを這い登りながら
帰還者の不安を取り払うように
















 紙飛行機


紙飛行機が空を飛んでいる
この原発大地のどこに
そんな滑走路があったのだろうか

山の方から吹いてくる風に
上手に乗って
空の上を滑るように飛んでいる

モニタリングポストがその風に
数値を変えていく
人が住んでいない区域は
上から見ても荒れ放題の筈だ

原発神話の冠を外して
処分したのは
八年前だから
紙飛行機が飛んでもおかしくはない
が ここではまだ早い

たくさんの疑問が落ちているのだ
そんな疑問を
疑問と感じなくなったとき
原発復興が終わりになるのではない

心の中では、もう終わりにしたいと
考えている人もいる
原発という言葉をしまい込む場所を
心の中に探している人も

時間がこの試練を
解き放つ日まで
あった事実を歴史の中に書き込むまで
終わりにしてはならない

私たちには
子どもや孫たちにこの教訓を残して行く
大事な責任がある

空を飛んでいる紙飛行機をみてごらん
頷いているよ

紙飛行機の滑走路が
原発という言葉がとれて
この大地にたくさんできる日まで

忘れてはならないし
問い続けて行かなければならない























藍 音 な な を



 おいしいは愛しい 2


愛情が欲しいのに
手に収めることができない子供は
精神的に不安定になることがある

私もそんな子供だった

両親の
結婚時から続いていた
夫婦間の不協和音に続いて
その横から差し込まれた知らない楽譜
ぎすぎすした心が擦れあう
きな臭い不協和音の匂い

それを気付かせまいとする母と
気づいてしまう子供たち

不穏な空気は
目には見えないが
隠そうとすればするほど
匂いは隠せないものだ

母は今も知らないと思う
姉妹で眠る
六畳間の二段ベッドの上と下
毎晩毎晩
家族が壊れたら
誰と生活するか
話し合っていたことを


わがままし放題で
家族を振り回す父に似てくる私に
日に日に憎しみの色を濃くしていき

 お前の人生滅茶苦茶にしてやる

そう言いながら
手当たり次第物を投げられたこともある

今思えば
母も
誰にも言えない葛藤の中
悩み苦しんで
心の置き場もなかったに違いない

父が何か問題を起こす度に
祖母がいつも母に詫びる

 ごめんなさい ごめんなさい
 どうか出ていかないで
 あなたが出て行ったりしたら
 私はこの息子を捨てて
 すべて売り払ってお金にして
 あなたに償うために探しに行くから

そう言って縋る姿を何度も見た

そして
そんな家庭が嫌で
家にあまり戻らない子供になった
思春期の私

とは言え
仲間がいるわけではなく
いる場所と言えば
友人の家か知人の店で
居場所を貸してもらう間
食事の支度をするのが代償という
暗黙の了解で

そして
家族が寝静まったころ家に帰り
誰とも顔を合わせずに
早朝学校に出ようとする私に
毎日
弁当だけは作って持たせる母

 出る時間に間に合わなかったら
 持って行かないから

私が強がって言った
その言葉に意地になるように
毎朝弁当だけは作って持たせた

愛情がなかったわけではない
でもお互い
縺れたいろんなものが
心を固く縛っていて
歩み寄ることができなかった

お互い素直に言えなかった

 いってらっしゃい
 心配よ
 気を付けて
 体調はどう
 寝不足なんじゃないの
 友達とはうまくいってるの
 何か困ってない
 おいしかったよ

そして

 いつもありがとう

弁当箱の中には
目には見えないけれど
そんなものが
それはそれは
ぎっしりと詰まっていて
お互い
目も合わせないけれど
気持ちだけは
行き来していた

お互いあの頃は
意地っ張りだったねぇ

そして意地を張り合った
そんな雰囲気の中
小学生から二十代半ば頃まで
あなたを

 お母さん

そう呼ぶことができなかった
罪滅ぼしのように
今では
何かおいしいものを供するときは

 おかあさん どうぞ

と言ってみたりする

母は認知症がかなり進んで
私のことを娘ではなく
違う誰かと思っているのだけれど
それでも笑顔になり

 あら おいしいねぇ

そう言って口にする

もう
母にとって私が
誰であっても構わない
おいしい何かに乗せて
心のやり取りができていればいい
言葉でうまく言えない感情も
口にした時の
笑顔が引き出せれば
愛しい気持ちは伝わっている

私はそう信じている

























瀬   未



 白い夏


眩むほどの
つよい光に晒されて
池のほとり

午後一時
水上音楽堂からは
どこか懐かしい
のどかな歌

花はとうに眠る頃合い
池一面の蓮の葉が
渡る微かな風を変える
大きな羽ばたきへと

そよいで
その通り道を示すように
誰か
私にも教えてくれないか

面映ゆくも
見送ることしかできなかった
遠ざかる背中
蝉時雨

眩しさに目を閉じていても
夏が来るたび
そこから記憶の印画紙は
まっしろに感光してしまう

レモンの輪切り
その断面から滴る
みずみずしい苦さとともに

手のなかのアイスティー
細かく砕かれた氷は
すべて溶けて

この濃白の想いも
だんだんと薄まればいいのに

池のほとり
塗装の剥げかかったベンチにて
うまくいかないチューニングを
幾度も繰り返している