今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







草  香  





 草とり


雨上がりの
草むらに立つ

はしゃいでいる草を
一株ずつていねいに扱ぐ
遠くを見ないように
屈む足元の辺りを
腰の痛さを忘れ
黙々と手を動かす

風が汗をはこぶ
不要なものを捨て
身軽になっていく
心に茂っていた草も扱ぎ
清々しい青空になる
いつの間にか
かつぜんと 土が広がる

梅雨晴れの
土の上に立つ





                       〔三浦志郎:選〕





 杜の朝


鳥居を潜り
参拝を済ませ
引き寄せられるように
御神木の大楠の下に立つ

樹齢5百年の巨木は
高さ25メートルもあり
苔生した太い幹が
四方八方に伸び
どっしりと根を張り
わたしを見下ろしている
みどりの深くに
木霊を感じながら
いつものように見上げる

手入の行届いたその下で
三人のおじさんたちの
仲間に入って一か月
今朝もラジオがオンになると
歌いながら足踏みを始め
軽快な号令とピアノに合わせて
生き生きと体操をする
梢からこぼれてくる
神々しい力が
髪に 腕に
頬に 胸に
降りそそぐ

「おはようございます」
「ありがとうございます」
だけを 最初と最後を交わし
名前を言い合うこともなく
それぞれの今日に向かう

静かになった境内には
風が通り抜けている





                       〔島 秀生:選〕





 重 石


梅干しの重石は同量に
酢が上がれば半分に

子どもの頃
屋根の上が好きで
忍者の真似をし
別棟に飛び越えるのを
父母に見られて 一喝
屋根に上るなと禁止令

このうるさい重石は
楽しみをうばった
窓から眺めて何日もし
瓦より身を心配してくれたことに
悪いことはきっぱりと注意する
親の想いが漸くわかる

歳月がいつしか
私も親にし
子どもの重石となる

父母のように
抑えるだけでなく
見守ることを忘れず
重すぎても 軽すぎても
役目を果たさない
漬け加減に迷いながらの
子育てのリレーは
次の世代にまでつながる

梅雨の間
梅は紫蘇に染まりながら
重みに耐えている





                       〔く  れ:選〕











@すみっこ



 田舎からの帰り


夜八時に
一日で最後のバスに乗る
街灯の少ない道を
四角い形はゆっくりと走って来た

誰も乗っていないかも
私以外に
乗って来る人なんてきっといない
ドアが開き中へ入る

既に一人の乗客はいた
部活帰りの高校生らしき男子だ
一番後ろの長い椅子の
ど真ん中に寛ぐように座っていた

電車もあるはずが
バスに乗るって事は
この子は何処か途中で降りるかな

暫く乗っていると
スーツを着た定年近くのおじ様が
急いで来たからか
汗を拭きつつ安心した様子で一番前に座った

リュックを背負って
チェックシャツを着たおじさんや
髪の長い普段着の様子のお姉さんなど
予想に反してわりといるのだ

扉が開くその度に
不思議そうに
乗って来る人を眺めていた
視線が勝手に
入り口へと向かってしまうのだ

そしてやはり
あの高校生は予想通り途中で降りて行った

上手く説明はできないが
いつもと違う
知らない世界に入ったような
不思議な空気感が漂う
バスに乗った田舎からの帰り道だった

私と比べたら
このバスに何度も多く
乗り慣れているに違いない
私だけが違う
此処では私だけがよそ者なのだ




                       〔齋藤純二:選〕





 我が子へ


君の欲しいものや
行きたいところなど
聞かなくてもわかっている
それが叶わないなら
幸せではないと語る君の口癖を何度聞いただろう

今ある小さな幸せを
君はどれだけ見つけられるかな
ありふれた日常の中で
気にも止めないかもしれないけれど

限りない欲望を
満たしていっても
それは虚しいことだったんだと
わかるのはまだ先かもね

君の幸せも幸せ
だけどまだ本当の幸せじゃない
叶わないなら生きている全てが
虚しくなるなんてことはないんだよ

目の前に見えないことが
たくさんあり過ぎて
時々わからなくなるけれど
迷っている暇はない

諦めることなど知らなくていいから
真っ直ぐな心で
なりたい夢に向かってほしい
小さなことから始めていけばいいんだ

何か一つでも叶えたなら
一緒にね
喜び分かち合おう

思うようにいかないなんて
いつまでも気にすることはない
大事なことは
これからね教えてあげる





                       〔島 秀生:選〕





 つまらない夜


黒い雲で
空ができている
黒く並んだ木々の下を
私の帰り道が続いてゆく

街灯に照らされて
伸びた影を追いながら
傘を杖にして
カッツン、コッツン
カッツン、コッツン

いくら見上げても空は黒いまま

カッツン、コッツン
カッツン、コッツン
明日の天気予報は
また曇りなんだって
それで明後日は雨が降るそうだ

一体いつまで
どこまで黒くすれば
気が済むんだか
何も見えない空なんて
つまらない夜だ
ほら見て、黒しかないんですから

この空の果てなら
星だって
月だってさ
キラキラ光っているんでしょ
早く見せてよ
もったいぶってるなぁ
同じ顔はもう見飽きましたよ





                       〔三浦志郎:選〕











レ ノ ン


記念日のケーキ


小麦粉 砂糖 卵にバター
おいしいケーキのできあがり
じゅうぶんおいしいはずなのに
時々ちょっと欲が出る

ドライフルーツを何種も入れて
ホイップクリームチーズを添えた
贅沢気分に浸ろうと
気取った絵皿に取り分けた

すこし背伸びをしたくって
シナモンとジンジャーを混ぜ込んだ
ピリリと刺激された舌を
赤いワインで慰めた

とことん自分を甘やかそうと
チョコレートチップをたっぷりと
どこを噛んでもぶつかるカリカリ
調子に乗って食べ過ぎて
しばらくチョコはいらないわ

いろんな味を食べてたら
いつものケーキが恋しくなった
一周回ってただいまと
いつものケーキにたどりつく

記念日の朝
回を重ねた今さらだから
ロマンチックはないけれど
あなたのために
いつものケーキを焼きましょう
切りっぱなしで
丈夫な皿に載せたなら
大きなあくびを一つして
パジャマのままで手に取って
パクリとかぶりつくでしょう
マグカップにはコーヒーを
視線の先には新聞を

これまでずっと
これからもきっと
当たり前みたいに隣にいる
あなたと食べるいつものケーキ
小麦粉 砂糖 卵にバター
足りないものはなにもない





                       〔齋藤純二:選〕





 いたずらな三秒


下りる私と交差する
上りのエスカレーター
運ばれるたくさんの人達の中
一人
浮かび上がる

視界に捉えた一秒
顔を伏せた一秒
すれ違う一秒

倍速の鼓動が
全部の神経を背中に向かわせて
前だけを見て上がっていく後ろ姿を
はっきりと脳裏に映し出した

きっとにむこうの方が先に気づいてた
気づかないふりをしているんだと
わかってしまったから
気づかないふりをするしかなかった

目も合わせられなかったくせに
振り返る事もできなかったくせに
この広いショッピングモールの
どこかでもう一度会うかもしれないと
震える指で化粧を直した

次こそは
気づかないふりをされたって
こっちから声をかける
「こんにちは 」って
さらりと通り過ぎるから
振り返って私の後ろ姿を眺めればいい

見せてやりたいから
こんなに元気でいる私を
ただの知り合いみたいに
自然に振る舞える私を
もっとおしゃれ してくればよかった
せめて背筋をピンと伸ばして
あなたのお気に入りだった
大きな前歯をきれいに見せて
にっこりと挨拶するんだ

意地とプライドを
何重にも巻き付けて
期待と不安と緊張を
ぐるぐる掻き混ぜながら
店内を回る
歩く 歩く 歩く…さがす

どこにも いない
私たちは 出会わない

別にいいのよ
現実なんてこんなものねと
滑稽な自分を笑うつもりが
おかしいな
おかしいよね
どうして私 泣いてるんだろう

あなたを思って流す涙は
とうに使い果たしたはずなのに
ああ そうか
だからこれは悔し涙だ
たった三秒
いーち にーい さーん と数える間
それ以上でもそれ以下でもない
そんなものにかき乱されて
躍起になって空回り
気まぐれな神様の
暇つぶしみたいないたずらに
まんまと引っかかった
そんな自分が
馬鹿で
馬鹿で
大馬鹿で
だからこんなに 悔しいんだ





                       〔三浦志郎:選〕











中  也



 雨.雨.


まだ
君との別れを
信じ切れなくて
切ない愛のセレナーデのように
今夜も雨.雨.

通学の電車
たまたま乗り合わせた時も
初めて二人で映画を観た時も
僕のアパートで一晩過ごした時も

そういえば
雨.雨.

些細なことで
喧嘩して
どうしょうもないほど
くだらないことで
笑い合ったあの日が

降り止まない雨の中
二人抱き合って
夢を見たあの頃が

たまらなく愛おしい

男はさあ
愛した女性をフォルダーに
振り分けて
いつまでも忘れないだって

女はさあ
愛した男性を上書きしながら

愛してる男性に
愛を求めるんだって

窓の外に目を向けると
鍵盤を叩くように
雨.雨.

こんな
雨.雨.
雨の中では
貴方のことを
想い出さずにはいられない





                       〔島 秀生:選〕











あ さ ぎ



 価値なきものたちへ


おまえ、つまらないよ

絵の先生に言われた
そして
付き合っていた人にも言われた
付き合っていた人とは別れた

残ったのは私の絵と
思い出の写真
価値がないもの
価値がなくなったもの
新しくできたのは心に空いた穴

どうでもよくなったのだと思う
ぐちゃぐちゃにしたかったのだと思う

絵と写真を切り刻んだ
色彩の欠片にした
この子たちをまっ白なキャンバスに
貼っていった
コラージュというらしい

怒られたかったのか
先生へ提出したら
あれよあれよと
大きな賞をとってしまった

価値がないものたちが
価値を持ってしまった

穴は、塞がらない

穴は塞がらないまま
私は年齢を重ね
塞がらないのに
今はコラージュが生活の糧となっている

私は世界をどれだけ信じられるのだろう
作品が完成すると
自分の穴へ投げ入れる
穴からは何の音も聞こえてこない





                       〔齋藤純二:選〕











小林 大鬼



 令和の雨


令和の幕開け
皐月の始まりも雨

浮かれ騒いだ人々も
熱狂もどこへやら

どんよりと曇り
長い梅雨が鬱陶しく
どこまでも続く

天気ばかりか世相も暗い
涙混じりの世界じゃないか
隣りも遠くも空を覆うかの如く
冷たい雨が降り続く

空が見たい
どこまでも晴れ渡る
爽やかな青空を見ながら
明るい未来を描きたい





                       〔青島江里:選〕











鈴鳴すずしろ


続編決定


僕は映画のエンドロールが好きだ
壮大なBGMと共に
製作者、出演者、協力者の名前が
追えない速度で流れていく
たまにその横やら後ろやらで
没カットやら名シーンやらが載っていて
眺めながら物語の余韻に浸る
あの時間が好きだ

好きだけども

自分のエンドロールでまでそんな余韻に浸れる余裕があるかというと
なんとも微妙である
私は複雑な気持ちで
いわゆる走馬灯というものを見ていた

産まれたばかりのまるで覚えていないところから
つい最近の出来事まで
人生で関わってきた人の名前と一緒に
スライドして
切り替わって
現在へ向かって進んでいく
最後のカットは
トラックが目の前に迫ってくるシーン
ああ、最後はこんなんだっけ
1番新しい出来事のはずが
何故か遠くに感じられて
映像が薄くなるのに合わせて
閉じていく世界の中で
先のない事実と虚無感が
だんだんと僕を飲み込んで……

「続編決定!」

覆い始めた暗闇を吹き飛ばして
爆音のファンファーレと共に
知らない誰かがそう言った

幕が上がった

そう直感した僕は
やたらと明るい光の中へ
咄嗟に一歩を踏み出していた



僕の再演は家族の涙で迎え入れられた
どうも続編が出る予定はなかったらしい
丸1年も音沙汰無しではそうだろう
これは奇跡だ、とお医者様が言っていた

僕は気づいていた
続編が出来たのではない
続編を作り始めたのだ
それならより良い作品にしなければ
僕はうんと伸びをした
次のエンドロールを見る時は
ポップコーンを持参しよう





                       〔島 秀生:選〕











エストリン 


君に伝えたい


言葉にならない想いを
君に伝えたい
愛とか恋とか
言葉があるけど
そんなのでは伝わりきらない
いつでも
感謝している
君に毎日毎秒
感謝の手紙を書きたいくらいに

明日への扉が
とても重たい日
君が扉を軽くしてくれる
大丈夫
大丈夫
大丈夫だからといって
まるで呪文のように
心が柔らかくなり
乗り越える

ありがとう





                       〔齋藤純二:選〕





 親 友


あなたには必要だった
と言うんだよね
精神保険福祉士は
その援助が
私には必要だったと
当時は、と、
と言うんだよね

今は要らないと、言うんだよね

勝手だわ
とか、思う私

精神の障害者ばかりがいるグループホーム
引き取られて、五年がたっていた

一応、福祉サービスなもので
グループホームが、です
私みたいな入居者を
利用者さんなんて、言い方をします

今、利用者さんの中で
働いているのは私だけ
障害者雇用だし
一般企業だとはいえ
短時間労働者だし
給料しれてます

利用者だった人で
A型事業所で働いて
立派に
一人暮らししているのを
知ってるけど
いやぁ
私にまで
それを
つまり
一人暮らしを要求するか

アパートってさぁ
高いじゃん
あきませんわ
市営住宅しかない
県営住宅とかさ

父親に保証人なってもらわないと

市営住宅に移って
半年
ようやく一人暮らしにも、慣れた

かつて利用者だったとき
世話人がいたわけだが
世話人の一人は
私にはこう言った
若いんだから、こんなとこ、はやく出ていきなさい

こんなとこかね
私だって
利用者になりたくてなったわけではない

いろいろあったさ

家族との、固執

通院は必要で
病院の中にあるグループホームの前を
通りかかったり
するわけだが
利用者の一人
私の親友を自負している親友は
こう言う
私も、出ていきたい

私は言えない
だって
あなたは私より
心で呟く
重すぎるよ

何がって
病気が、さ

素直でいい子なんだけど
重い

病気の理解がないとか
きれいな言葉がある
かつて
一緒に生活していたわけだが
私でさえ、この親友の重さに
耐えられないときがあった

私でさえ
五年前は

必要だったんだろ

この福祉サービスがさ

皮肉だよ
出ていけとは

そんな言葉を
このグループホームの精神保険福祉士は
言ってない
使ってない
だけども

直訳すると
そんな感じだ

あなたには
もう、この福祉サービスが
必要ありません

親友よ
あなたには
この福祉サービスが
必要なんだよ
たぶん、ずっと
ごめんよ
力になれなくて
言葉が通じないからさ
いくら、話しても
ごめんよ
私は私の人生を生きてみる
本当にごめんなさい
さようなら
そして
ありがとう
いつまでも
親友さ
ありがとう





                       〔島 秀生:選〕











埼玉のさっちゃん


虹の風景


雨上がり
雲の隙間から虹が出ている
数分間の天体ショー

一人で空を見上げ
まだ帰って来ていない
貴方と一緒に見たかったと思う

あっ?
写メを撮って送ってあげよう
同じ景色を共有したいから
きっと、喜んでくれる

梅雨明けがまだで
心がどんよりしていた時に
空からのご褒美かと思った

一瞬の奇跡に出逢えて
心から嬉しくなった
これからも見られたらと
虹に願ってみた





                       〔く  れ:選〕











夕月 知李 


葉と花


ひとつの命が終わっていく
そしてまた
ひとつの命が始まっていく

ゆっくり ゆっくり

枯れて水面に落ちる木の葉のように
水に浮かび咲き開いていく蓮の葉のように

ゆっくりゆっくりゆっくり...

私たちはそれを
見送りながら
見送られながら
時代を超えていく

どちらが
正しいとか悪いとか
悲しいとか嬉しいとか
そんなことではなく

そのあいだが愛おしい
ただそれだけ
愛おしくすればいいのだろう

そういう時代で、私でありたい





                       〔島 秀生:選〕





 休 息


私は濁った空を見上げていた
こんな日は気が滅入る
そっと庭の花に視線を落とす

そこに
ひらひら
ひらり
アゲハ蝶

その美しさに心を奪われた
蝶は私に

笑顔でいますか?
泣いていますか?
私を見てください
疲れがとれませんか?

そう伝えているように
ゆっくり羽根を広げて閉じて…

私は蝶にそっと触れようと手を伸ばす
すると蝶はひらりと私の眼の前で
飛んでいってしまった

再び空を見上げると
濁り空に鮮やかなアゲハ蝶

私は心でシャッターを押し
その景色を撮った

呼吸をしているのを感じながら…





                       〔三浦志郎:選〕











かすみ じゅん 


初夏、囁くような奏で


窓辺から
軟らかに射し込む

朝の
白金の光を瞼に乗せて
じわり染み透る温もりに
束の間
心地よく浸り

部屋に流れ込む
緩やかな風を掌に一つ掬い
すふうと、涼を吸い込み
そっと放した

見上げた視線の先には
紛れもない夏色の空
大きな羽根を
力強く広げるように輝く
太陽が
悠々と散らばり泳ぐ積み雲を
生き生きと
目映く照らし出す

花片高く
舞い踊るように
駆け抜ける、囀り

鮮やかに色濃い
緑多き町の風景を見渡し
幾つもの一瞬を
切り取り
瞳に残して

心にさらり
綴られる言葉
雑記帳の頁に赴くまま
記し、眺めながら
ほっと
甘く笑みを溢す

物静かな隣人の佇む
脇部屋からは
懐かしい
オルゴール調の旋律が
微かに届き

優しく
胸の奥まで、響いている





                       〔島 秀生:選〕





 侵 蝕


薄汚れたシーツに
背中を合わせ

仰向けのまま、瞳の先に
持ち上げた手背は
歪に乾涸びた
木乃伊のオブジェ

沈黙を奏で
ゆったりと角度を変えながら
宙を確かめるように探る

指先に抓む
長い前髪は
逆立ちした漆黒の裸木

引き伸ばされ
チリチリと音立て
クルリ捩れ
パラと
踊り開けた

広い窓を覆い隠す
波打つ皺だらけのカーテンに
滲むだけの、淡い光

明暗の曖昧な
部屋の空間に澱む蠢きが
身体を這い回る

然して、ゆっくりと
入り込んで来る
少しずつ

微かな雨音を拾う
外耳道から
結ばれない唇の
口端から
温い空気を吸い込む
鼻孔から
虚ろに泳ぐ
眼球の縁から

細かに動作する
夥しい数の、感触

湿って行く
 ジトジトと
濡れて行く
 グッショリと
埋もれて行く
     刻刻、と


塞がれた


重い
ずずと圧されて
沈んで行く
じわり
奥へ


かに
ずっと、深く

永い
闇へと
堕ちて行く
導かれるように
思考すら儘ならなく為る
もう、何も届かない

意識の渕まで





                       〔三浦志郎:選〕