■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

左 子  真 由 美 
 詩集『 RINKAKU(輪郭) 』 から 9篇

         





シグナル


それは
パンの竈
(かまど)の小さな種火
遠い昔に
消し忘れたままの
部屋の灯り
いつまでも
いわれのない懐かしさと
寂しさで
わたしの肩をたたく
愛しいシグナルよ

あなたはだれ?
だれの指?












 駅


駅は渚
潮騒のように
時が寄せてはひいていく

わたしたちはいま到着したのだということ
わたしたちはいま出発するのだということ
出会うひと 別れるひと
宇宙のプラットホームに響きわたる発車のベル
その嬉しいような悲しいようなざわめき……

過去と未来が寄せては返す
ここは時の駅
駅は渚












マリアンヌ


マリアンヌは風船売り
街でも公園でも通りでも
どこにでも出かけてゆく

マリアンヌは風船売り
その前にはいろんな仕事をした
だけどみんな続かなかった

マリアンヌは風船売り
風船を持ったら誰でも幸せになるわ
たとえ少しの間でもね

青い風船、赤い風船、黄色い風船
時々手をはなして空へ飛ばすと
子どもたちはおおはしゃぎで追いかける

マリアンヌは風船売り
ツンと突き出した胸と
ゆれる亜麻色の髪

マリアンヌは風船売り
カフェで出会った彼女は言った
人生は簡単じゃない でもだから面白い

マリアンヌは風船売り
昨日暮らしていた男と別れて
屋根裏部屋を飛び出した

今日から住む家もない
でもそんなことたいしたことじゃない
風船がのぼっていく大きな空があればいい

ポケットにはわずかばかりのコイン
寂しいときはオレンジをかじる
けれどマリアンヌはマリアンヌ

マリアンヌは風船売り
陽気で考えなしのおてんば娘
でもとびっきり人がいい

懐かしいマリアンヌ
パリの街の路地裏で
幸せの風船を売っているマリアンヌ

そして風船の数だけ
恋の歌と哀しい歌を知っている
街角のマリアンヌ










ひだりこまたみ


小学校一年生の入学式のこと
式を終えて新しい教室に入ったとき
子どもたちはみんな
自分の名前の書いてある机を探した

え、ない、ない
いくら探してもわたしの机はない
すると先生が
一つの机までわたしを導いた

ひ・だ・り・こ・ま・た・み

木の匂いのする新しい机
真っ白な紙に墨の文字で
そんな名前が書かれてあった
くっきりはっきり

わたしが大声で泣き出したから
後ろにいた若い母はうろたえたに違いない
そのとき
わたしは教室に居場所がなかったのだった

あれからもう何十年
笑い話のように
あの時のたよりなさを思い出す
名前のないことの何という不安

それからわたしはたくさんの扉を開け
たくさんの部屋に入った
いまでもそのたびにわたしは探している
わたしの名前の貼ってある小さな机を










Furikaeru


ふりかえったら
きえているかもしれないと
おもうことがある
だから
なんどでも
ふりかえってみる
かいだんで こうさてんで
あなたが
きえてしまわないか と

せんかいでも
いちまんかいでも
あぶなく
ころびそうになっても
なにをしているの と
とがめられても

なんどでも
ふりかえって
さがしてみる
なにもかも
ゆめであったかもしれないから
そして
ふれてみる
うさぎみたいに
あたたかい
あなたに











遠 雷


わたしは影です
真夏の樹木の
陽差しから最も遠い
影です

あのかたのそばに
わたしではない誰かが
寄り添って歩いている
そのとき
まるで
感情がない布みたいに
野原に落ちてしまった
わたしは影

──どこかで遠雷が鳴っている
   雨の知らせなのだわ

わたしは影
いましがた
あなた方が通った
その樹の影です
みずを打ったような
真夏の街の
陽差しから最も遠くで
ゆれている影です









夜のコート


夜はコート
地球のコート
都会のビルの上にも
小さな村の教会の塔にも
虫たちのはねる草原
嵐の海にも
仕事を終えて疲れた人々の屋根の上
一日中泣いていた娘の窓辺にも
同じようにやさしく降りてくる
夜はコート
すっぼりと
かなしみも痛みも
暗闇のなかに溶かしてゆく
地球のコート
誰にもその大きさはわからないけれど
誰もみなそのコートに包まれて眠る
そして
夜のコートが消えてゆくとき
かなしみは小さな雪の欠片
(かけら)となって
きれぎれに散ってゆくだろう
いつとは知れず
明るいひかりのなかに
泣いていた娘は少し強くなって
閉じていた窓を開けるだろう
夜のコートが
仕事を終えて立ち去るとき










質 問


いま考えていますから
まだあてないでくださいね
もう少しでわかりそうなのです
と 少女は顔をあからめた

星のようにだまっているのは
そのせいなのです
木のように突っ立っているのは
そのせいなのです

謎めいた世界のXとYに
シロツメクサのスパイスをかけて
未熟な呪文を唱えながら
少女は謎解きの真っ最中

どうしてここにいるのか
何をするために生まれてきたのか
宇宙の片隅の教室で
いっしょうけんめい考えているのです

あと少し待っていてください
星がまたたくように
木が空へ枝をのばすように
先生わたし、もうすぐ手をあげます










(みぞれ)降る日に


何もかもうまくいかない日がある
少なくともそう思えるときがある

霙が
灰色によどんだ空から
冬の終わりの街に降る
仕事を終えて
ひとり歩く舗道

ふと見上げた眼に映る
桜並木の
裸の痛々しい枝に
霙に打たれている
ほのかに膨らんだつぼみ
凍てつく寒さの中で
確かに咲こうとしている
そのいくつものつぼみの愛しさ

私は足を止めて
じっとつぼみを見つめ
それからまた
人の流れに混じっていく

それが何であろう
ささやかな営みの
うまくいくとかいかないとか
霙に濡れて
手足が凍えても
それが何であろう
生きることが
こんなにもいじらしくつつましく
確かであるのならば

私はそのことを誰にも言わなかった
その日の言い知れぬ感動を
いや、誰かへの手紙の最初の挨拶にこんな風に書いたかもしれない

──桜のつぼみが膨らんできましたね











 左子 真由美 さんの詩集 『 RINKAKU(輪郭) 』 (竹林館)
  2019年 7月刊より抜粋   ISBN978-4-86000-415-6 C0092
  定価 (本体1,800円+税)


 「いい詩を書きましょう」と、言ってくれたのを覚えている。
 「上手な詩」ではなく、「いい詩」を書きましょう、それはそういう意味である。彼これ、三十年ほど前の話だろうか。その頃、迷いに迷い込んでいた私は、左子さんがかけてくれたそのひと言で、霧がぱあっと開けて、明確な一筋の道が見えた気がした。誠にそのとおりだと思った。それは現代詩が、本当は誰に向かって書かれるべきものであるのかの問いに対する、答えでもあるのだと思う。以来私は、左子さんと「いい詩を書こう」とする仲間なのだ、と思っている。だから、MY DEARにも、そのポリシーは貫かれている。
 本詩集は、ずっと「いい詩を書こう」としてきた左子さんの、集大成を見た気がした。左子さんの過去最高の詩集であり、2019年の成果と言うべき一冊だと思う。全26篇所収。

 私はまた、あの時のことを覚えている。大阪を代表する詩人・小野十三郎さんが亡くなられたあと、実は大阪の詩人会は空中分解した。小野さんの後継と目された、次の世代の三名の詩人が、三つ巴の仲の悪さだったためである。それで、そうした力関係からは距離を置いたところにいた、次の次どころか、次々々々世代くらいだった、詩誌『PO』の左子真由美さんや故・水口洋二さんら若手を中心としたメンバーが、『四季』の杉山平一さんを新たに会長に冠する形で創設したのが、「関西詩人協会」である。左子真由美さんは、関西詩人協会創設における、最大の功労者なのである。いま思っても、勇気ある行動だったと思う。
 関西詩人協会はその後、名のとおり関西一円から会員が集まるところとなり、会員数は、地域の詩人会としては全国最大数を誇っている。会長は、杉山平一さん亡きあと、二代目・有馬敲さんを経て、昨年からは、その左子真由美さんが、三代目会長に就任されている。株式会社竹林館の社主でもある。

 作品『シグナル』。
 真っ先に思い出したのは、杉山平一さんの『希望』という詩の中の一節だ。『希望』という詩に書かれてあるのはこうだ。
 突然不意に、電車がトンネルに入るように、自分たちが闇の中に放り込まれてしまうことがあると。そんな時は、ぐっと我慢していれば良いのだと。トンネルを抜け出る時のように、じきに一点、小さな銀貨のような光が、ぐんぐんあなたに近づいてくるからと。そう言って、私たちに生きる勇気を与えてくれる詩なのである。何故だろう、私は『シグナル』の「パンの竈の小さな種火」という詩行を眼にした時、杉山さんが『希望』で書いた「小さな銀貨のような光」と、同じものを感じたのだが。
 男性が書けば「小さな銀貨のような光」になり、女性が書けば「パンの竈の小さな種火」になるのではないか、と思った。あなたの肩をたたく懐かしい指もまた、勇気の光ではないのかと思うのだ。

 作品『駅』。
 「駅」は、いろいろなものに喩えられるようになった。とりわけ「宇宙の駅」は、もうすっかりポピュラーなものになった。しかし、この詩では「駅」は、海の「渚」であり、「宇宙」である、トリプルな空間。いや、そもそも「渚」が、寄せては返す、「時」の流れの比喩であるから。また、ここでの時の流れとは、ある人にとっては出発であり、ある人にとっては到着である、「人生」の繰り返す営みのようであるから。話は、四次元、五次元へと広がっていくようだ。
 しかしながら、この詩は反面で、SFのようには全く見えない。駅の雑踏が、喧騒が、誰一人いない海辺の渚に、静かに定着されて在る。

 作品『マリアンヌ』。
 マリアンヌは、風船を売っているが、少女ではない。歳若くして働きに出ているし、男とも暮らしていたが、案外とまだ20代前半という感じがする。仕事が合わなくて苦労し、転々としている。男運もなさそうだ。「人生は簡単じゃない」と知っている。「でもだから面白い」とも言う。化粧っ気がなくて、粗野だから、レディという感じとは程遠いけれど、笑えばあどけなさの残る、カワイイ笑顔を持っていそうだ。「とびっきり人がいい」マリアンヌ。「懐かしい」マリアンヌ。
 左子さんは、フランス文学を勉強していたので造詣が深い。渡仏もしている。本当に昔、パリで出会った女性がモデルになっているのかもしれないが、古き良き時代のパリの路地裏に住む、おてんば娘像を、見事に舞台演出していると思う。街の雰囲気と娘の生き方が、とてもよく似合っている。また、苦労していても逞しく生きる、この娘の人生の前向きさや陽気さは、ちょっと日本人にはないものだ。このパリの娘の生き方に、作者自身、どこかあこがれを持つ部分があるのだと思う。

 作品『Furikaeru』。
 あなたの一番大切な人は、今、あなたのそばにいますか? 作者ならずとも、そう問うてみたくなる。自分が大切に想ってきた人は、いつもいなくなっている気がする。長く、そばにいてくれた試しがない気がする。だから、そばにいながら、まだそばにいるか、確かめたくなってしまう。また、消えてしまうのではないかと、時々不安に駆られる。
 「振り返る」とは、そのようなことであるのだろう。
 詩中に、「ゆめであったかもしれない」と想う気持ちや、「ふれてみる/うさぎみたいに/あたたかい」の言葉があるし、他方、「なにをしているの」も、当の相手の言葉であるのだろうから、やはり恋の詩(うた)にこの詩は読みたい。左子さんには『愛の手帖』という詩集もあり、恋の詩も、本当にステキな詩人なのである。

 作品『質問』。
 終連、「星がまたたくように/木が空へ枝をのばすように」少女が手を挙げるとは、なんと美しい表現なのだろう。その動きはまるで、草木の動きや宇宙の動きと、調和していくようである。また中盤にある、シロツメクサの比喩も、少女の姿や健気な性格を象徴しているようで、なんと似つかわしいのだろう。
 この詩集の題名『輪郭』は、同名のタイトル詩があることに起因していると見る向きが多いだろうが、私はちょっと違うことを考えている。「輪郭」は、左子さんの詩論でもあるような気がしてならないのだ。「輪郭」とは、例えばこの終連で示されたような美しい図を、際立たせるような縁取りのことである。左子さんの詩は、読む者の脳裏に、きっくりとした映像を呼びこんでくれる。「輪郭」はそのために必要な、映像の効果的役割だと言っているように、思えてならない。
 ところで、小学校低学年の教室で、先生に質問されて、考えているかに見える少女は、「どうしてここにいるのか/何をするために生まれてきたのか」という、とんでもない難問を考えている。それはきっと、今ある少女がやがて大人になり、その答えに行き着くまでの、まっすぐな生を、少女の半生に渡る幸せを、作者がその姿に願っているからにちがいない。

 作品『霙降る日に』。
 弱り目に祟り目。泣きっ面に蜂。該当する言葉がいくつも用意されているところを見ると、「何もかもうまくいかない日」というのは、古来より、誰にでもあったのだろうと想像する。経験則でいうと、「何もかもうまくいかない日」というのは、周期的にやってくる。午前中に、ちょっと想像を超えた出来事が2回立て続けで起きた時は、これはもう「その日」なんだと観念して、午後は当たり触りのない仕事をし、なるべくさっさと帰るに限る。そんな日は、頑張っても裏目に出るばかりだと、経験則が教えている。帰り道の道すがら、お寺か神社で、「明日はちゃんと頑張りますから、うまくいきますように」と願って帰る。全くなんの参考にもならないだろうが、「何もかもうまくいかない日」のやり過ごし方は、私はざっとこんな感じだ。

 作者が出くわした「何もかもうまくいかない日」は、思いのほか深刻だったらしい。これまで色々なことを経験してるから、もうこれ以上困ることには出くわさないだろうと思っていても、それを飛び越えるものはちゃんとやってくる。この詩における、作者の落ち込みようはただならない。帰り道に見る風景は、全部が沈んで見えている。そんな中、冬を越えた裸木の桜並木の、一つの枝先で、蕾が膨らみ始めているのを、見つける。
 標準的な年齢でいうと、だいたい自分が60歳前後になった時に、両親が亡くなる。その頃になると、同い年の同期でも病気等で早死にするものが出てくる。尊敬する先達詩人たちも、ここ数年亡くなられた方が多い。
 作者の脳裏にあったのが、どなたであったのかはわからない。しかし、例えば、つい先日に親しき人の葬列に出たあとだとしたら、亡くなった人の無念に比べれば、生きて在ることの「うまくいくとかいかないとか」は、全部些細なことだと思われるてくるのではないだろうか。「それが何であろう」と、落ち込む自分に、言いたくなってくるではないだろうか。幸なのか、不幸なのか、弱い気持ちになっている作者を鼓舞してくれたのは、亡くなった近しい人の、魂であったにちがいない。


                                        (島)