□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 275号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十四年

 戦後七十四年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさんがさらに新詩集を出版。


  木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>

  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税










 編集雑記


デリケートな話ですけど。


 ■とりあえず、日本国民に説明して!!
  ───「安全保障上の理由」の具体的な事例が一向に出てこない。

 デリケートな話なので、あまり触れたくないのですけど、日本政府の説明は、日本国民としても、よくわかりませんと、言いたいです。「軍事転用可能な物資について」ホワイト国の対象からはずす、ということですが、とりあえずそれを額面どおり受け取るとすると、それは何か具体的な不備があったから、はずすということになったんだろうと常識的には推察するわけですが、じゃあ具体的に何があったんだ、ということに関して、政府は何も公表していないようで、何ら報道されてくることがありません。
 まるで「安全保障上の理由」という言葉だけで、その意味を察しろと言わんばかりなのですが、これは極めて抽象的です。本当は実務レベルの話なのかもしれませんが、ことがこれだけ大きくなっている以上、日本国民にもわかるように、説明して欲しいですね。
 どんな具体的なことがあったのか、A部品、B部品というふうに、匿名性は守ってくれたらいいので、例えばこういうことがあったり、そういうことがあったりしたからなんだと、言ってくれたらわかりやすいんですけれど、「安全保障上の理由」ばかりくりかえされると、それ以上説明できないのは、実はたいした根拠がないからでは? と、疑う向きも出てきてしまうのではないでしょうか? ビジネスシーンにおいても、抽象的な話ばかりで、具体的にならない話ってのは、人に信用されないし、説得力を持たないのが常ですから、本当に正当な理由があるのでしたら、きちんと述べて欲しいですよね。相手国の人や政府がどう思うか以前に、日本国民にまず納得させて欲しいです。
 そもそもが抽象的な話しかしないから、抽象的な話で返される。さらには全体的な話で返されるという、マクロ方向な話になるんじゃないでしょうか。この話が正当なら、この話は本来、ホワイト国をはずす ⇒ それはこう事例があったから ⇒ 注意すべき第三国に軍事転用部品が流出したのはどういういきさつで、どういうルートか ⇒ そこに流れない方策は? ⇒ そのための管理体制は? という、本来はどんどんミクロ方向に落ちていくべき話なんじゃないんでしょうか? 話の向きが、完全に違っちゃってますよね。
 また、ビジネスシーンの感覚でいえば、「こういう部分の審査を厳密にし、現場検証を定期的に実施し、そのための人員体制や管理体制を作れば、またホワイト国復帰も考えます」みたいな、こちらが欲してる回答について、相手にヒントを与えるようなことも、ビジネスシーンではするのですけどね。政治のシーンでは、しないもんなんですかねー そのへんも一般国民にはわかりにくいです。





 ■専門家が言うには ───「対韓輸出管理問題がここまでこじれた理由」

鈴木一人
北海道大学公共政策大学院教授

 7月1日に経済産業省が公布した「輸出貿易管理令」の運用の改定は、極めてテクニカルな行政文書であるにもかかわらず、日韓関係を大いに揺るがす文書となった。この件については、韓国研究の専門家や輸出管理、国際経済法の専門家などがすでに言及しており、論点が出尽くしている感もあるが、逆に様々な論点が提示されているがゆえに、実態が分かりにくくなっているという側面もあるように思える。ここではなぜ議論が混乱し、わかりにくくなっているのかを整理して、今後の展開を考えるうえでの補助線を引いてみたい。

 〇単なる輸出管理制度の運用見直し
 今回の措置は、現実に起こったことだけ見ると安全保障貿易管理、すなわち日本から輸出される製品で大量破壊兵器の開発・製造につながるものの輸出の許可に関する政省令(輸出貿易管理令)の変更に過ぎない。この輸出貿易管理令は外国為替・外国貿易法(外為法)の詳細を定める政令であり、他の様々な機微技術を含む製品を管理する法令である。
 今回の措置は、韓国の「輸出管理制度の不備」を理由に、特定の3品目(フッ化水素、EUV用レジスト、フッ化ポリイミド)に関してはこれまでの包括許可から個別許可に移行し、それ以外に関しては包括許可を維持するというものである。フッ化水素は半導体、レジストはDRAMなどの媒体、フッ化ポリイミドは有機ELなど、いずれも韓国の主要産業に不可欠なもので、なおかつ日本の製品が世界市場において大きなシェアを占める製品である。これらの製品の輸出許可を個別に取ることは、輸出業者にとっては大きな手間となる一方、包括許可の時よりも審査に時間がかかることになる。また、場合によっては輸出許可が出ないというケースもあるだろうが、この制度変更だけで「輸出制限」や「禁輸措置」となるわけではない。

 〇「ホワイト国」から外れる意味
 しかし、韓国国内では、この制度変更が韓国に対する制裁措置であり、韓国産業に損害を与えることを意図したものであり、自由貿易のルールに反するという解釈がなされている。これが韓国側の強い反応を引き起こし、WTOへの提訴や国連安保理の北朝鮮制裁専門家パネルによる調査の要求といった対応を導き出している。本来、包括許可を個別許可に変えたに過ぎないことがここまで激しい反応を引き起こしたのは、日本の制度変更をめぐるメッセージの発信に問題があると思われる。
 まず、単なる制度変更であっても「なぜこの3品目なのか」「なぜ韓国だけなのか」という問いに対する明確な答えが出されていない。今回の制度変更は韓国の輸出管理体制に不備があったからというのが経産省の説明ではある。実際、韓国企業が操業する中国の工場に日本から輸入した製品が流出しているといった話は以前から問題とされており、それに関する協議を日本側から呼び掛けても韓国側が対応しなかったという過去がある。その意味では日本の対応は合理的ではあるのだが、同時に、こうした輸出管理の不備は韓国に限らず他の国でも問題となる可能性はある。すでにウクライナとトルコに関しては大量破壊兵器の不拡散に関する4つの国際レジーム(核供給国グループ:NSG、核物質管理のザンガー委員会:ZC、生物化学兵器のオーストラリアグループ:AG、ミサイル技術管理レジーム:MTCR)と通常兵器の輸出管理の枠組みであるワッセナー・アレンジメント(WA)の5つに入っているが、この二ヶ国は「ホワイト国」として認定されていない。
 「ホワイト国」とは大量破壊兵器不拡散の4つのレジームとWAに入っており、なおかつ輸出管理が適切に実行されている国に与えられる、日本特有の枠組みである。「ホワイト国」として認定されれば包括許可手続が適用され、輸出がスムーズになる特典があるが、ウクライナとトルコはレジームに入りながらも輸出管理体制の不備から「ホワイト国」としての扱いにはなっていない。韓国はこれまで「ホワイト国」であったが、今回の制度変更で上述の3品目は個別許可の扱いになった一方で、その他の品目に関しては包括許可が残るという特殊な仕向け先になったため、ウクライナやトルコのグループ(貿易管理令では「ほ地域」)ではなく、韓国のみが属するグループ(同「り地域」)に分類された。
 韓国だけが特殊なケースではなく、国際レジームに入っていても「ホワイト国」扱いにならないが、3品目以外は「ホワイト国」と変わりないのだから、ある意味韓国はこれまでの特権を享受し続けている。その意味で韓国が「ホワイト国」から外れる意味は小さい。

 〇政治性を帯びた3品目
 しかし問題は「なぜこの3品目なのか」という点がはっきりしていないことであろう。実際、これらの品目は日本が韓国に対して「レバレッジ(テコ)」を利かせることができる品目であり、輸出管理が強化されることによって韓国の主力産業に影響が及ぶリスクが高まる品目である。ここに政治的な意図を韓国は感じ取っているのである。
 これらの3品目に関する韓国の輸出管理上の問題があるとすれば、日本政府はそれらを公にする(すでに報道ベースでも中国への流出の問題などは取り上げられている)ことでこうした問題は払拭できるかもしれないが、現実にはそうなっていない。
 その背景には、安倍首相が参議院選の党首討論会での質疑応答で、今回の制度変更の意図として徴用工問題や慰安婦合意に関する日韓の政治的な問題が背景にあることを示唆し、また担当大臣である世耕経産大臣はこうした制度変更の措置をとった理由として、「さらに今年に入ってこれまで両国間で積み重ねてきた友好協力関係に反する韓国側の否定的な動きが相次ぎ、その上で、旧朝鮮半島出身労働者問題については、G20までに満足する解決策が示されず、関係省庁で相談した結果、信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない」とツイートした。
 こうした発言が日韓両国のマスコミに取り上げられ、それが両国で大きな話題になると様々な憶測に基づく解釈がなされるようになり、韓国においては日本が徴用工問題に対する報復を行ったという認識が強まっている。とりわけ日本は参議院選挙の直前であり、安倍政権は韓国に対して強気の姿勢を見せることで選挙戦を有利に戦う算段であるとの解釈が広まっている(その可能性は否定しないが、日韓関係は参院選の争点とはみられておらず、投票行動に大きく影響するかどうかは定かではない)。

 〇WTOへの提訴は問題にはならない
 他方で日本政府は今回の措置を「韓国の輸出管理体制の問題」として安全保障上の懸念から措置をとったという説明の一点張りで、当初は徴用工問題などとのリンクを示唆していた政権首脳も歩調を合わせて論を展開している。また、韓国がWTOへの提訴を主張する中で、日本ではこの問題を「安全保障上の問題」として位置づけ、GATT第21条に基づく例外措置であるかのように議論されることがしばしばである。しかし、ここには誤解がある。
 GATT第21条は『自国の』安全保障上の重大な利益の保護、ないしは国際の平和及び安全の維持のため国際連合憲章に基づく『義務』がある場合、自由貿易の例外となる規程である。ただ、今回の日本の輸出管理制度の変更は、必ずしも自国の安全保障に直結する問題でもなく、また国連憲章に基づくものでもない。輸出管理は先に挙げた国際レジームという有志連合が、大量破壊兵器の不拡散をグローバルな利益として考え、国際秩序安定のための措置として考える国々によって主導され、国連とは別の枠組みで成立させている仕組みである(ただ国連安保理決議1540で大量破壊兵器の不拡散が決議されており、その履行を促進する委員会も存在するため、国連と完全に無関係というわけではない)。
 こうした理由から、もしWTOに提訴された場合、「安全保障上の問題」なので例外規定が適用されることが確実とはいえない。しかしながら、大量破壊兵器の不拡散と通常兵器の拡散防止は国際秩序を形成するうえで重要な要素であり、これまでも自由貿易という国際規範と不拡散という国際規範は両立してきた経緯があり、今回日本がとった措置は、韓国に対して3品目を包括許可から個別許可に移すという限定的な措置であり、なおかつ個別許可の仕組みはウクライナやトルコのような「非ホワイト国」に対してこれまでも実施してきたものである。その観点からすれば、今回韓国に対して行った制度変更は既存の輸出管理の枠組みから逸脱するものではない。
 加えていうなら、もし韓国が輸出管理という制度自体がWTOの理念に反すると主張するなら、韓国自身も5つのレジームすべてに参加しており、輸出管理を実施している主体であるため、自らもWTO違反をしているということになるだろう。

 〇すれ違ってしまったゲームのルール
 ここまで見てきたように、韓国に対する3品目の輸出管理制度の変更は、制度的には大きな変更ではなく、また、WTOに提訴したところで大きな問題にはならないと思われる事案だが、ここまで騒ぎが大きくなったのは、この問題が政治性を帯びた「エコノミック・ステイトクラフト」であるとみられているからであろう。「エコノミック・ステイトクラフト」とは直訳すれば経済的国政術ということであるが、具体的には経済的な手段を使って国家的な目標を達成するという行為である。しばしば今回の日本の対応が「安倍政権のトランプ化」と言われるように、イランやベネズエラに対して制裁を科して望ましくない政権を打倒したり政策を変更させたり、中国との報復関税の応酬をすることで米中貿易摩擦を解消しようとしたりすることと同じような「エコノミック・ステイトクラフト」として見られている。
 確かに、3品目を選択したことの理由がはっきりと示されず、日本が韓国の政策を変更させるためのレバレッジとして用いているという解釈も可能ではあるし、同時に政権首脳が徴用工問題や慰安婦合意に関連付けて説明するなど、「エコノミック・ステイトクラフト」としてのニュアンスは非常に強い。これが結果として韓国の激しい反応を呼び起こしている。しかし、実質的には極めて限定的な制度変更でしかなく、その「タテマエ」も韓国の輸出管理制度の不備であるという設定になっている。
 これは、言い換えれば韓国が輸出管理制度の不備を認め、それを修正する、ないしはその修正に応じる協議を行うということで解消する問題であるし、そのようにして解消すべきである。しかしながら、一度「エコノミック・ステイトクラフト」の実践として認識されてしまうと、この問題は制度的な落としどころを探るのではなく、外交的な勝ち負けを争う対立になってしまう。安倍政権がその勝負を求めて今回の措置をとったとすれば、どこかで勝ち負けを決めるルールやゴールを設定する必要があるのだが、そうしたことを明示せずに、今回の措置が「安全保障上の問題」であり、制度的な不備を正すものであるという、制度的な落としどころに引きこもってしまっている。逆に韓国はこの問題を「エコノミック・ステイトクラフト」として捉え、様々な手段を使って外交的勝利を得ようとしている。
 このように、日本は制度的なゲームを、韓国は外交的なゲームをプレイすることで、お互いにすれ違いの状況となっており、異なるゲームを調整する仕組みのないまま両国政府も、またメディアや国民も混乱している。この混乱の原因になったのは、経産省が制度的なゲームとして設定したのに、政治家が「エコノミック・ステイトクラフト」としてのゲームと思わせるようなそぶりを見せてしまったことにあると思われる。ゆえにその収拾も安倍政権の首脳が努力する責任があると思うが、すでにエキサイトしてしまっている現状ではなかなか収拾をつけることも難しい。当面は熱が冷めるのを待ち、制度的ゲームで落としどころを探す作業に入るのを待つしかないのではないかと思われる。


  ───── 2019.07.18 朝日新聞 GLOBE+ より




 ■国対立しても「日本好き」 京アニ訪れ、悼む韓国ファン


 日韓関係が悪化し、日本への厳しい感情が韓国に広がる中、それでも「日本のアニメが好き」「日本が好き」という韓国人が京都を訪れている。日本を好きになったきっかけは、「京都アニメーション」の作品だったという。

 「残酷な事件が起きて、心が重いです……」
 3日午後、放火事件で35人が犠牲になった京アニ第1スタジオ(京都市伏見区)近くの献花台。韓国・ソウル市出身のIT会社員、チョ・チヒョンさん(31)=大阪市東成区=が静かに手を合わせていた。
 7月18日の事件以降、外国人が続々と献花台を訪れている。中国人が目立つが、チョさんのような韓国人ファンも少なくない。
 チョさんは日本で働きたいと考え、今年3月に来日した。日本を好きになったきっかけは、十数年前に見た京アニ制作のアニメ「涼宮(すずみや)ハルヒ」シリーズだ。「若者の青春や感情をリアルに描いていて絵もきれい。他のアニメとは違った独特の雰囲気があった」
 2015年と17年、京アニが2年に1度開くファン感謝イベントに参加するため、来日して京都を訪れた。17年のイベントでは、事件で犠牲になったことが公表された「らき☆すた」などの監督、武本康弘さん(47)が話す姿も見た。「落ち着いた話しぶりで真面目な方だなと感じた。ショックです……」

 〇京アニが作ってくれた絆
 ソウルから旅行で日本を訪れた会社員イム・ウィギュンさん(27)は7月29日夜、第1スタジオを見上げていた。「日本を好きにさせてくれた存在なのに。本当にやるせない」
 もともと日本のことが好きではなかった。「学校や社会を通して、何となくそうした空気に染まっていた」。その認識が「100%変わった」のは中学生の時だった。アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」を見て衝撃をを受けた。アニメはほとんど見たことがなかったが、丁寧な作画や演出に引き込まれた。周りでもブームになり、「クラスの大半が見ていました」。
 独学で日本語を勉強し、インターネットを通じてアニメ好きの日本人の友達もできた。「ハルヒ」の登場人物のコスプレをするために来日し、東京・お台場で同人誌の即売会にも参加した。「京アニが自分を日本文化に導いてくれた。僕たちの青春の一部でした」
 日本政府による対韓輸出規制の強化などで日韓対立は激化している。「韓国でもいろんな意見がある」と声を落とすイムさんは、それでも、と言う。「文化に国境はない。僕たちには京アニがつくってくれた国境や人種を超えた絆がある。日本文化は自分の一部であり続けます」

 〇政治、アニメ好きには関係ない
 旅行の予定を変更して献花台を訪れたという韓国人の会社員男性(22)は、初めて見たアニメが京アニの「けいおん!」だった。
 家族や友達との関係で悩んだときも、アニメを見れば幸せになれた。「アニメがきっかけで日本語を勉強して、日本のことが好きになった。こんな事件が起きてしまってとても悲しい」
 京アニ作品を見ている韓国の友人も多い。「政治の問題で仲が悪くなって残念だが、アニメ好きの人には関係ない。僕は日本も、日本のアニメも好きです」
 事件が起きた時、韓国に留学中だった東京大学教養学部3年の磯竜太朗さん(20)=千葉県八千代市=は、留学中、京アニのファンだという韓国人に数多く出会った。事件を知ったどの友人も「信じられない」と悲しんでくれた。
 帰国後の7月31日に献花台を訪れた磯さんは将来、アニメ制作に携わる仕事につきたいと考えているという。「国同士の関係が悪い時ほど、文化的につながれたらいい」


  ───── 2019.8.3 朝日新聞デジタル より

 全くそのとおりですよね。国対国ではなく、人と人のつきあいで、ありたいものです。








京アニ放火殺人

 こんなにたくさんの人たちから愛された会社を、かつて見たことがありません。
 それをあの世で誇りにしていてくれるといいなあ。
 35名の方のご冥福を祈ってやみません。


 ■京アニ放火「2階から飛び降りた」迫る黒煙、決死のダイブ 男性社員が証言
  7/22(月) 産経新聞

 一瞬で目の前が黒煙に包まれた。「アカン、このままでは死ぬ」。京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)のスタジオで起きた放火事件で、スタジオ2階から避難した男性社員(52)が産経新聞の取材に当時の状況を証言した。志を共にし、アニメ制作に励んだ仲間を奪った青葉真司容疑者(41)には「大勢の命と作品の無形の力を失った」と怒りをぶつけた。(小松大騎)
【表で見る】被害者多数の主な火災一覧

 〇墨汁のような黒煙

 18日午前。1階にはデスクワークなどを行う十数人がいて、2階は男性を含めたデザイナーら約30人が作画などをしていた。3階はアニメーターや監督らがいた。スタジオは普段、人が多く集まり「わちゃわちゃと作業をしている」場所だ。

 同10時半ごろ。2階でいつものように作画に当たっていると突然、1階から、誰かが言い争うような声と、「うぉー」という男の怒号が聞こえた。続いて女性の悲鳴が聞こえたかと思うと、直後に爆発音が、大型バイクのエンジン音のように「ドッドッドッドッ」と連続で、次第に大きくなりながら鳴り響いた。

 10秒もたたないうちに、吹き抜けのらせん階段からどす黒い雲のような煙が2階に上がってきた。墨汁のような色だった。

 別の階段を使って1階から、若い男性社員が駆け上がってきて「火事だ!」と叫んだ。その階段の近くにいた女性社員が非常ベルを押す。ピーッと耳をつんざくような警報音が響く中、黒煙は一瞬で2階に充満した。目の前は真っ暗になり、伸ばした手が見えなくなるほど視界が遮られた。

 〇「大丈夫、ジャンプ」

 「このままじゃ確実に死ぬ」。煙で頭がクラクラする中、ベランダ方向から差し込むわずかな太陽の光を頼りに、走った。黒煙は、らせん階段を伝うように3階へと昇っていた。

 2階ベランダに出た。「(飛び降りたら)死ぬか、大けがをするかもしれない」。頭をよぎったが、背中に熱風を感じていた。

 すでに飛び降りていたとみられる数人の同僚が「大丈夫。飛び降りられます。ジャンプ、ジャンプ!」と下から声をかけてくれた。意を決してジャンプし、腰から落ちるように着地。振り返るとスタジオは激しく炎上しており、はうようにしてその場を離れた。気づくと周りの同僚は、靴を履く間などなかったようで、みな裸足だった。

 一命を取り留め、現場近くで消防隊員が容体から搬送の優先順位を判断する「トリアージ」を受けた。両ひじを打撲していたが、もっとも程度の軽い「緑色」だった。だが現場では、火だるまになっていた人や、飛び降りたときに足を捻挫してうめき声を上げていた男性らを見かけた。

 〇生きた心地せず

 京アニでは消防の指導を受けながら定期的に防火訓練などを行っていた。だが男性は「今回は訓練などという次元ははるかに超えていた。自分も一歩間違えれば死んでいた。いまでも生きた心地がしない」と振り返る。

 「仲間の命は戻ってこない。現実を受け入れられない部分も多い」と複雑な胸の内を打ち明けた男性。青葉容疑者については「逃げることに必死で事件当時の様子は分からない。『小説を盗んだ』というようなことを言っているようだが、知りうる限りトラブルになったことはない」と指摘し、こう訴えた。

 「なぜ、こんなことをしたのかという思いは消えない。悔しいし憤りを感じる。回復させ、法律できちんと裁いてほしい」



 ■笑顔で京都戻ったのに──津田幸恵さん
  2019年7月23日 朝日新聞デジタル

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、アニメ制作に打ち込んできた34人が命を落とした。京都府警は死亡者の身元確認を進めているが、なおはっきりしない。多くの家族と同様、兵庫県加古川市の津田伸一さん(69)も、もどかしさの中にいる。
 「京都アニメーションが火事や」。18日、津田さん宅に姉から電話があった。慌ててテレビをつけると、見覚えのある第1スタジオから火が噴き出ていた。会社に電話すると、長女の幸恵(さちえ)さん(41)は2階で働いていると知らされた。「最悪や」
 幸恵さんのスマートフォンに何度かけても「電波のつながらない場所にあるか、電源が入っていないためかかりません」と流れるだけだった。
 翌19日、待ち続けた電話が鳴った。相手は京都府警だった。「身元不明の遺体がある。来てもらえないか」。三女と長男と京都へ。遺体安置所になっている警察学校で、DNA型鑑定のため、口の中の細胞を採られた。警察からは「今の段階では事件のことは説明できない」と言われた。
 警察学校を後にして、京都市内の幸恵さんのマンションへ。東京から新幹線で駆けつけたという女性と鉢合わせした。幸恵さんの十数年来の友人だった。
 「だめだと思う」と伝えると、女性はわっと泣き出した。女性から、ちぎったノートの紙14枚に書いた手紙を渡された。「君からの連絡を待ってます。ずっとずっと待ってます」
 1LDKの部屋に入ると、朝出かけたままなのか、飲み物が出しっぱなしになっていた。幸恵さんが4年ほど前、動物保護施設から引き取ったネコがいた。ネコが駆け回ったのだろう。室内は少しだけ散らかっていた。
 幸恵さんは、4人きょうだいの2番目。昔から絵を描くのが好きだった。高校卒業後、大阪府内のアニメ専門学校に進学。色彩の勉強をした後、京都アニメーションに就職した。20年ほど前のことだ。
 幸恵さんはセル画に色をつける担当になった。数百枚、数千枚のセル画に色を塗り、休みも不定期だった。それでも盆と正月には必ず実家に帰省した。「『クレヨンしんちゃん』やってるねん」「今は『名探偵コナン』やねん」
 数年たつと、幸恵さんの名前が作品のエンドロールに載り始めた。名前を見つけては妻の洋子さんと一緒に喜んだ。幸恵さんはコンピューターも使うようになり、色彩以外に特殊効果の担当を任されるようになった。帰省のたびに仕事の話を聞くのが楽しみで、うれしかった。「充実しているんだな」と目を細めた。
 数年前、洋子さんにがんが見つかり、入退院を繰り返すようになった。幸恵さんは「同居しようかな」と話し、介護に備えて車の免許を取った。車いすも運べる車を買うお金も用意した。だが、そんな矢先の昨年2月、洋子さんは亡くなった。
 今年2月、幸恵さんがふらりと顔を出した。「今年は、お盆もお正月も忙しくなりそうやから、来てん」。昼食用にすしを持ってきてくれた。ひとり暮らしの身を案じて来てくれたのかなと思ったが、口には出さなかった。津田さんは昼ご飯を食べたばかりだったから、幸恵さんが1人で食べるのを見守った。「またね」。幸恵さんは笑顔で京都に戻っていった。
 事件前に会ったのは、この日が最後だ。
 京都の部屋にいたネコは、飼い慣れた親族に預かってもらうことにした。「ずっと何も考えないようにしている。今は、とにかく早く幸恵に会いたい」



 ■京アニ献花台、手描きイラスト続々 9時間かけた作品も
  2019年7月29日 朝日新聞デジタル

 「多くの勇気と感動を与えてくださりありがとうございました」。吹奏楽部員の青春が題材のアニメ「響け!ユーフォニアム」のキャラクターが描かれた色紙を手に、名古屋市の男子高校生(15)は28日、献花台を訪れた。花束と色紙を供えた後、両手を合わせてぎゅっと目をつぶった。
 中学時代から吹奏楽部で作品の主人公と同じ金管楽器のユーフォニアムを担当。アニメの放送が始まると、登場する高校生らの葛藤や友情に共感し、のめり込んだ。劇場版を見に映画館にも足を運んだ。「見ていて勇気をもらえました」
 事件直後、作品が好きな仲間の部員らと「ひどい」と嘆き合った。色紙は9時間近くかけて色鉛筆で描き上げた。「今はただただ悲しいけど、一日でも早く立ち直ってほしい。そんな思いを絵に込めました」

 滋賀県甲賀市の中学3年の女子生徒(14)は特製のペットボトルを供えた。アニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」の主人公ハルヒの絵を描いた紙を巻き付けたものだ。
 小学校の時に初めて見たアニメが「ハルヒ」だった。人と話すのが苦手で、学校での友達づくりに悩んでいた時だった。「自分から話しかけられる強さや無邪気さ」にひかれ、ほかの京アニ作品にも夢中になった。アニメを話題にすることで、クラスメートにも話しかけやすくなった。
 「ハルヒの元気に勇気をもらいました」。そんな感謝を伝えようと、1人で献花台まで来た。「ハルヒ」のボトルをそっと置いて、手を合わせた。

 「一生涯 京アニファン」。岡山県真庭市の会社員春木康弘さん(33)は京アニ作品の画像を貼り付けた色紙にそんな言葉をしたためた。社会人3年目だった頃、仕事の成果が出ずに上司に叱られる日が続いた。そんな時に京アニ作品の「けいおん!」に出会った。廃部寸前の軽音部でバンド活動に取り組む女子高校生のゆるい日常を描いた作品。「面白くなかった日々に楽しみをくれ、明日から頑張ろうという気持ちにさせてくれた」という。
 「何年かかっても必ず復活してくれると信じている。一生涯かけて応援していく」。色紙を供え、しばらく手を合わせていた。



 ■涼宮ハルヒに導かれ 不登校だった中2女子、顔を上げた
  2019年7月29日 朝日新聞デジタル

 35人が放火の犠牲となった「京都アニメーション」第1スタジオ近くの献花台には連日、ファンたちが訪れている。猛暑の中、じっと長く手を合わせる人たちは「私は京アニに救われました」と口々に言う。そのわけを聞いた。

 〇「涼宮ハルヒの憂鬱」に
 「ハルヒと京アニさんがいてこその私やから」
 京都府南丹市の中学2年の女子生徒(14)は27日、母親に付き添われて、事件現場近くの献花台を訪れた。崩れ落ちそうになりながら折り鶴を供えた。涙が止まらなかった。
 中学に入り、素の自分を出せず、「同級生に嫌われたくない」と気を使った。周囲と打ち解けられないまま、学校に行くのが徐々にしんどくなり、昨年9月から不登校になった。
 家にいた時間と心のすき間を埋めてくれたのは、有料動画サイトで何げなく見た京アニ制作のアニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」だった。
 第1話。主人公ハルヒが高校入学式後の自己紹介で放ったセリフが胸に刺さった。「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」
 はっとした。「私はそういうふうに自分の欲しい仲間や友達を求めることができなかった」。人に引け目を感じてしまう自分とは正反対の姿だった。
 変人で、めちゃくちゃな言動を繰り返すハルヒ。自分の思うように突っ走って、クラスで孤立しても、仲間からは好かれている。そんな姿を見ていると、自然と自分も笑顔になった。苦手な人には極力気を使わなくていい。私ももっと自分を出していいんだ――。そう思えた。
 2年生になった今年4月。久しぶりの学校は緊張したが、自信を持って登校できた。仲良くなりたい女の子に自分から声をかけた。今ではアニメの話で盛り上がれる大の仲良しだ。つらい時は、ハルヒが同級生を呼ぶときの「何者にもひるまない威勢のいい声」を思い出す。もう、学校に行くのは怖くない。
 絵がうまく描けるようになったら、勇気づけてくれた京アニでアニメを作りたい。そんな夢ができた矢先に事件は起きた。「京アニさんが一番助けを必要としている時に、何もできないのがつらくて情けない」
 そして顔を上げて言った。「少しでも力になりたいから、グッズを買って、募金活動に参加します」。涙声に、力がこもった。

 〇「らき☆すた」に
 「一番つらかったときに元気をもらった。人生を明るく変えてくれた。本当にありがとうございます」
 茨城県利根町の塾講師、本城直紀さん(34)は、感謝の思いを込めて献花台に花を供えた。
 司法試験合格を目指していた大学法学部4年の時、うつ病になった。「起きている時間はすべて勉強漬けの毎日。心身ともにまいってしまった」。外出もままならず、1年休んだ。
 そんなときに何げなく見たのが京アニのアニメ「らき☆すた」だった。女子高校生の日常をコミカルに描いた作品だ。「何も考えずに心から楽しむことができ、久しぶりに声を出して笑った。複雑なストーリーがあるわけではないのに、気がついたら引き込まれていた」。何も楽しく感じられなかった自分の中で何かがはじけ、ふっきれた。翌日、アニメの舞台を見たくて、モデルとされる埼玉県久喜市鷲宮へ向かう電車に乗った。
 司法試験合格はならなかったが、大学を卒業し、塾講師の仕事にやりがいを感じているという。「『らき☆すた』がなかったら、今の自分はいない」

 〇「Free!」に
 東京都から訪れた女性(21)は、献花台の前で両手で顔を覆い、うつむいた。「私の命を救ってくれた方々なのに、なんで亡くなっちゃったのかな」
 高校入学後、周りになじめず友達ができなかった。「死にたい」と思った。
 高1の夏休み前。水泳に青春をかける少年たちを描いた京アニ作品「Free!」をテレビで見た。慣れない環境で奮闘する登場人物の姿が自分に重なり、夢中になった。
 好きなキャラクターは壁にぶつかりながらも前を向く。「生きていれば、次がある」。女性は死ぬのをやめようと思った。
 ドラッグストアでのアルバイトに明け暮れ、昼食代も切り詰めた。すべてはアニメのグッズを買うため。「京アニにお金を落とせているなら、生きている意味はあるかな」と思えた。
 学校では友達ができなかったが、京アニ作品のイベントに行くと、隣に座った人と話したり、グッズを交換したりして仲間ができた。「京アニさんがなければ、友達もいなかった」
 自分が好きなキャラクターを生んだ作画監督や、美しい作品を仕上げた多くの社員の安否がわからない。毎晩不安にさいなまれるが、京アニでつながった仲間と励まし合っている。



 ■前日もカレー「おいしい」 京アニ従業員通った喫茶店
  2019年7月31日 朝日新聞デジタル
 35人が死亡した京都アニメーションの放火殺人事件。全焼した第1スタジオ(京都市伏見区)から徒歩1分の場所に、京アニの従業員たちが行きつけにしている喫茶店がある。事件前日の7月17日も従業員たちは普段と同じようにランチを頼み、「今日もおいしかったです」と言い残し、店を後にしていた。
 京阪電鉄六地蔵駅から第1スタジオへ続く道にある「カフェ ラパン」。住宅街の一角に2014年3月にオープンした。
 店先にはウサギの看板。こぢんまりとした店内の窓辺には木製の机と椅子が並ぶ。店を1人で切り盛りする鎌田朋代さんは毎朝、出勤する京アニの従業員を窓越しに見ながら仕込みをするのが日課だった。
 多くの従業員がランチを食べに訪れていたが、毎週水曜日にやって来る20代ぐらいの女性4人が特に印象に残っている。うち1人が3年ほど前から常連で、メンバーを替えつつ、通い続けてくれていた。
 注文するのはいつも「今日のお昼ごはん」だった。一汁三菜で、メインは「ササミの青じそ挟み焼き」や「ブリの照り焼き」「サバのムニエル」など様々。新作の日は「わあ、今日は新しいのなんですね」。帰り際には「今日もおいしかったです」と一言を添えてくれた。互いの髪形が変わると「切ったんですね」と声をかけ合った。
 4人は16年9月に公開された映画「聲(こえ)の形」の制作に携わっていた。公開前、「作品のエンドロールに名前が出るんです」と教えてくれた。普段はアニメを見ない鎌田さんも、映画館に足を運んだ。
 「名乗るほどではないので……」と謙遜され、エンドロールの名前は探せなかった。でも、キャラクターのなめらかな動きや繊細な色使いを見て、4人の顔が浮かんだ。「あの方たちが作っているんだ」
 映画を見たと伝えると「ありがとうございます」と喜んでくれた。
 30代ぐらいの女性2人もここ数年、毎週土曜日に来てくれていた。週末によく出勤していた2人。ランチを食べ、「午後もまたがんばりまーす」と言って戻っていく姿を見送った。
 16年11月、「経営が厳しいから年内で閉店するかも」と従業員たちに伝えたことがあった。みんなから「息抜きできる私たちの癒やしの場所。なくさないでください」「もうちょっと頑張って」と励まされた。
 事件前日の17日は水曜日だった。「お昼ごはん」はスパイスを利かせたスープカレー。どう反応してくれるだろうとわくわくして4人組を待った。4人はいつも通り来て、「新作ですね。おいしい!」と残さずきれいに食べてくれた。
 事件後、京アニの従業員たちは店に姿を見せていない。「どなたも、上辺だけではない丁寧な態度で接してくれた。たくさんの方が傷ついて、とにかく悲しい。ご無事なら、一日も早く心と体の傷が癒やされるよう願うだけです」
 鎌田さんは涙を浮かべながら、静かに語った。



 ■京アニ「食べて行ける人材を」 業界常識覆す雇用と賃金
  2019年7月30日 朝日新聞デジタル

 35人が犠牲となった「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件は、国内外のファンに悲しみを与えるとともに、追悼の声と支援の輪が日に日に増す。そこには、作品のファンであることと同時に、「作り手」への強い思いがある。京アニは、どんなスタジオなのか。
 質が高く丁寧な作品づくりを支えたのが、京アニの人材育成や労働環境だった。氷川竜介・明治大学大学院特任教授(アニメ・特撮研究)は「東京一極集中で外注・フリーランスによって回すことの多いアニメ制作に対し、京都を拠点に定常的な雇用で映像クオリティーの向上と安定化を行った。アニメスタジオがブランド化するきっかけとなり、地方スタジオ(富山県のP.A.WORKSなど)が幾つも設立される呼び水となった」と評価する。
 1981年に創業。東京のプロダクションで働いていた経験をもつ八田英明社長の妻・陽子さんが、近所の主婦を集め、セルに色を塗る「仕上げ」の工程を請け負ったことが始まりで、のちに作画、演出やデジタル処理なども手がけるようになった。
 作品づくりのための取材に協力し、スタッフと親交がある京都文化博物館学芸課の森脇清隆・映像情報室長によると、八田夫妻はスタッフのことを「親から子供を預かっている気持ち」と言っていたという。完全出来高払いで新人なら月収数万円という低賃金・長時間労働が問題視されて久しい業界にあって、八田夫妻は、アニメで食べて行ける人材を社内で育てることを目標に、正社員で雇用し、安定した収入を保証した。
 2000年代に入るころに下請けを脱し、オリジナル作品に力を入れるようになった。11年には「KAエスマ文庫」という出版事業を立ち上げた。原作の権利を持つ出版社がもうけるのではなく、原作も自社でまかない、「現場で汗を流した人が報われないといけない」という考えからだった。放火は、自社発のヒット作が次々生まれる順風満帆の時期のできごとだった。
 森脇さんは放火の現場となった第1スタジオを訪れたこともある。「育児中のスタッフのために、おもちゃなどが置かれた子供が遊べるスペースがありました」。男性でも女性でも才能を育てるために、働きやすい環境を整えた。その結果、女性も多く残り、女性スタッフが多いのも京アニの特徴だ。
 09年のヒット作「けいおん!」は監督、キャラクターデザイン、脚本のメインスタッフがすべて女性。主人公ら女子高生は、異様に細い足や大きい胸といったアニメにありがちな男性目線の体形ではなく、健康的な体とこまやかなしぐさで、思春期の美しさやかわいらしさを表現した。続編や映画版も作られるほどのヒットは、女性ファンの貢献も大きかった。
 「よってたかって創る」は八田社長がよく使う言葉だ。背景をつくるための取材ロケに同行したことのある森脇さんは「監督や美術担当など専門を超えて意見が活発に交換されるので驚いた」と言う。
 テレビアニメ「氷菓(ひょうか)」(12年)の原作者で作家の米澤穂信さんは、事件を受けて書いたブログでロケハンに同行した思い出をつづった。「ここが小説のイメージに合う場所ですとお伝えした時など、製作陣の方々は目の色が変わって、私などはなまなかに近寄れぬ真剣さでもって資料を集めておられました」
 テレビアニメ「たまこまーけっと」(13年)の舞台となった出町桝形商店街(京都市上京区)の花屋「花の春風」。亀井道正店長は「10人以上のスタッフが来て、花の仕入れや掃除の仕方まで細かく取材されていた」と話す。物語は、生花と一緒に遠くから来た不思議な鳥が花の間から飛び出し、主人公たまこと出会うところから始まる。「あの話からこんなアイデアが出るなんて」。驚かされたのは、その後、国内外からのファンが商店街を訪れたことだ。
 「事件は信じたくない」と亀井さん。いまは連日、ファンが献花台に供える花を求めに来る。「被害者に女性や若い人たちがたくさんいたと聞く。献花台の花には、かわいい花やきれいな色の花も入れましょうか」とお客さんに薦めながら花束をつくっている。

 〇「スタッフへの尊敬の念」
 京アニ作品はファンにとってスタッフの「顔」が見えるアニメだった。大手スタジオと違い、少数精鋭で家族経営のようなスタイル。たとえば「けいおん!」と「たまこまーけっと」の主要スタッフがほぼ同じで、ファンはスタッフの名前を覚えやすい。
 「ファンは作品のエンドロールに出る名前を1人ずつ覚え、『作り手』を尊敬し、作品のファンというだけでなく、アニメーターのファンになっていく」と話すのは、明治大学で「アニメーション文化論」を教えるレナト・リベラ・ルスカ講師(アニメプロデューサー)。「海外の熱心なファンはアニメーターの情報を日本語で集め、共有する」。国内外の追悼の声が日に日に増していくのは「作品を超えたスタッフへの親しみや尊敬の念があるから」だという。
 京アニの知名度を国内外で上げた作品が「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」(06年)だ。エンディング曲に合わせてキャラクターがキレのある動きで踊る「ハルヒダンス」が流行。当時開設間もない動画サイト「YouTube」では「踊ってみた」と題した動画が世界中からアップされた。
 「京アニは、キャラクターの心情を表すのに言葉だけでなく背景や構図でも繊細に表現する。それは、言葉や文化を超えて世界中の人の心を揺さぶる力があった」とリベラ講師は話す。



 ■京アニ、地方の星だった 同業他社「ずば抜けた存在」
  2019年8月2日 朝日新聞デジタル

 放火事件で35人が犠牲になった京都アニメーションは、京都を拠点に数々の人気作品を発表してきた。東京一極集中のアニメ業界に風穴を開けた「地方の星」を襲った突然の悲劇。背中を追いかけてきた各地のスタジオも衝撃を受けつつ、再起にエールを送る。
 「ニュースを見た時、信じられなかった」。テレビや映画の作画などを手がける神戸市のアニメスタジオで制作事務員として働く女性(54)は肩を落とす。
 東京の元請け会社とのやり取りでは、資料の郵送などに時間がかかることもある。それでも女性は「地元を離れずにアニメづくりに携われる」という地方で仕事をする利点を挙げる。
 同業者から見ても京アニは別格だ。この会社に約20人いるアニメーターの一人の女性(24)は「一つのブランドで、ずば抜けた存在」と語る。注目するのは高い技術力。細やかな表情の描き方など、登場人物の顔の表現には脱帽だった。
 それを支えていたのは京アニが育てた生え抜きの人材だと感じてきた。フリーランスや外注に頼らず、専門の「養成所」で学んだ人たちが活躍する姿を知っている。それだけに事件への悔しさが募る。「夢を持った若者たちが無差別に殺されるなんて。京アニ作品に多くのファンが心を動かされてきた。何とか立て直して新しい作品を作ってもらいたい」
「忍たま乱太郎」「プリキュア」の制作者たちも
 7月24日、「忍たま乱太郎」シリーズなどを手がける「亜細亜堂(あじあどう)」(さいたま市)はこんなメッセージをツイッターに投稿した。
 「同じアニメーション制作会社として深い悲しみと憤りの念を禁じ得ません」
 「忍たま」のアニメーションプロデューサーを務める同社の松山竜一郎さん(54)は「被害の規模が大きすぎて想像を絶するが、同業者として何かを発信したかった」と話す。
 松山さんによると、アニメ業界は現像所などやアニメを放送する在京キー局の立地から、東京に集中してきたという。一方で、最近はデジタル化が進んだことで、地方に可能性は広がりつつあると感じていた。京アニは「その走りだった」といい、「西の拠点として人材を集め、独自のスタンスで成功していた」。
 長野県上田市の「作楽(さくら)クリエイト」の山岸裕昌代表(51)は地元出身。自社のサイトでは「東京から離れた長野県上田市で、この地ならではの作品創りが必要」と掲げる。
 山岸さんは東京のアニメ制作会社で働いていたが、2000年に「田舎でアニメの仕事ができるのなら」と帰郷した。「京アニにならい、自分たちで人を育て、特色を出していきたい」と意気込み、「プリキュア」などの制作に携わってきた。
 「京アニは優秀なスタッフを一から育てられたことが大きい。今回の事件でスタッフたちを亡くしたダメージは計り知れない」と今後を心配する山岸さん。
 ただ、ファンたちから多額の支援金や応援メッセージが送られている状況は同業者として心強く感じているという。「それだけ京アニが心に残る作品を作ってきたということ。残ったスタッフたちが団結して進んでいってほしい」

 〇全体の89%の会社が東京に
 アニメ制作会社の東京への一極集中は顕著だ。
 帝国データバンクが調べたところ、2018年7月時点でアニメ制作企業は全国に255社。都内に本社を置く企業は228社と89・4%を占めた。
 本社の所在地は都内でも杉並と練馬の2区だけで86社に及ぶ。帝国データは、2区や周辺に「アニメの草創期を築いた企業が集積している」と指摘。アニメ制作の工程を担うスタジオが近くに集まってきたことで集中が進んだと考えられるという。
 ただ、京アニのように地方に本社を置く企業も一定数あるほか、東京に本社を置きながら特定の分野に特化して地方にスタジオを置く動きも出ている。デジタル化で東京に集まる必要性が薄れたことに加え、地方で京アニのように人材を自社で育てることや、物価の安さにメリットを感じる企業が増えていることが背景にあるという。帝国データは「今後も地方を拠点にする企業はさらに増える可能性がある」とみている。



 ■めぐが絵で夢を叶えたって伝えたい、妹待つ家族── 大野萌(めぐむ)さん
  2019年7月23日 朝日新聞デジタル

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、34人が死亡した事件では、今も多くの人が、家族や友人の安否が分からないまま不安な日々を過ごす。
 その一人、大野萌(めぐむ)さん(21)の姉、楓(かえで)さん(22)がSNSのメッセージで朝日新聞の取材に応じ、妹への思いをつづった。

 朝行ってきますと、元気にいつも通り出て行って、部屋や、着ていたパジャマ、洗濯が残っているんです。
 でも帰ってこないんです。
 妹が帰ってこないんです。
 顔も表情も、声も話し方も全部全部鮮明に家族全員覚えています。
 だからこそ実感がなさすぎて、もう何が何だか分からないんです。
 何も分からないんです。
 家族3人ポッカリと穴が空いているんです。
 家族4人どこよりも仲が良すぎた分、空いた穴があまりにも大きすぎます。
 父母にとっても自慢の子で大好きな子で、私にとっても自慢の妹で1番の妹で、もう涙が止まりません。
 みんな涙が止まりません。
 テレビの中の出来事だと思っていたことが、突然自分たちの身にかかり、現実を受け入れれていません。
姉妹と両親の4人で、京都府木津川市内で暮らす大野さん一家。楓さんのメッセージからは、家族や同僚らから愛される萌さんの人柄が浮かぶ。
 家族3人、妹が本当に可愛くて仕方なくて、もう本当に。
 あの日からずっとずっと妹の話ばかりです。ずっと、あぁだった、こうだった、めぐはって。
 人一倍優しくて、自分のことよりも誰かのためにで。みんなからも、あの子は良い子や良い子やって言われる子で。すごく優しい子だったんです。
 家の中では1番子どもっぽくて、21歳になっても、お父さん、お母さん、お姉ちゃんってひっついてくる本当に可愛い子なんです。
 なんで妹がって、なんでって本当に思います。
 でも、家族3人会社を恨んでいないんです。
 会社のこと本当に大好きで、仕事先の愚痴もなく、絵を描くのが好きで、同僚や先輩や後輩、上司みんなのことも好きでよく話してました。
 今日は仕事終わってから〇〇さんとご飯行くねん、遊びに行くねんって、言って。
萌さんは昨年、京アニに入社した。アニメの仕事にかける萌さんの努力を、一番近くで見てきた楓さん。
 入社したては、自分は絵の学校に行ってなかったから、全然やって怒られたらしく、人一倍絵を描いて、毎日毎日夜寝る前に絵を描いて頑張ってました。
 どれだけやっても、家族が褒めてもまだまだだって。
 もうなにもかも変わらず出てきます。
「姉妹であって友だちのような一番の存在」という2人。
 妹が、めぐが良い子だったって、努力家で夢を叶(かな)えた子だったって、多くの方に伝えたいんです。家族に、周りの方にとても愛されてたって。

 〇「誰にでも自慢できる孫」
 「成人式を迎えたばかりだったのに……」。京都アニメーション社員大野萌(めぐむ)さん(21)の祖父、岡田和夫さん(69)=京都府木津川市=も、安否がわからない孫からの連絡を待つ。
 岡田さんによると、萌さんは幼い頃からアニメが大好きで、小中学校ではポスターなどのデザインで受賞歴もあった。「昔から京都アニメーションへの憧れは持っていた」。昨年末ごろ、社員となった時は、同じ木津川市内の自宅から岡田さん宅まで報告に来てくれ、喜びを分かち合った。
 仕事が忙しくなっても、時折は顔を見せに来てくれた。プロ野球・広島カープファンの岡田さんのため、給料で買ったカープのロゴ入りの国語辞典を贈ってくれた。「プレゼントは気持ちだけでうれしいと伝えていたのに。最高に優しい、誰にでも自慢できる孫」
 事件のあった18日夕、いてもたってもいられず、第1スタジオ前に足を運んだ。「最近は映画のエンドロールに名前が載り、喜んでいた。仕事が楽しいと話していたのに……」
 萌さんは就職前、木津川市内のスーパーで3年ほどアルバイトをしていた。店長の高田光男さん(45)は「明るい性格の『めぐ』と接すると、周囲も明るくなった」と話す。
 将来の夢を尋ねたことがあった。「アニメに携わる仕事がしたい」と返ってきた。就職が決まると「店長、受かったで」と、とびきりの笑顔で報告してくれたという。



 ■京アニ育ち、海外ファンも悲痛「これからどうなるのか」
  2019年7月20日 朝日新聞デジタル

 「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「けいおん!」など数々の人気アニメを世に送り出してきた「京都アニメーション」、通称「京アニ」。放火され炎上し、30人以上が死亡した京都市伏見区のスタジオには国内だけでなく海外のファンも献花に訪れている。
 作品の質の高さから国内外に多くのファンを持つ京都アニメーション。鎮魂の思いは広がり、現場には放火事件が起きた18日以降、様々な国の人たちが訪れている。

 京都市左京区に住む中国人留学生、丁宇(ていう)さん(27)は中国の大学に通っていた7年ほど前に京アニの作品と出会い、日本語の勉強の参考にしていた。「京アニの作品の大ファンで、何かできることがしたくて」と花束を手向けた。「これから京アニはどうなってしまうのか……」とスタジオを不安そうに見つめた。

 仕事で2カ月前に来日したというアメリカ人男性(29)も、日本語を学ぶきっかけになったのは15年ほど前に見た京アニの作品だった。「僕は京アニに育てられた。まるで家族を亡くしたようだ」と話す。「友達6人を代表して来た。メッセージには『青春を彩ってくれてありがとう』と書いた」とカードを添えた花束を供えた。

 会社員の中国人男性(29)は、作品が生まれた地の近くで働きたいとの思いもあって来日し、京都市内で暮らす。「会社のこれからや、残った社員の人がどうなるか、心理的に参っていないかがとても心配」と気遣った。

 日本の大学に通うアニメファンのアメリカ人の男性(26)は、京都に来た日に事件が起き、現場にかけつけた。「ショックで来る途中のバス停で泣いてしまった。日本が大好きだけど、これから京都のことを考えるときは、事件を思い出さずにはいられないだろう」と話した。








INF全廃条約が失効

 知っていて下さい。またしてもトランプ大統領の暴走により、米ロの中距離核戦力(INF)全廃条約は失効してしまいました。大国の核戦力配備は、再び拡大へと向かっています。


 ■冷戦終結の象徴、消滅 INF全廃条約失効 離脱ありきの米、狙いは中国

 冷戦終結の象徴となった米ロの中距離核戦力(INF)全廃条約が2日、失効した。背景にあるのは、両国の対立と中国の戦力増強。「核なき世界」は遠のくばかりだ。

 米国がロシアの新巡航ミサイルの射程が500キロを超えるとし、条約違反を指摘したのは、オバマ政権時代の2014年7月だ。
 条約は、一方が相手の履行に疑問を持てば特別検証委員会を開くと定める。だが米国の指摘後、同委員会が開かれたのは2回だけ。米トランプ政権は昨年末、60日以内のミサイル破棄を求める「最後通告」を突きつけ、今年2月に正式な離脱の手続きに踏み切った。
 「離脱」はトランプ政権下で急浮上した。「核なき世界」を掲げたオバマ前政権で米国務次官補だったフランク・ローズ氏は同政権は「あくまでロシアに順守を求め、離脱の議論はしていなかった」と証言する。
 トランプ政権で昨年まで国防次官補代理を務めたエルブリッジ・コルビー氏は「ロシアの条約違反は一義的な離脱の理由。本当の狙いは中国だ」と断言する。
 条約に縛られない中国は90年代からミサイル開発を加速。「空母キラー」や「グアム・キラー」と呼ばれる最新鋭中距離弾道ミサイルの開発を進め、条約が禁止する射程に近いミサイルを1400発以上保有していると推計されている。
 元米太平洋軍司令官特別補佐官のエリック・セイヤーズ氏は「米国がテロとの戦いに注力している間に、中国は通常兵器のミサイルで質量とも米国を上回った」と指摘する。
 中国の中距離ミサイルは米領グアムや沖縄など在日米軍基地を射程に収め、有事の際に米軍が中国周辺に接近するのを防ぐ戦略の中核になっているという。
 中ロとの「大国間競争」にこだわるトランプ大統領にとっては条約は「足かせ」に過ぎず、ロシアとの交渉も離脱ありきだった。ポンペオ米国務長官は2日の声明で「トランプ大統領は過去の二国間条約を越える新時代の軍縮を求めた」とし、ロシアだけでなく中国にも新たな軍縮の枠組みに加わるよう呼びかけた。

 〇ロシア、新条約に冷ややか
 ロシアは、条約違反に関する米国の指摘を一貫して否定してきた。離脱通告を受けるとプーチン大統領が直ちに「条約履行停止」を宣言し、歩み寄りを拒絶。離脱の意思を固めた米国がその口実に「違反疑惑」を利用した、と反発する。
 ロシアの強気の背景には、条約が失効しても中距離ミサイル分野では当面優位を保てるとの考えがある。条約には抵触しない海上配備型などで、マッハ5以上で飛ぶ極超音速ミサイルを多数保有。プーチン氏は米国が新ミサイル配備を始めれば、これらを地上配備型へ転用する考えだ。
 ロシア国際問題評議会のコルトゥノフ所長は「今の競争は数ではなく、核の小型化など質の競争。プーチン政権はすでに基本的な投資を終えている」と話す。 ロシアは本来、米ロ以外の核保有国にも及ぶ核管理を主張する。だが、トランプ政権が唱える中国も加えた新たな条約交渉には冷ややかだ。ブジンスキー元ロシア国防省国際条約局長は「交渉は互いの戦力を明らかにすることから始まるが、中国は核弾頭の保有数も明らかにしていない。交渉に加わる選択肢はないはずだ」と話す。ロシア軍と中国軍は近年協力関係を強めており、共同歩調を崩したくない考えもにじむ。
 中国は条約の多国化の議論を一蹴する。外務省の華春瑩報道局長は7月30日の会見で、「米国が一方的に条約から離脱する口実を与えるものだ」と話した。
 中国は、米ロに比べて戦力が劣るとの意識が強い。中国軍退役少将の姚雲竹氏は、米ロが6千発以上の核弾頭を持つのに対し中国は300未満との欧米シンクタンクのデータを前提に「『米ロの核軍縮が先だ』との中国の要求に何の問題があるのか」と主張する。
 日本政府はINF全廃条約を評価し、米国に失効の懸念を伝えてきた。河野太郎外相は7月29日の記者会見で、「日本だけでなく、世界的にも軍縮の観点から非常に重要な条約だった」と指摘。一方で、中国を念頭に「INFの対象になっていない国が軍拡を続けてきている」とし、多国間による軍縮の枠組みの必要性を訴えた。

 〇核軍縮停滞、各国に溝
 INF全廃条約の失効で米ロ間の核軍縮条約は、核弾頭や大陸間弾道ミサイルの数を制限する新戦略兵器削減条約(新START)だけとなる。
 INF全廃条約を締結した米ソ両国はその後「冷戦終結」を宣言。1991年には、戦略核弾頭や大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを削減する第1次戦略兵器削減条約(START1)に署名した。同条約が2009年末に期限を迎え、翌年に結ばれたのが新STARTだ。戦略核兵器の削減が進んだ。だが、新STARTは21年が期限で、存続の危機にある。ロシアは5年の延長を望むが、ボルトン米大統領補佐官は7月30日、「(延長の)可能性は低い」と述べている。
 米ロ間の核軍縮条約は、相手国への査察などを通して軍事交流を促す役目を果たしており、「信頼関係や透明性の土台として重要」(アンゲラ・ケイン元国連軍縮担当上級代表)だった。ロシア政治研究センターのバクリツキー研究顧問は「相互を縛る核軍縮条約がなくなれば、両国とも相手の核戦力についての情報が確実に減る。相手の情報が減れば、不安から自国の核戦力増強に走ることになる」と指摘する。
 一方で非核保有国を含む多国間の枠組みも行き詰まり、1970年の核不拡散条約(NPT)発効後50年で最悪の状況とされる。
 NPTは多くの国に核保有を禁じる一方、核保有国に核軍縮を義務づける。来年開かれる再検討会議では、全会一致が求められる「最終文書」が2015年の前回に続いて採択ができなくなるとの懸念が広がる。
 原因は、核軍縮に消極的な核保有国に対する非核保有国のいらだちだ。
 1996年に国連で採択された包括的核実験禁止条約(CTBT)は米国などの国内批准手続きが進んでおらず発効の見通しが立たない。2017年には核兵器の製造・保有などを禁じる核兵器禁止条約が国連で採択されたが、核保有国は反発。「NPTと矛盾する」などとして、条約を推進する非核保有国を批判したことも対立を広げた。日本政府も米国の「核の傘」に守られているため、条約に賛同していない。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019年8月3日 より




 ■「広島・長崎、繰り返すのか」被爆者ら、怒り INF全廃条約失効


 米ロの中距離核戦力(INF)全廃条約が2日、失効した。「核なき世界」の実現を訴えてきた被爆者や平和団体には、怒りと失望が広がった。
 「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」共同代表の森滝春子さん(80)=広島市佐伯区=は「広島と長崎を繰り返すのか」と憤った。
 父は原水爆禁止運動に尽力し 、「核と人類は共存できない」と訴えた哲学者の森滝市郎さん。冷戦期の1987年に結ばれた同条約について、市郎さんは「核兵器が政治力に転換できないと、ようやく(米ソが)悟った」と語った。
 条約失効で、米ロは約30年の歩みを逆戻りするのか。「核兵器が使われる恐れは高まる」と春子さんは危惧する。
 広島への原爆投下時、自身は疎開先にいて被爆を免れた。その「負い目」が平和活動の原動力だ。父の死後、志を受け継いで、世界各地の核被害者と連帯してきた。
 希望は核兵器禁止条約だという。核兵器の保有や、使用するとの「脅し」も違法と定めている。先月、世界各国に条約の批准を求めようと、仲間たちと原爆ドーム前に集まった。「連帯の力」が核兵器廃絶につながると信じているという。
 同条約の成立に貢献したとしてノーベル平和賞を受賞した国際NGOの核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN=本部・スイス)は2日、米ロに、条約に加わり、核兵器に依存しない安全保障を模索するように求める声明を発表した。
 長崎原爆の被爆者で医師の朝長万左男さん(76)も「失望を越え、核兵器削減の新たな枠組みを生む力を持たなくては」と語る。
 昨年11月、国内外のNGO代表や専門家らが核廃絶に向け議論する「地球市民集会ナガサキ」の実行委員長を務めた。米ロに「核廃絶のための対話と軍縮交渉」などを求める集会のアピール文を各国の在日大使館に送ったところ、今年3月、駐日ロシア大使から返事が届いた。直接的な求めには応じていなかったが、「将来、核兵器を廃絶したい」などと書かれていたという。
 道筋は不透明だ。だが朝長さんは「いつかは核を放棄したいというのは本音」とみる。国家の安全保障を担保しつつ、いかに核軍縮を進めるか。「国と市民社会が一緒に考え続ける場が必要だ」と感じている。



  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019年8月3日 より




                                   (島)