□ 新作紹介 □





雨  音



 2本の野ばら


生まれてたったのひと月あまり
頬にふれる風も
ちらちらとくすぐる木漏れ陽も
全部 はじめてのものばかり
そんな小さなあなた
生成りの木綿糸で編まれたブランケットに
くるっと包んで抱きしめて
外に連れ出したあの日

20日だけ早く生まれた
同じように小さな女の子が
ころころとよく笑いそうなママに
大切に大切に抱きしめられて
夏の名残を惜しむように
ベンチに腰かけていたっけ

 歩き出して
 転んだり 泣いたり
 けんかしたり 笑ったり
 
 いつの間にか
 19年がたって
 すらりと伸びた手足
 白く透明な頬に
 花びらのような唇
 朝露にぬれた
 2本の野ばらのよう

どんなに離れても
一緒に過ごさなくても
あった瞬間に
あの日のふたりに戻って
あどけないふたりに戻って

時間はまるで
こぼれるように流れていくけれど
こぼれた時間よりも
ずっと深いところで結ばれている

 雨に濡れながら歩くときに
 傘を差し掛けるよりも
 いっしょに濡れながら歩いてくれる
 そんなふたりで
 
 涙が止まらない夜には
 どうしたの?というよりも
 黙って隣にいてくれる
 そんなふたりで

  少し離れたところを
  ころころと笑いながら歩いていた
  わたしたちは
  お互い口にしなくても
  同じことを心の中で願っている

  いつもずっと
  これまでもこれからも
  どんな時も

さあ そろそろ帰ろうか
またね





















青 島 江 里



 かわい草


かわいそうなんて言わないでください

どんなに正直にがんばっても
むくわれない香りを

どんなに正直になやんでも
かわらない姿を

この町の入り組んだ
うすよごれた路地裏で
今夜も風にゆられて生きています

この町の立て込んだ
こわれそうな塀の下
今日は雨にうたれて生きています

だけど
かわいそうなんて言わないでください

この町のどうしようもなさが
私の生きる糧になっている気がするから

この町の建物も人もみんな
日々の隅っこを見捨てたりしないから

擦れた水路に水が流れています

何かの泣けないものの代わりに
同情ではなく
自分のことのように
泣くことができるように

そんな気高い情けのような日々が
この町にはずっとあり続けています

だから
かわいそうなんて言わないでください

わたしはこの町の
正真正銘の雑草なのです

名もない
この町の雑草であり続けたいのです

どうしようもないものに擦れても愛を
どうしようもない空と道に
どうしようもない花が今夜も瞬いています






















井 嶋 り ゅ う



 足型マーク


足型マークのところに立ってお待ちください
その足型マークにきちんと並んでお待ちください
右からとか左からとか斜め後ろからとかではなく
足型マークから順に受け付けておりますので
お問い合わせは足型マークからお願いいたします
その足型マークのところに並んでさえ居てくれたら
どなたさまのご質問にもお応えいたします
コンビニどこですかとか
此処は蕎麦屋じゃないんですのとか
この辺に自動販売機ないんですかとか
地上です、違います、すぐそこにあります
なんてそっけない対応したらクレームになりかねません
(お客様には親切丁寧に心を込めて接客すること)
快適な温度に保たれた部屋で
冷えた缶珈琲でも飲みながら送ってきたであろう
当たり前のマニュアルに書いてありましたので
どうぞどうか足型マークのところに立ってお待ちください
人件費削減、働き方改革、有休消化
まわりませんまわりませんスタッフひとりじゃまわりません
だから足型マークに活躍していただくのです
大助かりの足型マーク
順番順番、煽らないで煽らないで、みんな同じお客様
子供がひとりで泣いてますけどとか
ずっと携帯で写真撮ってる人いるんですがとか
本に珈琲をこぼしちゃったんですけどとか
だから足型マーク、いやそれは足型マークではありません
お母さんどこですか、写真撮影禁止です、返品するので大丈夫ですよ
まわしてまわしてスタッフひとりで頭ぐるぐるまわして
レジお願いしまーす
足型マークに呼ばれている戻らねば戻らねば
珈琲が床にもこぼれている拭かねば拭かねば
(いつでも清潔感のある服装を心掛け、店内清掃をまめに行うこと)
当たり前のマニュアル
冷えた缶珈琲でも飲みながら送ってきたのであろう
あっちもこっちも珈琲コーヒーこうひいカフィ
レジお願いしまーすレジお願いしまーす!
少々お待ちを少々お待ちを
誰かが転んでしまう滑って転んでしまう
雑巾が見当たらない雑巾が見当たらない
エプロンで拭こうかいっそ舐めとろうか店内清掃店内清掃
ところでこれは微糖かな?
はははブラックに決まってるだろ
レジお願いしまーす!























Kazu.



 虫の音


  1. 

午前3時
虚ろな覚醒が始まる
(昨夜は精神安定剤の服用を忘れた)

静寂のなかで虫の音が遥か遠くに聴こえる
浅学にして虫の名前は知らない
(たぶん鈴虫か)

リーンと言う音に重ねるように
40年前
縊死した級友K君の顔がぼんやり浮かんだ

リーンリーンと二声鳴くと
30年前
不慮の事故死した親友Iの笑顔が浮かんだ

リーンリーンリーンと三度鳴くと
20年前
病魔に逝った畏友Hさんの顔がはっきりと浮かんだ

さてはあの虫の音は
冥界からの呼び出し音であったか
死んでしまった人は
みんなちっとも歳を取らないので
往時の面影でやってくる

僕の日常は
君たちへの土産話を集めることで忙しい
ただ困ったことに
一つまた一つと
思い出は零れ落ちていくのだ

だからその時
僕は僕自身をもどこかに
置き忘れてしまっていたら

どうかみんなで
リーンリーンリーン…
と導いてくれ






  
2. 

午前3時半

近所の息子の声がする
車のエンジンは掛けたまま
狎れた会話が夜の底に籠る

かつての僕だって
深夜の高速道路で若さを持て余していた
駆け抜けてしまった友の影を追うことは
哀しみより無力感に苛まれた

でも
何もかも
遠い日の出来事のような気がする

自販機から二つ
飲料缶の落ちる音がした
二人はこれからまだ
夜の続きを彷徨うのだろう

僕は虫の音に耳を澄ますが
もう違う鳴声に代わっている






  
3. 

午前4時
きっかりに新聞配達のバイクが通る

命がけで翅を震わせていた虫たちは
一斉に沈黙し
バイク音が遠ざかると
おもむろにまた鳴き始める
夏の夜明けは思いのほか短いから

昨日
炎天下のコンクリートでは
蝉が仰向けになっていた

力、ここに尽きる
とはこの謂いであるか
いまこの瞬間
月光に昇る命もあるのだ

ならばせめて
薄明にカラスが鳴くまで
お前たちは有らん限りの聲を搾り出せ

虫たちよ!
























齋 藤 純 二



 せんこう花火


ひとりでは
たいしたことはなく
たいしたことのないを
知りつつも燃やしていく

それしかなくて
それがあればを垂らし

ひとりのちりちりにも
微笑んでいたい

そして
ひとりのちりちりが
ふたつになり、みっつになり

それぞれの
ひとりが集まれば
こんなに心強いことはない

ひとりでは
たいしたことはなく
たいしたことのないが
和になり励みを垂らし

それしかなくて
それがあればを微笑んで























澤  一 織



 国道274号線にて


信号も
街灯もない
樹海を拓いた道が続く
トラックの尾灯を
やがて 追い抜いて
暗闇に黙念を溶かしながら
なだらかな坂を登っていく

二日前 旅に出た
近所に住む祖父を
ひとり 残して
車の鍵を回した

カーナビが示した通りに
辿り着いた
国道沿いのドライブインは
色褪せた看板を残して
草木が生い茂った荒れ地になっていた
エンジンを切ると
白昼の残熱と
湿気をはらむ空気が
車内に流れ篭って
額からすぐに全身まで汗ばんだ

何も言わずに家を空けた孫を、祖父は決して責めないだろう。ただ、何も言え
ずに孫が、家を空けたことについて、祖父は今頃、自分自身を責めているのだ
と思う。


フロントガラスに張りついた
夏虫の死骸も
肉眼でもよく見える
幾千もの闇を泳ぐ星も
ウォッシャー液で流し払って
立ち去るドライブイン

日が暮れる前に
老犬を連れ
作りたての夕食のおかずを
ラップに包んで
持ってきた祖父が
肩を落とし 
摺り足で 
引き返していく 姿 

何度も
ハイビームで眩ませて

信号も
街灯もない
樹海に囲まれた道を走り 
抜けていく















 「誰でも良かった」 ―テレビ番組のインタビュー取材―


「誰でも良かった」
なんて、理由にはなりません
都合のいいところだけを見て
見たくないものは見ないようにして
一体、何を考えているのでしょうか

「誰でも良かった」
と思って、票を投じたのではないでしょうか
政見放送でふざけた演説をした人が
当選したなんて世も末ですよ
当選後も毎晩 官邸前に集まった人達と
シュプレヒコールをあげて 
その様子をネットで実況生中継ですか?
そんなのマスコミは取り上げませんよ
どうせ 暇な人の祭り騒ぎでしょう
集会を先導している人は
いつかの学生運動に影響を受けた人でしょうし
それに担がれた若者は若気の至りで
若さの無駄遣いをしているのでしょうね 
全く、そんなに騒いでいる暇があるのなら
ハローワークにでも行って 仕事を探せ
と言いたくなりますね そう思いません? 
え、ハローワークの相談員が非正規職員?
それでも国家公務員なら保障はあるでしょう
それに生活が困窮した時は
セイホを受けたらいいんですよ、生活保護
え、ケースワーカーも非正規職員ですか?
それはごく一部に限った話でしょう

「誰でも良いから」
とにかく助ける人がいたはずですよ
最近の親はすぐに子供を傷つける
親が大人になっていないんです
先日、保育園児と小学生が
殺されましたね、親のエゴで
なんであんな非道なことができるのでしょう
「育てにくかった」というのなら
保育士に相談すれば良かったんですよ
え、担当の保育士は
今年度、契約を更新していなかったって?
本当に今の若い人は仕事をすぐに辞めますね
それでも、小学校の先生に相談できたはずです
それに今の時代はスクールカウンセラーもいるでしょう
え、毎日、学校にいるわけじゃない?
掛け持ちで仕事をしているって?
全く、一つの場所で、愛を持って、
子供と関わって欲しいものです
今の学校は冷たいですね

ちょっと待ってください
話をしていたら、胸が苦しくなりました
少し、休憩させてください

ああ、もう、大丈夫です。
ええ、病院には行きましたよ
先日、大学病院で心臓の検査をしました
検査結果は一ヶ月後です
非常勤医師のようで、勤務日に合わせたんです
それでも、待ちますよ
直接診てくれた医師から結果を話してほしい
「誰でも良い」
はず、ないじゃないですか

そういえば、明日、母のヘルパーが来る日で
これから食材を買わなければいけないんです
今のヘルパーさんは良いですよ
話し上手で、料理も美味しいようですし
母はヘルパーさんが来るのを楽しみにしています
「誰でも良い」
わけ、ないじゃないですか
でも、去年はよくヘルパーが変更になりました
ここだけの話、お給料が安いようです、可哀相に

これでインタビュー取材は終わりですか
「私で良かった」
でしょう、ディレクターさん
今の世の中にガツンと言いたかったからね
しかし、本当に非正規労働者が増えましたね
仕事を選ばなければ、いくらでもあるのにね
え、さっきのカメラマンさんも非正規なの?
愛想のいい、真面目そうな人なのにね
え、娘の結婚相手に?
いくら娘の交際相手がいなくても、
仕事が不安定な人は考えられませんね

それでは、放送日、楽しみにしていますよ
番組のタイトル名はなんでしたっけ?
私のインタビュー なるべく使ってくださいね

 自分に関係がなければ 
 誰でも良かった
 都合のいい所だけを見て
 都合の悪い事は見ないふりをして
 過ごしてきた人の隣で
 非正規労働で働く人々

 「誰でも良かった」

 次はあなたの番かもしれません























葉 月  祐



 シロヤナギ ~ある晴れた土曜日に~


  1. ある会話

シロヤナギの葉と葉が
さらさら
しゃわしゃわ
囁き、語り合っている

ヒトに覚られぬように
ヒトのものではない言葉で

それは二百年分の
内緒話なのかもしれない
想像もつかないほど長く、大きな、
ここに生きるヒトが皆死に、
また新たに生まれてくる前の――

一篇の物語のような内緒話、なのかもしれない


 あの海を越えた方で
 国が燃えているよ。

 あの山から
 煙たい匂いが降りてきたね。

 鳥たちが怖がりながら
 どこかへ逃げていくよ。

 きっと何かが起こるのだね。

 昔もこの町が揺れる前に
 鳥たちが同じように逃げたからね…。


争いや災害が起こるそのたび
ヒトが胸を痛め 願うように

シロヤナギもまた
はるか昔から
そうしてきたのかもしれない

あの場所に立ちながら
葉と葉に囁きかたを教えて
願い、祈り、胸を痛め

いつの間にか
ヒトに寄り添うように
共鳴していたのだろうか






  2. 降るもの

降りそそぐ、かたちなきもの。
わたしの内側へと、沁みてゆくぬくもり。

それは誰からの愛であったのか。
いつから降り続けていたのか。

大木の下
暮れた夏の中で
束ねた髪をほどいた
葉擦れを起こす風が導く
時代のゆくえを
己に重ねて
見つめる

それは気が遠くなるほど、
はるか昔から届けられた、息吹――

降り止まぬ、透明な時をあびる。
わたしを前へと歩ませる、大いなるぬくもり。


 
※シロヤナギ…秋田県大館市の桂城公園にある、樹齢二百年を超える大木。
 
         高さ約21メートル、幹回り約5.7メートルあり、国内では二番目となる樹齢。
 
         太く大きな幹の捻れは圧巻の一言である。
























ひ  な  の



 潮 騒


赤い口紅は
おぼつかない私の心に
輪郭を与えてくれる

堤防のすき間から
海に出ると
取り残された海藻が
緑の帯を作っていた

夏の陽射しが
ノースリーブから伸びる
柔肌の毛穴をあらわにする
うぶ毛の恥じらい

記憶の中の海は
隣にあなたがいて
他愛のない話で
波間を埋めていた

今はひとり
埋まらないすき間を
持て余している

泣かない、と
まばたきを繰り返して
それでも溢れる
涙が恨めしい

ふたり
話したいことも
行きたい場所も
たくさん たくさんあるのに

潮騒に誘われて
塗り重ねた唇の
輪郭が揺らぐ

これで、最後にするから
ぎゅっと抱えた膝の間に
顔を埋
(うず)めた















 ある終わり


テーブルの間
無言が所在なさげに
佇んでいる

この沈黙を打ち破るひと言を
さっきから何度も探しているが
どうにも見つからなくて

グラスの結露のひと雫が
だんだんと大きくなるのを
見つめるしかなかった

長年の友人も
私に彼氏がいなくなれば
男になるのか

「これからも
友だちでいて欲しいな」

ようやく見つけた言葉は
そんな陳腐なもので
わかった、と言った
彼の言葉はどこか暗くて

これまで通りなんて
もう無理だということは
きっとお互い分かっていて

ここまでで、と
告げる改札の前

「じゃあ、また」の
「た」の文字が
上手く言えないまま
歩き出した























沢 口 リ リ キ



 夏の真昼に


自社ビルの外へ出ると
熱波が襲って
ワイシャツは溶けた

乱反射する
スクランブル交差点
沸騰するアスファルト

噴出する汗を拭くも
役割りを果たすことのない
フェイスタオル

建物に設置された
大型スクリーンは
甲子園の熱闘を映し出す

真昼のビジネス街

南国の炎天
その威圧
まるで暴君

ああ 車で十五分も走れば
海は広がっている

柔らかな海水に浸かり
エメラルドの波に揺られ
平たい岩の冷えた肌の上に
寝そべる
そんな抑えがたい情動が

心を独占する

そうして身も心も
心地よく疲れ
海は凪いで
辺りが宵闇に包まれる頃

潮の匂いの染みついた堤防の上に
胡座
(あぐら)をかき

瞬きはじめる
星々の下

人生の意味はなんであるのかと
わたしの中に宿る
宇宙に答えを求めたい

ある程度の
成功 地位 人脈 資産
それは流した汗の結実ではあるが

いまや
セカンダリー・インポータンス

責任の大きさや
喪失への畏れや
不安の蔓に絡まって

自由に選べる未来を
自分に合った将来を

かなしいかな
何ひとつ思い描くことが
わたしには出来ない

ふとした瞬間に去来する
烈しい虚しさに
ペンを持つ指先はふるえる

だがしかし
人生が思い通りにならない
ということは
けっしてないのだ

人生半ば
わたしは自分に
問いたださなければならない

無責任さは否めないが
午後の予定は
常務の安村君に一任し

これから二週間ぶりの
休日を取って

わたしは そうさ
いますぐ海の元へ























耀  子



 蝉しぐれの中に


蝉の声こそ
あの夏の悲しみ

産まれた瞬間
弱弱しい産声を上げた赤子は
「酸素吸入」「酸素吸入」という
医師や看護師の言葉を
全身に受けながら蘇生術を受けた
  
おめでとう の
言葉とともに
会えることを信じ続けていた 私に 
その時は来なかった

私達夫婦に初めて授かった子ども
生まれてほんのわずかな時間だけ
命を与えられた女の子
その子を荼毘に付すために
産後の妻に伏したまま
一人火葬場の庭に立ったという
若き日の夫
蝉の声が時雨のように降り注いでいた
八月の末のことだった

そして翌年
全く同じ月の同じ日に女の子が産まれた
哀しみのあとに授かった喜び
大切に大切に育てた月日 

蝉が命の限りに啼く 夏の終わりには
いつも 思う
その日の夫の心の中を
児の亡くなったことを
希望を繋いでいるだろう
若い妻には語ることもできず
ひたすら 耐えていたに違いない孤独を
そして
その小さな姿を見ることさえできなかった
私の虚を

幾たびの 出逢いと別れが
私の心の中を駆け巡る
しかし
走馬灯の馬がひたっと
止まったまま動かない
そんな思い出だ
蝉しぐれの中にひっそりと歩いていたであろう
若き父親とその腕に抱かれていた小さな小さな亡骸は

そしてその夫も今は思い出のなか
















 梅雨の贈り物


春には
チューリップが
咲いていたプランターに
今は
茄子が五本
しし唐が三本植わっている

茄子は
紫色の花が六つ咲き その花の後に
小さな実を六つ付けた
その茄子紺色が光っているよ

しし唐は
白い花を沢山咲かせて
濃緑の実を七つ付けて
梅雨の庭に揺れている

梅雨は鬱陶しいけれど大事だね
多くの植物に命の水を与えてくれる
木木も野菜も 瑞瑞しく輝く
しかし それと一緒に
庭は雑草に占領されていく
だからこの
雨の切れ間は草取りだよ

地を這うように草を取っている 
私の目に飛び込んできたのは
ころころ艶艶すこしピンクの茗荷の花穂三つ
思わぬプレゼントだ

数年前に植えた庭の茗荷
地下茎のその先はぐんぐん伸びて行き
季節になるとふさふさと葉が茂る

適度な間引きが必要だ
植えっぱなしの我が家では
収穫が少ない
手入れを怠るなの 自戒はたびたび

私の大好きな茗荷
雨上がりの庭に
茫茫と伸びた雑草を
綺麗にしたご褒美は
久しぶりに目にした
ピカピカの贈り物

お昼はその贈り物を薬味にして
夫の郷里奈良の「三輪そうめん」
冷たいそうめんが
するすると 喉を滑っていきました
ご褒美の茗荷と一緒に

耳元で優しい声が聞こえたよ
「三輪そうめんは 美味しいだろう」























く   れ



 蝉 栞


蝉が二~三日鳴くと
秋の気配を感じるようになった
まだエアコンの冷気の中にいるが
クシャミを一つ、二つすれば
夜中には薄いタオルケットが一枚必要になるだろう
これが二枚になると
日の中の暑さがあっても、もう秋だ

原発神話が
崩れ去った日から八年が過ぎたが
今朝、鳴いた蝉は昨日と同じ蝉なのだろうか
去年の残りの蝉栞はまだある
蝉が鳴いた日には
その栞を月カレンダーに貼付してきたが
今年も、栞は残りそうだ

少年の頃には
蝉は七月から鳴き始めた
夏休みに入る前から蝉取り網と籠を用意した
麦わら帽子と団扇で過ごし
井戸水でスイカを冷やした
あの頃は、リヤカーに米を乗せ
果物(スイカや瓜など)との物々交換だった

蝉が鳴くと
少年の時代に思考が回帰して行く
あの時代は蝉栞など必要なかった
井戸水から水道水に変わった日に
水神様に感謝しながら井戸に分厚い蓋をした
分厚い蓋から漏れるものはなく
釣瓶の水を汲む音を聞くこともなくなった

今年の夏も
月カレンダーに貼付した栞の数の少なさに驚く
原発事故後から八年が過ぎた
何かが変わったのだ
昨年も同じことを呟いた

八月の月カレンダーには
蝉栞の始まりと終わりの日が見え隠れしている
蝉の数は自然界に委ねているが
不確かな日もある
確かさを求めても心の中に残るものは少ない
あるとすれば、蝉の夏が奪われて行く
心の疲労だけだ
















 大地を泳ぐ魚


それは
二〇一一年三月十一日に
突然、やってきた

大津波から始まって
その翌日には
一Fのメルトダウン

陸地では
小舟が泳いでいた
地球の揺れと同期するように
ゆらゆらと

その日から
私たちは
大地を泳ぐ魚になった
溺れる魚もいた

点々と
大地を泳ぎ、時間を泳ぎ
仮の場所で
仮の生活を始めた

その年の夏は
蝉の声は少なく弱弱しかった
鳴いても、すぐに
地面に転がり落ちた

放射能から逃げるように
仮設住宅の中でも
息を潜めていた

その頃には
高放射能区域には
バリケードが設けられて
出入り口が
閉じられていた

 *

それから八年が過ぎた
泳ぐ魚は元の姿に戻り
三つの困難区域は
帰還困難区域一つになった

困難区域の一部が
解除されると
疲れた人々が帰っては来たが
数える程だ

古里に帰らない
と いう意思表示をした人
古里の大地で
復興に取り組み始めた人
それぞれに
葛藤を背負っていた

町村からの
安全・安心宣言は
まだ出ていないから
子どもたちは
裸足で大地の上を歩くのに
躊躇している

バリケードを叩く風
その錆が
大地の上に散らばって行く

放射能にも錆はあるの?
笑えない問いが
この大地には
たくさん落ちている

風船が一つ
空を飛んでいる
他県から
迷い込んできたものだろう

 *

それは
二〇一一年三月十一日に
突然、やってきた

その日から
八年が過ぎた、今
大地を泳ぐ舟や
魚の姿を見ることはない

バリケードが取り払われ
錆が大地に落ちることのない
そんな日は
近いのだろうか?

いつの間にか
風船の姿が見えなくなっていた
クシャミ一つ
空に残して


 
*一Fとは東京電力福島原子力発電所のこと






















藍 音 な な を



 おいしいは愛しい 3


子供が
台所で料理する私の肩越しから

 なに作ってるの?

と 声をかける

 君が好きなミネストローネだよ

そう返事をすると
子供は小躍りで部屋に戻る
今まで何度繰り返されたであろう
何気ない日常の会話

この人は
私が作るものが好きなのだと言う

 外で食べておいしくなかった物でも
 おかーさんが作るとおいしいの
 何でだろう

何でだろうねぇ
とぼけて答えるけれど
その答えは私にはわかっている

料理ってね
物凄く面倒じゃない?
買い物に行って戻ってきて
野菜を洗って皮を剥いたり
お肉やお魚を切ったり
煮たり炒めたり柔らかさを見たり
調味料を加えて味を調えて
食べやすい器を選んで

でも
それを誰の何のためにするかを考えれば
答えは早い

万人向けに作るのであれば
一般的な材料と切り方
仕上げ加減に味加減
それでいいけれど
愛する者に作るときは
手がおのずといつもより動く

 人参は好きだから少し大振りに
 茸は苦手だからすこし少な目
 ピーマンは油通ししたほうが歯応えが好き
 鶏肉はよく皮目を焼かないと食感が嫌い
 風邪気味だから生姜を足そうかな
 お疲れだから豚肉とにんにくの風味に

好みと体調を気遣いながら作る
大切な人の
心と体を作る食事

 健全なる精神は健全な肉体に宿る

ならばこそ
その健全な肉体を作るために
日々腕を揮おう
そんな気概もほんの少し

だからといって
手作り礼賛とか
料理が上手でなければいけないとか
そんなことはさらさら思わない
インスタントラーメンに
もやしチンして乗せちゃおうかな
それだけでも上等なのだ

そして
テイクアウトのファーストフードだって
コンビニのおにぎりやサンドイッチ
お惣菜やお弁当
お店で取る食事
何であっても構わないが
一緒に食卓を囲む人が
重要なファクターでもある

おいしいものを口にして
飾らず無防備に
安堵したような笑顔を見せる
愛しい人と取る食事が
大事だと思うのだ

ただただ広い
豪奢な造りのダイニングテーブルに
世界中から取り寄せた
見たこともない食材で
飲み込む事さえもったいない
そう思わせる料理があったとしても
ただ一人
無言のままで食べる食事は
舌は満足しても
心まで満たすことはできない

これおいしいな
あの人と一緒に食べたら
きっともっと笑顔になれる
そう思える人が一緒だと
おいしさはさらに増すだろう

柔和な顔で
お互いの失敗を許しあいながら
共に笑い
ときには泣いたり慰めあったりしながら
同じ食卓を囲んでこそ
おなかを満たすだけの食事ではなく
心のごはんとなり得るのだと
私はそう思っている
















 さいごに


おかあさん
あなたとはいろいろあったけれど
おとなになって
あいするひとができて
かぞくがふえて
じっかんしました

おいしいはいとしい

あいしているからこそ
おいしいというえがおが
なによりもたいせつだし
うれしいということを

いま
もうわたしのことを
だれかわからなくても

 いつもおいしものをありがとう

そういってくれるたびに
あいじょうはつたわっているのかもなぁ
そんなことをおもって
はんぶんうれしく
はんぶんこうかいの
なみだがわいてきます

わかいときに
すなおにできなかったことを
もうずいぶんときがたってしまったけれど
いま させてください

そして
あなたにしてほしかったことを
こどもにたくさんしてあげよう
そうおもいます

あとどれだけ
あなたの

 いつもおいしいものをありがとう

このこえがきけるかわからないけれど
あなたのえがおをみるために
そして
こどものえがおをみるために
ほかにたいしたことはできないけれど
えがおのおてつだいをしながら
ひびをすごしていこう

わたしのあいするひとたちのこころに
こころのごはんが
おいしくとどいていますように


おいしいは いとしいひとのために

おいしいは愛しい

























瀬   未



 W台風


今日も
傘をお守りに

そんな予報が続く朝
既に上空では
ごうごう
風が唸っていて

気圧に振り回される
この頭の錘
(おもり)
いっそう重くなった

気をつけているつもりでも
なにかの拍子に
ふと触れて
思い出す

そういう痛みには
もうとっくに
慣れているはずなのに

満ちてくる雨の気配
嵐を前に
備えられることは
ごくわずか

防げるか
耐えうるか
どうにか凌げるか

出掛けに
冷たい水を飲みかけ
わずかに顔をしかめる

ここにも
もうひとつの台風

おとといからの口内炎
理由はわかっている
でも認めない

認めたくない
大きなプレッシャー
現実のしょっぱさとともに
ちくちく刺さる

周りからの温かな眼差しや
さりげない励ましは
蜂蜜の甘みとなり
まろやかに沁みる

一瞬の閃光

火打ち石で
切り火をしたように
空が短く鳴った

救われることを願いながらも
許されることに慣れていない
私は

どうやら
空と心の模様を
上手く読み取れないまま
大人になってしまったようだ

時間だけが
正確に
からだのネジを巻きとってゆく

迎え撃つか
やり過ごすか

どちらにしても
進むしかない

内外
二つの嵐を抱え
ぎゅっと
玄関のドアノブを回した