今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







草  香  





 ブラックボックス


だれにも
わからないように
わたしはかくす
かくしたいものが
だんだん固まり
重くなっていく
不器用でも
平然と歩こうとする

ふと見ると
仲良しのあの人も
地味に暮らしながら
知られたくないことを
平然とかくしている
別のあの人も
お洒落をしながら
触れられたくないことを
平然とかくしている
同じ年なのに上手のふたり

あの実業家も
大きな悪行を
軽々と
巧に
反省もなく
ふくみ笑いし
ゲームのように
平然とかくしている

飛行機に乗っていなくても
小さくても 大きくても
ブラックボックスを
いっぱいにして





                       〔齋藤純二:選〕





 禅寺へ


良寛さんの好きな
山寺の和尚さん
恥ずかしがり屋で
経が苦手でも
毎朝ドォーンと打ち鳴らし
血脈を読みあげる

番犬は花子さん
作務衣で忙しい昼
正装は袈裟一つ
月一度の集いには
迷い人が遠くから来て
本堂にばらまくことばを
一つずつ拾いあう

「人生につまずきはつきもの
自分でつくった拘りを一切捨て
自分にどう向き合い
どう立ち上がっていくか
あなた次第です」

素のままのことばに
探していたものや
迷っていたものが
思いがけず見つかり
ポケットにしまう

<五番街のマリー>や
<シャボン玉>を
唄ってはやさしく説き
余生は世語をまとめたいと
意気込む和尚さんに
惹かれて 早や10年

新緑がまぶしい
古刹の寺





                       〔三浦志郎:選〕





 幻の犬


春のある朝
悲鳴に飛び起きる
チロが背戸の鶏を襲った
家中が凍りつく
父が力なく「きたか…」と

足の速い真っ黒なチロは
可愛い目でさそった
「土手を走ろうよ」と
いつしか大人の橋を
勝手に渡ってしまった
猟犬だったのだ

5キロも離れた
元の持ち主へ返すことになった
地に脚を張り動こうとせず
強引に車で運ばれた
去った後の鎖は
ぽっかりと洞穴のように

一か月後の日曜の朝
稲田を吹き抜ける風を切って
黒い点がこちらに向かってくる
走ってくる者は
紛れもなく チロだ
小さな尾を振って
飛びついてくる
「お帰り  …
 ここへは…駄目」
ことばにはならない再会

一週間後会いに行く
いくつもの犬小屋から
網の向こうでじっと見ている目を
ワン と寂しく吠えたチロを
どうすることもできなかった

あれから数十年
今でも甦ってくる
ゆれる稲田を
わたしに向かって
まっすぐに走ってくる
幻の犬





                       〔島 秀生:選〕





 棺弔花


立秋の風が
はこんできた訃報
あのおばあさんが……
花屋へ急ぐ

「亡くなられたのはどんな方でしたか」
「近所の107歳のおばあさんです
 白髪をきれいにまとめた上品な方で
80代の息子さんがずっと家で看ていて
 この暑さで とうとう…」

花屋さんは手早く花を集める
菊 百合 桔梗 かすみ草…と
明るい花も緑も添え
おまけも入れて 豪華に
明日の葬儀までに
次々咲く花もあります
最期は棺に入れてあげて と

市民ホールの片すみに
息子さんは独り 力なく掛け
「俺が判子を押したばっかりに
 屋敷も何もかも取れれて…
 お袋に長いこと苦労をかけた…」
「あんなに面倒を看てきたから
 誰も責めたりしないですよ」
花束を差し出すと
肩をふるわせた

二間の和室の借家で
おとうさんの肖像画を飾り
見えない幸せにつつまれていた
凍る日も熱帯夜も
手を取り合って明日をさがし
時間が止まっていた様に
息をひそめて暮らしていたふたり

小さな屋根の下で
一つになった明かりに
そっと手を合わす





                       〔く  れ:選〕











@すみっこ



 晴 天


晴れた空が
光る鏡のような
眩しい朝を
久しぶりに迎えた

誰もが空を見上げるだろう
私も自転車を止めて
信号の上に広がる青空を見ていた

大して特別なことでもない
何気ない日常の
一コマに
太陽の大きな存在を知る

なくてはならない
その強さと
温かさと
誰にも真似出来ない明るさで

宇宙の
遠くから
ずっと見ているのだ

たとえ地球の裏側に消えても
誰も忘れる事はない
確かな確信で待つのだ
朝になれば絶対に現れると

太陽は消えない
私も小さな太陽になれたら
そんな事を思って
いつものように交差点を走り抜ける

いくら急いで
走っても
晴天は続いてゆく
夏がやっとここまで来たんだ




                       〔齋藤純二:選〕





 虫ケラ


ジィーーーーーッ、
薄暗い草むらで
姿を隠して鳴いている虫達がいる

生まれて来ては
今宵も新しい命を紡ぐために
その使命を果たそうと一生懸命だ

漠然と生きている
そんな場合じゃないかもね
小さな体の羽根を
擦り合わせ
必死に響かせているのに

無理、出来ない
そうやって
目を背けていても
いつまでも変わりやしない

本心を知りたい
もう自分に嘘はつかないで

どこにいても
自分でいたらいい
あの時、その時
自分じゃない自分で
後悔するくらいなら

思いっきり伝えてよ
こんな小さな虫が
一晩中鳴いてる
あなたにも聞こえるよね

生きている言葉を
私の耳にこだまするくらい
ねぇ、もっと伝えてよ





                       〔雨  音:選〕





 夜へと向かう夏の空に


夕焼けに向かって
自転車を走らせながら
見上げた空模様が
今日だけの出会いと思ったら
切なくなる程あまりにもきれい過ぎる

夜が始まる隣で
薄れゆくオレンジ色が
私をお疲れさまと
やさしく癒しているの

吹いてくる風が
ゆるやかに頬を撫でて
私を乾かしていく

時が過ぎるのは早くて
坂道を上ると
淡い青色の空は
まるで
宝石がとけたように美しかった

そこにいつでも
気が付くと
一番に輝いて見えるのは
この月なんだ

若かったあの頃も
同じ月を
夏の日にきっと見ていた

月は相変わらず照らしてくれる
私はその輝きに
ただ引き寄せられて見つめてしまうのだ





                       〔青島江里:選〕





 青い空とアルフレッド・シスレーと


シスレーの絵には
空がよく描いてある
一枚一枚の空色は違っている

その中でやっぱり
これが一番と決める時は
すっきりとした爽やかさで選ぶ

空はどこでも
どの時代にでも
共通で青い空がいいんだ

でもなんでだろう
私は考える
ここから
抜け出していくような
どこへでも行けるような
そんな感じがする
うん、きっとそうだ

私はいつでも
青い空の下で暮らしていたい
見上げた先に
この空と白い雲があれば

たったそれだけで
つながっていて
私は絵画の世界にも行ける

昔の人も空を見ては
惹かれたんだ
そして描かずには
いられなくなったんだ

絵に描かれた
沢山の
色褪せない記憶

ずっとここは晴れています





                       〔く  れ:選〕











レ ノ ン


コーヒージェリー


無邪気な名前呼びの一人称
いつの間にか「俺」になって
「ママ」と甲高く響いた声は
くぐもった声の「母さん」になった

そういう年頃 仕方がないと
頭ではわかっているけれど
何をされても傷つかないわけじゃない
もっと話して欲しいのに
ちゃんと聞いて欲しいのに
憎々しげな目つきで乱暴な言葉を投げつけ
苛立ちを壁やドアにぶつけて行ってしまう
ギブアップしそうな時もある

それならいっそ
放っておければ楽なのに
そうもいかずに
「行ってきます」の返ってこない
「行ってらっしゃい」を繰り返す

いつも通りの何でもない日
帰宅して無意識に冷蔵庫を開けた
ずらりと並んだグラスカップが
涼しい顔で出迎える
シンクには使ったままの鍋やボール
椅子の背に脱ぎっぱなしの学生服
慌ただしく出かけていった跡を残して
グラスの中で少しずつ
固まり始めたコーヒージェリー

黒褐色がプルンと揺れる
砂糖は控えめ ガツンと苦い
バニラアイスをたっぷりのせて食べる喫茶店の味
「俺」の得意料理で「母さん」の好物

顔も見ないでボソボソと
「シャンプーがなくなった」とか
「昼メシ代ちょうだい」とか
無愛想な要求に紛れ込んだ
数日前の「バニラアイス買っといて」
を思い出す

ああ 敵わないな

息子は最後の恋人なのよ
誰かがそんなこと言ってたっけ
心配して
期待して
腹が立って
泣かされて
だけど何より大切で

今はもう少し 待つ時間
出来上がるまで 焦らなくても大丈夫
苦いところも甘いところも
どっちもあるから美味しくて
きっと全部が愛しいから





                       〔島 秀生:選〕











中  也



 追 想


さようならが
すぐ傍まで近づいているのに

僕は
まるで気づかないまま
君と二人で
いつものお店で
夕飯の買い物をしている

あの日
バイトから帰ったら
洋服がなくなってて
部屋がきれいに掃除されてて
突然
君はいなくなってしまってた
ただの口約束だったから
仕方ないけどね

今まで歩いたこの道や
君との楽しかった想い出の
一つ一つを
映画のエンドロールのように
つぎつぎに脳裏に浮かんでは
まだ
完結出来ていないまま

誓いの指輪も神に誓った証も
何もないけど
君は
確かに心(ここ)にいた
愛してくれた
誰よりも深く強く

さようならが近づいていたのに
僕は
まったく気がつかないまま

もう戻れないよね
自分を責めて
そんな日(こと)もあったけど
今でも
君は心(ここ)にいて
僕を包んでくれている

最後までいい人だったな
振りかけると
君がいるようで

何処に行ったら
君に逢えるかなって
此処にも
彼処にも
行ってみたりして

街も変わってしまって
あの頃とは
まるで違ってしまったけど
想い出だけが
蒸発した水蒸気のように
残ったまま

今夜の打ち上げ花火を
何処かで君が見ている気がして
人ごみをかき分けてる
白地に椿の柄の浴衣を着た
女性を

さようなら
テレビのアナウンサーが
最後の言葉を
視聴者に伝えて
この世界から
みんないなくなっても
世界がなくなっても

少なくとも
僕は
まるで映画を観るように
君の好きだった
キャラメル味のポップコーンと
コカコーラを飲みながら
夢を見てると思う

そして最後に
僕は言う

確かな言葉は一つだけ
僕を本気で愛してくれてありがとう





                       〔雨  音:選〕





 向日葵畑の中にある小高い丘の上の小さな喫茶店


向日葵畑がある公園
そこを
まっすぐ小高い丘の方に向かう
そこに
小さな喫茶店があった

喫茶店の前には
向日葵の黄色に負けない
レモンイエローのbeetleが
駐まっている
たぶん
この店のマスターの車に違いない

大きくなった向日葵たちが
まるで
太陽を見上げて
睨みつけるように
ギラギラ輝いている

この店は
そんな時期だけ
オープンしている

この店を知ったのは
サークルの夏合宿に行った時
先輩に連れて来てもらった

それから
夏になると
何か故郷に帰ったような
そんな気になって
卒業してからも
この向日葵の咲く
夏の時期
休みがあれば行っていた

ある晴れた日曜日
その日もいつものように
マスター夫婦と
アルバイトの女性が居て
店の中には
この店のマスコットの
柴犬のタローが
寝そべっている

僕は毎回変わらず
チョコケーキとブレンドコーヒーを注文する

ゆっくりと
時間が流れる
店内に流れる
ヒーリングミュージック
心地よい眠気が襲ってくる

ケーキとコーヒーが
置かれた時
その時
突然
バイトの女性に
惹かれてしまった

今まで気づかなかった感情が
まるで堰を切ったように
僕の心を支配した
彼女の
細く長い指を見た時に

もう戻れなくなった
迷子の子どものように
僕の心を捉えて
離さなくなって

その日は
自分の心を抑えようと
自分の心を見抜かれるのが
恥ずかしくて
急いで店を出てしまった

それから
少しでも時間があると
いつも彼女の顔が
浮かんでは消して
消しても浮かんできて
彼女のことばかり

向日葵の美しさと
彼女の大きな瞳が重なって
細くて長い指に
僕の指を重ねたくて

だけど
思えは思うほど
君に会うのが恥ずかしく
その店から足が遠ざかって

一年ぶりに
店を訪れた時
彼女は居なかった

マスターは
店の常連さんと
結婚して辞めたとのこと
僕が行った時
いつも店に来ていた
カウンターの人らしい

人は
一瞬の出会いで心を動かされ
一瞬の迷いで愛する人を失う
存在なのかも知れないと

それから何十年も
その店に行けないまま

小さな喫茶店と黄色いbeetle
マスター夫婦の笑顔と愛犬タロー
彼女のこと
今でもはっきり目に浮かぶ

どうか
みんなお元気で
ただただ無事を祈ってる

あの日見た
向日葵は
今年もきれいに
咲いていることだろう





                       〔三浦志郎:選〕











あ さ ぎ



 黒が混じる


春風

花びらが舞う
淡い桃色の中に
黒が混じり舞う


花びらの

ちろちろと
桃色の表面を滑る

想いが
交錯する
風と共に

そうだよね
誰にだって
何にだって
憂うことはあるよね

清々しい
快い
でも、
それだけではない

現実という感触が
身体を
滑り
撫でていく

だからこそ
花びらを
目で追ってしまう

”あなた、同じね”

季節は巡る
日はまた昇る
そんなの関係ない

地面に着くまでの
ほんの一時

花びらが舞う
淡い桃色の中に
黒が混じり舞う

だから、
目が離せない

”きれいね”

地面に着いた花びら
一枚を摘み上げ
口に含んでみる

もう、何も感じない

季節は巡る
日はまた昇る





                       〔島 秀生:選〕











ゆ  き



 君の夏


僕の胸の中に滑り込んできた君は
温かいスープが喉を通るように
静かに僕の心に染み入って

いつもははにかんでいても
酔うと冗談ばかり言って
きらきらした大きな瞳が
猫の目を思い出させた

暑がりな君は今頃
澄ました顔で汗をかきながら
この季節を恨めしく思っていて
熱い空を見上げているだろう

あの頃のお気に入りのギターは
今も部屋の隅で埃を被ったまま
君の帰りを待っている

君へと続くこの空が僕のものならいいのに





                       〔三浦志郎:選〕











galapa(滝本政博)



  雨


観覧車の窓から見た煙る町
岸を離れる遊覧船に
海の上に降っていたもの
しとしと濡れていた山の新緑
人生の折々に舞い降りたもの

野良猫の背中を濡らしていった夕立
アスファルトに落ちる雨の匂い
雷が鳴りもぐりこんだ蚊帳の中

さようなら
駅のホームに降りはじめた
あの日、電車に乗って去ってゆくあなたとの距離を想った

小雨 霧雨 天気雨 驟雨(しゅうう)  長雨 通り雨
五月雨(さみだれ) 大雨 豪雨 慈雨(じう)
巡る季節 人生の折々に降っていたもの

雨よ
わたしの詩の上にも降っておくれ
文字は滲んで意味は曖昧になる
意味など洗い流してくれ

額縁の中の絵に
静かに降っている
傘をうつ音
幼いわたしは長靴をはき水溜まりを歩いている

脱ぎ捨てられた子供たちの靴に
雨水が溜まってゆく
年月がたち砂が吹きたまった無数の靴から花が咲きほこった

恵みの雨よ
干乾びた大地を潤せ
田畑を潤せ
雨は巨人である
鼠が齧りとり喉を潤した
巨人は太陽の熱でまた空へ昇ってゆく

雨が降ってきた
ああ空は雨模様
空から降るものは何だって好きだ





                       〔く  れ:選〕











ロ  バ



 伝 達


聞こえない人たちの世界は
聴こえる私には分からない
なにより不思議なことは
その伝達の早さ


聞こえない人たちは
遠く千キロ先に住む仲間の
日々の些細な営みまで
詳しく知っている


「誰に聞いたの」と尋ねても
一応に「誰だったのだろう」と答える
鳩が飛んでいくのだろうか


太古の人間も もしかすると
一人の人間の叫びが
喜びや 驚きや 怪我や 死や悲しみを
山の風に乗せて
誰からともなく伝わっていたのだろう


聞こえない人々もまた
スマホという近代手段を握り
貴方を知ろうとしている
しかし
あの時の不思議な強い思いはいまも
波うって・・・いるか





                       〔く  れ:選〕











伊月 あかね



 朱夏の夜


ここは朱夏の夜
蚊取り線香に火のついたマッチ棒を近づけた

生暖かい夏の風が頬を舐めて
遠くで打ち上げ花火の音が聞こえるよ
そうした夏の始まりはいつも気づかずにここにいるのだ

初蝉が鳴いて
新緑が鳴いて
風が鳴いて
夜が鳴く
いつの時代も夏という世界に取り残される
この子たちの鳴き声は儚くも
凛として生命を震わせるにはあまりにも多弁である

こうした夏の夜に幽閉された暑さと声は
あの花火のように綺麗に咲いて
輝くように散るであろう
枯れた街を照らす朱夏の月が静かに鳴いているではないか
そう教えてくれたのはいつだって
夜の黒に染められた新緑である

心臓の音が近くで聴こえて
一斉に飛び立つ星の行方を
そっと指で追うことしか出来なくて
それだけのことでわたしは夏の夜に置いてけぼりになったような気がした

蒸発していく感情は自分自身を憐れむものではなくて
なんとも言えない気持ち悪い寂しさだけが
心の表面にこびりついていて
この感情が22回目の夏を迎えた今日が初めてじゃないことだと思うと
やはりわたしは夏の夜が嫌いで仕方なかった
星だけが綺麗に浮く朱夏の夜が本当は怖かっただけなのだ





                       〔雨  音:選〕











小林 大鬼



 令和の梅雨明け


雨は去った
夏が戻ったように暑くなる

熱い風に流れる雲
蜻蛉が飛び交う
紫峰に青き田圃道

緑の毬栗が転がる
森の陰から蜩が鳴く

鮮やかな空を
染めながら日が傾く

令和の梅雨明け

遅すぎる夏が駆け足で
筑波の町を染めてゆく


 
*蜩・・・ひぐらし
 
*毬栗・・・いがぐり





                       〔島 秀生:選〕











エストリン 


あなた


どうして
その瞳に
深い悩み

言えない訳は
あるのか

誰かに
傷つけられるたび
あなたは
自分で乗り越えようと
するけど

人は一人では
生きられない

黙ってては
わからないから
言葉を紡いで

私は
その言葉を
拾うから





                       〔島 秀生:選〕











夕月 知李 


言の葉 〜心実編〜


私は私
そう呟きながらも
周りに合わせるように努める

あなたの言葉はいつも正しい
いや、正しいと言うよりは
説得

不満に思った日もあった

でもある日気づいた
言葉の裏側を

私の受け方
私のあなたに対する出方
私のあなたへの理解しようと
思う心がけ

人は一言で人生が変わる
でも一言でやり直せる

まずは知ろうとしよう
そして理解しようとしよう
最後にあなたに働きかけよう

心実という媚薬をいれて
真摯に
真剣に

私はそうやって言葉という心のツールを使う
あなたが本当に大好きだから





                       〔島 秀生:選〕





 白雪姫


こんな暑い日
お城の中にいる姫は思う

夏て暑いけどどこか出かけなきゃ
もったいないわ
人生は一度きり
だから私は人生かけた冒険して
ハッピーエンドに持ち込んだのだもの

ううん、私だけの力じゃない
王子様、7人の小人、お城で助けてくれた人々
これでエンドにしたらもったいないわ

本を読んで想像する
私が大好きな物語の一つのイメージ
人は一人で生きれない
または必ず助けてくれる人がいる、いたはず

この世界に生まれてきたんだから
私も助ける人側にまわりたい
私もたくさんの人に助けられたから

命の人生終わるまで
エンドレスの人生を歩んでいきたい
白雪姫のように毒リンゴかじっても
私は変わらず歩く

毒リンゴの代わりに
傘を手に入れて
生命の最期までに
たくさんの人々に渡したい

それが私の中の白雪姫





                       〔雨  音:選〕











ひ ら さ か


転 瞬


揺られ流れる車窓の向こうに
見える度湧く感慨

ベランダに出て日を浴びる人
奥に見える部屋模様
たなびく洗濯物

人が生きている

きっと私と交わらない
人々が営んでいる

ただ一方的に姿を見ただけで
会話もせず交流もしない
ただ存在だけを知っている

揺られ流れる車窓の向こうに
見える度する奇想

動線上の一瞬に過ぎ去る
無数に並ぶ窓と同じ数の
生きて動くものがいる

きっと私と交わらない
幾千万の人が営んでいる





                       〔三浦志郎:選〕











山 本 みつえ 


ずっとこのままで


それ以外は何も変わってないよね
髪を乾かしている側でつぶやく
「なにが?」

白くなっていく髪は止められない
時間も止められない

年の差はずっとこのまま

それでも良かったのですか
わたしで良かったのですか
聞きたい事は山ほど有るけど
「そうかもね」って言葉を飲み込む

本当の事はここにあるのかも
この時間に有るのかも





                       〔雨  音:選〕











かすみ じゅん 


思い、馳せる


日々、刻一刻と
未来へ向かい進歩して行く
疑いようの無い
確かな現実

高度に
計算され尽くした正確さで
溢れかえる
最新の世の中で

ちょっとだけ
曲がってたり、歪んでいたり
ズレてたりする

そんな不完全な所に
人間らしさを垣間見て

忘れ掛けていたもの
足元に見付け
そっと、拾い上げるように
思い出す

千人の内
九百九十九人が
間違いないと信じている事に
何時も

一人は
そうじゃないって
頑なに異論を主張している
丁度
そんな感じかな

だから
僕は此処にいるんだろう

現代と言う名の
果て無く疾り続ける
情報の渦に
揉まれ漂う、この小さな島で

唯、落ち着き払い
目眩めく速度で展開される
あらゆる出来事
刻み続ける時を
折々
見詰めながら
斯うして、この場所に

この国を愛し
この国に
今、溌剌と活きている





                       〔島 秀生:選〕





 青の一時


しんと、黒を薄め往く
静かな夏の夜を
揺り起こす

はらり優しく
辺りに振り撒かれる
蜩の哀歌

氷のように
冷たく頭を突き抜ける
ニイニイ蝉の高音

軽快に
跳ね回り始める
小鳥達の愉しげな囀り

透き通るような
森のアンサンブルは
涼やかに窓から滑り込み
澱んだ部屋の空気を
清らかに潤し
緩やかに流れ込む風が
そっと、体の熱を解かして行く

静かに瞼を閉じて
心を
ほっと、放し
宙に浮かべながら

「このまま、
何処まで飛んで行こうか…」

何て考えが
穏やかに膨らむ

自由で気儘な一時

もう少し此処に居たい
後、少しだけ
切なる願い

熱く
燃えるような光を投げる
太陽が昇り出すまでの
僅かな間
何時もより
欲張りになる、自分が居て

深く息を吸い込んで
すーっと

我が儘に
遥か遠く
白く騒めく、北の海洋まで

広く
両手を伸ばすように
耳を澄ませた





                       〔島 秀生:選〕





 夏降線


噎せ返るような暑さを
昨日に残して

東から西へと
今日も
太陽は黙々と弧を描きながら
ゆったりと
高く、スライドして行く

立秋の頃
夏も半ばを越え
日中もからりと過ごし易く
熱に侵され
ぼんやりしていた頭も
はっきりと物事を捉えることが
出来るように為り

繰り返す
寒蝉の鳴き声が
すっきりと乾いた空に
生き生きと映える

ほうっと
吐き出される吐息
淡く宙に溶け

脳裏に
自然と再生され始める
この間の、休日の朝に漫ろ歩いた
人も疎らな街角
記憶の中で
蝉時雨降り注ぐ
広い木陰の
青いバス停のベンチに背を凭れ
ゆっくりと仰け反った

完全に
閉め切られていない蛇口から
漏れ落ちるしずくが
じっくり間を空けながら
流しを打つように
時は
着実に歩みを進めて行く

峠から見上げる
夕刻の空に
くっきりと浮かび、白く透ける
指先に隠れる程の
小さな三日月

消え掛かる水色から薄紅
色濃い
オレンジへのグラデーション
穏やかに静けさを湛える
貯水池の水面を
滑らかに彩る

時折
家路に向かい、急ぎ走る
自動車達の
エンジンノイズが
山気を震わせ木霊して

何処か優れない
心模様
さっと遠くへ連れ去り
黄昏時の侘しさを

少しばかり
逸らかしてくれる





                       〔三浦志郎:選〕





 眩 暈


ぎらりと光る
陽光は眩しい、盛夏の主役
 否
灼熱の焔を浴びせ掛ける
地獄の悪魔のよう

次々と汗浮き出す肌に
びっとりと
濡れ、張り付くTシャツ

茹だるような暑さに
ぐにゃり朦朧とする意識は
奇妙な幻想を
徐に魅せる


玉虫色の鳳蝶が
しなやかに煌き
大きく上下に振れながら
何処からとも無く
目の前へ現われて
体の周りを、戯れ付くように
飛び回る

暫らく経ち
ほっと人心地付いた頃

きらちらと瞬く
淡いシトラスの香気のする鱗粉を
その羽ばたきから放ち
宙に
すっと描き出され、ゆらり靡く
か弱い糸引くように
振り撒きながら

導くように
時の先へ
暗い未知の闇の中に射す
一筋の光の先へ
ふわひらと向かい
遠ざかる


KAKUSEISURU
カ・ク・セイ・スル
かくせい
する

覚醒、するー

瞼を
頻りに
開閉しながら
辺りを確かめる

定まらない視線に
ぼんやりと映り込み始める
薄い陰を纏う
山型に波打つ木目の
天井板
中央に吊り下げられた
菱格子の照明ユニット
側面には
砂色の壁と
浅く黄ばんだ襖
半分だけ開いた窓に
明るむカーテンが静かに揺らぐ

扇風機は
ぐったりと横たわる
身体の足元近くに居座り
断続的に空気を刻みながら
小さく雑音を響かせ

窓際に掛かる
暗色に染まる洋服達が
ニコリともせず
此方をじっと
見下ろす

何一つ
この部屋での日常の役割を
投げ出さないまま

其処に
そう
淡々と
有るが儘に





                       〔く  れ:選〕