■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

清 岳  こ う 
 詩集『  眠る男 』 から 12篇

         





「終」


むかし「眠る男
」という映画を観た

画面のはじめから無言が降っていて
男が里山を背景によこたわり
画面いっぱいに無言は降っていて
いつまでたっても降りやまず
けっきょく 犬の仔いっぴき現れず
男は前衛的に「元気に」眠りつづけていた

我が家の一室
遮光カーテン保温カーテンの襞につつまれ
息子もそぼふる沈黙の底で眠っている
しのつく沈黙の日々を眠っている
やはり 小石ひとつ投げこまれることもなく

私は三度三度のごはんのために世間をうろつき
借金取りに追われうまい話にひっかかりそうになり
どうでもいいことで他人から喧嘩を吹っかけられたり
世俗通俗にまみれ息子の人生も生きている

「眠る男」では
平穏無事がサイレントのまま流れ
争いもおこらず憎しみも渦まかず

けれど 一時間半くらいで「終」があった



 
*小栗康平監督「眠る男」








耕太郎 逃亡中


「コウタロウ」
アナウンサーの声に肉叩きを握った手をとめる
「容疑者は指名手配中です」

耕太郎 だというのだ
農耕民族の血を引くすてき度100%
期待と願いのすべてをかけて付けた名前だ

容疑者は 今ごろどんな三日月の薄らあかりをくぐっているのか
容疑者は 今ごろどこの路地裏であぶら汗をにじませているのか
容疑者は どこかの空き家ですきっ腹をかかえているにちがいない

そっと 二階六畳一間あたりを見あげる
耕太郎はここに逃げこんでいますよ
耕太郎はだれにも頭をさげず
だれからもクレームをつけられず
腰がいたい風邪をひいた脚がしびれたの明け暮れ
税金もおさめず町会議員の選挙にも行かず

寒気の底 黒くうずくまっている電話機を見つめる
イチイチゼロですぐにつながる簡単解決法
咽喉元から 腹の底から 声があがりそうになる

こっそり 二階六畳一間への階段を見あげる
耕太郎が行方不明になったら困る
私は逃亡幇助罪で逮捕されたくはない












康太郎 じゃが芋に物申す


サラダに入れたじゃが芋が臭いと顔をしかめる康太郎
へえ すっとぼけながら かなりあわてる
吹雪と暗闇に眠っていた男爵殿が
ソラニン・チャコニンの芽を伸ばしはじめていたらしい
しっかりとペティナイフの先でえぐり取ったはずだが

男爵殿のソラニン・チャコニンは春のけはいに敏感で
康太郎はめまい・吐き気・頭痛をひきおこす悪臭に敏感で

そんなに デリケートな鼻を持っているのなら
若者たちにしのびよる暴力沙汰のウイルスにも
世界中ににじみひろがる憎悪・報復の神経毒にも
文句の一言二言千言ぐらい言ってやったらどうなんだ
なにしろ 世界に冠たるじゃがいも
土の下でこごえたって長雨胴枯れ病に打ちのめされたって
ドイツのアイルランドの民族存亡の危機をすくった功績もある

問題のすりかえだ論理の飛躍だこすっからい手だ
怒り全開の抗議なんぞ なんのその
白日のもと康太郎とじゃが芋を天秤にかける
どんくさくって野暮ったいのはどっこいどっこい

やっぱり じゃが太郎の方がましではないか










広太郎 うんこ問答


ころ助の散歩から帰ると
まず 手は洗ったのか尋問される
間髪いれず 洗ったと答える
さらに 石鹸で洗ったのか訊問される
「素肌すっきり」竹炭石鹸を使った ときっぱりと応える
またまた 指の間手首まで洗ったのか追及される
指先手首肘関節までちゃあんととかなんとか もちろん嘘をつく

ころ助のうんこに触っただろう
シャベル新聞紙ビニール袋なんか役にたつはずがない
ころ助のうんこがついているにちがいない
いよいよ 厳しい詮議が始まり

赤ん坊のおしっこ発射で頭も顔もびしょ濡れになったよ
赤ん坊のうんこ爆弾も風呂桶ですくったよ
汚く臭い手で育てたんだよ
広太郎の育児日記を白状したらどんなにかせいせいするだろう
一日四十本 煙草の煙のほうがよっぽど頭に悪かろうに
きな臭い事件の数々 世間のほうがもっと危なかろうに

洗面所に立ったまま深くうなだれる
洗面所に閉じこめられたまま
指を手を肘を洗いなおし流しなおしする
背後で マクベス夫人も男の血を洗いなおし流しなおししている

やはり 私は息子を殺したのだろうか










公太郎 面接の顛末


せめて 携帯・酒・煙草・バス代くらい
せめて 『キングダム』全巻30000円くらい
『ワンピース』全巻40000円くらい
言いつのり食いさがり

理髪店にも美容院にも行かないとふくれるので
カット代4500円親払いでおびきだし
一着12000円の戦闘用のビジネススーツを買いに走り
バーゲンのネクタイで不満分子をしばりあげ
わからず屋の抵抗勢力は整髪料でねじふせ
やっとこさっとこ立てこもり基地からひきずりだし

ちょっと緊張した
(初めてだから武者ぶるいよ)
かなり自分の都合ばかり並べた
(二十四時間無職にどんな戦闘予定があるというのか)
ついつい油断して手を抜いた
(履歴書の使い回しで馬脚をあらわすなんて世間をなめんなよ)

ちょっと かなり ついついが打ちかさなり
玄関の段差さえ越えられなくなり

蟻の身の丈になってしまったからには
せめて 働き蟻の勤勉さを身につけてほしい
あきらめが肝心 と世間に笑われてもいい
私はあきらめの悪い業つくばりの親なのだ











貢太郎 百足譚


ほら 総攻撃されたんだ侵略されたんだ
身も心もあやつられ支配されているんだ
名品ドクターマーチンの8ホールは使い物にならない
本棚に飾っていたレッドウィングのアイリッシュセッターも捨てるしかない
廊下にあふれていたナイキやコンバースのスニーカーも全滅だ
こうなったら万策尽きたも同じ打つ手なし
貢太郎はこの世の終わりと呪いの言葉を乱射しはじめ

世の中には納豆菌・酵母菌・乳酸菌なんて善良な連中もいるのに
貢太郎には白かび赤かびの真菌軍団しか目にはいらぬらしく
今のところ ブラシかけ水洗いで殲滅できる雑兵ばかりというのに
向かうところ敵なしの黒かび将軍は出撃していないというのに

貢太郎はいつのまにか地球生き残りの最強の昆虫になっていて
一糸乱れずすべての脚をコントロールできるまで外出はしない
海外へ撃ってでる好機が来るまで靴の手入れに専念すると
保湿傷修正の万能クリームを塗りまくり
靴に息を吐きかけ靴を磨きあげ靴はいつでも準備完了
出撃命令が下されるのを今か今かと待っている

そんなら いっそのこと
一生 武器倉庫で靴を磨いておれ
それが世界平和に貢献するせめてもの功徳
私h高圧的に命令を下す
たちまち 私は貢太郎の上官になる

威圧的に命令を下すのはここちいい
子育ての反省・悩み・迷いなんか一瞬で吹っとぶ
歴史的人物になった気分になる
世界に号令をかけそうになる










孔太郎 照り焼きを喰う


ほどよく油がのった赤鶏を特製のたれに漬けこみ
遠火にかざす
生姜 行者にんにく 鷹の爪 塩麴を熟成させたたれが
勢いよく炎をあげる
香ばしくこげはじめた胸肉を二度三度たれに漬けこみ
炭火であぶる
すっからかんの丸裸 しわたるみ不安寄るべない寂しさにも
こげ目をつける

炭は聖らかに熱をはなつ
炭はあっけらかんと匂う

孔太郎は
うまいともまずいとも言わずかぶりつく
たらふく喰って惰眠の夜にもどっていく

惰眠の夜はこのまま順調に育ち巨大になり
宿主のっとり計画を完璧に遂行するだろう
ハリガネ虫がカマキリに寄生し脳を支配し
水中に引きずりこみ溺れさせるように

孔太郎
洟ちょうちんを膨らませていいのは冬眠中の熊だけだよ
盛大に鼾をかいていいのは年とった竹林の虎だけだよ










巧太郎 ばらばら事件


自由が欲しかったと怒鳴る
自由に育てられたら こんな青春じゃなかったはず
自由にさせてくれたら かなりましな人生だったはず
おかげで サッカーの一流プレイヤーにもなれず
おめおめと 大学に八年も通い
行列のできるラーメン屋にもなれず
チンピラにも ヤクザにもなれず

ふん やりたい放題あばれ放題への鼻っ先笑いはおし殺す
いい歳をして泣き言を なんて売り言葉に買い言葉はのみこむ
自由気儘 自由勝手 自由奔放の行きつく先は
親に貢がせ 親をしぼりにしぼり その程度だったじゃないか

自由が 自由が と連呼に連打
もはや 自由もすっかり斬りきざまれ
自由の原型もとどめず鮮度もなくなり

星あかりの草むら 自由のきれぎれを拾う
意味を拒否され散らばるぼろぼろを合わせてみる
雪あかりの窓べ 金詩銀詩の糸で自由をつくろう
「国家あるかぎり自由はない」なんてレーニンの名ぜりふもかがる

遅霜でさくらんぼの花芽が全滅した
藤棚の鳩のひな三羽が蛇にのまれた
世の中では取りかえしのつかぬ事件も起きる










陽がてり雨がふりさえすれば


清浄無垢が大好きな息子は
洗濯機の渦まきかげんを日々監視する
洗剤がまじめに任務をはたしているか
漂白剤が手抜き仕事をしていないか
柔軟剤の忠誠心が欠如していないか などなど

早寝早起きが大好きな私は
息子の頭の先から足の先まで日々観察する
栄養はまんべんなく手脚に満ちわたっているか
足元は水のやりすぎで根腐れをおこしていないか
首すじは風にのってやってくる天狗巣病に感染していないか
まともに肺呼吸皮膚呼吸をしているか などなど

夏草ジャングルの庭では
皇帝ダリアさえ勝手気ままに巨大に咲いているというのに

洗濯物の干し方で激論を交わして以来
まるまる三日布団から出てこない
夜中にトイレくらい行っているのだろうか
飲まず食わずのまま 仮想敵国を偵察する旅から旅へ
今夜は 荒野のはしっこでカーキ色の影を引きずっているのだろうか
明日は サボテンの岩山を匍匐前進で超えて行くのだろうか
007の兄
(あに)さんのように息をつめてスパイをやり過ごしているだろうか

そもそも 防空壕で寝てばかりだった健康体とはいえ
鉄砲担いで行軍する体力はないはずなのだが









犬も喰わぬ親子げんか


とうとう 地下核実験をやらかし新型ミサイルを発射したというニュース
日本はどうなるんだろう 世界はどうなるんだろう が始まりだった
どうってことないさ 滅びてしまえばいい みんな消えてしまえばいい
人間なんていないほうが地球のためだ から混戦状態になり

高熱に苦しみあえいだ一夜
どうにか 生きぬいてほしい
交通事故で意識不明になった一週間
なんとか 生きのびてほしい
独り暮らしのまま連絡不通になった三ヵ月
とにかく 生きていてほしい
額からこめかみにまで頭蓋骨の線をうかべ家にもどって以来
どうにか 生き続けてほしいの三十年間は
利己的独善的おろかな親の願いだと一蹴され

戦争で生きのびた命だから
栄養失調・洪水・地震をくぐりぬけた命だから
命はうけつがれていくもんだ なんてカラスの勝手だろ
なにがなんでも 死にたかった命は
とにかく 死にたかった命は
どうにかして 死にたかった命は
反撃につぐ反撃 猛攻につぐ猛攻
はては 自爆も怖かぁねえやいの勢いとなり

山路の曲がりくねりドライブのはて
刈りたて挽きたて打ちたて茹でたての新蕎麦のかおりにやっと停戦となり
二人前3024円也は運転手の私から出撃していき二度と戻っては来なかった
ちなみに 生きていてほしいは盛り並 死にたいは山女魚山菜の天ざる大盛り











大きくなったら


卒園式の壇上で
それぞれに背筋をのばし
それぞれの夢が飛びたち

息子の番がきて
身をのりだす
「怪獣になります」
自信たっぷりのひびき

あれから四十年
怪獣の卵はまだ孵りません










絖太郎 インターネットを友として


中学生の頃はお笑い芸人になりたがっていた
ダウンタウンのようなクリームシチューのような
明日のお金に困っている人も爆笑する

高校生の頃はロック歌手になりたがっていた
X JAPANのようなB'zのような
バブル崩壊後のわやくちゃの青春をすかっとする

愛嬌もなく男気もなく脚は短く
まあまあの中年になっただけ

でも
母親を殺すことはなく
(なぜか私は首投げ払い腰が得意技)
女房を殴りたおすこともなく
(そもそも結婚には縁もなかったので)
子どもに虐待のかぎりをつくすこともなく
(けっこう子ども好き でも世間は警戒警報発令中)
むろん 社会貢献ボランティアなどは論外で
(まずは朝のカーテンを引くこと窓から顔をだすこと)

このごろは無事に体力低下の坂道を下りはじめている
やれやれ これで初年兵として引っ張られることもないだろう











 清岳 こう さんの詩集 『 眠る男 』 (思潮社)
  2019年 7月刊より抜粋   ISBN978-4-7837-3663-9 C0092
  定価 (本体2,400円+税)


 東日本大震災以降、宮城県で、子供たちに詩作を勧める活動を通じて、被災した子供たちの心のケアに尽力された、清岳こうさんの異色作である。
 たまたまの偶然であろうが、折しも政府が今スポットを当て、来年度予算も組み、活性化を図ろうとしている「就職氷河期世代」の息子さんを、清岳さんはお持ちで、この詩集はそうした息子と母の物語が描かれている。だから、個人的な部分のみならず、「就職氷河期世代」の人たちの全部ではないが、一面を知り、考える、いい機会になる詩集でもあると思う。表記で「コウタロウ」の名前の漢字が毎回変化しているのも、この詩集を個人のこととしてでなく、同様の人は数多くいる「世界」として捉えて、読んで頂くための工夫であろう。

 作品『終』は、この詩集が本篇に入る前の、冒頭に置かれている序詩である。したがって、この詩がこれから始まる物語のことを暗示している。
 「眠る男」は、1996年に公開された映画であるが、映画の内容に深く分け入りたいわけではなく、比較対象するものとして、それはある。次の連には我が家の「眠る男」のことが記されている。いわゆる「ひきこもり」なのである。のちの詩でわかるがこの息子は、今、政府が働く人材確保のためにテコ入れしようとしている「就職氷河期」世代の人である。そして次の連には、この働かない息子と暮らすところの母である作者の、老齢になってもまだ、あくせくと働く姿がある。本詩集は全篇が、この葛藤する母と息子の物語で綴られているのである。
 終連の一行には、映画が一時間半で終わるものであるのに対して、先の見えない戦いのさなかにいる自分たちの、失望にも似た心情が対照されている。
 なお本詩集中に、『眠る男』と題された同名の作品はなく、この『終』によって、詩集タイトルを『眠る男』とした、由縁が語られている。また、詩集は全体が大きく三章に分かれていて、それぞれ「山ねむる」「狸ねいり」「ねむり猫」と題されている念の入れようである。全40篇所収。

 作品『耕太郎 逃亡中』。
 台所で夕食の仕度をしながら、テレビニュースを聴くともなく聴いている。折しも、アナウンサーが、息子と同名の発音を言う。それは指名手配中の逃亡犯なのである。コウタロウという名の逃亡犯といえば、我が家にもいると、二階を見上げる。世間から逃亡して、もう何十年になることかと思う。こいつも警察に通報してやりたい衝動にかられる。長年の苦痛から解放されたい気持ちになるが、どっこい、この息子は本当に行方不明になった前歴がある。あの時の死ぬほどの心配が蘇り、それもまた困ると、思いとどまるのだと思う。

 作品『康太郎 じゃが芋に物申す』。
 ところで、この詩集の中には、述部を持った「センテンス」になっているタイトル名の詩がいくつかある。この詩もその一つである。なんだか、必殺仕事人シリーズの「主水、〇〇をする」に似ていて笑う。実際、この詩集の良いところは、「引きこもり」の息子と母の家庭の物語であるのに、母が本音の悲観や陰鬱を出さず、ユーモアと強気に満ちているところがいい。そこに精神的な救いがあるし、フツウこの強気があれば、息子もなんとかなるんじゃないかと思われてならない。先は見えないし、このままではいけないのだが、会話はできているから、現状、そう不幸な家庭ではないんじゃないかと思われてならない。しかし、それだからつい、現状に甘んじてしまう部分もあるのだと思う。
 「じゃが芋が臭い」に心当たりがあっても、2行目で、すっとぼけるところが、ユーモラスでおもしろい。3連目では、そんなデリケートな鼻を持っているなら、世間や世界のことにもっと鼻をきかせろと、さらに畳みかける。「問題のすりかえだ論理の飛躍だ」とやり返す息子の抗議もなんのその。口や理屈で負ける作者ではないのが、なんと頼もしいことか。

 作品『広太郎 うんこ問答』、『陽がてり雨がふりさえすれば』
 この2作には息子の潔癖症ぶりが端的に表現されている。引きこもりの人に共通するのだろうか(うちの娘も元・引きこもり)、なんでかうちも潔癖症だった。共通項があるのでよくわかってしまう。じゃあ、その人はすべてにおいて清潔にしているのかというと、そんなことはない。閉じこもっているから、毎日きちんと風呂に入っているわけではないし、閉じこもっているから部屋には風が通らず、湿気と体臭でぷんぷんしているが、自分のことは棚上げの、あくまで自分尺度の勝手な潔癖症でしかないのである。『うんこ問答』においても、「一日、煙草四十本の煙」のことは棚上げであることが書かれている。作者も、常時戦闘モードではいられないようだ。初連では、手際よく、洗ったと即答するが、あまり言い返せなかったのか、洗面所に押し込められてしまう。おまえだって、赤ちゃんの時は、糞尿たらたらで、それを必死になって育てたんだぞと言ってやりたい。犬の散歩から帰って来たばかりのふいを突かれ、洗面所に押し込められ、怒りと情けなさが同時に湧いてくる。
 『陽がてり雨がふりさえすれば』においても息子は、洗濯機の渦まきを監視しているが、おそらく自分で洗っているわけではない。「文句があれば、自分で洗え!」と言ってしまえば終わりなのだが、自分ではやらず、人にやらせておいて、自分は監視しているだけなのだと思う。洗濯物の干し方とて、「じゃあ置いておくから自分で干せ!」と言ってしまえば終わりなのだが、自分ではやらず、干し方に注文だけをつけてくるのだろう。かといって、本気でやりこめると閉じこもってしまうから、始末がわるい。閉じこもられると、今度はこっちが心配になるのである。前々から思っているのだが、就学年齢における、イジメ等における不登校と、この「就職氷河期世代」の「引きこもり」は、だいぶ事情が異なる。同等に考えてはいけないと思う。

 作品『貢太郎 百足譚』。
 それ見たことか、と言いたくなる。閉じこもって窓も開けない。湿気と体臭でぷんぷんしている部屋だから、カビだって生える。潔癖症と言っても、所詮自分のことは棚上げなのである。
 詩中、「ドクターマーチンの8ホール」も「レッドウィングのアイリッシュセッター」も、紳士用の高級ブーツの名である。自分の宝物にしたいならそれもいいが、ふつうのサラリーマンにはまず履く機会がない代物である。ワークブーツといっても、本当にハードな現場には、汚れて困るようなものは履いて行かない。誰だったか、引っ越しのバイトに着脱しにくいブーツを履いてきたヤツがいて、おまえ何しに来たんだと怒ったんだと話す知人がいたくらいのことである。我流の豆知識だが、衣類であればカビは、水拭きしたあとファブリーズで、結構だいじょうぶである。ファブリーズの滅菌力、恐るべし。
 大事にしていたものをカビにやられて弱ってる息子に、今度は作者が強気にたたみかける。

 作品『犬も喰わぬ親子げんか』。
 この親子にはまだ救いがあるなあと思うのは、良いにつけ悪いにつけ、会話が成立していることである。そこは貴重なので、むやみに喧嘩したくはないはずなのだが、黙って聞き流せることと、黙って聞き流せないことがある。「みんな消えてしまえばいい/人間なんていないほうが地球のためだ」の発言に、黙っていられる作者ではない。(たぶん私もキレると思う。)
 これまで、どんな想いで育ててきたかを語る作者、はたまた戦争を生きのびた親から→栄養失調をくぐりぬけた自分→そして息子へと渡る命のバトンの話をしても、カラスの勝手だと息子は反撃をやめず。混戦模様となり。
 それでも腹は減る。いい匂いのする新そばの店で休戦となる。残念ながら、死にたいと言ってる人が、その命を人のために使った話をあまり聴かない。本当に人のために命を捧げてる人は、そんなことを口にはしないものだ。それが、すぐそばにいる母親であることに、息子はいつ気がつくのだろう。
 かくして遠慮なく高いそばを喰うのも、息子の方である。いいのだ。本当の通は、盛りそばで味わうものだ。

 作品『絖太郎 インターネットを友として』
 ここには掲載しなかったが、『康太郎 ジョギング4キロを強要』というタイトルの詩がある。ジョギングを強要されるのは作者の方である。母親への愛情でもって、体力維持を願ってジョギングを勧めているというよりは、自分の生活をこの先も維持するために、扶養者である母親に長生きしてもらおうと考えている、という匂いがぷんぷんする。
 それは違う。ジョギングすべきはコウタロウである。ウォーキングでもいい。習慣的に3キロでも、4キロでもクリアすべきである。これからしたいこと、やりたいこと、何事をするにおいても、まず「体力」が必要だし、その距離をクリアするという、「ちょびっとの根性」が必要なのである。それらは小学校の算数のように、何事においても、基礎の基礎になるものである。
 同時に映画でもいいし、絵を観に行くのでもよいから、人の中に入ることである。自慢の靴が出撃する、よい機会にもなるだろう。自分一人で自分を考えるのではなく、他人の中にいる自分を考えてみることである。その2つの事をしばらく続ける。その2つの事に慣れたならば、ちょっと短時間で働いてみることである。家で自分で事業をしていて、あいだの短時間しか働けないんだとかなんとか、理由をつけておくといい。バイト・パート勤務も、2段階か3段階を経て、だんだんに増やしていくことが必要だろう。
 以上のステップがクリアできたら、ようやく軽作業のフルタイムの話が始められると思う。10代、20代と違って、「引きこもり」状態で40を過ぎていると、かなり柔軟性がなくなってきているから、物事に慣れるのに時間がかかる。ステップを経ることが大事だと思う。

 『インターネットを友として』では、作者が、自分の焦りと苛立ちを無理矢理抑えるかのように、息子の良いところを探そうと努めている。ともかく、社会的には罪を犯さずきたことを良しとしようと、考える。ともかく、中年になり、日本によもやの徴兵制度が布かれるようなことがあっても、もう徴集される年齢は過ぎただろうと、考える。
 作者はとても大きい人だから、正直、こうした状態の息子でも、現状において許容できてしまう。しかし、残念ながら親というのは先に死ぬものだ。親が死んだあと、息子が一人で生きて行けるようにしておくことも、親の責任ではないのかと思う。それとも、成人をとうに過ぎているこの年齢であれば、その後のことはもう、自己責任としてもらおうか……。作者の本当の悩みも、自分が死んだ先のことにあるのである。
 この息子にかぎらないだろう。今、働いている人でも、自立できるほどの収入はなくて、親と同居している人は多い。この詩集は、社会の、大きな側面を考えさせてくれる。


                                        (島)