□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 276号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十四年

 戦後七十四年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさんがさらに新詩集を出版。


  木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>

  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税










 編集雑記


リアルの猫を考える


 テレビでいま、ACジャパンの「にゃんぱく宣言」というCMが話題になっているのをご存知ですか? お察しのとおり、これはさだまさしさんの「関白宣言」の替え歌で、なんと、さだまさしさんご自身が、詞を変更して、このように歌っている宣伝です。


<さだまさしさん>

お前、俺の飼い主ならば

俺の体、俺より管理しろ。

家の外に、出してはいけない。

飼えない数を、飼ってはいけない。

忘れてくれるな 俺の、頼れる飼い主は 生涯、お前ただ一人

LA LA LA~

にゃ~


<ナレーション>
正しく飼って、ずっと一緒に。日本動物愛護協会

<ACジャパンのジングル>


とまあ、こんな感じのCMです。
猫動画バカ受けの折から、とても人気のCMなんですが、この歌で特に強調している3つの点の、意味を知っていてほしいと思いました。

 CMの当事者である「日本動物愛護協会」のHPから、いくつか転載させて頂きます。


 ■飼う前に考えよう

 〇不幸な動物を増やさないために、飼う前に考えよう
動物を家族に迎えることは、多くの場合、生活に張りや潤いをもたらし、生きがいの創造にもなります。しかし、動物たちは電池やゼンマイで動くものではありません。生きています。食べ物や水が必要で、排せつもします。病気になることもあります。動物との生活は、一方でその飼い主(家庭)に義務や責任、家計の増大をもたらし、家族の生活や行動を制限することにもなります。

動物が飼えなくなった主な理由
以下は協会に寄せられた相談電話のうち、動物が飼えなくなった理由の主なものです。

• ペット禁止住宅で見つかってしまった
• 増えてしまった→こちらをご覧ください(家庭の猫も室内飼、不妊去勢へ)
• アレルギー症状がでた
• 世話や散歩の時間、体力がない
• 高齢となったペットの介護がつらい
• 飼い主の病気、死亡
• 近隣からの苦情
• 引っ越しする

〇飼い主に必要な10の条件
このことから本協会は、「動物を家族に迎えるにあたっての必要条件10か条」を作りました。参考にしてください。
①住宅がペットを飼える状況にあること
②動物を迎えることに家族全員の合意があること
③動物アレルギーの心配がないこと
④その動物の寿命まで(終生飼養)飼育する覚悟があること
⑤世話をする体力があり、その時間をさけること
⑥高齢になった動物の介護をする心構えがあること
⑦経済的負担を考慮すること
⑧必要なしつけと周囲への配慮ができること
⑨引っ越しや転勤の際にも継続飼養する覚悟があること
⑩飼えなくなった場合の受け皿を考えておくこと

〇地域猫活動を知っていますか?
幸せになれない命は作らない、作らせない。でも生まれてきた命は大切に、出来るだけ長生きさせてあげたい・・・。地域猫活動サークルは、こんな気持ちを持った有志が集まって結成されています。
飼い主のいない猫を放置すれば、庭をトイレにされたり、むやみな繁殖で子猫が増えたり、ごみ置き場が荒らされたりで、地域の住民は大きな迷惑をこうむることになります。 出来るだけそのようなことがないように、猫が住民と上手に共生できる地域を実現することを目的に、いろいろな活動が行われています。



 ■家庭の猫も室内飼いと不妊・去勢手術を

 猫は学習する動物です

 〇猫の室内飼いのおすすめ

「犬の放し飼い」は都会ではほとんど見られなくなりましたが、猫を家に閉じ込めるのはかわいそう、とか、夜は自由にさせる方がよい、などと思う人はまだまだ多いようです。 しかし、猫は学習する動物です。家の中だけで暮らすようにすれば、家の中だけがテリトリー(なわばり)となります。ほかの猫に侵入されることがなく、自分の城で幸せに暮らすことができます。子猫を迎えた時には子猫のうちから、また、成猫でも慣らすことはできます。 外に出れば、交通事故の危険、また、飼い主のいない猫とのけんかや接触で、けがや伝染病、猫エイズなど不治の病に感染することもあります。家族に迎えた猫と末永く一緒に暮らすためにも室内飼いをお勧めします。

〇不妊・去勢手術

殺処分“ゼロ”や“削減”に取り組んでいる自治体が増えてきています。しかし、環境省の統計資料によると、いまだに5万6,000頭を超える犬猫が処分されています。その内の8割が猫となっており、さらにその6割が子猫です。(平成28年度 環境省調べ) この数字を減らす最も有効な方法は、 “望まれない命、幸せになれない命”を作らない、作らせないことです。
TNRなどを推進して、飼い主のいない猫を地域猫として地域社会に受け入れる活動が広がっていますが、飼い主のいる猫が不妊・去勢をされることなく外出自由では、この活動に水を差すことにもなりかねません。引き取り手が確実にあり、計画的に繁殖する場合を除き、生後半年ぐらいで不妊・去勢手術を受けることをお勧めします。
この手術により、オス・メスとも、性的な欲求不満へのストレスから開放され、また、マーキングや異様な鳴き声、ほかの猫への攻撃などの欲求不満が原因の問題行動も予防できます。さらに健康面でも、生殖器系の病気(炎症や腫瘍)が軽減されることが獣医学的に証明されており、平均寿命も長くなり、飼い主にとってもよいことです。



■一匹の雌猫が、生涯で出産する数

専門家の意見を総合すると
猫は、1年に2~3回出産。
妊娠期間は約9週間、授乳期間は約2ヶ月で、基本は年2回出産だが、授乳中でも、発情交尾可能なため、年に3回出産することもアリ。

1歳前から、8歳くらいまでは出産可能なので、一生では10~15回は出産可能。ただし、高齢になると1回の出産数は少ない。
したがって、生涯で出産できる子猫の数は概算で約30匹~50匹前後。

なお、日本では、野良猫の猫エイズ・猫白血病の感染率が20%ほど有り、外で交尾してくると、エイズや白血病に感染してしまうことがあるので、避けた方が良い。という意見を添える人もいます。

 私も昔、猫を飼っていたことがあって、その猫は一歳になる前に初回6匹を産み、そのあと5匹、5匹、と産みました。若い猫は特に元気なようで、まさに一年に3回産みました。そのあと間があいて、4匹を産みました。年2回のペースに落ちたようです。ここでギブアップして、不妊手術をしたので、生涯何匹とは数えられなかったのですが、これだけで、はや20匹ですから、この調子だと、生涯に50匹近いというのは、私の経験的にも納得のいくところです。

 つい先日も、テレビで子猫のもらい手を探す少女の話が、地域ニュースの中で美談のように伝えられているのを見ましたが、とんでもないです。私の例でいえば、私も昔、猫のもらい手を必死になって探したことがあります。初回の6匹はクリアしましたが、2回目は途中まで。ですから、計10匹のところで限界でした。1回目に子猫をすごく喜んで受け取ってくれた人も、2回目になるともう受け取ってはくれませんでした。また、受け取ってくれた10匹の人の中にも、その後の返事をごまかす人がいて、どうやら一度は受け取ったものの、その後に捨てた人もいる様子でした。これは50年ほど昔の話ですから、現代の住宅事情であれば、さらにもらい手探しは困難を極めると思います。
 猫を飼うなら、生涯30~50匹の子猫を産むことを、最初から念頭に入れておくべきで、不妊・去勢手術は、絶対にしておくべきだと思います。
また、不妊手術をしたあと、うちの猫もとても長生きをしたので、日本動物愛護協会のいう「去勢・不妊手術をした方が長生きできる」という見解も、誠に実感するところでした。

さて、再び、日本動物愛護協会のHPに戻り、野良猫について考えます。



 ■地域猫活動についての具体的活動 ─── 具体的活動

〇飼い主のいない猫トラブルを解決するために
飼い主のいない猫が増える原因は大きく二つあります。一つは、猫を捨てる人がいること。「動物の愛護及び管理に関する法律」では、猫に限らず、ペットとして動物を飼い始めた人は、「終生飼養」することが努力義務としてうたわれ、ペットを捨てると、100万円以下の罰金と定められています。動物の遺棄は犯罪です。また、もう一つの大きな原因は、飼い主のいない猫どうしが繁殖して、子猫が生まれることです。

〇具体的な活動としては
・飼い主のいない猫を今以上に増やさないための活動
・今生きている猫が「地域猫」としてその地域と共生するための活動
・猫による迷惑をできるだけ減らすための活動
・寄生虫や感染症の発生源になることのないよう、猫の健康管理にも留意する
となります。 このなかで重要なのは飼い主のいない猫を今以上に増やさないことです。
猫の数が減れば、猫による迷惑も当然減少します。

〇不妊・去勢手術(TNR)
子猫が生まれない一番確実な方法は不妊・去勢手術を施すことです。 対象となる猫を捕えて、手術後放します。このことにより、その猫は一代限りとなり、子孫が増えることはありません。この方法をTNR(Trap[捕まえる]、Neuter[手術する]、Return[戻す]もしくはRelease[放す]の頭文字)といいます。 自治体によっては、この不妊・去勢手術に助成金が出るところもあります。活動する地域の区市役所に問い合わせてみましょう。

〇耳のV字カット
不妊・去勢手術を施した猫の耳には小さくVカットを入れてもらいます。この猫はすでに施術済であることのしるしです。子孫が増えることのない一代限りの猫であることの証明です。

〇家庭の猫も不妊・去勢手術を
家族として家庭で生活している猫も、繁殖を予定しない場合には不妊・去勢手術をしましょう。万が一外に出てしまった場合に繁殖するのを防ぐことができ、特有の鳴き声やマーキング、生殖器系の病気を減少させることができます。

〇「置き餌」をしない
「置き餌」をしないこと。食べ残しにカラスやハエなどが集まり、温かい季節には腐敗による悪臭のもと・・・近所迷惑になります。できるだけ決まった時刻に与え、残れば片づけ、掃除をします。 また、「置き餌」は猫にとっては「常にエサがある」状態。時間を決めて与えれば、「エサは人が用意してくれるもの」となり、人にも慣れやすくなり、健康管理もできるようになります。

〇トイレの問題
誰でもよその猫が勝手に花壇を掘り返して糞をして行ったら不快に思います。エサを与える場所のほど近くにトイレを用意してあげましょう。また、糞をされて困っているお宅があれば、トイレを置かせてもらう交渉をしてみましょう。庭を掘り返される被害が減ることが期待できます。トイレの掃除も活動をしている人が行います。

〇これからの「地域猫活動」
猫の数が減少すれば被害も減ります。今まで「猫が嫌いだ!」といっていた人も「一代限りなら…」と対応を和らげてくれることも多くあります。「地域猫活動」は、推進しようとする人たちが中心となり、行政への相談と、困っている人の理解と協力を求めて進めて行ってください。それぞれの地域により状況は異なります。各地域の事情に応じた「地域猫活動」が広がり、人も猫も安心して暮らせることを願っています。

  ───── 以上、引用は、日本動物愛護協会HP より


 猫の地域トラブルの最たるものは糞害です。
 健康な猫は1日に1~2回の糞便をします。まず通常は必ずすると思って頂いて間違いないです。ところが犬の糞は飼い主が処理するのが当然の習慣があるのに対して、猫の飼い主は、猫の糞便に無頓着な人が多いです。マンション等で室内飼いをしてる人は、かえって糞便の処理はご自分でされてる人がほとんどですが、戸建てで猫を飼ってる人は、平気で猫を外に出し、どこか外でして来いという態度の人が多いです。そもそも自分のところで猫のトイレを用意してない人すらいます。どこかよそでして来たらラッキーと思っているようですが、これがまず間違いです。昔と違い、今はアスファルトやコンクリートの所がほとんどです。土があるところというのは、隣近所の花壇です。猫は土の上で糞便をしたいので、必ずこれを狙います。猫は1日に1~2回の糞便する動物ですが、この数を自分のところでしていない場合は、必ず隣近所の庭で糞便していると理解して頂いて間違いないです。これが近隣トラブルの原因になります。まずもって、猫のトイレは必ず自分の家で用意し、自分の家でさせる、を守って頂きたいです。
 まして、不妊・去勢手術をしていない猫が外に出ると、飼い主のいない猫を繁殖させる原因になります。また、先ほどの指摘にもあったように、野良猫には猫エイズ・猫白血病の感染率が20%ほど有り、外で交尾してくると、エイズや白血病に感染してしまうことがあるので、その猫自身にとっても命を危険にさらすことになります。
 これがACジャパンの宣伝で、さだまさしさんが歌っているところの、『家の外に、出してはいけない』の意味です。

 また、上記の「地域猫活動」の規範に沿わず、野良猫にただ餌だけをやる人がいますが、これも無責任です。野良猫に餌をやると、その時だけ集まるのではなく、餌を待って、常時そこに猫が居座るようになります。たとえばそこに5匹の猫が餌をもらいに来るのであれば、5匹分の糞便がその場所において撒き散らかされることになります。その場所に住んでいる人にとってはたまったものではありません。猫を飼ったことのある人は知っているでしょうけど、猫は魚をメインとする、ほぼ肉食の動物なので、糞便はとても臭いです。野良猫に餌をやるのであれば、糞便の始末も同時にされるべきです。できれば、TNR(Trap[捕まえる]、Neuter[手術する]、Return[戻す]もしくはRelease[放す]の頭文字)までなさるべきです。地域猫活動の指針に沿って行動して下さい。
 カミングアウトすると、私も昔、野良猫に餌をやったりしたことのある人間ですが、野良猫がよくいるその近所の寺社には、「野良猫に餌をやらないで下さい」という張り紙がしてありました。なんでそんな張り紙がしてあるんだろうと思ってましたが、餌をやることによって、猫が多くいつくようになり、毎日たくさんの糞害に困ってたんですね。今なら、よくわかります。きっと糞害は、仏の慈悲をもってしても、許せないほどのものだったのだろうと、お察し致します。
 その節は、私もご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。









◆親ががんになる、子供たち

 まだ、小さい子どもがいるのに、がんになったらどうしますか? がんは早期であれば助かることも多くなってきましたが、死と隣り合わせの恐怖を家族と共有しつつ、つらい治療を乗り越えていかねばなりません。そのためには、自分の子が小学生であっても、がんであることを話さなければならないのです。
 両親ががんになった時、子どもにどう伝え、理解してもらうか、それを考える「がん教育」です。


 ■東京でがん患者学会開催 学校現場の「がん教育」を議論

 2人に1人はなるとされるがんの治療や患者支援の在り方などについて患者や家族が学ぶ「がん患者学会」が東京で開かれました。最近では、学校現場で「がん教育」として患者が授業を行う機会が増えているとして、子どもたちにがんについてどう伝えるべきか考える模擬授業が行われました。
「がん患者学会」は全国各地のがん患者会で作る「全国がん患者団体連合会」が開き、患者や医師など50人余りが参加しました。

この中では、「がん教育」について考えようと、
13年前に乳がんと診断されたあと、子どもたちに体験を伝える活動を各地の学校でしている福岡市の中原美夏さんが講師となり、模擬授業を行われました。

2人に1人はなるというがんは、子供にとっても切実な問題です。
自分の親ががんと診断される子どもは、年間9万人近くにもなるという推計もあります。
こうした中、国は学校での「がん教育」を推進していて、患者や医師が、外部講師として招かれるケースも増えています

授業で中原さんは、死ぬかもしれないという強い恐怖を感じた体験を語り、「当たり前だと思っている今の時間を大切に生きてほしい」と訴えていました。

中原さんはこの日、
がんと診断されたことを
自分の子どもに伝えるまでの心の動きを、次のように語りました。


 (娘の学校の)試験が終わってから
 ちゃんと言おうと思って黙ってました

 その期間がつらくて何をやっていても
 涙がぽろぽろ、ぽろぽろ勝手に出てくるんです

 涙が出そうになったら、私はキッチンに走ってました

 晩ご飯の準備しなきゃーと言いながら
 タマネギを切ってました

 タマネギを切ると涙が出ますね
 それでごまかしてました


その後、家族とがんを乗り越える中で
限られた時間の大切さを痛感したという中原さんは
最後に、こう訴えました。


 「あなたが生きているきょうは
  誰かが生きたかったきょうだ」



  ───── 以上、NHK NEWS WEB 2019.8.31より










戦争のあやまちを忘れない

 今年も、広島原爆の日、長崎原爆の日、終戦記念日がやってきて、反戦・反核の想いを強くしました。今年になって初めて、重い口を開いて、戦争の苦い体験を語ってくれたお年寄りもいます。「戦争は人の心がなくなる。あんなつまらん、ばかなもんはない」、体験者の言葉を重く噛みしめたいです。
 世界ではまた核配備が増強されようとしていますが、核廃絶を願う志しは決して失ってはいけません。人々の声は、微力ではあっても、無力ではないのです。


 ■心の貧乏にだけはなるな

 1945年7月24日午前11時ごろのことだった。
 「お母さんがけがした! すぐ帰れ!」
 近所に住むいとこが真っ青な顔をして、勤務先の織物工場まで走って来た。急いで5分ほどの滝野町(現加東市)の自宅に戻った田中たね子さん(87)=西脇市=は、玄関の上がり口で頭から血を流して倒れている母のとみゑさん(当時52歳)を見た。母が編んで玄関に置いていたわら草履が真っ赤に染まっていた。米軍機の機銃掃射が頭に命中したのだった。
 軍需工場が引っ越してきた同町では、45年に入り米軍によるB29の飛来が目立つようになった。その日も朝から空襲警報が鳴り響いた。「田んぼに草取りに行こうか」と悩む母に、「外は危ないで。家にいたらどう」と言って出掛けたばかりだった。
 「まさか」。まだ14歳だった田中さんは涙も言葉も出なかった。なすすべもなく、次第に冷たくなっていく母をぼうぜんと見ているだけ。「お母さんが死んだ、死んだ」。11歳の弟は布団をかぶったまま泣き叫び、家中を走り回った。頭上にはまだ、艦載機の音が響いていた。
 後に町内で、その日の爆撃の犠牲になったのは3人と聞いた。「私の一言が母の命を奪ってしまった」。自分を責め続けた。
 それから22日後に終戦を迎えた。「もう少し早く終わっとったら、死なずに済んだのに」。父は仕事もせず酒を飲み、当たり散らした。「今なら寂しかったんやろうと思えるけど、その時は理解できんかった」。それでも、毎晩父の酒を買いに行った。
 父と弟との3人暮らし。田中さんは織物工場の事務員を務めながら、2人の世話に明け暮れた。弟の参観日にも顔を出した。
 戦後の貧しい生活の中でも、近所の同世代の女の子たちは小ぎれいな服を買ってもらっていた。田中さんには、生活を切り詰めてまで服を作ってくれる母はいない。相談できる人もいない。「何で私だけ」。言葉をのみ込んだ。「どんな時も人には親切に。心の貧乏にだけはなるな」。母の残した言葉だけが途切れそうな思いをつなぎ止めた。
 結婚には、タンスや着物など嫁入り道具がいる時代。家にはそんな余裕もなく、20歳で事情を知るいとこと結婚した。母のけがを知らせてくれた人だった。
 嫁いだ先は10人を超える大所帯。「苦労しとるお前とやから一緒に家族を支えていける」と頼りにしてくれる夫との生活で長女と長男を授かった。子育てが一段落してからは保育所の調理師として働いた。阪神・淡路大震災後は炊き出しを手伝い、家族を失った人を「私もや」と励ました。
 母としての田中さんを、娘の野末孝代さん(61)=加東市=は「いつも笑顔で愚痴を言っているのを見たことがない」と振り返る。お盆の墓参りでは、滝野町であった空襲と祖母の最期について語り、手を合わせた。「語り継いでいかなあかんという思いをみんなに伝えてくれた」
 田中さんは「書き残すことが母の供養になる」と二十数年前から、新聞や地元の戦争体験記に自身の体験を寄せた。「こんな悲惨な思いは、私たちの世代だけで十分です」。戦後50年を機に西脇市が募集した戦争体験集にそうつづった。
 新聞の投稿欄にも体験を送った。戦後70年の節目には本紙の「ふれあい」にも投稿。「周りの人に感謝し、平和を願い続ける」-と思いを寄せた。戦争で家族を失った人はたくさんいるからと、あまり語ってこなかったという田中さん。「こんな田舎にも戦争で傷ついた人がいたと、長生きして伝え続けな」。


  ───── 以上、神戸新聞 NEXT 2018年8月15日 より




 ■「生き地獄だった」シベリア抑留男性、亡き仲間思い語り継ぐ 

 戦友に送っていた茶を眺める中辻さん。鬼籍に入った彼らの分まで、体験を語りたいと思っている(京都府宇治田原町禅定寺)
 「犬死に以外の何でもない。骨も全部混ざって、誰かも分からんようなってる」。シベリア抑留者の遺骨取り違えを伝えるニュースに触れ、中辻三郎さん(94)=京都府宇治田原町禅定寺=は1945年から3年間を過ごしたシベリアの景色を思い出していた。所属した中隊240人中、最初の冬で65人が亡くなった。原っぱに穴を掘り、数十人の仲間を埋葬した日々を思い出す。「今も涙が出る。何があっても戦争だけはしてはあかん」
 44年に入隊、中国東北部に送られ、家の基礎工事などに従事した。終戦を知ったのは8月19日。日本に帰れる。ささいな理由をつけては上官にビンタされる日々が終わる。「助かった」と思った。だが、帰国のためと言われ乗り込んだ船は、シベリアへ向かった。
 下船後、収容所を目指し日中は一列になって歩き、夜は野宿する日々。9月初旬だったが、池に氷が張るほど冷え込み、下痢をする隊員が続出した。列を外れ用を足そうとした隊員は銃で撃たれた。下痢を漏らしながら歩いた。
 収容所では近くの炭坑でレールを運んだ。食事は「馬に食わせるような、かすだらけの」黒パン1枚と、少量の羊肉が入った油っぽいスープのみ。栄養失調や極度の疲労のため屋外で意識を失い、そのまま凍死する隊員が続いた。亡くなった隊員を運ぼうと腕をつかむと、そのままポキリと折れた。みんな、木の枝のようにやせ細っていた。
 初めは亡くなった隊員一人一人に空き缶をたたいてお経を上げたが、30~40人単位で埋葬せざるを得なくなり、兵長以外は名前も呼ばれなくなっていった。「生き地獄だった」と振り返る。
 ある日、「真面目に仕事しているやつの名前を挙げろ」とソ連兵が隊員に告げた。仲間から名前が多く挙がった中辻さんは、48年、帰国が許された。船上から見た舞鶴港は緑が映え、荒涼としたシベリアとの違いに涙が出た。
 宇治田原町に帰ってからは、茶とシイタケの栽培に打ち込んだ。自慢の茶と手製の古老柿を毎年戦友に送ってきたが、今は全員鬼籍に入っている。
 終戦から74年がたち、シベリア抑留を語り継ぐ人は少なくなった。「戦争は人の心がなくなる。あんなつまらん、ばかなもんはない」。亡くなった仲間の分も、平和の大切さを伝えようと思う。



  ───── 以上、京都新聞 2019年8月15日 より





 ■遺体さえも奪った原爆 忘れられぬ、家を飛び出した弟の最後の姿
  ───92歳女性が初めて語る

 閃光(せんこう)とともに襲った衝撃が広島の町を壊滅させた。広島市内の自宅で被爆した筒井秀子さん(92)=神戸市須磨区=は、5歳下、当時13歳の弟を失った。警報が鳴る中、家を出て行った弟の姿を忘れることができず、思い出すたびに「ちゃんと引き留めておけば」と目が潤む。広島市への原爆投下から6日で74年。「あんな悲惨な状況は二度と起こしてはいけない」と強く願い、重い口を開いた。

 「姉ちゃん、靴貸して」。1945年8月6日朝、延焼を防ぐ「建物疎開」の作業のため、広島県庁に向かう準備をしていた弟の松下章さん=当時(13)=が玄関で叫んだ。「B(米軍B29爆撃機)が飛んでいるから行くのやめとき」。挺身隊(ていしんたい)の仕事が休みで自宅にいた筒井さんは声を掛けたが、章さんは空襲警報から警戒警報に変わったから、と家を飛び出していった。これが弟の最後の姿だった。

*注釈・島
(原爆を落としたB29「エノラ・ゲイ」は 自身が積んでいる爆弾の規模もあって、自軍を巻き込まないように 一機だけの単独飛行をしているのですが、その前に、露払い的に、少し距離をおいて(これも自分たちが巻き込まれないように距離を取って)先行する、護衛の戦闘機隊が飛んでいました。
 「空襲警報」は、その先行する戦闘機隊を見て発せられたものでしたので、戦闘機隊通過後、「空襲警報」は解除されてしまいました。残り、後から飛んでくるのは一機だけなので(通常、爆撃の際には、多数の機が編隊を組んでやってくるのがふつうなので、一機だけなら爆撃はないと見ていたフシがあります)「警戒警報」程度に緩和したようです。
 それで、「空襲警報」は解除されたからと、隠れていた壕や建物から、ちょうど多くの人が外に出てきていたそうです。広島の原爆は、ちょうどそこを直撃することになりました。)

 午前8時15分。爆心地から3キロほど離れた広島駅前の自宅も衝撃にさらされた。窓ガラスが割れ、うずくまった筒井さんの膝にガラス片が降りかかる。「そのときは自分の家が爆撃の中心やと思っていた」と筒井さん。今も膝付近にはガラス片が残ったままだ。

 慌てて外に出ると、自分の家以外は西も東も何もない。町は外観のみになったビルがわずかに残り、ほとんどの建物が崩れた。黒焦げになった遺体やれんががそこら中に転がり、ガラスは散乱。自宅の水道が勢いよく噴き出し、その水を求めて多くの人が歩いてきた。大人も子どもも男も女も、みんな皮膚がただれて垂れ下がった状態だった。

 広島市の西隣にある廿日市市の姉宅に向かう道中。川は水を求めた人の遺体で埋め尽くされ「赤く黒いが青光りしている。なんとも言えない光景だった」と声を震わせる。

 県庁に向かったはずの章さんを捜して、母と姉が市内を回った。しかし、どこにもその姿はなく、見つかったのは防空頭巾の切れ端だけ。「遺体もなく、どこでどうなったかも分からない。弟のことをしのぶなら、思い出したくない原爆の日の光景を思い返すしかない」と悲しげに語る。

 終戦後に結婚し、夫の転勤で神戸に移ってきた。約50年前からプラスチック製保存容器などを販売する会社で代理店販売員を務め、今も元気に働く。毎年お盆には帰省し、章さんの墓に手を合わせる。

 これまで語り部として話をしてもらえないかとの打診もあったが、「大勢の前でこんなつらい話はできない」と断ってきた。しかし「話せるうちに。一度なら」と取材に応じることにした。章さんの写真を見詰めながらつぶやく。「戦争は罪のない子どもや大人、みんなが被害者になってしまう。絶対にいかんよ」



  ───── 以上、神戸新聞 NEXT 2019年8月7日 より






 ■令和元年 広島平和宣言

 今世界では自国第一主義が台頭し、国家間の排他的、対立的な動きが緊張関係を高め、核兵器廃絶への動きも停滞しています。このような世界情勢を、皆さんはどう受け止めますか。二度の世界大戦を経験した私たちの先輩が、決して戦争を起こさない理想の世界を目指し、国際的な協調体制の構築を誓ったことを、私たちは今一度思い出し、人類の存続に向け、理想の世界を目指す必要があるのではないでしょうか。
 特に、次代を担う戦争を知らない若い人にこのことを訴えたい。そして、そのためにも1945年8月6日を体験した被爆者の声を聴いてほしいのです。
 当時5歳だった女性は、こんな歌を詠んでいます。
 「おかっぱの頭(づ)から流るる血しぶきに 妹抱(いだ)きて母は阿修羅(あしゅら)に」
また、「男女の区別さえ出来ない人々が、衣類は焼けただれて裸同然。髪の毛も無く、目玉は飛び出て、唇も耳も引きちぎられたような人、顔面の皮膚も垂れ下がり、全身、血まみれの人、人。」という惨状を18歳で体験した男性は、「絶対にあのようなことを後世の人たちに体験させてはならない。私たちのこの苦痛は、もう私たちだけでよい。」と訴えています。
 生き延びたものの心身に深刻な傷を負い続ける被爆者のこうした訴えが皆さんに届いていますか。
 「一人の人間の力は小さく弱くても、一人一人が平和を望むことで、戦争を起こそうとする力を食い止めることができると信じています。」という当時15歳だった女性の信条を単なる願いに終わらせてよいのでしょうか。
 世界に目を向けると、一人の力は小さくても、多くの人の力が結集すれば願いが実現するという事例がたくさんあります。インドの独立は、その事例の一つであり、独立に貢献したガンジーは辛く厳しい体験を経て、こんな言葉を残しています。
 「不寛容はそれ自体が暴力の一形態であり、真の民主的精神の成長を妨げるものです。」
 現状に背を向けることなく、平和で持続可能な世界を実現していくためには、私たち一人一人が立場や主張の違いを互いに乗り越え、理想を目指し共に努力するという「寛容」の心を持たなければなりません。
 そのためには、未来を担う若い人たちが、原爆や戦争を単なる過去の出来事と捉えず、また、被爆者や平和な世界を目指す人たちの声や努力を自らのものとして、たゆむことなく前進していくことが重要となります。
 そして、世界中の為政者は、市民社会が目指す理想に向けて、共に前進しなければなりません。そのためにも被爆地を訪れ、被爆者の声を聴き、平和記念資料館、追悼平和祈念館で犠牲者や遺族一人一人の人生に向き合っていただきたい。
 また、かつて核競争が激化し緊張状態が高まった際に、米ソの両核大国の間で「理性」の発露と対話によって、核軍縮に舵(かじ)を切った勇気ある先輩がいたということを思い起こしていただきたい。
 今、広島市は、約7,800の平和首長会議の加盟都市と一緒に、広く市民社会に「ヒロシマの心」を共有してもらうことにより、核廃絶に向かう為政者の行動を後押しする環境づくりに力を入れています。世界中の為政者には、核不拡散条約第6条に定められている核軍縮の誠実交渉義務を果たすとともに、核兵器のない世界への一里塚となる核兵器禁止条約の発効を求める市民社会の思いに応えていただきたい。
 こうした中、日本政府には唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いをしっかりと受け止めていただきたい。その上で、日本国憲法の平和主義を体現するためにも、核兵器のない世界の実現に更に一歩踏み込んでリーダーシップを発揮していただきたい。また、平均年齢が82歳を超えた被爆者を始め、心身に悪影響を及ぼす放射線により生活面で様々な苦しみを抱える多くの人々の苦悩に寄り添い、その支援策を充実するとともに、「黒い雨降雨地域」を拡大するよう強く求めます。
 本日、被爆74周年の平和記念式典に当たり、原爆犠牲者の御霊に心から哀悼の誠を捧げるとともに、核兵器廃絶とその先にある世界恒久平和の実現に向け、被爆地長崎、そして思いを同じくする世界の人々と共に力を尽くすことを誓います。

令和元年(2019年)8月6日
広島市長 松井 一實






 ■令和元年 長崎平和宣言

 目を閉じて聴いてください。

   幾千の人の手足がふきとび 
   腸わたが流れ出て
   人の体にうじ虫がわいた
   息ある者は肉親をさがしもとめて
   死がいを見つけ そして焼いた
   人間を焼く煙が立ちのぼり
   罪なき人の血が流れて浦上川を赤くそめた

   ケロイドだけを残してやっと戦争が終わった

   だけど……
   父も母も もういない
   兄も妹ももどってはこない

   人は忘れやすく弱いものだから
   あやまちをくり返す
   だけど……
   このことだけは忘れてはならない
   このことだけはくり返してはならない
   どんなことがあっても……
 
 これは、1945年8月9日午前11時2分、17歳の時に原子爆弾により家族を失い、自らも大けがを負った女性がつづった詩です。自分だけではなく、世界の誰にも、二度とこの経験をさせてはならない、という強い思いが、そこにはあります。
 原爆は「人の手」によってつくられ、「人の上」に落とされました。だからこそ「人の意志」によって、無くすことができます。そして、その意志が生まれる場所は、間違いなく、私たち一人ひとりの心の中です。
  今、核兵器を巡る世界情勢はとても危険な状況です。核兵器は役に立つと平然と公言する風潮が再びはびこり始め、アメリカは小型でより使いやすい核兵器の開発を打ち出しました。ロシアは、新型核兵器の開発と配備を表明しました。そのうえ、冷戦時代の軍拡競争を終わらせた中距離核戦力(INF)全廃条約は否定され、戦略核兵器を削減する条約(新START)の継続も危機に瀕しています。世界から核兵器をなくそうと積み重ねてきた人類の努力の成果が次々と壊され、核兵器が使われる危険性が高まっています。
 核兵器がもたらす生き地獄を「くり返してはならない」という被爆者の必死の思いが世界に届くことはないのでしょうか。
 そうではありません。国連にも、多くの国の政府や自治体にも、何よりも被爆者をはじめとする市民社会にも、同じ思いを持ち、声を上げている人たちは大勢います。               
 そして、小さな声の集まりである市民社会の力は、これまでにも、世界を動かしてきました。1954年のビキニ環礁での水爆実験を機に世界中に広がった反核運動は、やがて核実験の禁止条約を生み出しました。一昨年の核兵器禁止条約の成立にも市民社会の力が大きな役割を果たしました。私たち一人ひとりの力は、微力ではあっても、決して無力ではないのです。
 世界の市民社会の皆さんに呼びかけます。
 戦争体験や被爆体験を語り継ぎましょう。戦争が何をもたらしたのかを知ることは、平和をつくる大切な第一歩です。  
国を超えて人と人との間に信頼関係をつくり続けましょう。小さな信頼を積み重ねることは、国同士の不信感による戦争を防ぐ力にもなります。
 人の痛みがわかることの大切さを子どもたちに伝え続けましょう。それは子どもたちの心に平和の種を植えることになります。  
 平和のためにできることはたくさんあります。あきらめずに、そして無関心にならずに、地道に「平和の文化」を育て続けましょう。そして、核兵器はいらない、と声を上げましょう。それは、小さな私たち一人ひとりにできる大きな役割だと思います。

 すべての国のリーダーの皆さん。被爆地を訪れ、原子雲の下で何が起こったのかを見て、聴いて、感じてください。そして、核兵器がいかに非人道的な兵器なのか、心に焼き付けてください。
 核保有国のリーダーの皆さん。核不拡散条約(NPT)は、来年、成立からちょうど50年を迎えます。核兵器をなくすことを約束し、その義務を負ったこの条約の意味を、すべての核保有国はもう一度思い出すべきです。特にアメリカとロシアには、核超大国の責任として、核兵器を大幅に削減する具体的道筋を、世界に示すことを求めます。
 日本政府に訴えます。日本は今、核兵器禁止条約に背を向けています。唯一の戦争被爆国の責任として、一刻も早く核兵器禁止条約に署名、批准してください。そのためにも朝鮮半島非核化の動きを捉え、「核の傘」ではなく、「非核の傘」となる北東アジア非核兵器地帯の検討を始めてください。そして何よりも「戦争をしない」という決意を込めた日本国憲法の平和の理念の堅持と、それを世界に広げるリーダーシップを発揮することを求めます。

 被爆者の平均年齢は既に82歳を超えています。日本政府には、高齢化する被爆者のさらなる援護の充実と、今も被爆者と認定されていない被爆体験者の救済を求めます。
 長崎は、核の被害を体験したまちとして、原発事故から8年が経過した今も放射能汚染の影響で苦しんでいる福島の皆さんを変わらず応援していきます。
 原子爆弾で亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、長崎は広島とともに、そして平和を築く力になりたいと思うすべての人たちと力を合わせて、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に力を尽くし続けることをここに宣言します。 

2019年(令和元年)8月9日                       
長崎市長  田 上  富 久







                                   (島)