□ 新作紹介 □





雨  音



 雨を待っている


さっき食べたばかりの大きなモンブランを
少し消費するためにスニーカーを履いて
出不精の私を誘い出す
とびっきりの散歩道へ

そこは360度 ぐるりと空
夕暮れどき 色彩に魔法がかかる

広い広い空の下を歩いていると
ぜんぶ ぜんぶ
小さくて あっけなくて

ふとすれ違う
エプロン姿のおばあちゃんとかわす
何気ない小さな会話が愛おしい

草がこすれ合うささやかな音が
耳に心地よく響いている

俯いた花をそっと覗けば
こんな時間なのにミツバチがまだ
せわしなく蜜を集めている

 いいな
 幸せだな

 簡単なことを
 簡単に言えばいいだけ
 ごくごく当たり前に
 口にするだけ

 好きだな
 すごくいいな

空の色が教えてくれるから
そろそろ家に向かおうか
あんなこと こんなこと
ささやかな散歩が教えてくれることは
ずいぶんと多い

韮の花は雪の結晶に似ているとか
ゴーヤの花が黄色くてかわいいとか
日が落ちた途端 虫の声が少し大きくなるとか

あそこの家には少し目つきの悪い
まるまるとしたトラ猫が住んでいるとか
たどり着いた我が家の灯りが
とってもやさしくて暖かいとか
なぜだか私はずっと
雨を待っているんだ とか

 そして
 なんて幸せなんだろう

 ここは
 なんて美しいんだろう とか





















青 島 江 里



 無 地


大木に一枚の布が
翻っている
何度も何度も風に
かたちをくねらせながら

そり返るたびに
少しだけ光って
もとに戻ろうとするたび
少しだけ影になって

誰にもわからない
あしたの続きなんて
戻されるたびに泣いて
そり返るたびに泣いて

風が止んだら
くたくたに湿った
ましかくでたいらな場所にも
まあるい光の雫は降ってくる

時の日なたになでられたら
ざらついた手触りは消えて
織り成されてゆく

いつかきっと
ここから飛んでゆける
濡れたことなど忘れるくらい

しっとりとしっとりと
愛・あざやかに交差して
はためく風と光の無地になれる






















井 嶋 り ゅ う



 通学路


白い石が無限に広がる道を友人と歩く
洗ったばかりのズック靴を入れた巾着袋が
教科書と一緒にランドセルの中に仕舞ってある
ランドセルの肩紐を引っ張って
私は何度も背負い直し重さを調節している

小さな箱に入った球体のガムをひとつ
友人が私の掌に乗せた
コーティングされた橙色が
ところどころ剥げていて斑らになっている
私はズボンのポケットをまさぐって
五十円玉を一枚友人に渡すと
綺麗な橙色の球体をもうひとつ
箱から取り出して私に見せた友人は
それを自らの口へ放り込んで得意げに噛んだ

少しずつ道がぬかるんでくる
私のつま先はすでに濡れ始めている
この通学路は途中から沼地に変わるため
毎日替えのズック靴を持っていかなければならない
友人が私の腕を叩いたらランドセルを頭上に掲げる
今日も私が先頭だ

コーティングの剥げたガムを噛みしめながら
私は一歩ずつ中に入っていく
首まで沈み込んでいく
重くなっていく体を息を切らしながら前へ運ぶ
たまに泥水が頬に跳ねて痒い
枯れ木が灰色の空に突き刺さっているのが
水平線越しに幾つも見える

友人が私の長い髪の毛を後ろから掴んでいた
私は曇った空を仰向く
友人の泥まみれの細い腕が
髪の毛を伝って首にまとわりつき
ゆっくりと絡みついてくる
フルーツの匂いが漂ってくると
ランドセルの中に入れた時の教科書の手触りと
居間で流れていたテレビコマーシャルの
陽気な子供の歌声を思い出した

水位が次第に低くなっていく
私の首から下が空気にさらされていく
密閉された温みが散らばって
白い石の上に汚れがぼとぼとと落ちる
友人が掌を私に差し出すので
ランドセルの中から道徳の教科書を抜きとって渡すと
満面の笑みで受け取り
頁を破いて泥を拭き取っては
何枚も何枚も私の足元へ投げ捨てる

学校の屋根が見えてくるころ
濡れていたものは徐々に乾き始め
黴のような匂いが漂ってくる
私は噛んでいたガムを飲み込み
ズック靴を巾着袋から取り出して履き替える
ここに跳ねたであろう顔の泥をこすって消しながら
手を繋いで笑顔で校門をくぐるため
振り返って私を待っている友人の無表情まで
急いで駆けた























Kazu.



 ウロボロスの夢


夢の中で一匹の蛇が自分の尾を食んでいた

この不条理な行為は何を意味するのであろう
古来より
死と再生の象徴として
宗教上の内と外として
ウロボロスは輪
(リング)の宇宙を形成している

けれども
僕にはそれが
究極の世界に思われてならない

自分の細胞を消化しながら
未生の細胞が増殖していく
ちょうど宇宙が
自給自足で成立しているように

だがその宇宙は
有限の元素同士が
無限の凝縮と爆発を繰り返していて
オーギュスト・ブランキ
の指摘は
宇宙をウロボロスの輪の内側に
閉じ込めてしまったのだ

だから僕らもまた
宇宙の法則に則って
一人一人が
極小のウロボロスの輪であるとしても
何の不思議はあるまい

すると数億年後の僕らは
足や手や胃袋までも消化してしまって
頭と目玉だけの生き物として
ゴロンゴロンと転がっているだけの存在かも知れない
惚れた腫れたの患いもなく
ぐるぐる回りながら絡み合って
淋しい性行為に明け暮れながら

勿論
神さまの掌
(たなごころ)の内
での話だが


嬰児が自分の足を舐めている
閉塞された世界の内側は
誰のものでもない
自分だけに許された領域なのだ

僕らに刷り込まれた
ウロボロスの遺伝子は
確実に受け継がれていく


 
*オーギュスト・ブランキ(1805-1881)『天体による永遠』(1871)
























齋 藤 純 二



 忘れない物


息子がまだ泥だらけになり遊んでいた頃
誰よりも自由を手に入れた顔して
走り転んでも痛みをすぐに忘れる
遊びの天才になり
青空は君のためにあるのか
なんて思うくらい飛び回っていた

小学校も高学年になると
社会性を持つように学校でも厳しくなる

授業で必要な道具を忘れた息子は
「忘れ物について何か書きなさい」と先生にいわれ
クラスでひとり違う課題を与えられた

書き上げた文章は詩であった
子どもはみんな詩人だと思っていたが
息子も同じように自分を表現していた



忘れ物


ぼくは変だ
遊ぶやくそくは覚えているが
学校の宿題は十分くらいで
忘れてしまう

ぼくは変だ
遊ぶ持ち物は覚えているが
学校の持ち物は五分くらいで
忘れてしまう

ぼくは変だ
連絡帳に書いたものも
一分ぐらいで
忘れてしまう

ぼくは変だ
だから
学校を勉強するところと
忘れないようにしよう



この詩がなぜかクラスだよりに載って
初めて目にするのであった

自分がどんな性格かを考え
学校という社会と照らし合わせながら
子どもらしいユーモアもあり
反省していることが書かれ驚いてしまった

子どもが大人になるため
社会性を持つことは大切であり
親としてはそれが嬉しくもあって
あの自由を手に入れた息子の顔
目に浮かべると寂しくもある

「忘れ物」の詩には「忘れない物」があり
強く生きるためのユーモアは誰にも奪われず
自由な力となり逞しさを忘れやしない























澤  一 織



 真夏の白日夢


町から町へ
空から空へと
陽を浴びた
黒色のワゴンを走らせる

行くあてもないけれど
次の到着地まで
自らの意思で進んでいる 
(という 
今の僕にとって
幸福でしかない)
この時
を感じて
人も対向車もいない道で
窓から 
手を伸ばせば

ほら 
風の行方さえ 
つかめそうさ
そのまま
空が青い
その正体を探ったのなら 
叫んじゃいそうだ

笑ってしまった
差し掛かった曲がり角
木陰で漏れる陽の棲家を見つけて
静めたエンジン
蝉時雨を 浴びながら

さぁ 解き放っておくれ

 白い空から射す陽が街を蒸している六時××分 
 ラッシュ少し前の新宿駅十×番線のホームで 
 ワイシャツを湿らせた非正規労働者は電車を待つ。
 来年の今頃、此処にいる為の椅子が用意されているのかも
 分からないが、明日もきっと、モノクロの列に並ぶ。
 拭っても 拭っても 噴き出す額の汗を拭いて
 蝉の鳴き声を掻き消しながら二分遅れで到着した電車に
 押し合い圧し合い詰め込まれて
 揺れる度に、踵を浮かし、爪先で踏ん張って。
 昨日の続きでしかない今日、今日の続きでしかない明日に
 回収されていくまでの間。
 もう一つの夏、
 旅に行く夢を見て。















 晩 夏


台風の去った後の
蒸しあがったこの街の
狭い空を映す水溜まりで
仰向き 脚を折り畳んだ蝉が
色なき風に 撫でられながら
流れている

そんな移りをぼんやりと眺めていた 
コンビニの店外に設けられた
日陰にある青色の褪せたベンチでひとり 
けむりを喫して

待っていた
此処にいれば
何処からともなく
誰かの声が聞こえてきそうで
その懐かしい響きに触れたくて
時計の針を
巻き戻してみたり
たまに止めてみたり
して、過ごしながら 
待っていた

何処に 行ったのだろう

大人の事情に揺れて 痰を絡ませ
乾いて笑ってみせたあの夜の少年は

その隣で見えるはずのない星と星を
指先で繋いでくれたあの朝の少女は

地面を叩く雨や稲光を連れて
あの夏の入道雲は

何処へ 逃れていったのだろう

時折、音を立てて
秋へと吹きつける微温い風は
少年少女の行方を 
知っているのだろうか

まだ何処かで鳴き続ける
蝉の声を探りながら
何も変わらない
つもりでいた僕も
大人になって
何度目かの夏に 
手を振る























葉 月  祐



 夜は いつでも


 夜の町に灯る
 小さな明かりの群れは
 名も無き星座のように
 ポツン、ポツン、と 滲んで見えた

 きらびやかな光や
 まばゆいネオンとは違う
 素朴で身近なその輝きに
 心は いつも 落ちついた

夜は やさしい

 ある恋の終わりに
 声を殺して泣いた日も
 父との激しい衝突に
 家を飛び出した あの日も
 自分を持て余して
 消えてしまいたくなった日も

 夜は 無言で 私を受け容れた
 私は 何度も 夜に救われた


夜は いつでも やさしい


夏には
暑さに寝返りをうつ私のもとへ
ひと吹きの風を連れてきた
眠れるように と

秋の夜長
真っ暗な部屋まで
届いた星や月のひかりは
ただただ静かで 穏やかで――


今日も灯り始めた
町の明かりを指先で紡いだ
もうすぐ私を抱きしめに来る
夜は 何を見せてくれるのだろう

友人であり
時には恋人のような
誰よりも
私を理解している

待ち遠しい 夜の訪れ















 永い約束


限りある時の中
あなたと紡ぐ今は
いつか土に還ろうとも
世界の片隅に残るでしょう

共に生きて
どちらかの命が
先に尽きる日が来ても
お互い後悔することはありません

あなたも わたしも
一生懸命に日々を紡いで
この世に存在したという証を
何処かへ残してゆけるのだから

限りあるからこそ
恐れも痛みも厭わずに
ふたりは寄り添い 歩き続ける
新しい扉の向こうへと旅に出るように


今日は野に揺れる花に
明日は空を駆ける雲の群れに
それぞれの言葉を重ね合いながら
この瞬間を紡いでこの世に残しましょう

たとえ雨にさらされ
やがて風に飛ばされ
いつか土に還ろうとも
ふたりの欠片はそこに根を張るのです


生まれ変わっても
かたちのないものを
また 紡ぎ合いましょう
限りある この世界の何処かで
























ひ  な  の



 うつろ


壁にだらり背中を預けて
腕を放りだすと
人形にでもなった気分だった

かくんと落ちた手首
意志のない指先
押し黙った片隅

薄い皮膚の下
這う血管の青々しさ
心臓の音が秒針のように
うるさくて

胸を暴いて
止めてしまいたくなる
あぁ、頭が痛い

心をなくしてしまいたいと
思う日があって
握り込んだ手のひらに
ぎゅっと爪を立てた

苛立ちと嫌悪
とれない目の充血と
増えていく
鎮痛剤の空箱

それでも
なくならない痛みに
身体を丸めて
目をつむることしかできない

体もなくしてしまいたいと
思う日があって
それが永遠になることと
何が違うのだろうと考える

(ただ逃げたいだけだよ)

何かがそういって
縋るように
ゆるして、の
四文字を呟く

神様がいるのなら
懺悔は
その耳に届いただろうか















 ショートケーキの苺


ショーケースに飾られた
スイーツの中を
視線で泳いでいく

タルトの珊瑚礁
チーズケーキの砂浜と
ショートケーキのテトラポット

甘いものを食べると
幸せな気分になるのは
どうしてだろう

ショートケーキの苺を
先に食べるか後で食べるかは
好みがわかれるとして

いつか私も
ひとつしかない苺を
「あげるよ」と
言えるようになるのだろうか

いつか優しい人と恋に落ちて
幸せな結婚をして
かわいい子どもたちにも恵まれ
素敵なママになる

小さい頃は
当たり前だと思っていたことが
今はこんなに遠い

ショートケーキの苺を
最後まで大事にとっておくうちは
そこには近付けないんだろうな

なんてことを考えながら
苺の刺さったフォークを
口に運ぶ

思いがけない
苺のすっぱさに
ぎゅっと目をつむる

往々にして
人生ってこんなものかもしれない
たぶん























沢 口 リ リ キ



 秋、そして秋


噴水の澄んだ水しぶきが女神のブロンズ像を艶めかせた。
ペンキの剥げたベンチで談笑する聡明な古い人々の頭上に
風と戯れる妖精たちの翅から銀粉が零れた時
大地の慈愛が公園に湧き出て聡明な古い人々は大いに満足した。
傍らでポール・エリュアール似の青年が愛の啓示を待っていた。
黄金律で配列された鱗雲が蒼穹に弓なりに流れ時間の果実は良く実った。
等間隔に並んだ木立からひとひらの葉が石畳に舞い落ちる刹那
馬の遊具で遊んでいた子どものひとりが転倒し泣いた。
母親が駆け寄り服の裾を整え抱き上げ
涙の鮮やかな虹の架け橋は噴水の中に溶けて広場はいっそう涼やかになった。
二十世紀初頭に建立された時計台が午後三時の鐘を荘厳に響かせ
太陽のきざはしからデーメーテルのお供の隊列が降りてきた。
日向で寝そべっていた高貴な犬は笑い
静謐な祝日の昼下がりの空間を飲み込んだ。
芝生でからだを休めていた旅人が空の天幕に杏子色の布を張り
高貴な犬を連れ立って静かに去ってゆくと
夕暮れが近づき公園に金の蜜が滴り落ちた。
そして金木犀の花の香りがつよく立ち込め
誰も居なくなった公園は美しく滅びへと向かった。
















 ナタリア


夏の僕たちの物語は
今年も
白い巻貝の奥に仕舞われ

誰もいない海辺で
密やかに閉じた

十月の海は

紺碧のなかに
黒の深みを広げていた

沖の方から吹いてくる
秋の汐風

来夏に交わした
約束の岩場で
君へ思いを馳せる

"琉球"にルーツを持つ
十七歳のブラジル日系四世である
君の瞳を慕う

次の誕生日を迎えれば
日系四世の"受け入れ制度"にて
最長五年という限られた期間だけ
滞在を認められる

僕と君の曾祖父が生まれた
この沖縄の地で
一緒に生きるため

出来ることをすべて僕はやろう
どんな状況下でも君を守ろう

 ナタリア
 ナタリア

深海よりも神秘的な
ナータの瞳

内包する純真の外延

かがやく
黒耀石の光にも似た























耀  子



 青春とは


今日虹を見た
青空にくっきりと架かっている
二重の虹だ
こんな美しい虹を見たのは 何年ぶりだろう
しばらく その高い南の空を見つめていた

その時不意に一つの詩が浮かんだ
それはアメリカの詩人サミュエル・ウルマンが
七十歳代に作ったという
詩『青春』 
  年を重ねただけで人は老いない
  理想を失う時に初めて老いがくる

青春という言葉の持つ
若さとは
まさしく髪は黒々と 肌は艶々としていて
沢山の悩みに心を痛めることもあるけれど
それ以上に多くの輝く未来を手にしている
そんな姿を想像する

私が二十代の頃
七十歳や八十歳は
想像もできないほど老人だった
身体
(からだ)はもちろん
精神だって皺だらけで
理想や夢の一欠けらさえ 
持っているとは思えなかった

しかし
そんなことはないんだ という
ウルマン自身が歳を重ねて得た感慨に
多くの人は共感し この詩は愛誦されたのだろう
本当の「青春とは」何か
それは
多くの年齢を重ねてもなお得ることのできる
熱い精神であるという思い 
マッカーサー元帥の執務室の壁にも
この『青春』は掛けられていたという

時間を止めることはできない
だから誰にでも老いはくる
皮膚はたるみ輝きを失ってゆく

たとえ
どんなに身体
(からだ)は老いても
理想を持ち続けることは できるかもしれない
夢を見ることは できるはずだ
残された未来に
はみ出すほどの
理想だっていい
夢だってあっていい

久しぶりに見た
二重の虹は
その鮮やかな七色は
私へ
まだ掌に大事に包んであるはずの
でも 時に忘れがちな
理想や夢を思いださせてくれた
















 季節は巡っていくんだ


眠りたい
眠れない
眠りたい
眠れない
輾転反側というほどではないが
幾たびも寝返りを打つ
眠れないよ~

寝返りの合間に
鈴虫の音が微かに聞こえてきた
眠れないと
私が
呻いている間にも
透き通った
薄い美しい羽根を
摺り合わせ
音楽を奏でている
ああ
秋が始まるんだ

あの鈴を転がすような
綺麗な音色は
もって生まれたもの
私もそんな声を持っていたら
どんなに自慢だろう

誰にでも
もって生まれた能力があるに違いない
私にもあるとしたら
何なんだろう
そんなことを考えていたら
いつの間にか眠りに落ちていた
気が付いてみれば


蝉が
ジッジ  ジッジ  ジッジ  と
助走のような声を出していた
そのうち一気に勢いを増すだろう
そして精いっぱい今日を鳴き暮らす
自分の時間を もうしばらく 頑張るんだね
少しずつ選手交代しながら
季節は巡ってゆく
そう
私も精いっぱい自分の時間を頑張ろう
そうやって
世代が交代して行くんだから























く   れ



 疑 心


じいちゃんは
困難区域が解除されると
すぐに古里に戻った
ばあちゃんは
子どもたちと
何度も何度も話し合いをしている

じいちゃんは
嫌だ嫌だと言っていた
スマホの操作をやっと覚えた
ばあちゃんは
覚える気がなく
スマホは電源切れのままだ

人がいなくて寂しいと
メッセージが
子どものスマホに入ってくる
「戻ってきたら?」
と 言うと
もう少し頑張ってみる
その内、人が増えるだろう

一年が過ぎて
二年目に入った
災害公営住宅に住む人は
少し増えたが
住んでみると周りの不便さに
戻って行く人もいる

じいちゃんも
ばあちゃんも
子どもたちも
毎日のように心の中で
葛藤をし続けている

原発事故で
帰還困難区域や
居住制限区域になった場所が
七年で戻れるなんて
疑心は
助長するばかりだ

この疑心が消える頃になると
じいちゃんは帰天し
ばあちゃんも
後を追うように帰天していく

仮の古里は
子どもたちが住む場所となり
孫の代になると
そこが古里になって
本当の古里が消えて行く

これは
寂しいことではないか
















 満 月


津波の後に一度だけ
魂が水平線上に並んだ時があった
うなだれていたから
生前の姿を見ることはできなかった
灯台も驚いて
点灯している灯りを点滅させて
船に危険を知らせていた

その人は、耳打ちすると
すぅっと消えていった
あれは満月の日だった
その光景を見た人は誰もいない
灯台は、それからより寡黙になった
ずらりと並んだ魂の声を
聴いたからなのだろう

ときどき灯台は
水平線の辺りに長く灯りを置くが
津波の行方不明者の数は
減ることはない
この数を一人でも減らしたいと
月命日になると
海岸線の一斉捜索が行われる

満月の日は何回あっても
同じような光景は水平線上にはない
その日は、波のうねりは大きく
海岸線が騒がしくなるが
舟の漁火が魂を鎮めるように
ポツン
ポツンと海上に灯る
















 立派に


たくさんの人は帰らない
古里はがらんどう

この町は
立派な建物等が増えた

町役場や災害公営住宅
誘致した工場や
そして車道の数も

帰還困難区域の中を
許可書無しで通すという
六号線方式

人や二輪車は
駄目との
条件付きではあるが

少しずつ
帰還困難区域の名前が
削られて行く

これでいいのか?
と いう疑問の声は
少ない

「避難から帰還へ」と
驚くような
放射能の数値を
帰還可能としている

たくさんの人は帰らない
古里はがらんどうだ

空間放射線量が
年間二十ミリシーベルト以下
これが帰還の数値

健康不安を払拭させる為にも
安全・安心の
メニューが欲しい
立派でなくてもいいから

もし、町村の
帰還率に
目標が設定されているならば
外すべきだろう

立派な建物等があっても
住む人の
不安の払拭を
最優先すべきだ
そこに、「立派」はいらない























藍 音 な な を



 散策と花言葉


何につけ
変な豆知識が好きである

雑誌の欄外に書いてある一行
新聞の家庭欄の小記事
本の中に書いてある注釈
ネットの記事などを
あちこちと
散策をするように
読むのが好きだ

見つけたらついつい
読まずにはいられない

行事や物事の謂われ
語源に家事のお役立ちメモ
いろんな記事があるが
一番見てしまうのが
花言葉の記事である

よくもこんな種類の花があるものだ
そしてさらに
色ごとに花言葉も違ったりする

 愛 憧れ 美徳 裏切り 嫉妬
 自惚れ 希望 また会う日を楽しみに
 美しい少女 恋の喜び

聖書や逸話
寓話に姿を現す花々は
登場するシーンに由来するものが多い

中には胡散臭いものや
よくこじつけたなぁと思うものもある
そう思いながらも
見るたびに感心したりする

 まさかのときの友 ちょっと変人
 父の失策 想像したほど悪くない
 年齢を感じる 

などと
まるで世間話の会話のような花言葉もある

最近は
果物や野菜にまでも
花言葉があることを知った

 花嫁の喜び 意地っ張り
 冷たい人 かさばるもの 完璧
 天下無敵 ひょうきん

いろいろあるけれど
私のお気に入りは
エリンギの「宇宙」
松茸の「控えめ」

まったく
誰がつけたのやら

知れば知るほどに
今までよく知った知人の
別の横顔が見えたようで
ほう と
見直したような気持になる

世知辛いいまの世の中
知らなくていいこともあるが
図らずも知ってしまった
何らかの知識

一見無駄な知識ではあるけれど
無駄なもののほうが
日常を面白くする気がしてならない
秋の夜長の
知識の検索散歩


そうだった
そもそもなぜ
花言葉を調べ始めたかと言えば
実家に撒こうと思い買った
百均のクローバーの種

花言葉は「復讐」

知ってしまい
なんだかこれは物騒で撒けないなと
笑えるような
笑えないような

























瀬   未



 プティフール


わずかに黄味をおびた白
そのエクリュ色の
瀟洒な小箱を
そっと開ける

行儀よく並んだ
繊細な十二個のお菓子
心奪われ
しばし見とれる

添えられたリーフレットによると
睦月 如月 弥生
どれも月の名がついていて
それぞれ物語を持っている

淡雪のように
さくらの花びらのように
あるいは
若葉や紅葉のように
四季を感じさせる色合いに

散りばめられた趣向や
凝った意匠
費やされた時間へと
想いを馳せ

あと三ヶ月
私の一年は
どんなグラデーションになるのだろう

すこし立ち止まって
振り返れば

叶ったこともあり
敵わなかったこともあり

約束を
果たせていないことも
まだ幾つか

どんな形であれ
思い出となり
私の小箱も
もう一列で埋まる

目の前のプティフール
整然と並べられた
ひとつひとつの芸術品を
口にしていいものか

完成された作品群を
欠かしてしまうことに
かすかな背徳を覚えつつ

迷い
ためらいながらも
目はしっかりと選んでいる

ヒントをください
あと三つ
今年をより良く過ごすための

あなたも
どうぞ

一人では勿体ない
一緒に
少しずつ
ゆっくり味わいましょう

砂糖菓子の魔法に
お互いの
こわばっていた心も
きっと解けるから