今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







草  香  





 観覧車


床までガラス張りの
カラフルなゴンドラに
吸い込まれるように乗る

軌道をゆっくり上る
眼下に広がるのは
人間の造った進化した街
競い合う高層ビル
傲慢な高速道路や線路
見た目はおだやかな一面が
夏の陽をはじている

いつの間にかてっぺんに
移ろいゆくパノラマも
止まることなく
ずんずん素通りしていく
遠くまで見渡せても
上辺だけが広がる
見ているのに 見えない
焦って さがす
自然のままの
山を 川を 海を

もう下降し始めている
大気中にかがやく視界に
何も得られないまま
底には地上の列
消化不良の背を
「しっかり見たければ
 自分の足で歩きなさい」と
扉が追い出す





                       〔齋藤純二:選〕





 からいばり


炎天下を生きる
にがうり
戯れる葉かげに
いくつもの実が
悠と顔をだす

緑のボコボコの厚い皮で
俎板に転がり
食べてみろ と睨みを利かす
塩にもまれても
なお 苦い
種は白く綿につつまれている

食べきれないのを
他の野菜と一緒に
かごに入れ
風通しのよい所に置いた

数日後
まっさきに果てた
にがうり
黄色の皮は柔らかく
中はうろ
種は赤く甘い
もはや 形はない
あの勢いはどこへ

傍できゅうりとなすが
涼しげに





                       〔三浦志郎:選〕





 夏の川


川面をすべる
夏の風

  さかなを追いかける
  身をかがめ 息をひそめ
  草の根もとに近づく
  掌にばたつく
  小さな鼓動をつかまえた
  バケツの中で跳ね回っている
  雑魚を大切に持ち帰ると
  父は一喝
  「セッショウするではない」

  信じられない
  父の反応
  いつも庭でウナギをさばくのに
  麦わら帽子のふくれ面は
  立ちつくす

いくつかの夏が過ぎ
<殺生>の意味を知る

近衛兵だった父の
軍服姿の写真を見つける
目を閉じて追分を歌い
紫煙をくゆらせ遠くを見ていた
寡黙な九十翁は
八月の空を仰ぎ
戦争を語ららずに逝った

川辺に立つと
流れに魚が泳いでいる
何十年経った今も
矛盾や殺生のかけらが
私の中に漂っている





                       〔島 秀生:選〕





 風、灼く


富士を背にした境内
片隅に
サイパンから運ばれた
一台の戦車

 少年たちは
 熱に浮かれたように
 兵を志し
 この軍機に乗った

焦げた車体
貫通した銃弾の穴
聞こえる声
遺品ではない
生々しい証人に
震えながら手を合わす

わたしには聴こえる
600の蝉が
夏空に向かい
無念 無念と
哀しくないている

この空は
過去にも
未来にも
つながっている





                       〔Kazu.:選〕





 宝 石


肩たたきする
小さな手が止まる
「おかあさん ほこりだね」
白髪とは知らない
大きな瞳

鏡の傍で見上げ
アイラインを引く手に
「おかあさんは歌舞伎をするのか」
スモッグを着た
澄んだ眼

いつしか あの娘は
お洒落に服を着こなし
わたしの疲れた背を労わりながらも
未来を見ている
三十歳

ある朝
勤め先からで電話
「まだ出勤していないのですが…」
一人暮らしのあの娘に
慌てて連絡すると
「昨夜は外人さんの接待で
十二時帰宅 寝坊しちゃった」
「英語の歌を二曲歌って
 褒められたよ」と

或る日
毅然と言う
「東京で暮らしてみたい」
はらはらの宝石を
いつまでも
抱えていてはいけない





                       〔く  れ:選〕











@すみっこ



 鳴 声


何度目の空に
蝉の声は
サヨナラを言うのだろう

別れだと
気付かずに
いつの間にか夏は終わり

あの日に聞いた
声が最期だと
懐かしむ日が来るのだろう

遠い記憶は
消えては
繰り返される想い出に

誰の心まで届くだろう
ふと切なくなる
サヨナラと

来る年も
また来る年も
空いっぱいに響き渡っている




                       〔島 秀生:選〕





 自分と詩


いつその詩は出来たのか

風景に見惚れると
不思議な塊が
僕の心を自由気ままに出入りする

姿や形等は見えない
もちろん
捕まえる事もできない

でも、
言葉で押し寄せてくる
そこで僕は外へと出したがる

その一瞬を
忘れないように繰り返して
心にメモをする

詩は
僕の中を
通り過ぎた証拠なんだ

詩とは
僕にとって
何の為に生まれたのだろう

ただ
月日を重ね
年を取る度に詩が増えていく

増えたところで
僕は僕のまま
何も変わりはしないのに

鏡に映った顔に
一つ皺が増えたようだ





                       〔青島江里:選〕











あ さ ぎ


踊 る


夢の中のあの子は
自分を踊り子だとは
思っていない

朝が寒いから
寒い。と
踊る

雪が降るから
消える寸前のように
舞う

飼っていた犬が死んだから
指の先まで
意識を行き渡らせ
涙を流す

薔薇が咲き誇りそうだから
はち切れんばかりに
踊る

月の満ち欠け
潮の満ち引き
とても
自然

あの子の踊り、
とても
自然

だから
ライトで縁取られた舞台

あの子は踊らない

何も理由がない
何にも繋がらない

縁取らない

夢の中のあの子は踊る子
とても
自然





                       〔島 秀生:選〕











と も り ん



 私の秋


夏が去る
若い頃あんなに魅力的に思えた夏
きらきらしていた夏
炭酸ジュースを飲みほして幸せを感じていた
いつの間にか糖分を気にする大人になっていた
夏が段々と鬱陶しくなって
秋の夜の鈴虫の声に
心が
すとんっ
と落ち着くようになった

秋っていいな
日本人でよかった
そんな大人になってなんだか私
芸術に気付かされたみたい
詩が私を導いてくれたんだ
何もなかった私を

人生が私を待っている
輝ける場所を求めて私は歩む
空を見上げると
秋の星々は初風と共に
優しさを放っていた

「さぁ、行きなさい」

とでも言うように。





                       〔Kazu.:選〕





 虹 〜 彼女がかけた橋


友人からメールがきた
「虹が出てるよ、見て!」
慌てて外に出た
大きくて色の濃い虹!
それは、見た一人ひとりの記憶に
刻まれるかのような希望の橋
しかも主虹だ
思わずスマホでパシャリ

こんなシンプルな感動を
私はしばらく忘れていた
最近は働くこと、
生きることに精一杯で
頭が固く、
脳がごつごつした岩みたいで

もっと柔らかい心を持ちたい
素敵な詩集に身も心も震えたときのように
そして、いつも明るく
皆を惹き付けてやまない彼女のように

私は思った、
 心が震え
   波打ち
   彩られ
   鮮やかさを増す―――
そのとき、人は光を見る
感動とは私たちの内面が花開くことだと
そうか
つまり、水をやることを
忘れていただけだったんだ

私は「ありがとう」と返信した
彼女の心の空にも虹がある
生きる上で大切なこと―――
それをあなたは教えてくれたんだね





                       〔く  れ:選〕











たゆたえども



 飛べない風船


白い風船が空高く飛び立つ
無邪気な子供の壮大な夢を乗せて
公園の木に引っかかることなく
轟々と鳴り響く風に負けることなく
上へ 上へ さらに上へ
夢を乗せて飛んでゆく

数多の風船が一斉に飛び立つ
道ゆく人々の純粋な想いを乗せて
紐が絡まり合っても
想いがぶつかり合っても
上へ 上へ さらに上へ
想いを乗せて飛んでゆく

僕の風船は飛ばない
いつか僕のちっぽけな望みを乗せて
僕の手を離れた少し先には
想像を超えて大きく広がる世界には
空へ 空へ 早く空へ
風船よ 望みを乗せて飛んでゆけ

でも僕の風船は飛べない
震えた右手が握りしめて離さないから





                       〔島 秀生:選〕





 夢は叶えるもんだろ?


人間の時間って樽に入ってるんだってな
親にこれからは自分で管理しなさいって言われちゃったよ
これで俺もお前と一緒だな
どれどれ ふむふむ
大きな樽の中にぎっしり詰め込んであるけれど
何をしろっていうんだい?
あれま 貴重な時間が小さい穴から漏れているじゃないか
これは勿体ないな

お前はどうしてるんだ?
みんなはどうしてるんだ?
塞げばいいのか?
そうだな 少しだけ周りの様子を見るか
たくさんあるじゃあないか 時間が漏れている樽が これもあれも
みんなそんなに気にしてないんだな
うんうん 仕方ないって言われるとそんな気がするな

おぉ この樽は時間が漏れてないぞ
あぁ これがかの有名なイチローの樽なんだな
へぇ 不思議だなぁ なんで漏れてないんだろう
えっ なんだって
毎日樽の手入れを欠かさない
どんな小さな穴でも見つけたらすぐに修理していた!?

そうかそうか
イチローが活躍した理由はここにあるのだな
じゃあなんでみんな樽の手入れをしないんだい?
地味でつまんないからだって?
でもみんなイチローに憧れてるんだろ
それじゃあイチローみたいになれるわけないじゃん
みんな言ってることとやってることが矛盾してるよ
えっ 俺もそのうち分かるって?
いやいや 俺はできるさ
やってみせるさ 樽の手入れを
もちろん毎日だ
見ててくれよ

お前ら 夢見てるだけでいいんか?





                       〔青島江里:選〕





 あるがままの人生


あるがままの人生
そう呟きながら
いつの間にか手には消しゴムを握り
白いノートは黒く滲んで汚れていた
その上に懸命に 綺麗な文字で
日記を書こうとしている

正気かい?
言ってることとやってることが違うぜ?

分かってる 分かってるけど
こうでもしないと心が痛むんだ
やっとのことでこうして生きてるんだから
僕が過去を消したからって
別に本当に過去が消えるわけではないよ
心の持ちようなんだって

それなら、上から書いているその日記は何だい?
書き換えちゃったらそれは君の人生ではないだろう?

勝手に見ないでくれよ
そのことだって分かってるさ 分かってるけど
こうすると心が安らぐんだ
こんな風に綺麗に生きてみたかったよ
僕が書き換えたからって
別に過去を上書きして生きることにはならないさ
だから心の持ちようなんだって

あるがままの人生を直視するって
こんなに苦しいことだったんだな
ただじっと見つめるだけでいいのに
そんな単純なことすらできないなんて
これからの僕に何ができるっていうのだろう
自分のノートをただひたすらに最期までめくる
そんなのごめんだよ でもどうしたら
どうしたら そこに理想の文字が生まれるのか

「分からない」





                       〔く  れ:選〕











伊月 あかね



 夕焼けが綺麗だから


ガラスのタンブラーに淹れた紅茶は夕焼けのように綺麗だった
ようやく一息ついた頃には
怠慢の空が滲み出していて
その下で愛し合う鳥たちの囁き声が届く

愛していた少女が亡くなったニュースを見た
わたしの中の世界がまた一つ欠けた音がして
それでも明日がやってくるのだと思うと
消耗品のような人生を大事にしなくてはいけないとひどく痛感した

大したことない毎日の中で
描くのは夢現の絵画に似た妄想と
紅茶の香りを詩として書き写すこと
それだけで報われ続けていた

紅茶に溺れた氷がなくなる頃には
わたしはまた夢を見ていて
夜明けが来てもなお
色づくことのない世界にやってくる

わたしのガラスには紅茶が注がれることなく
突如飛来した爆弾によって砕かれるだろう
欠け続けることを過ぎ行く歳月だとするならば
わたしは紅茶そのものになりたい
誰かをもう一度愛して
誰かを染めてあげられる
この夕焼け空のようないい香り
広大でたった一つしか存在しない透明な空に
紅茶をこぼしてみたい





                       〔三浦志郎:選〕





 静かな海面に


月の道が揺蕩う夜の海
魚の声も聞こえぬ今だけは
波の音だけが柔らかく響き渡っている

母が私たちに残して逝ったたった一つの古い宝物
その二階の窓から梅酒を嗜みながら眺める夜の海は
何かに例えようとすれば今夜は眠れない

甘めの梅酒が好きな姉が
月の道から母が戻ってくるのは
満月が美しく輝く今晩だけだと呟いた時
梅の甘い香りと
初秋の柔らかな風が踊り出した

夏が去れど
鳴り続ける風鈴の音は
母の笑い声のように優しく
透き通るような夜の色と共鳴していた





                       〔く  れ:選〕











小林 大鬼



 燕の巣


燕が忙しく飛んでいた
雛等が口を開けていた

でもある日雛も燕も消えていた
巣立つ姿も見れなかった

軒下にぽつんと残る燕の巣
いつの日か燕が来るのを待ち侘びる





                       〔三浦志郎:選〕





 雲のバレリーナ


青空に朝から
バレリーナは踊り続ける

白指のような足をしならせて
休み飛び立ち舞い踊る

バレリーノは白鳥をそっと支える

バレリーナは風のように
空を駈け抜け跳び回り

煙のように夢見るように
秋の想いに消えてゆく





                       〔く  れ:選〕











エストリン 


誕生日


精神障害者が
通うリハビリ
通称デイケア
そこに通う者を
メンバーという

メンバーの中には
院内にある
グループホームで
一人暮らしの訓練をしてる者も
いる
私はそこを卒業して
一人暮らしをしている

親友が一人
そのグループホームにいる
同じ共同生活を
した仲なので
まぁ、お互いのことは
よくわかっている

私の誕生日の前日
ある喫茶店で
落ち合う連絡をとった

割り勘のつもりで
私はいたが
親友は
おごると言った

なんだかんだと、世話になってるし
とも言う

そんなに世話したかぁ
と、私が言うと

 引っ越しするときいろいろもらった
 良いものもらっている
と、言う

まぁ事実だったりするので黙っていると

誕生日だし変なの贈りたくないし
とも言った

親友よ
そんな気遣いできるのになぁ
どうしてどうして
病気の重さがなぁ
一人暮らしのハードルを
上げている

いつか叶いますように
と初めて
神様に願ってしまった
この事を
いつも
病気の重さで
叶うわけないと
あきらめることしか
私は思っていなかったのに

いつか叶うといいね





                       〔齋藤純二:選〕











夕月 知李 


記憶水


毎日、毎日、暑い日が続く中
ふと、喫茶店に入り、
ソーダ水を注文した

しばらく冷房の風に
身体を冷やしながら

お待たせ致しました。
丸テーブルに
待ちに待ったソーダ水が
コトンと置かれる

私はしばらくソーダ水を見つめる
氷に反発するかのように
シュワシュワ泡が弾け飛ぶ

私は見つめながらふと記憶を辿った
あの夏に似ている
砂浜を歩き、小さな穴の空いた貝殻を拾って
照らされる月の光を覗き込んだときのことだ

月の光は柔らかく
すっと穴から優しく光を私の瞳に差し込む

たまに流れる雲に
隠れながら
顔を出しながら

優しくパチパチ
シュワシュワ

カラン!
ガラスの中で氷の音
そこで喫茶店の私に戻った

愛しいような切ないような不可思議のような
いろいろな想いを馳せながら
ソーダ水をこくっと飲む

私にとって特別な
季節限定の記憶のソーダ水

そうして
ご馳走さまでしたー
と、私は喫茶店を出る

また来る季節を楽しみにしながら…





                       〔島 秀生:選〕











司 龍之介


君の瞳


君の瞳を見ていると
とても穏やかになる
茶色い瞳が
僕の心を穏やかにする
信じられないと思うけど
その瞳に僕は
何度も救われている
とても綺麗な茶色い瞳

君が眼鏡をかけてる時も
奥から輝いて見える
その瞳を見ていたくて
さりげなく近くに寄ってた
横目で気づかれないように
そっと覗いてた
とても幸せ一時だった

楽しい時間は一瞬
君は遠くにいるけど
まだ君の茶色い瞳は覚えてる
目の側に沿って
頬を撫でることを想像すると
君の瞳がとても恋しくなる
側にいてくれないかな
一瞬でも
また見られたらいいのに

一緒に夕暮れの道を歩いてると
僕の隣で笑っていた
最高の笑顔だった
茶色い瞳が夕焼けを受けとめて
さらに濃く光っていた
今でも最高の思い出
またあの頃のように
一緒に歩けるなら
どれ程幸せだろう

君を傷つけてしまった
本当に馬鹿なことをしてしまった
今までにない目つきで
すれ違った道でにらまれた時
同じ茶色い瞳を見て
本当に傷つけてしまったって
足下が崩れ落ちそうだった

君の綺麗な瞳を
そんな風にさせてしまった僕は
謝ることも出来ず
逃げてしまった

手紙を何度か送ったよ
読んでくれたのかな
それは分からないけど
そして君は気づいてないだろうけど
そこにはこう書いておいたよ
「君の茶色い瞳は綺麗で
僕はそれが好きだった」と
それだけはどうか知っていてほしい

君の瞳を思い出すと
懐かしく感じて
遠くを見てる気がする
今は一人で夕暮れの道を歩いてる
どうでもいいか
君の瞳は記憶の中
どこへでも行けばいい
そして戻って来たらいい

まばたきするたびに
うるおってゆく瞳
その瞳と目が合うたびに
ふるえおどってた心
愛してる
この言葉を贈るよ
もう一度言うよ
愛してる
部屋に響くだけであることを
許してくれ





                       〔三浦志郎:選〕











松本 タカヒロ 


ボクたちのこれから


 ねえ、いつまでも一緒に過ごせるのかな


唐突にキミは聞いてくるから


戸惑う、


だって、
未来のことなんてわからない
ボクは今日を生きるだけで精一杯だから


 ボクたちは当たり前のように生きている
 電気やガス、水も使えば
 携帯電話や電車も使う
 食料がなくなる、なんてことも考えられない

でも、いつまでこの平和は続くのだろうか


 キミとは当たり前のように愛し合っている
 一目ぼれの恋だったかもしれないけれど
 学生同士の甘い、甘い恋なのかもしれないけれど
 一緒にいられなくなる、なんてことは考えられない、
 考えたくもない

でも、いつかはこの愛も終わってしまうのだろうか


愛が終わらないために何ができるのだろうか
キミのために何ができるのだろうか


考えても、考えても、
やはり、わからない
だからといって、彼女を無視するわけにはいかない
考えて、考えて、



アイシテル


思わず口から愛が零れてしまった

思わぬ愛に顔が赤く染まる



キミは驚いたように、嬉しそうに、
そして、
はにかみながら言った


 ワタシモ、アイシテル



きっと、
ボクにできるのは
いや、
ボクたちにできるのは
これくらいの簡単なことのはずだ

これから先も、
ずっと、ずっと
それは変わらないはずだ





                       〔雨  音:選〕





 くだらない塊


期待されて、
応えられなくて、
優しくされて、
優しくできなくて、
寝ても、起きても、わからなくて


誰に相談したら良いのかもわからない
だって、
自分でもどうしたら良いかわからないから
どうせ、
誰も分かってくれないのは知っているから


 なんで、生きているのだろうか
 誰かの役に立っているのだろうか
 どうして、夢を見れなくなったのだろうか
 居場所はあったはずなのに、消えてしまった
 このまま、

 #消えたい


公衆便所に書いてあるような
ぐしゃぐしゃに書き殴ったような
くだらない、落書きを
広い海へと垂れ流す


誰が見てくれるのかはわからない
でも、
誰かが見てくれるのかもしれない

消えたいはずのに、
なぜだか、
期待してしまっている、
自分


本当は消えたくないよ、
だって、
自分が生きる意味を知りたいから

本当に消えたくない、
だって、
知らないで消えるなんて勿体ないから

本当に消したいもの、
それは、
無駄に格好つけているだけの自分





                       〔青島江里:選〕











那 珂 野



 光は明るく見えるだけ


ああ、電球さん
あなたはどうしてあかるいの?

目に刺さる、白色の刺激光
どうにもガマンができないわ


嗚呼、愚鈍な小娘よ
我は明るいわけではない

太陽様に比べれば
我の「ルクス」も塵の様

我に心を見出した、ひ弱で愚盲な小娘よ
そのカーテンを引いてはくれまいか?



私は本当は知っている
けれども気づかぬ振りしてる
開ければ世界は広いこと、明るい世界があることを

私は本当を知っている
けれども無知な振りしてる
開ければきっとあの方が、電球さんが消えること


我は本当は知っている
だけれど知らぬ振りをする
彼女は怪物であること

我は本当は知っている
だけれど気づかぬ振りをする
血を食む君が、光を浴びればどうなるか


本当は開けたくないの、でも……



嗚呼

光は闇の 中にある
だから明るく 見えるだけ

だったのだな





                       〔島 秀生:選〕











かすみ じゅん 


晩夏の愁い


狭い裏庭の
草叢で
一匹の蟋蟀が、小さな翅を
擦り合わせて
鈴転がして遊ぶような音色
優しく奏で
夜明け前の薄闇に
細やかに響かせる

盛りを過ぎた夏
報せるようにも
滲み出す秋、唄うようにも
この耳に聴こえて

暑さに燥ぎ
煌いた日々は
無暗に破り捨てられる
紙屑を見るように
擬かしく
何処か切なく
束の間 瞬くばかりの記憶に
呼び戻され
儚く消える

一つ、二つ瞼を閉じ
遣る瀬無さを
胸に呑み込み
長い吐息に混ぜて吐き出すと
気持ちは次第に
凪いで行く


明るみが窓辺に
そっと広がり始め
人里に降りて来た小鳥達が
愉しげに囀り交わし
安らぎの一時を
届けてくれる

そんな折――

不意に
鮮明に思い浮かぶ
あの日
あの時
あの街角で

目の前を
たおやかに舞う
透き通る
純白の花片のように通り過ぎた
その眩い姿が
しなやかな黒髪から
ふわり覗く
横顔が
未だ
瞳の奥に
焼き付いて離れない

もう
二度と
届きはしない面影へ
頻りに手を伸ばす

きっと
心の何処かで
躊躇いながら
今も
あなたを探している





                       〔島 秀生:選〕





 秋色、木の葉


ふうわはら
川面に
軽く
張り付き浮かび

ぽつり
つすう、と流されて
とん
と岩を打ち
くるりら
滑らかに回り
下り行く

もう、目の届かないほど
遠ざかり
景色に紛れる


上流から一片

秋色の木の葉が
目の前に
また

ふうらゆら
すすう、と流れ着き
静かに微笑む

嬉し
そうにも
哀しそうにも
瞳に映り

くるうり、回りながら
下る姿

この胸に淡く残る

遠く
漂いながら
光る水面に揺れ
小さく、小さくなって
谷懐の
未だ色濃い
緑の情景の中へ

ふっと
長く続いていた
物語が途切れるように





                       〔く  れ:選〕