□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 277号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十四年

 戦後七十四年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさんがさらに新詩集を出版。


  木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>

  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税










 編集雑記


やっぱり見過ごせない気がする、台風15号千葉県被害の対応。

 仕事でよく通っていたところなんですが、高野山のふもとにも、空を見上げるような高さの、でかい鉄塔があります。ふもとから高野山まで、こういう鉄塔が何本も続いています。こういう鉄塔が建っているところというのは、山中であったり、自然地形的に難がある地域に送電線を延ばすためのもので、こういう鉄塔が建っているところというのは、送電は一方向しか確保されていないのが通常です。だから、台風15号通過による被害として、通過当日から大々的にテレビニュースに映った、君津の複数の鉄塔の倒壊(おそらく観測所で公表された風速よりも大きな、瞬間的に竜巻のような突風が、そのあたりに吹いたのではないかと推測されます)を見て、この映像だけでも、君津から南側は、復旧にとてつもない日数がかかると、私は思ったものです。しかもあの複数の鉄塔は、山中も山中、複数の山の山頂をまたいで倒れていましたから、復旧には何ヶ月規模ではないかと、思いました(テレビに映った作業の様子を見ると、結局、鉄塔は倒れたままで、電線だけを復活させる当面の処理をしたようです。本当に鉄塔まで建て直すとなると、何ヶ月規模になるでしょう)。素人の私が見ても、鉄塔倒壊の映像で、それくらいの想像はつきますので、9日の台風直撃のあと、「11日には全面復旧する」といった東電の発言には、ちょっと呆れましたし、腹立たしく思いました。
 福島第一原発で、安全神話に頼って、現実を見てこなかったから、事故は起こったんでしょうに、百歩譲って、千歩譲って、大津波が想定不可能だったとしても、被災後、電源が落ちたあとの緊急操作について、マニュアルもない、操作をテストしたことがない、ベントが開いているか閉じているかもわからなかったというのは、罪に問われてしかるべきだと思う。そんな神話頼りで現実をみない体質が、福島第一原発の反省がないやつが、いまだ東電の上層部には残っているんだと思うと、なんか凄くハラが立ちました。


 ■千葉県の初動もあやしい。

 9月11日のテレビニュース、及び翌日12日の朝刊には、次のような報道がありました。

 〇知事東電対応に「大変遺憾」 台風15号停電・断水復旧に遅れ

県が台風15号の直撃を受けてから三日目となった十一日も県南部の内陸部を中心に停電や断水が続いた。東京電力による復旧が大きくずれ込む現状に、森田健作知事は「復旧が見通しとかけ離れているのは大変遺憾」と不満を示した。 

 東電や県によると十一日現在、停電は午後七時現在で四十万世帯近く、断水は二万世帯残る。森田知事は県の災害対策本部会議で、東電の復旧の取り組みについて「全力での早期復旧と正確な情報提供を改めて要請する」と話した。

 防災会議では、さまざまな被害や対応が報告された。酪農では、停電で牛乳を冷蔵できず、廃棄処分するなどの被害が出ていると伝えられた。県警は避難所に女性警察官を配置して防犯に努めるなど、被害の長期化を想定した新たな動きも見られる。


  ───── 以上、東京新聞 2019年9月12日 より


 このニュース、知事がテレビで「大変遺憾に思う」と怒り口調で発言するのを、ちょうど聞いていましたが、この怒り口調が私には何か違和感がありました。東電への怒りはそのとおりなんですが、どこか他人を責めるだけの口調なんです。自分も先頭に立って対応しなければならない当事者なんだという意識がすごく希薄に感じました。記事にも「被害の長期化を想定した新たな動きも見られる」という文面が見られますが、実際やっとそんな雰囲気だったんでしょう。知事がこんな調子ですから、この三日目の会議の段階になって、ようやくこれはマズイんじゃないか、県として災害対応の動きをしなければいけないんじゃないかという意識が、やっと芽生え始めたところだったんじゃないでしょうか。

 先日、被害後の対応を巡る、次のような記事が出ました。初動対応については、いろいろなところへ反省を促したいです。そして、新たに来る災害の時に、生かして欲しいと思います。


 ■台風15号、遅れた初動 停電長期化、甘い想定

 千葉県などに大きな被害をもたらした台風15号をめぐって、被災者から関係機関の対応の遅れを指摘する声が出ている。国、県、市町村が被害の把握と共有に手間取り、東京電力の復旧見通しの甘さと広範囲にわたる倒木被害が混乱に拍車をかけた。災害対応の現場で何が起きていたのか。
 「東電は初動が遅かったのではな いか。それが原因で被害の全容が把握できず、停電が長引いたのでは」。東京電力が24日に「停電ゼロ」と発表した後も自宅の停電が続いた千葉市緑区の農業、熊手(くまて)正幸さん(54)はこう嘆く。
 熊手さんは停電中、自前の発電機で井戸水をポンプでくみ上げたり、冷蔵庫で食料を冷やしたりした。「自分のように取り残される人が出ないようにしてほしい」と話す。
 台風15号が直撃した9日、首都圏などの7都県で最大93万4900戸の停電が発生した。
 東電が全面復旧の時期を最初に示したのは10日夕。同日午後5時時点で58万戸が停電していたが「今夜(10日夜)中に約12万戸まで縮小の見込み。11日中の復旧を目指す」とした。
 だが11日朝になっても47万戸で停電は解消されない。東電グループで送配電事業を手がける東京電力パワーグリッド(PG)の金子禎則社長が緊急会見を開き、復旧の遅れを謝罪。11日夕に完全復旧は「13日以降の見込み」と修正した。だが、13日午後6時時点でも千葉県内では18・5万戸で停電が続き、東電は同日夜、「全面復旧は2週間(27日まで)かかる」と再修正に追い込まれた。
 なぜ東電の見通しはこれほど狂ったのか。東電PGの塩川和幸技監は「これまでに経験したことのない規模で木や電柱が倒れ、ひとつの配電線でかなりたくさんの損傷が発生していた。過小な想定をしてしまった」と釈明した。
 東電によると、当初の復旧見通しは、過去に経験した台風被害をもとに、停電件数と復旧作業に投入する人員や資機材などから見積もっていた。塩川氏は「巡視をしっかりやって、すべて把握して発信するとかなり遅くなる」と述べた。
 ここには、電力業界を所管する経済産業省の強い意向もあった。昨年9月に関西を襲った台風21号について、世耕弘成前経産相は11日、「復旧の見込みを示せなかったことが、非常に消費者のフラストレーションにつながった」と指摘、今回は早期に復旧見通しを示すよう東電側に求めた。
 政府関係者によると、10日の段階で「できるだけ早く復旧させてください」「今日中に復旧のめどを示してください」と経産省から東電に指示があったという。この関係者は「東電側が『いついつまでに復旧しろ』という圧力と受け取った可能性がある」と話す。

 〇千葉通信断絶、県対応鈍く

 「町が情報を発信できない状況だった。県が情報を取りに来てほしかった」。大きな被害を受けた千葉県鋸南(きょなん)町の白石治和町長は26日、町を訪れた共産党の志位和夫委員長にこう話した。
 鋸南町は9日、全庁舎が停電に陥り、非常用発電に切り替えた。しかし、固定電話が不通になり、携帯電話も通じにくくなった。被害状況をパソコンで入力して県などと共有する「防災情報システム」も、専用の発電機が雨ざらしの屋外にあって使えず、県と連絡を取るのが難しくなった。
 各地の自治体では、防災行政無線がバッテリー切れやアンテナの損傷で次々と使用不能に。富津市は広報車で給水場所を伝えたり、水や食糧を配給したりした。市原市は、災害情報を載せた広報の号外を避難所や町会に配った。
 一方、県の初動は遅れが目立った。
 森田健作知事は9日は登庁せず、公舎で終日、「情報収集していた」という。県が災害対策本部を設置したのは、台風が上陸してから約28時間後の10日午前9時だった。県が被害の大きい南房総市や鋸南町に職員を派遣したのは13日。翌日、初めて被害の大きな現場に入った森田知事は「やみくもにやるのではなく、土台をしっかりしてから来た」と説明した。
 被災地への支援を巡っても、県の動きは鈍かった。
 南房総市は9日未明に庁舎が停電後、非常用発電機で動いていた防災情報システムで県に避難情報などを2回連絡し、防災電話でブルーシートの支援を要請。ただ、10日から固定電話や携帯電話、インターネットが使えなくなり、被害状況すら把握できなくなった。
 県は防災倉庫にあるブルーシートの提供を決め、南房総市の職員は11日、近隣自治体や遠く離れた船橋市まで取りに行くことになった。担当者は「県から率先して送ってほしかった」。
 県内各地では最大で約8万9千戸が断水。千葉市が9、10日、県に給水車の派遣を要請した際は「医療機関など命にかかわるところを優先している」と断られたという。このため、東京都や川崎市に応援を要請し、給水車計4台の支援を受けた。また、県が災害用に備蓄する非常用発電機計468台のうち、発災後に市町村に貸し出したのは、鋸南と神崎の2町で計6台だけだった。
 ある保守系県議は県の対応について「千葉は台風被害が少なく、油断した面はあっただろうが、それと初動の遅さは別だ。当事者意識がなさすぎる」と話す。

 〇直後に内閣改造、野党批判

 政府の対応はどうだったのか。菅義偉官房長官は「(台風)上陸前から迅速および適切に対応してきた」(18日の記者会見)と強調するが、野党などは直後に内閣改造を行ったことが政府の初動対応の遅れにつながったと指摘する。
 政府は上陸前の6日に「関係省庁災害警戒会議」を開催。9日午前5時前の台風上陸を受け、被害状況を各省庁が共有する「関係省庁災害対策会議」に切り替えた。だが、実際に関係者を集めて災害対策会議を開いたのは上陸から33時間以上が経った10日午後2時半。内閣改造当日の11日は開いていない。
 11日夕の段階では、東電が「復旧は13日以降」としていたこともあり、政府高官も「東電が自力で解決できる」と楽観していた。
 対応が本格化したのは内閣改造翌日の12日になってから。被災地入りした経済産業省職員などにより、強風による深刻な倒木被害で停電の長期化が明らかになってきたからだ。2回目の災害対策会議も12日夜に開かれた。内閣府の担当者は「非常用電源も喪失した12日ごろから、急激に対応に追われるようになった」と話す。官邸関係者は、同日中に東電から「県南は復旧の見通しが全く立たない」との連絡が首相官邸に入ったことで空気が一変したと証言する。安倍晋三首相は翌13日午前、閣議後の閣僚懇談会で「停電の全面復旧に全力を挙げること」など対応を指示した。すでに上陸から4日が経過していた。
 首相周辺の一人は「国も県も東電も状況把握が遅れたことは事実。すでに大災害が起こっていたのに、気付くのに数日かかってしまった」と認める。
 政府側は東電の見通しの甘さが政府の対応に影響したと主張する。菅氏は17日の会見で「(東電の)見通しが正確ではなかったとの認識を持っている」と発言した。一方、立憲民主党の安住淳国会対策委員長は「千葉の災害を脇に置いて自分たちの人事を一生懸命やっていた」と批判。野党側は10月1日の衆参災害対策特別委員会(閉会中審査)で追及する構えだ。



  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019.9.29より







◆北海道のブラックアウトではこんな話も

 実は千葉にもデータセンター(DC)があるんですが、県北西部の千葉市よりもさらに西のエリアなので、幸いにして今回の停電には合わなかったようです。長期停電の時のDCってどうなるんだろうと思うと、そら恐ろしいものがありますね。北海道胆振(いぶり)東部地震の時、北海道にあったDCではこんなことがありました。避難の在り方、企業の機転、備蓄品の見直しについて、いろいろな示唆に富んだお話だと思います。
 また、ブラックアウトから一年。電力の一極集中をあらためる動きをレポートした記事とともに、お読み下さい。


 ■地震で停電、巨大サーバーに危機 社員家族も共に会社へ

 日本有数の2万台を超えるサーバー群を動かすデータセンター(DC)が、北海道石狩市のとある場所にある。大手フリマアプリなど多くのネットサービスの発信元となっているこのDCを昨年9月、強い地震が襲った。道内全域が停電するブラックアウトの中、サーバーが止まれば数百万人に影響を与えかねない――。そんな事態を回避するため、およそ30人の社員が24時間態勢で対応にあたった。社員らの奮闘を支えたのは、1杯の温かいスープだった。
 通信大手「さくらインターネット」(大阪市)のエンジニア、高城優一さん(34)が札幌市内の自宅から車で石狩DCに駆けつけたのは、昨年9月6日午前6時ごろ。地震の発生から3時間がたっていた。DCではすでに、自家発電機のディーゼルエンジンがうなりを上げていた。
 石狩DCで常に動いているサーバーがフル稼働した際に消費する電力量は、北海道電力が供給する電力の1%に相当するという。立地の決め手になったのは冷涼な北海道の気候。熱を持ったサーバーを冷やす狙いがあった。
 石狩DCでは、フリマアプリのほかにも金融関連サービスなど、日本の大手IT企業が手掛ける複数のサービスが動いている。地震が起きたその瞬間も、多くのユーザーが接続していたとみられる。官公庁の業務にも使われており、最近では膨大な計算が必要なAIの研究でも重要な役割を果たす。8月末に役目を終えたスーパーコンピューター「京(けい)」に匹敵する計算能力を持った機器まである。
 だから、サーバーは何があっても動くことが求められる。自家発電機に頼れる時間は限られる。「停電はいつまで続くのだろう」。高城さんの不安は募った。
 同時に気がかりだったのは、家に残してきた妻と子どものことだ。いつ復旧するか分からない停電の中で過ごす家族。自分は当分帰れそうにもない。そんな不安を見て取ったのか、上司が社員に提案した。
 「家族をDCに呼ぼう」
 その一言が、後に会社の考えまで変えさせるきっかけになった。

 〇多目的スペースにテント持ち込み……

 石狩DCには、オフィスフロアとは別に、社員が自由に使える多目的スペースがある。リッチなキャンプ体験ができる「グランピング」をイメージした木目調の空間に、キッチンやハンモック、テントが置かれていた。シャワー室や仮眠用のベッドも備わっていた。空きスペースもふんだんで、社員の家族がテントを持ってきて過ごすには十分だった。
 多くの社員が自宅から家族を呼び寄せた。その際、キャンプ道具や米、冷蔵庫にあった食材を持ち寄った。自宅の冷蔵庫は停電で使えないからだ。
 高城さんの妻が職場を訪れたのは、このときが初めて。即席の避難所に模様替えした多目的スペースを見て言った。「会社っぽくないね」
 テントを張り、他の社員や社員の家族と一緒にキッチンに立ち、午後3時過ぎ、ご飯を炊き始めた。
 子どもたちは多目的スペースを飛び回って遊んでいた。普段は会社のイベントで使うスライド投影用のスクリーンに、アニメ映画「ミニオンズ」が映し出された。
 「家族が同じ建物内にいることで、安心して仕事に集中できた」と高城さん。極度の緊張で張り詰めた作業の合間、多目的スペースに立ち寄った。子どもたちの遊んでいる姿を見て、気持ちを切り替えた。
 そこで差し出されたのが、1杯のコンソメスープだった。「温かい食事がこんなにもありがたいとは」
 梅干しやおかか、ふりかけおにぎりと一緒にほおばった。ほぼ毎食、スープが出た。一方で、会社が以前から備蓄していたクラッカーといった非常食には誰も手をつけなかった。
 社員とその家族ら約50人は最長で3日間、石狩DCで避難生活を送った。「社員がやる気を出せたのは、温かいスープやごはんがあったからです。クラッカーをかじって仕事を続けるのは難しかったと思う」。高城さんは振り返る。自家発電のもとでの作業は60時間に及んだ。

 〇生かされた保育士の経験

 炊き出しは、社員の朝倉恵さん(49)が中心となり、社員の家族ら数人と分担した。当時、東京からたまたま石狩DCに出張中で、石狩市内の実家に泊まっていた。食料の調達役を担い、市内のスーパーなどを回ったが、休業中だったり長蛇の列だったりで買い物はできなかった。
 DCに戻ると、社員の家族が持ち寄った食料が集まり始めていた。朝倉さんも実家に立ち寄り、梅干しやソーセージに加え、ラップを大量に持ってきた。かつて幼稚園の教諭や保育士として働いていた経験があり、食中毒を防ぐ方法を学んでいた。おにぎりは必ずラップにくるんで握るように指示した。
 地震発生の翌日の昼食は、近くの農家から手に入れたトウモロコシを混ぜて炊いたおにぎりとパスタスープ。夜は社員の家族が持ち寄った冷凍食品のギョーザや唐揚げをフライパンで焼いた。「お肉だ!」と歓声が上がった。ホウレン草のかき玉汁も作った。
 スープを作ったのは、野菜などを生もので極力出したくないという事情からだった。このスープが、復旧にあたる社員の活力につながっていた。
 大量のレタスやミニトマトを手に入れた社員からは、サラダを食べたいとの要望があった。朝倉さんは生野菜を出すことにためらいがあったが、念入りに洗って紙皿に盛りつけた。

 〇被災で変わった備蓄への意識

 社員と家族が総出で乗り切った停電の危機。さくらインターネットはこの経験をきっかけに、備蓄食料などを大幅に見直すことにした。クラッカーなどから、カップラーメンといった温かい食事ができる保存食に切り替えた。石狩DCでの備蓄量も、それまでの「社員の2日分」から、社員とその家族、出入り業者の人たちが5日間過ごせる量に増やした。
 田中邦裕社長は「石狩DCでは会社で家族も避難生活ができるように備蓄品を全面的に見直した」と語った。保存食だけでなく、女性用の洗顔料や子供用の熱冷ましシートなども準備した。
 「被災直後の事業継続で最も必要なことは、家族も含め社員が安心できる状況をまずは作ること。会社は事業継続計画(BCP)を策定するにあたり、復旧に携わる人にフォーカスすることが何より大事であると、今回の地震で思い知らされました」


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019.9.5より




 ■電力、集中から分散へ ブラックアウト対策進む 北海道地震1年

 北海道のブラックアウトは復旧に45時間かかった
 北海道胆振(いぶり)東部地震の直後に、道内ほぼ全域の295万戸が停電したブラックアウトから1年。北海道電力は再発防止策を進めてきたが、ほかの地域を含めて今後も起こるリスクは消えていない。大規模停電に備え、地域で必要な電気を再生可能エネルギーでまかなう「地産地消」をめざす動きも出てきている。

 「改めて深くおわび申し上げたい。しっかり対策をやることが我々の責任だ」。震災当時、送配電部門のトップだった北海道電の藤井裕社長は6月の社長就任会見でこう語った。
 国内初のブラックアウトは、道内の電力需要の約半分を担っていた苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(厚真町)が地震で止まったのがきっかけだった。北海道と本州を結ぶ北本(きたほん)連系線を通じて本州側から電力の緊急融通も受けたが、需要に供給が追いつかず、故障を防ぐために別の発電所も連鎖的に停止。送電網全体がダウンした。
 一つの発電所に電力供給を過度に頼る「集中電源」の問題があらわになり、北海道電は2月に、新設した石狩湾新港火力発電所(小樽市)の運転を始め、改善を図りつつある。3月には北本連系線の容量が地震時の1・5倍となった。藤井社長は「リスクは極小化できている」と話す。
 今後、ブラックアウトは起きないといえるのか。経済産業省は昨秋、全国で緊急点検した結果、各地域で最大の発電所が停止しても、発電所の運用の工夫などで防げると結論づけた。
 ただ、「リスクはゼロとはいえない」(経産省の担当者)。広域災害が起きれば複数の発電所の停止や送電設備の故障が懸念される。南海トラフ巨大地震が懸念される伊勢湾周辺には大型火力が集中している。このため大規模停電が起きても早期復旧できるよう、大手電力は応援態勢の強化のほか、電線や変圧器など資機材の仕様統一に取り組む。
 経産省は大手電力が地域間の送電網を結ぶ連系線を増強しやすくするよう、工費の一部を全国の利用者で負担する制度をつくる。

 〇再エネ電力を「地産地消」

 エネルギー政策に詳しい都留文科大の高橋洋教授は「電気を使う側にも一定の備えが必要で、地域の再生可能エネルギーを活用した『分散型エネルギー』の取り組みをもっと進めるべきだ」と話す。
 すでに各地で動きが出始めている。北海道石狩市では、工業団地の一画の60ヘクタールを「再生エネ100%」エリアにする計画だ。企業の情報を預かるデータセンターを新設し、そこで消費する電気を、風力や太陽光発電などでまかなう。発電施設とデータセンターを結ぶ独自の送電線も整備する。京セラ子会社が来春に着工し、2021年の稼働をめざしている。
 通常、再生エネの電気は大手電力の送電網を使っている。ブラックアウトではこの送電網が使えなくなり、再生エネの発電所も運転を停止した。こうした事態を防ぐには、電力会社から「独立」した送電線を整備する必要がある。
 だが、課題はコストだ。経産省によると、送電線整備は1キロあたり数千万円~数億円。施設が密集する工業団地と違い、点在する民家に新たな送電線を張り巡らせるのは現実的でない。
 このため、大規模停電が起きた場合に大手電力の送電網の一部を独立して使えるようにし、再生エネで周辺地域の電気をまかなう実証実験も進められている。
 林業が盛んな岡山県真庭市。間伐材や木くずを燃やして家庭2万2千世帯分の電気をまかなえるバイオマス発電所があり、災害時に避難所となる公共施設などに電気を送ることを考えている。市の杉本隆弘主査は「大停電が起きても、地域の資源を生かして自立できる態勢をつくりたい」と話す。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019.9.6より







子供の話、2つ。

 待機児童が減ったといっても、まだゼロになる道は見通せていません。無償化の話もありがたいのですが、現場では、お金の使い方が違うのではないか、という意見もあります。


 ■待機児童、最少と言われても 1万6772人、「ゼロ」達成見通せず

 認可保育施設に入れない待機児童は、今年4月1日時点で1万6772人になったと厚生労働省が6日発表した。前年同期より3123人少なく、2年連続の減少。これまで最少だった2007年の1万7926人を下回った。ただ、都市部などでは依然厳しい状況が続いており、20年度末の「ゼロ」達成は見通せない。
 認可保育施設の利用申込者は7万2千人増えて278万4千人となったが、定員も8万8千人増えて288万8千人になった。
 企業主導型保育所など、一部の認可外施設も加えた「保育の受け皿」全体の定員は、11万2千人増えて305万6千人となった。厚労省は、これらの認可外施設に通う子どもは待機児童にカウントしていない。「隠れ待機児童」にあたる存在で、こちらは9千人増えて8万人になった。
 政府は待機児童の解消を最重要課題と位置づけ、当初は17年度末までのゼロを目指したが達成できず、20年度末に先送りした。再び達成できない事態を避けるため、「受け皿」の整備を進める。厚労省は、子育て世代が多い新興住宅地での対策強化など地域の特性に応じた取り組みや、処遇改善などによる保育士確保に力を入れる方針。

 〇入園100人待ち/「無償化より施設を」

 子育て世帯が流入する都市部と周辺では、依然厳しい「保活」が続く。
 「『過去最少』と言われても……。いまだに1万人以上が入れず、それぞれの仕事や人生に大きな影響が及んでいることを重く見てほしい」
 東京都内に住む会社員の女性(35)は、1歳半の息子の預け先が見つからない。今春、待機児童が比較的少ないと評判だった区に引っ越しまでしたが、申し込んだ7カ所の認可保育園全てに落選した。その後も毎月申し込み続けているが、9月は1歳児クラスだけでも250人近くが申し込み、「待機順位は100番目」と言われた。「ズドンと奈落の底に突き落とされた。『女性活躍』と言いながら、こんなに行政があてにならないなんて」
 4月に育児休業の延長を会社に申し出ると、人手不足で「育休中も出勤してほしい」と言われ、応じた。5月末から都心までバスと電車を乗り継いで1時間近くかけて週2回ほど出社し、その都度社内にある企業主導型保育所の一時利用でしのいで働く。
 会社と約束した復職は10月に迫る。日に日に重くなる11キロの息子を抱っこしながら満員電車で毎日出勤するのは、とてもできそうにない。転職も頭をよぎるが、預け先がないとそれもできない。同時に始まる幼児教育・保育の無償化はとても遠いことのように感じる。
 川崎市の自営業の女性(33)も、0歳の長女の保活に苦戦している。認可保育園には空きがなく、認可外保育施設でも0歳児向けの5人の受け入れ枠に100人ほどが待機していた。
 無償化が始まっても、低所得世帯を除けば対象は3歳から。「今まさに、入れなくて困っている人がいる。無償化よりも、保育園をつくることにお金をかけてほしい」と訴える。

 〇保育士・用地、足りず

 政府は無償化と待機児童解消を併せて進めるとするが、待機児童の減少ペースは前年より鈍っている。
 前年からの増加数が112人と全国最多だった那覇市では、4月時点で61人の保育士が確保できず、256人分の受け入れを見送らざるを得なかった。昨年から、現場を離れている「潜在保育士」向けに10万円の就職奨励金を出す制度も独自に設けたが、人材は集まらない。担当者は「施設を建てても人がいない」と嘆く。
 東京都世田谷区では昨年度計画した1396人分の施設整備が492人分(35%)にとどまった。「待機児童の多い地域で開発も進んでおり、まとまった土地が見つからない」と話す。
 政府は、無償化に地方と合わせて公費年7764億円(国費年3065億円)を投じる。一方、今年度の施設整備にかける国費は1260億円、今年4月から始まった保育士の月3千円の賃上げは97億円だ。
 保育園を考える親の会の普光院亜紀代表は「子育てに何千億円もの予算が一気に投じられることは本来歓迎すべきことだが、お金の使い道の優先順位が違う」と指摘。深刻な保育士不足で子どもの受け入れ人数が抑制されるばかりでなく、保育の質の低下や保育士の過労にもつながっているとし「保育士の処遇改善を急ぐべきだ」と話す。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2018年9月7日 より





 乳幼児にもガンはあります。そうした小学校にも上がっていない子がガンになった時、最善の道とはなんでしょう。

 ■「せんせいだいすき、チュー」
   3歳で旅立った少女が問いかける「在宅医療」という選択


 小児がんの一つ「乳児白血病」で2018年12月9日に亡くなった添田侑花ちゃん(3)が残したビデオメッセージがあります。「ゆか、せんせいだいすき、チュー」。ベッドの上から投げキスを送られた「せんせい」は、東京から車で1時間かけて埼玉に訪問診療する小児科の在宅医でした。両親が「後悔はありません」と言えるのも、自宅で家族に囲まれながら最良の時を過ごせたことで入院生活では見られない侑花ちゃんがそこに居たからでした。11カ月で白血病を発症した少女の最期を通して「在宅医療」という選択を考えます。

 〇感謝の気持ちを動画に

 今年8月、埼玉県吉川市にある侑花ちゃんの自宅を何度か訪ねました。

母親の英子さん(35)と父親の博史さん(37)、弟(2)、そして療養を始めた途中から祖父母も同居しています。リビングの一角には、折り紙で作った作品があちこちに飾られています。その中には、大好きだったアンパンマンのキャラクターもありました。

発症からの経過を聞いていると、英子さんはこんなエピソードを話してくれました。

「病院ではシャイな子でね、ありがとうが言えませんでした。どんな先生にも上から目線で反抗していて……」

「私の中にもテーマがありました。先生から(亡くなるのが)『近いです』と聞いたとき、残りの時間で何ができるかなと思ったんです。スマホでいろいろ検索しました」

比較的大きな子どもは、亡くなる前、治療や看護をしてくれた医師や看護師に手作りの品をプレゼントしているようでした。侑花ちゃんはまだ3歳。そんなとき思いついたのが、スマホでビデオメッセージを撮って配ることでした。

「私(ママ)にだけ見せる感謝の姿勢」を、医師や看護師らお世話になった人たちにも届けたいと考えました。

 〇11カ月で発症した白血病

 2018年12月3日と7日、ベッドに横たわる侑花ちゃんのメッセージをスマホで撮影しました。一つひとつに笑顔がこぼれます。

ばんそうこうに大好きなキャラクターの絵を描いてくれた訪問看護師には、「シールつくってくれてありがとう」「ゆか、かんごしさん、だいすき、チュー」。

ママとパパへは「ママとゆか、だいすき」、パパへは「パパ、だいすき」。そして普段はやってくれない投げキスを、何度もカメラに向かって繰り返してくれました。

埼玉県立小児医療センターから引き継いだ、赤羽在宅クリニックの小児科医、森尚子医師(42)と宮本二郎医師(46)にも、「ゆか、せんせいだいすき、チュー」。手の動きが悪くなり、投げキスも両手を前後するだけですが、思いが詰まっていました。

森医師や宮本医師が侑花ちゃんと出会ってから約1カ月ですが、侑花ちゃんは生後11カ月で発症し、家族と一緒に闘ってきていました。

 〇「輸血をしてくれないんです」

 2018年11月1日、埼玉県立小児医療センターの医師から赤羽在宅クリニックの森医師のところに連絡が入りました。

「余命1~2週間」
「時間がなくて、家に帰してあげたい子がいる」

白血病を発症し、臍帯血(さいたいけつ)移植や抗がん剤、放射線といった治療を重ねてきたものの、再発を繰り返し、治験も十分な効果が出ないということでした。

赤羽在宅クリニックの相談員、永井恵美子さん(44)にも、小児医療センターのソーシャルワーカーから連絡が入りました。

「輸血対象の患者です」
「地域的に埼玉県まで来ることができますか」
「地域のクリニックは在宅で輸血をしてくれないんです」

森医師はこう振り返ります。

「白血病の患者に、輸血ゼロで家に帰すことは不可能だと思います。白血病は正常な血液を作れない病気です。輸血して補わなければ、確実に寿命を短くしてしまいます」

宮本医師は、2018年3月まで大阪市立総合医療センターで小児緩和ケアをしていました。そこでは在宅で輸血を続ける子どももいました。難しいことではありません。

森医師は、小児科専門医、小児血液・がん専門医です。宮本医師は、小児科専門医、血液専門医です。昨年4月に赤羽在宅クリニックの小児在宅医療部門が立ち上がるまでは、2人とも総合病院の緩和ケア病棟で働き、スキルを磨いていた専門医です。

宮本医師は、東京都の血液センターに連絡を取り、手続きを始めます。森医師は、遠方の患者でかつ輸血が必要な子どもを引き受けることへの理解を院長に求め、受け入れ準備を始めました。入院している小児医療センターの医師も、週1~2回、通院で輸血をすることもできると説明していましたが、自宅からは車で高速道路を使って40~50分かかります。森医師と宮本医師は「私たちがやるしかないですよね」と決断。24時間対応で医薬品や医療器具を届けてくれる在宅薬剤師は東京都足立区の薬局が、訪問看護師は地元の訪問看護ステーションが、それぞれ引き受けてくれました。

 〇どこまで治療続けるか

 2018年4月3日、臍帯血の再移植を受けた侑花ちゃん。英子さんは当時の心境をこう振り返ります。

「私たちの気持ちは、ここまで来たのだから絶対進むしかないという感じでした」

7月2日に退院。2度目の移植なので再発すると予後が厳しいという思いを抱きつつの退院でした。

「2カ月持てばいいな」
「楽しめるのは8月までか」

このように感じながらの退院でした。それでもこのときは、小児科の在宅医や訪問看護師ら在宅チームが作られませんでした。

筋力が落ちていることもあり、侑花ちゃんは自分で歩くことができなくなっていました。リビングにあるジャングルジムで遊び、できるだけ抱っこして散歩に出かけ、ケーキやクッキーを一緒に作るなどして家族生活を楽しみました。

8月29日、2度目の移植でも再発が見つかり、9月3日に入院しました。医師や博史さんは、まだ治験や過去に使った抗がん剤などによる治療の選択肢に可能性を見いだしていました。

「現状維持ができるのではないか」
「治療をしないと、どんどん悪くなっていってしまうのではないか」

一方、英子さんはこう感じていました。「(医師との話し合いでは)いかに持たせるか、という話がでていましたが、私はこれ以上苦しい思いをさせる必要がないのではないか、と思っていました」

結局、過去に使って効果があった抗がん剤を使用しましたが、副作用が強く、10月5日にはICUに運び込まれました。

英子さんは育休中で、弟の子育てもありました。この日は、自宅にいた英子さん。病院から連絡があって駆けつけると看護師にこう言われたそうです。

「侑花ちゃん意識戻ったから話しかけてください」

英子さんはこのとき、こう思いました。

「危ない状態なのに、下の子の面倒をみるために一度家に帰ったことを後悔しました」
「後がないなら、病院と自宅を行ったり来たりする生活をやめて、家族が一緒にいたい」

侑花ちゃんには、腸に穴があく消化管穿孔(せんこう)が起こり、手術を受けていました。

 〇在宅は「病院を追い出される」というイメージ

 一般的に重い病気の子どもを持つ家族が「在宅医療への移行=病院を追い出される」というイメージをもってしまうことは少なくありません。英子さんは10月下旬、博史さんに家に帰ろうと自分の気持ちを打ち明けました。

博史さんはこう振り返ります。「私としては家に帰るというのは、治療をやめる感覚だったので、病院にいた方が長く現状維持できるのではないか、また道が開けるのではないか、と思っていました。でもそれが結果として、消化管穿孔で苦しめてしまっていたんだな、とも思いました」

消化管穿孔になり、口から飲むことも食べることもできなくなってしまったことに、英子さんは「さらなるショック」を受けていました。

「果たして侑花の幸せに、私たちの選択がつながっていたのか、一気に自信がなくなりました」

10月30日夜、博史さんは英子さんに自分の気持ちを整理して考えを伝えました。

「自分があきらめられなかったので苦しめてしまった。帰れるんだったら、家に帰ろう。何が起こっても後悔しない」

10月31日、家族の一致した気持ちを小児医療センターの医師に伝えました。博史さんも会社の上司に病状を伝え、家族の看護や介護のときに使える有給休暇を使って自宅で家族と終日過ごすようにしました。

こうして、侑花ちゃんの在宅医療を始まりました。

 〇最初の1週間は「ピリピリモード」

 11月5日に退院。当初は、これまでの退院や一時帰宅とは違い、どのようなことをすればいいのか、どう過ごせばいいのか、不安があったと言います。輸液を切らさないように、点滴のラインが抜けないように、と英子さんと博史さんが交代で24時間見守っていたそうです。

退院に合わせて在宅医の森医師と看護師らが訪問して処置をし、何かあったら訪問看護ステーションや在宅クリニックに連絡するよう伝えていました。それでも、ナースコールのボタンを押せば、看護師や医師が24時間駆けつけてくれる病院とは違います。

「侑花ファースト」

これは退院直後の家の中のルールです。消化管穿孔で口から食べることができない状態のため、家族もリビングダイニングで食事をすることをやめました。リビングダイニングから一番遠い玄関近くの部屋で、お弁当を買って食べました。弟と遊ばせたいと思っても、点滴のラインにつながれているため、どう遊んだらいいのかわかりませんでした。

「いつ死を迎えるか分からない」
「どういうふうに死に至るのか分からない」

ベッドサイドで看病しながらスマホで一生懸命検索し、最初の1週間ぐらいは「ピリピリモード」でした。

そんな雰囲気に気付いた訪問看護師から、普段通りの生活を続けるようすすめられ英子さん夫婦は「はっとさせられました」と言います。

「侑花に、何で家に帰ってきてもらったのかというと、家族と一緒の空間で生活していることを実感してもらうためでした」(英子さん)
「家族を実感してもらうのは、いつも通りの生活の中に侑花がいること」(博史さん)

「弟とけんかをしても、点滴のラインが外れても、そのときに対応すればいいんだ」(英子さん)と、気持ちが少し楽になったそうです。

 〇病院で見たことがない姿

 11月のある日、森医師は侑花ちゃんにこう尋ねました。

「ゆかちゃんのすきなもの、なあに?」

「いちご」

うれしそうに答えてくれました。病院では消化管穿孔で食べることを禁じられていましたが、すでに画像検査では穴が閉じていたこともあり、森医師は無理のない程度で少し食べてみてもいいですよ、とアドバイスしました。博史さんは早速、栃木県の両親に連絡し、いちごを農家にわけてもらい、持ってきてもらいました。スライスしたいちごを少しずつおいしそうに食べていたそうです。

英子さんは自宅と病院での侑花ちゃんの違いをこう表現します。

「小児医療センターの姿とは全然違いました。先生や看護師さんの言うことを聞かない。お風呂や体ふき、薬を飲むとき、その都度、押し問答でした。それが家で家族と過ごしていると、とても素直になっていました」

「森先生を見ている侑花の姿は、私たちが病院で見たことがない姿でした」

一方このころ、英子さんは、スマホで写真を撮っていると、侑花ちゃんがピースサインをできなくなっているのに気づきました。涙が止まりませんでした。

森医師からは「手遊びでも指先を使うことになるので、遊びの中で取り入れてみたらどうですか」とアドバイスを受けました。訪問看護師からのアドバイスで、ベッドで横になりながら体ふきをするときに侑花ちゃんが家族みんなの手を洗うことを始めました。自然とリハビリができる工夫です。

英子さんや博史さんは、「在宅に移って2週目からは楽しい時を過ごすことができて、この生活をいつまでも続けられたら」と思ったそうです。

 〇涙を流しながら「気持ちは変わりません」

 11月中旬になると病状が落ち着き、ベッドのうえでパズルやアンパンマンのDVD、クッキーやケーキづくりを楽しめるほど体調がよくなりました。森医師と宮本医師も、輸血だけでなく、ステロイドのほか、モルヒネなどで痛みのコントロールをして治療にあたりました。11月19日には、スポーツドリンクを10~20cc、ケーキを一口食べられるようになったそうです。

ところが、11月29日に届いた採血の結果は、それまで安定していた白血病細胞が急増していることを示すものでした。12月3日の定期訪問での採血では、1週間前と比べて、血液中の白血病細胞は3倍以上の10万近くに増えていました。この結果を見た森医師は4日夜、急きょ、両親に直接会い、1時間ほどかけて「クリスマスまでは難しいと思います」ということを説明しました。

森医師は「もし、やはり家よりも病院で、いつでも先生や看護師さんを呼べる環境の方が安心できるというお気持ちがあれば、これからの時間を病院に戻って過ごすこともできますが、家で過ごすお気持ちに変わりはないですか? 私たちはこのままおうちで侑花ちゃんとご家族を支えたいと思っていますが……」と伝えました。

英子さんも博史さんも涙を流しながら、「気持ちは変わりません」と答えました。

 〇「もう危ない状態です」

 「クリスマスまでは厳しい」と説明を受けた時には、別の葛藤があったそうです。

「痛みが増してきていたので、モルヒネの量を増やすと寝ている時間が長くなります。意識がない中で亡くなるのがいいのか、痛がっていてもコミュニケーションがとれる状態で亡くなるのがいいのか……」

12月8日夜、博史さんと弟は、侑花ちゃんと「おやすみ」と言ってハイタッチをしました。そして目を閉じた侑花ちゃんから「バイバイ」と一言返ってきたそうです。しかし、9日午前2時ごろ、痛みが止まらなくなりました。モルヒネや座薬の痛み止めも効果がないようでした。

12月9日午前5時ごろ、呼吸がつらそうで様子がおかしいと感じた英子さんは、博史さんを起こしました。午前6時ごろ、訪問看護師に連絡を入れました。

訪問看護師からはこう尋ねられたそうです。

「今日の訪問早く行きますか?」
「どうしたいですか?」

この時、英子さんと博史さんは「訪問看護師を呼んでみとってもらうのか、家族だけでみとるのか」という選択をしなくてはいけないのかと感じたそうです。

リビングでは、酸素飽和度が下がり、アラームが鳴り続けている状態でした。家族全員で声をかけ、午前7時半、赤羽在宅クリニックに電話をかけました。

「もう危ない状態です」

電話を受けた赤羽訪問クリニックの院長が駆けつけ、亡くなったことを確認しました。訪問看護師もいつもより早めに駆けつけてくれました。

 〇「真剣に生きるきっかけを与えてくれました」

 今でも「後悔はありません」と言う英子さんと博史さん。背景には、在宅医や訪問看護師の判断やアドバイスによって、闘病生活が劇的に変わったということがあります。

子どもの闘病やみとりと向き合った英子さんや博史さんにとって、何が難しく、何を侑花ちゃんが教えてくれたのでしょうか。

「本人の意思をいかにくみ取るのかが難しかったですね」(英子さん)

「11カ月で発症したので、ああしたい、こうしたい、という意思表示ができないので、親が決めていかないといけません」(博史さん)

また、英子さんは「ICUに入っていたとき、治療の合併症で亡くなるのはつらいと思っていました」が、病院での治療中は在宅医療に触れる機会がなく、なかなか在宅のイメージがわかず踏み切れなかったと言います。

最後に英子さんはこう話してくれました。

「普通に何事もなく過ごしてきた日々と、これだけの経験をしてきた日々では、雲泥の差です。夫婦で本音で真剣に生きることに向き合うきっかけを侑花は与えてくれました」


  ───── 以上、WITH NEWS 2019年9月2日 より





                                   (島)